土曜日の鈴置論考とGSOMIA騒動の「本当の教訓」

金曜日の韓国政府による土壇場での日韓GSOMIA破棄撤回については『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』でまとめたつもりだったのですが、その後もいくつかの追加情報が出てきたため、結局、『さっそくGSOMIA問題を曲解報道する韓国メディア』や『【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否』などで、三々五々、これらについて触れた次第です。こうしたなか、日数が経過すればそれだけさまざまな情報が出て来ます。本稿では改めて、鈴置氏の最新論考や当ウェブサイトの読者投稿などをベースに、「GSOMIA騒動で韓国が陥った隘路」、あるいは「日本が得た貴重な教訓」について、私見を取りまとめておきたいと思います。

2019/11/24 13:15追記

記事本文の誤植を修正しております。

2019/11/24 14:50追記

推敲漏れの文章を誤植ごと削除しております。

読者の反応を読む

昨日の『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』で報告した、韓国政府による『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』(いわゆる「日韓GSOMIA」)の「終了通告の効力停止」については、その後もさまざまな情報が出ています。

当ウェブサイトだけでも、『さっそくGSOMIA問題を曲解報道する韓国メディア』のなかで、昨日時点の韓国メディアの報道をいくつか紹介しているほか、『【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否』では「事実上の延長」という一部メディアの表現の真否についての読者投稿を掲載しました。

そして、これらの記事に対しては、さまざまな方からさまざまな読者コメントを頂いたのですが、当ウェブサイトの特徴は、これらの読者コメントのレベルが非常に高いことにあるのだと思います。

問題の本質とは?

瀬戸際外交の失敗、韓国に大きな打撃

それらの優れたコメント群のなかでも、とくに「チキンサラダ」様から頂いたコメントが秀逸です。

それにしても、瀬戸際外交というのは、本当に一線を踏み越えそうになると、ギリギリのところでやめるものなのですね。日本政府も日本の国民もこれで韓国に対する正しい対応を学び取ったのではないでしょうか。静かに無視するのが正解だということですね。

この「本当に一線を踏み越えそうになると、ギリギリのところでやめる」というご指摘に、ハッと気づかされました。なぜなら、これこそが「瀬戸際外交」の本質だからです。

当ウェブサイトではかなり早い段階で、韓国側による日韓GSOMIA終了通告が「瀬戸際外交の一種だ」という点を仮説として提示してきました。ということは、この仮説が事実なら、文在寅(ぶん・ざいいん)政権が終了通告を間際で撤回するであろうことは、当然に予見できたはずです。

それなのに、当ウェブサイトで11月22日の時点で、「日韓GSOMIAが破棄される可能性は極めて高い」などと書いてしまった(『GSOMIA特集 「困ったら逆ギレ」の黄金パターン』等参照)のは、私自身の分析の浅さのためであり、大いに反省しなければならないと痛感しています。

ちなみに、チキンサラダ様のコメントには、このような指摘も含まれています。

瀬戸際外交とはブラフの一種ですから、一度種がバレると二回目以降どんどん効かなくなるという大きなデメリットがあります。韓国は今後そのデメリットを味わうことになるのでしょうね。

これも重要な指摘です。

後述する韓国観察者・鈴置高史氏の最新論考とも重なるのですが、今回のGSOMIA騒動における韓国にとって最大の失点が、まさに「瀬戸際外交が失敗した」という実績であり、日本側にとって最大の成果といえるのだと思います。

「年内いっぱい」という情報

この点について深く追求するまえに、もうひとつ、気になっている情報についても深読みしておきましょう。

韓国政府の発表内容と、それに対する読者コメントなどを読み返し、さらにインターネット上のウェブサイトなどを調べてみて、

韓国政府が日韓GSOMIAを延長させたのは、1年間(つまり2020年11月22日まで)ではなく、今年の12月31日までの約40日だ

といった情報があるようです。

ただ、この「年内いっぱい」という具体的な期日を指定した情報は、調べてみても一部のウェブサイトに掲載されているだけであり、情報源の辿りようがないため、これが本当なのかどうかについては今ひとつ確信がもてない状況です。

もっとも、これに関連して、あらためて引っ掛かる箇所もあります。それは、韓国政府の11月22日の報道発表(※韓国語)に含まれる、次の趣旨の記述です。

韓国政府はいつでも韓日GSOMIAの効力を終了させることができるという前提のもとに、2019年8月23日に韓国政府が日本政府に対して発した終了通告の効力を停止させることにし、日本政府はこれに対する理解を示した。

このうち、下線で示した「終了通知の効力の停止」という表現は、昨日、「狐の手のおじさん」と名乗る弁護士の方から頂いた読者投稿によれば、国際条約などに根拠がない用語だそうです。もしこの読者投稿の指摘内容が正しければ、次のような仮説が成り立ちます。

  • 日米両国政府は、金曜日の韓国政府の立場表明については国際法にいうところの「終了通告の撤回」であると解釈している(=この場合、日韓GSOMIAの新たな終了期日は2020年11月22日である)
  • 日本政府が韓国政府の発表をあえて訂正しなかった理由は、韓国政府の行動が「通告の効力の停止」ではなく「通告の撤回」であることは国際法上明白であることに加え、わざわざこの点を指摘すると、韓国政府がGSOMIA延長をやめてしまうリスクもあると日本政府が判断したためである
  • 日米両国政府の解釈に従うならば、韓国政府が日韓GSOMIAを終了させたければ、日韓GSOMIA第21条第3項に従い、2020年8月24日までに改めて文書により終了通告を行う必要があることになる

…。

つまり、韓国政府の報道発表に含まれていた、「韓国は今後いつでも韓日GSOMIAを終了させることができる」の下りは、韓国政府による勝手な解釈であり、そのような行為は不可能だ、ということです。

ますます身動きが取れなくなる韓国

ちなみに当ウェブサイトでも、「韓国政府がいつでも日韓GSOMIAを終了させることができる」とする下りについては、日韓GSOMIAを修正したとのプレスリリースが日本政府から出ていないことから、不可能だと考えています。

また、韓国が今回、日韓GSOMIA破棄を土壇場で撤回したのも、結局は米国が「韓国をぶん殴る」(※後述の鈴置論考に出てくる表現)ポーズを示していることが最大の要因だと考えられるため、「日韓GSOMIA破棄」を言い出せば、米国が同じ反応を示すことは明らかです。

以上の前提が正しければ、もし韓国が「年内に日韓GSOMIAを終了させる」と宣言した場合、韓国は「日韓GSOMIAに違反している」という状態を作り出すことになりますし、そうなれば、米国は今度こそ韓国に対して本気で制裁を加えるでしょう。

もちろん、「韓国政府は年内いっぱいで日韓GSOMIAを終わらせることができるつもりでいる」とする一部ウェブサイトの記述が間違っているとは限りませんが、仮に韓国政府が本気でそう考えていたとしても、現実的には韓国政府がそのような行動を取ることはできないと考えて間違いないでしょう。

いや、話はそれにとどまりません。

昨日の『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』の末尾でも触れたとおり、今後、中国や北朝鮮が韓国に対し、「日韓GSOMIAを破棄せよ」との圧力を加えてくるかもしれませんし、米国は「日韓GSOMIAを破棄するな」と圧力を加えて来るでしょう。

しかも、今回の騒動で韓国は米国からの信頼をかなり失いましたので、仮に日韓GSOMIAを維持したとしても、駐留経費負担増問題が解決するわけでもありませんし、米国から「見捨てられる」可能性がなくなったわけでもありません。

いや、むしろ、文在寅政権が続く限り、韓国は主体的に自国の未来を決断する能力をほぼ失いつつあり、周辺国の思惑で右往左往することになるでしょう(※ただし、これは後述するとおり、周辺国にとってもリスク要因ですが…)。

土曜日の鈴置論考

このタイミングの鈴置論考はありがたい!

さて、韓国情勢がこのように混迷を極めているときの指針といえば、何といっても日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏の論考でしょう。昨日は土曜日であるにも関わらず、ありがたいことに、『デイリー新潮』の『鈴置高史 半島を読む』シリーズに最新論考が掲載されています。

韓国は米国の“お仕置き”が怖くてGSOMIA延長 今度は中朝との板挟みという自業自得(2019年11月23日付 デイリー新潮より

今回の論考で鈴置氏は、文在寅政権が韓国の顔色を見て日韓GSOMIAの破棄を留保したものの、北朝鮮や中国からの圧力が高まるのは確実であるとしたうえで、「結果的に文在寅政権は自らを袋小路に追い込んだ」と評します。

まず、日韓関係においては、日本がGSOMIA維持という果実を得たのに対し、韓国は実質的には何も得ていないような状態にあることを巡って、左派系のハンギョレ新聞の読者コメント欄には「読者の不満が溢れた」という状況にあったのだそうですが、問題はそれだけではありません。

鈴置氏は文在寅政権が「日本が輸出規制を早く解かないと、GSOMIAを破棄するぞ」と威嚇しているとしつつも、「日本側は脅しとも感じない」、「もし韓国がGSOMIAを破棄すると再び宣言したら、米国からもぶん殴られる」と指摘します。

さらには、韓国政府がGSOMIAを維持すると決定したことで、北朝鮮と中国が怒りだすとの下りでは、鈴置氏は中国外交部の11月22日の定例会見で、さっそく日韓GSOMIAの維持を牽制する発言が出たことを紹介しています。

これについて鈴置氏は、

韓国は日本との交渉を優位に進めようと『GSOMIA破棄』を外交カードに使った。しかしそれが寝た子を起こしてしまい、GSOMIAを維持するには、中国の顔色を伺わなくてはならなくなったのです。

と述べているのですが、これは今年8月に韓国政府が日本に「破棄」を通達したことで、中国にとっては「日韓GSOMIAが存在しない状態」が「既得権」になってしまった、との指摘でしょう。

デッドロック状態に陥った韓国

鈴置氏は日韓GSOMIAの今後を巡って、

韓国はGSOMIAに関し『破棄』とも『維持』ともはっきりさせぬまま、宙ぶらりんの状態を続けて行くと思われます

と結論付けるのですが、このあたりが妥当な線でしょう。

ただ、ここでひとつ、疑問が浮かびます。

  • 韓国が日韓GSOMIAを破棄しようとしたら、米国からぶん殴られる。
  • 韓国が日韓GSOMIAを維持しようとしたら、中国からぶん殴られる。
  • さらに北朝鮮は堂々と日韓GSOMIAを破棄せよと韓国に命じている。

要するに、現在の韓国は、完全な「デッドロック状態」に陥った格好です。

さて、以上のような状況で、いったい韓国はどうすれば良いというのでしょうか。この点、鈴置氏は、ただ次のように指摘するだけです。

韓国はGSOMIAを外交のおもちゃにするうちに、「米日」と「中朝」の間の板挟み状態を自ら悪化させてしまった。袋小路に入り込んだ韓国はもう、動きがとれません。下手に動けば、誰かに殴られるのです。

当たり前ですが、鈴置氏に「韓国がどうすれば良いか」という指針を提示する義務などありませんし、そんなことは文在寅氏、あるいは韓国の政治家自身が自分の頭で考えるべき筋合いの話です。

しかし、ここで重大な問題が発生します。

文在寅氏を含めた韓国の政治家は、「ウソツキ外交」や「告げ口外交」、「瀬戸際外交」は得意かもしれません。しかし、その一方で、「自分の頭で主体的に考える」というのは、おそらく、文在寅氏を含めた韓国の政治家が最も苦手とする点です。

その結果、いったい何が発生するのでしょうか。

周辺国を巻き込む無責任国家

これを探るうえで参考になるのは、鈴置氏が間接的に韓国のメディアの論説などを引用する形で、文在寅政権の無能ぶりを指摘している箇所でしょう。

鈴置氏によると、とくに保守系メディアからは、

過去3ヵ月間、国論は分裂し残ったのは同盟の毀損だけだ。信頼をなくした韓国との同盟を、米国が修復しようとするかどうかはわからない(※朝鮮日報社説

などの記述がみられるそうです。いわば、

『反米左派』という路線への批判以前に、自分の行動がもたらす結果も読めない文在寅政権の『無能』ぶり

への批判ですね。

そのうえで鈴置氏は、次のような記述で論考を締めています。

周辺大国を操ろうと無理筋の外交を展開する国が登場した時、混乱が起きるのです。右往左往した結果、自分が一番損をするのですが、半島にはそれを自覚できない人が後を絶たないのです。

あえて鈴置氏のこの言葉を当ウェブサイト流に解釈すると、

今回の韓国政府の決定により日韓が雪解けするわけではなく、半島はますます不安定になる

ということではないでしょうか。

以前、『真の親日派とは、文在寅氏その人だ』で報告したとおり、当ウェブサイトとしては、文在寅氏が「離米・親北」政策を続けることが、結果として中・長期的には日本の国益につながると考えて来ました(こんな主張をすると鈴置先生には怒られるかもしれませんが…笑)。

真の親日派とは、文在寅氏その人だ

しかし、もしも文在寅政権がぐらつき、再び韓国の国論が大々的に分裂するような、周辺国を混乱に巻き込むという「半島国家のいつものパターン」が出て来るのではないでしょうか。

日韓関係を巡る現在のリスクは、むしろそちらではないかと思うのです。

日本の針路

今こそ学び直したい、歴史の教訓

さて、ここで改めて思い出したいのは、古来、日本が戦乱に巻き込まれるときは、たいていの場合、朝鮮半島が関わってきたという事実です。古くは白村江の戦い、新しい事例だと日清・日露戦争や朝鮮戦争などがありますが、多くのケースは朝鮮半島と関わったがために日本が戦乱に巻き込まれた、というものです。

大きくパターンを分けておくと、次のとおりです。

  • 日本がわざわざ朝鮮半島に関わったために、戦乱に巻き込まれたケース…白村江の戦い、日清戦争、日露戦争
  • 日本から戦争を仕掛けたケース…豊臣秀吉の朝鮮出兵
  • 日本は無関係で、あちらから日本を戦争に巻き込んできたケース…元寇、朝鮮戦争

また、日本が過去に関わった大規模な戦争のなかで、朝鮮半島が関わっていないのは、日本が朝鮮半島を統治していた時代に発生した、第一次世界大戦と第二次世界大戦(と日華事変など)くらいしかありません。

もちろん、これからの時代、中国が軍事的に膨張してくれば、日本が好むと好まざるにかかわらず、「中国からの侵略戦争」というかたちで、日本が戦乱に巻き込まれる可能性はあります。

しかし、そのようなケースを例外とすれば、基本的に日本は朝鮮半島との関わり方次第で、戦争のリスクを大きく減らし、平和と繁栄を維持することができる可能性があるのです。

端的にいえば、朝鮮半島とは「必要最小限しか関わらない」ことが、日本にとっての平和と繁栄を維持するうえでの鉄則ではないでしょうか。

今回のGSOMIA騒動の意味とは?

昨日の繰り返し(というよりも補足)です。

今回のGSOMIA騒動、日本にとっての成果はいくつもありました。思いつくままに列挙すると、

  • ①韓国側の行動パターン(とくに瀬戸際外交)を読むことができた
  • ②瀬戸際外交に対する理想的な対処法を学習することができた
  • ③日本政府が毅然と対処すれば、日本国民がこれを支持するということがわかった

といったものが挙げられます。

これらのうち、とくに②については重要です。

というのも、日本が原理原則を歪めず、最後まで毅然としていれば、韓国としては振り上げた拳の落としどころが見つからず、バツ悪く振り下ろさざるを得ない、ということがわかったはずです(韓国が展開しているのはインチキ・ハッタリの外交であるため、そうなるのは当然のことです)。

また、今回の日本の「勝因」は、米国がほぼ日本の味方に付いてくれたことでしょう。

とくに輸出管理適正化措置を巡っては、おそらくは日本が独断で発動したものではなく、むしろ「不適切な事案」については米国などと具体的な事例を共有しているのではないでしょうか。(※ただし、これについては根拠はありません。当ウェブサイトの憶測です。)

つまり、韓国の理不尽な瀬戸際外交に対しては「丁寧な無視」を貫きつつ、韓国が「韓国にしか通用しない道徳的価値観」を押し付けてきたときには、日本は堂々と、公開の場で(かつ「国際的なルール」に基づいて)毅然と対処するのが正解なのです。

(あるいは、今回のGSOMIA騒動は、従来の外務省的な「事なかれ主義外交」の敗北だった、という言い方もできるのかもしれませんね。)

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いつも当ウェブサイトで主張していることを、改めて繰り返しておきます。

日韓関係には、究極的には

  • ①韓国が国際法や約束をきちんと守る方向に舵を切ることで、日韓関係の破綻を避ける
  • ②日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することで、日韓関係の破綻を避ける
  • ③韓国が国際法を破り続け、日本が原理原則を貫き続けることで、日韓関係が破綻する

の3つの選択肢しかあり得ません。

今回のGSOMIA騒動は①で幕を閉じた格好ですが、日韓間の懸案はGSOMIA騒動だけではありません。日本は今後、くれぐれも決して②の選択肢を取ってはならないと、あらためて申し上げておきたいと思います。

読者コメント一覧

  1. 迷王星 より:

    新宿会計士さま、お早うございます。更新ありがとうございます。ところで、

    >今回の論考で鈴置氏は、文在寅政権が韓国の顔色を見て

    の中の「韓国」は「米国」ではないでしょうか?

  2. 門外漢 より:

    狐の手のおじさんと言い、新宿会計士様と言い、鈴置氏と言い、判っておられる方は判っているのですね。
    いやあ勉強になりますわ。

  3. だんな より:

    韓国の安全保障外交は、文政権が身動き取れないようにしてしまいました。外交の連続性から考えると、文政権が保守系に変わっても、状況が好転することは無いと思います。
    致命的な失敗は、中国に対する「三不の誓い」だと思います。三不の誓いで、中国の経済制裁を緩和する目的も達成出来ずに、足枷になっただけでした。これで離米出来ないとなると、米中両国に股裂されるようになると思います。
    当面は、アメリカが、韓国に自動車への関税をかけて、格付け会社による格下げが、進むように願っています。

  4. 匿名 より:

    「年内いっぱい」の根拠は、金曜日のBS-TBSでの報道1930内で、森本元防衛大臣が
    ・在韓米軍駐留経費の臨時国会批准の期限が年内
    ・GSOMIA維持により、年内の米朝交渉を少しでも有利に進めたいアメリカの圧力
    の2点を挙げてました

    GSOMIA破棄停止報道直後の、誰も論点にしていない段階でこの分析は流石です

  5. 匿名 より:

    タイトルに「教訓」とありますので、リトマス紙的なお話をひとつ(かなり強引でスミマセン)
    普段からこちらのブログをご覧の方には釈迦に説法かもしれませんが。

    細川昌彦という方があるツイートをされてます。
    https://twitter.com/mHosokawa/status/1198062079556476928
    『日本政府がきちっと説明しても、輸出管理の局長級対話を「協議」と報道する一部の日本のメディア。

    再度繰り返す。
    韓国は国内向けに、「協議」とわざと言い換えて日本が譲歩したように見せかける。
    しかしこれは3年前まではやっていた「対話」の再開。日本の措置の撤回に向けた協議ではない。』

    輸出管理をいまだに「規制」と書いてる某新聞社もありますが、こうしたささいな言葉使いでフェイクメディアのみならず話者のスタンスを見抜くリトマス紙になりそうです、というお話でした。

    1. 匿名 より:

      おっしゃる通りですね。
      日韓関係の様々な問題の中でごく僅かですが日本にメリットがあったとすれば、それは様々な報道を比較して読むことで多くの一般の日本国民が、マスメディアのちょっとした言葉遣いの違いに注目してメディアに対する審美眼を自ら育んだという事だけでしょうか。

    2. とある福岡市民 より:

      その細川昌彦氏のツイートに続くリツイートに「中国が韓国と防衛協定を締結」という記事が載ってますね。記事の日付は2019年11月19日。具体的には両国間の交流と協力を促進するためにホットラインを増設し、韓国国防相の来年訪中を調整する事を中国と韓国の両国防相間で合意した、との事です。合意したのは11月17日。ちょうど1週間前ですね。
      韓国在住日本人様の記事以外の韓国ネタにはコメントを控えてましたが、これは看過できません。日米両国に対する明白な裏切り行為ではないでしょうか。アメリカはこの裏切り行為について何も反応しないのでしょうか。

      1. 長政 より:

         匿名様、とある福岡市民様

        おっしゃる通りです、対話を協議と言い換えるマスゴミと混同する保守系プログがあります。

        細かいことですが、用語の使い方で足をすくわれることもあります。

        中共との防衛協定はバンコクで1週間前に結ばれたとのこと、タイミングに注意が必要です。

        及川幸久氏の22日付のyoutubu動画を参考下さい。

  6. j より:

    お世話になります。
    勉強になりました。

    短期的には、国際法違反の状態で話し合いになる部分は不満で、文大統領成功したかに思えました。

    しかし長期的には、このゴタゴタは結局、周辺国だけでなく韓国民の信頼をなくしただけかもしれません。

  7. 愛読者 より:

    米中のの韓国に対する態度はぶれすに一貫しているので,過去からの経緯の延長で考察するのもよいかと思います。7月16日の鈴置高史の「日本に追い詰められた韓国 米国に泣きつくも「中国と手を切れ」と一喝」を改めて読み返して感じるところがあります。
    文在寅の心は少し前まで中国に傾いていたが,再び,米中両方にいい顔を見せて問題を先送りしよう,という姿勢に戻った感があります。GSOMIA破棄停止は決してアメリカ側につく,という宣言ではないでしょう。アメリカもそう思っているでしょう。結果として,米中両方からの不信感を増し,国内の左派・右派両方から攻撃を受ける状況に陥ってしまいました。さしあたって,4月の選挙で韓国の世論が明らかになるでしょう(世論調査は信用できないので)。ただ,その前に,中国問題や北朝鮮問題に大きな動きがあって,韓国もそこに巻き込まれる可能性も否定できないでしょう。
    あと,サムスンの件ですが,韓国政府同様に日和っていて,米中両方から睨まれているのがわかります。対中制裁との関係でもアメリカとしてはサムスンに半導体生産を大幅に縮小させるか止めさせたいでしょうね。
    P.S. 日本のマスコミの件ですが,スポンサーに悪く思われるような報道はできません。韓国に気を遣わないをいけない理由もあるのかな?

    1. netuser より:

      スポンサーと言うより、広告収入や芸能人の人脈を握る電通に気を使ってるんだと思います。電通って韓国系の関係者が多いと聞きますし。

    2. だんな より:

      愛読者さま
      マスコミそのものの中に、擁韓の人間がいるんだと思います。相当な地位と人数で。

  8. 通りすがりのA より:

    日本政府もそうですが、中国および朝鮮半島国家両国に贈る言葉です。

    「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。」

    国際法は歴史から生まれた人間の叡智だと思っています。
    さらに、悲惨な二度の世界大戦を経て重要視されるようになりました。
    (だからこそ国際法、国際条約を遵守する重要性が日韓対立の中で改めて浮き彫りになったと考えていますし、国際条約の数も増えたと思います。)

    その人間の叡智を狡猾に利用し、利用できなくなれば破壊し、自分達だけで通用する(普遍性の無い)価値観を適用しようとする国が東アジアに固まっていることが世界的なリスク要因と考えます。

    さて、GSOMIAの今後ですが、文政権が2019年内に進展(日本のホワイト国除外撤回)が無ければ破棄する可能性が高いと睨んでいます。

    手前味噌で恐縮ですが、北朝鮮が米国に対して瀬戸際外交を繰り広げているとの連動していて、北朝鮮が自分から期限を設けていることを考えると、文政権は2020年にはレッドチームに行く算段かと思います。

    米国は今回のGSOMIA破棄騒動で文政権の不安定さとレッドチームへの愛着を確信したと思っていますので、ムーディーズの韓国企業格下げ警告は、韓国経済焦土化の警告であり、実際に格下げが行われたら一気に焦土化を進めると推測しています。

    このタイミングで日本のすべきことは、朝鮮半島からの人的往来の制限と日本国内での韓国が利用しそうな優遇策の撤廃と再適用の禁止(国内法で可能な限り)を行うことを優先すべきと考えます。

    1. 匿名 より:

      通りすがりのA様、

      >その人間の叡智を狡猾に利用し、利用できなくなれば破壊し、自分達だけで通用する(普遍性の無い)価値観を適用しようとする国が東アジアに固まっていることが世界的なリスク要因と考えます。

      確かにその通りですね。他にも国際法無視の地域はありますが、東アジアは経済的には非常に存在感があるので、その影響が大きいのが困ったところですね。

    2. 匿名 より:

      >国際法は歴史から生まれた人間の叡智だと思っています。さらに、悲惨な二度の世界大戦を経て重要視されるようになりました。

      国際法は内容の出来・不出来にかかわらず、世界秩序の維持の道具の一つになるとは思えます。

      特に大国が小国に対するときには威力を発揮するようです。日→韓、米→韓なんかその典型と思えます。

      しかしこの国際法、大国に対しては無力です。まあ、牽制球くらいの役目は果たせそうですが・・。

      思うのですが、国際法の意義がそれなりに理解され、その土俵で話ができる国は、そもそものウェストファリア国家である欧州と、そんな欧州を手本とした日本くらいしか見当たらない思えます。まあ、欧州の血を引いているアメリカは少しはマシとしても、この方がおっしゃるように、中国、特にロシアなんかは国際法など屁とも思っていません。こんな国々は経済で締め上げて村八分にしなければなりません。特にロシアとは経済交流などもってのほかです。

  9. 雪国の会計士 より:

    日清、日露の時と違うのは、韓国でしっかり反日教育が行き届いていることではないでしょうか。
    私たち日本人は、移民はお断りと強く主張しといて、意地でも日本には行きたくない雰囲気づくりが大切かと思います。

    1. 老害 より:

      雪国の会計士 さま

      >私たち日本人は、移民はお断りと強く主張しといて、意地でも日本には行きたくない雰囲気づくりが大切かと思います。

      いざとなったら、同胞を殺してでも保身に走る連中です。
      現在、反日で声高に叫んでいる連中が、内乱状態になったら、日本へ大挙して雪崩れ込んできますよ。

      1. 雪国の会計士 より:

        〉いざとなったら、同胞を殺してでも保身に走る連中です。

        そこは考えが及びませんでした。
        最悪の事態を想定するには、日本人の常識では通じないですね。面倒くさい連中です。

  10. あらあらかしこ より:

    読み応えのある記事をどうもありがとうございます。

    「瀬戸際外交」への対処で、「原理原則を枉げない」ことの重要性は納得なのですが、
    ギリギリで向こうが引くかどうかは
    朝鮮民族の場合は微妙だと思います。

    北朝鮮による核開発の進行では、
    IAEAによる封印を破って開発を続けたり
    かの国にとって重要な同盟国である中国から
    (実際はどうかわかりませんが、表向きでは行われている)締め上げにも折れず、
    核を手放そうとはしていませんよね。

    今回あちらが引いたのは、
    クーデターをちらつかされたりなどで
    国内統率上引かざるを得なくなった、
    つまり文在寅をはじめとする左派の統率力不足にあるのではと思いました。

    いずれは瀬戸際外交ではなく、線の向こう側へ行くのだろうと思っていますが、いかがでしょうか。

  11. クロワッサン より:

    後進お疲れ様です。

    日本国内では在日韓国人朝鮮人のごね得利権がまだまだある訳で、それらの「在日特権」をひとつひとつ無くしていき、最終的には在日韓国人朝鮮人を非在日韓国人朝鮮人と同じ在日外国人として扱う事にしていきたいものですね。

  12. 名無しA より:

    金鉉宗氏が18日ー20日に極秘に訪米してたそうです。
    大統領府の最強硬派と言われている人。

    ◆青瓦台高官が極秘に訪米 GSOMIA問題など議論
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=74015

    ここで米国から「破滅させるぞ」と直球で恫喝された
    んでしょうね。

    20日午後 金鉉宗氏帰国
    21日午前 NSC(異例の午前から開催)
         「最後の努力をしている」
    22日午後 NSC(異例の連日開催)
         「破棄通告の効力停止」

    それまでは「破棄やむなし」だったと思います。

  13. 素人外交 より:

    瀬戸際外交なら、見切ったところで何かを得て、兵を引きます。
    文さん結局何も得られずに、撤退です。

    以前から言われている、周囲に絵を描く外交官や、戦略家不在かと。
    本当に南北統一を仕掛けるつもりがあれば、今でしょう。
    Gソミア終了、米軍縮小、北と融和交渉…
     2020国防主権法で下院案は、最小限の米軍人数を明記しておらず、
     上院は現数を維持する案を提出予定。

    素人の私が見ても、素人外交w
    なんちゃって瀬戸際外交

    1. 名無しA より:

      「頭がおかしい」と言われたのが去年の今頃、欧州歴訪で。

      「ウソツキ」と米国に言われたのが8月。
      GSOMIA破棄通知に際して、米国が理解とか言ってしまって。

      更に今回の事実上の破棄撤回で、「腰抜け」であることが
      周知されたわけです。

      「頭がおかしく」「ウソツキ」「腰抜け」で大三元です。

      1. 阿野煮鱒 より:

        > GSOMIA破棄通知に際して、米国が理解とか言ってしまって

        多分、米国側は“I Understand.”と発言したのを、韓国側が都合良く拡大解釈した流れですよね、いつもどおり。「あなたの言い分は理解しました(賛同するとは言っていない)」というニュアンスを韓国人に伝えるのは至難の業ですね。はっきりと“I don’t agree with you”と言わない限り、どんな言い回しをしても通用しない気がします。”

        I understand. → 理解した → 米国の理解は得られている
        I got it. → 判った → 米国は納得している
        Copy that. → 了解 → 米国の了解は得られている

  14. はにわファクトリー より:

    今青瓦台にいるのは、政治的に敗北した大統領です。チキンレースに負けて6時間前にハンドルを切った男、半殺しの目にあったアヒルです。今後なにか彼らがいつも韓国論法で理不尽なことを行って来たら、具体的なことは何も言わず代わりに「タンマ、タンマ」と連呼すればよいでしょう。2度と負けないと咆哮して負けた哀れな男をかまってやる必要などありません。名古屋で開催された外相会議で撮影されたという康京和の表情に、何かしら荒涼した心理が写し込まれているように当方は感じました。あの国は相手にするな。一挙一動を衆人に環視されたことでしょう。どんな思いでいたでしょうか。宗主国のレッドボスは、光る眼で今黙して静かに韓国大統領を見つめているのではありませんか。

  15. 菅楠真紅 より:

    世界に向けて「いつでも条約を破るぞ」と吠えましたが、セルフ制裁になりそうな気がします。
    週明け、どうなりますやら。

  16. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    Web主様や狐の手のおじさん様の解説と、ここのコメント欄に触れることで、現状認識がかなりできてきました。ありがとうございます。

    一方で、不明点はそのまま残っていて、技術的に可能であり実際に効力を発揮した内容と、単に建前であり体面を取り繕っているだけの内容、の分離が今一つ進みません。

    具体的には、やはり韓国の言っている内容が(いつものことながら)一番わけがわかりません。それにも関わらず、日本から内情を明かす意思も見られません。ということは、何らかの協議によって一定の同意に至っていると考えたほうが自然です。

    これは技術的に可能か不明ですが、第21条2項の「この協定は、両締約国政府の書面による同意によりいつでも改正することができる」から考えると、今現在GSOMIAの条文を改正していなくても、韓国が破棄したいと言ってきたときに条文を改正する、という場当たり的な対応でも、同意さえあれば問題ないのかも知れません。

    どちらにしても、今現在は一年間の延長がされていて、韓国の主張も一定の根拠があるのかもしれない、というぐらいに考えておくつもりです。

    また、重要な示唆として瀬戸際外交への正しい対処方法という話がありますが、日本は良くも悪くも前例があると動きやすい面があるので、確かに今回の顛末は非常に良い経験になったと思います。
    一時は日本中が悲しみに包まれましたが、何とか前向きに考えたいものです。

    それにしても、自分の中では今年の流行語大賞に「パーフェクトストーム」の株が急上昇です。
    思っていたよりもGSOMIA疲れが溜まっていたようでw、しばらくはそのキーワードから離れたくなってきましたが、年末にまたパーフェクトストーム発生予報があるので、まだ頑張れそうです。

  17. 老害 より:

    文大統領の最終目標が、民族の統一と民族の核であることは間違いないと考えます。

    今回のGSOMIA騒動の腰砕け振りは、アメリカの剣幕から、この時期に完全離米につながる行為は、経済・外交へ与える打撃が大きいと考えたためでしょうね。

    しかしながら、文ちゃんは、もう少し突っ張ってくれると思っていましたよ。まさか引き返すとはね。
    私は心配なのです。ロウソク集会の吊し上げ対象になったら、我らが文ちゃんが任期を全うできなくなってしまいます。

    頑張れ、文ちゃん! 統一のために犠牲はつきものですよ。 反日一直線で、ついでに離米もして、晴れてレッドチームに加わりなさい。

  18. nochiyuta より:

    韓国やムンジェイン政権が、「瀬戸際外交している」というより、米国の本音を読み誤ったということでしょうね。というより、相手側のニーズは何か、困ることは何か、ということを深く考えず(誰も正義とやらに興味はない)、自分たちの都合の良い「正義」に基づき、米国はこう行動すべきだ、するだろうと考えて、対応したんだとおもいますよ。
     その意味で青瓦台の素人ぶり、理想に燃える左翼青年の現実感覚のなさが露呈したのだと、考えています。
     これで、韓国は世界から信用を失ったと思いますから、未解決の徴用工問題について、日本としては、従来通り、「国際間の合意は守れ」ということを声高に唱え、「資産処分が現実に行われれば、日韓関係は危機的な状況に陥る」と牽制しつつ、「問題を引き起こした側から解決策を提示すべき」と待てばよい、と思います。
     いわずもがなですが、ムンヒサン議長の案は、韓国内で同意が得られないと思いますが、仮に取れても、日本が受け入れられる案では、全くありません。日韓議連の河村幹事長は、意図的に韓国を攪乱しているのか、幾多の困難を乗り越えてきた同議連の当代を預かる者としての責任感から無理筋と承知しつつ頑張っているのか、定かではありませんが、政府の責任者の発言ではないと、静観しておけば良いでしょう。

    1. 通りすがりのA より:

      nochiyuta様

      >日韓議連の河村幹事長は、意図的に韓国を攪乱しているのか、幾多の困難を乗り越えてきた同議連の当代を預かる者としての責任感から無理筋と承知しつつ頑張っているのか、定かではありませんが、政府の責任者の発言ではないと、静観しておけば良いでしょう。

      どこの記事だったか忘れましたが、維新の会の下地氏が文議長案押しで動いているとの情報もあります。
      この方も政権内ではありませんが、韓国に付け込まれる隙を与えているようです。

      韓国と仲良くすることが国益では無い昨今、何をしているのやら…。

  19. 宮崎在住福岡県民 より:

    へたれブンブンは米国の脅しに屈してGSOMIA破棄を停止。しかし、ゴタゴタにより不信感は残る訳であってGSOMIAは形骸化すると思います。米国にしても米韓同盟破棄まで視野に入れていることは、韓国に駐留経費を5倍増要求している事から間違い無いと思います。
    では何故米国は今回ここまでGSOMIAにこだわったのでしょうか?
    米韓同盟破棄を外交カードとして活用するとすれば、北朝鮮の非核化との取引で使うと思いますが、カードの価値を吊り上げる為にGSOMIAを維持させたのかもしれません。米国は本当にしたたかな国です。

  20. G より:

    いつでもGSOMIAやめられるとか年内が期限とかは韓国国内に敗北論を抑えるための嘘なのでしょう。日本はあえてそれの間違いを指摘しないのでしょう。

    韓国政府発表の「日本は理解を示した」は以下の2点なのかなと推測

    GSOMIA終了通告の公文書は撤回された。よってGSOMIAは8月以前の状況に復帰した
    韓国が国内向けにつく嘘に、それが国内限りである限りは敢えて日本は反論しない。

  21. 非野阿礼 より:

    >>日本政府が毅然と対処すれば、日本国民がこれを支持するということがわかった

    韓国側でも日本の輸出規制を元に戻さない限り日韓GSOMIA破棄は変わらないと一貫していましたし現在でも其の思いは変わっていない(多分変われない)のでは無いでしょうか。
    所詮GSOMIA協定は一年単位の話で一時敵にアメリカを納得させただけに過ぎないと言う話、再び口先日米韓同盟に日本は付き合って行かなければ成らない事になりました。
    そこで日本は此から冬になるというのに、桜の話に時間を費やして居るのは余裕?もったいない。

  22. 老害 より:

    予想通りの内容ではありますが、『反日種族主義』の李宇衍さんのコメントが出ております。ご参考までに。

    「なぜ文在寅はGSOMIA延長を6時間前まで決断できなかったのか?」
    https://bunshun.jp/articles/-/15761

  23. 匿名 より:

    初めて投稿します
    私は、ジャーナリストの篠原常一郎さんの動画を見るのですが、昨日の動画から。
    韓国はGsomia延長を決定する3日前に中国との軍事同盟を結んでいる
    これを待って、延長を決定した、ある程度計画的であったのでは、と。

    韓国は米中二国を天秤にかけ、その延長線上には中国と本格的に軍事協力し、後、Gsomeiaを破棄する算段ではと。

    日米合同委員会での話し合いも既に行われている…内容は在日米軍(沖縄の海軍や空軍)は、グアムやハワイまで退く。在韓米軍を日本に配置する。そのため日本は米国から軍事費用は1兆円要求されるであろうとのこと(数日前に報道された思いやり予算の増額のニュースはフェイクではなかったのかも)。

    日本に陸軍を配置(ミサイル防衛)、後方支援はグアムやハワイ、その状況から判断するに前線は日本ということしょう。韓国は米国の防衛ラインから、既に外れている…
    アチソンラインが復活したのでしょう。

    1. 引きこもり中年 より:

       独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

      匿名様へ
      >韓国はGsomia延長を決定する3日前に中国との軍事同盟を結んでいる
      これを待って、延長を決定した、ある程度計画的であったのでは、と。

       これが正しければ、韓国は米中新冷戦で、中国側につくと、決めたと
      いうことでしょうか。たしかに、米中新冷戦になれば、米韓同盟と中韓
      同盟の両立はできませんし。

       駄文にて失礼しました。

      1. じゃっく より:

        韓国を舐めてはいけない。
        米韓同盟と中韓同盟を両立させて、両者の間で賢く立ち回ることなど容易だ!

        …などと考えていそうですよ、どっかの国は。

  24. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     今回の韓国の瀬戸際外交での教訓は

    ①瀬戸際外交自体は、どの国でもやることができる。韓国も北朝鮮を見て
    自国も成功すると、考えたのかもしれません。
    ②ただし、瀬戸際外交を成功させるためには、関係国の動きを見極めなく
    てはならない。ある国が、自分の希望通りの動きをするとは限らないし、
    前と同じ動きをするとは、限らない
    ③瀬戸際外交は、引き揚げの見極めが難しい
    ④引き揚げまで、自国民を煽り立てるのだから、引き揚げ後に、自国民の
    不満を抑えなければならない。

     でしょうか。

     蛇足ですが、日韓GSOMIA自体が、「韓国の朴前大統領の中国軍事パレー
    ド出席で、韓国がオバマ前大統領に呑まされたお仕置き」ならば、そのお
    仕置きを壊そうとした文大統領に対して、(アメリカ政府かトランプ大統
    領からかは分かりませんが)無理な要求が、これから来るのではないでし
    ょうか。もちろん、その要求を韓国が呑むとは限りませんし、日本にも飛
    び火する危険性もありますが。

     駄文にて失礼しました。

  25. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    さすがにGSOMIA締結の直後の日曜日だけに、普段はひっそりとしている読者コメントコーナー、賑やかですネ(笑)。良いんか悪いのか。私は良い論壇と思います。

    韓国及び北東アジア国の瀬戸際外交には徹底無視に限る。今迄、日本が相手を慮って出来ない事を、徐々にですが日本政府もやってくれるようになりました。もどかしさは感じるけどね。

    GSOMIAは継続、それも年内中とかの声も上がってますが、しかし基本、1年更新。来年8月に文書で通達しないと正式には認められない。ま、南朝鮮の事ですから勝手ツンボ(差別的表現に聞こえたらすみません)ですが。

    中国、北朝鮮の韓国への報復行為は何時か、と「内心早よせい!」と思って見てます(笑)。

    また米国は50億ドルの駐留経費をゴリ押しし、最低の最低でも半額、つまり25億ドル、今年の2.5倍は奪うでしょう(50%オフの意味は、とりあえずGSOMIA締結したから)。でも次の行を読んで下さると、まるっぽ50億ドルかも(笑)。

    中国が韓国と防衛協定を締結という記事が出てました。11月19日で、あまり日本では大きく出なかったです。両国間の交流と協力を促進する。ホットラインを増設する。韓国国防相の来年訪中を調整中とか。

    こりゃ米国は黙ってないでしょう。日本も。韓国はなぜ中国と手を結ぶか。三不?韓国はホントにバカだなぁ。日米に付くなら中北は敵性国だよ。向こうに行くなら、すべて精算してからだ。

    李氏朝鮮時代から、なーーんにも変わっていない。アジアのサンドバッグだ。殴られたら反対に行き、また反対側から殴られる(笑)。自立する気などさらさら無いのです。これを彼らは「鍋根性」と言うのでしょうか。

  26. 心配性のおばさん より:

    最初にお節介ではございますが・・

    誤:しかし、そにおっぽうで、
    正:しかし、その一方で、

    Web主様もこのところの韓国のドタバタで、お忙しいのだと思います。私も大抵は自動変換するのですが、これは少し迷いました。

    >韓国政府の報道発表に含まれていた、「韓国は今後いつでも韓日GSOMIAを終了させることができる」の下りは、韓国政府による勝手な解釈であり、そのような行為は不可能だ、ということです。

    びっくりです。いえ、今回の韓国政府の「ちょっと、タンマ」が無効であることは、その後、いろいろなWeb情報で確認できました。むしろ驚いたのは、その無効な手を使った韓国政府にです。

    私たち日本人のみならずおよそ法治国家の人であるなら、国際法のみならず国内法でも、契約に乗っていない条項を契約相手の同意なく、勝手に付け加えることができないのは知っています。素人集団と揶揄される文在寅政権でも、元弁護士であった文在寅大統領がそれを知らないとは思えない。

    これは、韓国国内向けかしら?心配すべきは、韓国が法治国家ではなく、民意が支配する情治国家だということでないですかしら。韓国の人々は、自分たちのやり方が国際的に通用すると思っています。徴用工問題、慰安婦問題は全てこれに根差しています。

    そして、あの国の政権は民意に逆らえません。国際的に通用するとは思っていなくても、民意が命じれば易々と範を超えるでしょう。あの国は私たちとは違う世界で生きているのです。このリスクを、日本だけでなく、あの国と関わり合う全てが承知する必要があるということです。

    ああ、しんどい。過日プライムニュースでヒゲの隊長さんが「韓国のやりかたには、気を抜いてもいけないが、不必要に疲れてもいけない。長期戦を覚悟して下さい。」とおっしゃっていましたが。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 元弁護士であった文在寅大統領がそれを知らないとは思えない。

      あのですね、まず韓国の司法試験が日本並みに厳しいかどうか、そこから疑わしいのです。大法院の判決からしてアレですよ。盧武鉉も弁護士でしたし。

      次にですね、前にも書きましたが、司法試験に合格する知能がその後も維持できているのか疑わしい人物は日本にもいますよ。福島みずほ先生とか、枝野幸男先生とか。政治家ではなく、活動家としては日本弁護士会に所属する一部勢力が、かなりおかしな主張を繰り広げておりますし。

      私は、韓国人は法よりも上位に正義(という名の情緒)があるという、朱子学に裏打ちされた強固な信念を持っていて、近代的な法理論はあくまでも法の次元に留まるため、正義を保留することができないのだと思っています。

      日本の左翼も罹患している「自己無謬性(オレは絶対に正しい!!)」という病が内なる正義と結びつくと、治療不可能な中二病患者ができあがり、法をねじ曲げることなど正義の名の下には問題にならなくなるのだと思います。ましてや、相手は絶対悪たる日本です。国際法などという些末な決めごとに正義が曇らされてはなりません。

      > ああ、しんどい。

      ご心痛お見舞い申し上げます。韓国人を自分に引き寄せて考えると疲れると思います。内なるフォースの韓国面も膨らんでいきますし。突き放した視点で気楽に参りましょう。

      1. 心配性のおばさん より:

        Web主様、恐縮です。東アジア情勢いえ、国際情勢がこれまでにないような不安定さです。1読者として、Web主様には、ご自愛の上でのご活躍をお祈りしております。

        阿野煮鱒様 ええ、私もコメントしていて少し躊躇しましたの。

        ≫元弁護士であった文在寅大統領がそれを知らないとは思えない。

        おっしゃる通り、大法院があれですものね(笑)。
        ただ、文在寅大統領は、廬武鉉大統領のスタッフだった頃、徴用工問題で国際法を検討したらしんですの。ですから、彼は確信犯ですわ。それにね、私が申し上げたかったのは韓国が法治国家ではないということですの。民意が同意すればどんな犯罪でも通る国です。そういう国とお付き合いしていることを肝に銘じなければならないと言うことですの。あの国との約束はどんなものでも信頼できません。

        そして、アメリカ。現時点で安倍政権とトランプ政権の利害は一致しています。だから、日韓GSOMIA問題では、日本が譲歩することはなくて済みました。それだけですけどね。

        本当は私、日韓GSOMIA破棄の完了を願っておりましたの。日本の準備ができているかが心配でしたけど、風向きが変わらないうちに事がかたずいて行ってくれればと思っておりましたの。

        国際状況の風向きはクルクルと変ります。今日の味方が明日の味方とは限りませんものね。

    2. 新宿会計士 より:

      心配性のおばさん 様

      いつもコメントありがとうございます。
      また、誤植のご指摘大変ありがとうございます。早速修正いたしました。
      引き続きのご愛読・コメントを何卒よろしくお願い申し上げます。

  27. ウスバカ・ゲロウ より:

    もがけばもがくほど蟻地獄自縄自縛

    1. 一国民 より:

      ウスバカゲロウの研究をしている人がいました。
      昔、研修で一緒でした。

  28. だんな より:

    名古屋でG20外相会議が行われました。
    外務省HPから、米韓代表と茂木外相会談の内容をリンクします。
    サリバン米国務副長官による茂木外務大臣表敬
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page4_005491.html
    以下部分引用します。
    両者は,日米同盟の強固な絆を改めて確認するとともに,日米関係,北朝鮮,中東を含む地域情勢や国際社会における共通の課題について幅広く意見交換を行い,方針のすり合わせを行いました。
    引用ここまで。
    韓国については、協議の話題にならなかったようです。

    日韓外相会談
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na1/page4_005489.html
    以下部分引用します。
    来月の開催で調整されている日韓中サミットの機会での日韓首脳会談の開催に向け,調整を開始することで一致しました。
    引用ここまで。
    日韓首脳会談の可能性が、有るとの事です。

    ついでに、日韓外相会談の中央日報の報道です。
    GSOMIA終了猶予も…日本、徴用工判決で圧迫「資産現金化時はさらに深刻」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000002-cnippou-kr
    こちらでも、偽徴用工判決の国際法違反の解決を、日本政府が要求した事は、書かれています。
    輸出管理に関しては経産省との対話を協議とごっちゃにしています。事務的説明会の時に有った、両国発表の齟齬が再現されて、対話が終わる事もあり得ると思います。

  29. チキンサラダ より:

    新宿会計士様、

    私のコメントをとりあげていただき、しかもあの鈴置さんの論説紹介への露払いとして引用していただいたのは恐縮と言うか、こっ恥ずかしい次第です。

    ところで、私の韓国に対する思考というのは多分にこちらのブログで新宿会計士様や他の優れたコメント主様の方々から影響を受けて醸造されたものです。ですので、もし私のコメントに何か見どころがあるとすれば、それはやはりこちらのブログに集まる方々の見識が優れているということかと思います。

    私は数ヶ月前からこちらのブログを拝見させていただいておりますが、初めて訪れた時はここのコメント主の皆様のレベルの高さに驚きました。

    新宿会計士様、常連の皆様、匿名の方々、そしてカニ太郎さんのように普段私と違う意見をお持ちの方からも、私は相当に学ばせていただいております。これを機会に皆様に感謝したいと思います。

    1. だんな より:

      チキンサラダさま
      良く参考にさせて頂いております。
      カニ太郎さんは、現在家出中のようです。
      他所で相変わらず、経産省は輸出規制をしていないという持論で、頑張っておられます。
      私は、帰って来て欲しいんですけどね。

  30. さいたまっ子 より:

    いつも貴重はお話をありがとうございます。

    22日の夕方からは、いろいろな情報が錯綜し、私たちのような一般国民の多くが混乱していたと思いますが、時間が経つにつれ、状況が整理されはじめた感じがします。

    会計士さんの論考が出ないと、私たち一般国民には状況が判断しずらい程、大切な情報源です。これからも、よろしくお願いいたします。

    韓国はそうとう厄介な相手でありますし、日本に対しても特アお得意の瀬戸際外交を仕掛けてくるなど、気が抜けませんが、その中でも「対応方法」のようなものを私たち日本人も学習し始めたのはとても良いことだと思います。が、有名な識者からもいろいろな対処方法が提案され始めていますが、注意してみていく必要があると感じています。

    文政権を早く終わりにさせるため、保守陣営をサポートしていくべき。との方向性を主張される識者が増え始め、心配しております。私が思うには、保守も革新も同じ半島の歴史的バックグラウンドの中で存在しているもので、厳しく見ていく必要があると思います。

    今ここで、特定のグループにサポートすることは大変危険なことだと思います。李氏朝鮮末期のことを考えれば、こちらから手出しすることは、やめたほうがよさそうな気がします。

    「セルフ制裁」なる言葉がありましたが、ここはもう一歩進んで「セルフ焦土化」していただき、日本側がイニシャチブをとれる状況になってから、サポートを考えていくべきだと思います。

    これは、韓国側の症状を進行させるという意味だけでなく、わが日本国内の特ア勢力をあぶりだすことも重要と思います。

  31. がぶりえる より:

    更新ありがとうございます。

    一連のGSOMIA騒動を振り返る時、小生も当初ネット書込みは韓国が下手れる可能性を増長するのではと思っいた一人でありますが国内・国外とわず色々なブログの書き込みを観る内にメディアが概論を書き、ブログがメディアを補完(もちろん批判含めて)する現在の流れは情報の多元化としては理想的なのでは無いかと考え方を改めました。

    今回のGSOMIA騒動で米国民主党の過失も書いてきましたが中国はGSOMIA破棄とならなくて一番安心した国では無いかと考えています。
    それは、中国は表面上GSOMIA破棄は三不の一環ですし、破棄確実な情勢から韓国との防共協定を締結もしましたが中国の本音としては、むしろ韓国の内乱状態をこそ望んでいるではないかと考えています。
    理由は、軍事的には北朝鮮の核が現在日本・米国を照準としていますが、いつ中国を照準とするか判らない点で、韓国を中国が取り込んだ場合、北朝鮮では中国に北と南から挟み撃ちにされる為、中国に核が向くリスクが高い点です。
    そして経済的には中国・米国の5G戦争は今や香港・ウイグルを巻き込んでの人権戦争の様相をはらんできた状況で、米国があえて安全弁として許容する日本との経済経路を混乱させる(スワップ凍結という意味で)リスクを犯すのかという点です。
    近い将来、文在寅により韓国が北朝鮮売り払われてた場合にも韓国経済力はそぎ落とし北朝鮮には材乱状態の韓国を併合刺さるべきというのが小生の考えです。
    故に中國としてはGSOMIA破棄にても韓国を内乱状態にする意志は変わらないと思います。
    以上より韓国の国家的意義はすでに消滅しているというのが小生の結論です。
    以上駄文失礼しました。

  32. 匿名 より:

    今日の東アジア情勢、特に日韓関係の極度な緊張の根本原因は、アメリカの対韓姿勢の変化、韓国の異様なレベルまでの反日姿勢の高まり、この二つに尽きるでしょう。
    冷戦が終わったと思ったら北の核開発、38度線が西側の最前線であり続けた。
    現状、アメリカは北の中短距離ミサイルの保有は認めたように見えます。時を合わせて中国の急進長。西側、特にアメリカにとっての最前線が38度線から所謂第一列島線に変わった。この事実に気付いてか気付かずにか、韓国は冷戦時代そのままに東アジア外交を進めている。
    日本に言い掛かりを付けて強請ってはアメリカの「仲裁」で金をせしめる。この構図が通用しなくなっていると言うことでしょう。
    アメリカの仲裁と言う薬の効き目が悪くなったと感じたのでしょうか、ムン政権になって対日強請の強度を上げまくっている、これが現状でしょう。
    アメリカの気を引くためと、日本への嫌がらせのため天安門に上がったり、中国を反日陣営に引き込むため三不一限やったり、アメリカが怒ったらTHAAD置いてみたり。右顧左眄は右にも左にも馬鹿にされる、信用を失うの典型ですね。

  33. 匿名 より:

    >「日韓GSOMIAが破棄される可能性は極めて高い」などと書いてしまった

    あんなもん誰も読めませんよ。読めるなら文と同じ思考レベルということになる。これはこれで別の心配をする必要がありますw

    文は当初本当にGSOMIA破棄しても構わないつもりで、カードにしたと思いますよ。それが思いのほか、アメリカからの怒りを買い、米韓同盟消失でどれだけの損失が出るのかを説明されて、初めて事態の深刻さに気が付いた。と言うことだと思いますよ。

    つまり、素人なんですよ。
    左翼はいつでも理念でがんじがらめの盲目となり、また自身も実際のところを知っては理念が揺らぐため、実情を知りたがらない。
    その特性が、そのまま出た大チョンボだと思いますよ。
    「瀬戸際外交」の側面はありますが、こっちの方が本質でしょう。

  34. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     自分でもまさか、と思いますが、韓国の文大統領が、日韓GSOMIA破棄の
    凍結の責任を誰かに押し付けて、(今度こそ上手くいくとして)強硬姿勢
    に出ることも、あるのではないでしょうか。ただし、それが韓国国内にな
    るのか、日本になるのか、それともまさかのアメリカになるのかは、分か
    りませんが。

     駄文にて失礼しました。

  35. じゃん より:

    更新ありがとうございます。
    ところで「喜寿ゐ」って、何のミスタイプ(誤変換?)でしょう?

    1. 新宿会計士 より:

      じゃん 様

      いつもコメントありがとうございます。

      「喜寿ゐ」…。なんでしょうね(笑)自分で打ち込んでおきながら意味がわかりません。
      ただ、この下りは推敲漏れで削除し忘れた部分でしたので、先ほど、修正しております。

      引き続きのご愛読とお気軽なコメントを何卒よろしくお願い申し上げます。

  36. 名無Uさん より:

    匿名様へ

    ≫日本に言い掛かりを付けて強請ってはアメリカの「仲裁」で金をせしめる。この構図が通用しなくなっていると言うことでしょう。
    アメリカの仲裁と言う薬の効き目が悪くなったと感じたのでしょうか、ムン政権になって対日強請の強度を上げまくっている、これが現状でしょう。

    もともと、こうした構図は朴正煕以来、韓国の保守派が最も得意としていた戦法です。韓国保守派と立場を同じくするのが日本の親韓派です。
    親韓派は池田勇人以来、日本の歴代総理の多くを占めて来ました。親韓派がこれに呼応するから、日本という国はこれに抗しきれませんでした。これが戦後の日本の売国列伝の構図でもあります。
    対して北朝鮮に由来のある韓国の左派は、元来反米・反日を掲げていましたから、日本とのパイプが保守派と比べると薄い。北朝鮮や韓国の左派と呼応するのは、旧田中派から金丸信・石破茂にまで及ぶ派閥、それから旧社会党系でした。彼ら北朝鮮シンパは、日本では日陰の存在です。

    パブロフの犬か、猿の実験のような有り様ですね…
    ボタンを押すと、バナナがガチャンと出てくる。それまでは、日本からバナナが必ず出て来ていた。だが、ある日を境にバナナが出てこなくなった。
    猿は当然、ボタンを連打します。ボタンを壊すかのように強く押し続けます。それでもバナナは出てこない。
    このボタンが韓国の反日政策ということで、まだまだ韓国の反日は続くでしょう。さらに基地外の度を増してボタンを連打するでしょう。
    長期戦は避けられないことを覚悟すべきでしょうね…
    ですが、今回のGSOMIA騒動で、日本が多くのことを学んだことは間違いないのでしょう。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 対して北朝鮮に由来のある韓国の左派は、(中略)日本とのパイプが保守派と比べると薄い。

      文民政権の開祖、金泳三(日本名:金村康右)、二代目、金大中(日本名:豊田大中)の二人は日本語世代だけあって、左派でも日本とのパイプ作りは重視していたように思います。特に金大中は拉致されるまで日本で生活していたこともあり、人脈は色々あったようです。三代目の盧武鉉は戦後世代で、ここから一気に左派のパイプがなくなっていきます。

      > 旧田中派から金丸信・石破茂にまで及ぶ派閥

      野中広務センセイも北朝鮮と深い関係にありましたね。

      > ある日を境にバナナが出てこなくなった

      ヒトならば、5~6回ボタンを押してもバナナが出ない時点で、装置の故障を疑い、ドライバーでパネルのネジを外し、モーメンタリスイッチの配線をチェックし、テスターでスイッチの導通を確認し、「あー、スイッチの接点不良かいな。日本開閉器のSB-221N/OLやな、マルツかモノタロに発注や… となるんですがねえ。

  37. 匿名希望 より:

    いつもありがとうございます。
    今回も大変勉強になりました。
    別の考え方をすると、今回のアメリカ以上にアレされたら、南鮮は支那、北朝鮮に転ぶと言うことになりますね。
    無定見の国とのつきあい方は難しい、ある意味ばかばかしい気がします。
    40日の延長だとか、いつでも破棄できるとか、未練たらしい言い方ですが、余計アメリカ様を怒らせるでしょう。軍事同盟は長くは続かないように思います。

  38. 七味 より:

    >「韓国政府が日韓GSOMIAを延長させたのは、1年間(つまり2020年11月22日まで)ではなく、今年の12月31日までの約40日だ」

    って、真偽はともかく、韓国政府の韓国人向けのアナウンスだと思うけど、自分の首を締めるだけじゃないのかと、他人事ながらに言わなきゃいいのにと思っちゃうのです (∩゚Д゚) アーア

    手続きだけでも1ヶ月なんてあっと言う間だし、輸出管理については、経産省は韓国の制度や体制、運用に問題があって、その上定期的な実務協議も行われてないってのを問題視してる訳だけど、この数カ月で韓国の輸出管理制度とかの改善をしてるとは、とてもじゃないけど思えないのです♪

    それにしても、ひとつひとつ解決していけば良いものなのに、無理やり関連付けてややこしくするって、何を考えてるやらなのです
    (´Д`)ハァ…

    1. 心配性のおばさん より:

      七味様

      >それにしても、ひとつひとつ解決していけば良いものなのに、

      こちらのコメント主様のお一人がおっしゃっておられましたが、半島の方にはそれが発想できないのですって(笑)。何か困った事態に至ると、日本人ならまず、どうやってそれを打開するかを考えますけど、半島の方はそこからエイヤッとどこに逃げるかを考えるとのこと。

      逃げた先が同じ状況であれば、まずその逃げた先に当たり散らすのだそうです。つまりは、自分ではなにも(考えることすら)したくないということらしいです。

      もう、これは、幼児教育の段階ですかしら。「公園でお遊びしたければ、自分でたっちしなさい!」

  39. 新茶狼 より:

    金曜日は個人的にちょっと冷静さを失っていましたが、様々な疑問が解消するにつれ落ち着きを取り戻せました。

    >ギリギリのところでやめる、これこそが「瀬戸際外交」の本質

    今回の場合は少しニュアンスが違う気がしますね。

    文在寅の場合、感情的外交による読み間違いでギリギリにならざるを得なかった、自分の判断が八方ふさがりを招き、右往左往して6時間前になってしまったと言うべきでしょうか。

    ところで、韓国は「まともな輸出管理」をやるようになるでしょうか。

    実績の積み上げは時間がかかります、グループAに復帰できるとしても数年はかかるでしょう。
    まあ、そもそも無理というか本当に改善する気などないかもしれませんね。

    1. だんな より:

      新茶狼さま
      私も昨日の夜くらいまで、掛かりました。
      ところで、韓国は「まともな輸出管理」をやるようになるでしょうか。
      >とりあえず「韓国が譲歩したから、日本も譲歩するニダ」の主張が有ると思います。
      以前プライムニュースに細川昌彦氏が出演した際の話ですが、日本政府の意向を受けて、ホワイト国指定するために、韓国に輸出管理を教えたという話を聞きました(そういう時代もあったんでしょう)。
      それが、できるようになったので、ホワイト国となった。
      韓国独自で、元通り輸出管理ができるかどうかは?です。
      理由は、国際的に標準化したルールを理解するのに、論理的思考が弱い韓国人には、向いてないのでは?と思います。

      1. 新茶狼 より:

        だんな 様

        コメントありがとうございます。

        >ホワイト国指定するために、韓国に輸出管理を教えたという話を聞きました(そういう時代もあったんでしょう)。

        まさにこれです。
        そして、例のホワイト国除外に焦った韓国が経産省に慌てて飛んできて協議を行った事案、日本はあくまで「説明会」と発表したアレです。

        韓国は本当に輸出管理を理解していないらしいのです。
        つまり、そういう時代もあった、のではなく相変わらずみたいですよ。

        ともあれ、動向を見守りたいですね。

        1. だんな より:

          新茶狼さま
          そういう時代が有ったというのは、昔の日韓関係が韓国に取って良き時代の話です。
          事務的説明会の時の韓国側担当者は、酷かったようですね。輸出管理だけでは無く、基本的に専門家がいない国なんじゃ無いかと思います。
          韓国がAランク国になる事は、韓国が真面目やったとしても時間が、掛かりますよね。
          その時が来たとしても、パブコメで、ボロクソになると思いますけどね。

  40. 匿名 より:

    このGSOMIAの一連のごたごたは、結局、日本の負けだと思います。

    とにもかくにも韓国はアメリカを使ってホワイト国外し解除のきっかけをつくったのですから。

    これから韓国は日本にガンガン攻勢をかけてくるでしょう。

    多分、日本は折れると思う。

    ヘタレは文在寅でなく安倍です。

    1. 阿野煮鱒 より:

      起こっていない未来予想を確定した事実の如く語り、それを根拠にして、やってもいない者を非難する。
      見事にフォースの韓国面に堕ちた方ですね。心の祖国にお帰りください。

  41. 名無しA より:

    日本側から「完勝」という報道が相次いだこと
    に対し、韓国政府から泣きが入った模様。
    ◆安倍氏のGSOMIA発言 「良心の呵責ないか問いたい」
     =韓国大統領府
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000021-yonh-kr

    ぴょん吉によれば、この土日に世論調査が行われて
    いるそう。支持層からの反発が激しいので、なんとか
    土日の間だけでも嘘八百で騙しておきたいということ
    でしょうね。
    ◆「米国の圧力に屈した」!文政権のGSOMIA
     破棄中断に支持層が猛反発!
    https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20191124-00152230/

    1. だんな より:

      名無しAさま
      時事通信にも同じ内容の記事です。
      韓国政府、日本に強く抗議 GSOMIA失効回避めぐる発表に
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000056-jij-kr
      「安倍首相が言った」は朝日新聞の記事「安倍総理が周囲の人たちに「日本は何も譲歩しなかった。米国がかなり強く、韓国が放棄したという話だ」と述べたと報じた、から来ている話ですね(韓国では唯一の良心的マスコミらしいですから)。
      「日本側は理解を示し、謝罪したという。 」
      これは何処から出て来た話か分かりませんね。河村氏が謝ったんじゃ無いですか(笑)。
      「23日の日韓外相会談でも韓国側はこうした立場を伝えた。」
      というのは、日韓外相会談の外務省報告にも無いし、カンおばさんが、会談終了後に何も言ってませんでしたから、後から作った嘘でしょう。
      わたしは、ペンさんの話は信用していませんが、韓国政府が、支持者からの強い反発を受けている事は、間違い無いようですね。
      考え様ですが、この件も、自称硬派マスコミが、日韓関係を悪化させたケースに、分類することが出来ると思います。マッチポンプで、日本は韓国に謝罪すべきだとか、言い出しかねませんね。

      1. ちょこ より:

        オチ予想
        「左様ですか。申し訳ございませんが(以下、略)」

      2. 名無しA より:

        「韓国に対する愛はないニカ~」がリアルに
        見られて、ちょっと笑ってしまった次第です。

        >「日本側は理解を示し、謝罪したという。 」
        ⇒ 明日、菅さんにあっさり否定されそうな
          予感がします。
         

  42. 晴川雨読 より:

    瀬戸際外交というよりも、GSOMIAをネタに日本をゆすっただけだと思います。
    どちらにしも朴槿恵政権が結び、中朝が嫌がるGSOMIAは破棄したい意志があるでしょう。
    一度破棄すると言い出して、やっぱやめましたとしたら中朝から文句がでるから、
    日本の態度に関わらず撤回する意思はもともと無かったと思います。

    21日~22日にかけてアメリカから経済制裁するぞと脅されてあわてて撤回したんじゃないかと思っています。

    北朝鮮が瀬戸際外交していますが、グアムにミサイル打ち込むと言ってやっていないが、韓国は実際にやろうとしただろうから、別物だと思います。
    韓国政府より北朝鮮の方が理性的じゃないでしょうか?

  43. 田舎人 より:

    やっぱり出ました、聯合ニュースに!

    「GSOMIA終了延期発表 日本側の行動に『強い遺憾』=大統領府」

    日本政府が約束した発表時間前にメディアに流し、合意内容を意図的に歪曲(わいきょく)して発表した、とのこと。
    また、両国で午後6時の同時発表としていたのに、日本側が7~8分遅れて発表したとのこと。

    日本側の午後6時前後の対応状況を批判しているようです。
    また、“歪曲”か何を指しているのかわかりませんが、本件に関する日本政府の見解について述べているのだと思います。

    辺真一氏の本日の論考によると、文在寅の支持層がGOSMIA破棄中段に猛反発しているのだとか。
    韓国政府が、またしても訳のわからないかみつきをし始めたのも、このことが関係しているのかもしれません。

    ともかく、ここに至ってまで、こんなくだらんことにいちゃもん付ける。さすが韓国!

    そう言えば、本日の日中韓環境担当相会合で、韓国は突如、福島の汚染処理水問題をしつこく取り上げ糺したとか。

    今回の失態、このままではどうしても収まらないのでしょう、日本をやっつけないと、を倍返しにしないと。

    つくづくどうしょうもない国家・民族だなと思いました。

    1. だんな より:

      田舎人さま
      いつでもGSOMIAは、破棄出来るんだぞ。
      by韓国人
      笑う所です。お願いします。

  44. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    管理人様>第二次世界大戦(と日華事変など)くらいしかありません。

    今回の記事は概ね共感できるのですが、
    当方はこの記述に関しては同意できません。

    ①当時の日本政府の国際外交は国際法によって保護されない地域での国民の権利を保護する英国帝国主義を模範としていた。
    ②当時の中国に移住した大日本帝国臣民の出身地域の割合はどうだったか
    ③義和団事件時は規律の高さから日英同盟が生まれた日本人が中国とのあれつきで侮日される状況になったのは何故か

    上記三点を考察して序列絶対の人間が中国の東北地方で如何に振る舞ったか考えると

    日本の内地の人間が野蛮な侵略者として中国大陸の人間を侵略し、朝鮮半島の人間は一切大陸の侵略と無縁で、
    東方礼儀の国に相応しく聖人君子の様に振る舞った(笑)。

    のが妥当かどうか判るのではないでしょうか(笑)。
    歴史は当時の人間の行動様式を理解した上で向き合わないと上記の当方の駄文のようなトンデモ結論に至るのではないでしょうか。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. パーヨクのエ作員 より:

      >トンデモ結論
      トンデモついでに。
      当方が他でもコメントしましたが事大しながら事大先を戦争に巻き込み、戦争相手もしくは事大先をクイモノにしてステージアップを志向するのが半島国家の外交における行動様式です。
      古くは元寇の高麗。少し前は朝鮮戦争の金日成。

      恥も外聞も気にしない唯物論者の当方が見ると日韓併合で最大の事大を行い、大東亜戦争後は水車の模倣ができない前近代地域から核兵器開発能力を持てる迄発展できる基礎を得た日帝36年は

      「半島国家史上最大の外交的勝利」

      と思うのですが如何でしょうか。

      以上です。駄文失礼しました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。