無法国家には紳士的・平和的に、そして毅然として対処せよ

自称元徴用工問題や日本の韓国に対する輸出規制などの話題を巡り、昨日はいくつかの大きな動きがありました。河野太郎外相の「ブチギレ」については『「河野太郎、キレる!」新たな河野談話と日韓関係』でも紹介したとおりですが、昨日はこれに加え、輸出規制を巡り、経産省も韓国側の意味不明な主張に対し、毅然と反論を加えています。インターネット上には「とっとと韓国に経済制裁を適用しろ」という主張もあるのですが、むしろ現在は、「無法国家」と化した韓国側と同じ土俵に降りるのではなく、彼らの意味不明な主張を逐一論破しつつ、来たるべき「経済制裁」局面に備えるべきではないでしょうか。

昔の職場の体験談

イケメンA君、同期から誹謗中傷される

あたりまえの話ですが、ものごとには両面があります。

自分自身の経験で恐縮ですが、昔勤めていた会社の他部署に、A君という好青年がいました。A君はイケメンであるだけでなく、仕事も優秀であり、かつ、誰に対しても親切で優しく、また陽気で温厚な性格だったため、その部署では上司や先輩からも好かれ、後輩からも慕われていました。

しかし、A君の部署にはもう1人、A君の同期で、やや性格に難があるB君という青年がいました。

B君は、良く言えばお調子者、ぶっちゃけて言えば、あまり優秀でなく、しかもプライドも高くて、職場でもやや浮いていました。そして、人気者のA君に対し、嫉妬心のためでしょうか、陰口をたたいたり、飲み会でA君を公然と貶めたりしていたようなのですが、A君はそんなB君とも仲良く接していました。

ある日、A君(既婚)とB君(未婚)は職場の関係者の結婚式に招かれ、A君は奥様(とっても美人)と一緒に披露宴に参列し、二次会、三次会と流れていきました。

A君はいつもの調子で、みんなと楽しく飲んでいたのですが、B君はA君の奥様の前で、いきなりA君のことを指さし、「A君って、職場のCさん(独身)と浮気しているよね」と言い出しました。普段目にすることがないA君の奥様に会って浮かれたのでしょうか?

もちろん、「A君がCさんと浮気している」というのは事実無根であり(あとで聞くと、B君は冗談のつもりでそれを言ったそうです)、その場にいた全員が、B君のことをたしなめました。

それでも、酒の勢いもあり、B君の放言は止まらず、A君夫妻の前で「A君はDさん(既婚者)やEさん(既婚者)とも浮気しているよね」と言い出し、A君をからかっていたのですが、突然、A君がB君に殴り掛かりました。

私自身を含め、その場にいた男性陣は、慌ててとりあえずA君とB君を引き離しましたが、A君の怒りは収まりません。結局、B君は中座して帰ったのですが、その後、A君とB君は口もきかない関係になってしまいます。

ただし、B君が、誰とでも仲が良いはずのA君と仲違いしたことは、誰の目にも明らかであり、また、ヒトの口に戸は立てられないためでしょうか、その場にいたメンバーから職場全体にB君の所業が噂として広まり、B君は居辛くなったのでしょうか、1年ほどして職場を去って行きました。

温厚な人ほど、キレると収拾がつかない

さて、こんな話を唐突に持ち出したのは、いくつかの理由があります。

イケメンのA君は性格も良く、仕事も超絶できる有能な人物であり、誰からも好かれていたのですが、それと同時に、自分自身に対して向けられる悪意に対してはハッキリと拒否反応を示さなかったため、B君に付け込まれた格好です。

普段からA君は誰にでも良い顔をしていたがために、結果的にはB君も「A君に対してなら侮辱しても構わない」と勘違いしていたフシがあるのですが、さすがに奥様の前で普段と同じようなノリで、事実無根の内容でA君を貶めたのはやりすぎだったのではないでしょうか。

そして、普段は温厚な人間ほど、いったん「キレる」と、収拾がつかなくなるものでもあります。

A君もその例外ではなく、ある日いきなり「キレ」たのです。

もちろん、A君がいきなり暴力に訴えたのは良いことではありません。本来ならば、A君は普段からB君に対し、「そんなことは言わないでほしい」とクギを刺しておくべきだった、という話もあるかもしれません。

ただ、A君は普段の行いが良かったためでしょうか、奥様の前でB君に貶められたときに、その場にいた全員がA君の味方をしたのは当然のことだったのです。

つまり、

  • 温厚な人ほどキレると収拾がつかないものである
  • ただし、万が一「キレた」としても、周囲は「あの温厚な人がキレたくらいだから、何か理由があるに違いない」と考えることが多い

という点については、個人的には非常に参考になったエピソードでした。

日本は世界の人気者?

日本は世界からどう思われているのか

さて、国と国との関係(つまり外交関係)については、何か難しい世界の話だと思い込んでいる人は多いかもしれませんが、そんなことはありません。

国もしょせんはヒトの集まりですので、外交関係も、人間関係の延長に過ぎないのです。

相手国から恩を受ければ「ありがたい」と思うのが人情ですし、相手国のことが好きになれば、その相手のためにひと肌脱ごうという気になるものです(※もちろん、日本人的な「義理と人情」が通用する国と、そうでない国があるのは事実ですが…)。

さて、日本政府にせよ、日本企業にせよ、日本という国は外国に対し、常に紳士的であり、かつ、平和的です。あまりにも紳士的であり、あまりにも平和的であるがため、日本国民の1人として、ときとしてもどかしいほどです。

そんな日本は、世界からどう思われているのでしょうか?

少し古い調査で恐縮ですが、今からちょうど2年前、つまり2017年7月に、英BBCが「2017年世界影響度調査」というものを実施していて、その結果については、当ウェブサイトでも『BBC世界影響度調査を読む』で紹介しました。調査結果を再掲します(図表1)。

図表1 世界に良い影響を与えている国のランキング(2017年)

(【出所】BBC WORLD SERVICE POLLより著者作成)

ここで、「世界に良い影響を与えている国」のスコアは、「この国は世界に良い影響を与えているか、それとも悪い影響を与えているか」という世論調査を20ヵ国前後で実施し、その結果を集計したものです。

「世界に良い影響を与えている国」ランキングにおいて、当事国を除外したベースで、日本はカナダ、ドイツに続き、世界第3位に入りました。一方で、これを「悪い影響を与えている国順番」で並べ替えたものが、図表2です。

図表2 世界に悪い影響を与えている国のランキング(2017年)

(【出所】BBC WORLD SERVICE POLLより著者作成)

このことから、このBBCの調査結果を信じる限り、世界は次の3つにグループ分けされることがわかります。

  • 「世界に良い影響を与えている」との意見が多い国…カナダ、ドイツ、日本、フランス、英国、EU
  • 「世界に悪い影響を与えている」との意見が多い国…イラン、北朝鮮、パキスタン、イスラエル、ロシア、米国
  • 両者が拮抗している国…中国、ブラジル、韓国、インド、南アフリカ

日本は中韓からの評価が低い

このBBC調査、2006年から2014年まで毎年実施されていたのですが、最近では数年に1回の実施になったらしく、2015年、2016年、2018年については調査が実施されていないようです。

このため、データが古くなってしまうのと、連続性が失われてしまう(毎回、調査実施国が異なる)という難点があるのですが、それでも、過年度のBBCデータを見ると、日本に対して一貫して低い評価を与えている国は中国と韓国です。

といっても、2017年については韓国で調査が実施されていないため、韓国が日本についてどのような評価を下しているのかを知ることはできませんが、中国では日本が世界に与えるのが「良い影響」であると答えた比率は22%であるのに対し、「悪い影響」であると答えた比率が75%にも達しています(図表3)。

図表3 日本は世界からどう評価されているのか(2017年)

(【出所】BBC WORLD SERVICE POLLより著者作成)

また、2014年以前について、韓国でもこの世論調査が実施されていた年は、日本のランクが下がる傾向にありました。

しかし、裏を返して言えば、日本は中国と韓国(と北朝鮮?)を除く国々からは、非常に高く評価される傾向にある、ということでもあります(※もっとも、調査実施年によっては、ドイツから日本に対する評価が異常に低いこともありましたが…)。

「日本は人気者だ」などと慢心するのは禁物ですが、それでも、外国メディアの調査によれば、「日本が世界に良い影響を与えている」と回答した国が多かった、という事実については、心強い点ではあります。

反論しないことが良いことなのか?

ただし、誤解しないでいただきたいのは、もし「日本が(中韓を除く)世界で人気者だ」、というのが事実だったとしても、日本は自国に向けられる、いわれのない悪意に対し、反論しなくて良い、という意味ではない、という点です。

先ほど、イケメンA君がB君から事実無根の誹謗中傷を受け、A君が「ブチギレ」た事例を紹介しました。人間関係のことですから、読者の皆さまのなかにも、似たような事例を見聞したことがある、あるいは個人的に経験したことがある、という人は多いのではないかと思います。

先述のケースでは、たまたま普段からA君の行動が良く、B君の素行が良くなかったということで、周囲の認識も、「B君のA君に対する誹謗中傷はB君が悪い」という認識で共通していました(A君とB君の評判については、他部署にいた私の耳にも入っていたくらいです)。

しかし、さすがに、いきなり殴りかかるのは決してほめられたことではありません。

A君に限らず、どうもわが国の職場では、「反論するのは、はしたないことだ」、「大人の対応を取るべきだ」、といった空気が蔓延しているように思えてなりません。

同じ部署であれば、A君の素行が良好であり、B君の素行が悪いことくらい、誰でも知っているのですが、私自身を含めた他部署の人間からすれば、そうした細かい状況はなかなかわかりません。

それに、もし公衆の面前で誹謗され、B君に殴り掛かったのがA君ではなく、もっと地味な人物だったとすれば、その人物は結果的に、B君によって退職に追い込まれていたかもしれません。

後講釈ですが、A君はB君からの嫌がらせを受けていたときに、もっと上司に相談すべきでしたし、その部署の上司はもっと部署内の人間関係を把握しておくべきだったかもしれません。

そして、国際社会はもっと露骨で、正論を主張した者よりも、「声が大きい者」が勝つ、という傾向にあることは事実です。

さまざまな調査から判断するに、日本という国が、本稿のA君のように、(中国、韓国、北朝鮮を除く)全世界から好かれているということは、どうやら確からしいのですが、それと同時に公然と日本を貶めて来る国が存在する以上は、あまり能天気に「反論するのははしたない」と考えない方が良いと思います。

反論する日本へ

河野外相の反論

さて、昨日の『「河野太郎、キレる!」新たな河野談話と日韓関係』で触れたとおり、日本が韓国に対して「キレ」ました。

「河野太郎、キレる!」新たな河野談話と日韓関係

とくに、河野太郎外相は、マスコミのカメラが回っている前で、韓国の南官杓(なん・かんしゃく)駐日大使に対して怒りを示した格好です。

日本人的な発想からすれば、公衆の面前で相手に怒りを示すこと自体「はしたない」と思う人がいると思うのですが、そうした感覚は、やはり誤っています。

いや、むしろ日本として韓国に対し、もっと公然と怒りを示しても良いのではないか、という気がします。韓国が「慰安婦問題」だの、「徴用工問題」だのといった歴史問題を捏造して来るような国です。

先ほどのたとえ話ではありませんが、日本は中朝韓を除く全世界から好感を持たれているため、日本は「歴史問題でウソをついたこと」を契機として、公然と韓国に対して経済制裁を加えたとしても、世界は日本の行動を理解してくれるような気がしてならないのです。

経産省が完璧な反論を実施

ただし、「経済制裁」とは、簡単な話ではありません。

先日の『動揺する韓国メディア つながる経済制裁』でも報告したとおり、経済制裁には「積極的な経済制裁」だけでなく、「サイレント型の経済制裁」、「諸外国との協調型の経済制裁」、「消極的な経済制裁」、「セルフ経済制裁」などの類型があります。

動揺する韓国メディア つながる経済制裁

経産省が7月1日に発表した韓国に対する措置を巡っては、当ウェブサイトとしては「広い意味ではサイレント型の経済制裁の一種だが、実質的には経済制裁と呼べるほど強い措置ではない」と考えています。

しかし、こんな弱い措置であっても、韓国側は「逆ギレ」してきている状況にあります(『「新・河野談話」に対する韓国政府の逆ギレ』参照)。

こうしたなか、日本政府が従来の「事なかれ主義」的な発想から脱却しつつある証拠を発見しました。

経産省が韓国政府・産業通商資源部による記者説明に対し、昨日、反論したからです。少し長いですが、全文を引用しておきましょう。

本日の韓国産業通商資源部による記者説明について

本日、韓国産業通商資源部から、12日に開催された事務的説明の内容や、その後のメールの送受信などのやり取りについて、再度、事実誤認を含め、記者説明が実施されましたので、事実関係をお知らせいたします。

  • 1.日本の運用見直しの性格について

今回の運用見直しは、国際合意に基づいた輸出管理の不断の見直しの一環として、従来韓国に対して実施してきた優遇措置をやめて、他国と同様の通常の輸出管理上の扱いに戻す内容であり、禁輸措置ではありません。

  • 2.7月12日の事務的説明の内容について

7月12日の会合は見直しの内容を事務的に説明するための場であり、輸出管理当局間の協議の場ではないことを事前に韓国側と合意した上で開催しました。また、冒頭から面談の位置づけだけで30分も議論し、その位置づけを確認して開始しました。

韓国側からは「遺憾の表明、原状の回復と撤回の要請」ではなく、「問題解決」の要請があり、日本側からは、本件は協議するような「問題」ではないため、今回は事実関係の説明を行う旨回答いたしました。

  • 3.韓国の輸出管理制度について

韓国側が通常兵器キャッチオール制度を導入していると主張していることについては承知していますが、韓国側のキャッチオール制度の根拠条文である対外貿易法19条と戦略物資輸出入告示50条は大量破壊兵器関連物品等を対象とすることが明記されており、法的根拠が不明確であると認識しています。

また、執行体制についても、本日の記者説明において「110人あまりの担当人材を配置」と説明していますが、これは、武器そのものの輸出入に携わる人員や民間機関の職員を含めた人数であり、産業通商資源部のウェブサイトによれば、軍事転用可能な民生品の審査に携わる職員数は、貿易保険やダイヤモンドの輸出管理に携わる職員も含めて11名であると承知しています。

  • 4.日本と韓国の二国間の政策対話

二国間の政策対話について、本日、韓国側からは「本年、3月以降に開催することで合意していた」と説明がありましたが、これは、昨年12月18日に韓国側の担当官から、「2019年3月以降でないと開催できない」と一方的に伝えてきたものであり、3月以降に開催することで合意した事実はありません。

なお、昨年12月より前にも、経済産業省からの申入れに対して一度合意した日程を含め、韓国側の事情により日程が延期されてきたと認識しています。日本側からは、政策対話が開催できていないことに対する懸念を韓国側に伝えるなど、繰り返し開催を要請してきました。

また、韓国側は「経済産業省主催のセミナーの場で意見交換をしてきた」と主張していますが、機微情報を扱う政策対話とは全く異なる性格のものであると考えています。

信頼関係のある国の間で、安全保障輸出管理について機微な情報も含めた意見交換を行うことは、実効的な輸出管理を行うための不可欠な要素ですが、本日の韓国側の記者説明を含め、二国間のやり取りの内容について、双方の事前合意なく公開されるような状況が改善されない限り、信頼関係に基づいた政策対話の開催は難しいものと考えています。

その上で、こうした状況を打開するための実務レベルのやりとりを継続していきたいと考えています。

(2019年7月19日付 経済産業省HPより)

この発表は、従前の韓国政府による対日非難(というよりも誹謗中傷)に対する反論としては、ほぼ完璧であり、私自身がこれに何か付け加える必要はないでしょう。

無法国家・韓国 対 紳士的な国・日本

ただ、インターネット上では、昨日の「新・河野談話」や経産省の韓国に対する反論を賞賛する声がある一方で、日本が韓国に対し、今すぐ経済制裁に乗り出さないことへの失望の意見も見られます。

こうした失望が出て来るのは当たり前です。

あれだけ根も葉もないことで韓国から誹謗中傷され、しかも、国際法に従った手続を無視され、さんざんコケにされてきたからです。国民感情として、「今すぐ韓国に経済制裁しろ」、「日韓断交だ!」といった極論が出て来ても仕方がありません。

しかし、韓国が日韓請求権協定上の義務を無視したことで、韓国が無法国家であることは確定しましたが、その無法国家に対し、日本が同じ土俵に立って、「無法国家」的に振る舞って良い、という話ではありません。

昨日の時点で日本が韓国への経済制裁等を打ち出さなかったことは事実ですが、無法国家である韓国の理不尽な言い分に対し、日本が理詰めで、紳士的、平和的かつ毅然と反論していること自体、大きな変化であり、高く評価して良いと思います。

では、日本政府が韓国に対し、逐一、公然と反論し始めた狙いとは、いったい何でしょうか?

これにはいくつかの意味があります。

1つ目は、「日本国民に対する説明」です。

さまざまな理由があるため、日本が今すぐ韓国に対する経済制裁を発動することが難しいというのは事実でしょうから、些細な点でも構いませんので、韓国側から出て来る意味不明な言い掛かりに対しては、その都度、細かく反論を加えるのが有益です。

2つ目は、「国際社会に対する説明」です。

今の調子で行けば、いずれ、日本は韓国との関係を清算せざるを得ない状況に追い込まれる可能性が高いと思います。そのときに備え、A君のように「いきなりブチギレ」るのではなく、「日本が韓国に対し、あのような制裁を課しても仕方がないね」という国際世論を醸成することが必要です。

そして3つ目は、「日本政府自身のため」です。

最近の韓国の日本に対する挑発は度を越しています。常人からすれば、「ブチギレ」て韓国に対し「殴り掛かる」(つまり経済制裁を適用する、軍事侵攻する)くらいのことをやりたいと思うのは間違いありませんが、相手国に逐一理詰めで反論しておくことで、自分自身の気持ちを落ち着かせることができるのです。

その意味で、最近、世耕弘成(せこう・ひろしげ)経産相や河野太郎外相、あるいは経産省などが、逐一、韓国側に反論を加えていることは、日本政府の従来の事なかれ主義的な姿勢から決別するものであるといえます。

今はキレるべきではない

温厚な人は、いったん「キレる」と自制が効かなくなります。日本政府が自制しているのは、おそらく「キレて見境なく韓国を攻撃すれば、韓国という国を消滅させるほどの経済制裁手段を持っている」という自覚があるからではないでしょうか。

幸いにして、昨日の河野外相の「ブチギレ」は、駐日大使の前で言葉を荒げるくらいで済みました(個人的には河野氏の言動に快哉を叫んだのは事実ですが…)。

もちろん、日本の普段の素行に照らせば、日本が多少、WTOルールや国際法に背くような経済制裁を韓国に課したとしても、世界は日本の行動に理解を示してくれるかもしれません。しかし、やり方によっては、日本が韓国と同類の国と思われるリスクもあります。

それよりも、日本が本当に向きあわねばならないのは、韓国が「日本の友好国」(正確には「日の友好国」)ではなくなりつつある、という事実です。

韓国に日本の友好国として戻って来てもらいたいのならば、韓国の頬を叩いて目を醒まさせるために、経済制裁を加える、というのは1つの有益な方法です。また、このような経済制裁には、文在寅(ぶん・ざいいん)政権の退場と親日派政権の誕生を促すという意味もあります。

しかし、昨日時点ですでに韓国が国際条約を踏みにじったという実績が確定してしまいましたし、その事実をもって、日韓関係は完全に変容してしまいました。そうであるならば、日本としても、「経済制裁によって日韓友好を取り戻す」ということは、そろそろ諦めるべきでしょう。

韓国に対する経済制裁を加えるなら、その理想的なタイミングはいつなのか。

以前からの当ウェブサイトの主張とも重なるのですが、これについては別稿にて、改めて近日中に考察してみたいと思います(ネタを引っ張って申し訳ありません)。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    >韓国の頬を叩いて目を醒まさせる

    韓国の目が醒めるとどうなるんですか?
    かつて目が醒めていたことがあるんですか?

    >文在寅(ぶん・ざいいん)政権の退場と親日派政権の誕生を促す

    文在寅政権の問題じゃなく、慰安婦も徴用工も旭日旗も、韓国民全体の嘘つきで嫉妬深いという性質の問題です
    また親日派政権なんて誕生するわけない
    国民が親日派を許さないんですから

    1. 隠居爺 より:

      匿名 さま

      >>韓国の頬を叩いて目を醒まさせる
      >韓国の目が醒めるとどうなるんですか?
      >かつて目が醒めていたことがあるんですか?

      これまで日本は韓国を叩いたことがありません。だから、目が覚めるかどうかはともかく、一度叩いて反応を見る必要はあると思います。
      実際問題、今回の輸出管理やホワイト国認定問題で、韓国は今までないくらい無様で幼稚な態度をとっています。そうやって揺さぶりをかけているうちに、新たな展開、新たな目が出る可能性はあると思いますよ。

  2. 門外漢 より:

    私も若いころは「キレ者」と言われたものです。

    1. 阿野煮鱒 より:

      つ 座布団

  3. 名無し親父 より:

    記事のUP有難うございます。

    韓国と同じ土俵には上がらない事は重要だと思います、今回の紛争を世界各国は注視しています、中には上げ足を取りたい国もあるでしょうから。

    今回の輸出管理規定の変更は素晴らしい方法だと強く支持いたします、なにせ国内手順の変更ですから、他国から言われる筋合いがない部分です。<土俵の外のことなので>

    次は、同じ手法の”優遇措置の解除その2”でお願いしたいです。
    韓国の通貨は世界通貨でない⇒韓国への優遇措置である日本の銀行の”信用保証の解除”で攻めて欲しいと思っています。
    輸出で生計を立てている韓国の泣き所です、たった3品目の手続き変更であの騒ぎですから。
    どちらも、優遇措置の解除であり、韓国を普通の国の扱いにするだけ。。。

    ただ気になるニュースは”トランプさんの発言です”が、文さん安倍さんの両方から要請があった場合との事、阿部さんが要請しない場合は動かないのでしたら良いのですが。。。
    いずれにしても、ボルトン大統領補佐官の来日でハッキリすると思いますが。

    1. 匿名老人 より:

      トランプ大統領の真意はまだ解りませんが、もし仲介するとしたら韓国に「日本を説得してやるから中国と縁を切れ」と言うのではないでしょうか。

      1. 田舎の一市民 より:

        トランプ氏の行動は読めないようでいて、絶対に損な取り引きはしないので、その点だけはある意味信用できますよね。
        心配しなくても、韓国の役に立つようなことはないですね。なにせ権利は主張するが何一つ義務を果たそうとせん連中ですから、実利を重視するトランプ氏とでは話になりませんから。

        1. 引きこもり中年 より:

           独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

           田舎の一市民様へ
          >トランプ氏の行動は読めないようでいて、絶対に損な取り引きはしないので

           逆に言うと、韓国を潰すことが自身の再選戦略に有利に働くと見れば、
          (米韓同盟があるので)裏から手を回して、韓国潰しに動くこともある、
          ということですね。
           例えば、韓国が(間接的ですが)中国が米を追い越そうとしているのに
          力を貸しているとか。

           駄文にて失礼しました。

      2. 保守太郎 より:

        WTOはもちろんICJでも 第3国の外国人に自国の「運命」をゆだねるなど危険極まりないです。
        但しおかしな裁定が下ったら 堂々無視できる度胸と覚悟があるなら ICJ提訴も可ですが バカ真面目な日本人は泣く泣く従うでしょうからアブナイ アブナイ。

    2. 名無し親父 より:

      匿名老人・田舎の一市民さま、レス有難うございます。

      先ほど産経のニュースでトランプさんの発言に対する修飾のない報道が出ました。
      基本的なスタンスは、今までの米国高官の発言と同じでした。

      おそらく、この発言の真意は下院の決議に対する対策だったと思います。
      来週ボルトン大統領補佐官の訪日後に、大きく情勢が動くものと思います。
      楽しみです!

      文さんがボルトン大統領補佐官への回答次第で、米・英・日から資金回収されて経済的に焦土化されることに。。。文さん、もう逃げ道はないですよ!

  4. だんな より:

    先程TVでトランプ大統領の発言の映像が流れました。
    内容としては、基本的に二国間で解決して欲しいが、両国首脳の要請があれば、仲介するという内容でした。
    韓国の泣き付き外交で、アメリカ高官の発言とレベルが変わるものでは、無かったと思います。
    韓国マスコミは、我田引水的な報道をして来ると思います。日本マスコミも、韓国寄りのマスコミは、印象操作をして来ると思います。

    1. 国防動員法 より:

      私も、日本TV系列で「トランプ大統領が仲介に言及した」と流れたので確認してみると、TVの伝え方とトランプさんの発言はニュアンスが全く逆でした。

      トランプさんの発言は遠回しな表現ですが、ニュアンスとしては「原則、仲介はしない」と言っているも同義だと思います。

      また、間接的にですが「文大統領よりも安部さんの方が大事だ」と言ったようにも見えます。

      トランプさんは、こんな日本人的で遠回しな表現もできたんですね。意外でした。

      直接的な表現としては「文大統領がしつこい。韓国のことは自分で何とかしろ。」といった感じでしょうか・・・

      最近の日本の報道、特にホワイト国外し報道のあたりから、報道における事実誤認の度が加速しているように見えます。

      ネットの力で、メディアが「輸出規制」という言葉を使えないようにできないものだろうか・・・
      日本のメディアがこの言葉を使うと、日本国民だけでなく世界のメディアが「輸出規制」の言葉を誤用し、明らかに日本の国益を損なっています。

      この言葉を使った馬鹿どもに何か愉快で侮辱的なレッテル、例えば「ホワイトバカ」のレッテルを貼りつけるとか・・・
      姑息なやり方だけど、メディアがやっていることと同じですよね。

      我ながら今一つパッとしないアイディアですが・・・
      何か良い方法は無いものだろうか・・・

      1. だんな より:

        会計士さんの言う通り「見ない、買わない」しかないですね。
        頭の固い年寄りは、仕方がありませんが、若い人が多様な情報から、判断できるようになって欲しいと思います。

      2. マコト より:

        私は動画の先頭しか見てませんが同じような感想を持ちました。

        トランプの反応は、北朝鮮のことでずいぶん関わっているじゃないか、これ以上何をしろというんだというものです。思いっきり(文大統領の依頼に対して)ネガティブです。日本と韓国の両方が頼んでくれば関わるというのは、安倍首相が頼んでこない限り関わらないというのと同義です。

        日米問わず、マスコミの報道はまったくあてになりませんね。

      3. 国防動員法 より:

        産経に似たような記事がありました。
        気づかず投稿してしまいました。
        すいません。

        The Sankei News 2019.7.20 10:08
        <日韓双方とも求めるなら仲介も 韓国大統領が要請 トランプ氏は及び腰>
        https://www.sankei.com/world/news/190720/wor1907200008-n1.html

        しかし、今回のトランプさんの発言は、日本と韓国に正反対のメッセージが伝わるようにしたものではないかと邪推しています。

        日本には遠回しの表現が伝わりますから、「仲介は無い」と日本に伝えられます。

        しかし、文脈が読めず遠回しの表現が理解できない韓国人のようなおバカさん達は、「仲介」の言葉さえあれば「仲介がある」と判断するでしょう。

        恐らく、文大統領や在米韓国組織が、米国政府の関係者に凄まじい時間と手間を取らせているのを止めさせたかったんでしょう。

        でも、日本に誤解されると困る。
        だから、おバカさんの韓国人には気づかれないようにメッセージを送った。
        こんなところではないかと思います。

        アメリカ大統領にそんなことをさせることは日本政府や在米日系組織にはできない、という点に限っては特筆すべきかもしれません。

  5. 立ち寄り人 より:

    毎日の更新お疲れ様です。昨日の河野氏「ぶちギレ」は見事でしたね。「ちょっと待って」で姿勢を換え相手の顔を見据えた全身で怒りを表明していましたが冷静さを取り戻すと姿勢と口調が戻った。出来ればまた密室会談にせず公開したままか叩き出すか記者会見で念入りに「不法」な要求を繰返した事をアピールして欲しかった。

  6. もうすぐ五十路の年男 より:

    現在の政府の韓国、中国への対応を完全に支持します。
    ただ、韓国、中国のプロパガンダ力は侮ってはいけません。
    https://www.youtube.com/watch?v=Qs-3WwNFG0I
    経済戦争になって、対韓国では恐らく日本は負けることはないと思います。
    一方で、マスコミへの特に中国のプロパガンダ力は強力で、欧米も含めて日本は不利です。

    情報戦争は1945年以降も継続中であり、インターネットの普及でようやく国内状況が反日勢力と均衡がとれるレベルの状態になったぐらいだと思います。
    選挙に行くのは当たり前として、私も国民の一人として自分を磨いて成長しなければと思います。

  7. クロワッサン より:

    >韓国に対する経済制裁を加えるなら、その理想的なタイミングはいつなのか。

    私なら、米国(&日本)と韓国の安全保障上の関係が切れる時、ですね。

    まだまだ先になりそうですが、米国の韓国切り捨てと同じタイミングにする事で、韓国のレッドチーム入りを名実共に確定させられると思います。

  8. 匿名太郎 より:

    冷静に韓国側の主張を逐一論破していくことは大事ですね。それと同時に世界に対しても情報を発信し、真実を共有していくことが大事だと思います。
    世界に発信についてですが、経産省がしっかりと仕事をしてくれているようです。
    バンコクジジイさんのブログで取り上げられていました。

    https://ameblo.jp/bangkokoyaji/entry-12495792830.html

    外務省や他の省庁においても、同様の取り組みをお願いしたいものです。

    1. 匿名 より:

      いつも楽しく拝見してます。
      世耕大臣のさすがですね。どんどん英語で世界に発信してもらいたいです。この積み重ねが今まで日本がサボっていたことだと思います

  9. 直木公由 より:

    失礼します。
    私は河野大臣の次の発言を重視するとともに、支持したいと思います。
    「韓国がしているのは第2次世界大戦後の国際秩序を根底から覆すこと」
    韓国がしている事は、戦後の日韓関係を破壊に繋がっていく事は当然、国際秩序を破壊への挑戦にあると。
    即ち、国際社会は協力して韓国の行動を正すべきであると。
    国連制裁を視野にいれているのではないでしょうか?
    既に韓国は、WW2後に竹島に進軍し、国境線を不当に動かしている。その国と友好関係を維持していた事が不思議で不自然な関係だったと思います。
    そのような異常な関係は平成まで。令和元年からは新しい日韓関係を望みます。
    基本的な価値を共有していない国同士の違和感が無い関係である事を切に願います。

  10. 老害 より:

    >無法国家には紳士的・平和的に、そして毅然として対処せよ

    記事の内容にではありませんが、タイトルの「紳士的」には少々引っ掛かりを感じます。

    相手は、詐欺師や異常者にも匹敵する連中です。価値観が共有できないことが明白なわけです。
    「紳士的でない=暴力」ではありませんので、日本人同士では選択しないような奇手でも、日本政府には、必要なら躊躇しないでやって欲しいと考えております。

    1. りょうちん より:

      >記事の内容にではありませんが、タイトルの「紳士的」には少々引っ掛かりを感じます。

      この文脈の紳士は「紳士の社交場」的な紳士でしょうね。

      オタク的な表現で言えば

      「君がッ 泣くまで 殴るのをやめないッ!」

      という「紳士的」なキレ方も似ています。

      1. 老害 より:

        りょうちん さま

        コメントありがとうございます。

        >この文脈の紳士は「紳士の社交場」的な紳士でしょうね。

        半島が相手なら、交渉人は紳士の皮を被ったヤクザでも良いと考えております。 相手に合わせて中身も変えたいところです。

  11. 新大久保彦左衛門 より:

    韓国が始末が悪い国家・民族であると言う理由は、劣化版の朱子学(「上⇔下」の関係が何故か「正義⇔悪」と直結していると共に、「上」は「下」に何をしても正当化出来る、「下」は「上」に逆らってはいけない、等々)と小中華思想(韓国はこの宇宙で二番目に偉いから中国以外には何をしても正当化出来る)と結び付き、さらに「捏造された歴史による被害者としての洗脳が教育機関で現在も継続して行われている国」だからだと思います。

    小生は個人的には「韓国の捏造歴史に基づいた洗脳教育が終わって最低80年程経たないと、日韓関係が正常な国と国との関係にはなれないと思います。

    日本が一体となって韓国の捏造歴史教育を公開の場で世界に通用するルールによってファクトチェックしない限りはね。

    1. だんな より:

      韓国教科書のファクトチェックは、興味があります。
      日本が、一体になっては、難しいと思います。
      マスコミでは、在日や帰化人が専門家として、親日の振りをしてコメントに嘘をまぶしています。
      日本政府の反論の限界も、日韓協定に有ると思ってますので、それがなくなれば、戦後の引き上げ、竹島強奪、慰安婦が売春婦で、徴用工は募集工など、真実をもっと声に出せるようになると期待してます。

    2. 阿野煮鱒 より:

      他国の教科書に口を出すのは内政干渉ですからやめた方がいいですね。

      日本はマスゴミの陰謀に負けて、1982年に「近隣諸国条項」という片務的な規定を国内に設けました。これに相当する条項を中国にも韓国にも求めなかったヘタレな国でした。

      このように、一つの国が他国に一方的に譲歩するだけの、相互主義に反して互恵関係を放り捨てる自縄自縛は、自国が損するだけでですから他国はとやかく言いません。

      こんな変態的な条項は日本以外のいかなる国も作らないでしょう。ましてやプライド()が異様に高い韓国が日本に一方的に情報することなどあり得ません。

      余所の国に口を出す前に、まずは自分の国のおかしな所から正していきたい、正していただきたいと思います。

    3. つくし より:

      お考え同意至極。
      他国の教育に口出ししたいところですが、それは出来ません。
      私が思うに、日本朝鮮のファクトな歴史、韓国となってからのファクトな日本の援助を資料を基に外務省が事細かく発信することから始まると考えております。当然英文で。
      化の国は大発狂するでしょうが、粛々と経済制裁と同時進行で行うことにより、国際社会は当然の事、化の国も変化が起きるでしょう。
      どう変化が起きるのかは、化の国の国民が決める事です。
      過去のような日本政府の対応を完全に改め、粛々と国際法にのっとり日本の意見を発信して頂きたいと願っております。

  12. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    私はどちらかと言えばあまり急がない方がいいと思っています。
    既にわかっている人は迂遠だと言うかもしれませんが、多くの人を納得させながら段階を踏んでいかないと、当然のことながら民主主義では足元をすくわれます。
    恐らくまだ多くの人が韓国が何故あのような態度をとるのか理解できない、とは思っていても、破滅するまで追い詰めるのはやり過ぎだ、と考えるのではないでしょうか。
    相手が凶悪犯罪者でもない限り、普通の日本人の感覚ではそうですからね。
    実際には崖っぷりに立って「ちょっとでも足元が崩れたら落ちるぞ!いいのか!」と言っているのを見ているだけか、強いて言えばちょっと振動を加えるだけなんですけども。
    しかも放っておいても本人が転がり落ちる気満々という。
    助かりたいなら崖から離れろ、それじゃ落ちても仕方ないだろ、と大多数が思えばいいんですが。
    (私の心象風景なので、その例えは間違っていると思ってもご容赦ください)
    ネットを見ない層にも理解を広げる時間と努力は必要かと思います。
    もう一つ気になっているのは、この先もマスコミは報道の偏りを放置するのか否かです。
    マスコミが偏ったままだと理解を広げるのが厳しいので、可能ならいくらか偏りをマシにしてネットとは異なる価値を認められた方が助かるんですが。

    1. 隠居爺 より:

      ピークを過ぎたソフトエンジニア さま

      >多くの人を納得させながら段階を踏んでいかないと、
      >当然のことながら民主主義では足元をすくわれます。
      >恐らくまだ多くの人が韓国が何故あのような態度を
      >とるのか理解できない、とは思っていても、破滅す
      >るまで追い詰めるのはやり過ぎだ、と考えるのではないでしょうか。

      おっしゃっていることはよく分かります。
      しかし、すでに圧倒的に多数の日本人は韓国に対して批判的で、制裁を課すことが望ましいと考えているはずです。

      問題は、日本にいる一部のコアな韓国ファン、タニマチ、韓国応援団といった存在です。それは政治家にも、政府にも、外務省にも、財界にも紛れ込んでいます。そういう勢力に負けない力を身につける、そういう勢力に妨害させないという体制が必要なのだと思います。

      そのような勢力は徐々に弱体化しているように思えますが、まだ死に絶えてはいません。今後もしぶとく抵抗を続けるでしょう。

      1. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

        コメントありがとうございます。
        利権絡みは頭に来ますけど言っても時間の無駄なのでひたすら弱体化を祈ります。
        本サイトに来ている方々は習慣的にネットで情報収集して真偽を判断していると思います。
        心配しているのは、普通に判断力はあるのに新聞やテレビからしか情報を得てない層です。
        実際に身近にいますが、テレビでニュースを見ながら横で解説しても、同じ見解に至るまでには時間差があります。何を信用していいかわからないと言っています。
        そんな時、一つ一つ政府の公式見解として発表してもらえると、正しいものとして説明がし易くなります。
        しかし、確かに最近は(経緯の詳細は知らなくても)韓国に批判的な人が増えたな、と思います。

  13. 昼 行燈 より:

    新宿会計士様
    いつも楽しく購読させて頂いております。

    さて、今回の会計士様の次のコメントが気になりました。

    >韓国に日本の友好国として戻って来てもらいたいのならば、韓国の頬を叩いて目を醒まさせるために、経済制裁を加える、というのは1つの有益な方法です。また、このような経済制裁には、文在寅(ぶん・ざいいん)政権の退場と親日派政権の誕生を促すという意味もあります。

    この半世紀の間、韓国との関係において、日本人はいつも相手の国内事情を考慮して、紳士的な対応をとろうとするあまり、日本を出し抜いて自分が優位に立とうとする、韓国人の下心を見抜けずに、恩を仇で返され、沸湯を飲まされ、かつ恥をかかされて来ました。

    自分達の立場が悪くなると、その責任を日本人になすりつけ、あるいは、他国に日本の悪口を言い触らす。
    そういう素性の国民の集合体である韓国が、いくら表向きは友好を装って、ニコニコ顔で近付いて来ても、油断してドアを開けた途端に、また同じ行動を繰り返す事は、これまでに何度も経験しているではありませんか。

    ですから、今回の輸出管理に関する事案が一段落した後は、単なる隣国としてのお付き合いに切り替える事が必要です。これは、韓国の大統領が親日だろうが反日だろうが、そのような”単純な”基準で対応を変えることでは無いのです。何しろ、相手は韓国人ですから。

    敵対行為はしないが、取り立てて友好的な扱いをせず、他の、特に友好国と認定している国々以外の、大多数の普通の交易国と同じ態度で、淡々と相手をして上げるだけで十分でしょう。なまじ、少しでも友好的な態度を示すと、相手に勘違いさせてしまうので、十分な注意が必要です。

    もし、相手から不利益を被ることがあれば、すぐに大声で反論する。それが「A君」に求められる態度だと思います。相手がどのように感じようが、知った事ではありません。日本人が苦手とするところですが…。
    海外では、不利益を受けたのに、すぐにその場で反論しないでいると、それは黙認したものと見做されます。

    今さら、韓国が単に隣に存在しているから、という理由だけで「友好国」だなんて、噴飯物です。隣接する国同士が友好国とは限らない事例は、世界中で枚挙に暇がありません。

    会計士様は、心の奥底のどこかで、まだ甘いお考えをお持ちのようです。

    心に迷いが生じたら、次の避韓三原則を思い出しましょう。

    教えない
    助けない
    関わらない

  14. カズ より:

    国際社会では「沈黙は肯定」と見なされる。
    だから面倒なようでも、逐一の反論と原理原則に基づいた主張が大切。

    解らない人達には解るまで説明するしかない。
    その繰り返しが国際社会での、日本国内での、そして自身への理解へと繋がっていく。

    やがて彼らの事実無根の主張は信頼の失墜を招くことになる。
    そして日本に対する不法行為は、新たな対処への大義名分を与えてくれる。

    韓国は賽を投げた。日本は匙を投げた。
    もう救えないし救う必要も無くなった。

    *****

    これからの日韓関係は、原理原則に基づいたお付き合い。法治の定めの下、粛々と対峙すればいい。

    *感情的になってしまっては、大国のイジメだと認識され兼ねないですからね。
    *だからこそ法治国家としての矜持が肝要かと思います。〔判官贔屓はバカにできない。〕

  15. しげ より:

     更新ご苦労様です。
     明日の選挙以降、具体的な制裁が発動されると思います。次は、カネですかねえw相手は、うそを嘘で積み上げ、それを既成事実化する天才です。反撃されないと思ってて、油断して、おろおろしてる間に、次の1手、2手と繰り出すこと、攻撃は最大の防御とすることが肝要だと思います。
     今までも、堂々と反日教育やっていて、都合が悪くなると未来志向って、ふつうあり得ない、ま、それが韓国という政府であり、国民ですw

  16. ヒカゲ より:

    会計士さんも少し勘違いされてませんか?
    日本のICJ提訴後に韓国の日韓請求権協定違反つまり国際法違反が国際的に確定する訳ですが、日本政府が法に則ってフェーズを進めながら対応してきたのには目的があります。日本国民の生命と財産を守るのが目的ですね。
    ICJ提訴後に解決しない、つまり対話で解決しないとなると、日本政府は国民の生命と財産を守る為に、国民に対して対抗措置を講じる義務を負うんです。
    となると、経済制裁や金融制裁はサイレントである必要はありません。法に則って対話してきたが決裂、政府は国民の生命と財産を守る義務があるんですから。
    要はICJ提訴後の対抗措置はサイレントではなく、正面切った経済制裁と金融制裁になります。

    1. 匿名 より:

      Q:ICJ提訴後に違反が確定する   A:× 既に違反している
      Q:制裁はサイレントの必要はない A:× 火病するのでサイレントが望ましい
      Q:正面切った制裁になる     A:× 犯罪国家なので墓穴に落とせば足りる 

  17. 匿名 より:

    日韓双方とも求めるなら仲介も 韓国大統領が要請 トランプ氏は及び腰(産経)
    https://www.sankei.com/smp/world/news/190720/wor1907200007-s1.html

  18. 名無Uさん より:

    日本の輸出管理強化に関して、世界のメディアの扱いはとても小さなものです。
    各通信社の記事は、いまだに自称徴用工問題に関連した日本の措置であるとの認識で、日本政府の表明すらまともに扱ってはいません。

    米中貿易戦争が本戦であるなら、こちらは局地戦の扱いでしょうか?
    韓国は大騒ぎ、日本の嫌韓サイトも大騒ぎではありますが、身も蓋もない言い方をするなら、世界の関心外であります。(笑)

    要するに、インパクトがない。世界の目が向かない隙に乗じて、日本も韓国も、好き勝手に出来る状況と言えるかも知れません。日本が少々の対抗措置を実施しても、まあ、大丈夫な状況だと思います。
    それに加えて何か、『インパクト』が欲しいと思っているのです。
    こう、韓国に有無も言わせない『不適切な事案』とか…

    1. りょうちん より:

      >米中貿易戦争が本戦であるなら、こちらは局地戦の扱いでしょうか?

      西部戦線で一兵士が蝶に手を伸ばして狙撃されて死ぬくらいの出来事でしょうねえ。

      1. 引きこもり中年 より:

         欧米メディアにとっては、「日韓関係、異常なし」ということですね。

  19. りょう より:

    ソフトバンクのなんという名前の男だったか
    のアイデアで作ったCM>

    白い犬の一家の日常。父親が犬、名前が白戸次郎。
    妻は正子。子供は黒人。差別された恨みが募って
    自分の会社のCMにした。

    戦前、戦中、戦後に日本のために、死力を尽くした
    白洲次郎と妻の白洲正子。敗戦後朝鮮人が日本各地で
    暴れまわったことで、白洲は日本にいる朝鮮人を半島へ
    追放すべきと吉田茂に進言した。実現はしなかったものの
    その恨みをCMにした。韓国では犬は食用であって、水に
    溺れていれば叩き殺すものでしかない。

    その犬に貶めている。 ソフトバンクは日本に税金を
    払うこともさらさらないようだ。

    1. カニ太郎 より:

      その話、面白いですね。
      孫さんはソフトバンクの10兆円ファンドで、日本の企業に1円も出資してないそうです。
      日本にはAI関連のスタートアップ企業がないからだそうです。
      なんか、ふざけてますよね。

  20. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    A君とB君の話。会計士さんは『普段温厚なA君がいきなり切れて、殴りかかるのは良くなかった。まず上司に相談すべきだった』との意見ですが、私はそれも当然だが、自分の経験から言ってそれだけでは足りないと思います。

    こういう『どこまでが社会人として許されるルールか』がわからない未開人は、どこにでも居ます。小学生は小学生なりに、大学生は大学生なりに、社会人は社会人なりに。高齢者もそうです(もはや矯正不可能)。

    ではA君はどうすれば良かったか。私は上司に相談し、更に関係部署の「この人」と思う先輩、同僚、後輩らにも困っている事は、ある程度話しておいた方が良いと思う。

    直属上司だって人間、A君の事ばかりにかまっている時間はありません。大概は「聞いたよ」程度。深入りしたくないしね。

    「おしゃべり」と思われようが、仲間には自分の本意を告げておく必要があったのではないか。これだけ苦しんでるんだ、B君には困ってる、というメッセージは出す方が良い。

    そうすれば聞いて貰えるだけでも気持ちがスッキリする。相手は「ああ、悩んでたんだ」と心に刻む。またキレる直前の我慢限界値が延びるかも知れない(我慢する為の処方ではありませんが)。

    披露宴や飲み会で「タコ」(?)にされたら嫌ですよ。実際の行動としては、2〜3回目ぐらいでたしなめとく。その時は場を白けさせないようにという配慮をしがちですが、皆の前で言った方が分かりやすい。

    その時の為に「何人かは理由を聞いて貰った人」なら大丈夫です。全員に加勢して貰う必要は無い。困り事悩み事は第3者の目に入れておく。絶対に1対1は言った言わないになります。

    「そんな時に言ったら他の人に迷惑が、、」と思ってはいけない。「こらッオマエ誰に向かって言うとるんやッ!しばくどッ!」ぐらいのジャブで良いでしょう。これを少し微笑を持って言えたら上等です(笑)。更に挑発するなら、録音です。

    これを人事担当者、上司、ハラスメント担当者、或いは担当部長に直訴して判定が下れば、間違いなく「急な人事異動」が発令されるのが普通の企業です。河野外務大臣の韓国大使の失礼な言い草に対する発言は、その意味でも素晴らしい対応でした。

    1. 隠居爺 より:

      めがねのおやじ さま

      そうですね。日本は今の2倍も3倍も、10倍も自国のプロパガンダを行うべきですね。数多くの韓国の嘘を暴くような広報活動が必要かと思います。材料は腐るほどありますから。そもそも日本と韓国は戦ったことがないとか、武力で植民地にしたのではないとか、第二次世界大戦では朝鮮人も日本人とともに連合国と戦ったなどから始まって、最近の慰安婦やレーダー照射、徴用工問題に至るまで、世界各国の大使が説明用のパンフレットと根拠資料を携えて、それぞれの国に直接説明に出向くべきです。

      その上で、切れるのではなく、相応の報復を冷静に行うということが必要でしょう。日本はこれまで韓国が不法行為を行っても報復をしたことがなく、完全に舐められています。きちんと罰を与えれば韓国も少しは認識を改めるでしょう。そうやって、信賞必罰、是々非々の対応をすることが、日韓関係を正常な方向に向けていくものと思います。というか、方法はそれしかないでしょう。

      1. めがねのおやじ より:

        隠居爺 様

        おっしゃる通りです。日本は自己批判か自己責任か自己嫌悪からか、隣国を甘やかし過ぎました。もっともっと前に躾けしとくべきでしたが、親韓人や本籍半島の民族が日本で、のさばってましたし、米国も「朝鮮の面倒を見よ」ぐらいでしたので、今に至っております。

        でも丁度良い機会、二度と無いかも知れないこの時に距離をとって、関知しない方向に向かうのが良いかと思います。

  21. ブリジット より:

    外務省から韓国への渡航情報が出ています。
    先日の大使館テロによるスポット情報です。
    https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_003.html#ad-image-0

  22. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     (日韓関係が変わる)時代の変わり目なら、その変化に対応できないで
    滅ぶ日本企業も、出てくると思います。そうなれば、自社が損害を出すこ
    と恐れて、「一社の犠牲者も出すな」と言い出すところも出てくるでしょ
    う。(つまり、自分だけが貧乏籤を引くことが、我慢できないということ
    です)
     どうやら、環境の変化に対応できる企業だけが、生き残ることができる
    時代になるようです。

     駄文にて失礼しました。

    1. 阿野煮鱒 より:

      まあ、みずほ銀行とか東レとかは逃げ遅れる可能性が大きいですね。アイリスオーヤマはこれから韓国で頑張るそうですので、お疲れ様としか。

      そもそもが経団連全体が平和ボケしていますので、対応準備万端の企業がどれだけあることやら。これで経済界の新旧交代が加速するなら少々の痛手も必要経費ですが、ただ日経平均がダラダラ下がるだけで何らの改善も起こらない可能性もあります。

      忙しい経営者に的確な情報を入力する情報室のような存在が各企業にあればいいし、せめて外注できればいいのですが、朝日新聞と日経新聞の切り抜きみたいな情報しか出てこない悪寒。

      1. poponta より:

        アイリスオーヤマさんは日本の企業ですがロッテと同じで中身はバリバリの半島企業です。自分はちょっとついて行けません(笑)凄いですよ。かの政権にはそつなく取り入っています、その辺はロッテよりうまいかもしれません。

      2. 引きこもり中年 より:

         阿野煮鱒様へ
        >忙しい経営者に的確な情報を入力する情報室のような存在が各企業にあればいいし、せめて外注できればいいのですが、

         案外、このサイトを利用していたりして

         駄文にて失礼しました。

  23. 陰謀論者 より:

    二者間の「紛争状態」であるなら今回の日韓問題においてすでに日本に負けはないでしょう。韓国がブチ切れて日本に断交ないし、在韓の日本資産の凍結や没収などの暴挙を行ったとしても、対抗処置としてより大きな制裁根拠を得られるだけですし、韓国を「テロ支援国への支援疑惑国家」というめんどくさい状態から正式に「テロ国」へと格上げすることができるでしょう。
     負けはなくとも引き分けはありえます。最後のトドメをためらうため情けをかけて引き分けにしてしまう、あるいは無理やり引き分けに持ち込まれてしまうパターンです。
     日本人は引き分けというのは痛み分け、五分五分と勝手に思い込んでいますが、韓国の引き分けは「自分の言い分が一厘でも通れば相手を折れさせたということで勝ちに等しい引き分け」になってしまうということを忘れてはいけません。
     今後注意すべきは第三国の介入でしょう。自分の力が及ばない時は必ず周辺国に泣きつく国ですから。このとき韓国を助ける国は、理屈や正義ではなく見返りや利害だけで助けるので逆に厄介な相手になります。特に有効な手持ちカードが少ない中露にとっては、韓国は使い捨てにしても構わないインスタントカードになりそうなので注意スべきです。
     有効なのは韓国内部を切り崩したり内紛をさせる手なのですが、国内の報道機関でさえ誤報や逆工作を受けてる状態では期待薄でしょうか。
     私の今後の最悪の想定は、朝鮮半島が北主導で統一され、それを米軍が防衛し、日本がいろいろ協力を強制されるという目眩がする未来です。これは日本にとっては現状より明らかに悪化だと思うので、ブンブンには今の無能のまま頑張って欲しいなあ。

  24. 名無し親父 より:

    しかしながら、Yahooのあなたにお勧め記事ですが、韓国&朝日などあちら側のニュースばかりが更新されますね。。。

    あっ!そういえばYahooの親分、ソフトバンクでしたっけ!?

    1. きゃん より:

      「日韓対立で仲裁の用意、トランプ氏が表明(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000000-jij_afp-int)」これなんかもだいぶ歪曲されているように感じました。

  25. 新人 より:

    報復関税をかけるなら第一弾はキムチと海苔にして欲しいです。経済的影響は皆無に近く、隣国の自尊心を傷つけ、さらに国民の安全も守れる一石三鳥です。

    1. りょうちん より:

      キムチの国内生産量はこちらにエクセルの表があります。

      http://www.fmric.or.jp/stat/nenpou/30doutaisyokuhinseizougyoutoukeihyou.xlsx
      食品製造統計表(XLSX:543KB)

      簡易グラフがこちら
      https://www.sankei.com/west/photos/170323/wst1703230003-p1.html

      韓国のキムチの対日輸出は統計データを見つけられませんでしたが
      https://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150518/frn1505181535007-n1.htm
      聯合ニュースなどが報じた。韓国関税庁輸出入貿易統計によると、昨年の韓国のキムチ輸入量は21万2938トンだったのに対し、輸出は2万4742トンと約10分の1。金額ベースでみても輸入の1億439万ドル(約125億円)に対し、輸出は8403万ドル(約100億円)にとどまった。
       韓国が輸入するキムチのほとんどが中国産。韓国産の半額から3分の1の低価格を武器にシェアを伸ばす。しかし、韓国から中国への輸出は炒めて殺菌されたキムチしか認められておらず、量もごくわずかだという。
       一方、輸出の7割近くを占める日本向けは、円高だった2011年をピークに減少を続け、昨年の輸出額は11年より35%も減ったという。
      —————————————
      対日キムチ禁輸ってほとんど意味ないんではないかと。自分らで作れるし。
      うちの妻も国産キムチしか買いません。

      1. 新人 より:

        りょうちん様
        コメントありがとうございます。
        おっしゃる通り、経済的には意味がありません。
        一方で、これらは隣国の代表的な食品です。日本の怒りを表す象徴的な物として最適だと思います。

  26. 匿名 より:

    文ちゃん 告げ口外交でアメリカに仲介お願いしてるけど アメリカに貸しを作っても構わない感じ
    米韓関係解消は考えていないのかも

  27. 匿名 より:

    まずホワイト国で韓国を解除し あとは韓国を様子見
    日本に報復してきたら 待ってましたとばかりに買返しをすればいいだけ

  28. カニ太郎 より:

    新宿会計士様の前の職場でのA君、B君、の話、面白かったです。

    ただ、喧嘩したあと、B君がやめるまでの間、何があったか、気になったので、

    余計なことですが、不肖カニ太郎が、続きを書いてみたいと思います。

    《続き》

    翌日、会社で話を聞いたF課長はビックリした。
    まさか、あのA君が、いくら酒の席だとはいえ、同僚のB君を殴るなんて、信じられなかった。

    普通、サラリーマンなら、暴力は絶対御法度である。
    ましてや、先に手を上げるなど、もってのほかだ。

    聞くところによると、原因は、B君がA君の妻の前で、ありもしないA君の社内での浮気話を、次から次にでっち上げたからだという。

    あれではA君が怒るのも無理はないと、社内の空気は全般的にA君に同情的だった。

    しかし、F課長は疑問を持った。
    いくら普段から、お互い反りが合わないとはいえ、そんな嘘の浮気話ぐらいで、普段温厚で冷静なA君がB君を殴るだろうか・・・?

    A君は取引先の評判も上々で、社会常識もよくわきまえてる。
    もしこれが警察沙汰にでもなったら、処分されるのはA君の方だということぐらい、当然わかっているはずだ、下手したらクビになる行為だ。

    あの頭のいいA君に、そんな計算が出来ないはずがない。
    何故、A君はそれほど激怒したのだろうか・・・?

    そこで、F課長は、その時、現場に居合わせた数人から、詳しく事情を聞くことにした。

    すると、A君が怒りだしたのは、B君がA君とEさんの浮気話を始めた時だとわかった。

    Cさん、Dさん、との浮気話をでっち上げられてる最中、A君はB君を無視して相手にしてなかったというのだ。

    そこでF課長はEさんに、絶対に口外しないという条件で、A君との不倫の事実を聞いてみることにした。

    Eさんは既婚者だということもあり、当然、最初は強く否定していた。
    しかし、このままではB君は会社にいられなくなるという話をしたら、徐々に軟化しだした。

    絶対に秘密だという条件で、Eさんは、A君との不倫の事実を認めた。

    そして、驚くべき事に、Eさんは、独身の時代、B君と少し付き合ってた事も教えてくれた。
    結局、EさんはB君を振って別の男性と結婚したのだが、その時、B君は潔く身を引いてくれたそうだ。

    最近、魔が差して、EさんはA君と浮気してしまったのだが、B君はそれに気づいたのだろう。

    Eさんが言うには、きっと自分がA君と不倫した事が面白くなかったから、つい酔った勢いでA君の妻の前でA君の不倫を口に出したのだろう、とのことだった。

    F課長はその時のA君の事を思った。
    A君はビックリしただろう(笑)
    なにせ突然、不倫の事実を妻の前で喋られたのだから。
    だからA君は、思わずB君を殴ってしまったのだろう、よっぽど気が動転したのだ。

    真実を知ったF課長は、自分に人を見る目が無かったことを、つくづく思い知った。

    Eさんは、A君との不倫をすぐに後悔したのだが、A君は見かけによらず、しつこい男で、別れるのが大変だったという。

    それに比べB君は、別れ際、恨み言など一切言わず、潔く身を引いてくれ、結婚を祝福してくれたそうだ。

    Eさんは最後に、こうF課長に言った。
    「B君は不器用で、誤解されやすいんです」と。

    《終わり》

  29. 新人 より:

    過去に似たようなことがあったようなと思ってましたが、、、
    アジ歴 レファレンスコード B03050311300

    15ページから約束破りした高宗に井上馨全権公使がキレたシーン。以下は22ページ中央辺りの記述。

    本使カ胸襟ヲ開ヒテ貴国ノ内政ヲ談スルニモ拘ハラズ動モスレバ国辱ナドト云フ狭隘ナル考ヨリ事実ヲ覆ハントシ或ハ弁疏ヲ試ミルカ如キ傾アリテ一モ事実ヲ本使ニ明サズ

    無法国家ではなく、無責任国家の方がしっくりきます。

  30. 千葉の飲んだくれ より:

    鈴置さんから、待望の記事が配信されました。
    その洞察力と分析力の高さ、圧巻です。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190716-00571861-shincho-kr&p=4

  31. 匿名希望 より:

    いつもありがとうございます。
    ここ一月ほど拝見し、ずいぶん目が開かれありがたく思っています。
    南鮮が嘘をつき、金と謝罪を要求し、アメリカに強要された日本はそうせざるを得なかったのは薄々わかっていたのですが、ここまでとは思っていませんでした。
    日本国内での報道が相変わらずひどいものです。国会議員にも手先がいる、マスコミも同様というのもそうでしょうが、いくら金と女が得意の南鮮でも、ここまでになるものなのでしょうか。またマスコミに入りこまれているというだけでは説明しきれないように思います。明らかに国益に反した行為です。すべてのマスコミが共産党のように日本を潰すのが目的とも思えません。なぜ南鮮に一方的に肩入れするのか。今回の件は、報復ではなく、不適切な行為があり、その説明がなされなくてはならない。と言うことすらまともに報道されていないと感じます。
    是非ご教示ください。
    この件で日韓議連が無言なのは大笑いです。アメリカ様は怖いですね。

    1. 田舎人 より:

      新宿会計士様が解説してくださったこのサイト(実はサイトとブログの違いが未だにわかってません)、時事問題等について様々な角度からの分析や問題提起等がなされ、それに対して多くの方々が自由に意見を述べ、真摯に議論できる、大変貴重な場となっています。
      私なども、ここでの皆様のご意見を拝聴することが勉強になっています、ときおり興奮して過激な書き込みもさせていただいておりますが。
      (笑い(^_^)とお詫びm(_ _)m)

  32. 自転車の修理ばかりしている より:

    一般的な日本人が他国間の紛争、たとえばイスラエルとパレスチナの対立やスンニ派とシーア派の争いにほぼ興味がないことと同じように、大多数の国は日韓の軋轢に無知であり関知する意思もないでしょう。米が日米韓三角同盟の一角として、かろうじて関わり合いを深くしている程度だと悲観的に思っています。我々にとっては日韓摩擦はトピックスですが、世界にとっては大した問題ではないのです、それが二国間問題にとどまっている限りは。

    今回の日韓条約無視は、その世界の目を覚まさせる好機だととらえています。単なる日韓間の約束違反に問題を収束させず、これはサンフランシスコ条約で規定された戦後レジームを覆そうとする試みである、現在の国際秩序を破壊する動きである、と話を大きくしていくべきです。それでやっと、世界の視線が極東に向くのではないでしょうか。現在のエスタブリッシュメントたる連合国+枢軸国が当事者意識をもってことに当たってくれるのではないでしょうか。

    そしてその場合、当時国がほとんどみな脛に傷持つ身である以上、過去をほじくり返しパンドラの箱を開けようとする韓国の肩を持つのは、中露でも躊躇われるのではないかと期待しています。少なくとも日本の負けはありません。

    こここそ外務省の出番です。弱腰の汚名を返上するチャンスですよ!

    1. 隠居爺 より:

      自転車の修理ばかりしている さま

      >戦後レジームを覆そうとする試みである

      歴史的経緯に全然詳しくない私が言うのもなんですが、ウィキペディア(Wikipedia)を見ますと、「安倍は2006年7月21日発行の自著『美しい国へ』で、戦後レジームとは何か、そこから脱却するにはどうするか、について自身の理念を包括的に述べた」などという記載がありまして、憲法改正というのも戦後レジームを覆す試みのようですので、ちょっと誤解を招く書き方のような気がします。

      私の理解が間違っていましたら、お許しください。

      1. 自転車の修理ばかりしている より:

        隠居爺

        確かにおっしゃる通り、安倍首相も戦後レジームを是としているわけではないですね。言葉が足らず申し訳ありません。

        安倍首相の発言は戦後秩序によるこの70年余を否定するものではなく、現状に合わなくなってきているレジームを改訂し創造的に発展させる意味で「脱却」という言葉をお使いになっている、というのが私の理解です。それに対し韓国の今回の暴挙は、その秩序を元から破壊する、同じ70年余を否定するものだ、ということが申し上げたかったポイントです。日韓条約を無視する韓国は、サンフランシスコ条約やパリ条約も反故にして構わないというという主張をしているも同然だと、外務省は広報すればよいのだと思います。

        キューバ危機もベルリンの壁崩壊もソ連の崩壊も、いままで各国が必死に保とうとしてきた国際秩序を全部「いまのナシ」で放棄して、自国に都合の良いところからやり直す。それが通る世界にしたいのですか?
        安保理でそう訴えればよいのです。

    2. 阿野煮鱒 より:

      全面的に賛同親します。 しかし…

      > 弱腰の汚名を返上するチャンスですよ!

      汚名を挽回しそうで怖いです。

  33. 冷静な自爆スイッチ より:

    日本人も、冷静にスイッチに指を置いておきましょう。
    ある意味米国に対しても。
    現在は、圧力はかかっていませんが、選挙によりいつ黒幕が変わるかも。

    送金停止などのスイッチを押すかも…、と
    金融制裁で相当な返り血を浴びるでしょうが(W)。

    キレると最後、日本人は、腹を切る
    手首を切るのと訳が違う

  34. 匿名 より:

    トランプさん日韓の仲裁するのかな?それにしてもねえ。(思うに、以下)

    日本人のマナーに世界が賞賛・・。その日本人の行為に世界が賞賛の嵐・・とか・・。まあ別にいいけどね。しかし日本人ってイイ子になって褒められるのが好きだよね。特に欧米白人に。それと国際法とか大好き。

    戦争でも日本人は、撃沈して溺れるイギリス水兵を命がけで全員救出したり、仲間の救出に来たアメリカ兵を撃たなかったり。今、日本人はそんな自分たちを誇りに思う。日本人の高い人道性に賞賛の嵐・・てか?アホウ。まじめに戦争やってたのか?こんな甘っちょろいことやってたから、ま・け・た・ん・だ・よ。

    いいか。韓国ごとき相手に何もたもたやってんだよ。国際法だあ?第三者に審判を委ねるだあ?まあ、おれが白人の裁判官なら、両方悪い・・。もしくは、白人の前で優等生ぶってる日本を少し苛めてやろうか・・韓国が過去に受けた非人道的被害を考えると日本にも責任がある。請求権が消滅したとは考え難い・・。日本よ。文句あるのか?おまえら色々悪いことやってたんだろ。だから慰安婦だって認めて10億円払ったんだろう?

    まあ、こんなのがオチだろうよ。そもそも、欧米人なんか、根っこは日本人が嫌いなんだよ。イギリス、オランダなんか日本のせいで植民地からの上りが無くなったんだしな。

    何が国際法だ。いいですか。大きな案件になったら国際法なんて、き・の・う・し・な・い・の~~~~。

    まあ、国際法なんて軍事大国が、自分の正当性をもっともらしく言い訳する道具。それも捻じ曲げて。

    どっちが正しい・・じゃないの。味方になるなら、か・ね・を・く・れ・・なの。

    以上、アメリカご主人様の許可を得なければ、韓国ごときにも勝てない日本。自衛隊なんて持つのやめたら
    ?安倍君、根性の見せどころだぞ。アメリカに日本取るのか韓国取るのかどっちだ!くらいいってやれよ。

  35. 名無Uさん より:

    匿名様へ

    面白そうな方だ…
    そういえば、どこぞの国がパク・クネと同じように、『日本は千年来の敵』だなんて言っていたなぁ~…
    その内容を日本に詳しく説明してくれるわけかな?(笑)

    ≫日本人のマナーに世界が賞賛・・。

    日本人のどれだけの人々が日本持ち上げサイトに共感しているのかは知らないが、少なくとも自分はそんなモルヒネサイトに引っ掛かりはしない。
    あれは日本への移民を促す、侵略サイトでもある。その移民があなた方が持っていた特権を奪い、あなた方の声を奪うようになるだろう。あなた方の地位にとって変わる存在でもある。そこは匿名様も理解しているようですね。

    ≫日本人の高い人道性に賞賛の嵐・・てか?アホウ。まじめに戦争やってたのか?こんな甘っちょろいことやってたから、ま・け・た・ん・だ・よ。

    敵国人を慰撫するための、日本の古来からの戦争の作法でもある。その作法には甘いも辛いもない。日本の流儀に従い、その結果に勝負は関係しない。
    日本の敗戦の最大の原因は、アメリカ、イギリス、中華民国、オランダなどを、同時に敵に回して戦ったことにある。いわば、全世界と正面衝突して戦う態勢に追いこまれた。
    日本の流儀を守っていても、清帝国やロシアなどの大国に勝ち、世界の大半を植民地帝国にしていたイギリスに対してもシンガポールを下し、セイロン沖海戦で海軍戦力に大きな打撃を与えている。
    まあ、現在は憲法9条の改正にもモタモタしているくらいだから、昔の話しなど頼りにはならないが…

    ≫いいか。韓国ごとき相手に何もたもたやってんだよ。国際法だあ?第三者に審判を委ねるだあ?まあ、おれが白人の裁判官なら、両方悪い・・。もしくは、白人の前で優等生ぶってる日本を少し苛めてやろうか・・。

    早いこと、日韓関係を日本側からぶった切って欲しいわけだね。そうしないと、祖国の統一は遅々として進まない。それどころか、韓国政府の心が折れて、日米におもねるようになると困るわけだろう。

    ≫何が国際法だ。いいですか。大きな案件になったら国際法なんて、き・の・う・し・な・い・の~~~~。

    『国際法』を前面に持ち出すのは、それは日本がファイブアイズの一角に加わった証でもある。戦争のような大きな案件では、国際法を盾にして敗戦国を無慈悲に裁くことも可能になる。

    ≫まあ、国際法なんて軍事大国が、自分の正当性をもっともらしく言い訳する道具。それも捻じ曲げて。

    その通りであります。

    ≫アメリカに日本取るのか韓国取るのかどっちだ!くらいいってやれよ。

    まあ、そう焦るな。『焦る乞食はもらいが少ない』と言うではないか?
    日本やアメリカのペースというものがある。じっくりと腰をすえて見ていようではないか?

  36. 同業者 より:

    今回の措置は、メッセージが伝われば十分です。
    「もうあなたたちとの友好は諦めました。」
    「あなたたちが困るようなことがあっても、もう決して配慮いたしません。」と

    韓国がウラン濃縮、北朝鮮に朝貢なんてこともありえる事態ですので、必要量を超えて輸出するわけにはいきません。
    韓国は、日本の主権者ではありませんからね。
    抗議すること自体がナンセンスです。

  37. ひま人 より:

    BBCの好ましい影響ランキングは戦後日本が憲法9条を掲げた平和国家であり、
    世界有数の経済大国、最高品質の製品を世界に供給し続ける技術大国であり続けた事の積み重ねが
    評価されたわけですから、うれしい限りです。
    しかし、これは一般人対象の世論調査です。
    プロの間では日本の影響力はどう評価されているのでしょうか?

    フォーブズという雑誌が毎年「世界影響力ランキング」なるものを発表していますが、
    2013年に安倍首相が初登場した時の順位が何と57位!
    1位プーチン、2位オバマ、3位習、4位ローマ法王、5位メルケルという上位陣でした。
    GDPのランキングでみると8位ロシアのプーチンが影響力1位。
    それぞれ1位のアメリカが2位、2位の中国が3位、4位のドイツが5位。
    3位の日本が57位!。。。
    実はパククネとキムジョンウンよりも下でした。
    日本人の中では、黒田日銀総裁、豊田社長、孫社長に次いで4位。
    在日朝鮮人として生まれて差別される側だった孫正義よりも日本国総理大臣の方が世界に対する
    影響力が下という評価なんだから衝撃的です。
    最新の2018年版では安倍は38位で36位のキムジョンウンより下。
    トヨタの社長よりも下。外遊の度にあれだけ金をばらまいているのに、
    トヨタの社長には世界に対する影響力で一度も勝った事がない。

    何でこんなに評価が低いのか?
    結局日本政府に信用がないということだと思います。
    信用があるのは、日本国民が築きあげた巨大な経済力、技術力、高度な文化であって、
    日本政府は信頼されていない。
    イケメンA君とは大違いですね。

    金をいくらばらまいても何で日本政府の信用がこんなに低いのか?
    行き着く答えは歴史認識でしょうね。
    自民党歴史検討委員会は1995年に「大東亜戦争の総括」という本を上梓して、
    大日本帝国の戦争はアジア解放のための戦争であり自存自衛の戦争であった。
    南京大虐殺も慰安婦問題もでっち上げだという、自党の歴史認識をまとめて発表しました。
    国際社会との約束である「東京裁判の受諾」などさらさら守るつもりはないと宣言したようなものです。
    1993年に出た「河野談話」侵略戦争であることを認めた「細川談話」そして「村山談話」。
    自民党が下野したことにより日本政府から発せられた、新たな歴史認識を
    世界は歓迎しました。
    同盟国のアメリカですらクリントン、ブッシュ両政権は橋本以降の自民党政権に
    「河野談話」「村山談話」を継承することを確認している。
    事実上の強制、内政干渉です。
    自民党政権の歴史認識には辟易としていたのでしょう。

    安倍が再登場した2013年にCRS(合衆国議会調査局)は安倍は「リビジョニスト」
    「ストロングナショナリズト」であると警戒心を露わにするリポートを全議員に送っている。
    「リビジョニスト」とはネオナチと同義ですから、欧米でこう呼ばれるような政治家は
    さすがに存在出来ないんじゃないかな。

    世界が容認できない歴史認識を持っていると認知されている政権が、その歴史認識の問題での
    報復で半導体という先端製品の世界のサプライチェーンをぶった斬ろうとしてるんだから、
    紳士的なA君がキレたという風に思われることはないでしょう。
    ついに本性を現したと思われちゃうんじゃないでしょうか。

    >温厚な人は、いったん「キレる」と自制が効かなくなります。日本政府が自制しているのは、おそらく「キレて見境なく韓国を攻撃すれば、韓国という国を消滅させるほどの経済制裁手段を持っている」という自覚があるからではないでしょうか。て見境なく韓国を攻撃すれば、韓国という国を消滅させるほどの経済制裁手段を持っている」という自覚があるからではないでしょうか。

    日本は韓国という国を経済制裁だけで本当に消滅させられるんですか?www
    腹抱えて笑わせて頂きました!サンキュー!

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。