ドナルド・J・トランプ米大統領に武漢コロナ陽性反応

本日の「速報」です。ドナルド・J・トランプ米大統領とメラニア夫人に武漢コロナウイルスの陽性反応が出たようです。

ドナルド・J・トランプ米大統領とメラニア夫人に、武漢コロナウイルスの陽性反応が出たことが判明しました。

ひと昔前だと、アメリカ合衆国大統領の健康状態は国家機密のようなものでした。しかし、そこからそのような情報が判明したのかといえば、トランプ大統領ご本人がそれをつい先ほど、ツイッターを通じてつぶやいたからです。

Donald J. Trump

Tonight, @FLOTUS and I tested positive for COVID-19. We will begin our quarantine and recovery process immediately. We will get through this TOGETHER!
―――2020/10/02 13:54付 ツイッターより

ひと昔前であれば国家機密級の情報をみずから全世界に向けてあけっぴろげに公表してしまうトランプ氏の姿勢も凄いですが、大統領ですら感染するとは、武漢コロナ問題がいかに深刻であるかという証拠ともいえるかもしれません。

こうしたなか、まっさきに想定されるのは、投票日まであと1ヵ月に迫った米大統領選への影響です。

いちおう、トランプ氏はただちに “guarantine and recovery process” に入るようですが、常識的に考えて、 “guarantine and recovery process” には自己隔離なども含まれるでしょう。

そうなれば、予定されていた2回目と3回目のジョー・バイデン候補との討論会についても参加することはできないでしょうし、なにより、今後の遊説自体も難しいのではないでしょうか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

もっとも、日本の場合だと「判官贔屓」とでもいえば良いのでしょうか、選挙の直前に困ったことになった人に対しては、有権者からの同情票が集まりやすいという傾向があると思います。

たとえば、2017年の衆院選でも、民進党が希望の党に抱きつこうとしたときに、排除された人たちが結党した「立憲民主党」が、結果的に野党第1党に躍進したという事例などが参考になるかもしれません(※といっても、獲得した議席は全議席の10%少々でしたが…)。

しかしながら、米国の場合だと、こうした「判官贔屓」があるものなのか、個人的にはよくわかりません。

有権者からは「自身の体調管理、コロナ感染予防が不十分だった」などと厳しく見られ、トランプ氏に対する同情票よりも批判が寄せられ、結果としてバイデン氏陣営に有利に働くかもしれません。

もっとも、「仮に第1回討論会でトランプ氏がバイデン氏にコロナウイルスを移していたとしたら、今年の大統領選はどうなってしまうのか?」など、疑問は尽きないところでもあります。

いずれにせよ、当ウェブサイトとしては、トランプ氏のご快癒を祈りたいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. ポプラン より:

    大統領のスタッフの感染があったので、よもやとは思いましたが、世界的に政治が劇場化している中でこんな事が起きるとは。
    唾を飛ばして激論する討論会ですからウィルスがまき散らされていたでしょう。あとはどれだけ感染予防に気を使ったのかの勝負ですね。
    これでバイデンさんまで感染すると大統領選挙の延期までありえますね。

    1. 奇跡の弾丸 より:

      なるほど、バイデンも感染って可能性も十分にありえますね。

  2. 愛読者 より:

    最近忙しくてご無沙汰したいましたが,この第1報の後急いてしたのが保有株の処分でした。この件がきっかけで,相場の方向が急変しそうな予感を感じました。選挙については,この時期に人前に2週間出られないとしたら,大打撃でしょう。ついでに,国際情勢も全部考察のやり直しです。

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      >この時期に人前に2週間出られないとしたら,大打撃でしょう。

      ここは日本が変態的にこだわって培ってきたロボット技術を駆使し、選挙用アンドロイド・トランプくんver1を秘密裏に提供するべきなのではないでしょうか。
      ん、そうすると中国もバイデンさん人形を投入してくるかもしれませんね。バイデン氏が当選しても中国への当たりはキツそうですが、トランプ氏よりマシということで。

  3. 欧州某国駐在 より:

    まさに職場(リモートオフィスですが)でも下手をするとバイデンさんも罹患しているんじゃないかと話題になっていたところです。(あの司会者も?)

  4. 名無しさん より:

    70歳を過ぎますと重症化のリスクは跳ね上がります。そして死亡率も飛躍的になります。
    これまでややトランプ氏優勢かと思っていたのが、どんでん返しでバイデン氏が就任とかになれば、(どっちみち日本の路線は揺るがないのですが)対応にはまた一層の困難が待ち受ける事になるでしょう。

  5. ちかの より:

    症状が軽ければ、アビガンをガンガン飲めば大丈夫ではー?
    たとえウィルスが検出されたとしても、症状が出ていなければ100%感染したとは言えないですし。
    感染して治っていても、死んだウィルスでも検出されるらしいですし、ねー。
    もう臨床例は多数あるので、頑丈そうなトランプさんならどうってことなさそうに、思います。
    でも7日のペンス副大統領の討論会が、より興味深くなりますね!

    1. ケロお より:

      陽性確認のスタッフからの感染なら、これから数日以内に症状が顕れる可能性も高いでしょう。発症した場合、年齢を考えると重症化リスクも高いですから、早期からのアビガンは治療選択肢に当然入ってるでしょう。
      症状にもよるでしょうけど、討論会はリモートでやればいいんじゃないでしょうか。司会が発言を許可してないときはマイクオフにすればカオス化防止にもなります。マイクオフでいきり立つ口パクトランプや無音でモゾモゾしてるバイデンも、絵面的にシュールで歴史に残る討論会になること間違いなしです。

      1. ちかの より:

        ケロお様
        ですねー。
        カマラ・ハリス候補をとるか?ペンス副大統領をとるか?
        74歳vs78歳なんだから、ねー。

      2. 自転車の修理ばかりしている より:

        >討論会はリモートでやればいいんじゃないでしょうか。

        今度は字幕付きでお願いします。

    2. イーシャ より:

      ちかの 様
      アビガン承認も近いという話もありますし、十分選択肢に入るでしょうね。
      トランプさんが抗マラリア薬などを盲信しないよう、最新のデータを添えた安倍さんからのお見舞いが一番必要なときかもしれません。

  6. 匿名 より:

    良くないなあ、良くない。
    もうしばらくトランプ大統領に頑張って欲しい。
    バイデンに変わるとなると、またオバマ時代のようにどっちもどっちだ論で日本が譲歩しないといけないのかねえ。
    ロビー活動では明らかに韓国有利だし。
    さらに不安度が増し増した。

  7. カズ より:

    状況を解りやすく発信する姿勢は見習わなくてはいけないと思いました。
    事実は変わらないのだし、カードを伏せたままでは味方にも不審がられてしまうのかもですしね・・。

    *一日も早い回復を願います。

  8. 奇跡の弾丸 より:

    トランプ大統領感染で急落の日経平均と、
    株価を上げる韓国総合
    (正確には、寄り付きで上げてトランプ大統領の一報にあまり影響を受けていない感じではありますが)

    市場がどの様に見ているかわかる一つの事例ですね。

    1. 通りすがりの兵庫県民 より:

      >奇跡の弾丸様
      韓国はここ2日秋夕のお休みで、市場も開いてないかと。
      昨日東証は強制休場しましたがww

      1. 奇跡の弾丸 より:

        そういうことでしたか。
        ご指摘感謝します。

        アメリカドル 韓国ウォンのチャートを毎日ウォッチングしていて
        そこにある関係指標を見てのコメントでした。
        (いい訳ですが自分が見る時間はいつも休場なのです。)

      2. 奇跡の弾丸 より:

        通りすがりの兵庫県民様

        そういうことでしたか。
        ご指摘ありがとうございます。

      3. 自転車の修理ばかりしている より:

        東証「ちっ、狙ってたのに一日分はずしちまったぜ」

  9. 豆鉄砲 より:

    個人的主観で申し訳ないのですが、バイデンさんも感染したとすれば。何となくではありますがバイデンさんの方が弱そう。もし亡くなったとすれば・・それも戦略かな?凄いな。

    1. ケロお より:

      バイデン陣営というか民主党側も、喜んでいられませんね。むしろトランプのピンチヒッターはペンスということになるでしょうから、バイデン勝ち目ないのでは?
      ホントは候補選をやり直すところからですけど、時期が差し迫ってるので、副大統領をスライドさせて候補にするのが現実的対応です。

  10. たけ より:

    どんどん中国有利になりますね。
    悪辣非道だが、世の中はそんな事関係なしに変わっていきます。

    1. 迷王星 より:

      >どんどん中国有利になりますね。

      結果として共産チャイナが有利になっているのでなくて、共産チャイナが意図して有利にしているのでは?

      北京政府や人民解放軍が今までに実証してきた悪辣さを考えれば、トランプをしょっちゅう取材しているアメリカ人の記者たちに人民解放軍エージェントらが近づいて彼らをコロナに感染させトランプにも感染させるのを目論むぐらいの工作を行うのは別に驚くほどのことではないと思います。あるいは何としても大統領になりたいバイデンの陣営の関係者が助力した可能性だってあります。

      今回の件は余りにもタイミングが良すぎる。トランプはよほど早急に回復する…しかし高齢の彼にとって早急な回復の可能性はかなり小さい…のでない限り、トランプは大統領選の運動を何も行えずに投票日を迎える羽目になります。そして世界は共産チャイナの支配層が望む暗黒ワールドへとまた一歩。

  11. りょうちん より:

    暇になって、ツイ廃が悪化したりしてw
    高須院長みたい。

  12. 引きこもり中年 より:

     素人の素朴な疑問なのですが、(もちろん、トランプ大統領の様態次第ですが)米大統領選投票日前に、トランプ大統領が死亡 または当選しても職務遂行が困難になるほどの重体になった場合、共和党の大統領選候補は、どうなるのでしょうか。(もっとも、トランプ大統領のことですから、「中国のアメリカ大統領暗殺未遂が起きた。しかし私は大丈夫だ。中国には責任をとらす」とツイッターしそうですが)
     もし、「トランプ大統領とバイデン候補」が、「ペンス副大統領とバイデン候補」の選挙戦に変われば、様相は大分、変化すると思うのですが。
     蛇足ですが、日本メディアは、前回の米大統領選TV討論を批判していますが、日本の『モリカケ国会』をみれば、他国のことを言えないと思うのですが。
     駄文にて失礼しました。

    1. ケロお より:

      選挙人投票前なら、各党が候補者を再選出します。
      選挙人投票後なら、副大統領候補が大統領候補に自動繰上げです。
      一般投票の時点で事実上選挙戦の決着がついてしまって、選挙人投票はただのセレモニー化してる状態ですが、一般投票と選挙人投票の間に大統領候補(事実上の次期大統領)が死亡した場合、たいへん揉めそうです。勝った候補の党が、民意と関係なく事実上の大統領を選出できることになりますから。結局、副大統領候補を繰り上げるしかないでしょう。なので、ざっくりと言うと一般投票前なら候補者選び直しで、一般投票後なら副大統領候補のスライド当選ですね。
      トランプが死ぬ死ぬ詐欺で、ペンスを大統領にするフリで投票日を迎えるという裏ワザがあるということになりますね。

      1. 引きこもり中年 より:

         ケロお様
         ご回答、感謝します。

  13. はにわファクトリー より:

    まさかの陰謀ですが、芝居ってことはありませんか。彼ならやりかねない。仮にそうだとして、無事回復したときのインパクトは今の段階で評価可能でしょうか。

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      トランプ「I’ll be back」

  14. しきしま より:

    欧米の要人って意外とリスク管理が甘い気がしますね。
    たしかイギリスの首相もコロナにかかって、一時は命の危険もあったとか。
    トランプ大統領もかなり長いことマスク着用を拒否してましたし。
    そこへいくと習近平は自分で撒いただけあって^H^H^H^H^H^H^H^H^H^H^H厳重に警戒していたようです。

  15. 七味 より:

    トランプ大統領の新型コロナへの感染が大統領選挙に、どう影響するのはわかんないのですが、日本としてはトランプ大統領の再選もバイデン氏の当選も、どっちもあることとして、対応を考えているんだと信じてるのです♪
    まさかとは思うけど、害務省の人達が選挙予測ばっかりに注力して、大統領選挙後の事を考えてないなんてことは、ないと信じてるのです♪

    大丈夫ですよね・・・・多分♪
    (´・_・`)

  16. タナカ珈琲 より:

    シロートのたわごとです。
    表現が不適切…、を承知して投稿します。

    言葉を端折って、四捨五入して、表現すれば、
    トランプさん、バイデンさんがコロナに感染して死亡し以後は、候補者は副大統領候補者が繰り上がって、大統領選を戦ってほしいです。そうなれば史上初が無料で眼の前で見る事が出来ます。

  17. 貧乏暇だけ より:

    はにわファクトリー様
    トランプさんのパフォーマンスだったらいいっすね。

  18. 匿名 より:

    この前緊急承認した回復期血漿使いまくってそう。

  19. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    自分から「自白」するとは(爆笑)。さすがトランプ大統領は政治家ではない。実業家であり、大統領の枠にハマらない方なんですネ〜。

    納税問題とかコロナ陽性とか、仕組まれたようなハンデを背負い込みましたが、やはりトランプ氏に次もやって貰いたいです。

  20. 名無Uさん より:

    国際情勢にとって、致命的に重大なニュースです。
    これをまともに扱おうとしないメディアは、メディアの責務を放棄しているものとみなします。

    現状、トランプ大統領の御快癒を祈るしか方策がありません。
    トランプ大統領は高齢であり非常に危険ではあります。ですが同時に、自分にはトランプ大統領が重症化するというイメージがどうしても湧いて来ません。
    アメリカはマッチョ信仰が強く、『世界一強い者』を指導者に据えたいという理想像がアメリカ国民の老若男女に頑としてあります。これはメディアがどれだけポリコレ棒でアメリカ人を殴り回ったとしても、揺らぐことがないものでしょう。
    『強いか、強くないのか』
    アメリカ人の思考回路は畢竟、ここに行き着きます。

    トランプ大統領が無症のまま職務復帰宣言ができたならば、『チャイナウィルス、何するものぞ』というトランプの咆哮にアメリカ人は歓呼の声を送ることでしょう。
    心の中で星条旗を振り回すに違いありません。
    それだけ、トランプの勝利が揺らぎのないものになるでしょう。

    まあ、国際情勢は米中対立がさらにのっぴきのならないものになるでしょう。
    中共は『なんとか致命傷で済んだアル…』と言える余裕があればいいのですが…

  21. はにわファクトリー より:

    貧乏暇だけ様

    トランプ大統領というパーソナリティは、彼を嫌う人そうでない人の心の内側を計る「リトマス試験紙」のような役割を果たしていると当方は考えています。たとえ本人がそれと気が付かないであろうとも。
    当方は彼は好きになれません。お友達になりたいとも思いません。しかしながら21世紀の the 3rd decade すなわち西暦 2020年代が「結果として」必要としている人材で「もしあるとすれば」職務適任であるという意味においてトランプ大統領を支持します。考えてもみてください。もし4年前ヒラリー・クリントン女史が大統領になっていたら、今年はどんな世界だったでしょうか。

  22. ケロお より:

    なんだかんだで、トランプは死んだら負け。ウイルスに負けた、中国に負けた、バイデンに負けた、と言うことになるでしょう、アメリカ的には。負けたのは、弱いから。弱いなら大統領としては不適格。
    たとえ重症に陥っても最終的に生き残れば、勝者として大統領を続けることになるでしょう。ウイルスに勝ち、当然バイデンにも勝ち、中国にも勝つに違いない、と。メリケンのハートを鷲掴みですよ。全米が泣くかどうかは知りませんけど。
    アメリカは強い指導者を求めているのは間違いないわけで、「チャイナウイルスにも勝ったトランプ」となればおのずと選挙にも勝つような気がします。

    1. 名無Uさん より:

      ケロお様へ

      ≫メリケンのハートを鷲掴みですよ。全米が泣くかどうかは知りませんけど。

      メリケンのハートを鷲掴みでしょうね…(笑)
      世界の人々を鷲掴みにするのかどうかは知りません。
      自分はこのニュースに触れて、トランプの再選を確信しました。(笑)

    2. ポプラン より:

      ケロお 様
      トランプ大統領陽性と聞いて、最初に思ったのは討論会でバイデンさん感染したのでは?
      でした。
      チャイナウイルスには、民主党のバイデンの方が親和性があってより重体になりそうな予感。
      トランプさんが、私はチャイナに勝利したと回復宣言すれば大統領再選ですね。
      お二人ともお元気で感染を乗り越えてください。

      1. なんちゃってギター弾き より:

        皆様おはようございます。
        感染したことを自身でツイートするというのが…何というか、やっぱりこの方をこれまでの物差しで測っていると間違えそうな気がします。
        左翼界隈の知人にはこのニュースに笑いが込み上げて来ると言っている方がおります(ーー;)が、自分はむしろパワーアップして帰ってきそうで、ある意味怖いです(^^;

      2. りょうちん より:

        ちゃっかりトランプは生き残ってバイデンには感染させた上で、バイデンは脂肪までがハリウッド的にはうけます。

        1. 田舎の一市民 より:

          バイデンが亡くなったら、トランプは麻雀放浪記のドサ健のように「死んだ奴は負けだ」と言い放つでしょうね。

          1. かえる より:

            トランプは悪運が強そうなので生還してヒーローになるのに一票です。で、ブラジルの大統領のように支持率爆上げの予感。

          2. 自転車の修理ばかりしている より:

            トランプ氏とバイデン氏のどちらかがお亡くなりになった場合、残った方はこうアジれば効くのではないでしょうか。
            「諸君の愛してくれた大統領(候補)は死んだ!何故だ!…中国に殺されたのだ。起てよ国民!」
            米中紛争が戦争に格上げ待ったなし。

  23. 匿名猫 より:

    症状が酷くなるまで籠っとけ対応の一般人とPCR陽性だけで治療開始の要人とでは死亡率はかなり違うのではないかな。また日本の70歳以上の死亡率が5月1ヶ月間25.5%、それが8月1ヶ月間は8.1%になっている(国立感染症研究所の分析、要因は無症状、軽症のカウントで総数増、治療法の洗練との推定)。最近、海外の要人死亡のニュースも殆ど聞かないし、トランプも無事で復帰するでしょ。

  24. 市井の内科医 より:

    一番確実に効きそうなのは中和抗体血清の投与ですかね。
    ま、大統領なんで、石橋を叩いて壊すぐらい大事をとるでしょうから、大丈夫じゃねえかなあ。

    1. 迷王星 より:

      中和抗体は不可欠でしょうね。

      それとウィルス増殖を阻止するアビガンもウィルスが大量に増殖する前の早期投与ならば効果が期待できるのではありませんか?

      日本の国益にとってはトランプさんに是非とも御快癒頂かねば。パンダハガーのバイデン政権になったりしたら目もあてられない。

      1. 市井の内科医 より:

        抗ウイルス剤はイロイロありますが、決め手には欠ける感じなので、コスト無視ならステロイド少々使いながら中和抗体ぶっこむのが一番確実かと。妄想ですが。

        1. さっそく抗体治療が行われたようですね。
          今のところgoing wellだそうですが、無理をしないようにお願いしたいです。

          1. 市井の内科医 より:

            レムデシビルもぶっこんだそうで。
            ステロイド行かねえのは糖尿でもあるんかな?
            あの体格ならあり得るけど。

  25. 匿名 より:

    これでもしトラムプがポックリ逝ってしまったら
    バイデンは相当”持っていた”人物なんだなぁ、と
    ボケて傀儡扱いされてる状態で判明しても全然嬉しくもなんともないだろうけどw
    それとも”持ってる”のはキンペーちゃんかな?
    首の皮がうす皮一枚で繋がったからまた悪あがきできまっせー、みたいなw

    1. 匿名さん相手にHNは不要 より:

      トランプ死んだら共和党は代打ペンスの可能性があるので、もしそうなればバイデン負け決定的です。何の根拠で「持ってる」のか疑問です。なお、バイデン自身も討論会で感染したのなら数日以内に陽性化する危険性があります。昨日の時点での陰性は無意味です。
      さらに「現職大統領がチャイナウイルスで死亡」となれば米国内世論が反中一色に染まるリスクもあるので何の根拠で習近平が「持ってる」のかも疑問です。米国の反中の核心部は議会ですのでトランプがいなくなっても反中は止まるどころか加速する可能性もあり、暴走する危険性すらあります。

      1. 団塊です より:

        >現職大統領がチャイナウイルスで死亡」となれば米国内世論が反中一色に染まる
         
        本当におっしゃる通りですね。

      2. 団塊 より:

        >米国の反中の核心部は議会ですのでトランプがいなくなっても反中は止まるどころか…

        よく見る見解ですが、どうだろう?
         議会の対共産支那強行姿勢はトランプ大統領が作り出したもの、女クリントンが大統領になっていたら議会は全然違っていたのでしょう!
         故に、次期大統領が民主党になれば議会の姿勢に変化が出る。そう思っていました

         中華人民共和国の生物兵器Chinaウィルスで現職の大統領が殺されたら、そりゃあ議会も何もかもアメリカ中が、ChinaとChineseを容赦なく攻撃し敵対しますね。

      3. 匿名 より:

        暴走結構じゃないですかw
        HNからして人をなめ腐った態度を隠そうともしてないけど
        あなたは知識人ヅラして他人に説教かますほど偉いんですかね?w

    2. りょうちん より:

      20世紀の名大統領との評判が高いレーガンですが、任期の最後の方は、アルツハイマーの症状がかなりひどかったというナンシー夫人の発言があります。
      意外となんとでもなるのかな・・・。

      1. 元マスコミ関係の匿名 より:

        レーガンは俳優でしたから、完璧に演技をしていたのかも、なんて。

  26. 門外漢 より:

    あれだけ「口汚く」罵り合ってたんだから、バイデンも濃厚接触者だと思うが・・

  27. 団塊 より:

    トランプ陣営?から
    大統領に
    『Chinaウィルスの軽い症状が出た』

    いう発表があったとテレビが言ってました。

     既にアビガン投与してるでしょうからすぐ元気な姿を見せてくれるでしょう。

  28. 心配性のおばさん より:

    アメリカ大統領選のディペード見てて感じたんですけど、アメリカ人ってこれで大統領選ぶんですか?ってこと。でも、そういえば、前回の選挙でクリントン氏が負けて、トランプ氏が勝ったのも、政策や実績ではなく、ただの好悪だったような…。

    であれば、バイデン氏が痴呆であっても、トランプ氏がメチャクチャであっても、関係無いのですね。ある意味、怖ろしい。

    なんか、アメリカといい、某国といい、国のトップである大統領を愚民が直接選んでしまう制度って怖いですわよね。

    そこいくと、日本の議院内閣制って、トップを選出する政党を選ぶということから、愚民の責任は少し軽くなるのかしら?

    1. 匿名 より:

      軽々しく上から目線で愚民とか言っちゃうのはどうかとw
      まるでお隣の国のエラい人達みたいで失笑モンですわ

      1. 阿野煮鱒 より:

        思いっきり上から見下してやるわ。
        匿名の分際で。(嘲笑)

  29. 匿名 より:

    昨日のNHKの夜7時のニュースひどかったですね
    夜9時のニュースでは、中国の報道がトランプ感染を揶揄したと伝えていましたが、NHKも揶揄そのもの。
    日本人はコロナに感染したのを本人のせいにすると普段批判しておきながら、トランプの場合はまさに自業自得と言いたげなニュース構成でした

    1. 匿名希望の平民 より:

       NHKには、9人の外国籍の社員がいるそうです。
      国籍の公表は、拒否していますが、おそらく、
      中国籍と朝鮮籍だと思います。
       そして、その配属先も公表していませんが、報道番組と
      教育番組の制作に配属されているのではと考えられます。
      NHKの報道は、中国寄りですし、教育番組や特集番組では、天安門事件など
      虐殺はなかったと中国国営放送かと思わせる番組を作成しているそうです。
       民主主義や人道主義に基づく非難や糾弾など、一切ありません。
       外国籍の人間が、日本の電波を使い、日本人向けに洗脳教育を
      するのは、「電波法」違反になるのではないでしょうか?

  30. とうりすがり より:

    本当に トランプさんのコロナ陽性ニュースで 株が下がったんでしょうか?
    東証システムのアクシデントは 本当にアクシデントだったのでしょうか?
    僕は、もうすぐ このサイトの皆さんが 高笑いできるような事が起きる気がしてます。

    1. 阿野煮鱒 より:

      「通り」の読みは「とおり」です。

      1. マウンティング より:

        重箱の隅をつついてのマウンティングが気持ちよくなってきたら
        立派にお隣の国の人のマインドに染まってきた証拠ですな
        電波浴もホドホドにしておかないとねー

        1. 自衛のためにHNは伏せますね~(卑怯者) より:

          ただの指摘をマウンティングと感じてしまう…
          まあ、どうでもいいですが。

          >僕は、もうすぐ このサイトの皆さんが 高笑いできるような事が起きる気がしてます。

          それより、この意味がよくわからないですねえ。みなさん立場も考えも相当な差がありますから、一致した価値観は、日本政府は日本国民のために働いてほしいとか、マスコミは国民の敵だとか、日本経済が良くなってほしいとか?「もうすぐ」どうにかなるようなことではないですね。
          韓国関係?単純に高笑いできるような事態は想定し難いですけど。
          トランプ関係だと全く想定できないですが。

  31. 匿名 より:

    優秀な自動校正プログラム。喜べお代官様マウントではない断じてだ。

  32. 愚塵 より:

    新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領は4日、車で一時外出し、後部座席から入院先の周辺に集まった支持者に手を振って声援に応えた
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64603160V01C20A0EAF000/
    て、無理する必要が有るのでしょうか?

    1. 名無Uさん より:

      愚塵様へ

      無理をする必要があると思いますよ…
      指導者が心配で居てもたってもいられない支持者が病院の周りに集まってきた。それを聞いた指導者は、無理を押しても民衆の期待に応えなくてはなりません。

      古より物語の中で語られ続けてきた、『民衆が理想とするする正しき王』の姿でしょう。
      (客観的に正しいのかどうかは関係ありません。後世の評価で、善悪はいくらでも書き換えられるからです。)
      トランプ大統領が昔話の内容をよく知っているのかはわかりません。ただ、王の取るべき行動はこれ、ということを直感的に認識していることは間違いないでしょう。

    2. 団塊 より:

       おお、トランプ大統領の外出とは病院周辺一周して熱烈な支持者へ元気な姿を見せるためでしたか。
       これは素晴らしいですね。トランプ大統領は元気でありエクモ(人工心配装置)に繋がれていない、自分の心臓で脈をうち自分の肺で呼吸して生きていると支持者はじめ世界中の人々が映像を見て確信できたのだから。
       株価が上昇したのは、そういうことでしたか。
       アビガン投与は絶対に公表しないでしょうが、アビガンで完全に回復して大統領選に大勝利して欲しいですね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。