混乱する韓国 鈴置氏が「クーデター・戒厳令」に言及

今朝の『GSOMIAカード化に必死の文在寅政権、足元揺らぐ』で少しだけ紹介しましたが、昨日、「タマネギ男」こと韓国の曺国・法務部長官が辞任すると発表しました。これについて、さっそく、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏が『デイリー新潮』に緊急で論考を寄稿されていますが、今回のテーマは「クーデター」、です。本稿では鈴置論考のハイライトについて紹介するとともに、当ウェブサイトの以前からの持論である「朝鮮半島と関わるな」について、振り返っておきたいと思います。

タマネギ男の辞任と鈴置論考

昨日、先月韓国の法務部長官(法相に相当)に就任したばかりの曺国(そう・こく)氏が辞意を示しました。辞任理由については、「タマネギ男」などとも揶揄される同氏が、15日(つまり本日)に予定されていた、韓国国会の「国政監査」に耐えられないからだ、などと報じられています。

チョ・グク氏、法務部国政監査を明日に控え辞任発表(2019.10.14 14:18付 中央日報日本語版より)

ただ、曺国氏自身が文在寅(ぶん・ざいいん)大統領にも近い人物であることに加え、同氏を巡っては韓国国内でもさまざまな批判があり、今月3日には同氏、あるいは文在寅氏自身に対する退陣を求める大規模な集会があったとも聞きます。

これについて、まとまった論考が読みたいと思っていたところ、ちょうど良いタイミングで昨日、『デイリー新潮』に次の記事が掲載されました。

曺国法務長官が突然の辞任 それでも残るクーデター、戒厳令の可能性(2019年10月14日付 デイリー新潮より)

執筆者は日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏です。

6000字弱という長文ですが、文章の構成の良さもさることながら、根拠も明快に示されているなど、非常に読みやすい良文です(いや、むしろ読了した瞬間、「もっと読みたい」とすら感じる人もいるのではないでしょうか)。

それだけではありません。

鈴置氏は本稿で、曺国氏の辞任を手掛かりに、韓国社会の長年の積弊を切り取って見せます。

当ウェブサイトでは普段から、「自分でろくに国も運営できない韓国に、日本はできるだけ関わるな」、などと主張していますが、鈴置論考を読み進めていけば、「韓国から距離を置け」という主張の正しさの一端を垣間見る思いがするのです。

数十万人デモと「クーデター」

さっそく、鈴置論考のなかで、興味深い点をピックアップしておきましょう。

文在寅(ムン・ジェイン)政権を追い詰めたのは、国民の多くを味方に付けた保守の大集会・デモでした。決め手となったのは、開天節(建国記念日)の10月3日、数十万人が集まって「曺国逮捕」「文在寅退陣」を要求した集会・デモです。

意外と報じられていませんが、韓国では最近、「保守派」と「左派」の衝突が、一般人を巻き込んで激しくなってきたようです。その「数十万人デモ」の意味は、いったいどこにあるのか。これについて鈴置氏はずばり、「クーデター」という単語を持ち出してきます。

韓国では国論が分裂して議会では収拾がつかなくなり、左右が街頭での勝負に賭けた時、クーデターが起きているからです。

「クーデター」とは、一見すると激しい物言いですね。

ただ、一般に「クーデター」とは、「民主的な手続によらずに政権を打倒すること」を意味します(極論すれば、韓国が誇る「ろうそく革命」などは、クーデターそのものです)。

個人的には「韓国のデモ」と聞くと、2016年に朴槿恵(ぼく・きんけい)政権を退陣に追い込んだ「ろうそく革命」を思い浮かべるのですが、それと同時に鈴置氏は今回のデモについて、「政治色の薄い『普通の人』も参加した」としており、その意味では「ろうそく革命」とは違う次元のものです。

なお、余談ですが、次の下りを読んでいると、思わず声を出して笑ってしまいました。

――韓国人は2016年の朴槿恵(パク・クネ)退陣要求デモを「民主主義の精華」と誇っていたのに……。

鈴置: 英国名誉革命、フランス革命、米国独立革命と並ぶ「世界4大革命の1つ」と自画自賛しています(『米韓同盟消滅』第3章第1節「疾風怒濤の韓国」参照)。/多くの韓国人が「安倍政権をデモで引きずり降ろせない日本人は韓国を羨ましがっている」とも信じています。文在寅大統領も海外に出るたびに「韓国革命」を誇ってみせます。褒めてもらったことはあまり、ないようですが。

冷静な記述のなかに、さりげなくこうした「鈴置節」が炸裂しているあたり、本当に面白いとしか言い様がありません。

韓国はクーデターが成功した国

余談はさておき、鈴置論考を読み進めましょう。鈴置氏は今回の集会・デモについて、次のような特徴がある、と述べます。

今回の集会・デモは、左右がそれぞれ普通の人を取り込んで参加人数を競う国論分裂型の街頭闘争でした。左派が『腐敗した権力と戦う』と音頭をとって、多くの国民を味方に付けた2016年の集会・デモとは完全に異なるのです。

これは、極めて重要な指摘です。

国論が分裂すると、ときに激しい武力闘争を伴う内紛状態になるのは朝鮮半島の歴史のようなものですが、「左右それぞれが街頭で闘争」というのは、まさに歴史教科書に出てくる朝鮮王国時代の内紛そのものではないでしょうか。

しかも、性質が悪いことに、韓国ではしばしば、クーデターは成功を収めます。鈴置氏はこれについて、

韓国は『クーデターが成功した国』です。1度目は1961年5月16日に朴正煕(パク・チョンヒ)少将らが敢行した軍事クーデターです。前年の1960年4月19日の四月革命により李承晩(イ・スンマン)大統領が下野しました。

と指摘しているのです。

もう少し細かくいえば、初代大統領の李承晩(り・しょうばん)がハワイに亡命したあとに尹潽善(いん・ふぜん)政権が成立しましたが、同政権は朴正煕(ぼく・せいき、朴槿恵前大統領の父)によって排除されています。

そして、「2度目」とは、その朴正煕が1979年10月26日に暗殺され、16年間の軍事独裁政権が崩壊して成立した崔圭夏(さい・けいか)政権を、全斗煥(ぜん・とかん)が排除したクーデターのことをさしています。

政争を繰り返すのは韓国の性(さが)

こうした政争を繰り返してきたのは、結局、韓国の性(さが)のようなものではないでしょうか。

そして、今回の「曺国事態」も、結局は文在寅政権が進めた「積弊清算」、つまり保守勢力の根絶やしに向けた動きに対する反動と見るのが正解でしょう。これについて、鈴置氏の指摘を引用します。

曺国法務部長官の任命問題も本質は左右の権力闘争です。文在寅政権は左派弾圧を担ってきた検察から権力を奪う計画です。さらには新たに設立する公務員監察組織を通じ、検察をはじめとする保守勢力に報復すると見られています。

さりげなく、恐ろしいことが指摘されていますが、要するに、左派と右派による、生き残りを賭けた闘争に突入した、ということです。日清戦争前夜の独立派と事大派の争いのようなものでしょうか。

ただし、日清戦争前夜と違う点があるとすれば、韓国のメディア(たとえば、韓国経済新聞や朝鮮日報、聯合ニュースなど)がそれぞれの立場から「左右どちらが民主主義を壊したのか」という論争に参入し、これが「街頭政治」に油を注いだ格好となった、という点かもしれません。

ところで、鈴置氏は現在の韓国において(国軍による)クーデターが発生する可能性を巡り、「『起きない』と断言できない」と前置きしつつも、その可能性自体は低いと指摘。その理由として、米国が韓国のクーデターを支持しないと見られる、などと述べています。

ただ、文在寅氏自身が「どうせクーデターは起きない」とタカを括っているかといえば、話は別です。鈴置氏は、今回の「左右対立局面」において、結局は曺国氏の辞任により社会的混乱をいったんは収拾した形になったとしつつも、韓国社会の混乱はまだまだ続く、と予言しています。

当ウェブサイトの文責で該当する下りを要約し、箇条書きにしておきましょう。

  • 曺国辞任でとりあえずはクーデターを回避したが、「左右どちらかしか生き残れない戦い」が終わったわけではなく、法務部長官の首をとって勢いに乗る保守が政権への攻勢を強めるのは間違いない
  • 文在寅政権はクーデターの動きには神経を尖らせ続け、再びクーデターが噂されるほどに社会が混乱したら、戒厳令を敷いてデモを抑えるかもしれない

本当におそろしい話ですね。

朝鮮半島からは距離を置け!

さて、ここから先は、今回の「鈴置論」では触れられていない点を、当ウェブサイトが勝手に議論したいと思います。

それは、「朝鮮半島の混乱に日本はどう関わるべきか」、です。

結論からいえば、「関わるな!」が正解でしょう。

よくわが国でも、「文在寅政権下の韓国の反日が度を越している」、「このままでは日韓関係が壊れる」、といった主張が見られますが、「だからこそ、日本(と米国)は文在寅政権が倒れたあとの韓国で、親日・親米政権が立つよう努力すべきだ」、といった結論につながることもあります。

「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?(2019/08/30 11:30付 当ウェブサイトより)

「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?

しかし、「介入」するにしても、いったいどうやって介入すれば良いというのでしょうか。

また、「介入」したところで、後任に親日派政権が成立する保証などありませんし、百万歩譲って親日派政権が成立したとして、その政権が再び「左右対立」によって倒れてしまい、再び極左政権が成立する、という可能性だってあります。

さらに、明治期でまだ国力が不十分だったころの日本が、日清、日露戦争という大規模な対外戦争に巻き込まれていった最大の理由が、当時の朝鮮王国(あるいは「大韓帝国」)が国としての体をなしていなかったことにある、という点を思い出す必要があります。

同じ民族が国家を運営している以上、百年経っても同じことが繰り返されるのであり、また、しょせん、他国を「変える」ことなどできません。それどころか、下手に介入しようとすれば、日本(あるいは米国)もその国の混乱に巻き込まれていくことになるのです。

だからこそ、日本は韓国の内政からは極力距離を置き、韓国に対しては国際法に従って粛々と対応していくのが正解なのではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 一国民 より:

    軍の現役が骨抜きにされてしまっている状況でどうなのでしょうかね。
    クーデターを実行できるリーダーがいないような気がします。
    中堅世代の多くが依然として文在寅を支持しているようですが。

    レーダー照射の件も、青瓦台を恐れるあまり、言い訳にはならない反論映像を流したりして。

  2. 自転車の修理ばかりしている より:

    韓国はその旗の如く赤か青かの太極しかなく、中間的意見を許容しないその国民性自体が、いつも国家を破綻に導くことになるように思います。

    自分が赤であれば青の生存を許さない、またその逆も同じという社会において、妥協や歩み寄りは極めて難しいはずです。源平の戦いで源頼朝を助命した結果、平家は滅びました。そういう危険性が頭から離れず、芽のうちから相手を潰してまわる、そういった圧政しか韓国あるいは北鮮には成立し得ないのかもしれません。そういう状態では議論など無用、正邪は立場の上下だけに立脚することになるのでしょう。

    クーデターが起こるにしろ起こらないにしろ、不毛な内紛が韓国の宿痾であることは未来永劫変わりそうにありません。

    1. チキンサラダ より:

      中国には「族(する)」という動詞があります。誰かを処罰する際、敵討ちが起きないよう(あるいは為政者の腹いせのために)親子親族皆殺しにしてしまうという意味です。中国では春秋戦国時代から頻繁に行われましたが、朝鮮でも行われていたようですね。
      中国の悪いところだけをコピーしている感の強い韓国ですから、意見が違うものとどこまでも争う文化はそこから来ているのかもしれません。

      1. 自転車の修理ばかりしている より:

        日本人が「甘い」のは、敵もまた同じ人であるという信頼関係に立脚しているのだと思います。味方と敵の境界がモヤっとしている感覚です。
        逆に韓国・北鮮は敵味方でデジタルにくっきりしている印象があります。たとえ不正があろうとも味方となれば全力でかばう、敵であれば殲滅するまで戦うのです。

        中国はその「族」を手段として持ってはいて、実施も冷酷に行うものの、それを完全に遂行できなくても良しとしている「いい加減さ」があるように感じますが、南北朝鮮にはそういう余裕が感じられません。偏見かもしれませんがヒステリックな傾向が強いように思います。

        人が人を騙した時に、日本人は騙した方が悪い、韓国人は騙された方が愚かと評します。人間関係が、基本的に信頼に立脚しているのが日本で、不信に立脚しているのが南北朝鮮なのかと思います。

  3. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     今回の鈴置氏の寄稿記事で気になったことが、いくつかあります。

    ①もし、韓国の文大統領が戒厳令を敷いた場合、日本マスゴミ村が「保守
    政権や軍部ではなく、革新政権が、戒厳令を敷いた」という事態を、どう
    報道するか興味があります。(隣国であるゆえ、報道しない訳にはいかな
    いでしょうが、ただ戒厳令の事実だけを報道するのかも、しれません)

    ②前にプライムニュースでも言っていましたが、「韓国は日本に近すぎる
    ため、常駐の日本メディアのカメラマンは、いない」とのことですが、簡
    単に(日本から韓国に)入国できなくなったら、日本メディアは、韓国を
    どうやって取材するのでしょうか。韓国国内にいる普通の日本人を頼るの
    でしょうか。それとも、第三国のメディアの報道を頼るのでしょうか。

    ③クーデターにしても、戒厳令にしても、未遂に終わるか、例え実施して
    も(抗議運動などで)失敗に終わるかしたら、それで話が違ってくると思
    うのですが。

     駄文にて失礼しました。

    1. 引きこもり中年 より:

       すみません。追加です。
       ④もし、韓国でクーデターか、戒厳令の可能性が高まったら、天皇陛下
      の即位の儀に、韓国側から出席するどころでは、なくなることもあり得る
      のでは。

       駄文にて失礼しました。

  4. 気分は黒田長政公の家臣 より:

    クーデターには少々期待していますが、グレゴリオ・ホナサン大佐みたいな不屈の闘志のある将校はいないでしょうね。まさか徴兵された兵隊さんが起こすとも思えないですから。クーデターで政権が変わっても反日なのは変わらないので、そこには期待はないです。北も南も軍事政権というのに期待があります。これで西側からは完全に離脱できますので…

  5. ダブルスタンダードは嫌い より:

    高麗時代の武臣政権(崔氏)はないと思います。

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    自分でまともに国を運営出来ない朝鮮半島ですから、近寄らず関わらず見ずにやり過ごすのが正解だと思います。『日本が日清、日露戦争という大規模な対外戦争に巻き込まれていった最大の理由が、当時の朝鮮王国がまともな政権運営出来なかった』(鈴置氏)為です。

    文大統領は、曺国氏が辞任した後もお花畑の説明をしてます。曰く『我が国には、その時、陣痛があった』(笑)。これだけでは分からないでしょうが、前後の文章を読んでも、意味不明です(爆笑)。日本語訳もヘタかもしれ無いが、文氏もアタマが悪いと思う。陣痛って、こんな時に使う言葉じゃないでしょう。

    こんな抽象的な言い方に、多過ぎる修飾語、結論は出さない卑怯なハナシ。すべて国民を愚弄してますね。

  7. unknown より:

    韓国は不安定ですね。
    反日に勢いのあるうちは、日本人も無関心ではいられませんでしたが、ついに国内で内ゲバを始めてしまったようです。
    何ともアツイ民族です。
    その中で気になることは、散々、反日されていたにも関わらず、韓国保守派というだけで親日と勘違する日本人がおられるのではないかということです。
    言論人にあっても、一般の韓国人は反日ではない、とか、反文在寅で戦う韓国人と連帯しよう、とか言い出しています。
    誰が反日であろうと親日であろうと関係ありません。
    国としての行いを見て判断するだけ。
    百の甘言よりひとつの行動、です。
    自分たちの国の立場が悪くなってきたからと寄ってくる不誠実な隣人を誰が信用できようか(いや、出来ない)

  8. 心配性のおばさん より:

    クーデターって、暴動のことですよね。

    >一般に「クーデター」とは、「民主的な手続によらずに政権を打倒すること」を意味します
    >(極論すれば、韓国が誇る「ろうそく革命」などは、クーデターそのものです)。

    「ろうそく革命」=「民主的な手続によらずに政権を打倒すること」が、民主主義の極致として誇っている韓国人って(大笑)。自慢されても困ります。18世紀のパリ革命の時代ならともかく、この現代で、クーデターそのものがあったとしても、そのことを誇りにする国って韓国ぐらいじゃありません?(笑)

    それにね。私、韓国人にとってのデモやクーデターなんて、所詮、お遊びの域だと考えております。
    香港やウイグルなどのように、命を張って権力に対抗するのではなく、安全圏のなかでシュプレヒコールをあげています。まあ、日本で過ぎ去った青春を懐かしんでパヨク運動に興じているシルバーも同様ですが(笑)。

    もしもですよ。もしも、文在寅大統領が本当に韓国民のクーデターを怖れていたのでしたら、武力鎮圧してしまえばよろしいのよ。ああ、アメリカの干渉があるかも、なのかしら。鈴置氏のおっしゃる(国軍による)クーデターも同様ですわね。基本、アメリカは、韓国国内の政争にはかかわらない。(日本もですよ!怒)がしかし、韓国内の邦人や企業保護のためであれば、干渉するでしょうね。武力○○はタブーですよ。ぐらいな。

  9. 墺を見倣え より:

    駐韓日本大使が交代する様です。
    韓国の政局とどう関係するかは、トランプ氏じゃないけど、「何が起こるか見てみよう。」ですな。

    中央日報曰く、

    「本人より義父がさらに有名だ。冨田氏の妻は太平洋戦争敗戦後の日本文学を代表する作家の1人である三島由紀夫の長女だ。」
    「代表作『金閣寺』などを残した三島由紀夫はノーベル文学賞候補に名前が挙がるほどの天才作家だったが、右翼思想にはまり1970年に東京の陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地(現防衛省本部)に乗り込んで総監を人質にしてバルコニーでクーデターを促す演説をした後、伝統的な侍式自決方式で割腹自殺した。」

    と、本人の資質より、縁者の方を問題視する様です。

    こんな民族性ですから、即位礼正殿の儀で韓国側が「戦犯の孫」とか言う確率はゼロではありません。

  10. 名無しさん より:

    今回の新宿会計士さまのご指摘は本当に重要だと思いました

    兎に角朝鮮半島は何かと隣国や大国を巻き込んでその力を利して戦争をしようとする。
    朝鮮人が何十万人死傷しようと、半島内で何百万人が餓死しようと朝鮮半島に関わってはならない
    それはもう一つの朝鮮半島流の生存戦略なのかも知れません
    実に恐ろしい事です

  11. だんな より:

    新宿会計士さんがまとめられた

    曺国辞任でとりあえずはクーデターを回避したが、「左右どちらかしか生き残れない戦い」が終わったわけではなく、法務部長官の首をとって勢いに乗る保守が政権への攻勢を強めるのは間違いない。
    文在寅政権はクーデターの動きには神経を尖らせ続け、再びクーデターが噂されるほどに社会が混乱したら、戒厳令を敷いてデモを抑えるかもしれない。
    を読むと、保守が政権への攻勢を強めるのは間違いありませんね。
    クーデターや戒厳令が出るようなことになれば、結構なことですね。
    「朝鮮半島は朝鮮人が滅ぼす」が自説ですので、着実に近づいているようで何よりで、実現することを心待ちにしています。

    昨日のプライムニュースで、日本が社会主義的思想が国民からかい離した現象が、韓国ではまだ起きていないという説明がありました。民主化の点で50年位韓国が遅れているという事で、個人的にとても納得いきました。50年経ったら追いつくという事は無いと思いますが、韓国人の特性以外に、海外からの思想の影響もあるのだと思いました。

  12. 嘘は韓国の始まり より:

     右派、左派、革新、保守と言っていますが、所詮は利己主義者どもの権力争いに過ぎないでしょう。クーデターというからには、何らかの理念が必要ですが、かの民族には低いレベルでの理念すら、全くありません。自分さえ良ければよいと考える民衆がいくら集まっても、ただの烏合の衆です。こういう時は武力を持った、軍隊が油揚げをさらうのが世の常ですが、かの国の軍隊にはその根性さえも無いようです。当面混乱が続くでしょうが、解決するのは自己責任です(無理でしょうが)。周りは決して手を出さずに、高見の見物を楽しめば良いと思います。

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      嘘は韓国の始まり様

      ラグビーに熱中しているせいなのか、右派・左派・全羅道・慶尚道・済州島の予選プールでリーグ戦を行なって数を減らしてもらい、北鮮との決勝トーナメントに進む、という変な連想が浮かびました。
      決勝は悪質な反則の応酬で全員シンビンなのだろうな。

      1. gommer より:

        それ、蠱毒です。

        数を減らしても強烈な反日が出来たら困ります。

        1. 自転車の修理ばかりしている より:

          gommer様

          蟲毒というと極左お得意の内紛による「純粋化」も似たようなものですね。

  13. 通過マン より:

    スレ主は毎度鈴置氏をベタ褒めするが、今回の鈴置氏の対談論考は正直つまらなかった。 
    そう思っている読者は私だけではないだろう。
    どんなにお気に入りの論者であっても、都度都度の内容には是々非々で評価しないと。
    読者はバカではないですよ。

    1. 心配性のおばさん より:

      通過マン様 うふふ。

      >今回の鈴置氏の対談論考は正直つまらなかった。 

      通過マン様も、鈴置氏のコラムにドラスティックな展開を期待しておいでですかしら?実は私もです。(笑)
      ただ、実際の韓国国内のようすが、急展開しておりますので、これは、読み手である私の感性が鈍くなっているのかもしれません(笑)。鈴置氏のコラムは歴史や国際状況に根拠を取って論じられるものなので、たとえば、NO!ジャパンみたいな、くだらない事象にはペンを執らないと思うのです。

      だから、ずいぶん待たされました。今回の曺国法務長官の辞任にペンを執られたということは、韓国国内にある種の胎動を感じ取ったからではないでしょうか。鈴置氏は、現時点での明言はされておられませんが、こちらの方々が応援?されている文在寅政権が倒れるかもしれませんよ。困りますわよね。中途半端で倒れられたら。

    2. りゅうじ より:

      私も通過マンさんと全く同じことを思いました。

      ほとんどの鈴置さんの論考は大変素晴らしいと思いますが、
      今回はチョグク法相の辞任理由として今日から予定されていた国監にも言及されていなかったですし、
      クーデターは、鈴置氏ご本人も書いてはおられますが、
      現実問題として現代の韓国では起こり得ないと思います。
      辞任直後に掲載されたので、推敲不足かなあと。
      そこまで急いで掲載する必要があったのかな、と思いました。

      また、次回以降の鈴置氏の文章に期待しています。

  14. ブリジット より:

    本人は否定してますが、韓国首相辞任報道が…
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000028-yonh-kr

    このような噂?は誰がリークしているのでしょうか?
    本人だったら笑うけど。

    1. 心配性のおばさん より:

      ブリジット様 あら、いやだ。

      >本人は否定してますが、韓国首相辞任報道が…

      辞任するなら、訪日前になさいませ。訪日後に辞任って、日本をバカにするのも程がある(怒)。

    2. 福岡在住者 より:

      ブリジット様
      泥舟から逃げ出したいのでしょうか。いかにも某国民らしい発想、、、。次期大統領候補らしいですよ。
      このまま政権にいたら刑務所行きの可能性があるし、亡命したくてもこんな小者を引取ってくれる国は無いし、逃亡してもすぐ捕まってしまうし。彼にとっては今考えられるベストな選択なのかもしれません。

    3. 名無しA より:

      うそか本当か知らないが、こういうニュースが出る
      ということは、見限られはじめたかな。

      今後、左右の分断が激化し、閣僚や与党の離反が
      続きそうな気はします。そうなれば文在寅のことだから、
      先鋭化して戒厳令を出しそう。来年の選挙も勝てそうに
      なければ中止にするのかな。

      韓国版天安門事件でも起こしてくれれば最高ですね。
      国際協調制裁が可能になりますから。またそうなれば、
      米韓同盟も破綻でしょうね。

    4. だんな より:

      ブリジットさま
      日本から手ぶらで帰って来た時用の、観測気球ですかね。
      とにかく、その時は叩かれるでしょうからね。
      あとは、文大統領の政権基盤が、本当に揺らいでいるのか。

      1. ブリジット より:

        心配性のおばさん様
        福岡在住者様
        名無しA様
        だんな様
        レスありがとうございます。
        とりあえず日本から帰った後はっきりしますね。
        カン外相もヤバそう。

  15. 匿名 より:

    「ローソクなんちゃらで200年前の欧米に追いついた。ホルホル」が切実に理解不能なので、これから起こることも理解不能なんだろうと思って考えるのをやめた。
    鮮人を注視しなくて済むように、朝鮮災害を数値化して危険レベルを表示してくれるAIを誰か作ってくれないものでしょうか。ノーベル賞かイグ・ノーベル賞をあげるから!

  16. 還暦カウントダウンのサラリーマン より:

    『韓国セルフ制裁で自滅』なる記事が出てました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000012-ykf-int
    著者はこのウェブサイトの愛読者かな?(笑

  17. 福岡在住者 より:

    パククネ大統領は弾劾裁判を経て解任されたのでクーデターではないですよね。「ろうそくデモ」に端を発した弾劾だからものすごい広義ではクーデターかもしれませんが、、、。
    今回の場合、クーデター:打倒文政権側がデモ等を拡大し弾劾に持込む あるいは軍・警察を動員し無政府状態を作り新たに選挙を行なう。(タイみたいに、、、。しかし国王のいない国では軍事政権しかないかも)
    戒厳令:打倒文政権デモを鎮圧するため警察もしくは軍を動員させる。この場合香港の様な暴動が必要ですがこれを引起す(扇動する)優秀な工作員が政権側に存在するかです。「ろうそく」の味をしめた愚民がはたして行動を起すか疑問です。また、警察・軍隊が文政権側につくかもです。

    このなままグダグダと左右の叫ぶだけの「お祭り」が続くのではないかと私は思います。
    いっそのこと、昔の様に新羅と百済に分裂したら日本は歓迎です(笑)。しかし任那は置きませんよ。

  18. とらじろう より:

    自分の理解ではありますが、
    クーデター:軍部が武力で政権を簒奪すること
    革命:社会の下層階級が支配階級を転覆させること
    という違いがあります。
    でも自分が理解できないのは、自分たちが民主主義の選挙で選出した政権を脅迫して失脚させるのが革命と呼べるのか、という点です。
    いずれにしろ日本はかの国の政情を静観しているのが正解かと思います。

  19. めたぼーん より:

    関わらない、に限りますね。会計様が抜き出した鈴置氏の記事で腹筋が強くなりました 笑。

  20. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    鈴置氏の論考、楽しく読めました。クーデターが起きる一歩手前で曺国氏を解任して(辞任)ひと山越えたという所ですね。でも直ぐに不満ガスが充満しそうですが。

    しかし民度が低いというか気味悪いのは、街頭に出て騒いだり行進したりするの、好きな人達で
    すねえ(笑)。ま、日本も他人の事言えません。

    秋葉原で安倍総理の選挙演説を聞こえなくしようと、大声出したり、大学教授が「アベヤメロ!」とお上品な言葉を投げかけたり、結局日本のサヨク、左派、共産党員らと南朝鮮人とは同じようなDNAを持ってる。(笑)。

    未だに韓国民は新聞読んで記事に煽られて「明日はデモに行こう!」とか「文在寅大統領が正しい。守らねば」なんて、本気で思っているのでしょうか。

    あれだけ「韓国はIT強国だ、ネット普及は世界最高のレベルだ〜」なんて言っている割に、活字が好きなんだね(嘲笑)。本も読めよ(笑)。

    韓国は勝ちと負けしか無い国です。日本なんかが付き合ってたら、すってんてんになるまで吸い取られます。付き合いは止めよう。憐れな国とも思わないようにしよう。

    クーデター起きようが、親日政権なろうが、【用日】です。内紛しては自力では、どうしようもない民族。関わらないに限る。

    1. 青富士 より:

      ヤフージャパンなのにズカズカ記事を載せる韓国、南朝鮮。アブノーマルでパラノイアの国とは関わらないのが一番です。

      1. めがねのおやじ より:

        青富士様

        その通りです。多分、朝鮮半島人は頭の中の部品が足らないのでしょう。

  21. クロワッサン より:

    自主独立国家を維持する気概も能力も無い民族である、って事で、朝鮮半島が中国やロシアの一地方になるのが望ましいと考えています。

    習近平やプーチン相手にテロをかましてくれそうでもあり。

  22. H より:

    サッカーW杯二次予選
    北朝鮮対南朝鮮が本日平壌開催
    南朝鮮からはメディア、サポーター
    入国できず

    友好ムードを作りたかったムン君は
    焦っているかな
    北に南を献上することが
    目標であれば早くしないとね
    嫌われますよ

    政権側がクーデターは無いはずだが
    斜め上をいく彼らは何をするか
    わからない

    政権側が国を売る時は
    クーデターと言わず何ていうのだろう

    1. ホーちゃん より:

      最悪クーデターと戒厳令の応酬になりそうな予感が。
      この場合黒電話さんはどうするのでしょうかね。
      高見の見物でしょうか?
      日本政府には非韓三原則を厳守して頂くようお願いします。
      過ちは二度と繰り返してはいけません。

  23. 迷王星 より:

    1人の日本人として言わせて貰うと、今の韓国でクーデターは起こって欲しくないですね。その理由は2つあります。

    1.まず第一の理由は、今の韓国で軍事クーデターが起これば、その結果として、日本は大量に獅子身中の虫を抱え込まされる結果となるからだ。その因果関係を説明しよう。

    現在の韓国においてクーデター、つまり(力による)非合法な権力移動を実現できる主体は現実的には韓国軍しかない。だが、そのような軍事クーデターが起こされたら、それで弾圧対象とされる連中は近隣諸国、中でも最も人権が守られる=甘い汁を吸える国へと政治難民として逃亡する。

    軍事クーデター政権は基本的に保守的な性格が強くなるので、この場合の弾圧対象となるのは確実に反日親中従北左派、つまり反日の赤たちである。そういう輩が大量に政治難民やらと称して日本に雪崩れ込んで来る可能性が極めて高い。しかしながら、日本がこの連中の入国を拒否して追い返すことは国際政治的に(つまり所謂「人権」の面から)ほぼ不可能である(追い返せば日本が世界中から非難の集中砲火を浴びかねない)。

    つまり、韓国での軍によるクーデターの結果として、日本は反日親中従北左派という日本を敵視しつつ同時に日本で甘い汁を吸おうとする連中を大量に抱え込まされる危険性が極めて高い(9割以上の確率で確実だと言って良い)。これは日本にとって最悪のシナリオである。

    2.第二の理由は、軍事クーデターによって誕生する政権は用日が巧みで言葉巧みに日本にすり寄り、その結果として世界一のお人好し国民から成る日本は資金や技術を提供してしまい将来の日本に大きなマイナス効果を残す危険性が極めて高い(そうなることはほぼ確実だ)ということにある。

    軍事クーデターで誕生した政権は軍であるが故に必然的に北やチャイナに対しては従来の民生政権(保守・革新を問わず)よりは辛口になる一方で、アメリカとの軍事同盟を最重要視し、その結果として日米同盟の存在も無視できないので、(韓国内ではともかく外交上では)日本に対する態度も和らげることになる。

    軍事クーデターが起こった場合、誕生する軍事政権は恐らく自称徴用工判決に関しては国内向けには2+2あるいは2+1と言いながら実際には日本企業や日本政府への賠償請求を無期限凍結あるいは無期限延期のような形で扱うことで実質的に2+0として処理することによって日韓基本条約を実質的に守ろうとするだろう。

    しかし、こうなってしまうと、日本の政界に巣食う従韓派それも日本版共に民主党の輩だけでなく自民党でも二階幹事長らのような連中がこれぞ幸いとばかりに、韓国との関係修復キャンペーンを再開し、既に在日韓国人に乗っ取られているとしか思えない報道姿勢を続けてきたマスコミもそのキャンペーンを精一杯後押ししてお人好し&物忘れの激しい日本国民をして「やっぱり隣国とは仲良くしなくっちゃ駄目だよね」と信じ込ませて、日本は韓国が喉から手が出るほど欲しがっているウォン-米ドル通貨スワップを数兆円規模で提供させられる羽目に陥るだろう。(そのキャンペーンによってお人好しな国民(否、愚民と呼ぶのが正しい)の大勢が「隣国と仲良くすべし」となれば安倍総理でも他の誰が総理でも韓国に対して厳しい態度を続けることは現実問題として不可能になる…そんな態度を続ければその内閣が日韓問題の犯人として日本国内で悪者にされて倒閣が現実になる)

    もちろん、その時に日本が韓国に提供させられるのは通貨スワップだけに留まらない。現在の輸出管理強化によって(見掛け上は)ハイテク産業立国をしている韓国が自国の重大な弱点として気付いてしまった素材産業の様々な技術を、かつての電子産業の技術のようにタダ同然で韓国に提供させられる事態となるだろう。あるいは少なくともそれら素材産業の工場を韓国内に誘致されて日本政府はそれに同意せざるを得ない事態に追い込まれる。

    とまあ、以上、1、2で述べたように、軍事クーデターで究極の意味での絶対的親日政権である文政権が倒れて保守的かつ用日的な性格が極めて強い軍事政権が誕生したりすれば、日本は大変なマイナスを背負わされる危険性が極めて高いのです。

    大統領や閣僚らの発言が我々日本国民にとっては少々不愉快なものであろうと、韓国の政権としては反日色の強いものほど、お人好しの日本国民でも誰が敵か簡単に見分けられて生き血を啜られる危険性が無くなるので、結果的には日本にとってプラスなのですよ。

    発言が不愉快だからクーデターで倒閣されろ!と思うのは短慮すぎる発想です。まず何よりも我々日本国民の大多数は馬鹿が付くほどのお人好しである、という事実を決して忘れてはなりません。その事実の前では反日政権こそ真の意味で親日である、このことを深く頭に刻み韓国問題を考える際に常に考慮に入れねばならないのです。

    1. クロワッサン より:

      >軍事クーデターが起こった場合、誕生する軍事政権は恐らく自称徴用工判決に関しては国内向けには2+2あるいは2+1と言いながら実際には日本企業や日本政府への賠償請求を無期限凍結あるいは無期限延期のような形で扱うことで実質的に2+0として処理することによって日韓基本条約を実質的に守ろうとするだろう。

      名目上日本が非を認めた事にする事で道徳的優位性を保って「永世加害者の日本と永世被害者の韓国」という構図を維持しようとする韓国らしい姑息で愚劣な真似だとは思います。

      ただ、名目上日本が非を認める事で解決を図ったいわゆる日本軍慰安婦問題のその後の経緯を考えれば、名目上日本が非を認める事に意味は無いですね。

    2. かばさん より:

      鈴置さんはクーデターや戒厳令について希望ではなく客観的事実若しくは論理的予測に基づく可能性を指摘しています。
      ましてや嫌韓と言う個人的な感情で仰っているのではありません。
      反論するのなら客観的事実もしくは論理的な理由を基に意見を述べるする必要があります。

      1. 迷王星 より:

        かばさん、失礼ですが、私のコメントのどこをどう読めば鈴置氏への反論となるのでしょうか?

        鈴置氏の論説に対する反論などでは全くありませんよ。鈴置氏は日本にとってクーデターが望ましいか望ましくないかなどという観点では一切書いていませんからね。

        クーデターが望ましい・望ましくないを論じていない鈴置論説に対して、日本にとってクーデターが望ましい・望ましくないを論じた私の投稿は反論になりようがありません。この点、理解できましたか?

        私のコメントは、このコメント欄でクーデター待望論を書いている方々に対する反論というか批判です。「相手が不愉快だから消えてしまえ」という類の思考パターンは単純すぎるという趣旨の批判ですよ。

        日本にとって大きな影響を生じ得る物事に関しては、それが不愉快か否かという個人的な好悪や感情や情緒による判断はすべきでありません、日本にとってのマイナスの大小で判断すべきなのですよ。

    3. だんな より:

      迷王星さま
      私は、文大統領が軍を抑えていると思ってましたので、軍事クーデターは想定していませんでした。
      起こった際に何が起きるかを考えようとしてましたが、迷王星さんの考えに共感します。
      軍を抑えていると思っていたのと、韓国在住日本人さんの話から、戒厳令を想定してたんですよね。
      その前には、デモ隊同士の衝突を想定してました。
      韓国は、国内の政争を国内で解決できず、他国を巻き込む国ですので、軍事クーデターは、最悪ですよね。

    4. ブリジット より:

      迷王星様の説に賛同します。

      文大統領には、日本との関係を徹底的に壊してもらいたいと思っているのですが…雲行きが怪しくなってきました。
      ふと思ったのですが、仮に米韓同盟が破棄となった時、日本は韓国、北朝鮮に強気で反撃できるだろうかと。
      日本政府が最悪の事態を想定し準備を進めていると信じたいですが。

    5. 墺を見倣え より:

      御説に反対な訳では御座居ませんが、、、

      > 軍事クーデター政権は基本的に保守的な性格が強くなるので、

      これ本当ですか?

      タイでタクシン派を追い出して軍事政権ができましたが、超親中派。
      ミャンマーでは、軍政もスーチーさんも親中派。
      クリミアで、出来たのは親プーチン政権。
      イランで、パーレビー王朝を倒してできたのは、宗教指導者と革命防衛隊が君臨する政権。

      何十年も昔の事を語って居られませんでしょうか?

      1. チキンサラダ より:

        クーデターでできた政権が保守の傾向が強い、ということもないですね。
        左翼によるクーデターもよく起きてますし。

        ただ、親中蚊どうかと保守かどうかは全く別です。

        さらに、例にあげた各政権が親中かどうかは、間違えています。

        タイの軍事政権は旧財閥系と王家が支持基盤の保守ですが、タクシン政権に比べれば親中色は薄いです。

        ミャンマーのスーチー政権は明らかに革新政権ですが(期待したほど人権を重視してませんが)、軍事政権に比べれば親中色はかなり薄い。

        外交政策と保守か革新かは全く別の話です。

      2. 迷王星 より:

        墺を見倣えさん、私は「保守」という言葉を「国体を支持し護持しようとする側」という意味で使っています。即ち、その国家のその時点での最も基本的な仕組みに対して保守的な立場という意味です。「革新」は国の仕組みを改革し新たなものにしようとする側という意味です。

        ですから、共産主義国家での「保守」とは共産主義の仕組みを守ろうとする側ということになります。

        そして軍隊というのは国家に対して命懸けの忠誠を誓っているのですから、必然的に忠誠を誓った国家の現状を維持しようとすることになります。従って、以上に述べた意味で軍隊は必然的に保守的にならざるを得ないのです。

        従って保守・革新と外交的な立場とは一般に別問題になります。

        韓国の場合、現在の文政権の立場はともかくとして、独立以降、ずっと憲法で朝鮮半島の唯一正統な政治主体は自国のみであり朝鮮半島全体は大韓民国の領土と定め、その結果、憲法によって北朝鮮は非合法な存在として規定しています。

        従って、韓国軍が政権を握れば、必然的に憲法護持つまり北朝鮮を非合法な存在として扱う立場に立たざるを得ません。そして韓国軍は米韓同盟がなければ自国防衛が困難であることを十分に承知していますから、韓国軍によるクーデター政権が誕生すれば米韓同盟を維持しようとする対米外交を採用することになるでしょう。

        私の前の投稿は以上のロジックに基づいて書いております。御理解頂けましたでしょうか?

        1. 墺を見倣え より:

          独自のメトリクスで判定して居られる件、了解です。

    6. りょうちん より:

      どうですかねえ。
      日本の政治難民に対する鉄壁とさえ言える非情さには定評がありますよ。
      いくら人権先進国wから非難を受けても粛々と塩対応をしています。

      まあ済州島四・三事件や朝鮮戦争の頃はいざ知らず、今の日韓関係で、韓国人難民を受け入れるなんて政治的選択のコストは相当なモノです。
      だいたい北朝鮮や中国の人権侵害に対して、日本が何かしたことがあるでしょうか。

  24. はぐれ鳥 より:

     鈴置氏の論説は、私のような嫌韓人間には耳触りが良いのは確かです。ただ、その分、ホントかな?思えるものも散見されます。

     このクーデター説もその一つでしょう。別に確たる根拠がある訳ではないですが、海自哨戒機への火器管制レーダ照射事件、観艦式での旭日旗掲揚問題、GSOMIA破棄のなどの経緯を観察する限り、韓国軍には、そんな骨のある軍人がいる様には思えないからです。

     また、戒厳令にしても、仮にそれで一時は政権維持できたにせよ、左派政権がそれをやれば、いかな、二重基準慣れした韓国民といえども、その失望は計り知れず、将来左派は、二度と政権を取れなくなるのではないでしょうか?

     私は、韓国に関しての直接的情報源(韓国人の知人など)は有りませんので、メディア情報を基にした単なる推測ですが、何となくそんな気がしています。

  25. 七味 より:

    ずっ~と昔、まだ学生だった頃、民主主義の効用として、
    ・政権交代が起こることが前提で、システムとして組み込まれている
    ・政権交代で下野した者は、命やら財産を召し上げられる訳ではないので、安心して下野できる
    ・だから、他の政治体制みたいに政権交代に伴って血で血を洗うみたいな抗争は起きず、国内の混乱や国力の低下に歯止めがかかる
    ってのを教えられたように思うのです

    韓国見てたら、大統領経験者は皆不幸な最後を遂げてるし、政敵に対する過剰なまでの攻撃はしてるし、民主主義の効用も自動的二享受できるものじゃなくて、運用次第なんだなって思いました♪

    クーデター起こるかどうかはわかんないけど、自分たちの中でやる分には、どうぞご自由にって気持ちなのです。
    できた政権が過去の条約とか引き継ぐんなら承認して、しないなら韓国民の総意に基づいてないとかいって承認しなければ良いと思うのです♪

  26. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    曺国氏の法務部長官就任から思い切り世論の逆風が吹いていたので、てっきり就任してしまえば何とかなるのかと思っていました。
    次は春の選挙がどうなるやらと思っていたら、一か月であっさりと辞任ですか。
    法務部長官の後任も人材がいるのかどうか気になりますが、一般市民に戻りますって、そんなこと可能なんでしょうか。辞任すれば罪に問われずにすんで、そのまま以前の地位に戻るって、無理だと思うんですが。

    文大統領は逆風が吹いたまま選挙を戦う必要がありそうですね。
    また、政情不安は経済にも確実に打撃があるので、企業が海外に逃げ出すペースが加速するかもしれませんね。

  27. 田舎のおばさん より:

    まだ、クーデターとか、韓国崩壊はおきてほしくないです。

    韓国の経済がもっと、焦土化して、ランク11位から急降下するくらいなり、日本に憲法改正が終わってまともに自立に
    向けて聳え立つときまで、時よ待ってです。

    鈴置氏のコラムはいつも待っています。基本その通りと納得します。しかし、このころのテレビは猫も杓子も、チョ・グッばかりで
    イライラ通り越して不愉快で、やっと、奴が辞任してせいせいしました。国内も世界も大きく動いているのに。

    韓国問題は日本にとって大きいとは思うが、用日にももう毅然と足蹴にすべし!冷たい対応しかない!

  28. とある駐在員 より:

    初投稿です。

    鈴置氏のコラムが、韓国ネット民でのチェック対象になってないようで
    不思議に思ってます。
    あり得ないと断じているのか、見たくないだけなのか?
    私のネット調査が足りないだけかもしれませんが。

    起きて欲しくはないですが、
    もしクーデター起きたとしても、
    それに乗じて北朝鮮軍を手引きして、
    漢江以北を売り渡すくらいはやりかねない集団でしょう。

    そこまでいかなくても、
    保守陣営のデモ拡大が目に余るなら、
    戒厳令を呼び方だけ変えて、さくっと発動しそうな気がしてます。

    1. 暇人Z より:

      根拠はないですが同感です。
      しかし戒厳 令は大統領権限のみで良いのか、一定数以上の議員の賛同が必要なのか気になります。
      ちょっと調べましたが自分にはよくわからない、、

  29. 新宿育ち より:

    踊っているおばさんもいたよね、祭り?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。