読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月)

本日も「読者雑談専用記事(通常版)」を準備しました。

読者雑談専用記事(通常版)とは

当ウェブサイトでは以前から読者の皆さま方の議論、雑談に特化した記事を作成しており、本記事は特段テーマを決めず、好きなことを書き込んでいただくための「通常版雑談記事」です。原則として毎週土曜日、月曜日、水曜日に更新しております。

また、これとは別にテーマごとの雑談記事をシリーズ化していることもありますが、この場合は当ウェブサイトのトップページに別途案内を掲載しています(※なお、特定テーマの雑談記事が存在していたとしても、こちらの「通常版」にそれを書き込んではならない、という意味ではありませんのでご安心ください)。

コメントを書き込む際の注意点につきまして

コメントを書き込む際のルールは『コメント・引用・転載の注意点』のページをご参照ください。

次回の読者雑談専用記事(通常版)の公表時期につきまして

次回の読者雑談記事(通常版)につきましては、読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水)』につきましては、7月1日(水)正午に公表したいと思います。

過去リンクにつきまして

過去の「読者投稿一覧」につきましては、次のリンクをご参照ください。

読者コメント一覧

  1. ハゲ親父🐧 より:

    今日も「ラーメン大盛り」790円ニダ。🐧

    1. だんな より:

      久々の一番、おめでとうございます。

      1. ハゲ親父🐧 より:

        だんな様
        ありがとうございます。🐧

    2. 韓国在住日本人 より:

       ハゲ親父 様

       小生も美味しいラーメンが食べたいです(涙)。ラーメンは自ら料理するにはハードルが高すぎます。美味しく料理するのは大変です。

       韓国に10年住んでいてもバカ舌になっていないことが嬉しいです。

       駄文にて失礼します。

      1. ハゲ親父🐧 より:

        韓国在住日本人様
        帰って来られたら「選り取り見取り」ニダ。🐧

  2. ちかの より:

    ハゲ親父様
    1番get、おめでとうございます(^^)/

    1. ハゲ親父🐧 より:

      ちかの様
      ありがとうございますニダ。🐧

  3. ボーンズ より:

    サード

  4. ボーンズ より:

    三番手

  5. ボーンズ より:

    エラーが出たので、バグったと判断して再送したのだが、投稿はできていたみたい。
    今日のお昼は豚丼。

  6. だんな より:

    忘れてた訳じゃ無いニダ。
    仕事が忙しかったニダ。
    本当ニダ。

    鳥塩ラーメンとチャーシュー丼(小)です。

  7. プラズマクラスター より:

    「コロナ感染は自業自得」日本は11%、米英の10倍…阪大教授など調査

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12213-710538/

    感染するのは本人が悪い、とする意識が米英などに比べて日本は非常に高いようです。
    人様に迷惑をかけないという思考を有する国民性の表れなのかな?

    まあ、一部非常識な方々の迂闊・勝手な行動などを許せないと感じるのは理解できますけどね。

    1. ボーンズ より:

      プラズマクラスター 様
      感染リスク要因が明らかになっているのにも係わらず、それを無視あるいは軽視した結果感染しているので、日本人的な感覚からすれば批判は甘受されるべきというものです。
      (重過失あるいは故意という認識)

  8. 阿野煮鱒 より:

    時々やっている「近頃の若いもんは言葉遣いがなっとらん」シリーズです。ジジイもなっとらんし、皆なっとらん、がお約束の結論ですが、文系理系対立も絡めてみたいと思います。

    皆様は、“基板”と“基盤”の違いを意識していますか? 電気・電子機器の中で、抵抗やコンデンサやICを載せているガラスエポキシやベークライト(紙フェノール)の板が“基板”です。英語のPrinted Circuit Boardの訳語である「プリント基板」を縮めた言葉です。Boardです。板ですよ、板。

    PC/スマフォの普及によって、文章を手書きする機会が殆どなくなり、IMEの変換能力が文章の漢字記述の正確さを左右することになった結果、基板と基盤の混同が著しく、誤字だらけとなりました。ウェブに膾炙する記述を見るに、基板が正しく基板と書かれている例を見る方が珍しいくらいです。

    私は「業界人は基板を基盤とは書かない。基板を基盤と書く人は、どんなに通ぶっていても素人・門外漢である」と、人物を見分ける指標にしていたのですが、最近とある基板製造メーカーのウェブサイトに「弊社の基盤」と書いてあるのを目にして絶望しました。もはやシスの勢力はここまで拡大したかと。ジェダイが保ってきた業界の秩序が崩壊したかと。

    このまま行けば、独擅場(どくせんじょう)が独壇場(どくだんじょう)に取って代わられたように、プリント基板(Printed Circuit Board)はプリント基盤(Printed Circuit Platform)に置き換えられてしまうかもしれません。

    「どっちでも大して変わらんやん」と感じる貴方、文系ですね(煽り)。私は「プリント基盤」に耐えられません。Boardです。板ですよ、板。

    —-
    以前に指摘した、婚姻を入籍と呼ぶ風潮を、文系である法学部の皆様はなぜ正そうとしないのかと(煽り)。あなた方は民法を読んでいないのかと(煽り)。そんな連中がマスコミに就職し、得意顔で「芸能人某、電撃入籍」と書いているのを問題視しないのかと(煽り)。財務省のプライマリー・バランス論を正せない日本の経済学界は何なのかと(煽り)。
    https://www.mof.go.jp/zaisei/reference/reference-03.html
    —-

    ついでに… 「意外」と書くべきところ「以外」と書く事例が余りにも多く、すっかり慣らされて無意識に置き換えて読むまでになってしまいました。時々正しく「意外」と書いてあるのを目にして「間違っとるやん!」と思ってしまうまでに過剰適応してしまいました。IMEの文脈把握の杜撰さは理系の責任でしょうね。

    ハングルでは同音異義語を識別できないとお嘆きの日本の皆様、貴方のIMEの同音異義語識別能力は大丈夫ですか?

    1. とくめい より:

      「保たない」の意味で「持たない」と書いてあることが多いのが気になる
      漢字を間違うくらいならひらがなの方がよいような気がする
      「間違い」を「間違え」と書いてあるのもちょっと気持ちが悪い

      1. 門外漢 より:

        とくめい様へ

        >「保たない」の意味で「持たない」

        私もこれは気になってしかたありません。
        多分書いている人(若い人?)は「もつ」の意味が判って無い?でしょうね。

    2. プラズマクラスター より:

      阿野煮鱒様

      私は読み間違いもかなり気になりますね。
      これまでの人生で、続柄を「ぞくがら」と読む輩が圧倒的でした。

      他にも御用達(ごようたし/ごようたつ)、施行(しこう/せこう)、早急(さっきゅう/そうきゅう)などなどその読み方で間違いではなかったりしますが…

      1. 阿野煮鱒 より:

        今ググったら、ぞくがら派が88%ですって。こりゃもう無理ですね。

        施行(せこう)は法曹界の業界用語だそうです。耳で聞いたとき執行と聞き「間違え」ないようにしたのだとか。

        業界用語には、意図的に世間一般と読み方を変える例が多々あります。プロの世界ですから、それぞれに何らかの理由があるのでしょうね。

        1. ヘラクレス より:

          プラズマクラスター様、阿野煮鱒さま。

          施行、についてはしこうと読んできました。

          というのも、しばらく建設業界に棲息していたので、施工を「せこう」、施行を「しこう」と区別していました。(便宜的に?)

          施行も施工も、「しこう」「せこう」どちらでも読むみたいですね。

          文章中でもよく混同されているので、できたら区別しやすくしてほしいもんです。

      2. ヘラクレス より:

        プラズマクラスター様

        御用達は、どちらかというと、ごようたつ、のほうが正しいようですね。

        ごようたし、は「ようたし」「ようをたす」のようにトイレに行くなどの使い方たをするので、あまり上品な言葉ではないとか。

        また使う方(宮内庁等)からは、ようたし、であるが。使われる方からは、ごようたつ、と言うべきとか諸説ありますし。

        他にも、ごようだち、とか、ごようたっしとかの読み方もあるようです。

        まあ、テレビの通販番組等で多用したのが一般に広がったんではないでしょうか。

        言葉(言語)ですから時代とともに変化すると思えば、ごようたし、も間違いではないでしょうが、したり顔で「ごようたつなんて読むやつは非常識だ」という人もいますが、それはどうかと思います。

        そういえば、最近マラソン、駅伝等の実況中継で、アナウンサーでも「追い抜かした」と言うのが増えています。追い抜かすなどという日本語はない(方言にはあるでしょうが)と思いますが、いかがでしょうか。
        せめて、アナウンサーは正しい日本語を使ってほしいものです。

        1. プラズマクラスター より:

          ヘラクレス様

          確かに言葉って時代とともに変化していきますね。
          見れる、食べれるなどの「ら抜き言葉」など、市民権を得た典型のような気がします。

          追い抜かす ですが
          もしかして道路交通法から来ている?

          追い越し:進路を変えて追い付いた車の側方を通過し、その車の前方に出ること
          ⇒例:高速道路で左車線走行中に前の車に追いついたため、中央又は右車線を走行しその車の前に出て左車線に戻る

          追い抜き:進路変更を伴うことなく、前の車の側方を通過してその車の前方に出ること
          ⇒例:複数車線の左車線を走行中、中央又は右車線を走行中の車を進路を変えず前に出る

          と思いましたが「追い抜く」でいいですし、マラソンに道交法を持ち出してはダメですね…。

        2. ヘラクレス より:

          プラズマクラスター様

          追い抜かす、は松野明美氏(熊本出身)がテレビで多用してから流行ったように思います。

          最近では民放だけでなく某公共放送でも聴きましたので、ちょっと日本語の危機(大げさな)かと思いまして。

          マラソン、駅伝の時は車両を通行止めにしますので、たしかに道路交通法の適用外かと・・・(^^;)

    3. 阿野煮鱒 より:

      とくめい様、門外漢様、

      周囲の人を観察していると、IMEによる誤字・誤用に関しては、年齢・性別が関係なくなっているかな、と感じます。IMEが作り出す誤字を校正するつもりがあるかないか、だけのような。誤用も、近年の中高年は流行に対する感度が高いせいか、瞬く間に「間違え」などに順応しているように見えます。

      もうすっかり定着してしまった「真逆(まぎゃく)」など、全世代で使われています。これ、前世紀には殆ど聞きませんでした。以前は「正反対」でした。「真逆」は「まさか」と読んでいました。

      自分の誤字・誤用を、「意味が通じりゃ何でもイイじゃん」と考えて気にしない人がいますが、これは誤り訂正作業を相手に押し付ける怠惰な行為だと私は見做しています。一切の間違いを許さないと申し上げているのではなく、相手のことを思い遣る日本人らしくない身勝手な考えだな、と。

      1. オフィシャル禿げダンディズム より:

        阿野煮鱒 様

        >IMEが作り出す誤字を校正するつもりがあるかないか

        「校正」という単語に反応しました。

        私も理系の端くれとして、計測器の「校正」なんて書かれると少しイラッとします(汗)。基準となるものと比「較」し「正」しくなるよう調整するという作業なので、「較正(こうせい)」と書いてほしい。でもこう書くと「かくせい」としか読んでくれない人が圧倒的で、その音に引っ張られるのか、Calibrationの意味が却って伝わらないのが困ったところです。

        いつも笑い話で説明するのですが、狂っている計測器で例えば1ボルトの電圧を測る時に針が目盛り盤の2ボルトを指すから目盛り盤の文字を2→1に書き換える、そういう作業であるなら「校正」という漢字をあてるのも、まぁいいでしょう。でも実際はそんなバカなことはしませんからね。

        1. オフィシャル禿げダンディズム より:

          おっと失礼。
          目盛り盤→目盛り板と書くべきでした(汗)

        2. 阿野煮鱒 より:

          オフィシャル禿げダンディズム様

          恥ずかしながら、私は校正と書いてきました。(冷汗)

          私のIMEはATOKですが、「こうせい」で変換させたら、候補の後の方に「較正」がありました。JustSystem、凄いやん。

          ついでに“校正と較正の違い”でググってみたら、名門Rohde & Schwarzの資料を見つけました。
          https://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/equ/mra/pdf/27/10.pdf

          > 法令上の行為として行われる校正は計量法に基づくものであり、較正は電波法に基づくものである。

          だそうです。

          > 測定器の較正に関わる規定(電波法第24条の二 第4項 第二号)別表第二に掲げる測定器
          とあって、凄く狭い業界用語にも見えます。

          そういや、測定器の保守の仕事ってしたことなかったなあ。誰かがやってくれていたんですね。

      2. 門外漢 より:

        阿野煮鱒様へ

        板と盤で盛り上がっているようですが、板繋がりでいうと「キャスティングボート(ボード)」というのも最近は正しいとされているようで、私などは「名簿を舟に積んでどうする?」とツッコミたくなりますが、和製英語ということなんでしょう。
        勿論言葉は世につれ人につれ、で変化していくものですから、みんなが同じ認識で使えれば構わないのですけど。
        「独壇場」は正しくは「独擅場」で、その昔誰かが字を間違えたんですが、「独壇場」が圧倒的に優勢で、字が間違っていて、読み方も間違っている、いや間違って合っている?、にも関わらず意味はもとの「独擅場」に同じ、というのですから、こうなると文句を言う方が野暮と言われそうです。

        こんなイチャモンを付けるのは爺の仕業なんですよね(笑)

        1. ひろた より:

          Casting Vote
          キャスティングボート
          が正しいです。
          和製英語でもないし、BoatもBoadも関係ないです。

        2. 阿野煮鱒 より:

          ていうか、独擅場は、一番最初の私の投稿に記載済みでして、今更そこに突っ込まれましても。
          で、ひろた様のおっしゃる通り、Casting Voteですよ。
          周回遅れでコースアウトの感があります。

        3. 門外漢 より:

          ひろた様 阿野煮鱒様

          ゲーッ!そうなんですか!
          私はまた「配役を記した掲示板」だとばかり思ってましたよ(大汗)。
          遥か昔に、「配役を決めるのは監督の仕事だが、俺の持ってる掲示板が無ければ書けないだろ?」みたいな小噺を聴いて、納得して今日に至っています。

          じゃ、突っ込まれるのは私の方ですね。ご教示深謝。

    4. 韓国在住日本人 より:

       阿野煮鱒 様

       >“基板”と“基盤”の違いを意識していますか?

       結構間違える人が多いですね。特に学会等では学生が間違えている場合が多いです。指導教官も何をしているのやら・・・。

       因みに韓国語では「基板」=「기판」、「基盤」=「기반」で発音が異なります。

       よく「ハングルは同音異義語がー」と言われる方がおりますが、逆に韓国語の方が間違えないで済む場合もあります。つまり、言語に優劣はないと小生は思います。

       駄文にて失礼します。

       

      1. 阿野煮鱒 より:

        やっと基板の話を解ってくれる方が現れて嬉しいです。

        なるほど、韓国語では基板と基盤は同音異義語ではなくなるのですね。凄いじゃん! 基板は激音、基盤は平音ですか。私の耳でも、辛うじて聞き分けられそうです。

        基盤に関しては、色々なウェブを読んでいますと、たまたまIMEが誤変換したのを見漏らしたというより、PCBは基盤が正しいと信じている人が多いように思います。テクノロジー系のサイトで基盤、基盤と一切の例外なく基盤で統一しているライターさんを、私は信じません。学生さんは無知なだけかもしれませんね。

        1. 韓国在住日本人 より:

           阿野煮鱒 様

           とは言え、韓国人も「基板」と「基盤」を混同して用いてます。韓国人は漢字を知らないので、「基板」でも「基盤」でも大差はないと思っているみたいです。小生は会社内では英語でsubstrateと呼んでいます。

           「基材」と言っておけば、どっちに転んでも間違わないです(卑怯者)。PCB以外でも使えますし(卑怯者)。

           駄文にて失礼します。

      2. 阿野煮鱒 より:

        韓国在住日本人様、

        Substrateですか。なるほど。私はセットメーカー勤務でしたが、その業界ではほとんど使われておりませんでした。

        でね、念のためWeblio英和辞典でsubstrateを調べたら、いきなり「基質、回路基盤」でした。ああ、もう無理ですね。調べたら間違いを教えられる状況になってしまいました。

        そろそろ諦めた方がよさそうです。

    5. はぐれ鳥 より:

      阿野煮鱒様

      貴方の煽りに応えて私も一言。(笑)

      >Boardです。板ですよ、板。

      確かに、printed circuit boardはプリント基板またはプリント板です。ただswitch-boardは、同じboardですけど配電「盤(板よりもぶ厚いという語感?)」ですよね。経緯はよく知りませんが、英語より漢語の方が、板状のモノを表す言葉が豊富だったため、boardを日本語に訳す際に、より実形に近い漢語で訳し分けたのかも知れませんね。ということで、「板」・「盤」の使用法での多少の混乱は仕方ないかと。

      んで、言葉は「生き物」だと思います。勝てば官軍に似て、最初は間違った使い方でも、それが世に定着すればそれが正しい言葉遣いということになります。私にも、最近の言葉遣いの中に引っ掛かりを感ずるものが無い訳ではないですが、言葉とはそうしたものだと思ってやり過ごしていますけどね。

      1. 阿野煮鱒 より:

        「盤」の意味は厚い板ではなく、大きなお皿なんです。はち。さら。おおざら。たらいなどです。転じて、ものを載せる台です。Switchboardの訳語として「盤」を当てた理由は存じません。

        言葉は変わるものというお説はごもっともです。私も物心ついた時に既に変質していた言葉には違和感を持ちようがなく、独擅場が正しいなどという知識は長じてから得ました。

        「若者の~はなっとらん」という考え方は、私は意味がないといいますが、大抵的外れだと思っております。世の中は良くなっていくと期待しています。実際に、日本人の民度は、私が幼い頃は今程高くはありませんでした。道路にはゴミやタバコの吸い殻が転がっていました。東南アジアに買春ツアーに行く団体さんが沢山ありました。ということは、若い世代の方がマナーが良い、ジジイの方がなっとらんかった、ということです。

        いつも「若者~なっとらん」タイトルにしているのはシャレのつもりです。敢えて物議を醸して賑やかに雑談したいという魂胆です。

        1. はぐれ鳥 より:

          阿野煮鱒様

          確かに、「盤」は字形からも皿ですよね。でその皿に足が付き様々な料理が盛り付けられると・・・・・で、配電盤には、盤面が垂直だけでなく、斜めや水平のものもありますから、最初はそれを指して呼んでいたのかも知れませんね。ナルホド、また一つ勉強になった思いです。

          私の、先の意見は、否定的に聞こえたかもしれませんが、実は、私個人(元理系の文学少年)には大いに興味のある分野なのです。なので、これからも引き続き、この話題で場を賑わして頂きたく。(笑)

    6. たい より:

      江國滋は裁判官、学者、新聞記者が悪文のうまい業種と「日本語八ツ当たり」に書きました。
      法学部の学生なんて、わざわざ大学で日本語を無茶苦茶にする練習をしているのです。
      新聞記者は、正確な事実を正しい日本語で伝える職業の様に見せかけて、捏造記事を曖昧模糊とした文章で綴って世論を誘導しようとします。
      その様な文章が世間一般に溢れたら、日本人全体の言葉もおかしくなって当然と考えています。

    7. 福岡在住者 より:

      阿野煮鱒 様

      ニヤニヤしながら読みました。
      最初は「基板を基盤と書くか?」と思いましたが、ありますね(笑) モノタロウの中にも「ユニバーサル基盤(片面)」とかがあります。

      機械メーカーや制御メーカーですと「制御ボード」「表示ボード」「インバーターボード」「マザーボード」などの部品名でプリント基板を〇×ボード(板)と呼びますのであまり間違わないと思うのですが、、、。 ただ、制御盤(コントロールボックス)や配電盤、分電盤などがあるため つい間違うのかもしれませんね。

      「ガラスエポキシやベークライト」が出て来るとは思いませんでした。いえ、その分野の者ではありませんが、製造時のクラックとかが問題になっていましたよね。 

      1. 阿野煮鱒 より:

        福岡在住者様、お楽しみ頂けて幸いです。

        えーっ! MonotaROまで陥落しましたか。敗退に次ぐ敗退。いよいよ覚悟しますか。

        遺書には「我が一族の者は基板を基盤と書く事なかれ」と書いておきます。

        1. はぐれ鳥 より:

          阿野煮鱒様

          蛇足です。
          プリント基板ではありませんが、半導体用シリコン基板(これが普通でしょう)に関して、SUMCOは「半導体の基盤(基板)材料です」と微妙な書き方をしてますね。信越化学は「半導体の基板となる素材であり・・・」でしたが。

      2. HNわすれた より:

        皆様のお教え、というか拘りにナルホドそうだそうだと感心しながら拝読しています。(なんだかこの文章も、突っ込みどころいっぱいあるんだろうなあ)
        時々、簡単な英文を訳すことがあるのですが、ふと適切な日本語用語が分からないときはそのままカタカナのままにしてしまうこともあります。日本語を劣化させてるかもしれませんね。すまぬ。

        英語でのことですが、昔は貿易用語で、C&F Yokohama と言えば、運賃込み横浜着港渡しだったのですが、ちょっと目を離してましたら、いつの間にCFR Yokohama と記述するようになっていました。

        「1990年のインコタームズ改正まではC&Fと呼ばれ、現在でもC&Fの表記が用いられることがある。C&FがCFRと改正された理由は「&」という文字がコンピュータ通信で扱いにくい場合があるため(「&」と打つのに余計な手間がかかる)。なお、「&」の代わりに“N”を用い、CNFと表記されることもある。 」(Wiki)

        通信手段がFaxからメールになって通信で、”&” が文字化けすることもあるらしかったのが原因だそうです。そうか、言葉(用語)ってそんなことで変わったりするもんなんだ、と感心(?)したこともありました。

        最近来るメールが、Dear Mr. XXXX ではなく、Dear XXXX と、Mr. や Ms.を端折ってくることが多いのでずいぶんだなあ、と思ってたのですが原因?に思い当りました。ネットでの注文や質問に対して応答するのに、とりあえずは自動応答でする場合が多いので性別の識別ができなくて(無礼な)返事をしてるのだろうと思いに至ったわけです。(違うかなあ) これも、もう慣れてしまいました。

    8. 愛読者 より:

      国語(言葉)は時代とともに変化するのですが,大半の人が間違った言葉(漢字)を使っていると,そのうち,それが正しい言葉(正しい漢字)になってしまうことがあります。たとえば,これは読みの例ですが「消耗」は歴史的には「しょうこう」と読むべきですが,本来は誤読だった「しょうもう」が正しい読みとして市民権を得ました。でも,さすがに「基板」は間違えないと思います。
      それにしても,最近の基板は半田ごてをあてるのが難しすぎる。コンデンサー1つ取り替えれば修理できるのが分かっていても,それが困難だったりします。高機能化のせいでしょうが。

      1. 阿野煮鱒 より:

        > さすがに「基板」は間違えないと思います。

        どうも敗色が濃厚です。業界筋のサイトが次々に陥落しています。

        表面実装タイプの基板は、私が現役の頃ですら鼻息で部品がズレる始末で、交換作業はとても厄介でした。今はもう部品が小さすぎて、ピンセットで掴むことすら困難です。試作段階から機械実装、壊れたら基板ごと交換するしかありません。

        高機能化 のための 高密度化 のための 超小型化 ゆえに 人の手では扱えなくなりました。

        昔ながらのラジアル/アキシャル部品の基板もまだ製造されていますので、そちらなら楽勝かと。私は電動のはんだ吸取器を持っていますので、楽しく部品交換を行っております。

        1. しきしま より:

          阿野煮鱒 様

          チップ部品は1005までは楽勝でしたが0603は冷や汗かきながら交換していました。下手するとパターンまで逝ってしまうので。

          いまは0402なんてのもあるそうですね。

          「基板」を間違える人がいるとは思いませんでした。P板.comなんて会社もあるのに・・・

      2. 僕は青組 より:

        単語変化の中立説
        定まった意味があてられた単語の用法の変化は、正誤には無関係で、突然変用語が、偶然に集団に定着した結果起こる。
        単語変化速度vは、一定の期間内に国語に蓄積される変用の数。
        中立変用割合(有害でも無害でもない、あるいは僅かに有害な変用)をfとする。現用よりも相応しい用法が現れることは極めて少ないので無視する。明らかに誤り(意味が通じない)な用法は誰も使わないので単語変化に寄与しない。
        全変用率をμtotalとすると、v=f × μtotalで示される。
        fは、単語の機能により制約を受ける。変用により、コミュニケーションを妨げるような単語ではfは小さく、それなりに意味が通じてしまうものでは大きい。

        駄文にて失礼しました。元ネタは分子進化の中立説です。

    9. ボーンズ より:

      阿野煮鱒 様
      確かにこれは酷い…電子回路やっている自分から見ると。
      逆のケースだと、分電盤を分電板と誤記する場合になるかな。

    10. 技術系見習い より:

      阿野煮鱒様

      基盤の肯定派予備軍として意見します。電気を少しカジったレベルです。
      基板 :単体で機能しないボード(制御盤の基板の交換、基板にシーケンサーを取り付ける)
      盤  :仕様を満たすため、ボードに部品を構成した「箱」(操作盤を操作、制御盤)

      自作PCでは、箱にマザーボード(基板)やCPUを取り付けて、PC(盤)にします。
      なので、仰る事もわかるし、単品の部品で漢字を間違えると何か分かりません。

      しかし、スマホで拡張性や修理の事を捨てて、CPUやメモリを
      埋め込んで画面とバッテリーを取り付ければ、スマホとして機能するボード(板)が
      スタンダードになれば、その基板を盤と認識して、おそらく基盤と定義したくなります。

      全く拡張性のない産業機器は特殊ですし(あるか知りません)、
      スマホも修理を考えれば、メーカー保証の問題があると思います。

      なので、現状は基板が正解として基板と書きます。

      デスクトップPCからスマホに代わり、構成部品がブラックボックスになる中で、
      電気の専門外が電気部品を見て理解する機会が減ってると思います。
      それで、表記が間違えか考える環境も減ってるのかと…。
      (基板を作って回路を作れないので、身近なPCを電気部品としてます。)
      なんか、コメントの流れと論点がズレてたら、すみません。
      駄文、失礼しました。

      1. 阿野煮鱒 より:

        素人さんは何と書こうが勝手です。「ああ、素人さんなんだね」と思われるだけです。

        業界の方は、JIS (IEC連動)がプリント基板と規定する限りは、基板が正しいのです。「基盤」が正しい、あるいは、「この場合は基板、この場合は基盤」とするにはJISの改訂を待ちましょう。

        1. 門外漢 より:

          阿野煮鱒様へ

          >ああ、素人さんなんだね

          板と盤の使い分けに関わらず、業界だけの決め事もある訳で、知らないからと言ってバカにしてはいけません(笑)。

          例えば一般には「コンピューター」ですが、電気系の人は「コンピュータ」と書きます。
          これは学会で外来語の語尾をそのように書く(長音表記としない)と決めているからで、レジスタ・コンデンサ・コンダクタなども一般人から見れば??かもしれません。
          だからと言って電気系人間も、清涼飲料水を「サイダ」とは書きませんが。
          こういうのは日常会話で使う言葉の変化・誤用とはまた別のように思います。

        2. 阿野煮鱒 より:

          門外漢様

          バカにしてはおりませんが、業界関係者であるかないかと識別するのは、場合によっては重要です。

          例えば、天板、側板を、一般には、てんばん そくばん と読みますが、木工業界では、てんいた がわいた と読みます。業界読みでは通じないかもしれませんから、素人さん向けに てんばん そくばん と読み換えないと。

        3. とある福岡市民 より:

          門外漢 様

          > 知らないからと言ってバカにしてはいけません(笑)

           それをあなたが言いますか?
           専門家会議の先生方が作成した数理モデルをあり得ないと決めつけ、データ解析をやった事ない人だとバカにしてましたよね?実際には十分あり得る事だったのに。
           結局あなたが感染症の基礎を全然勉強しておらず、自分の知る物理モデルを振りかざして知ったかぶり、専門家に対して下らないマウントを取ってたのですよ。自説が誤ってたら「兜を脱ぐ」と書いてたのに、実際は誤りを認めるどころか、全然次元の違う話を引っ張り出して専門家や行政をバカにしてましたよね?専門家や行政にはどうにもならない事まで人のせいにして。
           過去の記事にしっかり残ってますよ。
           それでよくもまあ、「知らないからと言ってバカにしてはいけません」と言えたものです。
           自分の言動を恥ずかしいと思わないのですか?

           門外漢を自称する人は自分の無知や限界を自覚しているためか、専門家に対して謙虚な人が多いです。あなたの言葉からは「無知を免罪符にして好き勝手言っていい」という意味で使ってるように見えるのですけど。

        4. 技術系見習い より:

          素人なのは自認してます。見習いですし。
          また、そんな素人でも使うので、メーカーは分かり易い表記も必要でしょう。
          ボードを基板か基盤か、素人は用途次第です。
          設備の軸を検知してるエンコーダのボードは、見積もりに基盤でしたが、
          その軸で見れば基礎となってるので、基盤の表記に納得しました。
          また、軸数が増えれば複雑になるので、基板が基盤(基礎)として構成されてるなら、
          ボードを基盤(基礎)とした方が、感覚的に構成の要素として分かり易いです。
          (専門メーカーへ聞く機会があれば聞いてみたいです)。

          机上では学問ベースで正確に(理屈・論理)、現場ならまずは通じれば良い(現実)。
          両立は難しいので、その差もあって認識も異なり、ボードを基盤と
          言うのもあるのかと思いました。
          現場で専門書、見ないので。

          カタカナの部品名は、コンデンサーならコンデンサと書く派です。
          学会は知りませんでしたが、1文字記入を省けるので(笑

    11. りょうちん より:

      私は「話」を「話し」と書いてある文章を見ると許せません。
      品詞も知らないのかと。

  9. 匿名 より:

    長尾たかし議員や一部の政治家の意見は何度見ていてもおかしい

    https://twitter.com/takashinagao/status/1275937333791977472

    以下引用
    「ブースターの落下による危険性」
    「核弾頭を搭載しているかも知れぬ弾道ミサイル攻撃による危険性」
    この際、比較しなければなりません!
    回避されるべき危険性は後者である!
    国家防衛の根本に関わる議論です
    ここまで引用

    迎撃ミサイルSM-3のブースターの落下は、

    「ミサイル発射時の排気炎」
    「ジェット機離陸時のジェットブラスト」

    と比較すべきで、被害を避けれるものは避ける必要がある
    戦争中なんだから排気炎もジェットブラストも仕方ないとは誰も言わない

    迎撃ミサイルから分離していく各段モータの落下は仕方ないし、迎撃時に落ちてくる破片も仕方ないのは当然だけど、発射台から打ち出し任意の飛行経路に向けるだけで一瞬で役割の終わるSM-3のブースターは排気炎やジェットブラストと比較すべきものだと思う

    このような浅はかな人が政治家をやって、国防案件に口を出すからおかしくなるのだと思う

    1. 農家の三男坊 より:

      匿名(2020/06/29 at 15:32) 様

      >>迎撃ミサイルSM-3のブースターの落下は、
      >>
      >>「ミサイル発射時の排気炎」
      >>「ジェット機離陸時のジェットブラスト」
      >>
      >>と比較すべき

      は、違うと思います。

      排気炎?やジェットブラストの影響は確率100%で考えますが、MK72ブースターは“各段モーター”と同じ様なもので、これが当たるというのは、流れ弾が当たる様なもので確率はかなり低い。(”だから、民家に落ちる確率が100%のところに配備してよい。”とは言っていません。)むつみ演習場はどうなんでしょう?

      http://www.e-hagi.jp/~mashi803/jsa/data3/20181020MK75memo.pdf
      によれば(本文の趣旨は賛同していません)5000m以上の高空から落ちてくるようなので
      認識を改める参考になると思います。

      加えて、この問題を考える上では
      https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20200616-00183562/
      が、参考になると思います。

  10. 愛読者 より:

    通貨供給量が増えても簡単にはインフレにならない現実の理由を考えてみます。経済学の入門教科書の何がまずいかを考察する意味でも。日米が典型例です。
    アメリカは今回のコロナで,FRBの国債の買い上げや給付金で,かなりドルを刷りました。国債を買い上げた分は国債売った人に現金が渡るのですが,それは,海外を含む金融機関,政府,投資家などで,この人達は手にしたドルを消費にはあまり使いません。別の投資商品を買うだけです。結局,マーケットの中にドルが留まり,商品価格を上昇させません(一部は商品相場に向かうかもしれませんが)。給付金でバラまいたドルも株式投資にかなりが回ってしまったようです。その後の株価の下げで評価損が出ているはずですが,給付金で株を買ったドルは,プロ級の投資家(株の売りに出たはず)の懐に流れたと思います。この人達の多くはお金持ちで,株で得た利益は再投資に回り,消費にはすぐには回らないと思います。お金はお金持ちのところに集まる習性を持っていて,62人の大富豪が全世界の半分の富を持っています。こういう人たちにお金が渡ってしまうと,インフレにはなりにくいのです。
    日本は大富豪が少ないのですが,国民全体が預金好き,という習性を持っています。すぐにお金を消費せずに,とりあえず銀行口座に預けておく。それで,商品の需給関係はタイトになることはなくでインフレが起きにくい。
    現代社会は,経済学の入門書に書いてあるような需給関係でインフレが起きることは少なくで,国債等のマーケットでの売買とか,為替変動のほうがインフレの主要原因になります。国債が売り浴びせられたり,為替レートが自国の通貨安になるとインフレになります。
    それで,前から言っていることですが,アメリカ国債が売り浴びせられたらどうなるでしょう(過去に説明済なので省略)。売り浴びせられる引き金は山ほどあります。

    1. 農家の三男坊 より:

      愛読者様
       ”経済学の入門教科書の何がまずいか”は”入門書を現実に安易に当てはめることが間違い”と思います。
      入門教科書は本質的な効果を理解させるためのもので、その条件設定が現実とかけ離れているのだと思います。
      日銀の異次元緩和が思い通りの効果を発揮できないのも、じゃぶじゃぶのお金を実経済に流せていないからです。これは財務省の責任もありますが、経済界のビジネススピリットが貧弱だからでしょう。コロナ第一波では怪我の功名でしたが、コロナ後はどうなることやら。今は、中共が米国債を売り浴びせても米国債は堅調ではないかという気がします。逆に中共は1,2年の内に弾切れで元大暴落で死ぬのではないかという期待をしています。

      1. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

        農家の三男坊様

        「中共が米国債を売り浴びせても米国債は堅調ではないか」

        売り浴びせられて、許容範囲限界に下がったところから、FRBは、買い始め、
        売り浴びせられる前の水準まで戻します。

        中国の資産は、米国債からそれより低金利(ゼロ)の現金預金に替わり、
        その総額は、売り浴びせする前の米国債評価額より小さい。
        つまり、中国が大損するでしょう。

        「弾切れで元大暴落」

        どういうメカニズムを想定しているのでしょう。
        元は資本市場で自由化されていないので、どういう経路で下げるのか、
        よくわかりません。

        1. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

          補足です。

          お金は、米国債から、現金預金に替わっただけで、市場に出ていません。
          俗に言う、「ブタ積み」。

          世間ではよく、「中国が米国債を売れば…」というのですが、
          どういう経路で米市場に影響を与えるのかよくわからないのです。
          もちろん、全然影響がないとは思いませんが。

        2. 農家の三男坊 より:

          成功できなかった新薬開発経験者 様
           米国債は、下記でも仰られている様に、FRBが買い支えるでしょうし、日本はじめ各国が外貨準備のポートフォリオを少し弄って吸収すると思います。
           一方、この状態では、米国が中共を敵対勢力と見做し、資本引き上げ(現実は塩漬け、輸入代金の相殺等)と関税の引き上げ(最後は輸入禁止、ドル決済の禁止)でドル資金の流入を止めると思います。結果、食糧、原油を輸入に頼る中共は手元のドルが枯渇して元大暴落(実勢レート)というシナリオです。
          元大暴落は実勢レートの話です。資本の自由化はしていなくとも輸入決済は必要で、最後はデフォルト又は下記福岡在住者様が仰るように戦争でしょう。
          ポイントは元経済圏が何処まで拡大できるかですが、食糧は南北米大陸&オーストラリアから輸入するしかなく、原油決済もイラン・ベネズエラ以外は元では応じてくれないでしょう。応じればその国が潰される。と、こんな妄想を楽しんでいます。

      2. とある福岡市民 より:

        この一連のやり取り、まるで「列子」の「杞人之憂」みたいです。

        1. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

          とある福岡市民様

          仰る通りとは思いますが、

          杞人は心配のあまり、不安を抱えて、憂鬱な気分ですが、
          ここの人々はロジックを弄んで、愉快な気分です。

        2. はぐれ鳥 より:

          とある福岡市民様

          「杞人之憂」と聞いて思ったことです。同じ事象でも、杞憂と言われれば大体無視しますが、ブラック・スワンと言われれば何だか心配になってきます。これが「言葉のあや」というものでしょうが、マスコミ他、文章で世間に影響を及ぼす人たちには、くれぐれも、言葉づかいには注意を払って欲しいです。

    2. 福岡在住者 より:

      >アメリカ国債が売り浴びせられたらどうなるでしょう(過去に説明済なので省略)。

      誰がやるのですか? やれないから とりあえず世界経済は継続しています。 それをやったら経済が崩壊しますが、新たな秩序を模索するための行動をしている陣営(中国)が行動しても、、、(笑) 

      太平洋戦争に突入した 大日本帝国海軍のようであったら有難い。(愚か者) 

    3. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

      愛読者様、農家の三男坊様

      「アメリカ国債が売り浴びせられたらどうなるでしょう」

      FRBは、売り浴びせられる直前が適正と判断していると仮定します。

      FRBは、しばらく様子見して、下げ幅が許容範囲の下限(長期金利の許容上限)から米国債を買い、
      適正と判断した水準(売り浴びせの直前)まで、戻します。

      売り浴びせた投機家は、安値で売ったことになり、大損。

      FRBに勝てる投機家はいないと思います。

    4. ひろた より:

      経済学の入門書のまずい点て具体的になんでしょう。
      グレゴリーマンキューのマクロ経済学 入門編
      ポールクルーグマンのマクロ経済学
      ジョセフスティグリッツの入門経済学
      この辺りが現在のアメリカ金融政策を担う学者の書いた入門書かと思うのです。
      インフレ部分は、クルーグマンが警告してきた流動性の罠とは違うのでしょうか。
      国債については、成功できなかった新薬開発経験者さまのいうとおり、上記の経済学者達の流れを組む金融政策関係者が対処していくと思います。

  11. とある福岡市民 より:

    すごいもの見つけました。
    ↓ ↓ ↓

    北村ヂン「レジェンド漫画家たちが住んだあの「トキワ荘」が遂に復活したぞ!」
    https://dailyportalz.jp/kiji/tokiwa-sou_grand_revival

     不思議なもので、偉業を成し時代を作った人達の集団は、一ヶ所へ集まって切磋琢磨する事を青春時代に経験してます。武将や大名なら清洲城、長浜城、岡崎城。近代以降の政治家なら松下村塾、加治屋町、亀山社中、吉田学校。近代の学者や医師なら適塾、佐倉順天堂、北里研究所がそうです。
     日本のマンガでは間違いなくトキワ荘でしょう。トキワ荘はだいぶ前に取り壊されましたが、復元工事が行われて「トキワ荘マンガミュージアム」に生まれ変わりました。7月7日にオープン。場所は東京都豊島区南長崎3丁目。都営大江戸線か西武池袋線で行けるそうです。関東にお住まいでマンガ大好きの方、予約を取ってぜひどうそ!
     関東在住の方は気軽に行けるのがうらやましいです(笑)

    1. 阿野煮鱒 より:

      鉄筋コンクリート建築なのに木造モルタルにしか見えない! レリック(エイジド)加工の技術の高さ。狙い通りにギシギシ鳴る階段。何ということでしょう、現在の建築業界にはこんな技術を持つ業者があるんですね。

      豊島区もよくこのプロジェクトをやり遂げましたね。凄い。

    2. 閑居小人 より:

      とある福岡市民さま

      トキワ荘の情報ありがとうございます。
      その昔漫画を読みふけっていた世代であればトキワ荘と聞けば沢山の漫画家を思い出すことでしょう。
      私がトキワ荘を知ったのはCOMという漫画雑誌でした。そこに「トキワ荘物語」が連載されていて面白かったことを思い出し、早速物置部屋から本を探し出しまたまた懐かしく読んでみました。

      連載第1回は水野英子女史でした。
      彼女は昭和31年春に入居したそうで、アパートの部屋代が月3,000円、食事代が月約4,500円で生活できたことが書かれていました。

      第2回が寺田ヒロオ、第3回が藤子不二雄です。
      これから読みます。

      では では

      1. 閑居小人 より:

        COMの「トキワ荘物語」では水野女史本人が昭和31年入居と書いていましたが、添付の動画を見ると本人のプレートに昭和33年入居とされています。

        武漢肺炎が収束したと自他共に認められるようになったら訪れてみたいです。

        https://www.youtube.com/watch?v=10MODnxmRHI

  12. ななよん より:

    基板と基盤、言葉についての阿野煮鱒さまのご提議、興味深く拝読しています。誤用、濫用、借用がその後に市民権を得ることはママありますね。秋葉原はアキバハラでした。特に口語の方が変化しやすいと思います。英語の&をNとするのはrock’n’rollが早いですね、それでもR&BはR’n’Bと記したのは見たことが有りません。ain’tやら、古いところでスタイリスティクスの betcha by Golly は最初に聞いたときに全く判りませんでした、これが I bet You by God とはね。スラングが一般化してしまいます。

    マスコミ言葉につき注意していることとして、次の2点を挙げたく存じます。
    ①意図的な誤用、事実をズラした言葉に気を付けよ!
    新宿会計士さまが繰り返し間違いだとして取り上げる「輸出規制」や「強制徴用工」「性奴隷」など、一連の禍の国の主張や、それに同調する我が国のマスコミは、意図的に事実を正確な言葉としては表現していません。「ウソも100回唱えれば真実になる」ことはなく、ウソはウソのままです。「リベラル」やら「極右」やら「ポピュリスト」やら、その実態と言葉のズレはソシュールも吃驚でしょう。さらに最近のBLM運動はポリコレを超えて完全に騒乱誘導、これを差別反対運動と言って憚らないマスコミに信用などなし。

    ②マスコミの頻出語に気を付けよ!
    最近のニュースでよく耳につく言葉として「異例の」があります。特にKOVID-19対策として補正予算やら当然に行われることを「異例」と報道します。何をそんなに煽っているのか、国民を不安に貶めたいのか、今までにないパンデミックであるから前例のない措置が必要なのが当たり前であり、このような不要な形容詞を付けずに冷静に事実を報道すればよいものを。混乱やら騒乱やら戦争やら、お好みなのでしょう。
    勿論「新型コロナウイルス」もおかしな名称、次に流行るコロナウイルスは「新々型」とするのでしょうかね?「武漢肺炎」が事実を最も的確に表現していますし、世界的にはCOVID-19でありましょうに。
    さて、「~との可能性を考えるべき」「~との疑問が出されている」「~との論議を呼ぶものと思われる」などは、皆さまご存知の通りのマスコミの特殊表現です。真っ向から批評できない、卑怯者の或いは無能力者・無責任者の負け犬メッセージと思ってほぼ間違い有りません。

    ちなみに、先日来の共同通信社G7記事は、中央日報など禍の国とのニュース・ロンダリングと思います、「反日」材料のネタ撒きですね。正義連の金の問題、K経済が下落し、K防疫が破綻し、北からはゴミ扱い・・・内政・外交で閉塞状態の中で唯一のツールは「反日」でしょう。このタイミングですから。

    さて、三途の川の渡し船の基板を基盤にしたのは誰でしょう?

  13. ななよん より:

    連投失礼します。
    最近の読んだ本から、ややトゲもありますが、外交の本質を考える一冊として紹介いたします。我が国の自助努力はどうであるか、嫌いな国であってもどのような外交関係を有するのか、欺瞞性の塊である国際機関やグローバリズムとの付き合い方など、外交戦略と国家思想の一つの指針と言えましょう。
    なお、小生は、フランス革命時のフーシェとタレーランの存在について、その判らぬがゆえの好奇心、を持っています。ビスマルクもドゴールも含めて思うに、我が国に、頭の良い優秀な外交官は居られるでしょうが、「殺しておけば良かった」「会議を踊らせる」ほどの外交官が育つ土壌があるのでしょうかね。

    伊藤 貫
    歴史に残る外交三賢人-ビスマルク、タレーラン、ドゴール
    (中公新書ラクレ (677))

    リアリズム外交=バランス・オブ・パワー外交の重要なコンセプト3点。

    1,国際政治の本質は常にアナーキー:真の強制執行力を持つ「世界政府」「世界立法院」「世界裁判所」「世界警察軍」は一度も存在しない無政府な状態:であった。このような無政府的で不安定な国際政治状況を少しでも安定させるため、世界諸国はバランス・オブ・パワー(勢力均衡)の維持に努める必要がある。

    2.どの民族、どの文明の価値判断が正しいのか、ということを判断できるのは「神」や「仏」のみであり、自民族中心的な思考バイアスから逃れられない人間には不可能な行為である。リアリズム外交に聖戦的・十字軍的な「普遍的正義」や「好き嫌い」の情緒は不要である。

    3.国際政治の行動主体はnation-state国民国家なのであり、国際機関や同盟関係ではない。自助努力(自主防衛の努力)を怠る国家は、いずれ国際政治の急変事態において脱落国や隷属国となる運命に遭遇する。

    1. はぐれ鳥 より:

      ななよん様

      残念ながら、日本には、このような優れた外交人が生まれる土壌はないと思います。このような人を生みだすには、国民全体が持つ歴史体験、特に他国・異民族に侵略されるなどの経験が必須だと思うからです。

      日本のそのような経験は、唐・新羅同盟と戦った日本建国の頃、幕末以降に欧米から植民地化圧力を受けた時、WW2敗戦後のみといって良く、国民が侵略者・征服者と直に接することは、米軍占領期以外にはありませんでした。さらに、その米軍も征服者としては寛大でしたから、我々国民一人一人は、過酷な外交条件下で生き延びるという経験に乏しいのです。それが、「自主防衛の努力」を重要視しない現代日本の国民性につながっていると思います。

      このような経緯を踏まえると、日本人のこのような外交オンチは簡単には改善できないでしょう。他国、それも日本に対する強い敵愾心を持つ中国・ロシア・半島などから侵略され、その圧政下で惨めな生活を送るような体験でもしない限り治らないのでは、と悲観しています。

    2. とある福岡市民 より:

      ななよん 様

       吉田茂なんてどうでしょうか。
       敗戦国の代表でありながら戦勝国同士の対立を巧みに利用し、領土をほぼ保全して独立を勝ち取った、という点でタレーランと共通してます。

      1. ななよん より:

        はぐれ鳥 さま
        とある福岡市民 さま

        コメ有難うございます。日を跨いでのレスご容赦を。

        我が国は、外国との戦争よりも、地震・噴火・台風などの自然災害との格闘してきたとのイメージが強いのですが、元寇で北条時宗の果断な決断や、その前には刀伊の入寇で藤原隆家の活躍、戦国時代のヨーロッパ諸国との付き合い、江戸時代でも安政の大獄は我が国の防衛についての幕府批判と言え、折に触れて「国防意識」が高まった時期がありました。日清・日露の戦いはいうに及ばず、大正期におけるワシントン軍縮条約や、その後のロンドン軍縮条約など、我が国も当事者として関与し、国防について有識者のみならず一般庶民も認識していました。小生は、国防意識がまったく希薄になったのは、1945年8月以降のことと考えています。

        GHQは占領軍としては「寛大」だったかも知れませんが、企業は解体され、地主は土地を取られ、WGIPを言うまでも無く教科書は黒塗りで、ゼネスト禁止命令で左派も失望し、混血の子供達も多数生まれました。敗戦国の悲哀ですね、命だけはとらないよと。その後の反共政策で、180度の変化があったわけで「防共堤防」となり、30年後には「不沈空母」になりましたが、けれども「自国防衛」の芽は摘まれたままでした。チラっとでも話すだけで、軍国主義者のレッテル貼り、言論封殺でした。

        このような経過の中で、吉田茂首相は本当に尽力したと思います。それでも、イギリス・プロイセン・オーストリア・ロシアの4カ国と丁々発止の相手をして各国を煙に巻いたタレーランの域までに到達していたか、如何でしょうか。吉田茂首相に願望を述べさせて頂ければ、日本国憲法をどうにかして欲しかったですね、吉田学校の後輩達も含めて、どのような問題意識をお持ちでしたでしょうか。

        なお、小生は必ずしもパワー・オブ・バランス論が現状に当てはまるか、疑義を持っています。それは関係各国・関係者がパワー・オブ・バランスとの認識を共有していればこそ成り立つ、と思えるからです。アメリカにしろチャイナにしろ、彼等はパワー・オブ・ドミナンスの信奉者ですね、バランス:調整はなくドミナンス:支配あるのみです。それが現状と認識しています。

        1. とある福岡市民 より:

          ななよん 様

          > イギリス・プロイセン・オーストリア・ロシアの4カ国と丁々発止の相手をして各国を煙に巻いたタレーランの域までに到達していたか、如何でしょうか

           確かに。吉田茂はこのレベルまではできなかったようです。ただ、結果だけ見ればほぼ同じ位の結果を残しました。タレーランと吉田茂の残した結果について比較してみます。

          領土
           フランスは南ネーデルラント(今のベルギー、ルクセンブルク)、イタリアの一部を放棄したものの、フランス本土をほぼ守り切った。海外領土も失うがいくつかは維持し、新たな植民地・セネガルをも獲得した。失った本土の一部も、サヴォワとニースは外交により取り返せた。
           日本は全ての海外領土と千島列島を放棄し、北方領土、小笠原、沖縄を占領されたが、内地の97%を守る事ができた。後に、小笠原、沖縄は外交交渉によって返還を勝ち取った。イストリア半島を失ったイタリアよりも守った領土の割合は多く、ドイツのように国を分割される事もなかった。

          賠償金
           フランス王国は7億フラン(今の価値だと7000億円位?)の賠償金を払う事になった。それでもフランス帝国が全ヨーロッパに与えた損害に比べると少ない。
           日本は後で個別賠償をした国があったものの、主な戦争相手であるアメリカ、英国、フランス、ソ連、中国に巨額な賠償金を支払う事を免れた。賠償金3.6億ドル(現在の価格で約10兆円)の支払いを科せられたイタリアに比べるとかなりの成功。
          軍隊
          フランスは国軍の解体を免れたものの、しばらくの間は外国軍の駐留を認める事となった。
          日本は国軍を解体され、アメリカ軍の駐留を認めざるを得なかった。しかしそれを逆手に取り、在日米軍を国軍の代わりに利用する事でソ連と対抗する方針を取った。

           1950年頃に日本が再軍備をしようとすれば、憲法改正が必須となります。それは気分が強かった日本国民の大多数が猛反発し、アメリカ政府も警戒したでしょう。政敵・鳩山一郎は憲法改正と再軍備が持論でしたが、軍の暴走を警戒していた吉田茂は拒みます(自衛隊の前身である警察予備隊の指揮権を天皇陛下ではなく内閣総理大臣にした吉田茂ですが、今振り返ると正解だったと思います)。
           かといって全面講和や非武装中立は現実的でありません。志願者による警察予備隊の設置が精一杯でしたが、これではソ連に対抗できません。何より、再軍備できるお金がありませんでした。
           そうであれば、在日米軍を盾に使った方がソ連対策に有効であり、しかも格安でできます。「このご時世、番犬くらい飼っているだろう。犬と餌代は向こう持ちなんだよ」というユーモアのある発言が残ってます。吉田茂が推し進めた日米安全保障条約は、日本国憲法を守り、再軍備をせず、日本国民の嫌う徴兵を行わず、しかも格安で国防ができるという、全てを並び立たせる事ができました。全面講和と非武装中立を訴える左派、再軍備による自主防衛を訴える右派や鳩山派は不満でしたが、あの時はこれがベストでした。「あまりにも日本に都合が良すぎる」と気付いたアメリカが10年後に新安保条約に改定させたくらいですから。
           それを今の価値観や国際情勢を基に判断するのは適切と言えません。

           もちろん、後の時代、そして今はベストではありません。実際、1960年の新安保条約以来、日本は少しずつ自衛隊増強を進めてきました。その時にベストと言える手を探し、少しずつ近づけていければ良いと思います。

        2. とある福岡市民 より:

           すみません。訂正します。

          誤 それは気分が強かった日本国民の大多数が猛反発し
          正 それは厭戦気分が強かった日本国民の大多数が猛反対し

           書き忘れたので少し足します。
           今の時代ですら、憲法改正と再軍備は日本が(正確には「自分が」)戦争に巻き込まれるのではないか、と不安で反対する人がそれなりにいて、憲法改正ができません。当時はもっと無理だったでしょう。また、当時は辻正信、服部卓四郎や「服部機関」の軍人のように、旧帝国軍復活を企む人がいました。吉田茂が服部を幕僚長にしなかったのは、満洲事変や盧溝橋事件のように軍人が政府を無視して暴走する事を懸念してたからです。実際、初期の自衛隊は旧帝国軍の軍人が多かったです。
           今の自衛隊は警察から分かれてできた事、内閣総理大臣が最高指揮官である事を理解している人達がほとんどでしょう(自衛隊を天皇陛下にお返しする、と言った人はその辺を理解しているのでしょうか?)し、旧帝国軍を直接知る人もいません。今なら増強したり名実ともに国防軍に改編したりしても大丈夫だと思います。

           あと、タレーランはフランス革命では統領政府や第一帝政の閣僚でしたね。そのタレーランが、ウィーン会議では「フランス王国もナポレオンを倒した戦勝国」と主張してました。国のためとは言え、どれほど面の皮が厚いのでしょうね。吉田茂も人を食って政界を泳いだ人物でしたが、ここまでずるい事はしてません。

  14. イーシャ より:

    “イースター創業者、保有株を全て無償譲渡” (アジア経済ニュース 2020/06/30(火))
    だそうです。
    あの民族の金への執着から考えれば、既にイースター航空株は無価値なのでしょう。

    人の移動制限が一歩進みそうです。

  15. タナカ珈琲 より:

    WHOがウーハン風邪の発生源を突き止める為に
    武漢に調査団を派遣するそうです。

    ウーハン風邪の発生源は武漢で無いと結論するに 1票。

    嘘つき中国共産党やったら、厚顔無恥な事は平気でします。
    テン、テン、テン、

    1. 福岡在住者 より:

      タナカ珈琲 様

      昨日、オリックスを拾いました(笑)  ¥1298で張っていたのですが、下りて来きてくれないので¥1315で、、、。 コロナ騒動が改善されない限り厳しいでしょうが、しばらく保有します。

      1. タナカ珈琲 より:

        福岡在住者 様

        オリックスですか、羨ましいです。現在1339円です。

        オリックスを買う予定だったのですが、降りて来ないので、
        商事を2491円で高値掴みです。今は、2282.5円です。

        死ぬ迄配当をハゲみに保持します。
        昨日JTが2,000以下になったので信用で買い増しを……、
        考えたけれど、やめました。
        だって、買ったら下がるし…、売ったら上がるし…。

  16. 韓国在住日本人 より:

     さて、小生の韓国での仕事があと30分ほどで終わります。

     あとは帰国する8月までに、諸々の手続きを終わらせ、お世話になった韓国人に会いに行く予定です。

     離れるとなるとなんだか寂しい感もありますが、まだまだ人生は長い(ホンマに?)ので、何かの機会にこの国で仕事をする日が訪れるかもしれません(その時まで国があればですが・・・)。

     さて、本日は退職祝いで飲みに行きます。明日の出勤の心配をしなくても良いので気が楽です(笑)。

     駄文にて失礼します。
     
     

    1. 新宿会計士 より:

      韓国在住日本人 様

      11年間のお勤め、本当にお疲れ様でした。まずはゆっくりなさってください。
      あとはネコちゃんと一緒に帰国するのみですね。
      また、ご帰国後にはぜひ、ご連絡を賜りますと幸いです。

    2. 平凡なサラリーマン より:

      永らくの韓国勤務お疲れ様でした。
      今宵はしっかり飲んだくれて下さいませ(笑
      また帰国されましても、回顧録のような読者投稿を是非引き続きお願い申し上げます。

    3. 名古屋の住人 より:

      韓国在住日本人様

      K国における長らくのお勤め、お疲れ様でございました。

      残りわずかなK国での生活を存分に楽しんでいただき、愛猫さんとつつがなく御帰国なされるよう、ぜひ体調にはくれぐれもお気を付けください。

      健康は何にも代えがたい宝ですね。

    4. とある福岡市民 より:

      お疲れ様でした!帰国まで体をいたわりながらゆっくり過ごして下さい。無事の帰国をお祈りしてます!

    5. 阿野煮鱒 より:

      お疲れ様でした。
      現地在住ならではの貴重な情報の数々、ありがとうございました。
      ご無事でご帰国ください。

    6. イーシャ より:

      お疲れ様でした。

      これからも、韓国在住経験者としての立場から、いろいろ教えてくださいませ。
      ネコちゃんと一緒に、無事帰国されますように。

    7. 韓国在住日本人様
      韓国在住日本人様に栄誉礼
      捧げ銃
      「ビシッ・バシッ・ピシッ」
      パッパラパパラァ〜 
      パッパッラパッパパッパパッパァラァパ〜
      ………
      直れ

      韓国在住日本人様旗手はハゲ親父🐧軍曹であったニダ。🐧

    8. H より:

      韓国在住日本人様

      11年間ご苦労様でした
      住めば都、例え分かり合うことが
      できない国であってもですよね
      また色々な投稿期待しています
      気をつけてお帰り下さい

    9. 福岡在住者 より:

      韓国在住日本人 様
      >何かの機会にこの国で仕事をする日が訪れるかもしれません

      何かこの辺はステキですね。 そうだったら結構面白いかもですよ。 韓国は大嫌いでですが、在韓さんが好きになった分野で そちらで貢献して頂ければ、、、。 でも、日本に忖度してくださいね。

    10. ボーンズ より:

      お仕事お疲れ様でした。
      後は愛猫共々無事に帰国できますよう、願っております。

    11. クロワッサン より:

      お疲れ様でした。

      帰国までのK生活の中でネタが見つかればまたご紹介戴きたいです。

  17. 名古屋の住人 より:

    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官の「年とともに丸くなった」様の読者投稿に返信しようと思いましたが、長文になってしまったのでこちらに投稿します。

    先般、読者雑談専用掲示板(だったかな?)で投稿したことに関連しますが、大陸・台湾・香港及び世界各国の華僑/華人をとても大まかなくくりで分けてみると、次のようになります。

    1.大陸/大陸以外を問わず、凡そ中華文化圏にルーツを持つ人々に共通するもの

    1-1.「関係(グワンシ)」に基づく考え方、行動様式が根底にある。

     「関係」とは主に人間関係を指し、「関係」を支える行為として「送礼」がある。「礼」を送る、即ち贈り物の文化であり、精神的な文化ではない。
     人間関係の重要度を「物の価値」で可視化する傾向があり(「贈収賄」と表裏一体の関係?)、高価な贈り物をし、重要な情報をシェアすることが「関係」維持の秘訣。
     ここでいう「関係」とはあくまで「個」と「個」のつながりであり、集団(面)にはならない点が日本とは異なる。

    1-2.「面子」を重んじる。

     面子とは、中華文化圏の儒教的行動基準のキーワードの一つ。本人の社会的評価/個人的評価と密接に関連しており、「顔に泥を塗る行為」は中華圏の人にとって死活問題となりかねない。
     同時に、秩序の維持のためには「信賞必罰」が必須要件。宗主国が、同じく中華文化圏にどっぷりつかった(?)半島に対して容赦なく苛烈な躾を施すのは、「信賞必罰」が根底にあるからか?

    1-3.「人情」-「関係」を支える感情的基盤

     人間関係の距離に応じて、最も親しい関係の「自家人」「自己人」、赤の他人の「外人」、どっちつかずの微妙な位置にある「熟人」に分けられる(前回投稿したので、割愛します)。

    1-4.中国兵法

     中華文化圏に属する人たちは、「関係(人脈)」が築けていない相手に対し、自分が勝つために「兵法」を駆使して挑んでくる。相手に「兵法」を使わせないためには、長い時間をかけて「関係(人脈)」を築くことが何事においても第一歩。
     ここでいう「兵法」とは「孫子の兵法」を思い浮かべていただくと良い。孫子は「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」と説く。即ち、戦わずして勝つことこそ最良の策であり、実際に戦火を交えて勝つのは愚策でしかない。
     大陸が日本に対して常に駆使している「情報戦」「心理戦」「法律戦」及び「サラミ・スライス戦略」「キャベツ戦術」は、「孫子の兵法」でいう「戦わずして勝つ」を実践していると言える。

    2.大陸にあるが、大陸以外にないもの

     それが「国情」。大陸はこの「国情」があるが故に難しい。ビジネス関係、個人と個人の関係を問わず、必ず大陸独特のカントリーリスク(チャイナリスク)が常に付きまとう。
     しかし、「国情」は中国共産党一党独裁がもたらすカントリーリスクであり、大陸の国土以外でのカントリーリスクはその国固有のものであり、別物と考えた方が良い

    3.台湾との関係

     台湾も中華文化圏に属するので、読者投稿の皆様が仰る通り過度の期待は禁物でしょう。
     国と国の関係を築くことは難しく、時の両国政府の「トップ同士の個人と個人の関係」をいかに築くかが、台湾に「兵法」を使わせないためのとても重要なキーワードになると思います(一方のトップが交代すると、また「外人」の関係に戻ってしまうため)。

     但し、台湾には大陸の厄介極まりない「国情」というチャイナリスクがないことが幸いします。
     安倍首相のように比較的安定した長期政権の場合、台湾との「トップ同士の個人と個人の関係」を築き上げることを通じて、日本文化や西洋文化と中華圏の文化の橋渡し役を台湾に期待する、ということができるかもしれません。

    4.武漢肺炎

     余談ですが、台湾で武漢肺炎が蔓延しなかったのは、以下の要因が功を奏したのだと考えています。

    ①中華文化圏に属する台湾政府が、同じ民族として大陸の隠蔽体質を十二分に理解していること
    ②中華文化圏独自の「人と人とのネットワーク」を駆使して、今年1月の早い段階で「武漢肺炎の真の情報」をある程度キャッチしていたと想定されること
    ③適度に小さな国土であったこと
    ④蔡英文総統が2期目の安定政権であること など

    以上、駄文・長文失礼いたしました。

  18. buchineko より:

    お邪魔します

    KY(空気読めない) でごめんなさい

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200630-00000007-hokkaibunv-hok

    さすがロシアおおらかだよね。スターリン、WW2で3000万、2000万お陀仏にしたことに比べればコロナなんて可愛いもんね。
    こんな看護師さんいるんだったら、コロナもいいな。
    クラスター爆弾利用すれば、人口構成矯正できるのにと思っていた私は、どうせ昇天するならAngelと一緒したい

    1. たい より:

      一瞬物凄くロシアに行きたくなりましたが、ロシア女性はピークを過ぎた後が凄まじい事を思い出し、気を取り直しました。

      1. buchineko より:

        お邪魔します

        今が良けりゃそれでいいさ。

        来年はおさらばよ

      2. イーシャ より:

        ロシア女性は概して愛想がよくないですよ。
        個人的には、旧ソ連〜東欧圏では、チェコ・ウクライナ・ラトビア・リトアニアの人の方が好感が持てます。

        1. H より:

          buchineko様
          イーシャ様

          チェコ、ウクライナは美人で
          スタイル抜群な方が多いです
          好みですがチェコおすすめ

        2. イーシャ より:

          H 様

          気が合いますねぇ。
          モデルさんなんかが並んでいても、飛び抜けて目を惹くのはチェコ女性が多いです。

        3. たい より:

          こ、こ、これって、チェコ、ウクライナ、バルト三国の女性に某島根県出身の軍医さんみたいな真似をしろとの皆様の教示⁇
          …しまいに怒られそうですね…

      3. とある福岡市民 より:

        たい 様

         もしお付き合いされるのでしたら、誠実にお願いしますね(笑)
         間違っても嘘ばかりでごまかし、「かくまでに我をば欺き給ひしか!」と叫ばせ、果ては「過劇なる心労にて急に起こりし「パラノイア」といふ病にて癲狂院に入れむとする事のありませぬよう。

  19. タナカ珈琲 より:

    今日は7月1日アレが始まった日ですね〜。
    今後どの様なテンカイになるのか楽しみです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。