ここ数日、当ウェブサイトでは時事的な話題を追いかけて来たのですが、そのなかでも特に印象深いのが、輸出管理を巡って「輸出規制」だの、「貿易報復」だのと言い換えるメディアがあること、そして、そもそもなぜ、輸出管理が「両国で協議すべき筋合いのものではない」のかをまったく理解していないのか、という点です。やや厳しい言い方ですが、輸出管理を輸出「規制」と呼んでいる人には、社会人としてのまともなセンスが欠落しているとしか言いようがありません。そこで、たまには時事的な話題から少し離れ、「そもそもモノやサービスを買うのに資格は必要なのか」について、考えてみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

モノを買うのに資格は必要?

唐突ですが、ひとつ、問題を出します。

モノを買うのに、「資格」は必要でしょうか?

私たちは日常生活で、それこそ毎日のように、さまざまなモノを買って暮らしていると思います。

仕事の帰りに、スーパーマーケットで豆腐、納豆、牛乳、コメ、鶏肉、牛肉、サンマ、ぶり、醤油、パン、チーズ、バナナ、子供のおやつなどを買って帰るという人は多いでしょう。食品以外でも、シャンプー、ティッシュ、トイレットペーパー、歯磨き粉など、さまざまな日用品も必要です。

あるいは、社会生活を営む上では、服だの靴だのカバンだの、お出かけ用のさまざまなグッズも必要ですし、男性のビジネスマンだとシャツやネクタイ、女性だと化粧品や化粧ポーチなども必要かもしれませんし、赤ちゃんがいる家庭では紙オムツなども必要です。

ただ、これらの生活必需品、「資格がなければ買えない」、ということは、ほとんどありません。

たとえば、大人気のパン屋さんのパンを買うために、並ばないといけないというケースはあるかもしれませんが、パンを買うために「パン購入許可証」を国から取得しなければならない、ということはあり得ません。

まれに、「一見さんお断り」という店があって、店の方が「誰に売るか」を決める、というケースもないわけではありませんが、それはあくまでもその店の判断であって、国が「パン購入許可証」を発行している、というわけではないのです。

つまり、わが国では、一般的な消費生活を営むうえで必要な商品・サービスは、たいていの場合、おカネさえ出せば、特段の資格がなくても買えてしまうのです。

資格が必要なケースとは?

資格がないと買えないモノやサービス

もっとも、なにごとにも「例外」というものがあります。

「資格がないと買えない」というモノやサービスも、ごく例外的には存在しています。

たとえば、酒やタバコは、成人でなければ買えません。きょうび、スーパーでもコンビニでも、酒やタバコを買おうと思えば、たいていの場合は「年齢確認ボタン」を押すことが求められます。というのも、現在だと、酒やタバコを販売すると、販売した側のお店に罰則が適用されるからです。

ちなみに昭和生まれの世代だと、子供のころは親のお使いで酒やタバコを買いに行ったという経験をした人もいると思いますが、現在だと、「親のお使い」だといっても、たいていの店では未成年者は酒、タバコを買うことはできません。

また、「資格がないと買えないサービス」としては、名門大学のケースが考えられるかもしれません。

大学とは、経済学的に見れば、「子供に学問などを教えてくれる」という意味では一種のサービス業のようなものですが、たとえ本人が「ぜひ、あそこの学校で勉強したい」と思っても、その本人に一定以上の学力がない場合には、そもそもそのサービスを受ける(つまり入学する)ことができません。

日本でいう「一流大学」の場合は、いくら親が大金持ちだったとしても、おカネを出しても、入学するための最低の水準(学力)を満たしていなければ、門前払いなのです。

購入するために「資格」が必要なモノ、サービスの例
  • 酒やタバコ…成人していなければ買えない
  • 名門大学…学力がなければ入学できない

相手を「査定」するコンサルティング会社

ただ、一般向けのモノやサービスに関しては、「資格がなければ買えない」というものは、さほど多くありません。せいぜい、一定以上の年齢でなければ買えない酒やタバコ、一定以上の学力でなければ入れない名門大学(や学習塾)くらいなものでしょうか。

しかし、私たち一般人の一般向けのモノやサービスという世界から離れると、「一定以上の能力がないと買えないモノやサービス」というものは、意外と多くあるものです。

これに関連し、先日、とあるコンサルティング企業の経営者から、興味深い話を聞きました(仮にこの人をAさんとしましょう)。

Aは、「仕事を受けるかどうかについては、相手企業の経営内容や知識水準等を踏まえて決定する」のだそうです(※なお、Aさんは「その筋」ではかなり有名な人物であるため、何のコンサルティング企業であるかをここに記載してしまうとバレてしまう可能性があるため、伏せさせていただきます)。

素人感覚からすれば、相手が「仕事をくれる」と言っているのだったら、喜んですぐにでも契約に応じそうなものです。しかし、Aさんによると、素性も知識水準も怪しい相手と下手に契約を締結すると、あとあと思わぬトラブルに巻き込まれるのだとか。

そこで、Aさんは、自社と契約を希望する企業に対しては、契約するまえに必ず相手企業の役員や担当者と面談をし、相手の知識水準やバックグラウンド(つまり契約リスク)について彼なりに査定をしたうえで、契約を結ぶかどうかと契約の報酬水準を決めているのだとか。

ちなみにこのコンサルティング企業、某業界では非常に有名で、顧問報酬については決してお安くはありませんが、それでもAさんが持つその特定分野に関する知識が深くて確実だという理由もあり、「是非とも当社と契約して欲しい」と依頼する企業が後を絶たないのだそうです。

世の中の多くのコンサルティング会社が、顧客を獲得するのに苦慮しているという話はよく聞きますが、このAさんの会社の場合、自分で営業をしていないにも関わらず、相手の方から「契約してくれ」と言ってくるのですから、なんだかうらやましい話ですね。

余談ですが、「この世の中で、その人にしか絶対にできないことがある」という状態にあれば、一種の「独占市場」を自分自身で作り出すことができる、という意味でもあります。私たちビジネスマンにとっては、「この世の中で、自分にしかできないこと」を生み出すというのは、なかなかおもしろい話かもしれません。

契約締結を断ったことがあるらしい

さて、このAさんは、こんな話もしてくれました。

どうも『カネを払う側が偉い』と勘違いしている会社から、ときどき契約締結の依頼が来て困るんだ。

「カネを払う側が偉い」。

私たち一般人だと、どうしても「カネを払う側が偉いんじゃないですか?」と思ってしまいがちですが、この経営者の方からすれば、その分野のコンサルティング・サービスを提供できるのが、日本でAさんくらいしかいないため、わりと強気で契約を断ることもあるのだとか。

気になって、具体的に「契約締結を断った事例があるのか」と聞いてみたのですが、これまた興味深いエピソードを聞くことが出来ました。

なんでも、Aさんの会社にある日、Bさんという人が、唐突に電話を入れて来たのだそうです。

唐突に電話があるのにはAさんも慣れているので、話を聞くと、このBさんは、

  • Bさんとしては、Aさんの会社に仕事を依頼したいと思っている
  • ただし、実際の仕事はC社が発注する形を取る
  • したがって、Aさんは直接、C社に連絡を取り、C社と協議してくれないか

と主張するのだとか。

話がこんがらがって来るのですが、わかりやすくいえば、

  • Bさんの会社がC社に仕事を発注する
  • C社がAさんの会社に仕事を発注する

という流れにしたいのだそうです。つまりBさんが発注元、C社が元請け、Aさんが下請け、という関係ですね。実務上、このように、「発注元」「元請け」「下請け」という三者間で業務委託がなされるケースは、決して少なくありません。

ただ、Aさんを困惑させたのは、Aさんから見て、BさんとC社との関係が、今ひとつよくわからない、という点にあります。

Aさんとしては、Bさんに対し、

  • 契約形態として、C社からの下請けとなるのはやぶさかではないが、そもそもこちらからC社に連絡を取るというのは筋違いではないか
  • 少なくともBさんが発注元という立場であれば、Bさんが私とC社との面談の席を設けるのが筋ではないか

と尋ねたところ、どうも業務をAさんに依頼したいと思って連絡したのはBさんの独断であり、関係する会社であるはずのC社とは、何も調整をしていなかったことが判明したそうです。というのも、後日、C社からはAさんに対し、高圧的に、

あなたがBさんの仕事を受けると聞いたので、あなたがその仕事をするに適格な人物であるかどうかをチェックしたい

という連絡が入ったのだそうであり、呆れたAさんはその場で、

御社からの連絡内容は、Bさんからの話とは流れが違う。まずはBさんとC社でちゃんと話し合ってから連絡をしてきてください

とだけ言って、電話を切ったのだとか。

さらに後日、C社から連絡があったのですが、当初のBさん、C社とのやりとりでかなりの不信感を抱いていたAさんにとっては、相当に心象が悪かったらしく、いちおう話だけは聞いたのだそうですが、結局は「リスクが高過ぎる」として、AさんはBさん、C社の契約を断ったそうです。

(広告・スポンサーリンク)



会計監査などの事例も!

監査法人の監査業務受嘱

正直申し上げるなら、このBさんやC社のケースは、ビジネスの世界では「論外」な部類に入る、お粗末な事例です。ただ、ここまで極端なケースでなくても、個人的な経験で恐縮ですが、似たような話は監査業界にも存在しています。

企業の経理、財務に詳しい方ならご存知かもしれませんが、大会社(※1)や上場会社(※2)などは、公認会計士か監査法人による会計監査を受けることが義務付けられています。

  • (※1)大会社とは:資本金が5億円以上か、負債の部が200億円以上の会社のこと(会社法第2条第6号イ・ロ)。大会社の場合は基本的に会計監査人設置義務がある(会社法第328条第1項・第2項)
  • (※2)上場会社とは:厳密には「金融商品取引法の規定に従い、有価証券報告書(有報)を提出しなければならない会社」のこと。有報に添付する連結財務諸表等に公認会計士か監査法人の監査証明を受ける義務がある(金融商品取引法第193条の2第1項等)

つまり、公認会計士や監査法人にとっては、被監査会社とは、監査契約をくれる「お客様」のようなものですが、日本公認会計士協会のルール上は、監査契約を受けるかどうかに際しては、被監査会社(つまり「お客様」)に関する監査リスクをチェックしなければならないとされています。

これも私たち一般人にとっては、不思議に感じることもあるかもしれません。なぜなら、私たち一般人にとっては、どうしても「おカネを払う方が偉い」という感覚を持っているからです。

しかし、監査法人による会計監査は、「その企業のため」というよりも、「その企業の利害関係者のため」に行われるものです。

たとえば、上場会社の会計監査については、その会社の連結財務諸表等に「重要な虚偽記載がないこと」を保証するという業務ですので、被監査会社から監査契約を「切られる」ことを恐れるあまり、ウソの連結財務諸表等に適正意見を付すようなことがあっては困ります。

最近だと、粉飾決算がバレたときに、監査法人自身が訴えられる事例も増えていますし、金融庁などからの処分も年々厳しくなっています。

だからこそ、一般に監査法人(とくに中堅、大手どころ)は、問題企業の監査からはさっさと手を引くという傾向にありますし、新規契約もなかなかハードルが高いというのが実情のもようです。

駆け込み寺監査法人

さて、ちょっとした余談です。

先ほども申しあげたとおり、会社法上の大会社や金商法上の有報提出会社に該当してしまった場合には、法的に公認会計士や監査法人による会計監査を受けることが義務付けられています。

ただし、会計監査の世界では「監査」という「サービスを受ける側」(つまりカネを払う側)が査定され、希望する監査法人に対して、万金を積んでも監査契約をしてくれないというケースもあります。

また、現時点で大手監査法人と監査契約をしている会社であっても、業績が低迷し、本業が儲からなくなったがために、粉飾決算(※)やそれに近いグレーな決算をしようとして、大手監査法人からの監査契約を切られてしまうこともあります。

※粉飾決算とは:儲かっていないくせに、あたかも儲かっているかのごとく財務諸表等を作成すること。典型的な手口は収益の過大計上・費用の過小計上により利益を大きく見せるものであり、多くの場合、バランスシートに異常点(怪しい資産、簿外債務など)が出現する(なお、どのような「異常点」が出て来るかについては、機会があれば別稿で触れてみたいと思います)

こうしたときに、焦った会社が「駆け込み寺」的に監査を依頼する、いわゆる「駆け込み寺監査法人」というものが存在するようです。

これらの「駆け込み寺監査法人」は、出現しては消え、出現しては消え、を繰り返しているようであり、「駆け込み寺監査法人」で調べたらいくつもの監査法人がヒットします。

金融庁がお灸を据える「駆け込み寺」監査法人(2014年6月27日付 FACTA ONLINEより)
監査法人の“駆け込み寺”消滅で新たに現れた問題企業の受け皿(2010.2.24 0:50付 ダイヤモンドオンラインより)

世の中、さまざまなビジネスがあるものですね。

相手と協議するような性質のものではない

さて、長々と「モノやサービスを買うのに資格が必要」というケースを説明したのには、理由があります。

それは、提供されるモノやサービスの専門性、特殊性が上がれば上がるほど、「売る側」だけでなく、「買う側」にも資格が求められる、というケースが増えて来る、ということを、実例により報告したいと思ったからです。

私たち一般人にとってわかりやすい事例は、

  • 一定年齢以上でないと買えない酒やタバコ
  • 一定以上の学力でないと入れない名門大学

ですが、Aさんが経営するコンサルティング会社のサービスや、監査法人の会計監査なども、「一定の資格がなければモノやサービスを買うことができない」という事例ではないかと思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、これらのケースの共通点は、いったい何でしょうか。

それは、「相手と協議するような性質のものではない」、という点です。

たとえば、10代の不良少年が酒、タバコを買いに来たときに、コンビニ側が販売を断ったとしましょう。そのとき、

何で俺に売ってくれないのか!

とゴネたところで、意味がありません。なぜなら、その少年は「成人している」という法的要件を満たしていないからであり、法的要件を満たしていない以上、売ることはできないからです(売れば売った側がに罰則があります)。

また、学力が足りていない受験生が、名門大学を受験したものの、不合格になったときに、

何で俺が不合格なんだ!

とゴネたところで、まったく意味がありません。当たり前ですが、どの受験生を合格させるかはその大学の裁量と判断であり、個別の受験生と点数を協議する、というような性質のものではないからです。

さらに、本稿で紹介したAさんの会社や監査法人などの事例でもわかるとおり、最低限の「契約するための条件を満たしていない会社」は、どんなにゴネたところで、契約してもらえないのです。

輸出管理の本質

こうしたなか、数日前から当ウェブサイトで報告している話題のひとつが、輸出管理です。

これは、フッ化水素酸など、最先端の産業に必要不可欠な物資を輸出する際に、「迂回貿易」や「目的外使用」などをされないようにしなければならない、という考え方です。なぜなら、これらの物資のなかには、核兵器、化学兵器といった大量破壊兵器の生産工程に転用可能な物資もあるからです。

わが国の場合、今年8月以降、輸出管理のカテゴリーは、次の4つにわけられました(図表)。

図表 4つの輸出管理カテゴリー
グループ概要具体的な内容
グループA4つの国際的な輸出管理レジームに参加している日本以外の29ヵ国のうち、26ヵ国4つのグループで唯一キャッチオール規制が適用されないほか、一般包括許可の対象
グループB4つの国際的な輸出管理レジームのいずれかに参加している国一般包括許可が適用されず、特別一般包括許可か個別許可が適用される
グループCA、B、Dのいずれにも該当しない国グループBと比べ、特別一般包括許可の対象品目が少ない
グループD懸念国11ヵ国(イラン、北朝鮮など)原則として、個別許可しか適用されない

(【出所】輸出貿易管理令および経産省『リスト規制とキャッチオール規制の概要』などを参考に著者作成)

ここで、日本の場合は4つのグループに分けて管理しているのですが、米国や欧州連合(EU)などの諸外国(※先進国)でも日本と似たような管理体制となっており、最先端の技術製品が変な軍事用品などに転用されたりしないよう、各国ともに相当に気を遣っているのです。

この点を理解しておかないと、

日本が輸出『規制』を恣意的な経済報復に使っている

といった勘違いをする人が出て来ますし、また、輸出管理上のカテゴリーや個別品目の許可範囲についても、相手国と協議するものだと勘違いする人が出てくるようです。

いずれにせよ、「輸出管理とは相手国と協議する性質のものではない」という説明については、先進国でそれなりにビジネスマンとして仕事をしてきた人であればすんなりと腑に落ちると思うのですが、その説明が理解できないメディアには、こうした「一般社会通念」が欠落しているのではないかと思わざるを得ないのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/01/27 12:05 【日韓スワップ|韓国崩壊
    なぜ韓国は外貨準備や通貨スワップを強調するのか (7コメント)
  • 2020/01/27 08:00 【韓国崩壊
    現代ビジネス「日韓両国は大人になれ」の周回遅れ (31コメント)
  • 2020/01/27 06:00 【時事|国内政治
    コロナウィルスは入国管理の在り方を見直すチャンス (64コメント)
  • 2020/01/27 05:00 【韓国崩壊
    あらためて、日韓両国の経済的なつながりを確認する (7コメント)
  • 2020/01/26 10:00 【韓国崩壊|経済全般
    日本企業の資産売却なら韓国経済が崩壊の可能性も (21コメント)
  • 2020/01/26 05:00 【韓国崩壊
    「日韓Xデー」が到来しても、それは韓国の責任だ (47コメント)
  • 2020/01/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/25(土) (89コメント)
  • 2020/01/25 10:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    国際通貨の円、ローカル通貨の人民元と韓国ウォン (14コメント)
  • 2020/01/25 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国とマレーシアの通貨スワップはどうなったのか (19コメント)
  • 2020/01/24 12:00 【時事|経済全般
    訪日中国人一千万人時代と新型コロナウィルスのリスク (75コメント)
  • 2020/01/24 10:30 【RMB|金融
    日本がAIIBに参加する「機は熟した」、本当? (14コメント)
  • 2020/01/24 08:00 【RMB|金融
    いったいなぜ、IMFは人民元をSDRに加えたのか (4コメント)
  • 2020/01/24 05:00 【韓国崩壊
    韓国へのフッ化水素輸出が再び増加する可能性もある (10コメント)
  • 2020/01/23 17:00 【時事|韓国崩壊
    ラジオ「韓国がイランに日本海でフッ化水素を横流し」 (32コメント)
  • 2020/01/23 13:00 【時事|経済全般
    中央日報「経済報復で日本の対韓輸出が減少」 (8コメント)
  • 2020/01/23 12:12 【時事|経済全般
    令和元年度の貿易収支が赤字 データで状況を確認する (7コメント)
  • 2020/01/23 05:00 【国内政治
    「領土・主権展示館」の閉鎖要求に応じない日本政府 (32コメント)
  • 2020/01/22 16:00 【時事|韓国崩壊
    「輸出規制で韓国の脱日本が進む前に韓国に譲歩を」 (50コメント)
  • 2020/01/22 11:30 【時事|外交
    中国が日本の世論に対し「圧力」のナンセンス (32コメント)
  • 2020/01/22 06:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    通貨スワップの季節が到来?日本をチラ見する中央日報 (28コメント)
  • 2020/01/22 05:00 【時事|韓国崩壊
    「安倍総理が日韓関係改善の意思」、釣り針が大き過ぎ (9コメント)
  • 2020/01/21 17:30 【日韓スワップ|韓国崩壊
    中央日報が「通貨スワップ延長推進」を話題に (7コメント)
  • 2020/01/21 15:45 【時事|韓国崩壊
    鈴置論考「権力私物化と政争で李朝時代に戻る韓国」 (38コメント)
  • 2020/01/21 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/21(火) (103コメント)
  • 2020/01/21 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「北朝鮮への個人旅行は日本もやっている」 (14コメント)
  • 2020/01/21 06:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍演説は韓国に配慮」、本当ですか? (26コメント)
  • 2020/01/21 05:00 【国内政治
    ななめ読み:安倍総理の施政方針演説とアベノミクス (5コメント)
  • 2020/01/20 15:20 【時事|金融
    韓国経済副首相「中韓通貨スワップの延長目指す」 (21コメント)
  • 2020/01/20 11:30 【マスメディア論|時事
    多様性のない新聞よりも、多様なウェブ評論サイトを! (14コメント)
  • 2020/01/20 10:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工問題巡り日本政府内に文喜相案の支持も? (13コメント)
  • 2020/01/20 05:00 【韓国崩壊
    米両長官が連名でWSJに「韓国は同盟の対価支払え」 (15コメント)
  • 2020/01/19 08:00 【時事|外交
    茂木敏充外相「どれが解決案なんだかよくわからない」 (28コメント)
  • 2020/01/19 05:00 【政治
    軍事転用されていたのは「低価格フッ化水素」なのか? (19コメント)
  • 2020/01/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/18(土) (104コメント)
  • 2020/01/18 09:30 【時事|韓国崩壊
    河村建夫氏の「寄付金」発言を正確にはどう読むべきか (50コメント)
  • 2020/01/18 08:00 【数字で読む日本経済
    訪日外国人は過去最大だが、観光目標は立て直すべき (20コメント)
  • 2020/01/18 05:00 【韓国崩壊
    韓国に対する「日米同時経済制裁」はあり得るのか? (31コメント)
  • 2020/01/17 17:15 【時事|韓国崩壊
    日韓議連の河村建夫幹事長、日本企業に寄付金強要か? (46コメント)
  • 2020/01/17 16:30 【時事|数字で読む日本経済
    【速報】昨年の訪日外国人が2%増加の3188万人に (12コメント)
  • 2020/01/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国に対し譲歩することが日本で評価されるとの勘違い (11コメント)
  • 2020/01/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    駐韓米国大使、間接的ながら「韓国への制裁」に言及 (16コメント)
  • 2020/01/17 05:00 【政治
    日本が「バスに乗り遅れた」AIIBの現状・最新版 (18コメント)
  • 2020/01/16 13:25 【韓国崩壊
    注目点は「日韓関係悪化」よりむしろ「米韓関係悪化」 (11コメント)
  • 2020/01/16 12:00 【時事|経済全般
    喫煙について考える:屋内禁煙だけで良いのか (59コメント)
  • 2020/01/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、北朝鮮に対する経済制裁を公然と妨害し始めた? (24コメント)
  • 2020/01/16 05:00 【RMB|外交|金融
    人民元の台頭の本当のリスクは米国の金融制裁の無効化 (8コメント)
  • 2020/01/15 16:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張をそのままなぞった東京新聞社説は反面教師 (18コメント)
  • 2020/01/15 11:00 【マスメディア論
    佐藤優氏「紙は3次元、必要な場所がすぐにわかる」 (41コメント)
  • 2020/01/15 08:00 【読者投稿
    【読者投稿】「姉妹都市提携解消」を議論する (11コメント)
  • 2020/01/15 05:00 【韓国崩壊
    年頭会見に見る「文在寅政権がもたらす日韓関係破綻」 (26コメント)
  • 2020/01/14 16:30 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「強制徴用問題、日本が解決法を提示すべき」 (46コメント)
  • 2020/01/14 12:05 【時事|外交
    日本政府にとっての台湾と韓国の地位が逆転? (29コメント)
  • 2020/01/14 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/14(火) (88コメント)
  • 2020/01/14 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国副首相「日本は2月までに輸出規制を元に戻せ」 (23コメント)
  • 2020/01/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    北朝鮮が韓国を痛罵するのは経済制裁が効いている証拠 (12コメント)
  • 2020/01/13 08:00 【時事|外交
    北朝鮮を制裁したらイランのミサイル開発が遅延した? (16コメント)
  • 2020/01/13 06:00 【時事|韓国崩壊
    日経の最新調査、「韓国は日本人が3番目に嫌いな国」 (42コメント)
  • 2020/01/13 05:00 【マスメディア論|国内政治
    マスコミさん、「桜を見る会」での倒閣に失敗か? (17コメント)
  • 2020/01/12 16:40 【マスメディア論|時事
    「科学とファクト無視するな」 旭日旗ヘイトを考える (36コメント)
  • 2020/01/12 08:00 【時事|外交
    米国のソレイマニ殺害は両国合意の「出来レース」? (37コメント)
  • 2020/01/12 05:00 【外交
    民主国家・台湾こそ日本の同盟国にふさわしい (34コメント)
  • 2020/01/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/11(土) (94コメント)
  • 2020/01/11 11:11 【時事|雑感オピニオン
    「ビアンカ・フローラ」問題巡る最新の研究結果とは? (25コメント)
  • 2020/01/11 05:00 【韓国崩壊
    韓国に対するフッ化水素の輸出許可は「譲歩」ではない (30コメント)
  • 2020/01/10 17:25 【時事|国内政治
    解散総選挙を仕掛けるタイミングは今でしょ! (8コメント)
  • 2020/01/10 12:15 【時事|韓国崩壊
    世銀が「日本の輸出規制が世界経済を脅かす」、本当? (8コメント)
  • 2020/01/10 10:30 【時事|韓国崩壊
    韓国と日韓議連と二階幹事長が日韓関係改善に積極姿勢 (18コメント)
  • 2020/01/10 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考に見る「ひとつの国が民主主義を捨てるとき」 (34コメント)
  • 2020/01/09 16:00 【時事|韓国崩壊
    韓国外相「日本の態度次第ではGSOMIA終了」 (29コメント)
  • 2020/01/09 11:00 【時事|金融
    米・イラン緊張に見る、軍事制裁と経済制裁の関係 (24コメント)
  • 2020/01/09 08:00 【読者投稿
    【読者投稿】韓国はダヤニ一族への賠償問題を解決せよ (12コメント)
  • 2020/01/09 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府の「日本と協議」 発想自体が大きな間違い (13コメント)
  • 2020/01/08 17:30 【時事|韓国崩壊
    釜山と日本各地を結ぶ航路、乗客「7割減」の衝撃 (31コメント)
  • 2020/01/08 13:25 【時事|外交
    イランのミサイル発射・続報とウクライナの航空機墜落 (19コメント)
  • 2020/01/08 12:25 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国の外貨準備における不整合と「本質的な問題点」 (17コメント)
  • 2020/01/08 09:23 【時事|外交
    イランが米軍施設にミサイル発射 (15コメント)
  • 2020/01/08 05:00 【韓国崩壊
    対韓輸出が急減しているのは「低価格フッ化水素」か? (24コメント)
  • 2020/01/07 12:10 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    日韓スワップは欲しいがプライドが許さないという韓国 (40コメント)
  • 2020/01/07 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/07(火) (38コメント)
  • 2020/01/07 10:45 【時事|韓国崩壊
    金正恩の斬首作戦は「韓国が困るからやめてほしい」 (13コメント)
  • 2020/01/07 06:00 【時事|韓国崩壊
    日韓市民団体、「真の問題解決のために協議体設立を」 (21コメント)
  • 2020/01/07 05:00 【韓国崩壊
    韓国が欲しがったのはフッ酸よりも「容器」だった? (30コメント)
  • 2020/01/06 14:30 【時事|外交
    米軍の「斬首作戦」に金正恩が怯えて「活動萎縮」も? (19コメント)
  • 2020/01/06 10:45 【時事|韓国崩壊|金融
    イランの核開発再開宣言と対韓輸出管理の関連性を疑う (16コメント)
  • 2020/01/06 07:00 【時事|金融
    ゴーンの身柄確保には「カネの流れ」の利用も有効か? (8コメント)
  • 2020/01/06 06:00 【時事|国内政治
    自称活動家の「権力者に圧力」、北京と平壌で主張せよ (16コメント)
  • 2020/01/06 05:00 【時事|外交
    イラン司令官殺害:トランプは対イラン開戦を望むのか (29コメント)
  • 2020/01/05 10:00 【マスメディア論
    「新聞業界の部数水増し」を最新データで検証してみた (21コメント)
  • 2020/01/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    WSJの「ベトナムで米国が脱北者保護」をどう読むか (29コメント)
  • 2020/01/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/04(土) (105コメント)
  • 2020/01/04 10:00 【韓国崩壊
    日韓関係はまだ「最悪期」に非ず(2)日韓断交論 (48コメント)
  • 2020/01/04 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係はまだ「最悪期」に非ず(1)経済制裁論 (19コメント)
  • 2020/01/03 10:00 【マスメディア論
    オールドメディアはムーになる! (38コメント)
  • 2020/01/03 05:00 【韓国崩壊
    韓国の2019年の「貿易黒字4割減少」のインパクト (26コメント)
  • 2020/01/02 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た「韓国の盆と正月」 (17コメント)
  • 2020/01/02 06:00 【時事|経済全般|外交
    ゴーン逃亡、レバノンへの経済制裁・断交も躊躇するな (71コメント)
  • 2020/01/02 05:00 【時事|経済全般
    年賀状をやめてみて、なにか不都合はあったのか? (9コメント)
  • 2020/01/01 11:11 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「日本の輸出規制撤回まで徹底対処」 (22コメント)
  • 2020/01/01 05:00 【マスメディア論
    新聞の終焉 (30コメント)
  • 2019/12/31 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/31(火) (127コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。