「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国

ジョン・ボルトン前米大統領補佐官が執筆した回顧録に、ドナルド・J・トランプ米大統領と並んで、韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領に対する極めて辛辣で批判的な記述が溢れているとして、この回顧録が最近、韓国国内で波紋を広げているのだそうです。これに加えて安倍総理が「朝鮮戦争の終戦を妨害した」として、その恨みが日本にも向けられている、という話も聞こえてきました。

安倍のせいで朝鮮戦争終了が実現しなかった

少し前から世間を騒がせているのが、米国のジョン・ボルトン元大統領補佐官による回顧録です。

個人的には原文を読んでいないなどの事情もあるため、基本的に当ウェブサイトではここ数日「静観」を決め込んでいたのですが、韓国メディア、あるいは韓国人ジャーナリストらがこの回顧録をもとに、(なぜか)日本に対する逆恨みのようなものが出て来ているため、これについて少し取り上げてみたいと思います。

まずは、韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)に掲載されていた、この記事です。

「トランプは朝米終戦宣言を望んだが、安倍が反対した」

米国のジョン・ボルトン前国家安保担当大統領補佐官の主張によると、ドナルド・トランプ米大統領は<<…続きを読む>>
―――2020-06-23 07:06付 ハンギョレ新聞日本語版より

タイトルに「朝米」とあるのは「米朝」の意味でしょう。

ハンギョレ新聞によれば、ボルトン氏の回顧録の93~94ページに、シンガポールでの米朝首脳会談を1週間後に控えた2018年6月5~6日、ドナルド・J・トランプ米大統領に対し、日本の安倍晋三総理大臣が「北朝鮮にあまり大きな譲歩をしてはならない」と説得した、と書かれているのだそうです。

これが事実なら、安倍総理は非常に良い仕事をしたといえます。というのも、ハンギョレ新聞が記事第1段落で指摘しているとおり、

当時、米国と北朝鮮の両首脳の初会談を控え、『朝鮮戦争終了』宣言が出るとの見方が少なくなかったが、宣言は行われなかった

からです。

ちなみにボルトン氏はトランプ大統領について、「『米朝終戦宣言』をひとつのジェスチャー、あるいはメディア宣伝用の好材料と考えたに過ぎず、国際関係に及ぼす重要な影響をまったく考えていない」、などと批判しているのだとか。

韓国政府高官が「逆ギレ」?

こうしたなか、昨日は『JBプレス』というウェブ評論サイトに、こんな記事が掲載されていました。

ボルトン回顧録で韓国民の怒りが日本に向かう理由/「南北統一を邪魔して回る日本」、韓国高官が次々と批判の声

米国・国家安全保障問題担当補佐官として至近距離から見守ったトランプ大統領の首脳外交秘話を思いっきり暴露したジョン・ボルトン氏の回顧録『それが起きた部屋』(The Room Where It Happens)に対する韓国社会からの糾弾が絶えない。<<…続きを読む>>
―――2020.6.25付 JBプレスより

ウェブページで3ページに及んでいますが、文字数自体は2000字弱であり、さほど長くありません(執筆したのは韓国出身のジャーナリストの方だそうです)。

この記事によると、ボルトン回顧録では文在寅(ぶん・ざいいん)大統領を意味する “Moon” という単語が153回も登場し、朝鮮半島関連ではトランプ大統領だけでなく、文在寅氏と鄭義溶(てい・ぎよう)大統領府安保室長を辛辣に批判しているのだそうです。

しかし、同記事によれば、韓国で同書が原因となり、「日本に対する激しい糾弾」が続いているのだそうです。とくに、韓国与党「ともに民主党」の金泰年(きん・たいねん)院内代表はボルトン氏と日本に対し、次のように批判したのだとか。

ネオコン・ボルトンの手管や日本の妨害によって、70年間の分断を終え、韓半島統一への歴史的転換となる千載一遇の機会が消えたという、実に嘆かわしい真実が残念だ/ネオコンや日本と手を組む土着分断勢力が、韓半島の平和と繁栄を妨害する『三大分断勢力』であることが明らかになった

また、ほかにも政治家や政府系の国策研究機関の院長らが日本を舌鋒鋭く批判しているようなのですが、逆ギレも良いところですね。

さらに思わず笑ってしまったのは、韓国国内のケーブルテレビで、「日本は南北統一を恐れている」、などとする主張が流された、というくだりです。JBプレスの記事ではこうした韓国国内の雰囲気について、次のように指摘します。

多くの韓国人、特に文在寅政権支持勢力は、朝鮮半島の平和に最も邪魔になる存在が日本と考えている。南北が統一を果たし、経済力や国際的地位の面で日本を超えることを日本が恐れ、南北の和解を妨害しているというのが彼らの主張だ。

日本語には「開いた口が塞がらない」という表現がありますが、これは、あまりにも突拍子もない主張を聞いたときに、思わずあきれ返ってしまうという状態のたとえです。

朝鮮戦争が終了していたらどうなっていたか?

このボルトン氏の回顧録、トランプ氏や文在寅氏らに対してはじつに辛辣なものであるらしく、韓国で連日のように、この回顧録について報道が行われている事実に照らしても、韓国における波紋の大きさの一端をうかがい知ることができます。

この点、ボルトン氏の回顧録に書かれている内容(とくに韓国メディアを通じて知った内容)については、それを事実だと盲信すべきではないと思いますし、あくまでも当時の状況証拠などに照らして判断していく必要があります。

ただ、ひとつだけ確実な点があるとしたら、もしも2018年6月12日のシンガポール米朝首脳会談で「朝鮮戦争の終了」、「北朝鮮に対する経済制裁の解除・緩和」などが実現していたとすれば、それは過去に何度も何度も何度も何度も騙されてきた轍を踏むことになっていたはずだ、ということです。

とくに、経済制裁が緩和・解除されていたとしたら、北朝鮮は嬉々として、秘密裏に核開発・ミサイルを再開していたはずですし、また、皮肉なことに、韓国に対してはより一層高圧的に接するようになっていたのではないでしょうか。

安倍総理がトランプ大統領に対し、「安易な譲歩をするな」とクギを刺していたのかどうかについては、実際のところはよくわかりません。

しかし、ボルトン氏の主張が事実ならば、北朝鮮に対する経済制裁は現在に至るまで解除されていない大きな理由のひとつは、安倍総理がしっかりと仕事をしたからだ、という仮説が成り立ちます。だからこそ、日本国内でも特定勢力が「アベは辞めろ!」と大騒ぎしているのかもしれませんね。

蚊帳の外にいたはずなのに…

もうひとつ、皮肉のひとつも言ってやりたいような気持にもなる材料が、「蚊帳の外」理論です。

これは2018年当時、日本や韓国のメディアがしきりに主張していた内容で、わかりやすくいえば「朝鮮半島問題から日本は完全に蚊帳の外に置かれている」、「南北和解の際には日本は意思決定に関われず、朝鮮半島復興費用のみ出すことになる」、といった主張です。

また、この「蚊帳の外」理論とともに、もうひとつしきりに唱えられていたのが「運転席理論」、つまり「朝鮮半島問題」を「バス」にたとえ、その運転席に座っているのが文在寅大統領で、安倍総理はバスに乗り遅れて右往左往している、といった主張です。

この「蚊帳の外論」や「バスの運転席論」、当ウェブサイトでは『ビジネスを知らない記者が「日本は蚊帳の外」と無知を晒す』や『どうなった「韓国運転席論」と「日本蚊帳の外論」』などでも取り上げて来たとおり、当ウェブサイトとしてはかなり懐疑的です。

当時、大見得を切って「蚊帳の外論」などを唱えていたはずの韓国メディアが、ここにきて一斉に「日本悪玉論」に舵を切るというのも興味深いところですね。

韓国に対して輸出管理をもう一段厳格化すべき?

さて、こうした「ボルトン騒動」の裏で、昨日はこんな報道もありました。

国連に対北制裁の一部緩和要請へ 韓国国会外交委員長(2020.06.25 11:44付 聯合ニュース日本語版より)

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)の記事によると、韓国の与党「ともに民主党」の議員で韓国国会の「外交統一委員会委員長」を務める宋永吉(そう・えいきつ)議員は25日、「国連安全保障理事会に対北朝鮮制裁の緩和を要請する」との考えを示したそうです。

韓国国民の血税で作られたはずの南北連絡事務所を爆破されておきながら、どうしてそこまで北朝鮮におもねるのか、いまひとつ理解に苦しむところではあります。

もちろん、これに対しては、「北朝鮮に対する融和的な姿勢を示しているのは、『ともに民主党』など、ごく一部の議員に限られる」、「韓国国民の多数が北朝鮮に融和的なわけではない」、といった主張があることは存じ上げています。

しかし、残念ながら「ともに民主党」は、その衛星政党などとあわせて現在の韓国の国会で3分の2近い多数を占めており、この手の「北朝鮮制裁緩和論」に代表される北朝鮮に対する融和的な主張は、決して「少数派」の意見ではありません。

そして、こんなおかしなことを主張する人物が所属する政党に、国会で3分の2近い多数を与えたのが韓国国民であるというのはれっきとした事実であり、その意味で、韓国は現在、「国として」北朝鮮に融和的な姿勢を取っていると見られても文句は言えないのです。

こうしたなか、日本政府が韓国に対する輸出管理の厳格化・適正化措置を発表してから、もうすぐ1年が経過しますが、韓国に対する輸出管理をもう一段、厳格化する、という話が出て来ても不思議ではないと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    怒りに任せた脊髄反射で、日本企業資産の売却に突っ走ってくれれば話が早いですね。
    ついでに、GSOMIA もお忘れなく。

    あっ、そうそう、朝鮮戦争時に日本に避難・密航してきて居着いている在日の方々に帰国いただけば、終戦気分を少しは味わえるのではないでしょうか ?

    1. だんな より:

      イーシャさま
      ハンチョッパリは、差別されるニダ。
      →差別するのは韓国人で、日本のせいでは、有りません。
      差別される原因を作ったのは、日本が植民地にしたせいニダ。
      →朝鮮戦争の時は、韓国が独立してましたので、日本のせいでは、有りません。
      うーん、キリが無いニダ。

  2. G より:

    ボルトンさんの本でもって、韓国にいらついてたのは日本だけじゃなかったと気付けただけでも有用な出来事でした。みんな同じこと考えてるのにかみつかれると面倒だからと避けてただけと。

  3. だんな より:

    新宿会計士さんが、丁度良いスレを立ててくれました。
    中央日報からです。
    韓国与党であふれる終戦宣言論…民主党院内代表「運転者論を強化して再推進しよう」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4aafb43773f218ad12a7a750da47791b952f334d
    ゴミ箱に入った「運転者論」を強化し、再推進しようという、「アンタ、バカァ?」な話です。

    「対北朝鮮物資搬入などを厳しく規制する国連司令部が、悪いニダ」「北朝鮮が核武装したのは、オバマ大統領のせいニダ」「終戦宣言が必要ニダ」など、妄言が続いています。
    アメリカを中心とする国際社会は、終戦宣言するには、北朝鮮の非核化が必要だと、考えていますが、韓国側からは「非核化」の文言も無くなりました。
    文大統領が就任してから言われていた、韓国を北朝鮮に差し出す流れが、出来上がりつつあるように思います。

  4. 韓国在住日本人 より:

     この中にも出てくる鄭義溶大統領府安保室長と日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)が最近よくニュースに出てきます。

     因みにこの両者発音がよく似ています。

     鄭義溶:정의용(チョン ウィヨン)
     正義連:정의연(チョン ウィヨン)

     これは韓国に住む外国人にとって難度の高いものです。両者の名称だけでは中々話が通じず、色々と形容しないといけません。

     本文とはあまり関係ない内容ですみません。

     駄文にて失礼します。
     

    1. 阿野煮鱒 より:

      母音の微妙な違いと、語尾の子音が“ng”か“n”かの違いですね。
      これは超ムズいですね。私には聞き取り不可能!

  5. カズ より:

    ・蚊帳の外論
    蚊帳というものは害虫がいる方が外側なのでは?

    ・バスの運転席論
    向こう見ずな運転で、米朝両国から「同乗させられるならカネをくれ!」と迫られてます。
    (根回しは条件をすり合わせること。嘘ついて会わせることではないはず・・。)

    ・北朝鮮制裁緩和論
    北朝鮮に国境近くで砲門を開けたり閉じたりされるのが堪らなければ釜山に首都を移転すればいいのに・・。
    って感じです。

  6. 捨韓人 より:

    日本は「蚊帳の外」から親北韓国人が火病れるほど影響力を示せるんですね.日本スゴイ

    聯合ニュース資本のTV局であるYTNのサイトで「韓国戦争70周年、日本を考え直す (2020-06-24 19:30)」というビョン・サンウクという人物のアンカーレポートが掲載されています.
    内容は、
    韓国戦争(朝鮮戦争)で「日本は天の祝福の様な恩恵を受けた」「戦争の最大受恵者は他でもない日本」と指摘したうえで、「日本は朝鮮戦争を契機に軍事・外交的にも息を吹き返した」とちょっと強引すぎる結論を引き出して、
    「侵略戦争で戦争物資を供給した罪で解体された日本財閥もこっそりと立ち上がった。財閥復活が10年以上前倒しになった。」 と悪意満々で語り、
    「安倍は自身の再任のために、日本の東北アジア地域覇権のために、韓半島の終戦宣言を妨害し」
    「もしかしたら安倍と日本は今でも韓半島での「天佑神助」戦争が再び勃発することを待ちこがれているのかも知れません。」 と陰謀論を述べています.

    ハンギョレなど民間メディアは当然、今の韓国政権下で「韓国の人民日報」「朝鮮中央通信ソウル支局」と言われる聯合ニュースやYTN、KBSなど政府系報道でもこういった日本に対する悪意に満ちたプロパガンダが日常茶飯事です.

    1. 万年寝太郎 より:

      >> 「運転席理論」
      その道路、先が無くなってますよ?
      標識見えませんでした?

      1. 万年寝太郎 より:

        あっ、すみません。
        記事にコメントしたつもりが返信になってしまいました…。

    2. マスコミ関係の匿名 より:

      捨韓人さま

      >「もしかしたら安倍と日本は今でも韓半島での「天佑神助」戦争が再び勃発することを待ちこがれているのかも知れません。」

      日本は関係ない。勝手にドンパチ心行くまでやってくれぃ、と言うことですね。

  7. j より:

    北朝鮮が何度も核放棄の約束を破ったから、経済制裁があります。

    文大統領は、そこは真剣に考えなかったのでしようか?
    ヨーロッパで相手にされなかったことで、気付けなかったんでしようか?
    世界は北朝鮮の核放棄より統一を重要視すると、文大統領と同じように考えている、と思ったのでしょうか?

    結果は今のところ、そうではなかったです。

    北朝鮮も経済制裁で世界との距離が出来て、正しい情勢、判断が出来てないように感じます。
    そこを考えて、一部の核放棄ではなく、完全な核放棄をアドバイスすれば少し状況は変わったんではないでしょうか?

    反日に目がくらんで、欲張ったんでしょうか?

    今からでも、完全な核放棄をアドバイスして欲しいです。

    それとも逆ギレして突っ走るか、私にはわからないです。

    日本政府はどちらにも対応してくれるとおもいます。

    1. だんな より:

      jさま
      文大統領は、各武装した北朝鮮と、統一したいと考えていると思いますよ。

  8. イジワルばあさん より:

    ボルトン氏の回顧録は、あくまで一個人の主張であり、公文書(一次資料)とは違った捉え方をすべきだし、あくまでこの間の東アジア情勢で何が起こったか、その出来事の経過といった事実と照合しながらその真偽を判断することが必要だと一歩引いて眺めていました。しかも原点を読まずさらにメディアを通して流れてくる断片情報で判断はできませんから。
    甚だ主観的な感想で申し訳ないのですが、印象としては、ボルトン氏の話は「さも、ありなん。」という話で、今まで漠然と感じていたり、勘繰ったりしていたことをはっきり言葉にしてくれたというだけで、違和感は全くありません。

    ただ
    >ハンギョレ新聞によれば、ボルトン氏の回顧録の93~94ページに、シンガポールでの米朝首脳会談を1週間後に控えた2018年6月5~6日、ドナルド・J・トランプ米大統領に対し、日本の安倍晋三総理大臣が「北朝鮮にあまり大きな譲歩をしてはならない」と説得した、と書かれているのだそうです。

    これが事実とすれば、安倍総理の説得はごく真っ当なものだと思います。というのは、嘘つき、告げ口、食い逃げ、瀬戸際外交は、韓国のみならず北朝鮮のお家芸でもあるからです。先代の金正日のとき、6ヶ国協議のテーブルに着くとか、核軍縮や非核化交渉に応じるフリをして、節目節目で国際社会から経済支援を引き出し、陰では核開発を続けてきたという立派な「嘘つき、食い逃げ外交」の実績が積み上がっているのですから。当然米国も日本もこの二の舞はしないので、確実に非核化が実行される(た)ということが明確にされない限り単なる約束だけで経済制裁を緩めることはできないからです。

  9. とある福岡市民 より:

    以前作った替え歌の通りになりましたね(笑)

    (「もう恋なんてしない」の2番のサビから)

    北からの ミサイルが ソウルに届かないうちは
    ハノイで止まっている 対話を思って心配だけど
    制裁を解けなかった 言い訳は今度考える
    金(キム)じゃなく日本のせいと 言ってみせるから

    本当に 本当に 金(キム)が大好きだったから
    もう統一はしないなんて 言わないよ絶対〜♫

     ……駄作にて失礼します(笑)

    1. 阿野煮鱒 より:

      どんなときも どんなときも
      イルボンのせいにすることが
      答えになること 僕は知ってるから~

      1. とある福岡市民 より:

        阿野煮鱒 様

        お見事です!ハマりましたね〜♫ (パチパチパチ) 「どんなときも」は思いつきませんでした。

        どんなときも どんなときも ウリがウリらしくあるために
        「謝罪と賠償を!」と 言える気持ち 大事にしたい〜♫

        1. 薩摩隼人 より:

          あんたらアホやろ、オモロすぎる

  10. tomiron より:

    いろんな状況が整っていたとしても、統一したら日本を追い抜くとか言いながら、
    統一の費用は日本に出させるつもりのようですし、どうして日本の賛成なんか期待するんでしょうね。

    まあ、朝鮮戦争終結で実際に起こるのは

    国連軍の活動終了→
    在日国連軍司令部の廃止と在韓国連軍の撤退=在韓米軍の大幅削減→
    南北パワーバランスの北朝鮮優位の固定化→
    速やかな北朝鮮による半島の武力統一

    ですから、韓国国家の自殺行為を止めてやっているだけなのに完全な逆恨みです。

  11. 自転車の修理ばかりしている より:

    >「北朝鮮にあまり大きな譲歩をしてはならない」と説得した

    これは日本としては妥当な発言であり、西側諸国にとっても首肯できる内容です。
    讒言とも言えない当然のアドバイスで南北関係が壊れたのなら、その程度の決意と理解でしかない、ということです。いつもの「日本のせい」を喧伝するのは、韓国の不覚悟を曝け出すだけのことで、自己紹介乙としか論評できません。韓国人は、他国のちょっとした口出しで自国の進路がひょいひょい変わると言いたいわけですか。そんな国が運転席に座るなんて、思いあがるのもいい加減にして欲しいものです。

  12. 名無しの権兵衛 より:

     「ネオコン・ボルトンの手管や日本の妨害によって、70年間の分断を終え、韓半島統一への歴史的転換となる千載一遇の機会が消えたという、実に嘆かわしい真実が残念だ/ネオコンや日本と手を組む土着分断勢力が、韓半島の平和と繁栄を妨害する『三大分断勢力』であることが明らかになった」
     朝鮮半島の統一による平和と繁栄の実現を妨げているのは、北朝鮮の核兵器とそれを決して手放そうとしない金正恩、そして、金正恩に核兵器を放棄させようとしない文在寅であるということを理解していないようですね。それが理解できていれば、東西ドイツ統一の時に南北朝鮮統一も実現し、朝鮮半島に真の平和と繁栄が実現していたでしょうにね。
     お気の毒ですが、南北統一の夢は、夢のままで終わりそうですね。
     

  13. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    ボルトン氏は、かなりある事ない事書きまくったんでしょうか(笑)。安倍総理、良い仕事してますね〜。南北朝鮮の事、あまり分かってない米国人トランプ大統領に、一番核心の部分を伝えた。

    南北朝鮮にしたら、最も言って欲しくない相手(日本・安倍総理)に、最も耳に入れたくない大統領に進言。信頼関係のあるトランプとしては、【重要な通告】と考えたのでしょう。してやったり!

    北の制裁を緩めたら核開発を進め、近隣国に更に重大なリスクをもたらしていた。今みたいな状態では決して無いでしょう。

    「蚊帳の外」理論と「運転席理論」。ちっとも聞きませんが(笑)。文氏どころか韓国そのものが番外!でしょう。統一されたら、骨までしゃぶられるで〜。アララ、最貧国に転落。

  14. より:

    断片的に報じられているボルトン氏の「暴露」について、日本国内での受け止め方は「ああ、やはりそうだったんだね」以上のものではなく、特に目新しい話はなかったと言っても良いほどですが、青瓦台や韓国与党があれほどいきり立ってみせるのは、よほど不都合だったんでしょうね。これまで文在寅政権最大の業績としてさんざん喧伝してきた南北融和が完全なる錯覚、無慚なまでの虚構であることを明るみにされてしまったので。
    もっとも、青瓦台や韓国与党は錯覚や虚構であったことを未だ認めていない、認めたくないようですが。何か不都合があったら、とにかく他の誰かのせいにするというのは、半万年属国の民の様式美とすら言える習性なので、今更驚くには値しません。

    1. ちかの より:

      龍様
      知ってた、としかw
      韓国ウォッチャーなら、ああ、やっぱりね、というか。
      半島関連の事柄は、そんな感じみたいですね。

  15. 心配性のおばさん より:

    お題違いですが、アノニマスポストさんが、この記事を紹介していました。

    韓国「国策銀行」がサムスンにドルを借りる恥ずかしい事態。そりゃ「通貨スワップ」を連呼するわけだ
    https://money1.jp/archives/23590

    この記事が本当なら、韓国の外貨準備高にWeb主様が持たれた疑惑の裏付けになりませんか?

  16. 田舎のおばさん より:

    図星を指摘され、怒りくるったのでしょう。

    あの当時、文在寅が米朝会談に自分も参加予定で日程を開けているとか、および出ないのに、アメリカから何度もことわられ、メンタルの強さだけは驚愕ものだとか散々揶揄されていたが、自国民や政権内だけは、お花畑状態だったんですかね。

    ボルトンさんに書かれるまでもなく、事実認識されてた既成事実を何をまたって。それより、トランプ氏が自分の手柄として、危うい約束しないかって、心配だという記事もよく目にしていた。やっぱり杞憂じゃなかった。
    こっれて、マティス氏やボルトン氏らの軌道修正の助言がなかったらどうなっていた?、本当にこれが、驚愕ものの心配事。アメリカの闇は深い。

  17. はぐれ鳥 より:

    日本の国益にとって、統一された半島が好ましくないと思うには当然です。公然とは言いませんが、半分の、韓国だけでもあれだけ手を焼くのに、これが一緒になって二倍の大きさになったら、と思うだけでもぞっとします(実際は大したことはないのかも知れないが)。つまり、これまでの彼らの行いが、近隣国をして半島統一を祝福しないようにさせている訳です。

    これは何も、日本のせいではなく、彼らの自業自得です。何故なら、同じ近隣国の中国も、日本以上に半島統一を避けたいハズだからです。というのも、彼ら半島人の本質が、面従腹背の事大主義で、機会さえあれば見下し歯向かってくる、自己中心の差別主義者である事を熟知しているからです。そこが、フランス、ポーランド(ドイツを永遠の敵と思っていた)など近隣諸国に、統一に反対させなかったドイツとの違いです。

  18. 心配性のおばさん より:

    偶然、鈴置氏の新論考を見つけました。

    朝鮮半島は「2017年」に戻った 米朝の駆け引きの行きつく先は「米韓同盟消滅」
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/06261500/

    1. 引きこもり中年 より:

       独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
      (というより、個人的感情丸出しと自覚しているので)

      心配性のおばさん様へ
       私も鈴置洋孝説を拝読しました。そして、個人的感想ですが
      ① 今の複雑しつつある国際情勢では、日本は外交大国を自称するよりも
       裏で確実に実利をとることを狙った方が、良いのではないか。
      ② 韓国は日本に、「韓国の代わりに、国際的非難を浴びても、北朝鮮を
       援助すること」を要求してくるのではないか。(朝日新聞あたりが、北
       朝鮮からのミサイル攻撃を避けるために、北朝鮮を援助すべきと、言い
       出しそうです)
      ③ トランプ大統領はともかく、アメリカの専門家の間でも米韓同盟維持
       をあきらめる声が出るようなら、もし次期アメリカ大統領がバイデン元
       副大統領になっても、米韓同盟は米韓ともに(事実上の)破棄されたも
       のとして、動き出すのではないか。

       駄文にて失礼しました。
       

      1. 心配性のおばさん より:

        引きこもり中年様 鈴置論考については、Web主様の解説を待ちたいとは思いますが。

        >日本は外交大国を自称するよりも、裏で確実に実利をとることを狙った方が、良いのではないか。

        どこかの国と違って、日本は外交大国を自称したことはありません。と思います。また、自国の実利を狙わない外交は無いのでは?それを上手く隠すか、露骨かは腕ですかしら。

        >北朝鮮からのミサイル攻撃を避けるために、北朝鮮を援助すべき

        そういう論理は、日本で通りますかしら?○○マネーで○○新聞が、どれだけ叫んでも、ムダではないかしら?

        >もし次期アメリカ大統領がバイデン元副大統領になっても、

        先ほどのニュース番組で、アメリカ大統領選について論じておりました。

        バイデンさん認知症かもって(笑)、いえ私は笑えないのですけど、そんな彼を担がなきゃいけないほど、民主党には人材が払底している?トランプさんとどっこいどっこい、いい勝負というとこかしら(笑)。

        まあ、アメリカ大統領の場合、大統領を支えるスタッフが物をいうと思っております。トランプさんこれまで、ある程度の国内外の支持が得られたのは、バノン、ナバロ、ボルトンがいたからではと思っております。スタッフ抜きなら、トランプ/バイデンともにどっこいどっこいだと。

        1. 農家の三男坊 より:

          心配性のおばさん様
           まだやっているかは判りませんが、今の韓国の様な外交音痴で”国連常任理事国入り活動”をやっていた国があったと思います。特に外交音痴で米国の太皷持ちを外交と勘違いしていた宮澤某が外務大臣をしていたころです。自国を守ることもできない国が外交できると勘違いしている田舎のおじさんがなんと多い事か。

  19. 引きこもり中年 より:

     皆さんにお尋ねします。日本の『アベノセイダース』と韓国との違いは
    何だと思いますか?
     

    1. カズ より:

      たぶん

      A.倒閣を目論んでの騙り
      K.集りを目論んでの騙り

      最終目的以外の利害は一致してるのでは?

      1. 引きこもり中年 より:

        カズ様へ
         ご回答、ありがとうございます。日本も(全て安倍総理が悪いからと
        いう)『アベノセイダース』のことを考えれば、韓国のことを笑うこと
        は、出来ないのかもしれません。

         駄文にて失礼しました。

    2. ラスタ より:

      アベガー:安全が確保されたうえでヤジを飛ばす。
      韓国:自らの身を滅ぼしてでも相手を貶めてやりたい。

      私は最近、韓国とは「恨」というより、「恥」の文化なのかなと思っています。

      日本が存在する以上、かつては中国勢力圏の属国から独立する気概もなく、その後はスカな内紛の始末で一度ならず日本の世話になり、いまも依存しているという恥は永遠に消えない。
      その恥に耐えて生きていけないから、無かったことにしなくては。
      日本さえ存在しなくなれば、その恥から解放される。
      (このくだり、超能力的シンパシーでちょっと妄想入ってますよ)

      うん、自分的に納得。韓国とは「恨」ではなくて「恥」の文化であると。
      そんで、「恥」を「恥」と考えること自体が恥じ死にするほどに耐えられないので、それを「恨」という言葉に転換していると。

      日本も恥の文化ではあるけれど、自ら冒してしまった恥ずべき過去に対して、自分自身の責任と捉えて身を正すか、他者の悪意の結果と考えて相手の破滅を願う(正面から対峙するつもりはない)か。
      自らの失策を評価するにあたって、自己責任と他者依存という認識の違い。そこは世界観の違いでしょうか。

      言語における言葉の定義ってのはとても大切だと思います。
      言葉が思考を定義する。その母国語レベルが低ければ思考のレベルもおぼつかない。
      「恨」とは何か。外国人にもわかるように、そろそろキチンと説明しなきゃいけないのでは。

  20. 七味 より:

    皆さん指摘してることと被りますが一言なのです♪

    >韓半島統一への歴史的転換となる千載一遇の機会が消えたという、実に嘆かわしい真実が残念だ

    まぁ日本にとっては南北統一なんて、核廃棄や拉致問題解決に比べたら取るに足らない事だから、南北統一が、これら優先順位の高い問題の邪魔になるなら、妨害するのは当然だと思うのです。

    互いの利益が一致するように調整するなり、日本の妨害を排除するなりできなかったことこそが、問題だと気がつかないのが不思議なのです♪

    自分の利益だけを最大化しようとしても、そんなのは只の我儘なのです♪
    (*´-Д-)ハァ=3

    1. 心配性のおばさん より:

      七味様

      >自分の利益だけを最大化しようとしても、そんなのは只の我儘なのです♪

      半島の人々には、未来永劫、判らないと思うのでーす♪

      相手にすることは、ムダ以外の何物でもない。回避する方法を考えるほうが建設的だと思いますのじゃ。

    2. カズ より:

      七味さま

      その通りですね。

      彼らは自分たちで行動することはせず「人任せでの問題解決」しか考えてないくせに事態が進捗しない責任を他者にせいにするんですよね。

      天動説的な思考が改まらない限り、スキンヘッドの女神でさえ降りてこないのではないのでしょうか?

      自助努力の伴わない信仰が意味をなさないように・・、当事者意識の伴わない問題解決なんてあり得ないのだと思います。

      責任転嫁能力ばかり磨いてないで、本質的な問題解決能力を磨けばいいのに・・。

      1. マスコミ関係の匿名 より:

        カズさま

        「スキンヘッドの女神」・・・素晴らしい! 思いも付きませんでした。
        日本は南北朝鮮に対し、断固「スキンヘッドの女神」になりきるべきです。髪を絶対掴ませない、要するに何も与えない、素晴らしいたとえです。

        1. カズ より:

          マスコミ関係の匿名さま

          過大な評価をありがとうございました。
          はしたなくない範囲で、引き続き精進いたします。

    3. 七味 より:

      心配性のおばさん 様
      カズ 様

      返信ありがとなのです♪

      韓国の持ってくる解決策って、大概が「あなたが○○してください。そうすれば自分たちは△△します。」ってのだけど、それで○○したって△△は知らんぷりするから、信用されないんだと思うのです♪

      その点、文議長の自称元徴用工対策は、先に韓国が法律を通すというものだったので、まだマシだったのです。ただ、中身がダメなのと、結局自分たちの意見統一が出来なくてポシャってしまったけど・・・・・

      これも「輸出管理で殴られた」って意識が韓国側にあったからって思うと、対韓国の対応は話し合いでwin-win目指すより、中国式のまず殴るってのが、正しいんだなって思うのです♪

      1. カズ より:

        叩いて正気に戻るのなら叩きがいもあるとしたものなのでしょうが、きっと叩いても現れるのは変なホコリ〔面子〕だけなのかと・・。

        どんなに優しく手を差し伸べても、百発百中で後頭部をHITしたことにされてしまうこの不思議。・・なんですよね。

        (◞‸◟)ざんねんだけど。

  21. 名無しのPCパーツ より:

    日米どころかヨーロッパにも「非核化が先」って言われてたような・・・

  22. マスコミ関係の匿名 より:

    >南北が統一を果たし、経済力や国際的地位の面で日本を超えることを日本が恐れ、南北の和解を妨害している

    これが韓国の民度をあらわす彼らの妄想ですね。南北が統一しても経済力や国際的地位の面で日本を超えることなんて到底無理な話です。
    愚民が2倍になっても愚民は愚民です。そんな簡単なことも判らないのは愚民の証拠です。

    1. おっさん より:

      その通りです。

    2. 阿野煮鱒 より:

      祝! 「愚民」復活!
      何度も言いますが、私はしたり顔でポリティカリー・コレクトネスを振りかざし、言葉狩りをする人が「大嫌い」です。(あくまでも個人の主観ですよ(笑い))
      異論があるのなら、言葉を封じるのではなく、内容を批判すればいいのです。

    3. だんな より:

      マスコミ関係の匿名さま
      声と妄想の大きさが、二倍になるニダ。

  23. ラスタ より:

    「北朝鮮にあまり大きな譲歩をしてはならない」
    修飾的表現を取り除いても「北朝鮮に譲歩をしてはならない」としかなりませんね。
    このどこに問題があるのだろう。

    北朝鮮に譲歩しないなど、当たり前の話では。
    説得とかって話ですらない。「まさか何かアホっぽい譲歩するつもりはないよね」と単に確認して念を押しただけのことだと思います。

    むしろ、譲歩すべきという韓国の言い分の根拠とは何か。
    「あまり大きな譲歩」すべきでないというのが悪いなら、反語的に言えば「アメリカに大盤振る舞いの譲歩をさせたかった」のに妨害されたという主張を韓国はしているんじゃないですか。

    北朝鮮にとって、アメリカに何を譲歩させたいかを考えればわかることです。
    核保有国と認定して核開発を進める権利ではないのですか。
    異論あるかもしれませんが、北朝鮮自身が対アメリカで体制存続するには核以外の手段は無いと考えている点は事実上反論の余地がないと思います。
    アメリカが認めるはずないでしょう。
    そんなことを認めればイラク攻撃もイラン制裁も正当性の根拠を失います。トランプさんがいくらアレでも、アメリカという国はそこまでアホではない。

    北朝鮮の制裁解除せよと支援していることに加えて、「北朝鮮に譲歩をしてはならない」という発言(安倍総理がそう言ったとして)を悪辣な行為とするなら、韓国は「アメリカは北朝鮮の核武装を支援しなくてはならない」と言ったに等しいのでは。

    ここに私は韓国政権の邪悪さを見ます。
    北朝鮮の核開発を続けさせたまま南北統一だと。日米に限らず国際社会が許すとでも思っているのだろうか。
    南北統一には北の核廃棄が絶対条件であり、核廃棄なき統一(あるいは米韓同盟からの離脱)は韓国がアメリカとその同盟国の核の傘から出て北朝鮮もろともアメリカの核の標的になるということです。
    G7入りどころの話じゃない。北の核武装を支援しようという態度自体がG7の敵国入りするってことじゃないですか。
    先進国を自称して西側諸国における韓国のポジションを維持しつつ北の核を手に入れる。

    ない。

    ボルトンさんの所詮は大統領選挙前のスキャンダル本への何か異様な反応から見て、北朝鮮に対して譲歩してもらえないことが韓国政権にとってよほど致命的なのだということがよくわかります。

    まず、北朝鮮の間違いは、核兵器に手を出したこと。
    ブッシュ親子の時期が特殊だったのであって、アメリカに伝統的な不干渉主義が主流なのはオバマからトランプ政権(トランプさんが北朝鮮問題を本気で解決しよう考えてると思えますか?)でも明らかです。
    核ミサイル開発さえしなければアメリカは放っておいてくれたかもしれないのに、自ら抜き差しならないまでに緊張感を高めてしまった。
    アメリカの注目を惹こうという行動が自ら体制存続の危機を煽ってしまった。

    これは韓国政府の無能とも関係していると思います。
    北朝鮮がなぜ先進諸国から敵対国家と見られているか、その要因は明らかです。
    キム一族による独裁。自国民に対する人権蹂躙。国際無法。
    韓国はこれらの事実に対して何ら改善策のプランを提案しないどころか無視していますね。
    北朝鮮の旧態の権力構造を段階的に民主化するアイデアを何も持たないまま、感情的に南北統一が現実的に可能かのように国民に対して喧伝している。

    日本人としてよくよく考えなくてならないのは、韓国という国は理性的な行動ができない国であり、理論的な話し合いもできないという事実です。
    (まだ北のほうが戦略的な駆け引きの余地があるだけマシなのかもしれない)

    彼らがどんなに頑張っても日本を滅ぼすことはできないでしょう。日本を毀損する行為自体がまず前段階として韓国を滅ぼすからです。
    しかし、自国がどのようになろうとも、死に物狂いで日本を傷つけ損害を与えようという決意は揺るがないであろうと思うのです。
    日本は国際状況の判断において、隣家に狂人が住んでいるという前提で自己防衛しなくてはならないのかもしれません。
    気の毒と思って面倒見てあげるようなことはもうあってはならない。

  24. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    韓国が北朝鮮に核開発を援助して核兵器を持った統一朝鮮を夢見ているのは根拠はないのですが、きっと以下の事を志向しているからです。

    日本というか皇居上空に核兵器を炸裂させて日本に対して韓国が序列が上位である事を思い知らしめて永遠の奴隷として存在に落として日本人全員に東京裁判を行いたい 

    のですよ(笑)。きっと。

    そういう状況が実現すると管理人様に当方を含めて、コメントをした人間を逮捕して不敬罪で裁判して楽に死ねない形で断罪したいのですよ(笑)

    通信の秘密?
    事後法?
    序列の上位が決めた事です。関係ありません(笑)。
    アメリカが行って韓国が同じ事をする。何も悪くないのです(笑)。

    韓国がアメリカと同じ事を行って戦争の勝利者として日本を永遠の奴隷にしないと韓国が満足する事はないと思います。
    核兵器の日本への使用はその為の重要なイベントです。

    以上です。駄文失礼しました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。