韓国高官「韓日首脳会談を推進」

本稿は、ちょっとしたメモです。今朝の『韓国外交部次官が「岸田首相は我々の前に座れ」と要求』でも述べたとおり、どうも韓国側では日韓首脳会談を望んでいるフシがあるのですが、これに関連して韓国メディアの報道によると、韓国大統領府高官が「日韓首脳会談が実現するように、一歩一歩前に進んでいる」などと発言したのだそうです。

韓国「岸田首相よ、我々の前に座れ」

今朝の『韓国外交部次官が「岸田首相は我々の前に座れ」と要求』では、韓国外交部の第1次官が3日、鍾建(さい・しょうけん)外交部第1次官が3日、韓国放送公社(KBS)のラジオ番組に出演し、次のように発言した、という話題を取り上げました。

日本の政局が安定し、日本国内で支持を受ける首相が我々の前に座ることを望む。岸田首相はそうだと我々は信じる」。

このあたり、自身で再度振り返ってみたのですが、この発言の末尾にある「岸田首相はそうだと信じる」の部分は、やはり韓国が岸田文雄首相に対し、かなりの「期待」を持っている証拠と思えてなりません。

なにせよ、安倍晋三総理大臣や菅義偉総理大臣のときは、まったく取り付く島がありませんでしたから、「脇が甘い」岸田首相に対し、韓国国内において、膠着する日韓関係の打開への期待がかなり高いことは想像に難くありません。

もちろん、岸田首相を巡っては、さすがにニューヨークタイムズからチワワ呼ばわりされる筋合いはありませんが(『岸田首相をチワワ呼ばわりして笑い飛ばす記事の下品さ』等参照)、ただ、安倍総理や菅総理ほどの「脇の堅さ」を期待して良いのかについては微妙です。

青瓦台高官「首脳会談が実現するよう一歩一歩前身」

こうしたなか、岸田首相と韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領の会談が実現しなかった(『岸田首相外交デビューも韓国の大統領とは遭遇すらせず』等参照)ことを巡っては、岸田首相がゼロ泊2日の「強行軍」だったという事情もあります。

こうしたなか、本件で再び韓国政府から発言があったようです。

韓国大統領府「文大統領、岸田首相と会おうとして会えなかったわけはない」

―――2021.11.05 10:03付 中央日報日本語版より

韓国メディア『中央日報』(日本語版)の記事によると、韓国大統領府の朴洙賢(ぼく・しゅけん)国民疎通主席は韓国のラジオ番組に出演し、日韓首脳会談が実現しなかったことについて、次のように述べたのだそうです。

日本にも事情があり、(岸田首相は)英国にも短期間の日程で来られたが、文在寅大統領とは日程や動線も合わなかった」。

要するに、「会おうとしたが会えなかった」のではなく、もともと日韓首脳会談自体が推進されていなかったに過ぎず、「(日韓首脳会談が)『不発』だったという表現は合わない」、ということなのだそうです。

ただ、その際に、今後の日韓首脳会談を巡って、朴洙賢氏はこうも述べたそうです。

いつかは会うことになり、その道に向かって進んでいる。首脳会談が実現するように一歩一歩前に進んでいる」。

なんだか、いやな発言ですね。

首脳会談の実現自体が誤ったメッセージに

この点、当ウェブサイトではこれまでに何度となく申し上げてきたとおり、現在の日韓関係においては、歴史問題にせよその他の諸懸案にせよ、すべて「韓国が一方的に日本に対し、約束、条約、国際法などを破っている」という状態にあります。

とくに文在寅政権のあいだに、下手に日韓首脳会談に応じるようなことがあると、そのこと自体が韓国に対し間違ったメッセージを与えることにつながりかねません。

くどいうようですが、これまでに党ウェブサイトで何度となく述べてきたとおり、岸田首相は2015年に世界遺産登録の件、日韓慰安婦合意の件などで韓国に騙された張本人でもありますので、安易に首脳会談に応じてしまわないかが心配でもなりません。

この点、英国・グラスゴーでの「国連気候変動枠組条約第26回締結国会議」(COP26)は完了しましたので、とりあえず今後、「大規模な国際会議はのサイドラインで日韓首脳が鉢合わせる」という可能性は低くなったとは考えている次第です。

もっとも、いずれにせよ、文在寅氏が退任するまでちょうど半年というタイミングではありますが、任期末が近づき、ますます策を弄して来るであろう韓国政府の動きにに加え、来年2月の北京五輪に岸田首相がノコノコ参加するという可能性については要注意、といったところでしょう。

読者コメント一覧

  1. クロワッサン より:

    >もっとも、いずれにせよ、文在寅氏が退任するまでちょうど半年というタイミングではありますが、任期末が近づき、ますます策を弄して来るであろう韓国政府の動きにに加え、来年2月の北京五輪に岸田首相がノコノコ参加するという可能性については要注意、といったところでしょう。

    安倍総理も会談しているので、会談を単に避けるだけってのは難しいかも。
    参加表明を遅らせ、強行スケジュールにして、其れでも発生する会談可能時間についてはFOIP関連国などとの会談用い、韓国との会談時間を無い事にすれば良い気がします。

    1. 匿名 より:

      来年の北京五輪に西側の首脳が出席するのは不味いと思いますよ

      その辺は、キチンと対応して欲しい

      1. クロワッサン より:

        うーん、確かに人権問題は西側には譲れない部分でしょうけど、それで明確に衝突しちゃうと開戦により近付きそうなので、コロナ禍などを口実に選手団だけ派遣するか、或いは選手団の派遣も諦めるかですかね。

  2. サムライアベンジャー より:

     日本のメディアはのきなみ「最悪の日韓関係」と報道し、日韓関係をさも改善しないといけないみたいなムードを作っていますから、岸田氏がそのムードに流されることが心配です。

     韓国紙から「極右」とされている産経新聞でも、「解決の糸口はみえていない」と、日本人の発想で考えてしまっている記事を出していたりします。韓国人の望む「解決」とはただ一点、「韓国に配慮して日本側が譲歩すること」ですので、またミスリードしてしまう可能性も否定できません。

    – 日韓の「失われた環」 双方に広がる損失 –
    https://www.sankei.com/article/20211030-NYWRRT2TDNPYPDVWSC7FLHDDDM/

     日本側にどんな損失?

  3. 引きこもり中年 より:

     (希望的観測かもしれませんが)北京冬季オリンピックが新型コロナ再拡大で海外からの観客を入れないことに加えて、中国人権問題で(欧米から)北京冬季オリンピックへの首脳が参列することへの批判を考えると、岸田総理も文大統領も北京に行くことは難しいのではないでしょうか。
     もしかしたら、中国側から先手を打って、ウィグル人人権問題ではなく、新型コロナ対策として、首脳の北京訪問自粛を要請するかもしれません。つまり、「外国首脳が一人もいなかったのは、中国側のウィグル人人権侵害のせいではなく、新型コロナのために、あえてそうしたのだ」ということです。
     駄文にて失礼しました。

    1. サムライアベンジャー より:

       香港・ウィグル問題に対抗して、「欧米諸国が北京をボイコットとして、別のところでスポーツ退会すれば、北京大会はガラガラになる」なんて勢いのある意見がちょっと前は記事になっていましたな。今では全く見れれませんが。

       欧米人に大嫌いな中国による「人権蹂躙」の疑いをもとに冬季五輪をボイコットする気構えが必用ですが、中国の追い出そうという本気度が感じられませんよね。チャイナマネーに使ってしまっているというか。

      1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

        それをやるとなるとIOCからの脱会を視野に入れないと

  4. やっぱり より:

    >これまでに党ウェブサイトで何度となく述べてきたとおり

    党ウェブサイト?
    やっぱりそうだったのか

  5. 世相マンボウ_ より:

    文ちゃんにはがっかりです。

    以前安倍総理を待ち伏せして
    廊下のソファでゴムヒモ売りのような
    押しかけ会談のあとは、
    日本に警戒されて会談狙い
    失敗続きでしたから
    今度こそはなにかしでかしてくれると
    期待していました。
    たとえば、
    警戒されないよう変装して近づいて
    不審者と間違われ取り押さえられるぐらいの
    あっというガッツを見せてほしかった
    のになあと残念です。

    1. だんな より:

      世相マンボウ_ さま
      ゴムひも売りは、笑いました。
      座布団二枚です。

      1. 世相マンボウ_ より:

        だんなさま
        座布団ありがとうございます。

        文ちゃんの自伝によると、
        お父さんは質の悪い靴下を
        売り歩いて文ちゃんを大学まで
        行かせた的なくだりがあります。
        ゴムひもや靴下売りでの
        家業のスキルを発揮なされての
        ものだったのかなあと推察しています。

  6. だんな より:

    >「いつかは会うことになり、その道に向かって進んでいる。首脳会談が実現するように一歩一歩前に進んでいる」。
    失礼な発言続きで、さっぱりどこに向かってるのかわかりません。
    責任逃れのハッタリと理解すべきです。

    文大統領在任中に日韓首脳会談は、無いでしょう。
    素人集団、韓国外交部の寝言を相手にするのは、無駄です。
    東京オリンピックの訪日話を思い出すニダ。

    1. ちかの より:

      だんな様
      >一歩一歩前に…
      ムーンウォーク、ですね。
      もはや常套句ですが…。

      1. 世相マンボウ、 より:

        なんせ
        日本は忙しいのですから
        ムーンはウ置ぃとーク
        でいいのでしょう。

  7. j より:

    お疲れさまです。

    会うなら、韓国に対価を払ってもらう会談であって欲しいと事前に伝えるのが、日本国民の感情だと思います。

    それでも会談したいならしても良いと、日本国民の一人として思います。

    反日、戦犯国、もう十分です。

  8. チキンサラダ より:

    結局の所、韓国の横暴と甘えを許してるのは我々日本国民全体なんですよね。岸田さんのように脇が甘い政治家でも、日本全体が韓国に対して厳しい姿勢を取っていたら、間違っても変な妥協はしないでしょう。
    ここ数年は、以前よりは日本は韓国に対して厳しい対応をしていますが、このトレンドをを定着させないといけません。
    若者が韓国に相当影響されるようになっているのが心配ですが。

    1. どみそ より:

      岸田さん 変な妥協はしないと思いますが 騙されそうな気がして心配です。
      相手には 日本人のような誠実さはありません。
      属国は 相手をだますこと、裏切りの連続で生き残ってきましたから。

  9. 農家の三男坊 より:

    >来年2月の北京五輪に岸田首相がノコノコ参加するという可能性・・

    ・習近平も東京五輪には来ていませんし
    ・香港&ウイグル(チベットも加えるべきと思うが)の人権問題で欧米だけでなく岸田さん自身も批判しているので(ただ、「人権問題担当の首相補佐官」設置を有耶無耶にしているので怪しいところもあるが)

    流石にこれは無いでしょう。

    名代として平和の党・人権の党の山口代表を送ってさらし者にするのが良いのでは?

    1. クロワッサン より:

      遠藤誉氏のこのコラムを思い出しました。

      日本を中国従属へと導く自公連立――中国は「公明党は最も親中で日本共産党は反中」と位置付け
      https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/10/post-97362.php

  10. taku より:

    慰安婦合意を反故にされた(結果的には、日本にとって良かったのですが)岸田総理が、そうやすやすとムンジェインとの首脳会談に応じるとは、予想していません(万一そうなったらアンチ岸田になってやる)。むしろ心配しているのは、韓国の次期大統領にユンソクヨルがなった場合です。徴用工問題につき、国際法違反の状態を放置したまま、一回ぐらいはいいか、と安易に首脳会談に応じてしまわないか、とても心配です。本日も野党統一候補が決まったことから、両候補による日韓関係への影響の差異を各テレビ局とも報道していました。しかし韓国民の意識が、”被害者中心主義”とか”国際法違反ではなく解釈の問題”といった独りよがりの思考形態から、国際法・条約・国家間の合意を順守すべきとの国際常識に基づくものに変わらない限り、誰が大統領になろうと、日韓関係はそう大きくは改善しません。さすがに、①戦前日本は迷惑をかけたのだからまず日本が譲るべきとか②双方言い分があるのだから現実的な着地を探るべきとかいう意見は、日本でも少数派になったように思いますが、日韓関係は段階的先細り(テーパリング)で良い、とまで覚悟を決めた議論はまだまだ多数を占めるに至っていません。その意味で政府自民党の対韓をめぐる国内世論対策は不十分と考えます。

    1. 奥の細道 より:

      >しかし韓国民の意識が、”被害者中心主義”とか”国際法違反ではなく解釈の問題”といった独りよがりの思考形態から、国際法・条約・国家間の合意を順守すべきとの国際常識に基づくものに変わらない限り、誰が大統領になろうと、日韓関係はそう大きくは改善しません。

      私も仰る通りだと思います。昨晩の民放BSの韓国の保守野党の大統領候補者選出に伴うニュース討論番組をみていましたが、現在の日韓関係においては、歴史問題にせよその他の諸懸案にせよ、すべて「韓国が一方的に日本に対し、約束、条約、国際法などを破っている」という状態にあるので、これを韓国側がまずはきちんと解消する事、その上ではじめて今後の二国間関係正常化が成立するという原則が、何故かあいまいな取り扱いのままの討論番組、というような気がしてなりませんでした。韓国側による自らきちんとこれらを解消する行動がなければ、日本としては両国間関係のテーパリング、そしてその完了をもって、二国間関係の正常化とする、これが日本のとるべき道だと思います。いずれにしても、韓国自身が生み出した違法、違約、無礼な行動等々の解消をかの国自身がまずは実行する事、これなくしてズルズル進んでいくような、つまり結局は日本が繰り返してきた過ちをまたもや繰り返す、こんな事は決してないよう、岸田政権の対応には要watchだと思います。

  11. がみ より:

    訪欧した文大統領と同じ日にバイデン大統領がバチカンに法王を訪ねたそうです。

    韓国マスコミは

    「間接的に会ったも同然」

    と書いているようです。
    それなら簡単で今回も過去にも何度も間接的に会ってることになりますし、同じ惑星に住んでいるのですから同居も同然とも言えるのでは?

    すっげぇ嫌だけど。

  12. よし より:

    就任後外交上の礼儀で仕方なく電話しただけで
    半島の大統領は一方的に話した内容を
    あたかもお互いコミットしたような
    捏造した内容を発表w
    日韓首脳会談なんかしたらどうなる事やらww

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。