立憲・国民両民主党の合流と安倍総理健康不安説の関係

最近、いくつかのメディアを中心に、「安倍総理健康不安説」がしつこく流されてきます。「毒水を垂れ流すインフラ屋」とも揶揄される日本のメディアには、この手の根拠薄弱な報道が多すぎます。ただ、昨日は国民民主党が分党し、最大野党である立憲民主党への合流などを決めたそうですが、うがった見方をすれば、これらの「安倍健康不安」報道の目的が、合流新党の支持率にゲタを履かせる目的でもあるのかもしれません。

根拠薄弱な「安倍総理健康不安説」がひどい

時事通信などのメディアに、「安倍晋三総理大臣が健康不安を抱えている」などとする観測記事が相次いでいる、とする話題は、昨日の『「安倍健康不安説」を煽るマスコミと韓国の「願望」』で取り上げました。

事実関係をまとめておくと、次のとおりです。

  • 安倍総理は今年1月26日の日曜日から6月20日にかけ、連続で147日間執務した。
  • 安倍総理はまた、8月17日、慶應義塾大学病院(東京都新宿区)に約7時間半滞在した。
  • 安倍総理は6月14日に人間ドックを受診したばかりだった

事実としてわかっているのは、だいたいこの3点でしょう。

これに、「8月4日に発売された写真週刊誌『FLASH』が『安倍総理が7月6日に執務室で吐血した』などとする説を報じた」、「甘利明・自民党政調会長が8月16日のテレビ番組で、『総理にちょっと休んでもらいたい』と発言した」、といった周辺情報もあります。

しかしながら、これだけの情報をもとに、安倍総理の「健康不安説」を流布するのも、若干無理があります。あまりにも証拠が少なすぎるからです。

それなのに、時事通信は8月17日付でこんな記事を配信しました。

安倍首相、健康不安説が再燃 病院で検査、政局影響も

―――2020年08月17日22時46分付 時事通信より

時事通信は「政界に健康不安説が広まった」などと断じているのですが、時事通信がいう「政界」とは、いったい誰と誰と誰のことなのでしょうか?

マスメディアは「毒水垂れ流すインフラ屋」?

ちなみに、日本のマスメディアは、ときとして自分たち自身を「政界」「政府関係者」に含めることがあるようです。要するに、メディア関係者として国会内や霞が関などに出入りするうちに、自分たち自身もその関係者だと勘違いしてしまうのでしょう。

もっと言えば、この「健康不安説」が広がっているのは、「国会議員」ではなく「マスコミ記者」のあいだではないでしょうか。もしそうだとしたら、この記事などまさに、時事通信も共同通信と同じく「毒水を垂れ流すインフラ屋」だと批判されても仕方がないでしょう。

(※「毒水を垂れ流すインフラ屋」とは、本来ならば客観性・中立性が求められるはずの記事に、記者の主観ないし願望がふんだんに盛り込まれているという状況をさす表現です。時事通信や共同通信は全国の地方紙などに記事を配信しているため、インフラ屋が毒水を垂れ流しているのと同じ、というわけです。)

時事通信「病状深刻」

こうしたなか、さらに面妖なのが、次の記事です。

安倍首相、「病状深刻」見方強まる 公務復帰も入院促す声

―――2020年08月19日17時27分付 時事通信より

記事の冒頭が、これです。

安倍晋三首相の健康状態をめぐり、持病の潰瘍性大腸炎が深刻化しているとの見方が19日、政府・与党内で強まった」。(※下線は引用者による加工)

ここまで主語と述語の関係、あるいは事実関係の記載がめちゃくちゃな記事も凄いですね。

「政府・与党内」がいったい誰と誰と誰を指しているのか、また、「持病が深刻化している」とはどういう状況を指すのか、冷静に考えると、疑問点は山ほど浮かび上がってきます。

また、時事通信は安倍総理が慶應義塾大学病院に7時間半滞在したことを「長時間の検査を受けており」、「自民党幹部は『症状は相当重いようだ』と指摘」、「体調回復を促す声も出ている」などとしているのですが、ここまで主語がまったく出てきません。

もちろん、安倍総理の体調を巡っては、たしかに情報が少なく、不安は払拭できません。

ただし、それを言い出せば、「健康不安を隠している」という可能性は、誰にだってあります。それこそ、ドナルド・J・トランプ米大統領、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席、文在寅(ウェン・ツァイイン)韓国大統領らにも等しく当てはまる話です。

私たち有権者にとって必要なことは、安倍政権が行っているさまざまな政策を冷静に見極め、次の選挙に生かすことであり、時事通信というわけのわからないメディアが流布する「安倍総理の健康不安説」なる風説に惑わされることではありません。

狙いは「自民党惨敗」?

ただ、時事通信を含めたいくつかのメディアが、最近、しきりに安倍総理の健康不安説を流している狙いは、正攻法では野党が絶対に勝てない選挙で、野党に「ゲタを履かせる」ことにあるのではないか、と思うようになりました。

そう思う根拠のひとつが、昨日報じられた、国民民主党の立憲民主党への合流です(ここでは参考情報のひとつとして、日経電子版の下記記事を紹介しておきます)。

国民民主、立民との合流決定 過半議員が合流新党へ

国民民主党は19日、都内ホテルで両院議員総会を開いた。同党を解党し立憲民主党と合流新党を結成するとの執行部提案を賛成多数で決めた。<<…続きを読む>>
―――2020/8/19 19:38付 日本経済新聞電子版より

すでにメディアに報じられているとおり、国民民主党は昨日の両院議員総会で、同党を解党したうえで立憲民主党との合流新党を結成するとの提案を可決しました。これについて日経は「合流新党には衆参両院の所属議員62人の過半が参加するとみられる」と述べています。

だからこそ、時事通信などのメディアは、近いうちに衆院の解散総選挙が見込まれることを踏まえ、安倍総理の健康不安説をことさらに強調することで、「合流新党」に対する人々への期待感を高めさせる、という魂胆が見え見えなのです。

ゴミ箱が大きくなっただけ

ちなみに『「ゴミ分離し立憲民主党に捨てる」ような玉木氏の決断』などでも議論したとおり、「政策中心の政党を結成する」という玉木氏の決断については、個人的には歓迎したいと思います(それが評価できるかどうかは中身を見ないと何とも判断できませんが…)。

そして、もしかりに、今回の決定によって国民民主党の「人罪」が、より大きくより腐敗した「人罪」が集まる立憲民主党側にゴソッと移籍するならば、私たち有権者にとっては、非常にスッキリわかりやすくなることはまちがいありません。

少し失礼な言い方ですが、今回の合流新党は、「立憲民主党」という「ゴミ箱」がさらに大きくなるだけの話だと思います。時事通信の最新世論調査でも、立憲民主党の支持率は、自民党には遠く及びません。

内閣支持32%、過去最低目前 コロナ対応「評価せず」6割―時事世論調査

時事通信が行った8月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比2.4ポイント減の32.7%、不支持率は同2ポイント増の48.2%だった。<<…続きを読む>>
―――2020年08月14日19時27分付 時事通信より

リンク先記事に掲載されている政党支持率については、自民党は最大野党・立憲民主党の7倍という指示を集めており、かつ、全野党を足しても自民党には遠く及びません(※余談ですが、NHKから国民を守る党がゼロ%というのも興味深いところですね)。

  • 自民党…24.2%
  • 立憲民主党…3.5%
  • 公明党…3.3%
  • 共産党…1.6%
  • 日本維新の会…1.5%
  • 国民民主党…0.6%
  • れいわ新選組…0.6%
  • 社民党…0.5%
  • NHKから国民を守る党…0%
  • いずれにせよ、国民民主党が「金庫」を守りつつ、人罪をうまく立憲民主党になすり付けるのに成功すれば、それはそれで玉木氏もなかなかの策士だ、という言い方ができるのかもしれません。今後の展開には要注目です。

これに関連して、たとえば『「速やかに回答せよ」立憲民主党の高圧的で無礼な提案』などでは、まことに僭越ながら、末尾に「政党名大喜利」と称して、次のとおり、謹んで新党名の提案をさせていただいた次第です。

オマケ:政党名大喜利

本稿の「オマケ」は、大好評・合流政党の名称案です。

  • 残党
  • 民主党
  • 旧民主党
  • 共に民主党
  • 新党もりかけ
  • やっぱり民主党
  • 帰ってきた民主党
  • 立憲国民野合民主党
  • 新党コロナよりさくら
  • 議員としての生活が一番
  • 新党#宇都宮の#ギョーザ
  • 民主民進希望立憲国民民主党
  • 枝野幸男と福山哲郎と仲魔たち

また、これら以外にも、読者の皆さまからは「元祖民主党」だの、「どうせ民主党」だの、ハッシュタグ(#)を付して「#民主党」だの、果ては「悪夢の民主党」だのといった心ない(笑)提案が相次ぐなど、私たち一般国民のレベルとしては、生温かく見守ろうという機運が生じている気がします。

読者コメント一覧

  1. プラズマクラスター より:

    健康不安を煽るのは、野党に「ゲタを履かせる」ということもあるかもしれませんが、やつらはそこまで頭など回らんでしょう。

    まずは安倍総理に「健康不安が取り沙汰されているが私は大丈夫です」といったような会見を開かせる、面前に晒すということが真の狙いではないかと。

  2. 心配性のおばさん より:

    現在の日本のメディアには取材能力が無いのでは?

    そのほとんどが、海外のそれも中韓あたりからの願望記事のコピーです。裏を取ることすらできていません。

    そして、それに乗っかっている野党議員にも議員としての調査能力がありません。あら、それ以前に日本語の能力がありませんね。彼らはどこの国の方かしら(笑)。

  3. 簿記3級 より:

    立憲が国会で総理に健康不安について説明を求めるそうですね。
    時間の無駄ですので立憲と国民が統合して一番、喜んでいるであろう田原総一朗氏にでも尋ねておけと思いました。

    1. だんな より:

      簿記3級さま
      立憲が国会で総理に健康不安について説明を求めるそうですね。
      >ハラスメントだと思いますけどね。

      1. 簿記3級 より:

        だんな様
        嫌がらせ大好き。反安倍のエサがあったら飛びつかずにはいられない習性が出てしまったんでしょうね。

    2. 酒が弱い九州男児 より:

      簿記3級様

      > 立憲が国会で総理に健康不安について説明を求めるそうですね。

      一国の首相の健康状態、病歴などは、個人情報保護の観点からももちろんですが、安全保障の観点からもトップシークレットのような気もします。

      どうなんでしょう。

      1. 酔いどれ天使 より:

        トップシークレット、まさにその通りで、ゴ○ゴ13にも
        各国トップの健康情報を集めて東側に売ろうとする話が
        あります。

        個人情報とかプライバシーという次元ではないのです。
        当然、利益になるよう「それに備えた準備」を
        するわけですから。

        首相の健康状況を公開しろなどと抜かすのは
        インテリジェンスをわかっていない阿呆なのか売国奴の
        いづれかでしょう。

        1. 酒が弱い九州男児 より:

          > トップシークレット、まさにその通り
          ですよね。

          > インテリジェンスをわかっていない阿呆なのか売国奴のいづれかでしょう。
          両方じゃないですかね(笑)

          それを嬉々として伝えるマスコミに恐怖すら感じます。。。

      2. 簿記3級 より:

        酒が弱い九州男児さま
        エアフォースワンには大統領専用のオマルが付けられているそうですし。(トランプは潔癖症過ぎてトランプタワー以外でトイレしないそうですが)
        大統領に限らず天皇陛下や金正恩も健康状態をむやみやたらと公開されないように海外を訪問する際は大作を立てていると聞きます。野党は何を知りたいんでしょうね。

        1. 酒が弱い九州男児 より:

          > エアフォースワンには大統領専用のオマルが付けられているそうですし
          そうなんですか!知りませんでしたw

          > 野党は何を知りたいんでしょうね。
          恐らく「体調が悪いなら早くやめるニダ」って言いたいんだと思います。

  4. 匿名 より:

    合流で10年前の民主党に戻ると。
    また政権交代できると良いですね。
    安倍政権が続くのは悪夢ですもんね。
    もし交代できたら
    悪化していた日韓関係を良好にする為にスワップでも結ぼうか。
    沖縄から米軍に出て行ってもらおう。
    安倍政権で壊されたものを元に戻そう。

    素晴らしいプロパガンダ。

    1. だんな より:

      だれかの心の声なんだと思いますね。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    国民民主党の安住氏とか、いったいなんて失礼な事を放言するんだろう?アレだけ148日間も休まさずに働くように仕向けていたくせに、私が待合室のテレビチラ見で、「安倍総理には健康に問題無いと国民に説明するべきである」(怒り!)とヌカしていた。

    安倍総理をことさら「病人扱い」にして、3日で出て来たらクレームを付ける。「体調は万全では無いはずだ」もういいから、他人の世話やかず、国政に参画しなさい!

    国民民主党が吸収されるストーリーでしょうが、中には玉木代表や前原誠司元民進党代表や古川元久愛知県連会長、そして山尾志桜里衆議院議員などは合流しない。

    参議院議員も合流しない議員が居るそうで、そこらが改憲、消費税低減もしくは廃止に歩調を合わせてくれたら、面白くなると思います。アッ公明党は、、、要らんかな、、(小笑)。

  6. 匿名 より:

    国会で総理の健康不安説を質そうとする議員の皆さんは、令和新選組所属で介助なしでは自らの意思を表明することさえ困難な議員のことをどのように考えるのでありましょうか。

    1. 東京カモノハシ倶楽部 より:

      匿名様
      ごもっともです。
      野党の原口議員もたしか難病を抱えていたのでは。安倍総理はちゃんと病気に関する応援のメッセージを送っていますよね。
      病気を理由に騒ぐ野党が本気で病気で困っている人のための政策を打ち出すとは思えません。

    2. 東京カモノハシ倶楽部 より:

      匿名様
      医療関係でいえば、公明党はワクチン政策には熱心です。政策を評価するという点では、ここだけは評価しています。ほかはうーん、ですが。
      繰り返しになりますが、福祉政策を語る資格があるのか、野党、と思っています。

  7. 心配性のおばさん より:

    北朝鮮とは別の意味で、安倍総理の影武者が欲しい。

    本物の総理がオバカさんの相手でお疲れにならないようアンドロイドで構わないわ(笑)。

    というか、国民の多くが心配してハラハラしているなかで、総理の仕事をじゃまするだけの野党の質問て、これって「公務執行妨害」とかになりませんの(怒)。

  8. 自転車の修理ばかりしている より:

    安倍首相が病休となったら、麻生総理代理ですかね。マスコミのスポンサーたる中韓にとっては余計まずい事態になりそうですが、それはいいんでしょうか?

    新党名ですが、あの頃が「悪夢」ではないと強弁するのでしたら、やはり基本に返って「民主党」でいいのではないですか。え、有権者からのイメージが悪すぎるだと?鳩山・菅元首相に謝れ!心からの謝罪と継続的賠償と永遠の贖罪を命じる!

  9. ケロお より:

    >少し失礼な言い方ですが、今回の合流新党は、「立憲民主党」という「ゴミ箱」がさらに大きくなるだけの話だと思います。

    ゴミ自らが、ゴミの分別のためにゴミ箱をリニューアルしてるように見えて、非常に微笑ましく感じているのは私だけですかね。
    今までの分別の仕方ではよろしくないと、ゴミの分際で自覚したのですよ(←失礼)。

    ゴミの分別と、首相の健康疑念説がリンクしているとはあんまり考えなかったなあ。
    モリカケ桜が不発だから次のネタ、って感じで「逆に政権は安泰だな」くらいに感じてました。

    1. 匿名 より:

      上手い。
      民主党なだけに、仕分けは得意という事ですね。

  10. 老害 より:

    「帰ってくるな民主党」って、どこかに書いてあったような。

    1. 心配性のおばさん より:

      老害様  

      >「帰ってくるな民主党」って、どこかに書いてあったような。

      それも言うなら「帰ってくれ民主党」(爆笑)じゃありません?
      政党名で遊ぶのは品が無いとは存じますが、あの人たち誘うんですもの(笑)。

  11. 門外漢 より:

    エダノが「自民にとって代わる新しい野党を作る」みたいなことを言ってました。
    「新しい野党?!」と、思わず突っ込んでしまいましたww

  12. 匿名@ より:

    野党援護というのは、少し飛躍している印象を受けますが、彼らのいままでの行動から、そのように見えてしまうという点で納得できる部分があります。

    ですが、会計士様がご指摘の通り、最大野党の立憲ですら支持率が3.5%しかありません。
    100人集まったら、3人しか居ないというレベルで、圧倒的な少数といっても良い数字です。
    率で言えば消費税の10%にも及びません。
    マスコミが安倍政権の足を引っ張ったとしても、消費税と違って、3%から10%になる事はありませんw

    消費税も、立憲のレベルまで落ちてくれないかなー。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。