韓国の保守派「韓日の未来には日本の真の反省が必要」

本日のショートメモです。先ほどの『文在寅氏の「8・15演説」と韓国に待つ真っ暗な未来』で論じ足りなかった部分を補足しておきたいと思います。韓国の「用日派」とでもいえばよいのでしょうか、保守的な政党の関係者が昨日、「未来志向的な韓日関係のために日本の真心こもった変化を期待する」などと発言したそうです。

用日派?反日派?

先ほどの『文在寅氏の「8・15演説」と韓国に待つ真っ暗な未来』では、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の演説をベースに、韓国の未来について議論してみました。

https://shinjukuacc.com/20200816-01/

その際、末尾で「この文在寅氏の演説を、韓国内で別の立場の者が騙っている内容と対比させると、韓国の未来が非常に鋭く浮かび上がってくる」と申し上げたのですが、その趣旨は、当ウェブサイトが考える韓国国内の政治的な立場にあります。

非常にざっくりした分け方ですが、韓国国内には「左派(あるいは親北派)」と「右派(あるいは保守派)」がいて、それぞれの政治的立場は、次のようなイメージだと思います。

  • 左派・親北派…親北・親中・反日・反米
  • 右派・保守派…反北・恐中・親米・用日

ここで、「左派」「右派」はあくまでも当ウェブサイトで便宜的に決めた勝手な呼び方ですが、ポイントは、韓国に親日派と反中派が存在しない、という点にあります。

まず、気を付けなければならないのは、韓国の「右派」(あるいは「保守派」)の対日スタンスは、「親日」ではなく「用日」、つまり「日本のことは都合よく使い倒してやれ」、という考え方を取ります。また、中国に対しては絶対に逆らわない(あるいは「逆らえない」)ため、ここでは「恐中」と称しています。

これに対し、現在の大統領である文在寅氏を含めた「左派」は、基本的に反日ですが、それよりも「親北+反米」が前面に出てきます。日本は米国とセットで反撃すべき相手だ、というわけですね。

もちろん、ここに示した図式はステレオタイプであり、このとおりに当てはまらないケースも多々あるのですが、とりあえず上記のような「左右対立」を想定しておけば、韓国の政治シーンはだいたいうまく説明がつくのです。

日本の対韓配慮論者こそが国益を損ねてきた

では、日本にとって都合が良いのは、右派、左派のいずれでしょうか。

この点、従来の日本外交では、「朝鮮半島生命線説」とでもいえばよいのか、「何があっても絶対に韓国を中国や北朝鮮の側に行かせるべきではない」という考え方がありました。この「朝鮮半島生命線説」の信者にとっては、間違いなく右派の方が都合が良かったのではないでしょうか。

これこそ、当ウェブサイトでときどき説明する、「日韓両国には過去の一時期に不幸な歴史もあったことを踏まえ、日本がある程度、韓国に配慮することで、名よりも実を取ることを目指すべきだ」などとする「対韓配慮論」の考え方でしょう。

対韓配慮論を信奉していたのは、おもに自民党の親韓派議員や外務省のコリア・スクール、あるいは一部の経団連企業のサラリーマン経営者らであり、一時期は彼らが日本でも大きな力を保持していました。

だからこそ、韓国がわけのわからない歴史問題を捏造してきたときにも、日本は韓国に対して意味不明な譲歩を繰り返してきたのだと思いますし、韓国側も「歴史問題を捏造すれば日本は引く」とタカを括っているフシがあるのだと思います。

これに対し、左派の方は純粋な反日であり、(現在の文在寅政権がそうしているように)後先を考えずに日韓関係を破壊するような行動を取るため、日本の「朝鮮半島生命線説」を取る論者にとっては、非常に都合が悪かったのでしょう。

もっとも、当ウェブサイト的に申し上げれば、下手な用日派よりも、いっそのこと純粋な反日派が政権を取ってくれていた方が、むしろ日本全体が韓国を警戒するようになるのに加え、日本国内の「対韓配慮論者」を炙り出して駆除できるという効果があります。

その意味では、皮肉ですが、個人的には左派の方が本当の意味での「親日派」なのかもしれませんね。

用日派「日本は反省し謝罪せよ」

さて、こうしたなか、昨日は韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、こんな記事が出ていました。

韓国未来統合党、光復節迎え「日本の真の反省あってこそ相互繁栄の塔も築くことができる」

韓国野党「未来統合党」は第75周年8・15光復節(解放記念日)を迎えて「未来志向的な韓日関係のために日本の真心こもった変化を期待する」と明らかにした。<<…続きを読む>>
―――2020.08.15 12:29付 中央日報日本語版より

全力で過去をもとに日本を批判しているくせに、「未来志向」とは笑わせますが、これこそ、ある意味では典型的な「用日派」の意見でしょう。この「用日派」の意見とは、要するに、日本が謝罪することでしか日韓関係がうまく回らない、ということでもあります。

ちなみにツッコミどころはいくつもあるのですが、そのひとつが、同党の報道官が15日に出したとされる、次の論評です。

日本とは慰安婦問題、大法院(最高裁)の強制動員賠償判決、輸出規制と経済報復、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)終了など、依然として葛藤が続いている現実

まったくお話になりません。

どれもすべて一方的に、韓国が作り出した問題だからです。

ただ、私たち日本国民が警戒しないといけないのは、韓国国内のこうした用日派のご都合主義的な主張ではありません。日本国内の対韓配慮論者です。

その意味では、私たち日本国民がこうやって韓国の政治家によるわけのわからない主張を批判的に監視するだけでも、けっこう意義があるものなのかもしれませんね。

読者コメント一覧

  1. わんわん より:

     いつも余談で申し訳ない

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200816-00050033-yom-soci

     侵略する気満々です

    1. わんわん より:

       やらかした
       https://www.yomiuri.co.jp/national/20200816-OYT1T50033/
       どうかな?

      1. だんな より:

        わんわんさま
        場所は多分「日韓大陸棚協定」の辺りだと思います。
        https://ja.m.wikipedia.org/wiki/日韓大陸棚協定

      2. わんわん より:

         戦後(大東亜戦争)日本を侵略したのがソ連(現ロシア)と韓国
         そのバカ侵略国家がこれまた侵略国家の代表の宗主国を猿真似して「日本」のEEZ内で無断調査を行う
         隙あらば侵略する気満々
        韓国・北朝鮮・中国からの侵略対策は「喫緊」の課題

  2. タナカ珈琲 より:

    ワタシは日本の中道左派としての提言デス。
    日韓の未来には韓国保守派、中道派、左翼の真の反省、真心の謝罪と賠償が必要デス。

    追記です。
    ハゲ親父様、老害様他に追加する言葉が有るでしょうか?

    1. 老害 より:

      タナカ珈琲 さま

      普通の国なら、極道にも謝罪させることが必要ですが、なにせ相手は半島国家です。
      「真の反省、真心の謝罪と賠償」なんて、その場しのぎの口から出まかせでしょう。
      温厚な人間で表向き通している、この私も、そろそろ棒で叩きたくなります。

    2. 町戸松庵 より:

      タナカ珈琲 様、

      私は韓国の思考回路がもっと根本的な処から理解出来ません。

      悪事を働いた当事者が自主責任に置いて行った自らの犯罪について謝罪するのは順当ですが、その犯罪当時に生まれてもいなかった子供・孫・ひ孫、或いは同じ市町村、県、地方、国家に住んでいると言う理由だけで、同じく当事者でない、その犯罪当時に生まれてもいなかった「被害者」当事者では無い子供・孫・ひ孫、或いは同じ市町村、県、地方、国家に住んでいる人々に「謝罪を永遠に続けなければいけないとする考え方は滅茶苦茶な煽情的未開人のゴミ感情に過ぎないと思います。

      (未開人の皆様ごめん。)

      1. はぐれ鳥 より:

        「罪人の子は罪人」というのは、未開というか、中国・半島のような血縁・地縁社会の伝統的な考え方だと思います。つまりこのような社会では、先祖・先輩の功績で子孫・後輩が生まれつき優位な地位に立てる反面、先祖・先輩が悪事を働けば子孫・後輩にはその人生においてハンディが付きまとうということです。このような考え方は、日本でもまだ少し残っているとは思いますが、それでも仏教の輪廻思想や近代啓蒙思想の影響で、大分希薄になっていますね。ところが半島では、今なお血縁・地縁社会が継続していることもあり、この考え方がまだまだ根強いのだと思います。

        で、この負の連鎖を断ち切る方法にはどうするか?①しがらみを断ち切れる程度の遠い場所に移住する、②社会全体がこのような考え方から抜け出る、③反乱を起こし罪人の子が社会の主人公になる、くらいでしょう。①は不可能ですから、②か③ですが、②は韓国人の変化を待つ方策でいつ成就するか分かりません。残るは、日本人が韓国人に対し「反乱」を起こし彼らの主人公になるという、少々荒っぽい方法です。可能かどうか分かりませんが。

  3. 阿野煮鱒 より:

    > 真の『反省』という磐石が用意されてこそ相互繁栄という塔も築くことができる

    聞き飽きた台詞、カビの生えた台詞です。もはや日本には通用しないとわかっていても、国内向けには言い続けないといけないのでしょう。

    「盤石」の意味は、もちろん上下関係の固定化のことで、日本人が考えるような、和解の儀式を通じて何もかも水に流すことではありません。

    日本が永遠の土下座をしたら「相互繁栄」が可能という論建ては矛盾です。貢げといっているだけです。狡猾な修辞ですね。

    > 韓日関係、そろそろ未来に進まなければならない

    そのためには、韓国のいうところの韓日葛藤は、全て日本が「真の反省」することを通じて問題解決してみせろ、ということですね。「お互いに」
    ですらない、全面依存です。

    1. ちかの より:

      阿野煮鱒様
      同感、です。
      アチラの言う「お互いに」「相互」などという言葉は、欺瞞に満ち満ちていると思います。

    2. はにわファクトリー より:

      口寒い言葉というものがあります。「未来志向」がそのひとつ。古典的な寒いオヤジギャグです。政治用語として広く使われてもいるようです。類似のものに「ナウいヤングにバカ受け」がありますが等しく寒風の吹く冷房効果があります。しらけ鳥が南の空へ飛んだり、その言葉を耳にしたものすべてを石化しお地蔵さまのように固めてしまうこともあります。うかつな若輩者は「未来志向でウィンウィン」などと営業トークを放つことがいまだあるようですが、賢明なるお客は冷たい笑いを無表情の裏に隠して発言者が野ツボにハマるのを注視していたりもします。

  4. だんな より:

    過去は「歴史問題を捏造すれば日本は引く」でしたね。
    そこで未来志向の合意を何度もして来たのに、真の反省=永遠の謝罪、を要求しているだけですね。
    この概念は、今生きてる世代で変わる事無く、韓国人に共有されていると思います。
    昔はね、韓国がもう少し分かりにくい言い方をしていたんですが、最近分かりやすくなったと思います。最近知韓を始めた人でも、何故を考える前に結論がわかるんじゃないかな。
    側から見れば、韓国社会が、反日をコントロール出来無くなり、また反日を競う事で、上下階層を上に行こうとする、韓国国内の争い事を解決しようと、矛先を日本に向けているという事です。
    絶滅すると思っていた、保守野党の支持率が上がって来ましたが、今更上がっても、国会議員の数は、変わりません。文大統領向けのデモの規模が、大きくなって来ていますので、それを抑え込もうとした時に、韓国人同士の大きな衝突を期待します。
    また、ポッポや眉毛の長いお爺さんに代表される、「対韓配慮論者」=「良心的日本人」となります。中韓を特別扱いする時代は、終わりつつあると思います。
    引き継ぎ「良心的日本人」である方は、「日本の国益を損なう日本人」ですが、=「国賊」「非国民」とまではならない国なんでしょうね。

  5. はぐれ鳥 より:

    このブログで言及がないのが不思議ですが、下のような意見はどう評価すべきなんですか?
    安倍首相自ら、韓国世論に対して日本の正当性を訴えかけるべし!との主張で、素人目にはマットーな意見のように思えるのですが・・・・
    ニュースウィーク日本語版、8月13日掲載
    「瀬戸際の元徴用工問題、日本は自らの解決の道を閉ざすな」by木村幹 神戸大大学院教授
    https://www.newsweekjapan.jp/kankimura/2020/08/post-14.php

    1. 悪徳銀行員 より:

      Yahoo! でもあがってましたので、私は次のとおりコメント入れました。

      冗長な文章で、後半は読むのも辛かったです。
      安倍首相が韓国民に向け「正義は我に有り」メッセージを発信、それに感化された民衆が韓国政府を動かすシナリオ…ですか(笑)
      それって何にでも使えますね。例えば中国であれば、安倍首相が「尖閣諸島は我が国固有の領土である正当性」メッセージを発信し、それに感化された民衆が中国政府を動かしてくれるわけだ(笑)
      なんだこりゃ、寝言は寝てから言いましょう。

      1. はぐれ鳥 より:

        悪徳銀行員さま
        レス有難うございます。
        このような意見も、巧妙に姿を粉飾した「対韓配慮論」の一つという訳ですか・・・・

    2. パーヨクのエ作員 より:

      優良な記事の紹介ありがとうございます。
      引用記事の一部ですが、以下の危険性をきちんと認識せず安易な妥協を行ってお金を一円でも払うと日本は前例にしたがって天文学的な慰謝料を支払うことを要求されるおそれがありますね。

      >ある韓国人研究者の言葉を借りれば、この判決により理屈上「5000万人以上の韓国人全員が慰謝料請求権を持っている」と言っても良い状況が生まれており、仮に韓国政府がこの状況を放置し続ければ、影響を受ける範囲は際限なく拡大する

      1. はぐれ鳥 より:

        とにかく、韓国大法院の判決は、二重の意味で法外(法に外れ、常識にも外れ)なものです。日本としては、かの如き主張に対してはゼロ回答するしかない訳です。というより、日本としては、請求権協定の精神を踏みにじる悪意ある訴えとして、「讒訴・誣告の罪」で反訴するくらいの強硬姿勢を示したい処ですけどね。何とも、もどかしいです。

    3. だんな より:

      はぐれ鳥さま
      色々考えは、有ると思います。
      韓国人が、正論(例えば反日種族主義)を言っても、親日派として弾圧されますし、その様(親日的な)な意見を法律で禁止しようといている国です。
      韓国が考える、日本の嫌韓の大将は、安倍首相ですので、何を言おうと「歴史認識を正せ」とか「謝罪しる」と言われるのが、関の山だと思います。
      韓国が考える解決は、永遠の謝罪ですから、解決しろという話をする人は、基本的に「良心的日本人」に分類されると思います。

      1. はぐれ鳥 より:

        だんな様
        そういうことですか・・・・現在の日韓関係は、事実上「日本人が韓国人に、是々非々を論じても通じない」状態ですから、この状況下で、懸案解決とか関係改善を主張するということは、暗に日本の譲歩を要求するのと変わらないということですね。良く分かりました。日本国内には、このように一見もっともらしい主張掲げる人が多すぎ、私などは、ついつい惑わされそうになってしまいます。(笑)

    4. 七味 より:

      はぐれ鳥 様

      興味深い記事をご紹介いただきありがとうございます

      自称元徴用工判決を放置すべきではないとの意見には、一理あるようにも思えます♪
      ただ、その方策について、端的には、韓国国民に対して「自らの正しさを示してみろ」と煽ることにより、韓国政府を議論の場に引きずり出す、というものかと理解いたしました♪

      見出しの「日本政府は韓国国民の理解を求めよ」という部分が目に入ったときには、「韓国国民に対して日本の正当性を理解させることで、韓国政府を動かす」という内容なのかな?って思ったけど、読んでみると、著者の木村先生ご自身もそんなことは考えていないご様子でした♪

      そうすると、韓国自身の変化は期待していないのだから、力づくで変化させるか、諦めて関係を断つかしかない訳で、木村先生ご自身の主張は、「国際社会に訴えて韓国を変える」というもので、広くは前者に含まれるようなものと思うのです♪

      ところが、「韓国世論を煽るなりして韓国を引きずり出す」という一歩前のところで具体的な話は終わっていて、肝心の国際社会に訴えるという部分がおろそかになっているように感じるのです♪
      その上、木村先生は国際社会の前に引っ張りだせば、日本が勝つと思っているからこそ、「パブリック・ディプロマシーの方が遥かに大きな影響があり、何よりも我々が失うものが遥かに小さくなる」なんて言ってるんだと思うのです。でも、あたしなんかは、情報戦に関しては韓国の方が一枚も二枚も上手だし、何よりも反日では一致団結する分、むしろ負ける危険性もそれなりに高いんだと思うのです♪

      まぁ、長々と書いたけど、ひとつの考え方としてはアリだと思うのですが、国際社会からの協力を得るために我が国自身が何をすべきかというところに、ちょっと物足りなさを感じたのです♪

      駄文失礼いたしました (゜゜)(。。)ペコッ

      1. はぐれ鳥 より:

        七味さま
        レス有難うございます。

        貴方コメントを読んでまた迷いが生じてきました。

        日本政府がそのような国際情報戦に撃って出ないのは、確かに、その方面における日本政府の能力が劣勢だからということは有り得ますね。日本政府にはCIAだとかKGBのような情報機関は無いし、外務省・大使館もろくに仕事していないという噂だし。世界中に散っている日本人・日系人も中国・韓国人のようには祖国に対する忠誠心を持っているようには見えないし。そして仮にそんな実態があったとしても、日本政府はそんなことは認めるはずがないから、国民にはそのあたりが良く見えない、という可能性はありますよね。

        で、木村教授のような日韓関係の専門家であれば、その辺りの実情は熟知しているはずで、もっと具体的な献策があっても良いはずです。しかしそれが無く、隔靴掻痒の感のある提言しかできないということは、そこには、我々一般日本人には知り得ない「闇」があるという想像もできますね。う~ん、この問題も単純にはいかないのかなぁ・・・・分からなくなってきました.

        1. 七味 より:

          はぐれ鳥 様

          返信ありがとうございました♪

          あたしのは、なんの裏付けもない想像だから、単なる杞憂かもなのです♪ もしかしたら木村先生とか専門家の方には、日本の勝ちが見えてるのかもですしね♪

          ただ、なんとなくだけど、韓国を引っ張りだす→国際社会を味方につけるというのは、順番が逆で、「煽る」って戦術を取るなら、国際社会を味方につけて勝ちを確定させてからにすべきだと思うのです♪

          1. クロワッサン より:

            七味 さん

            NZで韓国の伝統芸である『性的暴行』を行なった外交官を匿う韓国政府に対し、

            NZの外務大臣だかが『自分が無罪だというのならこっちに来て釈明しろよ、このクズがwww』って煽ってたのを思い出しましたw

    5. 簿記3級 より:

      煽りという高等戦術は安倍さんの性格的に不向きかと。(切れ味、悪そう)
      煽りは麻生さんに任せて。安倍さんには安倍さんの強みを生かした外交を。
      お行儀のいい外交だけでなく、たまには煽ったり舌戦を繰り広げたりしたら日本の外交の幅が広がりそうですね。

    6. クロワッサン より:

      はぐれ鳥 さん

      木村幹教授の寄稿で気になったところがあります。

      >短期ビザ免除の停止は、韓国側よりも寧ろ日本側観光業にダメージの大きい施策であり、ただでさえ新型コロナ禍により深刻な状況に直面している同業種に致命的な打撃を与えかねない。2017年には700万人を超えた韓国人観光客が大きく減少すれば、その影響はコロナ以後の観光業にとって極めて大きなものとなる。そもそも新型コロナ禍により、現実の人々の動きは既に止まっており、これにより新たな状況が生じる訳ではなく、それにより韓国に具体的な影響がある訳がない。寧ろ結果として、コロナ以後に韓国から海外に向かう観光客が他国へと足を向ける結果になるのは目に見えている。

      お金の消費額が少ない韓国人相手の薄利多売状態を続けてもジリ貧なんじゃないかと。
      しかも、対馬で韓国人お断りの店が出たりする程に韓国人観光客は低質ですし。

      >他方、追加関税の導入をはじめとする貿易に関わる措置は、それが元徴用工問題に関わる報復措置である事が明らかな形で安易に実施された場合には、WTOのルール違反となってしまう可能性が高い。そもそも昨年7月、韓国との関係が悪化する中、日本政府が自らの措置を「安全保障上の理由による輸出管理措置」という形で行ったのも、一面では、これによりWTOのルールに抵触しない形を作る為だった。現在の国際社会では自由貿易体制を維持する為に様々なルールが作られており、だからこそ歴史認識問題という、経済とは全く異なる次元にある問題を理由に、一方的な対抗措置を取る事は極めて難しい。

      『そもそも昨年7月、韓国との関係が悪化する中、日本政府が自らの措置を「安全保障上の理由による輸出管理措置」という形で行ったのも、』という部分から、木村幹教授は『韓国の輸出管理違反はホワイト国から除外されるようなレベルの違反ではない』という認識なのではないか?と。

      >日本側も韓国側も、自らの力単独ではこの問題を解決する能力を有しておらず、また双方の司法の判断が分かれ、国民間の反発が高まる中、妥協する意思をも持っていない。だとすれば、できる事はただ一つ、国際社会を利用して、この問題に明確な決着をつける事だ。日韓両国の植民地支配等に関わる財産権の処分を決めた請求権協定では、その第三条において、両国において同協定を巡る対立が生じた場合、まず外交的な手段を以てその解決を試み、更にこの外交的な手段で解決ができなかった場合には、仲裁委員会を設置してこれを解決する事を定めている。だから、とりあえずは、これを徹底的に使えばいいという事になる。
      >そして重要な事がある。それはこの点については、韓国側に明確な瑕疵が存在する事だ。

      韓国の国内問題に過ぎない以上、日本側が問題解決能力を有していないのは『当然』。
      韓国側は問題解決能力を有していないのではなく、有してはいるが嘘捏造歪曲妄想だらけの『正しい歴史認識』で身動きが取れず、解決から逃げているだけ。
      つまり、『韓国は頭が悪過ぎる』という事。

      1. はぐれ鳥 より:

        クロワッサン様
        レス有難うございます。
        私などには、日本として、今何が最善手かは判断付きません。この木村教授のような意見の益/害も、依然良く分かりません。ただ韓国に対してだけは、とにかく毅然とした態度で臨んで欲しいと思ってます。中途半端な妥協だけは避けて欲しいです。韓国側が応ずるかどうか分かりませんが、国際裁判も視野に入れるべきでしょう。そのために日本側に多少の出血があるとしても忍受すべきと考えます。でなければ、今後も韓国は、何でも歴史問題にからめユスリ・タカリしてくるだろうからです。

  6. 匿名 より:

    >「日韓両国には過去の一時期に不幸な歴史もあったことを踏まえ、日本がある程度、韓国に配慮することで、名よりも実を取ることを目指すべきだ」などとする「対韓配慮論」の考え方でしょう。
    この考え方が慰安婦問題の元凶でしょう。
    今まさに徴用工問題もこの危機にさらされています。
    現金化をだらだらと先延ばしするのは安倍政権の次を期待してのことでしょう。
    安倍政権のうちに早く現金化させて、制裁を受け、それでこの話は終わりにしなければいけません。
    現金化の公示送達の効力が発生した時点で制裁をしなかったのは安倍政権の失点です。

  7. m より:

    個人的には国際法が破られた段階で制裁するのが一番だと思いますが、将来のことを考えるとレッドチームが負けたときどうなるか。
    ガチガチの欧米に泣きつくよりも、国際法守らなくてもあまり怒らない日本を仲介役にしてお許しを求めた方が出血が少なくなるのではないかと考えさせる罠を作っているのかな?
    そこで大きな国益を固定化させようと企んでる?
    韓国に制裁しても国益0だもんね。面倒なだけ損?

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    出ました〜夏の怪談(笑)!「未来志向的な韓日関係のために日本の真心こもった変化を期待する」、、。

    死に損ないめ(笑)。用日派はまだ居たか。全力で過去をもとに日本を批判しているくせに、「未来志向」とは笑わせます。本当に阿呆らしい。ツッコミどころは満載の未来党。根っ子は進歩系も用日派も一緒や。華々しくアドバルーン上げる時は、困った時だけだ(笑)。

  9. 自転車の修理ばかりしている より:

    こういった韓国の勘違い主張に対して、以前は眉をひそめる思いでいたものですが、このごろは喜ばしいことだと感じるようになりました。昔は日韓間の関係悪化を「悪いこと」だと捉えていたのに対し、今は「良いこと」と考えている私の心境の変化の現れと思います。

    もちろん謂れなき讒言にはその度に反論していく必要はありますが、日本人の多くは、もう韓国とは無関係に行きたい思いでいると想像します。対して韓国の方々は、口では日本を罵りながら気になって仕方がない模様で舌禍を重ねています。これからもどんどん余計な発言を繰り返し、日本の韓国離れをアシストしてくれるよう、期待しています。

    1. リャンピ より:

      自転車の修理ばかりしているさま
      全くもって同じ気持ちです。
      幼いころから「平和のためにどこの国とでも仲良くすべき」と考えてきたように思います。
      それは間違いだと気が付き、付き合うべき相手と、付き合ってはいけない相手があるということですね。

      国内では、たとえお金儲けになったとしても暴力団とは付き合うことは許されません。

      国際社会において、ジェノサイド国家、帝国主義領地拡大志向国家、人権無視の独裁国家、無法国家、詐欺国家、共産主義国家、我が国が滅びたらいいと願っている反日国家などとは、経済のためにと付き合うことは許されることなのでしょうか?
      もし、経済のために付き合うことを良しとするなら、金もうけのために暴力団と付き合うことも、どういう理由で否定できるでしょうか?子供たちに説明できません。
      暴力団に配慮して友好関係や経済協力をめざして付き合うなんてナンセンス。
      配慮すべきは暴力団からの不当な攻撃をいかに避けるかということです。
      防衛力を向上する。防衛力の向上とは、相応の戦力を持つこと、そして暴力団にたよらない経済力の向上と、何かあったときに一緒に戦ってくれる仲間達を増やし相互に守りあう信頼関係の構築です。
      南朝鮮については、信頼できないチンピラ国家なので、付き合ってはいけません。チンピラの後ろには暴力団がいるのです。

      1. HNわすれた より:

        リャンピ様
        ボクは小学生の時、先生から「ソ連の核実験は平和を守るためのもの。アメリカの核実験は戦争の用意の為のもの」と実際に習ってきましたような雰囲気の中で教育されましたので、幼いころから「平和のためにどこの国とでも仲良くすべき」と考えてきたように思います。また何もかも日本が悪いのだと習ってきましたので、韓国が主張することも正しいのだと思ってきました。しかし、卑劣、低劣な韓国人や韓国のやり口を見せてもらうにつれ今ではあの時の先生やその頃や今頃の新聞などを全く信用のならないものだったのだなあと思います。(先生もある意味、当時の思潮やメディアの被害者だったのでしょう)

  10. 名無しの権兵衛 より:

     自称元徴用工問題で、韓国大法院判決が「大日本帝国による大韓帝国併合違法論」に基づき、自称元徴用工の戦犯企業に対する慰謝料請求を認めたのは、悪手中の悪手で、将棋で言うなら「韓国は詰んだ」状態だと思います。
     その理由は、この判決を日本企業・政府が受け容れた場合、後続訴訟を含めれば、その最終的な賠償額は、慰安婦合意の10億円を遥かに超える天文学的な数字になると予想されるからです。
     「大日本帝国による大韓帝国併合違法論」を主張しているのは韓国内の学者や政治家だけで、国際法の権威は「合法だった」と認定しています。
     日本国内の「対韓配慮論者」と言えども、国際的に通用しない理論を根拠にした韓国の要求に配慮することは難しいと思います。
     とは言うものの、やはり石破や岸田と言った訳の分からない連中よりも、菅義偉陛下、河野太郎閣下、茂木敏允殿下などが首相になることを期待しています。トランプ大統領が再選された場合に、対米関係重視の観点から安倍首相4選が実現すれば言うこと無しです。
     

    1. 迷王星 より:

      名無しの権兵衛様
      >菅義偉陛下、河野太郎閣下、茂木敏允殿下

      菅官房長官は稀に見る有能な保守政治家だと思いますし私も尊敬していますが、だからと言って「陛下」という敬称は全く頂けません。同様に茂木さんに対する「殿下」もです。

      我が国は世界中の数多のロイヤル・ファミリーの中でも圧倒的な長さの継続年数を誇る天皇陛下とその御一族である皇室を国民統合の象徴として国家の頂点に戴く立憲君主制を国体としているのですから、「陛下」と「殿下」という二つの敬称の使用は自ずと厳しく制限されねばなりません。

      1. ラスタ より:

        名無しの権兵衛様、迷王星様

        国体を持ち出すまでもなく、いち閣僚を陛下や殿下などと、事実と違うことを言ってはいけない、ということかと思います。

        冗談や戯話なら、そうと明示せずともそのようにわかるように書くべきですし、真面目ことを書いているのならその話全体が信頼できなくなってしまう。

        一部の政治家を揶揄しつつ支持対象の閣僚を賞賛するジョークなのは理解しているつもりです。そこに敢えてジョークと理解していると説明することが野暮とも承知しています。
        (しかし「褒め殺し」って逆効果となることもありますからね)

        ともかく、「輸出規制」の例でも明らかなように、間違った言葉や表現は、間違った思考の源泉となり得ます。
        我々は気を付けたいですね。自戒を込めてそう申し上げます。

    2. より:

      韓国人は「善悪」と「合法性」とを区別できません。それゆえ、「日韓併合は悪いことだった」=「違法だ」という図式を疑いもしないのです。さらに、時系列の概念が非常にあやふやなため、現代の目で見ておかしい、あるいは悪いことは、どれほど時代を遡ろうが悪いことなので、断罪することこそが正義であると思っています。韓国で事後法、遡及法が平然と制定されてしまうのはそのためです。

      日韓併合の善悪、功罪については、日本国内でもいろいろと議論がありますし、韓国では悪だと見做されること自体に文句を言うつもりはありませんが、当時の国際法では完全に合法的に併合が為されたという点については、もはや疑問の余地はありません。それは善悪の問題ではないのです。結果としての併合の功罪も全く無関係です。
      しかし、韓国人はそれを絶対に認めようとはしません。あるいは、そもそも理解できないのかもしれません。彼らの法観念は近代法の世界とはかけ離れています。ゆえに、彼らとは近代法に基づく整合性を前提とした議論は全く成立しません。つまり、彼らとの対話、彼らとの議論は、全くの時間の無駄にしかなりえないのです。

      このように考えておけば、だいぶ気分が楽になりますよ。

  11. 非野阿礼 より:

    基本条約からGSOMIAまで日米韓口先同盟に拘ってきたのはアメリカです、その間日本はアメリカに「NO」と言えたのかと言う事だと思いますが、今は米中対立で様子が変わり韓国に忖度する要素が無くなったと判断しているのだと思います。
    韓国が中国側になんて話も有りますが、無傷で中国に渡すなんて日米が考える訳有りません、韓国と戯れている時間は過ぎていると思います。

  12. 私は全共闘世代の保守です より:

    最近の安倍さん、菅さんを見てるとかなりイライラします。今の日韓関係はまるで「現金化するぞスルゾ」詐欺師と「毅然とした対応をとるぞトルゾ詐欺師」の化かし合い」のようです。相手の本心は分かっているのですから、先延ばし戦術で来たら、ぶん殴ったり、蹴り上げたり、半殺しにしたりする位の気迫を以て対峙するべきと思います。千日手に千日手で接してると中国やロシアなど周辺国からの侮りを誘います。台湾ですら腹を据えて中間線越えの中国軍機に威嚇のロックオンで対応したくらいですから日本も韓国にVISAの義務化、グループCへの格下げ程度の優しい対応はして差し上げるのが礼儀というものです。
    令和の石原慎太郎はおらんのか!!(笑)。

    1. 名無しの権兵衛 より:

      私は全共闘世代の保守です様へ
       私は、日本政府の対応は合理的だと思います。韓国は(北朝鮮も)、瀬戸際外交一本足打法の国で、俗に「リスカブス(手首を切るブス)」と呼ばれているように、最後の一線(差押財産の現金化)を超えるだけの度胸も根性も無いと見ているのだと思います。これは、外交官同士や政治家同士の普段の交渉等を通じて、そのように判断しているのだと思います。
       したがって、日本政府が「差押財産を現金化した場合は、対抗措置をとるぞ」と脅しておけば、韓国は何もできず、最終的には内ゲバにより自滅すると見ているのだと思います。(慰安婦支援団体と関係者も最後は内ゲバになったように)
       日本政府の外交課題には、日中関係や日米関係など、日韓関係よりも遥かに重要で困難な課題が山積しており、韓国が内ゲバで自滅してくれるのであれば、貴重な(人的物的)外交資源やエネルギーの無駄遣いを避けることができます。「戦わずして勝つ」というのが最善の策で、「戦って勝つ」のは胸がすくかもしれませんが次善の策だと思います。
       もちろん、何かの間違いで差押財産が現金化された場合には、日本政府の総力を挙げて対抗措置を実施することになるでしょうが、韓国ごとき低レベルの国に対して、最初からフルパワーで戦うというのは税金の無駄遣いだと考えているのではないでしょうか。
       

      1. 私は全共闘世代の保守です より:

        名無しの権兵衛 様
         仰ることには同意します。しかしこのままダラダラ決着を先延ばしにすると石破氏や岸田氏が万が一にも総理になったようなとき、韓国、中国は日本に巧妙に脅しと甘い罠を仕掛けて来るはずです。それでバイデンが大統領に選出されたりするとその罠をイヤイヤ呑まされることもあり得ると思います。私としては誰が選出されても不可逆な措置を採っておいてほしいのです。私は安倍さんの岩盤支持者ですが、全マスコミに国民の大半が踊らされ、一期目と同様に「身体的理由」で辞めることになりはしないか、と心配でしょうがありません。次期総理は消去法で安倍さん、3年以内に小野寺さん、茂木さんあたり、その次は松川るいさんあたりが総裁候補として成長してくれることを切に期待しています。でもそれまで俺の命がもつかなあ(笑)。

        1. HNわすれた より:

          私は全共闘世代の保守です 様

          高市さんも候補に入れといてください。

          1. 私は全共闘世代の保守です より:

            HNわすれた さんへ
            私が松川さん推しなのは彼女の脳の瞬発力にあります。討論番組でのあの快刀乱麻ぶりには胸のすく思いがします。多分国会答弁でも野党は容易にねじ伏せられてしまうはずです。ATMも容易に手は出せないでしょう。そして、女性らしい端正な容姿も一般国民受けすること間違いなしです。
            高市早苗さんねー。んーん、咄嗟の判断で瞬発力が発揮できるか?、一般国民受けするかどうかでしょうね。でも期待してま~す。

  13. 七味 より:

    「好きの反対は嫌いじゃなくて無関心」っていうけど、多分、「嫌い」の反対も「無関心」なんだと思うのです♪
    だから、お互いがお互いを嫌い合って争うくらいなら、互いに無関心であれば良いと思うのです♪
    「相互繁栄」なんて塔を築くよりも、それぞれが個別に繁栄すれば良いんだと思います♪

    以上、記事中の報道官さんの言葉を読んでの感想でした♪

    1. カズ より:

      七味さま

      確かに。変に対峙してしまうよりは背中合わせの方が嫌なものが見えにくいだけ快適なのかもですね。

      繰り返される利己行為は承認欲求の現われ。愛の反対は嫌いではなくて無関心。彼らの本質は「愛されないのなら叱られたい人たち(もしくはサンドバッグになりたい人たち)」だとしか思えなくなってきました。

      一年365日24時間絶え間なく「叩かれたい衝動に抗えない人たち」でなければ悪手の追究者のような所業が延々と繰り出されたりはしないのだと思うんですよね・・。

      *ばかばかしくてゴメンナサイ。

  14. 元マスコミ関係の匿名 より:

    わざわざ反省までして日本が韓国に合わせる必要なんて100%ないと思いますが・・・。

  15. 私も過去のネームを忘れました より:

    韓国の大統領に2冊の本をプレゼントするのはいかがでしょう。(修身教科書として)
    1.Cognitive behavioral therapy(認知行動療法関連)
    2.マインドフルネス関連
     火病の治療にも役に立ちます。
    1.認知行動療法
     感じたことを客観的な視点で確認することにより、バランスの取れた思考ができるようになります。
    (A及びM新聞は思考の偏りが大きいため、バランスの取れた思考に使用しても無駄です。)
    2.マインドフルネス
     彼らはネガティブなことばかり考えているので、現実を見つめ直すのに良いと思います。
     大体、孫や曽孫の世代まで他国にお金をせびるのは恥ずかしいことだと気付かないのでしょうか。
    毎回自分たちの投票した“民主的“に選挙で選ばれた大統領を弾劾逮捕するのは国民が異常とは思わないのでしょうか。

    3.その他 ヒドロキシルアミン硝酸塩
    最後にご存知でしたら無視してください。
    これはヒドラジン類の代替物質として使用されます。
    ヒドラジン類は皮膚とりわけ肺に致命的な悪影響を与えます。
    主要用途はロケット燃料、有名なのは第二次大戦中Me163戦闘機です。
    事故も凄まじく、旧ソ連では多くの技術者をヒドラジン系の毒性で失っています。
    近年では長征3号の打ち上げ失敗による近隣住民へのヒドラジン類の被害が挙げられます。
    一方、ヒドロキシルアミン硝酸塩は人体に優しいそうです。

  16. ミナミ より:

    >防衛相電話会談
    >ごまめの歯ぎしり ,防衛大臣(河野太郎)
    >2020.08.15

    >私が防衛大臣に就任してからの電話会談の一覧です。
    >(ただし、公表分のみ)
    https://www.taro.org/2020/08/%e9%98%b2%e8%a1%9b%e7%9b%b8%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e4%bc%9a%e8%ab%87.php

    見事に韓国が無くて草

  17. 門外漢 より:

    韓国への配慮というものは、東西冷戦の時代に、西側の最前線=肉の盾になってくれていると思えばこそ、米の顔を立てて、香典のつもりで出していたものです。
    冷戦の主敵は露から中に変わりましたが、構造は同じです。
    韓国が離米・媚中を隠さず、北に戦略物資の横流しをするようでは、西側のショ-ウインドウの意味は無くなったという事です。
    配慮なるものが欲しければ、詫び状を書いて出直すくらいの事が必要でしょう。

  18. WindKnight.jp より:

    “真の反省”?
    朝鮮人を増やしすぎたので、口減らしをしろということかな?
    つきつめれば。そこに至るわけですが。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。