立憲民主党「変えよう」→良い方向に変わると限らない

やはり、立憲民主党は、立憲民主党だったようです。『立憲民主党の目玉公約「減税」潰しを自民党に期待する』でも述べたとおり、ほんの一瞬でも有権者に刺さりそうな(?)公約っぽいものもありましたが、その後の「#政権とってこれをやる」を見ていると、やはり脱力せざるを得ません。ただ、冷静に考えると、立憲民主党の「変えよう。」自体も、なにかとツッコミどころだらけでもあります。

立憲民主党の「脱原発」

本稿は、ショートメモです。

立憲民主党の「政権公約」(っぽいもの)のなかに、時限的な減税などが盛り込まれたという話は、先日の『立憲民主党の目玉公約「減税」潰しを自民党に期待する』などでも取り上げたとおりです。

当ウェブサイトとしては、そもそも現在の日本における最大の問題点が、「際限なく上昇していく税率」にあると考えており、不必要に高い税率が日本経済の活力をそぎ、日本を衰退から滅亡に導こうとしているとの危機感を抱いています。

その意味で、最大野党でもある立憲民主党が減税を掲げ、与党である自民党などに対して少しでも危機感を抱かせることに成功すれば、立憲民主党にも存在意義(?)はあったと言えるのではないか、などと、ほんの一瞬でも考えたことは事実です。

ただ、やはり「立憲民主党は立憲民主党だった」ようです。

立憲民主党が本日公表した「#政権とってこれをやるVol.7」の内容が、大変に困りものだからです。

枝野代表が「気候危機に歯止めをかける 自然エネルギー立国の実現」を発表 #政権取ってこれをやる Vol.7

―――2021/10/01付 立憲民主党HPより

ダラダラ長いので、本稿では「1」のみを引用します。

1.原発に依存しなカーボンニュートラル

原子力発電所の新増設は認めない

原子力発電所のない社会に向けた不可逆的な方針をすみやかに確立

自然エネルギー電力を2030年に50%、2050年に100%を目指す

2030年に温室効果ガス排出を2013年比55%以上削減

国の直接かつ独自の事業として送電網を整備

…。

原子力発電所のない社会において、どうやって温室効果ガス排出量を削減するというのでしょうか。

まさか、今年の水害でも露呈した、何かと問題だらけの「太陽光パネル」を、今以上に設置させるという構想でも進めるつもりでしょうか(※太陽光パネルと土砂災害の関係を巡っては、次の論考なども参考になると思います)。

太陽光パネルと土砂災害、解明迫られる因果関係/盛り土や建設残土の問題と併せて総点検が必要だ

―――2021/07/10 9:00付 東洋経済ONLINEより

これを読むにつれ、やはり、「立憲民主党は立憲民主党だった」、という感想しか残らない、という次第です。

「変えよう。」→なにを?

さて、ついでに申し上げるなら、立憲民主党の現在のキャッチフレーズは、「変えよう。」、だそうです(図表1)。

図表1 「変えよう。」

(【出所】立憲民主党HP)

「変えよう。」とは、いったい何を「変えよう。」なのでしょうか?

冷静になって振り返ってみたら、立憲民主党の「前身の前身」である民主党が2009年8月の衆議院議員総選挙で圧勝したときと比べ、最も変わったものといえば「党名」でしょう。立憲民主党の「都合が悪いから『りせっとぼたん』」という発想については、まったく変わっていないように思えてなりません。

あるいは、政権交代すればたしかに日本は「変わる」かもしれませんが、それが「良い方向に」変わるという保証はどこにもありません。

あるいは、もう少しきついことを申し上げるなら、党名が何度も何度も変わっているわりに、もう何年も「もりかけ」「もりかけ」と言い続けている立憲民主党の基本的態度自体が「変わった」とも思えません。

ついでに申し上げるなら、最近、ツイッターなどでは、やたらと「#政権交代」「#変えよう。」といったツイートを見かける気がするのですが、そのようなツイートを発する人は、「どの政党に」という最も重要なことをわざと伏せる傾向にあります。

「政権交代」どころか、政党支持率は軒並みヒトケタ台

しかも、多くの場合、新内閣が発足すれば内閣支持率は上昇する傾向にありますし(※著者私見)、それでなくても、主要メディアによる現時点における立憲民主党に対する政党支持率は、軒並み「ヒトケタ台」、「自民党の数分の1」という惨状です(図表2)。

図表2 政党支持率(2021年9月)
メディアと調査日自由民主党(前回比)立憲民主党(前回比)
読売新聞(9/4~5)36.0%(+4.0)7.0%(+2.0)
日経・テレ東(9/9~11)48.0%(+9.0)8.0%(▲3.0)
朝日新聞(9/11~12)37.0%(+5.0)5.0%(▲1.0)
時事通信(9/10~13)26.5%(+2.8)3.0%(▲0.9)
産経・FNN(9/18~19)43.5%(+10.0)6.9%(+0.3)

(【出所】各社報道より著者作成)

このまま選挙を迎えれば、「政権交代」どころではないことは間違いないでしょう。

いずれにせよ、「政権交代」などとおっしゃる前に、「自民党並み」とは申し上げませんので、せめて2桁の支持率を獲得しようとは考えないのか、個人的には疑問でもある、という次第です。

読者コメント一覧

  1. ねまき猫 より:

    歴代党首や党名がすでに十分、”変わってます”よねぇw

  2. 匿名 より:

    不安定な自然エネルギーに100%頼るって、梅雨時期は?夜は?凪の日は?
    100%自然エネルギーならそれと同じ発電能力のバックアップ電源は必要だと思いますがカーボンフリーなので火力発電はだめだし、どんなバックアップ電源があるのか聞きたいですね。
    仮にカーボンフリーの夢の発電が出来たとしても自然エネルギー100%と同等の発電容量ならわざわざ自然エネルギーなんか必要ありませんね。
    蓄電するなら100%+蓄電用の電力が必要だし、安全率を見込めば1週間分以上の蓄電量が必要、その蓄電に必要な電力を確保するために+αの容量が必要になる、恐らく日本中パネルを敷き詰めても不可能ではないかと考えます。
    原発にゼロリスクを求めるならパネルや風車にも同じようにゼロリスクを求めなくてはいけなし、それらのコストを考えれば日本で製造業は出来なくなります。

    1. 星のおーじ より:

      大丈夫です。菅直人総理がやったように、韓国や中国系のパネルメーカ&ディベロッパが入ってくるための環境を無理にでも整えますから。環境にやさしい立憲共産党です。。

  3. 引きこもり中年 より:

     (立憲民主党に限りませんが)「支持層の平均年齢を、若い方に変えよう」という政党が出てきても、よいのではないでしょうか。

  4. イーシャ より:

    まず、憲法9条を変えましょうか。

    1. 引きこもり中年 より:

      イーシャ様
      「日韓断交に変える」と言えば、ここにいる人は拍手喝采するのではないでしょうか。

      1. タナカ珈琲 より:

        イーシャ様。
        引きこもり中年様。

        パチ、パチ、パチ。

  5. だんな より:

    繰り返しになりますが、「変えよう」では無くて、自分達が「変わろう」という姿勢も無く、劣化して行くだけ。
    変わらないといけない理由の説明も無く、憲法だけは変えない。
    中朝工作機関として都合が悪い今の日本のシステムを「壊そう」としているだけです。

    1. ちかの より:

      だんな様
      そうですよね。
      何かを変えようと思ったら、まずは自分が変わらないと、ねー。
      と、思います。ハイ。

    2. 福岡在住者 より:

      小池百合子都知事にダメ出しされた議員さんたちが、拗ねて自身の生活の為に作ったのがこの党の発端では?  泥船・負け犬・枝野さんが、起死回生で成功し、とりあえず今に至っています。 負け犬(瀕死)が主流になり、小池さん側に逃げたドブネズミが捨てた泥船に戻っているのが現状。 

      ここの投稿で拝見したと思うのですが、現立憲民主党幹部=カン内閣幹部。(何故か、当時のメンバーが引退せず、カビのようにはびこっている) 

  6. 匿名 より:

    何を変えるのか言ってもらえないとね~
    変えられて困るものもあるわけだし。

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      憲法のことか?

  7. 匿名 より:

    そもそも、立憲民主党とは、どこの国民のために活動している政治団体なのか?
    売国奴の集まる政治集団に、なぜ日本国民の税金を注がないといけないのか?

  8. sey g より:

    自分には、凄い才能があるのにまわりがちゃんと自分を見てくれないので実力を発揮できないと言い訳しているミュージシャンの様。
    俺は必ずビッグになるぜと、なんの努力もせずに夢を語る。
    しかし、そんなクズの語る夢に共感して生活の面倒を見る女性が一定数いるのも事実。
    まわりが、その戯言絶対出来ない言っても、信じてクズを養う女性と立憲民主党の支持者が重なって見えるのは気のせい?
    立憲民主党の作戦は、その数%の人々に叶わない夢を見させて今ある議席を確保出来たらいいというものでしょう。

  9. 閑居小人 より:

    立憲民主党に変えられるのは自分の政党名だけ。
    中身は旧態依然とした相手を批判することと何でも反対の旧社会党と同じ。
    隗より始めよ

    1. 引きこもり中年 より:

      閑居小人さま
      >立憲民主党に変えられるのは自分の政党名だけ。
       確かに党名を変えるだけなら、党内で文句は出ません。

  10. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    ところで、NHK党は今回は当選しそう?

  11. 迷王星 より:

    >原子力発電所のない社会において、どうやって温室効果ガス排出量を削減するというのでしょうか。
    >まさか、今年の水害でも露呈した、何かと問題だらけの「太陽光パネル」を、今以上に設置させるという構想でも進めるつもりでしょうか

    原発大嫌い&太陽光パネル大好きな河野議員や小泉議員は何故に自民党にいるんでしょうね? 前から自民党で自党の政権を背中から撃つのが大好きな石破議員も連れて3人一緒に価値観がより近い立憲民主党に移籍すれば良いのに.

    1. 匿名 より:

      河野&小泉Jr&石破の三氏の共通点は「メインストリームで目立ちたい」なのでは?野党に行っても目立つことは出来るけど、メインストリームじゃないと嫌だから行かない。

  12. 七味 より:

    原発の安全性について、自分でも暴論とは思うのですが、なんとなくの勢いで書いちゃうのです♪

    >原発に依存しなカーボンニュートラル
    正直なところ福島の事故を経験したことで、原発はいったん事故を起こすと取り返しがつかない、だからこそ脱原発を進めるべきだという意見はわかるのです♪
    特に、時の政府の動きが、事故を拡大させるためにわざとやってるのか?と思ったひとりとしては、変なのがトップにいると不味いという気持ちからも、原発怖いって思いはあるのです♪

    ただ一方で原発の事故って滅多に起こるわけじゃないし、仮に起こったとしても同時にはせいぜい一カ所だと思うのです♪被災した人には申し訳ないとは思うのですが、ほんの一部の人が被災するんだったら、それは国として全力で支えることができるんじゃないかな?って思うのです♪もちろん生まれ育った地に帰ることができないってのは、あたしには想像もつかない苦痛があると思うのです♪あたし自身は、仕事柄もあって生まれ育った地にあんまし拘泥していないのでなおさら、自らの意思とは関係なくそんな事態になった人の気持ちは正直なところ想像の外にあるのです♪

    ただそれでも、全国にめったやたらと太陽光パネルが設置されていて、その運営する事業者も良くわからない小さなところで、いざってときに何の補償もできないような状況と、万が一の事態には、それこそ国を挙げて支援を行うのと、どっちが安全なのかな?って思うのです♪

    こんなことをいったら怒られると思うけど、静岡の土砂災害って業者さんが儲けを得るためにへんなところに作ったって面があるんじゃないかって思うのです♪そう思うと、被災した人は気の毒だけど、その補償は業者さんがやればいいんじゃない?って気持ちもどこかにあるのです♪でも、それを言い放ってしまうと、そもそもそんな業者さんには、しっかりと補償を行う体力はなくて、結局被災者は泣き寝入りするしかないと思うのです♪

    そんなこんなを考えると、それなりに小規模な事業者が容易に手をだせるものだけで、電力という国の基盤に関わるものをやるのが、本当に合理的なのか?って気もするのです♪
    いっそ原発みたいに、国として必要なんだから設置されればジャブジャブと支援がある。万が一の事故のときも、少なくともお金の面ではとことんまで支援できる♪
    というのとどっちが良いのかな?って思うのです♪

    自分でも結構な暴論とは思うのですが、皆さんのコメントなんかも拝見しつつ、つらつらと思いついたことを書かせていただきました♪
    お目汚し、失礼いたしました m(__)m

    1. 星のおーじ より:

      福島第一原発はそもそも設計が古くて、非常電源の配置等が万が一の浸水を考えていなかったので致命的な全電源喪失に至った訳で、現在の基準で対策されている原発であんな事故は起きないでしょう。菅直人みたいに反原発が命の左翼政権じゃあどうしようもないですが。
      東海第二原発もあわや、だったのですが、改良工事がギリギリ間に合っていて安全停止しました。福島第一は技術が未熟で事故が起きたのではなく、古い設計のリスクを放置したから事故になったのは、一連の裁判でも明らかです。
      既に出来上がっている固定資産の原発を無駄にして新しい大型発電設備を作るなんて非経済の極みで、左系の夢に生きる人たちの政策に惑わされてはいけないでしょう。

      1. パーヨクのエ作員 より:

        高々100年の発電所の運用の問題よりも核分裂反応したゴミってどうするのかな?

        真面目に管理すると万年単位で管理が必要ですが、人間の活動って「金にならない事に100年の出費」ですら耐えられ無いと思いませんか(笑)

        そもそも日本の任意の場所で「10万年ここでは活断層は発生しません」と言う場所がありますかね(笑)

        大地震と津波もいっぱい発生しますしね(笑)。

        日本の大規模なカルデラ噴火は平均どんなペースですかね。
        それに核のゴミの管理施設が破局噴火に巻き込まれ無い保証は?

        当方は思うのですが、世界中の高レベル放射性廃棄物をそのまま「東京湾と大阪湾にゴミ箱として」捨ててしまえばどうでしょうか(笑)

        溶解した核物質が爆発しようが放射性物質で周囲の住人たちに死者が出ようが「愚行の代償、自業自得」として誰も助けず世界のゴミ箱として危険物を棄てる。

        でも日本人が逃げる事はゆるさない。

        良いアイデアと思いますが如何でしょうか(笑)

        1. 迷王星 より:

          破局噴火が起これば核廃棄物がどうしたなんて小さな問題ですよ.

          広島高裁が阿蘇カルデラの破局噴火でのリスクを理由に伊方原発の再稼働禁止に関する地裁による仮処分を支持する決定を下したと記憶していますが,裁判官の想像力では破局噴火がどういうものか全く想像できないのでしょうね.

          率直に言って阿蘇で破局噴火が起これば西日本のほとんどは人の住めない場所になりますし,原発事故なんかとは比較にならない多数の死者が出るでしょうね.原発の核燃料や核廃棄物が全く無かろうと.

          東京圏を確実に壊滅させる富士山の本気噴火よりも,そして恐らくは南海トラフが一斉に動くM9クラスの大地震&大津波よりも,阿蘇・南九州の鬼界・箱根など日本に幾つかあるカルデラのどれか一つの破局噴火のほうが,日本が蒙る経済的損失も死者数(即死だけでなく大気汚染による死者や飢えや渇きによる死者も含めて)も遥かに大きくなる.

          今後,破局噴火が一度でも起これば日本という国家の歴史に終止符が打たれると言っても過言ではありません.その時には原発炉心や核廃棄物による放射能汚染事故による被害など単なる僅かな誤差に過ぎなくなる.

          「破局噴火が起こったら原発の核燃料や廃棄物が云々」というのは,「原爆を落とされたら化学工場は爆発する恐れがから化学工場は危険だ」と言ってるようなものでナンセンスです.

          原爆が落とされたら化学工場が爆発しようがしまいが全く無関係なほど壊滅的な破壊が起こるように,破局噴火が起これば核汚染も含めて人間の為したものによる被害など微々たるもので無関係と思えるほど壊滅的&絶望的な状況になるということです.

          1. パーヨクのエ作員 より:

            迷王星様

            当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

            破局噴火でも「阿蘇山で発生し得る想定死者一億人」という規模が発生したら当方もその時代の人間も「まあ諦めがつく」と思いますが(笑)、実際はもっと小さく、頻繁に起こる規模で、おそらく「当初設計時点では十分に防ぐ事が可能」な噴火案件でも高レベル放射性廃棄物の管理施設で致命的事故が発生すると思いますよ(笑)。

            高レベル放射性廃棄物の管理施設は当時の人間に「お金にならない」からです。

            出費して維持する根気がきっと続かないと思います。

            そういったモノに100年も1000年も1万年も10万年も人間が必要な出費をしない為に上記事故に至ると思うのです。

            迷王星様やこのサイトの読者様の様に「理性的」ならば必要経費をキチンと支払うと思いますが、きっと100年後の財務省は「ムダな費用」として高レベル放射性廃棄物の管理施設の維持改修の為に予算取得を認めないと思いますよ(笑)。

            そういったモノを当方達が後世の子孫たちに押し付ける。

            これってとっても罪な事と思いませんか?

            だから当方は「原発の推進論」に「嫌悪感」を感じるのです。

            以上です。駄文失礼しました。

        2. 匿名 より:

          何十万年後に噴火して、その時の放射線量はどれぐらいになっていると考えますか?

          1. パーヨクのエ作員 より:

            匿名のコメント主様

            ご質問の意図が良く分からないのですが、高レベル放射性廃棄物の管理って乱暴に言えば以下の2つの機能の維持です。

            ・高レベル放射性廃棄物の冷却
            ・高レベル放射性廃棄物と外界の遮断

            最初の機能が恒久的に損失すると何が起こるか分からないです。最悪爆発します(笑)。

            高レベル放射性廃棄物はピンキリですが、当方は「全部をプルトニウム239と劣化ウラン(ウラニウム238)に換算して考えます」
            仮に最終的高レベル放射性廃棄物を1箇所に集める場合、日本が持つ処理済プルトニウムは今の倍ちょっとに増えると仮定して100トンとしましょう。
            濃縮が10%ならば10トンです。
            残り90トンはウラン238です。
            処理がまだの燃料棒がプルトニウムを1%含有で処理済のプルトニウムの倍あると仮定して
            初期値は爆発しうるプルトニウムが12トンと爆発しないが外界に出て体内被曝するとまずい劣化ウランが288トンです。

            爆発するモノが事故時にどれだけ減っているかですが、2.4万年が半減期のプルトニウムは9.6万年で16分の1に減ります。
            10万年ならば20分の1以下と見做して良いと思います。
            適切に分散すれば爆発するリスクは無いかもですね(笑)。
            しかし、人間は噴火以外の要因で高レベル放射性廃棄物の飛散事故を発生させると思いますよ(笑)。
            おそらく爆発するプルトニウムがいっぱいの千年持たずに(笑)。

            まあ皆様お墓の中です。
            気にしない方が・・・(笑)。

          2. パーヨクのエ作員 より:

            因みにカルデラ噴火の頻度発生は概ね6~7000年に一度です。
            幸運の神の祝福が有っても10万年有れば数回はピンチが有りそうですね(笑)。

      2. ちょろんぼ より:

        星のおーじ様

        福島第一原発の問題は、原発に対する危険がどういうものかの問題
        だと思います。
        設計が米国なので、米国の気象災害の一番大きいと考えられているのが
        竜巻です。 映画で何等かの災害後を表示する表現も竜巻による災害を
        模造しております。その為、竜巻被害を基準に建築しています。
        日本の太平洋岸での気象災害の最大なものは、地震及びそれに伴う津波です。
        女川で原発が高台にあったのは、地元住民が津波を警戒して高台に建設させた
        と聞いております。 福島原発は貞観年代の地震津波を、マスコミが隠蔽し
        設計が米国だから、津波の危険度が解らなかったから、あの地に建設された
        のです。

    2. 匿名 より:

      原発でいま話題なのは小型原子炉だよね。世界で開発にしのぎを削ってる。構造上メルトダウンが起きなくて比較的安全性が高い。高市さんがどっかの討論会でこれに言及してて自分的には「おー」ってなった。

    3. 七味 より:

      なんかたくさんコメントがついててびっくりなのです♪

      火力、水力、原発、太陽光、風力、地熱・・・・・電源はいろいろあるけど、火力はCO2、原発は事故発生時の被害と廃棄物、太陽光や風力は安定性、水力や地熱は??だけど、それぞれ問題はあると思うのです♪
      そんないろんなものを、どう組み合わせて電力を確保するのかって、難しい問題だと思うのです♪

      >原発に依存しなカーボンニュートラル
      理念としてはあっても良いと思うけど、政策として訴えるならある程度の道筋は示して欲しいと思うのです♪
      いきなり既存の原発もやめちゃうのか、それだったら太陽光なんかで本当に賄えるのか?
      それとも当面は原発も含めて電力を賄って、技術開発や設備投資をしながら再エネの比率を徐々に上げていくのか?
      はたまた原発はやっぱりやめといて、カーボンニュートラルは遅くなるけど、火力で時間稼ぎをするのか?

      立憲だからという色眼鏡でみてる部分はあるけど、耳触りの良い言葉を掲げてるだけじゃないかと、思っちゃうのです♪

    4. 門外漢 より:

      七味 様
      太陽光発電はあまりにも規制がユルユルな事が諸悪の根源だと思います。
      ユルユルにしてるのは電源コストを低く抑えることで、普及を速めると言う事もあるのでしょう。
      結果小規模事業者でも参入が容易になり、小規模ゆえになお規制がかけにくくなってます。
      本来なら開発に当たって構造計算や環境アセスなどが懸かって来るのですが、小規模ゆえに網がかからない。
      下手するとそこらの畑の野小屋にも劣る杜撰設計でも罷り通ってしまう。
      場合によっては規制の網を避けるために、事業を分割して小規模を装う事もする。あるいは書類上の面積を過少に報告するなんてこともやります。尤も太陽光に限りませんが。
      その延長線上に熱海の土砂災害があり、日光川の氾濫があるのです。
      このような大災害でなくても、崖が崩れただの、風でパネルが飛んだだの、日光の反射で住環境が悪化しただの、希少生物の生息に不適になっただの、細かい不具合はいくらでもあります。
      これらについては、明確に法令違反でない(法令が無い)という理由で行政も対応を取りません。
      業者は端から補償なんてことは考えてません。責任を追及されるようなことになれば計画倒産という手もあります。
      住民の泣き寝入りと言う事です。
      なので、行政が管理監督上の責任を認め(少なく都の熱海は管理出来てませんでしたから)、行政が補償するのでなければ住民は救われません。
      ついでに一罰百戒で担当課長くらいも処分されることになれば、法令整備もちょっとは気合が入ると思いますが。

      1. 匿名 より:

        ✖少なく都の
        〇少なくとも

    5. わんわん より:

      太陽光発電
      パネル設置は家屋・店舗・工場等屋根や屋上しか止めるべきですね

      SSPS Jaxa
      https://www.kenkai.jaxa.jp/research/ssps/ssps-ssps.html
      読売新聞
      https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210906-OYT1T50158/
      22年度 実証実験開始 50年実用を目指す
      テレビ朝日
      https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000230747.html
      「ペロブスカイト」と呼ばれる、フィルム状の超薄型太陽電池。
      実用化が進めば
      フィルムならどこでも発電できる可能性があります

      揚水は建設が期間的に無理があるのでマイクロ水力発電

      ゴミや間伐を利用したバイオマス発電
      あとは原発再開(もう作っちゃたんだから使いあたおさなきゃ)

  13. めたぼーん より:

    ま、立民含む野党の大半は、言ったことが実現できないと自公政権のせい、官僚のせいとか、責任転嫁した上で、何も実現できず逃げるでしょうね。

    1. より:

      なんだか、某国の立ち居振る舞いを彷彿とさせますが、きっとそうなんでしょうねぇ。

  14. だんな より:

    ふと思った事。
    そのうち「変えるには、痛みが必要だ」とか言うんじゃないかな。

  15. ホワイト国 より:

    立憲民主党が変えることができるのは、党の名前と
    自分たちの国籍!

     南北朝鮮の国籍に変えるか
     中共の国籍に変えるか

    南北朝鮮の国民からの支持率なら

     立憲民主党   97%
    自民党 3%

    ぐらいの、圧倒的な支持率を得ることができるでしょう。

  16. 世相観望(お魚なのに 蔓防と間違えられるので) より:

    立憲民主党に対しての当たり前に
    厳しいご意見が並びますが、
    私は、
    たとえ伝統ある昔の民主党とは違って
    不実な誹謗で間違って政権とった論功行賞で
    隣国とウッシッシをして
    あっと言う間に叩き出されたあとは
    普通の日本人支持者が剥げ落ちてのわずか数%の
    海の外ゆかりの団体さんがコアな支持母体という
    今の韓流政党立憲民主党みたいなものも
    寛容な日本の言論の賑やかしとして
    あってもよいという寛容な立場です。

    また、
    立憲民主党は不実な誹謗だけで
    政策がないというご批判もありますが
    それは、
    ふつうにまじめな日本人を押しのけて
    自分たちの住みよい国にしてしまおうという
    コアな支持母体の人が固く支持している
    本当の目指すものを隠してお見えなので
    政策がないようにみえるだけ
    だと考えてあげています。

    ただ、日本人無党派層取り込みには相反する
    そうした本音を隠してのうわべのその場しのぎの
    口先での政策を主張していることが、
    およそモロモロ韓流の特性とは言え
    ここまで嫌われてしまっている要因と考えます。

    立憲民主党は
    韓流政党であることを隠さず正直に、
    菅直人鳩ポッポ政治の踏襲 を掲げて
    堂々と戦うことが正しいあり方だと
    アドバイスをして上げたいものです。

  17. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    管理人様>原子力発電所のない社会において、どうやって温室効果ガス排出量を削減するというのでしょうか。

    核分裂反応によってお湯を沸かすタービン式の原発に賛成される方々に当方はお願いします。

    先ずはラスベガス等の世界中のカジノで巨額の借金を作るギャンブル中毒者や韓国のキムチ仮想通貨で多額の借金を作る連中等の、皆様が

    「最も払いたくない連中の借金返済の為に、皆様の全財産と利用可能な臓器全部を売り払ってお金を提供して返せない借金を造って」

    から原発を容認いただく思います。

    六次の隔たりと言う言葉があるそうです。知り合いの知り合いの関係を辿ると概ね6人で世界中の任意の人間にたどり着く事が可能です。

    「そういう近い人間を救って」お金を出すべきです(笑)

    核分裂反応によって生成される高レベル放射性廃棄物は最終処分場で確か10万年管理がいるようです。
    (当方はキチンと高レベル放射性廃棄物に最後迄責任を取るには半減期の20倍管理する必要性を感じます。半減期2.4万年のプルトニウム239ならば概ね48万年ですが、大目に見て上記の条件を前提にします。)

    皆様が10万年後の子孫にたどり着くには世代交代が幾つ必要でしょうか(笑)。
    平均世代間交代を100年(笑)で1000人。人類の進化に期待して隣国人もビックリのスーパーファンタジー理論で平均世代交代を1000年にしても・・・。
    100人(笑)
    それだけ離れた関係の人間達に当方達の現在生存中の人類は

    「おまエラ俺たちが残した高レベル放射性廃棄物を管理しろよ(笑)」って出費を強要するのです。

    冒頭の人間のクズ達が作る借金は高々6、7人でたどり着く「極々近い関係の人間です。」
    キチンと我が身を犠牲にして理不尽な自分では払えない程の出費を負担するべきではないでしょうかね(笑)

    歴史と人間活動の継続性と地学的リスクをガン無視してせめて核融合発電の実用化迄待てずに愚行に走る連中が当方達現行世代の人間ですので(笑)。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. パーヨクのエ作員 より:

      >平均世代間交代を100年

      今回では父系母系の祖先の名前を言えてそこからの傍系の人間の名前が把握できると定義しましょう。
      1000年ならばそれだけ過去の直系傍系血族を全て把握と言う事です。
      皇室でも臣下に皇籍離脱した末端の子孫の行く末を含めて過去1000年全ての把握は凄く怪しそうです(笑)

    2. より:

      私は原発の積極的推進派ではありませんが、既存原発の再稼働には賛成しています。
      積極的には推進できないというのは、仰るように廃棄物の問題、廃炉の問題もありますし、あれほどの費用と手間暇をかけて、結局お湯を沸かしているだけという点にいまいち釈然としないからでもあります。
      その一方で、十分な安全対策を施すことが大前提(*)ですが、既存原発の再稼働に賛成なのは、再稼働を止めたところで廃炉の問題は付きまといますし、少なくとも現時点においては、いわゆる再生可能エネルギーは電力供給の安定性という点において、原発の代替手段足りえないことが明らかだからです(%)。ならば、作っちゃったものはなるべく上手に使ったほうがマシであると思います。

        (*) どの程度の対策を施せば十分と言えるのかという点については、ひとまず
          ここではこれ以上触れないことにします。
        (%) 将来的に蓄電技術が進歩すればと主張する人もいるようですが、その「進歩」
          に現実的な目途が立っていない以上、無責任な空論でしかありません。

      個人的には、既存原発の最大の問題は廃炉であると思っています。どう考えても廃炉には十年単位の期間と膨大な費用がかかりますが、どうもそこまできちんと考えた上で建設されているようには見えません。「何考えてたんだ?」と文句の一つも言ってやりたいところです。でも、作っちゃった以上、なるべく上手に使っていくのが得策であると思います。もしかしたら、そのうちコスモクリーナーが開発されるかもしれませんし。

      1. 星のおーじ より:

        小生の気持ちは
        第一にCO2等の排出抑制の為に省エネを進める。生活様式を変えて、無駄な照明、冷暖房、深夜活動、、、、
        第二に都会のヒートアイランド対策を進める。舗装改良と雨水活用による水熱循環改善と建屋単位の太陽エネルギー活用。ソーラーも良し、蓄熱も良い。
        第三に原発の適切台数を再稼働し、厳選した火力のみに削減。
        パーヨクの工作員さまご指摘の核のゴミは頭が痛いですが、兎に角この10年、20年の短期ではっきりとした温暖化対策を取ることの方が優先されると思うのです。日本は既に原発を大量に作ってしまって核のゴミが溜まっているのはもう事実なので、原発を止めながら更に別の環境汚染を進めるのは一番悪いパターンであり、早急にできるのは火力削減だろうと思うのです。
        いろいろなリスクが有る中で原発だけ突出してリスクが高いとは思えないのです。

        1. より:

          現在、二酸化炭素の回収、資源化の研究があちこちで進んでいるようです。

          二酸化炭素回収システムの例:
          https://www.mhi.com/jp/products/engineering/co2plants.html

          人工光合成の研究開発:
          https://www.mitsubishichem-hd.co.jp/kaiteki_future_lab/solution/01/

          これらは実験室レベルではうまく行っているようですので、商用化にまでこぎつけることができれば、いわゆる温室効果ガス問題は、解決の方向に進むかもしれません。

          また、排煙からの脱硫装置はすでに実用化されて久しいので、これらを組み合わせれば、今や世界中の意識高い系の人たちから目の敵にされている石炭火力発電だって、問題なく運用できるようになる可能性があります。

          脱硫装置の例:
          https://tenbou.nies.go.jp/science/description/detail.php?id=32

          技術の進歩に過度に期待するのは危ういですが、全く展望が開けていないというわけでもなさそうだとは思います(実験室レベルから商用レベルまでは大きなギャップがあることは承知していますが)。

          しかしながら、一番の問題は、現在金切り声を上げているような人たちは、技術的に解決のめどが立ったとしても、おそらくそれを信じず、問題をずらしながら金切り声を上げ続けるだろうと思われることです。自らの「正義」を信じて疑わない人たちを説得する術はありません。

    3. 門外漢  より:

      福一やスリーマイル島・チェルノブイリがあったからという理由での原発廃止には与しません。理由は事故を起こすから自動車は廃止と言うに等しいからで、あまりにも短絡だと思うのです。
      マタ、サイクルで発生する放射性廃棄物処理と、事故による汚染除去も別個に考えて対応すべきものでしょう。
      前者は然るべく管理することが可能で、地中保管だけでなく、将来的には原子核転換の技術も出来、無害化出来るかも知れませんし、最悪でも太陽めがけて打ち出すなんてことが出来るでしょう。

      https://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ040JJ_X00C14A4000000/
      放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重、実用研究へ

      後者は安全な原子炉を開発することで、事故の可能性を極小化できます。日本にもこの原発の技術はありますし、諸外国でも開発は進められてるのです。
      額面通り原発廃止に邁進してる国なんてどこにあるんですか?という話です。

      https://ja.wikipedia.org/wiki/4S_(%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%82%89)
      4S (原子炉) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

      羹のに懲りたら、羹を美味しく食べられる方法を考えるのが人間というもので、膾ばかり食って暮らすのは御免です。

  18. がみ より:

    平仮名三文字が、馴染まないのでは?

    立憲民主党

    「変。」

  19. 匿名 より:

    オバマのChange!はこれまでいなかった黒人の大統領を選出してみよう、だったけど、民主党の「変えよう」は「また民主党に?」になると思うんだけど。それにこれまで築き上げてきたものを無視してやりたいようにやる、みたいな政策イメージってアナーキーな人はともかく一般の日本人にウケそうにないんだけど。受け継いで発展させよう!の方がよっぽど訴求力がある。

  20. WindKnight.jp より:

    彼らの「変えよう。」は、「壊そう。」にしか思えないんですよね。
    先の民主党政権は、多くの物を破壊して、未だにその影響が多く残ってますし。

  21. ちょろんぼ より:

    立憲民主党の「変えよう」は、日本の様式を変えて、本国の中共・露・半島諸国の
    ように、共産党や類似団体が上部団体になり、下部にその他の人民。
    というように変えたいのだと思います。
    これを中学の歴史で学んだ事を応用すると、
    西洋中世は王制であり、王・貴族・その他という構成でした
    (宗教家は貴族の分類です。 平安時代等有力寺院の住職は天皇・貴族出身者しか
    なれませんでした。 西欧も同じです。)
    マルクスさんは、王が居るから戦争になるんだと思い、集団指導体制を考えました。
    共産党政権では、党中央・党。その他になります。
    結局政権構造は同じです。 立憲民主党は、共産党とほぼ同じ団体だから、
    「権力をよこせ!」を「変えよう!」と言っているだけです。

    電力の問題を知りたければ、お隣りの中共の現在の状況を確認して下さい。
    電力不足で工場の操業中止・町中の信号が消え、警察が手信号で交差点整理を行っている。 これだけなら、ま~何日かすれば元通りなると思っているのでしょうが、絶対報道されない
    病院の中の状況を考えてみて下さい。

    これだけだと、つまらないので、最後に笑い話を
    東電が新潟の柏崎原発で、テロへの備えができていないと、原子力規制委員会から
    指摘があったそうです。 東電がテロリストに「九条をもまれ!」と言ったら
    テロが発生しないと思います。 何故、規制委員会はテロへの備えが必要なのでしょうか? 
    又、北電も泊原発で防潮堤の件で原子力規制委員会から指摘がありましたが、北電が
    津波に対し「九条を守れ!!」と言ったら、津波が鎮まり防潮堤はいらないと思うのです。
    不思議です。

    1. より:

      「九条を守れ!」
      つまり、東寺が絶対防衛線ということですね。
      確かに、ネギは守られるべきだとは思います。美味しいですもん。

      1. がみ より:

        龍様

        実家が農家の母が言ってました。

        「ネギ作ってるのは富農!いつまでも畑に居て困る!大根とかなら三回収穫出来る位の時間がかかる!」

        立民さんたちは農家界のブルジョワの味方なのではないでしょうか?

        ゆえに九条ネギを護ろうとしているのかもしれません。

        1. 門外漢 より:

          九条ネギは上手いなあ(^^♪

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。