「来週日曜日以降、サザエさんは過去の作品を再び楽しむことができるようになります」――。これこそ、「モノは言い様」ですね。というのも、毎週日曜日に放送され、その視聴率と日経平均株価との関連性を議論する人が出現するほど知名度が高いテレビアニメ『サザエさん』が、例の武漢コロナ禍の影響もあり、来週以降、止むを得ず再放送対応となるそうだからです。ただ、サザエさんくらいならまだ何とかなりますが、コロナ禍はテレビ業界を含めたマスメディア、既存メディア全体に甚大な影響を与える契機になるのかどうかには、個人的には注目している次第です。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サザエさんはどこに行く?

日本国民であればだれもが知っているアニメ作品のひとつといえば、『サザエさん』でしょう。

これは長谷川町子(1920年1月~1992年5月)の作品で、もともとは終戦直後から福岡の地方紙『夕刊フクニチ』に連載されていた4コマ漫画が起源ですが、1951年以降は朝日新聞の朝刊に掲載されるようになり、さらには1969年にはフジテレビ系列でアニメ放送が開始。

作者本人が死去しているにもかかわらず、フジテレビにて毎週日曜日の放送が続いていて、「世界で最も長く放送されているテレビアニメ番組」として「ギネスブック」にも掲載されているそうです。

国民的アニメ「サザエさん」が世界の頂点

国民的アニメ番組として、長く日本人に愛されてきた「サザエさん」に、ギネス世界記録の認定証が授与されることになりました。<<…続きを読む>>
―――2013年9月5日付 ギネスワールドレコーズHPより

そして、長期間放送されているためでしょうか、「小さいころ、日曜日の夜にお父さんのひざに座り、サザエさんを視聴した」という記憶を持つ人もいるかもしれません。

また、サザエさんの視聴率と日経平均株価の関係についての研究も有名で、これは、「サザエさんの視聴率が上がる(下がる)時には日経平均株価が下がる(上がる)傾向にある」、といった仮説だそうです(※これについては、個人的にはなんともコメントし辛いところですが…)。

サザエさんと株価の関係―行動ファイナンス入門―(新潮新書)

(【出所】アマゾンアフィリエイトリンク)

時代に取り残されるサザエさん

ただ、あくまでも個人的な印象で恐縮ですが、やはり作者本人が亡くなっているという点、長年、テレビ放送のスポンサーが総合電機メーカーの単独提供だったという点からでしょうか、どうも番組のコンテンツ自体、時代に取り残されている、との指摘はあるようです。

『サザエさん』は終了してもいい? 「時代錯誤な内容」と批判の声も

(略)『サザエさん』が嫌いな人からよく言われるのが、内容が時代錯誤という意見だ。/「取れたボタンを好きな人につけて欲しいと、カツオが早川さんの家に押しかけていた。裁縫は女性がするものなんて、時代錯誤もいいところ。/しかも、なんで2人も専業主婦がいる家の子のボタンを、赤の他人のお嬢さんがつける必要があるのか…」<<…続きを読む>>
―――2018/01/24 05:00付 ニコニコニュースより

リンク先記事によれば、サザエさんを巡っては、日曜日の夜に放送されているということから、ひとつの「週の区切り」として惰性で視聴し続けているという人もいらっしゃるようですが、それと同時に時代設定を巡っては、昭和の行動成長期なのか、令和時代なのかでブレているとの指摘も多いとのこと。

考えてみればわかりますが、いまやオフィスからは紙とペンは追放され、たいていのオフィスにはPCやコピー機が備え付けられていますし、家庭からは固定電話や蓄音機、レコードプレーヤーが消滅する一方で、多くの人々はスマートフォンを片手に行動しています。

もちろん、どんな内容を放送するかについては、放送局であるフジテレビの裁量の範囲ですので、私たち部外者が四の五のいうべき筋合いのものではありません。嫌なら見なければ良いのです。

サザエさん、ついに新作が不可能に!?

こうしたなか、昨日はこんな記事を発見してしまいました。

「サザエさん」の過去作品が楽しめる 17日から再放送対応(2020.5.10 08:00付 産経ニュースより)

例の武漢コロナ騒動の影響により、サザエさんの新作の制作ができなくなってしまったためでしょうか、産経ニュースによると、「17日以降、サザエさんの過去作品が再放送される」、「過去作品が楽しめる」のだそうです。「モノは言い様」ですね。

もっとも、記事本文にはちゃんと、

当面の間、再放送対応することを発表した

と明示されているのですが、正直、この際なので残っている限り古い過去作品を放送してもおもしろいかもしれません。

個人的には1970年代や80年代のサザエさんが放送されれば、それはそれで当時の時代背景を知ることもできて、興味深いと感じる人は多いのではないかと思う次第ですが、ただ、サザエさんの場合は、すでに原作者が鬼籍に入っていますし、さほど時事的な話題を織り込む必要もありません。

というよりも、サザエさんはすべてを新作にする必要などなく、毎回の3本のうち、1本を新作、残り2本を再放送にしても良いのではないでしょうか。

とてもコスパの良い番組になりそうですよ。

コロナショックがテレビを襲う!

ただ、こうした「サザエさん再放送」の話題を発見すると、どうしても思い出してしまうのが、先月の『コロナが変える日本社会 テレビ局に待つ悲惨な未来』でも紹介した、『日刊ゲンダイ』に4月21日付で掲載された『コロナとテレビ<上>コロナ禍で激変するTV業界の悲惨な未来』という記事の話題です。

コロナが変える日本社会 テレビ局に待つ悲惨な未来

これは、テレビ業界経験者で現在はドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める吉川圭三(よしかわ・けいぞう)氏が執筆した記事で、「コロナ禍によりテレビ業界が危機的な状況に陥りつつある」、と警告を発するものです。

具体的には、例の武漢コロナの蔓延により、テレビ業界では収録や生放送、ロケができなくなりつつあり、必然的に再放送や総集編で一時的に難をしのいでいる状態に陥りつつある、という指摘です。

こうした状況について吉川氏は、「こうした状況が長引けば、やがてCMスポンサーもこの状況を看過しなくなり、広告料も買い叩かれる可能性も否定できない」、などと警告しているのですが、果たしてこれをどう考えるべきでしょうか。

ただ、先日も報告したのですが、冷静に考えてみたら、テレビ局の苦境は武漢コロナウィルスだけのせいではないように思えます。というのも、『埼玉県民様から:「日本の広告費2019」を読む』でも触れたとおり、「広告費」という面からは、テレビ広告はすでにインターネット広告に追い抜かれているようだからです。

埼玉県民様から:「日本の広告費2019」を読む

テレビ局のうちNHKに関しては、事実上、法律で受信料収入を保証されており、どんな酷い番組を作ろうが、それとは無関係に左団扇で経営することができます。

しかし、民放各社の場合は「受信料」ではなく、おもにスポンサーからの広告売上で経営が成り立っています。このため、テレビ番組がつまらないとなれば、だんだんと視聴者も離れていきますし、必然的にスポンサー側も広告効果をもう少し厳格にチェックするようになるでしょう。

ちなみに新聞の場合は、そもそもコロナショック以前から部数の低迷に歯止めがかからない状況が続いており、一部の情報によれば、すでに新聞宅配システムが足元から崩れ始めている、との指摘もあるようですね(『チラシ減:コロナ騒動は新聞業界にとどめを刺すのか?』参照)。

チラシ減:コロナ騒動は新聞業界にとどめを刺すのか?

テレビなどのオールドメディアは社会に必要なのか?

もう少しきつい言い方をすれば、テレビ局を含めたオールドメディア自体、果たして現在の日本社会において必要とされているのか、という疑問があります。

たとえばテレビ局の場合、『視聴者「テレビ局は専門知識なしにコメント垂れ流す」』のなかでも触れたとおり、「放送倫理・番組向上機構(BPO)」が公表している『2020年3月に視聴者から寄せられた意見』などを眺めていると、次のような辛辣な意見が目につくからです。

  • ワイドショーなどで、医学や法律などの専門知識がないタレントに、安易にコメントさせるべきではない。間違った情報が拡散されており、危険に感じる。
  • 新型コロナ感染拡大の影響で、トイレットペーパーやティッシュペーパーの品不足が連日放送されている。放送では、デマであることも、在庫は潤沢にあるとのコメントもされているが、その背景に流れる画像は、大型店などにおける空っぽの棚ばかりが強調されている。

視聴者「テレビ局は専門知識なしにコメント垂れ流す」

そして、こうした「曲がり角」に立っているのはテレビ局だけではありません。というのも、たとえば『ウェブ評論時代のリスクと面白さ』でも議論したとおり、テレビだけでなく新聞、雑誌、ラジオなどの「オールドメディア」はインターネット空間と異なり、さまざまな制約があるからです。

ウェブ評論時代のリスクと面白さ

また、『有名ブロガーも「既存マスコミがコロナで死ぬ」と警告』では、著名ブロガーの山本一郎さんの論考を手掛かりに、「コロナショックで弱小メディアへの広告支出が激減し、メディアの淘汰・選別が進む」という仮説を紹介しています。

有名ブロガーも「既存マスコミがコロナで死ぬ」と警告

当ウェブサイトとしては、山本氏の主張のすべてに無条件に賛同するものではないのですが、「元祖ブロガー」のひとりでもある山本氏の指摘には傾聴すべき箇所が多々あるのも事実でしょうし、非常に参考になる考え方でもあります。

もちろん、私自身も産経新聞社の雑誌『正論』に寄稿させていただいたほどですので(『無名評論家がネットきっかけに著名誌に寄稿できる時代』参照)、当ウェブサイトとしては、新聞、テレビを中心とするマスメディアのことを十把一絡げに「マスゴミ」などと蔑むつもりはありません。

「オールドメディアであっても生き延びるメディアは生き延びる」と考えています。

しかし、オールドメディアが垂れ流す情報には、思わず首をかしげてしまうほど偏った意見やレベルが低い情報が目につくからであり、また、新聞・テレビの取材姿勢や行動を見ていると、「身内に甘く、他人に厳しい」という矛盾がたくさん含まれているように思えてなりません。

こうしたなか、地上波テレビ局の場合、スポンサー企業との側がコロナショックの影響で広告費を削減しなければならない状況に追い込まれているため、当然、貴重な広告費を支出する以上は、「出稿媒体を選ぶ」という動きはさらに強まるでしょう。

そして、企業の広告費が減れば、テレビ制作に回せる原資がさらに減るということでもありますし、コンテンツのレベルもさらに低下する、ということでもあります。そうなれば、テレビの視聴者がますます減り、企業広告費もますます減るという悪循環に陥るかもしれません。

いずれにせよ、このままでいけば、新聞・テレビ業界もコロナショックで多大な打撃を受けることは間違いないでしょうし、オールドメディア各社のなかには、本業であるはずのコンテンツビジネスで、いよいよ本格的に立ち行かなくなるような事例も出てくるのではないでしょうか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

サザエさんやドラえもんなどの伝統的なコンテンツならまだ再放送という対応も可能かもしれません。

しかし、もしもこのコロナ禍が長引けば、そのうち情報番組、ニューズ番組、ワイドショーなどの制作・放送ができなくなる可能性も出て来るでしょう。

メディアの今後の状況については、引き続き、非常に気になる点ではないかと思う次第です。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/05/25 08:00 【時事|金融
    韓国など「脆弱ファイブ」に金融危機第2波は来るのか (1コメント)
  • 2020/05/25 05:00 【マスメディア論
    毎日新聞調査で「内閣支持率27%」の衝撃と「狙い」 (20コメント)
  • 2020/05/24 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】SARSの経験で読む「武漢肺炎第2波」 (27コメント)
  • 2020/05/24 09:00 【日韓スワップ|金融
    アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想 (27コメント)
  • 2020/05/24 05:00 【マスメディア論
    日本新聞協会「NHKは受信料削減と業務抑制が必要」 (34コメント)
  • 2020/05/23 14:00 【時事|経済全般
    入国制限論②中韓との制限長期化で「中韓離れ」促進も (26コメント)
  • 2020/05/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/23(土) (48コメント)
  • 2020/05/23 09:00 【経済全般
    入国制限論①ヒトの移動の制限はいかにしてなされたか (6コメント)
  • 2020/05/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    市場は韓国を「中国と一蓮托生」とみなし始めたのか? (25コメント)
  • 2020/05/22 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破壊に寄与した文喜相国会議長が退任 (14コメント)
  • 2020/05/22 10:30 【時事|韓国崩壊
    米国の「中国孤立」ネットワークに参加求められる韓国 (53コメント)
  • 2020/05/22 08:00 【金融
    安易に「多国間通貨スワップ」に応じるべきでない理由 (23コメント)
  • 2020/05/22 05:00 【金融
    「飛ばし報道」だけでトルコリラの暴落を防いだ日本円 (26コメント)
  • 2020/05/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体に強制捜査、「ウソツキの末路」静観が正解 (63コメント)
  • 2020/05/21 12:00 【金融
    トルコとの100億ドルスワップ報道に「驚いた」日本 (10コメント)
  • 2020/05/21 08:00 【時事|経済全般
    訪日外国人99.9%減は「人数ありき」を見直す好機 (16コメント)
  • 2020/05/21 05:00 【韓国崩壊
    コロナと輸出管理適正化で日韓関係消滅は加速するのか (37コメント)
  • 2020/05/20 17:00 【時事|経済全般
    【速報】2020年4月の訪日外国人は2900人 (15コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【時事
    中韓との出入国制限、もしも長期化したらどうなるのか (14コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/20(水) (88コメント)
  • 2020/05/20 08:00 【時事|経済全般
    ポストコロナ時代は「人類対中国」?科学よ負けるな! (21コメント)
  • 2020/05/20 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由 (92コメント)
  • 2020/05/19 14:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G20スワップ」提唱の韓国こそトルコとスワップを (32コメント)
  • 2020/05/19 12:00 【時事|金融
    日本とトルコの通貨スワップがロシアに対する牽制に? (19コメント)
  • 2020/05/19 08:00 【時事|国内政治
    検察庁法改正案で大騒ぎした挙句に自爆した立憲民主党 (56コメント)
  • 2020/05/19 05:00 【韓国崩壊
    入国規制解除に失敗すれば日韓関係「自然消滅」実現も (40コメント)
  • 2020/05/18 15:30 【時事|韓国崩壊
    米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由 (55コメント)
  • 2020/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~8~ (77コメント)
  • 2020/05/18 11:11 【時事|金融
    日米為替スワップは「日本が米国を助ける手段」なのか (22コメント)
  • 2020/05/18 08:00 【時事|外交
    中央日報「日本がコロナ経験共有を韓国に求めて来た」 (25コメント)
  • 2020/05/18 05:00 【外交
    時事「政府、中国などへのビジネス渡航解禁」記事の怪 (23コメント)
  • 2020/05/17 15:00 【時事|外交
    産経「日本政府がWHOのコロナ対応検証を提案へ」 (18コメント)
  • 2020/05/17 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎で中国はわざとウソを流したのか (44コメント)
  • 2020/05/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」 (116コメント)
  • 2020/05/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/16(土) (199コメント)
  • 2020/05/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    米中コロナ対立の折、日韓関係決める「3つの守り神」 (61コメント)
  • 2020/05/16 05:00 【マスメディア論
    新聞崩壊?「押し紙」認めた判決契機に訴訟ラッシュも (51コメント)
  • 2020/05/15 16:30 【時事|外交
    トランプ氏「米中断交すれば5000億ドル節約」 (26コメント)
  • 2020/05/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~7~ (82コメント)
  • 2020/05/15 11:11 【時事|経済全般
    鈴置論考「韓国は反面教師」説を裏付ける安倍発言 (17コメント)
  • 2020/05/15 08:00 【経済全般
    コロナとは経済問題 無駄な既得権を飼う余裕は消える (28コメント)
  • 2020/05/15 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    中国は「使えない中韓通貨スワップ」で韓国を支配へ? (21コメント)
  • 2020/05/14 15:00 【時事|金融
    【速報】ネコと和解せよ (26コメント)
  • 2020/05/14 11:11 【時事|経済全般
    特別定額給付金で「ミス頻発」は「歳入庁」実現の好機 (20コメント)
  • 2020/05/14 08:00 【時事|金融
    米国の対中輸出管理強化と「コウモリ国家」の命運 (20コメント)
  • 2020/05/14 05:00 【韓国崩壊
    慰安婦問題は韓国を滅ぼす「ブーメラン」となり得る! (75コメント)
  • 2020/05/13 15:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞「コロナを日韓関係のリセットの契機に」 (46コメント)
  • 2020/05/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/13(水) (121コメント)
  • 2020/05/13 11:00 【マスメディア論|時事
    ひとりの医師の誠実な気持ちを踏みにじったテレビ朝日 (52コメント)
  • 2020/05/13 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「日本は5月末までに輸出規制の答えを出せ」 (69コメント)
  • 2020/05/13 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日本に相手にされない韓国、「EUと通貨スワップを」 (22コメント)
  • 2020/05/12 14:30 【読者投稿
    【読者投稿】パチンコ「三店方式」と不都合な真実 (34コメント)
  • 2020/05/12 10:30 【マスメディア論|時事
    ハッシュタグ事件は世論操作手段をネットに移しただけ (72コメント)
  • 2020/05/12 08:00 【時事|経済全般
    インドガス漏洩事故の続報の少なさと「信頼」のもろさ (34コメント)
  • 2020/05/12 05:00 【韓国崩壊
    納得の鈴置論考、安倍発言の真意は「韓国は反面教師」 (59コメント)
  • 2020/05/11 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題「内ゲバ」:日本は現時点で距離を置くべき (49コメント)
  • 2020/05/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~6~ (138コメント)
  • 2020/05/11 11:11 【マスメディア論
    サザエさんはどこに行く?コロナ禍が変えるテレビ業界 (22コメント)
  • 2020/05/11 09:00 【国内政治
    共同通信の調査でも維新と立民の政党支持率が「逆転」 (26コメント)
  • 2020/05/11 05:00 【韓国崩壊
    「韓日関係雪解け」演出に見え隠れする韓国の「邪心」 (33コメント)
  • 2020/05/10 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】アビガン解禁で、医療崩壊危惧は遠のいた (72コメント)
  • 2020/05/10 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    日米為替スワップ「本当の意味」と国債372兆円増発 (7コメント)
  • 2020/05/10 05:00 【外交|金融
    米国の雇用崩壊と大統領選、「公共事業」としての戦争 (33コメント)
  • 2020/05/09 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/09(土) (95コメント)
  • 2020/05/09 09:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で韓国はまったく困ってない」 (44コメント)
  • 2020/05/09 05:00 【経済全般
    「なぜ繰り返される?」…インドで悲惨なガス漏れ事故 (82コメント)
  • 2020/05/08 23:06 【時事|経済全般
    【速報】米国の失業率が14.7%と戦後最悪を記録 (11コメント)
  • 2020/05/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編(5) (95コメント)
  • 2020/05/08 11:00 【日韓スワップ|金融
    【資料】コロナショックによる為替スワップの実行状況 (4コメント)
  • 2020/05/08 06:00 【韓国崩壊
    韓国の外貨準備「不自然なリバウンド」と為替介入疑惑 (25コメント)
  • 2020/05/08 05:00 【時事|外交
    米中冷戦なら日本はどっち側に着くのか-答えは明白だ (32コメント)
  • 2020/05/07 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「リアルな韓国」 (79コメント)
  • 2020/05/07 12:00 【韓国崩壊
    韓国メディアの本音は「米中二股外交で日本も協力を」 (33コメント)
  • 2020/05/07 08:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国銀、為替スワップ実行を中断:危機は去ったのか? (22コメント)
  • 2020/05/07 05:00 【マスメディア論
    ネット層ほど政権支持率と改憲支持率が高いことの意味 (29コメント)
  • 2020/05/06 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/06(水) (130コメント)
  • 2020/05/06 08:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日通貨スワップは日本に対する支援」 (94コメント)
  • 2020/05/06 05:00 【マスメディア論
    有名ブロガーも「既存マスコミがコロナで死ぬ」と警告 (54コメント)
  • 2020/05/05 09:00 【外交
    そもそも米朝首脳会談に現れた人物は金正恩だったのか (38コメント)
  • 2020/05/05 05:05 【金融
    アジア危機再来?日本は「真の友好国」とスワップを! (29コメント)
  • 2020/05/04 14:00 【時事|外交
    金正恩危篤説は否定されたのか? (42コメント)
  • 2020/05/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編(4) (240コメント)
  • 2020/05/04 08:30 【マスメディア論
    ウェブ評論時代のリスクと面白さ (22コメント)
  • 2020/05/04 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国が盗んだ仏像は日韓スワップの「身代わり地蔵」か (52コメント)
  • 2020/05/03 12:00 【韓国崩壊
    安倍「コロナで日韓協力」発言に喰いつく韓国メディア (29コメント)
  • 2020/05/03 05:00 【国内政治
    コロナウイルスも憲法で禁止しよう! (61コメント)
  • 2020/05/02 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/02(土) (121コメント)
  • 2020/05/02 09:00 【韓国崩壊
    冷静に考えると、韓国と北朝鮮の行動はまったく同じ? (75コメント)
  • 2020/05/02 05:00 【時事|経済全般
    ゴールデンウィーク、集近閉を避けて楽しく過ごそう! (52コメント)
  • 2020/05/01 17:15 【時事|外交
    もし「金正恩死亡説」本当なら北朝鮮政府は頭抱える? (34コメント)
  • 2020/05/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編(3) (155コメント)
  • 2020/05/01 11:11 【政治
    中国の外貨準備没収は可能か、そして新たな中国関係論 (50コメント)
  • 2020/05/01 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係を「自然消滅」させるというアイデア (43コメント)
  • 2020/04/30 11:30 【マスメディア論|時事
    「恐怖報道」にガイドラインを設けることは可能なのか (67コメント)
  • 2020/04/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    「アジア鉄道共同体」に日本を巻き込もうとする韓国 (60コメント)
  • 2020/04/30 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国人と思しきツイート「日本こそ日韓スワップ必要」 (37コメント)
  • 2020/04/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/04/29(水) (139コメント)
  • 2020/04/29 09:00 【時事|韓国崩壊
    また出た!韓国「日本は速やかに輸出規制を撤廃せよ」 (61コメント)
  • 2020/04/29 05:00 【経済全般
    意外と堅調?3月の輸出は10%減、輸入は5%減に (25コメント)
  • 2020/04/28 11:00 【読者投稿
    【読者投稿】パチンコ業界の規制と「タイムリミット」 (38コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。