輸出管理:韓国に対するフッ化水素輸出は継続している

最新の輸出統計で確認すると、フッ化水素等の韓国への輸出は続いていることが判明します。韓国政府の言い分だと、日本政府が2019年7月に発表した対韓輸出管理適正化措置は「不当な輸出『規制』」だったはずですが、それにしては日本製のフッ化水素等の輸出が継続しているというのは興味深い点です。

輸出規制?輸出管理適正化措置?

日本政府が2019年7月に発表した、韓国に対する輸出管理の厳格化(あるいは適正化)措置を巡っては、韓国側から「不当な輸出『規制』だ」、などとする反発が生じていた、という話題については、当ウェブサイトでもこの3年近くのあいだ、ずいぶんと取り上げてきました。

韓国国内では、この「不当な輸出『規制』」は、「強制徴用問題」(※自称元徴用工問題のこと)に対する意趣返しだ、とする理解が一般的であるようです。

ただ、『対韓輸出管理の厳格化は日本を守るために必要だった?』などでも議論したとおり、対韓輸出管理適正化措置自体、純粋に輸出管理の必要に迫られて発動したものであり、自称元徴用工問題とはまったく別次元の措置です。

すなわち、現時点で考えられる情報を総合すれば、経産省が当初から一貫してのべているとおり、韓国の輸出管理にかなりの問題があり、日本から輸出された戦略物資が不正な目的で横流しないし目的外使用された可能性がある、というものです。

言い換えれば、韓国に対する輸出管理を厳格化しなければ、日本自身が諸外国から何らかの制裁を受けてしまうおそれがあったのです。

そして、本件に関し、日本政府の要求は一貫しています。輸出管理を適切に実施するために、韓国政府が日本の要求する輸出管理に関する政策対話に応じることです。

ところが、韓国側はもともと、2016年6月以降、日本政府が輸出管理適正化措置を発表する2019年7月までの3年間、日本との政策対話に応じていませんでした。

想像するに、日本が韓国への輸出品目について何らかの不正貿易の兆候を掴み、これについて韓国政府側に説明を求めたにも関わらず、韓国政府がそれに対する説明から逃げていたのかもしれません。

韓国政府の反応

さらに驚くのは、韓国政府の反応です。

日本政府の措置は、韓国を「(旧)ホワイト国」から除外したうえで、フッ化水素など3品目の輸出を「包括許可」の対象から外し、「個別許可」の義務を課すというものですが、韓国が述べる「輸出『規制』」などと言えるほどの厳しい措置ではありません。

それにも関わらず、韓国政府は「日本は輸出規制を撤回せよ」と要求する一方、「素部装」(「素材、部品、装備」の略称)の国産化が必要だ、などと言い出し、挙句の果てには日韓GSOMIA破棄、対日WTO提訴などの挙に出ました。

その後は米国の仲介もあってか、2019年11月、GSOMIAの失効直前の時点で韓国政府はGSOMIA破棄を撤回するとともに、日本との政策対話に応じることで合意しました。

ただ、日本政府が対韓輸出管理適正化措置を講じて以降、韓国政府は2019年12月と2020年3月、2回の政策対話には応じましたが、その後、2020年6月には日本を世界貿易機関(WTO)に提訴する手続を再開。

輸出管理に関する対話も途絶え、現在に至っている、という状況です。

フッ化水素の対韓輸出は続いている

こうしたなか、日本の対韓輸出管理適正化措置の影響で、具体的に韓国に対する製品の輸出がどうなったのかを調べてみると、どうもやはり不自然なことが判明します。

財務省が公表する『普通貿易統計』をもとに、HSコード「2811.11-000」(フッ化水素、フッ化水素酸)の輸出(金額、数量)について調べてみると、輸出管理適正化措置の発動直後には激減しているのですが、その後は多少、輸出が続いているのです(金額については図表1、数量については図表2)。

図表1 HS2811.11-000の輸出金額

(【出所財務省『普通貿易統計』より著者作成】)

図表2 HS2811.11-000の輸出数量

(【出所財務省『普通貿易統計』より著者作成】)

図表1、図表2ともに、全世界に対する輸出に対する韓国に対する輸出の割合を、赤線で示しています(右軸)。

輸出管理適正化措置以前は、とくに2017年以降、韓国へのフッ化水素等の輸出が異常に水膨れしていたことがわかります。また、韓国に対する輸出比率は、金額、数量ともに、常に80~90%を占めていたというのも興味深い点です。

ただ、ここでもうひとつ興味深いのは、べつに韓国に対する輸出管理適正化措置を発動したあとであっても、フッ化水素の対韓輸出については、着実に続いている、という事実でしょう。韓国が主張する「不当な輸出『規制』」という言い分が正しければ、どうにもこの現象は説明が付きません。

いずれにせよ、もしも本気で日本が経済制裁を目的に韓国への輸出を止めようと思ったとしても、現在の外為法の規定だと、なかなか難しいのが実情でもあります(『「自民党が韓国に金融制裁検討」:外為法改正の実現を』等参照)。

このように考えると、やはり外為法の改正などを通じ、経済制裁の発動要件を緩和しておくことが望ましいのではないか、などと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 伊江太 より:

    図表1,2は、何より雄弁に事の本質を語っていますね。日本の輸出管理厳格化は、韓国に実質的被害を与えてはいない。それであちらに半導体生産の支障が生じたという様子は見られませんから(もっとも、間に合わせの「国産高純度フッ酸」を使って不良品が出たなんてことは、あったかもしれませんが)。

    そんなことは百も承知で、しつこく「輸出規制を撤廃するニダ」、「ホワイト国に戻すニダ」と言い募るのは、これまで通り日本に不当行為をはたらいて恬として恥じない態度を改めないなら、日本国政府の匙加減ひとつで、いつでも戦略物資の供給が絞られかねないという恐怖が、心胆寒からしめているということなんでしょう。

    これまでの成功体験から、反日は正義。反日はオイシイという思いは、国民の骨の髄にまで染みこんでいるから、これまでの非礼の数々を謝罪するなんてあり得ない。できるはずもない。といって、大騒ぎしてはみたものの、世界のどの国も同情してくれなかった経緯を考えれば、WHO提訴の取り下げでバーターにしようなど、到底有効なカードにも成りそうもないことくらいは、分かっているでしょう(かな?)

    まあ、この件については雪隠詰め状態なんだから、無かったフリをして、波風立てずに安全運転を続けていくのが、当面あちらとしては最善手だと思うんですが、それができない国なんですねえ。しつこく絡めば絡むほど、「効いてる、効いてる」と、日本国政府にカードの価値の大きさを確認させるだけだと、分からないんでしょうか?

  2. G より:

    韓国にとって一番厳しいのは、金額に換算出来る経済制裁ではなく、日本との間でプライドを傷つけられることです。金額的なものは覚悟して我慢すればなんとかなります。

    だからこそ日本は一計を案じました。不都合事案があったとして、信用できる国である「ホワイト国」から韓国を除外し。輸入管理が全く出来てないとして、いちいち書類を確認して指導することにしました。
    はっきりいってどんな経済制裁よりも強力です。かれらの損失はほぼプライドだけ。

    なんとか措置撤回させようとやってきた韓国側に物置兼用の会議室であくまで事務的な説明だけして追い返す。

    韓国はいまだに「ホワイト国復帰」を要求してきます。自己採点レベルでちゃんとした態勢を整えたということ言いますが、日本からみれば、責任者の格を上げただけ。なんの解決策にもなってません。まあ、「日本が韓国を指導する」という関係が受け入れられないわけです。まあ、日本としては韓国が真摯に指導を受けるつもりがない限り現状維持でなんの問題もありません。日本としては正当な手続きで必要な輸出もできますし、韓国に現地工場をつくって日本企業は利益を得ることも出来る。

    まあ、これから先も「半人前扱い」が日本の制裁の基本になるでしょう。これならWTOに訴えられようともなんの問題も起きません。被害金額ゼロ円ですからね。WTOだって何も出来ないのです。

  3. カズ より:

    (図表を見れば一目瞭然)
    いくら口をつぐんでも、 ”数字でばればれ” だなんて露程も思ってないんじゃないのかな?
    *日本の輸出管理厳格化で「過去の使途不明量」が露呈しちゃってるんですけどね・・。
            

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      韓国人は図表が見れないから
      日本は漫画文化があって小学生が学習漫画を読むのが当たり前だから、図表を理解できる

  4. 匿名 より:

    この管理強化が発動して以来、韓国のフッ化水素総輸入量が半減してるけど、減った分はどうやって補っているんだろうか?_ 韓国ででかい蛍石の鉱脈が発見されたとか、蛍石の輸入量が急増したとか、完全リサイクル法を確立したとか?_

  5. 通りすがり より:

    そんなに規制してほしいのなら、規制してあげたほうが親切ではないのかしら

  6. 元日本共産党員名無し より:

    大変見やすいわかりやすいグラフですね。特に異常に膨れ上がって居た韓国向けの輸出が異常。ホワイト国外しして使い途を最低限明らかにさせたらガクンと減ったが普通に輸出を差し許して居るし許された範囲でSamsungが半導体製造に支障と言う話もまるで無い。逆にこれだけ激減して丁度いい量だったと言う事は、闇に消えたフッ素などが何処に行ったのかが気になります。

  7. クロワッサン より:

    日本企業が韓国にフッ化水素工場を建てた時、その工場で生産されるフッ化水素が非ホワイト国に横流しされずにいられるのか、心配ですね。

    そう考えると、戦略物資に関する日本企業の海外工場建設についても制限が掛けられるよう、法的な整備をして欲しいところ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。