二階幹事長、中国と「仲良くがっちり手を組むべき」

「あの人物」には、困ったものです。以前の『茂木外相「習近平氏訪日日程、具体的調整段階にない」』でも取り上げたとおり、武漢コロナ禍の蔓延により延期されたままになっている習近平・中国国家主席の国賓訪日を巡っては、現在、日本政府としては「日程を具体的に調整する段階にない」と明言しているのですが、自民党の二階俊博幹事長が余計な発言をしたようです。

二階氏、習近平氏の訪日を「穏やかな雰囲気の中で」

本稿は、ちょっとしたメモです。

いつも当ウェブサイトで申し上げていることですが、人間関係と同様、外交には常に「相手国と基本的価値を共有しているかどうか」という観点と、「その国との国交が戦略的な利害関係に合致しているか」という2つの視点が必要です。

こうしたなか、「あの人物」が、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席の国賓訪日に言及したようです。

習主席の国賓来日「穏やかな雰囲気の中で」 自民・二階幹事長

―――2020.9.17 14:49付 産経ニュースより

産経ニュースによると、石破派が本日、都内のホテルで開いた政治資金パーティで、自民党の二階俊博幹事長は習近平氏の訪日について、次のように述べたのだそうです。

穏やかな雰囲気の中で、実現できることを心から願っている。中国は引っ越しのできない隣人だ。仲良くがっちり手を組んで、お互いに共通のことを考える国柄となるように切磋琢磨すべき

もちろん、これが二階氏の発言のすべてではないとは思いますが、これが事実だとしたら、非常に不安になる発言ですね。

この点、以前の『茂木外相「習近平氏訪日日程、具体的調整段階にない」』でも報告しましたが、習近平氏の来日については、茂木敏充外相が「具体的な調整段階にないことは間違いない」と断言しているため、少なくとも外務省が実現に向けて公然と動くということはないでしょう。

中国?基本的価値を共有しません

しかし、二階氏の発言のなかで、個人的に看過できないのは、「中国とがっちり手を組んで、お互いに共通のことを考える国柄」です。これが正確に何を意味するのかはわかりませんが、それが「基本的価値を共有」ということを意味しているのだとしたら、本当にとんでもない話だとしか言い様がありません。

そもそも論ですが、日本と中国は、基本的価値を共有する国ではありません(図表)。

図表 日本と中国の基本的な価値
区分日本中国
政治体制議会制民主主義共産党一党独裁
経済体制自由主義社会主義計画経済
法の考え法治主義人治主義
人権基本的人権尊重人権軽視
戦争積極的平和主義軍国主義

(【出所】著者作成)

…。

いかがですか?見事にまったく異なる体制の国であることが明らかでしょう。とくに、憲法第9条を後生大事にしている日本と、台湾などへの武力侵攻の可能性を公言している中国では、戦争に対する考え方が180度異なります。

そんな国と「お互いに共通のことを考える」のだとしたら、日本が中国に合わせて議会制民主主義や自由主義、法治主義などを捨てるか、中国が共産党一党独裁を放棄して民主化するか、そのどちらかしかあり得ません。

当ウェブサイトの勝手な想像ですが、二階氏の念頭には「利害関係」しか存在しないようにしか思えませんし、だからこそ、こういう原理原則を著しく逸脱した発言が出て来るのでしょう。

菅総理は二階氏を「切れる」かどうか

さて、二階俊博氏は安倍総理の辞任発表直後、いちはやく菅氏を支持すると表明しました。だからこそ、一部メディアから「この二階氏の行動が菅政権誕生の方向性を決定づけたものであり、したがって菅氏は二階氏を切ることはできない」、などとする分析が出て来ていることもまた事実でしょう。

ただ、現実には安倍総理の出身派閥である細田派、麻生総理が率いる麻生派、平成研こと竹下派などの主力派閥がこぞって菅氏の支持に回ったことを踏まえると、正直、菅氏が二階氏を「切ろうとしても切れない」というものではないと思います。

菅総理が党役員人事で二階氏の留任を決めたのも、個人的には「現段階で無用の混乱を生じさせない」という配慮が働いたためだと見るべきであり、二階氏の動き次第では、時期が来れば二階氏が幹事長職から外されることもあり得るとは考えている次第です。

いずれにせよ、安倍総理が辞任したいま、私たち国民・有権者は、今まで以上に政権与党の動きに気を配るべきでしょう。

読者コメント一覧

  1. 阿野煮鱒 より:

    二階氏がこれ以上増長するようなら、既に彼を支那のスパイとして名指ししている米国から日本政府に圧力がかかると思います。

    それを受けて、もし自民党が「二階潰し」を仕掛けるとしたら、それは管さん発では党内の軋轢が大きいので、安倍・麻生ラインの暗躍ではないでしょうか。

    1. 匿名 より:

      2階は去勢だけ張って生きてきた猿にしか見えません。年齢的にも立場的にも仕事するとは思えません。日本の為に経済的な事、人道的な事。どちらを優先するのか。奴の派閥にいる奴らも弱い奴らばっかりなんですよ。

  2. だんな より:

    菅首相が、最初に二階氏に支援を要請した時から分かっていた懸念材料です。
    当面、中国も日本に擦り寄って来るでしょうが、尖閣への領海侵犯が無くならない限りは、国賓訪問は、現実的では有りません。
    私は、二階氏の観測気球で、そうでなければ、リップサービスに終わると思います。
    韓国にしてみれば、日本より先に習近平主席を来館させて、後から日本に訪問する形が、ベストです。
    こんな事も有るから、韓国内で期待されるんでしょう。

  3. たけ より:

    少なくとも国民が不安になるようなことは言わないでもらいたいものだ。
    とはいえ安倍政権の時から気にはなってた。
    なんで中国に対して強く出ないのか。
    それは多分、日中対立が鮮明化すると米国にいいように利用されて、梯子すら外される可能性があるから。
    とはいえ、尖閣、香港やウイグルの件など言うべきことは言うべきじゃないのかね。
    杭をしっかり打った上で友好を唱えるならまだしも、批判無しじゃ媚びてると言われても無理もない。
    是非心の中を覗いてみたいものだ。

  4. はにわファクトリー より:

    「穏やかな雰囲気」とは中国側の発言をそのまま口にしたとしか思えません。羽田空港のタラップで墨汁を掛けられるような恥をかかせてくれるなとそう言ってます。それこそが彼らの真に恐れている未来なのでしょう。
    二階議員は伝声菅の役目をこれからも務める意欲満々のようです。彼の「パフォーマンス」を海の向こうでじっと見守っているひとたちがいることを、われわれ日本国民はかたときも忘れてはならないと当方は自戒を込めてそのように考えます。

  5. 牛島 より:

    二階切りはいいですが、中国に強硬姿勢を取るとアメリカに梯子を外されて、いつか来た道を辿ることになる。

  6. カズ より:

    サラっとした発言が続いてるんですけど、どれも前提条件のハードルが高くて、暗に”実現しないよ”と言ってるようなものなのかもです。

    二階氏(習氏の訪日)
    「穏やかな雰囲気の中で」とは実現の可能性の極めて低い前提条件だと思います。
    *懸念事項がすべて解消した暁には・・とのことかと。

    菅総理(消費増税)
    『行政改革を徹底したうえで』
    *前提条件が達成されれば消費増税は不要になってるのでは・・。

    1. リャンピ より:

      あの手の老獪な政治家っていうのは、本音か建て前か、ブラフか正直か、全くわかりません。
      特に、ややこしいことに対しては、はっきりと意思表示せず、あいまいな表現をしますし、さらにリップサービスをします。なので、一言一句に過剰に反応しても無駄な気もしています。

      「穏やかな雰囲気ではないので、来日は無理ですね」とも聞こえてしまう言い方です。
      「穏やかでないこの状況下でこそお招きして、平和的な関係を構築していくべきだ」とかの発言ならばアウトでしょう。

      1. カズ より:

        とくに二階氏は昨年9月の対韓発言の中にも「まず日本が手を差し伸べ、譲歩できることは譲歩すべきだ」との言及があったと思うのですが、これだって単に建前を述べたに過ぎず実質的には「(譲歩できるところは残されて無いから)原理原則を曲げてまで何一つ譲歩してない」のですしね。

        老獪というかなんと言うか、「日本ではベタ記事、韓国紙は1面トップの大騒ぎ」だった事実が、両国の温度差の現れなのだと思いました。
        あまりヒヤヒヤとさせられたくも無いのですが、「閣外の実力者からのもの言い」は観測気球としては使えなくもないのかもですね。

  7. 名無Uさん より:

    やってくれるわ、二階俊博幹事長…(呆)
    米戦略国際問題研究所(CSIS)からの警告もどこ吹く風…
    もはや、山口二郎教授と同格の炎上芸人を目指すおつもりか…
    しかし、菅新政権の本音は明確な台湾防衛、対中シフトの方でしょう。

    「岸信夫防衛相」に中国が慌てふためく理由
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62154

    二階俊博幹事長はあえて叩かれることを承知の上で、世論を台湾防衛に持っていく役回りを引き受けたのかもしれませんね…(あくまで、そう願いたいところです…)

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    早速出てきましたね。二階氏の媚中パフォーマンス。今どき、本気で習近平を国賓待遇で招へいを考えているのは、韓国ぐらいでしょう(まともに取り合ってもらっているかどうかは知りませんが)。

    スタートしたばかりの菅内閣ですが、これ以上勝手なリップサービスをすると、幹事長から降ろされる可能性はあります。多分「首相にさせてやったのは、俺だ!」という気持ちでしょう。

    でも、影の首相と言われようが、キングメーカーと言われようが、派閥の領袖だろうが、表の顔は菅義偉氏です。80歳超えの「後期高齢者」の出る幕はありません。

    それに細田派、麻生派、竹下派が先行して菅支持を明らかにしていたのに、「干される」と危険を感じた二階氏がマスコミに先回りしてリークしただけ。

    お陰で、翌日の3派による菅氏を応援する会見に二階派は呼んで貰えませんでした。麻生副総理は前日の二階氏の行動に激怒したと言われてます。

    麻生氏と二階氏は合わないでしょう。歳も近いが純正のサラブレッドと、和歌山県だけで有名な地方議員一族ですから、「格が違う」と麻生副総理は下に見ているのでは?

    80歳ぐらいになると、判断を誤る政治家(一般人も)は多いです。次期選挙には後進に譲ることを熱望しますよ。

  9. はにわファクトリー より:

    敢えて不謹慎な発言を許していただけるなら、日台接近は「台湾島の不沈空母化」という大きなストーリーの第何番目かのステップに過ぎないと当方は確信しています。

  10. 七味 より:

    すっごく深読みというか、希望的観測だけで読むと、

    >穏やかな雰囲気の中で、実現できることを心から願っている。
    →今はそんな雰囲気にない♪南シナ海での侵略行為とかを中国がやめる事を望んでいる

    >お互いに共通のことを考える国柄となるように切磋琢磨すべき
    →中国は、一党独裁とか人治主義をやめて、普通の民主主義国家になるべき♪そのための協力は惜しまない

    ってことじゃないのでしょうか??

    ・・・・・・まぁ、違いますよね
    (っω<`。)

    1. 農家の三男坊 より:

      七味 様
       ご賢察の通り、二階さんはどちらに転んでも良い様に観測気球を上げたのだと思います。
      歩く姿はヨボヨボでも、利権を確保する執念は大したものです。ただ、菅さんがこれを上手く否定できないのであれば、岸田さんの方がましだったかも。

    2. イーシャ より:

      七味 様
      この可能性 1%。
      中共と媚中派がそこまで追い詰められている可能性 90%。
      残り 9% は察しがたい深い闇。

  11. 農家の三男坊 より:

     他の記事にもコメントしましたが、再度誤字を修正してコメントします。
     菅首相が自民党総裁選で、“「アジア版NATO創設」について「反中包囲網にならざるを得ない」と否定的見解を示した。”ことは少し心配。中国に配慮したかもしれないが日米に隙を作る動きに見える。
     「アジア版NATO創設」は急ぐ必要はないが、この首相指名臨時国会が閉会したら、即座に菅首相は訪米してトランプさんと会談(1時間で良い)し、日米同盟を基軸とした安倍さんのインド太平洋安定化政策の継続を再確認&表明し、日米同盟の盤石さを米中及び世界に示すべきと思う。併せて、茂木さん岸さんも渡米して2+2を開催し、同様に表明すれば、残りの一年間無理に動かず、じっくり世界の情勢を見極めても外交に関しては及第点だろう。米国新大統領決定まで遅れれば、多分外交失格となると思う。

    1. ケロお より:

      >菅首相が自民党総裁選で、“「アジア版NATO創設」について「反中包囲網にならざるを得ない」と否定的見解を示した。”

      菅総理が、日米印豪の「自由で開かれたインド太平洋」を継続する限り反中包囲網にならざるを得ないことに「否定的」なのか疑問です。
      中国が反自由主義で武力を背景にした領土拡大を目論む限りは、自由主義陣営としては反中包囲網は仕方がない、避けられないというニュアンスではないかと。

      1. 農家の三男坊 より:

        ケロお 様
         https://www.sankei.com/politics/news/200912/plt2009120053-n1.html
        菅氏は「敵、味方を作ってしまう恐れがある」と反論。対中外交に関しては「ハイレベルの機会を活用し、主張すべきは主張し、課題を解決していく」と述べた。
         
        をどう読むかですね。胡散臭い石破さんの主張を否定するための方便だけなのか否か。
         尖閣、南シナ海、チベット、ウイグル、香港の人権問題、もっと言えば中国の国家安全法、国防動員法について菅さんが何処まで危機感を持っているか心配なところです。

        1. ケロお より:

          石破の説明が意味不明ですからね。
          >「中国やロシアを排しているわけではない」とし、自由や法の支配など価値観を共有する国々のネットワークだと説明した。
          自由や法の支配で仲間集めたら、中露は敵方になります。意味不明な発言を受けての発言なので、原則論で返してると思います。

          包囲網は作るが交渉の扉は開けられるようにして、米国が単純に敵見方と分けてしまい中国と戦端を開かないように(開いても交渉できるルートを日本は持っておく)、努力していくというくらいでないと、安倍政権の継承にならないですよね。

    2. だいたい溶けてる より:

      農家の三男坊様、

      個人的には「アジア版NATO創設」より「ファイブアイズ」に片足つっこむ方が得だと思っているんですよね。
      アジア版NATOは最終的にWTOやWHOの様に、お金で某国にガッチリ掴まれるのでは無いか?、アジアならウリの出番ニダ!とか出てくるのではないかと懸念してしまいます。
      シックスアイズになる程日本は法整備含めて足りない物が有りすぎると思いますが、片足突っ込むだけで大分プレッシャーは与えられると思います。
      本家NATOもゴタゴタしているようですし、EUよりもファイブアイズ諸国の方が良い付き合いは出来ると思っています(結果どっちもどっちになるかも知れませんが。。。)
      そういう意味だと、駆け足的に英国に恩を売れたのはいいと思っています。

      素人の浅慮で失礼致します。

    3. 頓珍韓 より:

      農家の三男坊 様

      ご心配の件ですが、選挙・マスコミ対策だと思うのです。

      目下、支持率が高い情勢です。
      もし菅さんが「反中国包囲網」に意欲的な姿勢を示したらどうなるか。
      途端にマスコミが足を引っ張りだします。
      長期政権を目指すのであれば解散するまでは噯にも出さない。
      与党には、二階さんもいるし公明党もいるし親中派がそこら中に居ます。
      高い支持率のままタイミングを見て解散。
      選挙に勝つ!絶対的多数をもつこと。
      そして、与党内で選挙に強い総理であることをアピールする。
      二階さん・麻生総理の代から世代交代をする。
      それでこそ、安倍継承をして菅さんの独自色を出せるというものです。

      トランプ大統領とは電話会談で安倍総理と一緒にだいぶやってたんですから、ツーカーでしょう。

      逆に、手堅さを感じて私はすごく安心しています。

      1. 農家の三男坊 より:

        ケロお 様、だいたい溶けてる 様、頓珍韓 様
         仰るように選挙対策・マスコミ対策があるのでしょう。加えて“中国を刺激したくない。”もあると思います。さすがに総選挙後の世代交代までは考えて居ませんでした。
        ただ、安倍政権を継承すると云うのなら“敵を作るからダメ”ではなく、ケロお様の提案に加え、“人権の尊重とその為の自由主義、民主主義及び法の支配をアジア太平洋地域に広げるためには不足で、より良い方策を考えたい”としてほしかった。アジア版NATOは各国のレベルがまちまちなので時期尚早であるし、中国・ロシアを入れるというのでは“目的は何?”と突っ込んでおしまい。クアッドもインドが二の足を踏んでいると思われるので、ファイブアイズに片足を突っ込むのが良い案かもしれませんね。トランプさんとは電話会談をするようですが、きちんと挨拶を交わす前なのでF2Fでなければ選挙で忙しいトランプさんには、翌日には忘れられて終わりでしょう。トランプの大統領選勝利で即座に飛んで行った“外交の安倍さん”との違いと思います。

  12. 簿記3級 より:

    中国共産党に麻酔針を打たれて眠りの二階となって寝言を喋っているだけだと信じたいですね。

    1. はにわファクトリー より:

      簿記3級さま

      麻酔効果のほどは分かりませんよ。パンダの数では上野より勝っているという現実もありますから(半分冗談です)

  13. より:

    菅総理は党三役の経験がなく、派閥にも所属していません。そのため、党内への睨みがイマイチ効かないと考え、二階氏を幹事長に据えたのでしょう。党内に睨みが効いて、かつ泥を被れるだけの貫目のある人物が今の自民党にはあまりいませんから。まずは党内を押さえて安定させることという観点で見れば、頷けない人選ではありません。なので、真っ先に支持を表明した論功行賞として二階氏を続投させたという見方には(皆無ではないでしょうが)あまり与しません。
    どの道、1年後には再び自民党総裁選が行われ、そこで再び役員改選があるでしょう。そこで菅総裁が再選されるかどうかはまだわかりませんが、さすがにそこでは二階氏は交代になると思います。いい加減二階氏の幹事長在任期間も長いので。
    そこでウルトラCとして、安倍晋三氏を幹事長に据えるという手があります。安倍氏であれば十分党内を押さえることができるでしょう。なにより、谷垣氏という前例があるので、元総裁を幹事長とするのは決してあり得ない選択ではありません。菅総裁-安倍幹事長ならば、盤石の態勢を築くことができるでしょう。

  14. めたぼーん より:

    二階氏はそろそろ引退して欲しいものです。一緒に河村氏も。

  15. 匿名希望の平民 より:

    日本にとって、・・・

    中国は、基本的価値観は共有できないけど
        13億人の巨大な商圏と経済的メリット大きいので
        戦略的経済利益は共有したい国。

    韓国は、基本的価値観は共有できない。 
        商圏も中途半端で、20年後は半減するので、
        経済的魅力もまったくなし。
        よって、戦略的経済利益も共有不能

    要するに、韓国は、日本にとって、どうでもよい国ということ。

  16. ぽん より:

    中共のウイグル人弾圧はナチスのユダヤ人迫害を連想させるので中国とは距離を置かないとこの先まずいことになりそうです。

  17. 匿名 より:

    >中国は引っ越しのできない隣人だ。

    引っ越しできるなら引っ越したいぐらい付き合いたくない国とは二階も言うもんですね。

  18. 匿名 より:

    とりあえず、二階の藁人形に釘を打っておきます。

  19. おとら より:

     サイト主は「生徒会くずれ」あるいは子供のような議論を提起しているね。あるいは承知の上でどんなレスがつくのか様子をみているのか。
     その昔、「欧州情勢は複雑怪奇なり」といって辞職した日本の首相がいた。価値観や政治体制が違う国であろうと、意思疎通のパイプをつくっておくことは重要なこと。二階さんはその役をかってでているわけで。
     あまりにも元記事のレベルが低く、これ以上書く必要を感じない。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。