慰安婦ICJ付託で強制管轄受諾宣言を無視する韓国紙

本稿は、ショートメモです。韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)に昨日、慰安婦問題の国際司法裁判所(ICJ)提訴を巡る、なにやら面妖な長文記事が掲載されていました。ただ、「外交相互主義に基づく強制管轄受諾宣言」についての記述がないなど、初歩的な知識もなく執筆されているのはご愛敬、といったところでしょうか。

再び盛り上がる慰安婦問題

不思議なことに、今年に入り、慰安婦問題が再び大きく盛り上がっています。

1月8日の主権免除違反判決もさることながら、最近だと、例のハーバード大学のJ・M・ラムザイヤー氏の論考に関する件や、「元慰安婦」が慰安婦問題を国際司法裁判所に提訴せよと述べた件などを巡っては、とりわけ話題が豊富です。

やはり、『相次ぐ韓国の自爆、日本が「エサ」与えなくなったから』などでも議論したとおり、韓国で次々と「自爆」が生じているのは、日本が少なくとも慰安婦問題では韓国に一切エサを与えなくなったことが効いているように思えてなりません。

それはさておき、韓国国内における記事などを読んでいると、最近はワンパターンな主張も多い反面、逆に新鮮な「発見」もあります。ここではICJに関して韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)に掲載された、次の記事を、ごく簡単に紹介してみたいと思います。

「慰安婦」問題、ICJ付託案が30年経てようやく出てきたわけは?(前)

―――2021-02-19 06:48付 ハンギョレ新聞日本語版より

「慰安婦」問題、ICJ付託案が30年経てようやく出てきたわけは?(後)

―――2021-02-19 09:00付 ハンギョレ新聞日本語版より

初歩的な誤りも多いが…

大変に長い文章です。文字数をカウントすると2つあわせて5000文字近くに達しますが、それと同時に読むのが大変苦痛な文章でもあります。なぜなら、初歩的な事実誤認、曲解、思い込みなどが随所にみられるからです。

身もふたもない言い方ですが、記事を読めば読むほど、「韓国が主張する慰安婦問題とやらに具体的な証拠が何もない」とおっしゃっているように思えてなりません。

さらに興味深いのは、この記事自体、「どんなに長文で記事を執筆したとしても、基礎的な前提が誤っていれば、それを指摘するだけで済む」という典型例でもある、という点です。

具体的には、ICJ提訴についての次の記述です。

国連憲章に規定された国連の主な司法機関の一つであるICJの判断を仰ぐには、紛争当事国間の合意が必要となる。韓国政府が付託を決めたとしても、日本政府の同意なしには不可能だ。外交部の内外では、日本政府が国際社会で『慰安婦』問題に再び火がつくのを快く思わず、米国政府から良い反応は得がたいことなども考慮したため、強制徴用問題もICJへの提訴を試みなかったとみている。

この記述、正確ではありません。

外務省が公表する『国際司法裁判所(ICJ)について』という資料によれば、日本は「強制管轄受諾宣言」を行っています。つまり、相手国が日本をICJに提訴するといえば、日本もそれに応じざるを得ない、というわけです。

ちなみに日本がこの「強制管轄受諾宣言」を行ったのは、「裁判による国際紛争の解決を広めるためには、多くの国がICJの強制管轄権を受け入れることが望ましい」という考え方に基づいているのですが、外務省によると2020年12月時点でこの宣言を行っている国は74ヵ国に留まります。

もちろん、韓国はこの宣言を行っていません。

もっとも、日本政府は2007年に「不意打ち提訴」(強制管轄受諾宣言を行っていなかった国が、日本との紛争をICJに付託する目的で急遽、宣言を行い、その直後にICJに紛争を付託すること)に対しては、強制管轄を承認しないことにしています。

このため、ハンギョレ新聞が述べる「韓国政府が付託を決めたとしても、日本政府の同意なしには不可能」のくだりが100%間違っているというわけではありませんが、その結論に至るまでの議論がおかしい、というわけです。

日本にとって失うものなし

ただし、すでに慰安婦問題を巡っては、韓国によって捏造された虚偽の事実が全世界に流布されているため、日本にとって失うものは何もない、という見方もできます。万が一、韓国政府が「慰安婦問題」(?)を巡って日本をICJに提訴するのであれば、内容次第では、日本政府は受けて立つでしょう。

さらにこれに伴って生じてくるのは、韓国は不法占拠中の竹島に関するICJへの付託です。

もしも韓国自身が日本をICJに提訴するというのであれば、相互主義の観点から、それに先立って日本は韓国に強制管轄受諾宣言を求めるはずです。そして、韓国がその宣言を行えば、日本はすかさず、竹島領有権問題で韓国をICJに提訴することができる、というわけです。

いずれにせよ、ICJ提訴で日韓問題のすべてが100%、日本にとって満足いく形で解決する、などと短絡的に期待すべきではありませんが、一般的に「困った立場」に置かれるのは、「約束守らぬウソツキ国家」である韓国の側であることは間違いないでしょう。

(※なお、ハンギョレ新聞の長文記事については、「読みたければどうぞ」、とだけ申し上げておきたいと思います。)

参考:「韓国許すまじ」

ついでにお知らせです。

連日紹介している新刊書『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』に関連し、ちょうどうまい具合に、韓国メディアに、「日本は韓国を『約束を破るウソツキ』と言って追い詰めようとしている」とする趣旨の記載を発見しました。

これについては昨日の『韓国許すまじ:時間かけてでも慰安婦捏造犯罪の清算を』で深く取り上げています(ちなみに記事のサブタイトルは『「韓国は約束破る嘘つき」。何も間違っていませんよ?』です)。

「韓国は約束破りのウソツキ」。なにも間違っていません。逆にいえば、日本政府が「韓国許すまじ」と本気で考えているならば、今こそが「攻め時」でもあるのだ、と申し上げておきたいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. G より:

    どこかの(韓国側)記述で「条約上の争いじゃないからICJ提訴のためには両国の事前協議、合意が必要」みたいなのがあったのですけどどうなんですかね。
    韓国としては、日本が強制的に受けなきゃいけないような提訴の仕方は(戦術上)出来ないから、「提訴するなら事前協議が必要」みたいな意味合いと理解してました。

    まあ、真相はよくわかりませんが韓国からICJ提訴はあり得なさそうに見えます。もし協議が必要(との韓国の一方的解釈)で申し入れが来ても日本はまともに会話しないと思います。彼らの要求事項には一切耳を貸さず、一方的に「国際法違反の判決を撤回せよ」というだけ。まあ、それを交渉決裂とみて、国内的には「ICJ提訴しようとしたけど日本の反発で不可能だった。諦めて」とするのでしょう。そのまま提訴すれば日本は受けざるを得ないのにポーズだけ見せて終わり。

    どうなんでしょうね。

    1. 匿名29号 より:

      レームダック状態の文政権が選挙前にICJ提訴を掲げて大々的に反日キャンペーンを張ってポピュリズムを煽る可能性もあります。どうせ裁判結果などは気にしてませんから。

    2. ざぶっちゃー より:

      私も提訴はしないと思っています。
      韓国さんが「お白州で白黒つけまでょう」とかいう、所謂正々堂々なんて、そんな態度は似合いません。

  2. お虎 より:

    いあんふネタはつまらないので・・一帯一路で現代中国をやったから、こんどはロシアをやろうかな。

    アメリカに対する親近感が強いのはあたりまえっちゃ、あたりまえ。オバマ政権のころにケネディ大使が赴任してきたときは大人気、人垣ができたね。ケネディ女史も「私は外交やるつもりなかったけど、日本なら行ってもいいわ」なんて、リップサービスとしても、なかなかのセンス。こういう演出は、アメリカ兄貴の得意とするところ。

    ロシア人(モスクワ生まれ)への直接取材によれば、ロシア人は日本が好きって人が多いみたいね。ロシアは、なぜか帝政時代の事はあけっぴろげの様子で、学校での歴史教育でも、「日露戦争はロシア皇帝が好戦的だったから、日本もしかたなく受けて立った。結果、ロシアは判定負けした」と、なかなか公平な教え方をしているらしい。
    違いがあるとすればWW1以降で、シベリア出兵は「日本が革命のどさくさに領土を盗みに来た」ので、WW2末期の対日宣戦はその仕返しだから「これでおあいこ」みたいな感覚。だから、「なんでロシアと日本が平和条約を結ばないのか、不思議。きっとアメリカが後ろで妨害しているんだね」という。

    ロシア(ウクライナやベラルーシも)はヨーロッパの最貧国のひとつで、モスクワのけっこう優等な大学を出ても国営系企業以外は、あまりいい就職がないらしい。初任給は月6万程度で、中国沿海部よりも少ない。もっとも物価も安いから購買力平価だとその2倍・月12万円くらいの感覚か。
    物価上昇率は、消費者感覚で「年10%は上がってるんじゃない? 私の友達で貯金なんかする人いないわよ」

    ロシアの社会は荒れていて、昼間から泥酔している人があちこちにたむろしているらしい。日本の近隣だとフィリピンみたいな感じだろうか。それでも昼間は普通に街を歩けるようになっているから、プーチンの人気は高い。クリミア問題なども、ロシアとウクライナとの間に歴史的な経緯がいろいろあって、一方的にロシアが悪い、というのは違うらしいのだ。

    1. Tokyo Guy 東京原住民 より:

      だれも反応しないみたいなので、私が知る範囲で(余計なことをするなと言われるかもしれませんが)・・・。
      ロシアとウクライナの対立の背景は、なんといってもスターリンによってウクライナが飢餓に苛まれたからです。行倒れた人たちが、あちこちに転がってる悲惨な写真が残ってます。教科書に書かれ、何世代もこの恨みは引き継がいで行くでしょう。食い物の恨みは怖いのです。
      一方、ウクライナは、ご存知のように政治や経済にオリガーキー・マフィアなどが食い込み、ダーティーです。だから米国・EUなどは、支援に腰が引けてしまうのです。支援しても、悪い奴らのポケットに入ってしまうからです。このダーティーさが払しょくされない限り、あまり関わらないことです。
      また、ロシアは、言うまでもなく帝政に戻ったようなものです。皇帝プーチンが権力を握っている間は、経済制裁を加えておけばよいのです。しかし、彼が死んだら、または没落したら、権力闘争が始まり、恐ろしいことになるでしょう。ロシア国民は可哀想だ。我々もとばっちりを受けないようにすることです。最近、プーチンが北方領土に関して色々小細工しているのは、ムン・ジェインの反日と同じ人気取り政策でしょう。ムン・ジェインをマネしてるのかな?

      1. お虎 より:

        なるほど。プーチンの強権政治によって、どうにか日中は街中を歩ける程度の治安は維持されている。かたやウクライナは、パブリックシステムが機能していない、ということですね。

        パブリックシステムを「清潔な官僚制度」と解釈すれば、それが機能していない社会でたよれるものは家族や仲間の絆、ということだろうか。端的にいえば、部族社会、氏族社会の段階にある、と理解すべきか。

  3. カズ より:

    「攻め時」というか、「責め時」というか・・。
    でも瀬戸際戦術は、丁寧な門前払いで対処しよう。

    彼らがセルフで喰らうのなら、
    辛(カラ)いキムチだけじゃなく、
    辛(ツラ)い気持ちもどうぞ・・。

  4. だんな より:

    新宿会計士さま
    ICJは、「強制管轄受諾宣言」をしていなくとも、提訴することが可能です。しかしながら、「強制管轄受諾宣言」を行なっていない国が、「強制管轄受諾宣言」を行なっている国を提訴しても、強制的に裁判を開始する事は出来ないはずです。
    ハンギョレの文章も微妙ですが、韓国が提訴しても日本が受けなければ、裁判は始まりません。
    日本が韓国に「強制管轄受諾宣言」を要求しても、韓国は宣言をしないので、竹島がICJで捌かれる事も有りません。
    どうせ卑怯者の韓国の行動は、提訴しない→ 強制管轄受諾宣言しない→判決が出ても履行しない、でしょう。
    韓国にICJ提訴させずに、慰安婦合意を守らせるのに最も有効なのは「制裁」です。
    少し遅いけどね。

    1. 匿名 より:

      旦那様

      >もっとも、日本政府は2007年に「不意打ち提訴」(強制管轄受諾宣言を行っていなかった国が、日本との紛争をICJに付託する目的で急遽、宣言を行い、その直後にICJに紛争を付託すること)に対しては、強制管轄を承認しないことにしています。

      >このため、ハンギョレ新聞が述べる「韓国政府が付託を決めたとしても、日本政府の同意なしには不可能」のくだりが100%間違っているというわけではありませんが、その結論に至るまでの議論がおかしい、というわけです。

      って書いてあるので新宿会計さんの文は間違えてないですね。

      1. だんな より:

        新宿会計さんに、間違いがあるという指摘はしていません。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国よ、偽慰安婦で国内で揉めている訴訟ザタ、早く「強制管轄受諾宣言」を行使しろよ。日本もそれに応じるから(笑)。これに伴い生じるのが、韓国が不法占拠中の竹島に関するICJへの付託。日本も受けて立つ!やっと念願叶ったぜ。

    「韓国は約束破る大嘘つき」何も間違っていませんよ〜だ。

  6. 匿名29号 より:

    ハンギョレ新聞の噴飯ものなのは、手続きの心配ばかりして裁判結果は自分らが勝つと信じて疑わないことです。自分で作った嘘をいつの間にか真実と信じているようです。

    1. ちょろんぼ より:

      いつもお世話になっております。

       南何とか国によりますと、誰かが新たに反日行為を行い、10年以内に映画を
      作るか裁判(何の)で勝訴すれば国家的に歴史的事実なるので、その反日行為に
      反対する事例はありえない事になっております。 たとえ他国でも。
       創造した事実に反対する人・機関は、南何とか国では存在する事が許されません。
      もう少ししたら、ネット上の文言に対し、懲罰的賠償を要求する事が可能になる
      法案が通過するそうです。
      大変ですね! 日本の一部の強迫神経症的お気持ち症候群の方々も、日本で
      そのような法案が成立する事を願っているんでしょうね。

      1. 匿名29号 より:

        >ネット上の文言に対し、懲罰的賠償を要求する事が可能になる

        もしかしたら中国の香港に対する締め付けとして、海外においても反政府活動を行うと有罪になる法律同様、日本で「文在寅のバカヤロー」とネットに書き込むと有罪となり、こちらのサイトの常連の面々は韓国に入国した途端に逮捕されるようになるかもしれません。
        もっとも、こちらのサイト主様の見解によると「文在寅のバカヤロー」は反政府活動の罪ではなくて国家機密情報漏洩罪になるとのことです。

        1. イーシャ より:

          匿名29号 様
          「慰安婦は売春婦」も韓国では国家最高機密なのかもしれませんね。

          1. より:

            いや、聖慰安婦教に背く反逆者なので、イスカリオテのユダよろしく、永遠に断罪されなければならないのです。
            きっと、ラムザイヤー教授の体のどこかには、間違いなく666と刻まれているはずです。

  7. 元一般市民 より:

    素朴な疑問なのですが、自称慰安婦の婆さんは、ICJで何を争うつもりなのでしょうかね。
    また、ここで議論されている方々もICJで何を争点にしようとお考えなのでしょうか?
    1月8日に韓国の裁判所で下された判決に対して日本が従う必要があるのか、ないのか、であれば、日本が負ける要素は0ですよね。
    日本は既に1000000000000歩譲って、悔しい限りではありますが、慰安婦事件はあったことにして、何度も謝罪し、何度も賠償金を払った状態にあり、そのこと自体は国際社会も認めていますので、今更、さらに賠償金を払え、さらに謝罪をしろ、と争っても、それは韓国の国内でやって下さいね、という結論にしかならないと思いますので、この場合、韓国はICJ提訴を行わないと思います。
    また、ラムザイヤー教授の論文のおかげでクローズアップされていますが、慰安婦問題があったのか、なかったのか、で全面戦争するのであれば、万が一日本が負けても、既に後ろ指をさされた状態なので失うものはほとんどありませんが、韓国が負ければ、国ぐるみの詐欺が明るみにでることになりますので、この場合も韓国はICJ提訴を行わないと思います。
    故に、自称慰安婦の婆さんは、ラムザイヤー教授にのせられて吠えてはみたものの、韓国政府を自爆させただけだと思いますけどね・・・・

    1. だんな より:

      元一般市民さま
      嘘つき婆さんは、嘘がバレそうになって、この論文は無視しろとか、ICJ提訴だとか言い出しているんだと思います。
      嘘つき韓国人の典型的なパターンです。
      何せ、嘘だというのを一番知っているのは、本人ですからね。
      素朴な疑問として、婆さんがICJでどうしたいと考える事が、既に騙されているんです。

      1. 元一般市民 より:

        だんな様
        そう、嘘つき婆さんに騙されているんでしょうねぇ。
        ただ、この先、ブンちゃんが何て言うのかが楽しみではあります。

        1. だんな より:

          元一般市民 さま
          もう「必要なのは日本の真の謝罪」と言いましたよ。
          ICJに提訴する事は、無いと思います。

      2. より:

        > 嘘だというのを一番知っているのは、本人

        どうでしょう?
        今となっては、何が嘘で何がそうでないのか、本人にも解らなかくなっているのではないか、と思います。様々な”演技指導”で吹き込まれた嘘と、本人の実体験とが入り混じり(本人が発明した嘘も当然あるでしょう)、もはや本人には識別もできなくなっていると推測します。

        彼女が「被害者」であるという点については疑いありません。ただ、彼女に被害を与えたのは、彼女を売り飛ばした両親であり、女衒であり、彼女に山ほど嘘を教え込んだ一部の左巻き日本人であり、そして彼女を利用して大金を稼いだ韓国市民団体であって、けして(戦前を含めて)日本政府ではありません。彼女は徹頭徹尾騙され続けた哀れな「被害者」であるとは思います。でも韓国側はいまなお彼女を利用し続けることを止めようとはしません。これだけ見ても、「韓国人には情がある」などというのは、とんでもない嘘であることがよく分かりますね。

        1. だんな より:

          龍さま
          もう事実と嘘の区別が、つかないかもしんないですね。だから韓国が、真実にする為には、早く居なくなって欲しいと考えてると思ってるんですけどね。
          イーシャさんと二人で。
          あ、韓国人の「情」は、他人に集るときに、自分を正当化する為の口実ですよね。人んちに上がり込んで、冷蔵庫の中の缶ビールを飲んじゃうやつ。

    2. 匿名くん より:

      個人的にはこれも瀬戸際、告げ口外交の一つだと思っています。

      ICJに付託されたくなければならない金を払え!慰安婦教の教えを崩す論文は出すな!ICJに付託するぞ?いいんだな?全世界にお前たちの悪口を言い続けるぞ!
      されたくなければ言うことを聞け!!
      の一択だと思います。

      何についてICJに付託するとかそんな知識が韓国市民団体にあるとは思えません。

      そして声高々に叫び、涙を流し、人権がー日本がーと叫び、裏でお金を払ってれば証拠はなくても必ず勝つと思ってるモノと考えます。
      要するにただの脅しだと考えます。

    3. ななっしー より:

      >ICJで何を争うつもりなのでしょうかね。
      >慰安婦問題があったのか、なかったのか、で全面戦争するのであれば、

      韓国「強制管轄受諾宣言をし(て一年経っ)たぞ。ICJ に提訴する!」
      日本「1958年宣言は同年9月15日『以後の事態又は事実に関して』のみ有効なので悪しからず」
      韓国「ファ?」

      まあ領土問題はたいてい過去にさかのぼるので、竹島も自動受諾は難しいと思う。

      それはそれとして 1919派こそ「国民を守れなくてごめんなさい」と慰安婦を手厚く保護すればいいのに。
      …いや、臨時政府がわずかでも責任を認めては我も我もと大変なことになるかw
      これも何度でもいつまでも物事を蒸し返す自分達のせいだがw

  8. WindKnight.jp より:

    だから、日本からの提訴はあり得ないんですよね。
    一番、致命的なのは、韓国政府が提訴しても、
    日本や米国との関係改善には全く繋がらないことでして。

    生産性皆無のこの話、文政権はどうするつもりでしょうか?

    1. 匿名 より:

      自称徴用工裁判での判決や、慰安婦裁判での判決により、日本企業や日本国の資産が現金化されれば、対策の一つとしてICJ提訴も視野に入れているそうなので(韓国が応じないにしても国際社会向け大義名分構築の手段でしょう)、
      無いこともないですね。可能性は低いですが、それなりに準備はしているのではないでしょうか。

  9. 普通の日本人 より:

    中国様にお願いして慰安婦は強制だ~  と言わせたらしい。
    中国から見れば嘘がばれても韓国のせいにして公開で叩き潰せば良いだけ。
    これで数千年間属国(隷属)にしてきた。
    朝鮮人が何か言ってきたら反論できないように叩きつける。 中国様のいつものやりかたとか
    日本文化ではこれは出来ないので、明治政府が行った不平等条約改正で発揮した、粘りでウッチャリがあるかと。
    とにかく時間が日本の見方です。
    詐欺師の嫌いな「事実」で。そして「エサはやらない」
    この2点でじっくりと責めていきましょう
    忘れないで欲しいのが次に控える「南京虐殺の嘘」もあることを

  10. だんな より:

    大坂選手が、夕食❌優勝⭕️しました。
    オリンピックで、金メダルを取ってくれると良いですね。

  11. G より:

    どうも慰安婦様のICJ提訴発言がかなり韓国にとって邪魔みたいですね。もう完全にコントロールを失っている。

    慰安婦様は自分のことをICJが慰安婦と認定してくれるとか無邪気に考えているだけでしょう。日本がいくらつついても自分を慰安婦と認めてくれなかった(慰安婦と認定することを韓国では「謝罪」と呼びます)ので、その役割をICJにやってもらおうと。

    慰安婦様の中ではそれなりに理屈はあるのですが、それ以外の韓国の立場でICJ提訴は意味不明なのは間違いありません。例の判決は完全勝訴ですから韓国が何か認めてもらう必要がありません。せいぜい、主権免除の例外の考え方を今一度ICJに確認してもらう。。くらいの意味でしょうか。

    まあ、韓国がICJ提訴するとして、慰安婦の認定というキモいところには触れないでしょうね。慰安婦様の思いとは違って。

    うーんやっぱり冷静に考えると韓国からのICJ提訴は意味不明・・・

  12. Tokyo Guy 東京原住民 より:

    ICJに提訴するぞ~、提訴する~、・・・するぞ~。
    また、例のヤルヤル詐欺になるんですかね。

  13. マイナンバー より:

    韓国司法は日本政府の財産をさっさと差し押さえして現金化してください。そうすることが『三権独立を尊重』して『行政府が司法の判断に介入できない』立派な国家の証なはず。『慰安婦』のお婆さんは全面勝訴の確定判決を自国公権力が強制力をもって実行する、すなわち日本政府の資産差押えと現金化を早期に行うことを要求すべきなのに、何故にICJ提訴を口に?その意図はいかに?

    1. 名無しの権兵衛 より:

      マイナンバー 様へ
       それは、お金以外には無いと思います。
       ソウル中央地裁判決で勝訴した自称元日本軍性奴隷の原告代理人弁護士は、「強制執行が可能な韓国内の日本政府所有財産を見つけるのは容易でない状況だ」と言っていますし、文在寅大統領は、自称元徴用工の裁判についてではありますが、「強制執行で資産が現金化される方法は、韓日関係に望ましくない」と発言しています。
       このままでは、せっかく韓国の裁判所で勝訴判決が確定したのに、慰謝料1000万円が手に入ってこない。この手詰まりの状況を打開するためには、国際司法裁判所への提訴しかないという考えだと思います。
       もともと、自分は慰安婦であったと名乗り出た(偽証した)のは、お金が目的ですから。今ではお金持ちになりましたが、お金はいくらあっても足りないものです。

  14. 心配性のおばさん より:

    トランス状態って、言うんでしたっけ。
    神憑り状態となってしまうと、外界からの声は一切聞こえなくなるそうです(笑)。

    おばあさんたちも、そんな状態かも(笑)。半島系の人々には、そんな特性があると聞いたことがあります。外界からの声が聞こえないのだから、矛盾とか証明とか言ってもムダですわ(笑)。ICJ?うふふ、困りましたね。

    K国さん、どうするのかしら?
    そんなおばあさんたちを国を挙げて担ぎ出し、国家事業までに育ててしまったのは、K国自身ですものね。

    良いこと教えてあげましょうか?収拾がつかなくなって、それぞれに暴走を始めたK国さん自身の犯罪を無かったことにする方法。K国が無くなっちゃえばいいんです。北朝鮮に吸収されるんですわ。

    もっとも、北朝鮮はK国を同族だなんて考えていないと思いますので、あなたがたの生存については保証しかねます。

  15. 田舎のおばさん田舎の より:

    IJCに訴えると息巻いているばあさんが憤死したら、K国三方すべてよし、チャンチャン!

    1. G より:

      乱暴ですけど、例の慰安婦さんが亡くなることは韓国にメリットありそうなんですよね。
      イヨンスさんでしたっけ、あの方の余計な発言で「被害者中心主義」の文大統領が身動き取れなくなってます。
      本来、慰安婦の意見イコール挺対協・正義連の意見でしたから、文大統領的には完全にコントロールできたんです。例の判決の対応では、なんとか日本政府が納得する策でまとまって(実際問題かなり不可能に近いですが、まあ韓国側の妄想的目論見として)、あとは若干国内的に無理があっても慰安婦様のお墨付きがついて一件落着的な展開を文大統領は妄想してたと思うんです。

      もうちょっと若い政治家なら突然山に散歩に行くといって「極端な選択をする」展開が定番ですけど、自殺するとは思えない元気なおばあさんですからね。なんらかのの病気で突然。。みたいな展開かなとか。

      司法の暴走を「三権分立」で意図的放置したら、今度は韓国としても好ましくない判決が出ても手出し出来なくなる。「被害者中心主義」で国際合意を反故にしたら、今度は被害者さまがコントロール出来なくなる。典型的なブーメランかなぁと思います。

  16. 田舎のおばさん より:

    名前が変になりました。
    少しひどいでしょうか?K国からの毒で、人格損傷になりそうです。

    1. G より:

      あ、やっぱりそうだったんですねw

    2. イーシャ より:

      Kの毒は、不快というより腐海レベルですからね。

  17. asimov より:

    更新ありがとうございます。

    自称慰安婦の「ICJへの付託」は、嘘がバレそうになったので、余り深く考えず脊髄反射的に声をあげたものではないかと見ています。

    それにあちらのメディアが食い付いてしまったので、文政権自体も本心では困っているのではないでしょうか?

    文政権にとっては「北との統一」以外は、支持率を稼ぐためのみの些事で、結果や事実などはどうでも良いと思っている節が見られます。

    政権を安定運営するために、反日を利用するだけ利用して、後のことは次の政権の問題だとでも考えていそうです。

    主権免除違反の判決や自称慰安婦問題のヒートアップで「引くに引けない」が、白州に出て今までの嘘が白日の下に晒されるのも避けたいといったところでしょうか。

    「複数の政府関係者」などからの発言でも構わないので、ここで日本側からもう一押しすれば、興味深いことになりそうでです。

    あちらの政権をどうにかしても日本にメリットはないので、選択条項受諾宣言をせざるを得ない様な状況にもって行く好機ではあるように思えます。

    まあ今の外務省に多くは期待できませんが。。。

  18. 匿名 より:

    婆さんの動機の深読みは情報が足りないのでなんとも言えないっすね。だから、強迫観念のように政府に再三要請するかどうかは読むことは無理でしょう。
    ただ、法解釈の観点からは勝ち目が薄い。既に似たようなことをイタリア・ギリシャがドイツにやって負けた判例があるので。主権免除やら違法性やら。
    韓国政府は当然知ってて黙殺してきたんですから、婆さんの要請はどう考えても負担だし、政府と正義連との連携が取れてない証拠でもある。
    この混沌状況に対して今の文政権が調整整理する能力を持ち合わせているようには見えません。場当たり的な対応をして誤魔化し、より強い混沌を生み出すでしょう。
    選挙が近いのでかなりの口三味線を弾くんじゃないでしょうか。日本政府には落ち着いて対応してもらいたいですね。

  19. 門外漢 より:

    >相互主義の観点から、それに先立って日本は韓国に強制管轄受諾宣言を求めるはず

    能く判らないのですが、IJCに提訴する資格(?)として、強制管轄受諾宣言が必要なんですか?
    それとも日本政府の要請レベルという事なんでしょうか?それなら韓国が一方的に提訴しても良いのじゃないんですかね。

  20. めたぼーん より:

    韓国は言ったら成功という特殊な思考回路を持った方が多いので、ICJ付託すれば勝ち、と思っているんでしょうね。証拠は私の証言とか、客観性が全くない議論にもならない事を平気で言いそうですしね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。