【読者投稿】中国は、北朝鮮を捨てようとしているのか

当ウェブサイトでは読者投稿を歓迎しており、投稿要領等につきましては『【お知らせ】読者投稿の常設化』、過去の読者投稿については『読者投稿一覧』にまとめています。こうしたなか、先日は「ゲーム理論」シリーズなどの良質な論考を寄稿して下さった「イーシャ」様というハンドル名の読者様から、今回も興味深い仮説の転載依頼をいただきました。

読者投稿につきまして

当ウェブサイトでは、2016年7月のサイト開設以来、「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」を目的に、おもに政治、経済の分野から話題を選んで執筆した論考を、日々、原則としてすべての方々に無料で提供しております。

また、「知的好奇心を刺激する」という営みのためには、ときとして、自ら文章を書いてみることも有益です。こうした考え方から、「自分もぜひ、文章を書いてみたい」という方からの読者投稿につきましては、常時受け付けています。

(※なお、投稿要領等につきましては、『【お知らせ】読者投稿の常設化/読者投稿一覧』等をご参照ください)。

こうしたなか、以前から「イーシャ」様というコメント主様は、ご自身が所有する個人ブログ『夏は涼しく過ごそう ~快適節電ライフ~』に発表した論考のうちいくつかについて、当ウェブサイトへの転載依頼をしていただいています。

直近で転載依頼があったものの例としては、「ゲーム理論」に関するブログ記事があり、転載したものについてはそれぞれ下記リンクで読むことができます。

この4つの論考は、いずれも専門知識を使いながらも、この手の論考にありがちな複雑な計算式、持って回った言い回しなどが出てこないため、ゲーム理論を知らない人でも平易に読んでいただける、非常に良質な記事ではないかと思います。

こうしたなか、本日はイーシャ様から『工学研究者の備忘録「中国が北朝鮮を捨てる可能性」』というブログ記事の転載依頼をいただきました。

(※なお、当ウェブサイト側の都合上、記事タイトルを変更しているほか、目次については元記事のものと異なっている部分があり、また、当ウェブサイト側にて一部の表現を加除修正している箇所もあります。原文に関してはイーシャ様のブログでご確認ください。これ以降がイーシャ様からの投稿文です。)

工学研究者の備忘録「中国が北朝鮮を捨てる可能性」

成果を出す2つのタイプ

研究生活を長年続けるうちに、成果を出す人には、2通りのタイプがあると感じるようになりました。

第1のタイプは、コツコツと地道にデータを積み上げ、そこから結論を導き出す人です。

第2のタイプは、わずかなデータから他人が予想しない仮説を立て、あとで検証する人です。

どちらがよいというわけではありません。私の経験では、それぞれに秀でた人が協力し、ときに喧嘩をしながら仕事を進めるとき、一番成功したように思います。

ただ、私が知る研究者は、大部分が前者です。後者に属する人は、数人しか記憶にありません。

そして、私自身は、後者だと思っています。

両者の違いは、おそらく思考過程の違いから生じるのでしょう。

前者の思考過程はわかりやすいのですが、後者の思考過程は理解し難いもののようです。実際、後者本人にも、直感としかいいようのないことが多々あります。

NM法を考案された中山正和先生を含め、直感的にアイデアを引き出す方法の大家の方にお話を伺ったことも何度かありますが、これが全てだといえるものはなさそうです。

ニュースを読むなかで、第2のタイプの特徴が現れているかもしれない過程を経てたどりついた仮説があるので、思考過程とアイデアの出し方を伝えるための備忘録を兼ねて、記しておきたいと思います。

不可解な事象北朝鮮の物価動向と為替レート

思考は、疑問を持つことから始まります。

疑問を感じざるを得ない不可解な事象に遭遇すると、その背後にあるものを追究したくなります。

そんな不可解な事象が、普段は触れることが少ない北朝鮮の情報に含まれていました。

6月15日に調査されたという、北朝鮮の物価と為替レートの動向です。

<北朝鮮内部> 食糧が謎の高騰で市場混乱 トウモロコシ2.4倍に 「市場は阿鼻叫喚です」

―――2021.06.15付 アジアプレス・ネットワークより

5月28日に比べ白米は1.7倍、トウモロコシは2.4倍の上昇、中国元は40%も下落した。(中略)注目すべきなのは、6月4日に突然、中国元と米ドルが急落したのを契機に物価高騰が始まったことだ。また、中国元に換算した食糧価格の高騰は明らかに異常である」。

記事からは、白米やトウモロコシの価格は、全て朝鮮ウォンでの比較だということがわかります。

(※為替レートについては、上昇/下落の定義が国によっては逆のことがあるので注意が必要ですが、この記事では、朝鮮ウォンに換算した中国元や米ドルの価値下落であることが確認できます。)

不可解な事象です。

物価の上昇だけなら、武漢肺炎で北朝鮮が事実上国境を閉ざしたことなどで、食糧難に直面していることで説明可能でしょう(事実、次のような報道もあります)。

北朝鮮と中国の貿易総額90%減変異ウイルスで移動制限強化か

―――2021年6月18日23時26分付 NHK NEWSWEBより

しかし、仮に交易が完全に止まったとしても、いずれ交易が再開されれば、それが公式なものであれ密輸であれ、食糧が輸入されるでしょう、そのときには外貨が必要になります。中国元や米ドルの価値下落が同時に起こるのは、不自然なのです。

食糧の極端な欠乏が知れ渡って高騰が始まり、それを押さえるために当局が北朝鮮ウォンの供給を絞り、朝鮮ウォン高につながった可能性はあります。

ただ、それなら、後に物価は低下傾向を見せるでしょう。現実はそうなっていません。

また、この仮説には、信頼性を低下させる要因が含まれています。それは、「食糧の極端な欠乏が知れ渡った」という前提と、「当局が北朝鮮ウォンの供給を絞った」という前提を2段重ねにしていることです。

真偽を確認できない前提を積み重ねると、全ての前提が真である可能性が急激に低下してしまいます。

前提を積み重ねることなく、すべてを説明できる仮説を探すべきです。

誰かが、大量の中国元や米ドルを売って、食糧の調達に走った可能性もあります。

しかし、外貨を多量に持っている層なら、そこまでしなくても食糧を確保するのも容易で、備蓄もあるのではないでしょうか。

仮説:「中国は北朝鮮を捨てようとしている」

食糧の欠乏、当局の介入、売り惜しみなど、いろんな可能性を考えてみましたが、北朝鮮内部の要因だけでは、物価と北朝鮮ウォンの同時高騰を、うまく説明できませんでした。

一方、中国との関係で、中国元の価値が急落する可能性を考えると、説明可能な仮説を立てることができました。

「中国側が、武漢肺炎のパンデミックが収まった後も、北朝鮮との交易を再会しないと通告した」という仮説です。

交易停止は、北朝鮮には制御できない、中国側からの一方的な措置と考えます。

食糧不足を解決できない恐れが高まり、北朝鮮で物価が急騰してもおかしくありません。

交易に使えないなら、持っていても仕方がない中国元の価値は急落するでしょう。

米ドルはどうでしょうか。

中国との交易でも、部分的には米ドルが使われていた可能性はあります。

では、中国以外との交易はどうでしょうか。

金額的には中国に及ばないとしても、韓国やロシアからの輸入も考えられるでしょう。その際に使われる通貨としては、朝鮮ウォンや中国元よりも、米ドルが好まれるでしょう。

だとすれば、米ドルの価値は上昇する可能性こそあれ、大幅に下落はしないはずです。

下記ページのデータで検証してみましょう。

<北朝鮮>市場最新物価情報

―――アジアプレスネットワーク

図表1 中国元・米ドル
日付中国元米ドル
2021/06/15590ウォン5,000ウォン
2021/06/08640ウォン5,200ウォン
2021/06/04670ウォン5,900ウォン
2021/05/28970ウォン6,700ウォン

(【出所】『<北朝鮮>市場最新物価情報』データをもとに著者作成)

日を追うごとに、米ドルも安くなっていました。5月28日を基準にした6月15日の下落率は、中国元39.2%、米ドル25.4%と比較的大きな差はありますが、上の仮説を支持するには、根拠として弱そうでした。

そう判断して、仮説をいったん保留しました。

しかし、一週間後、次のようなデータが追加され、状況が変わりました。

図表2 中国元・米ドル
日付中国元米ドル
2021/06/22505ウォン5,450ウォン

(【出所】『<北朝鮮>市場最新物価情報』データをもとに著者作成)

中国元はさらに14.4%続落し、米ドルは9.0%反騰したのです。

同時に、データからは、食料品や燃料の価格は更に高騰していることもわかります。唯一、中国元だけが下落しているのです。

仮説が成立する可能性が出てきました。

果たして、これまで日米を揺さぶるために北朝鮮を利用してきた中国が、突然北朝鮮を捨てるようなことをする理由はあるのでしょうか?

視点を変えて仮説を補強する “THE LONGER TELEGRAM”

仮説を提唱する際、気をつけねばならないことがあります。

まったく異なる視点から、自ら仮説を検証してみることです。

ひとつの視点で捕らえただけでは、根拠が弱いからです。

中国の動きを考える際、注目しておくべき資料があります。

米国の新たな対中国戦略として、 “Atlantic Council” に寄稿された、 “THE LONGER TELEGRAM” です。

この論文が、そのまま米国の政策となるか否かは断定できません。

ただ、世界中で注目され、研究されていることは確かです。中国も、警戒の目で研究しているでしょう。

この、 “THE LONGER TELEGRAM” は、「中国がレッドラインを越えたとみなさねばならない項目」を示しています。第2と第3の項目は、以下の通りです。

  • any Chinese military attack against Taiwan or its offshore islands, including an economic blockade or major cyberattack against Taiwanese public infrastructure and institutions
  • any Chinese attack against Japanese forces in their defense of Japanese sovereignty over the Senkaku Islands and their surrounding exclusive economic zone (EEZ) in the East China Sea

意訳しておきましょう。

  • 台湾またはその沖合の島々に対する中国の軍事攻撃。これには、台湾の公共インフラおよび機関に対する経済封鎖や大規模なサイバー攻撃を含む
  • 尖閣諸島と周辺東シナ海の日本の排他的経済水域(EEZ)に対する主権を守る自衛隊に対する、中国の攻撃

最近の台湾に対する米国の行動や、2021年4月16日に発表された日米首脳共同声明は、これに沿ったものになっています。中国としては、バイデン米政権が、 “THE LONGER TELEGRAM” を基本戦略に採用している可能性を考慮せざるを得ないでしょう。

取り上げる順序は逆になりますが、 “THE LONGER TELEGRAM” が、「中国がレッドラインを越えたとみなすべき」とする、第1の項目は以下のものです。

  • any nuclear, chemical, or biological weapons action by China against the United States or its allies, or by North Korea where China has failed to take decisive action to prevent any such North Korean action

意訳すると、以下のようになります。

  • 米国またはその同盟国に対する中国による、核兵器、化学兵器、生物兵器の使用、または、中国が北朝鮮の行動を阻止することに失敗し、北朝鮮がそれらを使用した場合

中国による直接の軍事行動だけでなく、中国が北朝鮮による大量破壊兵器の使用を押さえられなかった場合にも、中国がレッドラインを越えたとみなすべきだとしているのです。

「中国が、北朝鮮の暴走が自国に対する直接攻撃を招くことを恐れ、今のうちに北朝鮮を切り捨てることにより、仮に北朝鮮が暴走したとしても無関係だと言える状況を作ろうとしている。あるいは、北朝鮮を弱体化しておこうとしている」――。

そういう可能性が、あるのではないでしょうか。

ここで、「中国が、 “THE LONGER TELEGRAM” を考慮して行動をしている」ことを前提にしました。

これは、ひとつの視点に対する2段重ねの前提ではなく、異なる視点に対する独立したものです。

自ら考えよう 検証は時に委ねればよい

上の仮説が正しいか間違っているかは、現時点では判断できません。

逆に、北京を核ミサイルの射程に収める北朝鮮に対して、中国が怒りを買うようなことをするはずはないと考えることもできます。実験的に検証可能なことでしたら、この後、実験方法を考えるのですが、政治的な問題では、そういうわけにはゆきません。

いずれ、北朝鮮と中国、北朝鮮と他の国との関係がどうなるかで、自然と答えが出るでしょう。

検証は時に委ねたいと思います。

そして、仮説を否定する事象が発生すれば、それは新たな仮説へと導く鍵になるのです。

以上が、今回考えた仮説の内容と、その思考過程です。

思考過程については、厳密には、 “THE LONGER TELEGRAM” の内容が先に頭にあり、アジアプレスネットワークの記事を読んだとき、両者が結びついて仮説を形成したのですが。

研究現場では、一見バラバラに見える多くの事象が、何かの機会に有機的に結合して、ひとつの仮説を形成します。

その際、ひとつの仮説で説明できる不可解な事象が多ければ多いほど、仮説が正しい可能性が高くなります。不可解な事象が多いからと言って、統一的な仮説を立てるのが難しいとは限りません。逆に容易になることもあります。

こうしたことは、自分で経験した人にはわかっても、そうでない人に説明するのは困難です。

この記事が、そうした経験のない人にも、なんとなく理解していただくきっかけになれば幸いです。

そして、さまざまなことを自ら考えようとする人が1人でも増えるきっかけになることを、願ってやみません。<了>

読後感

いかがでしょうか。

今回の論考、あくまでも「仮説」ですので、結果として正しくなかった、という可能性はあるでしょう。

ついでにもうひとつ、個人的体験などももとに苦言を申し上げておくと、一見直感に合わない仮説に対しては、発表した直後には「バカげている」などの暴論を受けることもあります(誰のこととは申しません)。

ただ、ときとして突拍子に見える仮説も、あとから振り返ったら「結果的には正しかった」、という事例もありますが、あくまでも個人的理解に基づけば、その正誤というよりはむしろ、「思考過程」にこそ、価値があります。

なにより、一見バラバラに見える多くの事象を有機的に関連付け、ひとつの仮説に統合していく」というのは、大変に楽しいだけでなく、私たち人間社会の進歩にとって大切な作業でもあります。間違っていたら間違っていたで、次回に生かせば良いのですから。

「バカ」などと暴言を吐く人物は、まさにそのようなことを経験したことがないのでしょう。

いずれにせよ、イーシャ様の今回の論考、大変に新鮮な視点であり、興味深いものだと思いますし、今後の指標の動向には注意してみたいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 農家の三男坊 より:

    イーシャ 様

     思考実験過程を開示していただきありがとうございます。

    この投稿では、明示されていませんが、”視点を変えて仮説を補強する”で暗示的に、
    どちらのタイプにも必要なのは、データの矛盾を矛盾として、その原因を探る事、その過程で常識を疑う事を忘れないという事の様ですね。朝鮮人には無理の様ですが。

    この話題の答えに迫るためには、北朝鮮の統制経済での価格決定メカニズムと
    為替レート決定メカニズムの解明及び、アジアプレスのデータがそっれらをどれだけ反映しているかを調査するのが近道かもしれませんね。

  2. 陰謀論者 より:

    自分は為替について講釈できる知見はありませんが、取引の絶対数が極端に少ない時、ごくわずかな取引で異常が発生するのを、見たことがあります。年末なんかに稀に起こります。ほぼ鎖国で市場が死んでるんじゃないですかねー。
     

  3. ちょっと待って より:

    自分は傍から見ているだけだが、北朝鮮ってあまり中国の言う事をきいていない気がする。
    中国にとっては中国のメンツを潰し、援助しても見返りの少ない国なんじゃないでしょうか。

    でも捨てるって事は無いと思う。
    むしろ飲み込みにかかっているように感じる。
    このまま経済がとことんダメになってクーデターでも起きればクーデター側に武器を提供して完全な傀儡国家にするか、もしくは将軍様に味方して中国軍を送りそのまま居座っちゃうか(第二の新疆ウィグル)するんじゃないかな。

    1. だいごろう より:

      飲み込みにかかっているというのは良い線かもしれません。

      朝貢国のECMOに繋がっているチューブをキュッと締めて、死ぬ直前で緩める、を繰り返すことで躾けるのは宗主国様の伝統芸ですし。

      そう言えば南側にもインバウンドで同じようなことしてましたね。

    2. りょうちん より:

      漢字文化ってステキですね>「鶏肋」

  4. sqsq より:

    中国が北朝鮮を捨てることはないと思います、米中が敵対している限りは。
    敵の敵は味方。これ国際政治のABC。

  5. だんな より:

    イーシャさま
    読者投稿ありがとうございました。
    仮説が当たったら、凄いニダ。

    金王朝が終わるより配当が、高いと思います。

  6. より:

    意外性のある面白い仮説だとは思いますが、どうしても以下のポイントをクリアできないように思います。

    ・現時点では、中国が北朝鮮にとって生命維持装置の役割を果たしており、中国がその役割を放棄すれば、北朝鮮は国家を維持できなくなる可能性がある。ゆえに、北朝鮮が取れる選択肢は、後先考えずに暴発するか、そのまま内部的に崩壊するに任せて結果的に韓国に吸収されるかのいずれかしかない。「暴発」の場合、その方向性が朝鮮半島内部に限定されるとは限らず、中国側に向かう可能性も決して否定できない。また、「韓国に吸収」の場合、米韓条約が有効である限り、アメリカは中朝国境付近を含む旧北朝鮮領内に軍事基地を設定することも可能になる。果たして中国はそれを許容できるだろうか?

    ということで、中国が北朝鮮を見捨てる可能性がゼロとまでは言いませんが、上記リスクを冒してまで実行するのか、そのリスクは「北朝鮮暴発の共犯者」と見做されるリスクよりもマシだと見做し得るのか、さらに、たとえ中国が北朝鮮を見捨て、北朝鮮が「暴発」シナリオを選んだ際に、無関係と言い募っても、はたしてアメリカは額面通り受け取ってくれるのかなどという問題が残されます。
    中国にとって、北朝鮮がある意味で重荷にもなっているという見立ては支持しますが、上記を考えると、中国は嫌々ながらも生命維持装置であることを止められないのではないかと考えます。

    1. はにわファクトリー より:

      一般論として、仮想的な設問をしてみましょう。
      仮に、なんらかの僥倖にあって、あっさり核兵器が排除できたとすれば、どんな2020年代が極東に訪れることになりましょうか。場合分けを尽くしたうえで、それぞれおいてそうなるように工作するには、どんなことができそうでしょうか。回答は今は必要でありません。

      1. より:

        現在の朝鮮半島情勢に関する基本的な前提を変更することになるため、まず妥当性のある前提条件をいくつか設定するだけでも膨大な作業量が必要になります。その上で多くの変数の設定とその順列組み合わせによる検討がそれぞれ必要になるため、さらに膨大な作業が必要になります。
        残念ながら私の手には余りますので、はにわファクトリー様におまかせします。期待してますので、よろしく。

    2. チキンサラダ より:

      中国が北朝鮮を見捨てる可能性はゼロではないでしょうが、それに見合う対価が必要ですね。

      ただ、面従腹背な北朝鮮に対して一時的な「お仕置き」はあるかもしれませんね。

  7. カズ より:

    北朝鮮ウォンが急落 ついに制裁が打撃? 米ドル上昇の影響も
    2019.08.09アジアプレスネットワーク
    https://www.asiapress.org/apn/2019/08/north-korea/won-down/
    >今や、市場で使われる金の90%以上が中国元だ。

    <北朝鮮内部>通貨ウォンが謎の急騰 対中国元では33%上昇 当局が外貨管理強化か?
    2021.06.08アジアプレス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c4e2b7512d3afc67fc4c2aba60facd9ede3947c8
    >「中国との貿易が今後再開されても、貿易会社は各道の貿易局の許可を得て銀行で両替した外貨しか使えなくなるだろう」

    北朝鮮の首脳部は、コントロールのしやすい自国通貨での市場統制を念頭に置いているのでしょうか?(両替商の処刑とかもありましたね)
    それとも中国から距離を置かざるを得ない事情があったりしてるのかな・・?

    ???

    1. チキンサラダ より:

      私も前にこの記事を読んで、人民元安の原因は外貨保有の取締が厳しいので、北朝鮮国民が保有していた元を替えているのが原因ではないかと思っていました。
      人民元は北朝鮮国内でも通貨として使われていましたから、中国が貿易を停止しただけでは暴落はしないでしょうし。

      北朝鮮政府が外貨保有の取締を強化しているのは、金融政策を行いたいからですかねえ。

  8. めがねのおやじ より:

    イーシャ様

    毎回優れた投稿文を拝見させていただいてます。また今回は特別ですね。NM式も知らなかったので、サラッと読んでみてから、本題に入りました。

    北朝鮮は以前は金正恩専用列車を仕立てて、中国を訪問してましたね。飛行機は危険と思っているのか、日数のかかる、更に贅沢な食糧を積み、はるばる行き来してた。あんな悠長な事は、とっくに出来ないと思います。

    中国が北朝鮮を捨てたという仮説、大変興味深いです。いくら世話をしても中国に尻尾振るわけでなく、中国の鉄砲玉にもならない。まだ卑屈なぐらい下手に出る韓国の方が「使い勝手がいい」と言えます。ただ単に、北朝鮮は米国らの自由主義国側への、チンピラ役として放し飼いにしてただけじゃないでしょうか。

    6月22日現在で、中国元は505ウォン、米国ドルは5,450ウォン。中国元は1か月前の半値ですね。持ってても使いものにならない?コロナ禍が北でどれだけ猛威を振るっているか分かりませんが、ワクチン、物資等、中国ルートは規制がかかっているのではないでしょうか。やはり韓国からの闇ルートかな(笑)。

    中国が、北朝鮮の暴走が起こる前に、今のうちに北朝鮮を切り捨てることにより、関係を薄くし、また国力を弱体化させておく。仮説として納得です。

    しかし、南も北も地勢を悪用し、また周辺諸国(今は米中)のパワーバランスを見極めて、軍備も360度、どの方向にも向けれるようにしている。ニ千年以上の間、自分で国を守れた事が無い。独立した事が無い朝鮮半島の生き方、コレに極まれりと思います。最後は北が暴発というシナリオだけは回避したいですね。

  9. チキンサラダ より:

    こういう論理的な仮説の構築と検証は大変面白いですね。

    朝鮮ウォンに対する中国元や米ドルの急落は、上記カズさんが引用してくれてる記事にあるように、単純に北朝鮮国内での外貨保有に対する取締が厳しくなってきたことではないでしょうか。

    中国元や米ドルは北朝鮮内での通貨として流通してきましたが、最近では取締が厳しく、保有してるだけで処罰されます。
    当然、国民は朝鮮ウォンに替えようとしますから、それで中国元と米ドルのレートが下がったのではないでしょうか。

    なお、コロナで国境閉鎖後、北朝鮮では物々交換が増えてきています。通貨のかわりに物が使われるということは、自然と物品の価値があがる=物価があがるということになりますね。

  10. パーヨクのエ作員 より:

    イーシャ様

    興味深い投稿ありがとうございました。

    当方も北朝鮮が中国と敵対する可能性があると思います。
    実は北朝鮮がアメリカの側に立つと言うか、ズバリ、アメリカの準州に加盟する(究極の売国(笑))可能性をこのサイトで投稿した事があります(笑)。

    以外と双方が利用価値があるからです。

    立ち回りを巧くすれば、親方星条旗で南朝鮮、旧高句麗、日本を領土にする事でアジアのダルガチとしてアメリカのお代官になれる可能性があるからです。

    アメリカとしても殴り返さない日本を相手に太ったコウモリ豚よりは間違うと中国かアメリカ相手に殺される状況を生き延びてきた痩せた野良犬の方が利用しがいがあるというものです(笑)。

    アメリカの準州はアメリカの一部ですからね(笑)。
    アメリカの外交戦略「西に力で勢力を伸ばす」という基本にも合致するのも良いですし、オイタが酷い場合は「人権ガー」と言いながらカレカノの首を切る事ができるので、ハイリスクハイリターンなのです(笑)。

    利用する価値のある処に驚きがある変化するのが外交というものです。
    以外と金王朝の4代目が男尊女卑の中で権力を握る手段としてあり得ると思います。

    既存の敵対勢力が中国を後ろ楯にするならば、アメリカを引っ張り込む一択しかないですしね(笑)。

    以上です。妄想失礼しました(笑)。

    1. チキンサラダ より:

      北朝鮮とアメリカの軍事同盟なら可能性があると、私も思います。韓国が中国と軍事同盟を結ぶくらい可能性のある話だと思います。

      1. パーヨクのエ作員 より:

        チキンサラダ様
        コメントを賜りありがとうございました。

        チキンサラダ様>韓国が中国と軍事同盟を結ぶくらい可能性のある話

        管理人様も朝鮮半島の未来シナリオとして南北クロス承認で似た可能性を指摘していましたし、韓国が朝鮮半島において「中国の上級属国として」北朝鮮を搾取する事を志向する場合は、ほぼ唯一無二の選択肢になる可能性すらあると思います。

        今が可能性が低くても実現したら我が国がどうすべきか考慮はする必要があると思います。

      2. より:

        可能性は否定できませんね。ただし、そうなると、ロシアという面倒くさい国を変数として考える必要が生じるため、話が一層ややこしくなると思われます。
        もっとも、現在の北朝鮮にとっては、話をややこしくした方が好都合であるかもしれません。かつて、金日成は中ソを手玉に取って両方から援助を取り付けるという芸当をやってのけました。三代目に初代のような手腕があるかどうかは不明ですが、あわよくば米ロ中を手玉に取って、くらいは目論んでいる可能性もあります。少なくとも、北朝鮮にとって、現在のように中国一国に生命維持装置を握られているという状況は、けして面白くないだろうと思われます。何らかの打開策を模索していても不思議ではありません。そのために、わざわざ話をややこしくする方向に持っていくというやり方も、考えられなくはないように思います。

        1. パーヨクのエ作員 より:

          龍様

          当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

          今のシベリアはテキサス共和国の二の舞の二、三歩手前である状況と思います。
          シベリアと最終的にオホーツク海を失ってロシアが列強から脱落するとヨーロッパの元列強では中国は止められないと思いますので、中国牽制の存在として今の「弱い」ロシアはアメリカの戦略に許容できる存在と思います。

          アメリカを通じて北朝鮮がポーランドの存在として中国牽制に徹するならばロシアはアメリカと北朝鮮の同盟もしくは準州加盟を許容する可能性が高いのではないでしょうか(笑)。
          金世襲準州知事(笑)が分をわきまえない場合は「地位的にも物理的にも」アメリカが斬首すれば良いのです。

          幸い黒電話妹は平昌の地でペンスと情報部門の立ち会いの下アメリカと北朝鮮のチャンネルを持っています。

          そういう意味でアメリカの戦略を読んで、アングロサクソン国家が志向する多数派を支配する少数派の支配者として極東に君臨する可能性があると当方は思います。

          日本には安全保障の感覚不足で無理。韓国は国民情緒が無能過ぎてもっと無理。

          専制支配で切り捨て可能なサイズの大きさだからこそ北朝鮮が極東の残忍な管理者としてアメリカの代理人として存在する余地があると思います。

          金王朝の4代目がどこまで賢明かある意味見ものであると思います。

          以上です。駄文失礼しました。

          1. 団塊 より:

            (新宿会計士注:このコメントは個人情報、名誉毀損、性的、わいせつ、低俗、公序良俗違反その他の事情に相当すると判断したため、削除しました。)

          2. 新宿会計士 より:

            団塊 様

            特定民族に対する、過度に差別的・攻撃的なコメントは控えてください。
            https://shinjukuacc.com/20210627-02/

  11. なんちゃってギター弾き より:

    イーシャ様
    ありがとうございました。この深い洞察に基づく思考についていける力量は全く持ち合わせておりませんが、なぜか主題とは関係ない、金王朝の次の「国王」はどうなるのかなぁ、ということを思い浮かべながら読んでおりました。
    中国の王朝、たぶんいちばん知られているのが後漢だと思いますが、初代光武帝は(当時としては)長命、次も50歳近くまで生きたけど、以降は短命皇帝が続いて直系が途絶え帝位は傍系を転々として、外戚が権力を張ったり宦官が専横を極めたりで王朝としての体を保てなくなっていったわけですが、今の北朝鮮って外戚や宦官はともかく、後漢に限らず王朝末期によく見られる「皇帝」が若年化、短命化していくパターンにハマりつつある気がします。
    初代は80代まで生きたのでまずまず長命だけど、二代目は70歳くらいで現代にしては長命とまでは言えない、三代目はそのことと合わせて親と年齢が離れていたせいもあって20代で最高指導者となってまだ30代、若くして世界と渡り合っているという意見もありますが、指導者としての力量が(そうは思えないですが)どんなに優れていたとしても、あの体形でいつまでやっていけるのか、明日にでも万が一のことが起こったとき、次をどうするのか・・・、答えは持ってないですが気になってしまいました。
    もっともそうなるまで国が保たれるのかが問題なわけですが(汗)

    1. チキンサラダ より:

      三代目は二代目と違ってスイスでの長年暮らし、国際感覚が身についていると言われますね。また、まだまだ若いので、かなりの長期政権を維持することが可能かもしれません。健康に問題がなければ。

      一方、三代目は引き継ぎ期間が短かったこと、若年であること、軍部を掌握しきってないことから、政権基盤はかなり弱いとも言われますね。クーデターや首の挿げ替えはあるのかもしれません。

      4代目はやはり白頭山血統になるのでしょうが、妹が中継ぎをして三代目の息子に引き継ぐのか、はたまた他の誰かがトップに立つのか、想像するのは結構楽しいですね。

    2. ちかの より:

      なんちゃってギター弾き様
      チキンサラダ様
      四代目は、気になりますねー。
      李雪主夫人には女子しかいなくて、別の女性との間に生まれた男子がいて10歳くらいだとか?
      また最近やっと李夫人が男子を産んだらしい、とかとか。
      全国的には食料配給制度は崩壊していて、庶民は自力で生活することになれてしまっているらしいですが、かろうじて続いていた平壌でのエリート層への食料配給が、最近途絶えてきて大変らしい、とか?

      1. チキンサラダ より:

        ちかの様、

        配給制度は90年代に実質的に崩壊していまして、それ以降は、国民は市場経済で物品を入手しています。
        細々と残っていた配給まで止まったのは最近のようですが、元々エリート階級は配給のような質量ともに酷い物品には頼っていませんでした。
        ただ、下級の軍人は配給が途絶えて辛いようですね。

        4代目の本命は、その十歳くらい(でしたっけ?)の子供なのでしょうけど、まだまだ予断を許しませんね。

        1. なんちゃってギター弾き より:

          チキンサラダ様
          ちかの様
          中国王朝でも聡明と言われながら早世した君主は多いですから、今の正恩氏が例え聡明だとしても、無事是名馬の通り早世しちゃったら元も子もないわけすよね。経済崩壊と王権の弱体化は王朝が倒れるお決まりのパターンなわけで、世継ぎが成人するくらいまでは政権を司ることができないと、どうなっちゃうんだろうって期待じゃない心配してます(汗)

          1. チキンサラダ より:

            なんちゃってギター様、

            早世君主が続くと亡国の危機ですね。

            なお、英明な君主も政権が長くなるにつれて政治に興味を失い暗君になってしまう例もあります。万暦帝とか。

          2. なんちゃってギター弾き より:

            チキンサラダ様
            長ければ長いで考えものですね。清の乾隆帝も明君かといえば少し疑問に思ってます。
            そうやって考えると、中国って始皇帝の時代から統一王朝〜乱世を2200年間も延々と繰り返してきたわけで、今の共産党政権は新しい王朝の形なのかなと思ってしまいます。

          3. はぐれ鳥 より:

            チキンサラダ様
            万暦帝は明君といえますかね?在位10年を過ぎたあたりから、政治を臣下に任せっぱなしにし、自分の趣味(墓作り他)に熱中するなど、無責任で評判はあまり良くないですけどね。(笑)

            なんちゃってギター弾き様
            乾隆帝は60年を超える治世が平和だったこと以外、目立つ功績はありません。ただ道教(中国思想の底流)的には、無為にして平和が保てるのなら、それは君主に徳がある証拠であり、有徳の君主=明君ということだと思います。ただ実際の彼は、それ程有能でも有徳でもなく、単なる幸運児だったのかも知れません。何故なら、前任者である康熙帝、雍正帝から国力充実した状態の国を譲り受けることができましたし、さらにこの時期、強力な外敵(以前の北方遊牧民族、以後の英国人のような)が存在せずほぼ内治に専念できましたから。

            >今の共産党政権は新しい王朝の形なのかなと思ってしまいます。
            仰る通りですね。で、ある人に言わせれば、中国式王朝とは、少人数の集団が、支配地を植民地として支配する形式なのだとか。例えば清王朝は、満州民族が中国の国土・人民を植民地にして成立した国。ということで、現在の共産党王朝も、主として延安時代からの共産党員が、中国の国土・国民を植民地として支配しているということです。ですから中国という国の全ては、国民のためではなく、上記共産党員に奉仕するために存在するという訳です。ただ一つ異なっているのは、君主を、一つの血統で継承させるのではなく、上記共産党員の中から能力をもとに選抜し継承させるようにしたことです。これによって、幼君、暗君の出現が防止でき、早世してもすぐ後継者を立てられるようになりました。北朝鮮王朝ではそこまでの知恵が無く昔ながらの血統による継承をしています。ですから長いことは無いでしょう。(笑)

          4. チキンサラダ より:

            なんちゃってギター様、

            「暗君に変わる」例として万暦帝をあげているのですが…

            北朝鮮は、金正日は日本のような象徴天皇制を目指したそうです。
            諜報機関からそれを知らされた金大中は、そのプランの成功に懐疑的だったそうですが。

          5. なんちゃってギター弾き より:

            チキンサラダ様
            すみません「万暦帝は幼少時には聡明だと言われていたけど、成人したらすっかり暗君になってしまって」という一文が抜けておりました。

            はぐれ鳥様
            権力が倒れるときって呆気ないほどなので、何かの拍子に突然ってありそうですね。それがいつになるのかはわからないですが。

  12. 匿名 より:

    鈴置予言発動?

  13. 伊江太 より:

    イーシャ様

    物価騰貴と中国人民元の為替レート下落が同時に進行したことを説明するには、とてもうまく考えられた仮説だと思い、興味深く拝読しました。米国がミナミを見限るより、中国がキタを切り捨てる可能性の方がもっとありそうにないと、普通は思われているようですが、中国とキタの関係が本当のところどんなものなのか、われわれには分からないですからね。

    ただ、直近のことに限って言えば、人民元の需要がなくなっているのは、キタが国境を閉ざしたことが原因でしょう。その意味では、どちらがどちらを捨てたのかと言えば、当面ではあっても、キタが中国を捨てたという見方も可能かと思えます。もし、武漢肺炎はあくまで口実で、キタの体制を脅かすような工作を中国がしていたのに気付いて、キタが国境閉鎖を相当長期間続け、その間に国内の純化を図るというような覚悟を固めている。つまり、「捨てる」行為について、お説とは主客が逆転していても、同じ現象が見られるのではないか。

    読みながら、ふと考えました。

  14. カズ より:

    チキンサラダ様
    よく考えてみると、外貨調達手段としての金融政策のような気がしてきました。

    (上記の後の記事より)
    >北朝鮮ウォンと中国元、米ドルの交換レートは、毎朝平壌の朝鮮貿易銀行が非公式に発表する参考値を基に、「トンデコ」と呼ばれる各地の地下両替商が独自に決めている。

    経済制裁で窮しつつある状況です。
    交換レートを朝鮮貿易銀行経由で自国通貨高に誘導し、国民の手元からなけなしの外貨を効率よく掠め取るのが、彼らにとっての新たな外貨調達手段なのかもですね。

    返信ありがとうございました。

    1. 匿名 より:

      *返信のつもりが分離してしまいました。
      m(_ _)m

    2. チキンサラダ より:

      はい、外貨不足を補うためにわざと交換レートを下げてる可能性はありますね。
      普通の国なら市場の需要と供給に反する為替レートの設定は難しいですが、北朝鮮の場合は市場が恐ろしく小さいですし、為替市場が不透明ですからね。そういう操作はやりやすいのかもしれません。

  15. はぐれ鳥 より:

    イーシャ様

    >思考は、疑問を持つことから始まります。
    けだし、名言ですねwww

    確かに北朝鮮における、人民元レート下落とウオン表示物価上昇との同時現象が説明可能なのは、北朝鮮内での人民元流通の自由度低下(ヤミ人民元取締り強化など)くらいだと思います。ただそのような、一見見過ごしそうな動きを、米国の対中国政策に関連付ける処が、イーシャ様の独創で慧眼と言えると思います。

    で、貴結論の「中国は北朝鮮を捨て(損切りし)ようとしている」ですが、そう推測できるのであれば、むしろ「北朝鮮が中国から離れようとしている」の方が可能性は高いような気もします。何故なら、中朝同盟は70年近い長さの大きな惰性にあり、それを断ち切るような大決断は大国程難しく、余ほど切迫した事態にならない限り思い切れないと思えるからです。これに対し小国はこの辺りの小回りが効きやすく、事態もより切迫して感じられるはずです。

    そういう目で、最近の米朝のやり取りを眺めると、正恩が「対話・対立両方に準備」などと意味深なことを言い、米国も「興味深い」と応じるなどオヤと思わせます。もっともこの発言に関してはすぐ妹与正が「期待するな」と打消してもいるようですが。勘繰れば水面下で、米朝が何かゴソゴソやっているのかもです。日本も一枚かんでいるかも知れないです。最近韓国との交渉を断っていますが、或いは、この政策転換の邪魔をされたくないための措置の可能性もあります。これは憶測だけの単なる「感じ」に過ぎませんが、北朝鮮においてこれ迄とは違う何かが起きつつある印象が拭いきれません。

    ともあれ、新たな仮説はそれまでの定説に対し、大なり小なり思考の跳躍を伴いますので過誤の可能性は常に付きまといます。しかしながら、新たな知の地平が切り拓かれるとき、そこには、その前駆としての斬新な仮説が必要です。ということで、イーシャ様の次なる斬新な仮説を期待しております。

  16. 匿名 より:

    アメリカは何故、中国に対して北朝鮮の行動の責任を取らせようとしているのか疑問が生じます。

    中国が北朝鮮の核兵器や生物化学兵器の開発を支援していたからということでしょうか。

  17. だいごろう より:

    >ひとつの仮説で説明できる不可解な事象が多ければ多いほど、仮説が正しい可能性が高くなります。

    マリオの生みの親、宮本茂氏の以下の名言を思い出しました。

    「アイデアというのは複数の問題を一気に解決するものである」
    https://www.1101.com/iwata/2007-08-31.html

    共通するのは、問題を問題として認識する能力だと思います。
    問題があることにすら気付いてない人はデータや仮説などのアイデアの種を提示されても使い道が分かりません。
    アイデアは思いつくものではなく、解決すべき問題を頭の中に多数ストックしておくことで、今目の前に有るのがその解決のためのアイデアだと「気付く」ものなのだと思います。

  18. ミナミ より:

    中共は北鮮を、米国は韓国を中々簡単には捨てないでしょう
    「アメリカは韓国を捨てた」などと願望で言う人達も多いですが、
    同盟のランクを落としはするでしょうが、地政学的に有益なので、簡単には捨てないと思います

  19. ぴく より:

    北朝鮮が西側に降った証拠では?
    日本の公安や菅政権は北朝鮮のパイプがある、池口恵観なんかも全てが裏で通じてて。
    拉致問題はチュチェに嵌った左翼女が海外でスカウトされて、北朝鮮の日本人工作員と結婚させられた例が多い、本当の拉致犯罪も日朝間で隠蔽の共犯状態、後は重要人物が死んでウヤムヤになるのを待つだけ、進展無く既に風化してるし、大多数の国民も身内では無いから無関心。

    北朝鮮は韓国をフロント企業として使いたいだけ、日韓離間も同時に行ない南の信用を下げていく作戦展開中、これをやる事により日朝・米朝が会談する際に信用できない韓国を省く根拠に出来る。
    北は中国と接近し過ぎると朝鮮族として同化させられるから距離を置いている、中国も全面的に北が協力的になるのを諦めている状態。
    韓国は北の核の力を借りて日本を屈服させたい、北朝鮮は現実的なのでそうは考えずむしろ日米と組んで中国を牽制する、韓国を最後まで無視し続けて韓国が泣いたら、再び北が闇で援助させる企み。
    韓国のミサイルの規模が制限解除されたが戦時作戦権は米国のままなので中国牽制の材料が増えただけ、韓国軍は米国に従順だが、韓国政府は中国の属国化が進む。
    中国の属国となった韓国政府は反日を続けるが西側の恩恵が徐々に減りジリ貧、日本は日韓の左翼を牽制しつつミスリードもさせなければいけないから大変。
    この先、もし韓国保守の賢どころが併合前の日本抱きつき作戦をしようにも、既に文政権が踊り過ぎて収拾が付かないのでそれは無理。

    なお半分妄想・半分推測、支離滅裂、エビデンスは0%です。

    1. 赤ずきん より:

      なお半分妄想・半分推測、支離滅裂、エビデンスは0%です。・・・この一文が気に入りました。りんごが落ちるのを見た直後のニュートンの状態かもしれません。ww

      1. より:

        「ユリイカ!」と叫び、全裸で街路を駆け抜けるというのではいかがでしょう?

  20. ちょろんぼ より:

    イーシャ様

    1)中共が北朝鮮を見捨てるのではなく、北朝鮮が中共を見捨てるという事も考えて
    おかなければなりません。
    又、北朝鮮を生み出したソ連の動向が問題となります。
    ソ連・中共をどのように扱うかが、北朝鮮のこれまでも、そしてこれからもある
    問題です。 論考の中にソ連の出番が欠片も無い事に非常に驚きました。
    2)食料問題は国の形・大きさ・気候等から、国内で扶養できる人数は決定されると
    思っております。 足りない分の補充は日本のように輸入によるものが主であり、
    次が他国からの援助を頼る、最終的に国土に合わせて扶養人数制限をするです。
    現在の北朝鮮で行っている事は、国の形に合わせ、武漢コロナをいい好機とみなし、
    人数調整に当たっているのではないかと思っております。

  21. イーシャ より:

    こういう
    ・正解のない問題の答えを探す
    ・常識にとらわれず、他の人が気付き難いことに気付く
    というのは、私の生涯テーマです。
    これまでは、自分一人の能力を高めることに注力し、他者に対しては、才能があると見込んだ限られた後輩のみ伸ばそうとしてきましたが、そろそろ席を譲ることを考える年齢に差し掛かっています。

    思いがけない発想をする人が多い方が、世の中面白くなりそうなので、そのためのヒントになりそうなことを、できるだけ公開してゆきたいと考えています。

    新宿会計士様。
    多くの人に読んでいただける場を提供していただき、ありがとうございます。

  22. より:

    アジアプレスの週次データは毎週欠かさずチェックしています。
    ですので、この矛盾については私も頭を悩ませました。

    私としては、次に掲げる仮説で説明できるな、と考えておりました。

    それは、
    「北が中国元紙幣を大量偽造しているからではないか」
    というものです。

    この仮説下であれば、すべての矛盾を説明できます。

    通貨供給量が増えれば価値は下がるのが当然なので。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。