「韓国が日韓請求権協定無視」、ほぼ確定へ

いまさらですが、速報です。日本政府が韓国政府に対して求めていた、日韓請求権協定第3条第3項措置(第三国仲裁付託)をめぐり、韓国がこれを無視するであろうことが、ほぼ確定しました。厳密にはあと1時間の時間がありますが、もう「ほぼ確定」で良いと思います。

2019/07/18 23:00 追記

日韓GSOMIAに関する記事について追加しました。

韓国の日韓請求権協定無視、ほぼ確定へ

いまさらですが、速報です。

日本政府が韓国政府に対して通告していた、自称元徴用工問題を巡って「日韓請求権協定第3条第3項措置」(第三国仲裁)の付託を巡り、本日午後12時をもちまして、「韓国政府が期限内に応じなかった」という事実が確定します。

日本政府は1月9日に第1項(外交的協議)を申し入れて以来、あしかけ半年以上、日韓請求権協定第3条に基づく解決を呼びかけ続けたのですが、結局、それらのすべてが韓国側から無視される状態となることが、ほぼ確定しました。

実際、現在のところ、「韓国政府が第三国仲裁に応じると述べた」という報道は見当たりません。

そして、この「韓国が日本からの協議、仲裁要請のすべてを無視した」という事実をもって、明日以降は韓国のことを、「約束も守らないし、対話にも応じない国である」と断言しても良いでしょう。

(もっとも、韓国を叩いて溜飲を下げていれば良い、というわけではありませんが、この点については議論すべき点が多々ありますので、明日以降、詳しく説明申し上げたいと思います。)

韓国政府「1項措置も始まっていない」の詭弁

さて、これに関連し、本日夕方5時時点で、韓国メディア『中央日報』(日本語版)が、こんな記事を出してきました。

韓国政府「18日、日本が一方的に設定」 仲裁委構成を拒否(2019年07月18日17時00分付 中央日報日本語版より)

中央日報によると、韓国政府側は第3項措置に応じない方針を改めて確認するとともに、外交部(※日本でいう外務省に相当)の報道官が午後の定例記者会見で、「本日が期限だ」というのは「日本が一方的に、かつ、恣意的に設定した日時だ」と言い放ったのだそうです。

ただ、韓国政府の言い分は、「第3項(第三者仲裁)の手続に移るまえの、第1項で規定する『外交的協議』すら、まだ始まっていない」とするものだそうですが、さすがにこの言い訳は詭弁であり、無理があるでしょう。

日本政府が第1項措置を申し入れたのは1月9日のことですが、そこから4ヵ月以上も放置された挙句、李洛淵(り・らくえん)首相は「韓国政府の対応には限界がある」と言い放って匙を投げたという無責任さを示したからです。

日本政府は、第2項措置(仲裁手続)、第3項措置に移行するまでに、十分過ぎるほど待ちましたので、「第1項協議が始まっていない」という言い分が国際的に通用するとも思えません。

さらに、韓国政府側は、いまだに「1+1基金案」(日本企業と韓国企業が「自発的に」参加する基金で自称元徴用工に賠償するという案)にこだわっているということであり、まったくお話になりません。

与野党が集まって「輸出規制撤回要求」の低レベルさ

さて、詳しいことは明日申し上げるつもりですが、私自身は韓国側が第3項措置に応じなかったことで、逆に密かに胸をなでおろしています。

とくに、本日は韓国大統領府で文在寅(ぶん・ざいいん)大統領が与野党5党の代表と会談すると報じられていたため、万が一、この会合で文在寅氏に「第3項措置に応じよ」という圧力が加わるようなことがあれば、また日韓関係に大きな波乱が生じると考えていたからです。

しかし、この会合については、結論的には杞憂でした。

輸出規制の撤回要求=韓国大統領、与野党が共同声明(2019年07月18日21時34分付 時事通信より)

時事通信によると、文在寅氏と保守系の最大野党である「自由韓国党」を含む5野党は18日、「日本政府による輸出管理強化措置の即時撤回を求める共同声明」を発表したのだとか。

声明によると日本の経産省が発表した『大韓民国向け輸出管理の運用の見直しについて』を「自由貿易秩序に反する不当な経済報復」と断定したほか、いわゆる「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正案を巡っても、「韓日関係や北東アジアの安保協力を脅かす」と批判したそうです。

正直、レベルが低すぎて驚きました。

個人的に一番恐れていたのは、この「自由韓国党」とやらが「日本に対する嫌がらせとして、第三国として北朝鮮あたりを指名したうえで、第三国仲裁に応じるべきだ」、といった「入れ知恵」をすることだったのですが、そこまでの狡猾さが「自由韓国党」にすらなかったのに、少々驚いています。

当ウェブサイトでは、「韓国は弱小国である分、狡猾だ」と申し上げて来たのですが、こうした「狡猾な国である」という評価については、今後は見直す必要があるのかもしれません。

【追記】日韓GSOMIA破棄も?

ここから先は2019/07/18 23:00付の追記です。

次の時事通信の報道によると、韓国政府の鄭義溶(てい・ぎよう)国家安保室長は18日、この与野党会談の場で、日韓包括軍事情報保護協定(日韓GSOMIA)を巡り、「今は維持する立場だが、状況に応じて再検討もあり得る」と述べたのだそうです。

日韓軍事情報協定「再検討も」=韓国高官が見直し示唆(2019年07月18日21時58分付 時事通信より)

時事通信はこれについて、「日本政府による対韓輸出規制を巡る追加措置を牽制する狙い」と評していますが、個人的には「願ったりかなったり」です。なぜなら、日韓GSOMIA破棄につながれば、そのこと自体、米韓同盟の消滅という流れを加速させるからです。

もちろん、日韓GSOMIAは日米同盟と米韓同盟を事実上の「三角同盟」として機能させるためのものであり、現時点においても「日米韓3ヵ国連携」がお題目としては残っている以上、日本の側からこれを破棄するということは、非常に考え辛い選択肢です。

しかし、韓国の側から破棄してくれるのであれば、日本政府としても「韓国から破棄されてしまいました」と主張できます。

もちろん、米韓同盟が破棄されれば、日本にも少なからぬ影響が生じることは間違いありませんが、ただ、それと同時に、いずれ米韓同盟が消滅すれば、日本としても自力で国を守っていかねばなりません。

そして、「日本が正論で韓国を追い詰め、韓国を暴発させる」という、いわゆる「ハルノート形式」の追い詰め方というのも、使い方によっては悪いものではないのかもしれませんね。

読者コメント一覧

  1. 城南都民 より:

    敵として信頼できるというのはこういうことなんでしょうかね。

  2. 酔っ払いオヤジ より:

    日本側の土俵には決して乗らないという一貫した姿勢ですね。
    手が無くなったのは、実は日本側ではないでしょうか?

    第一項すら始まっていない、、、きっとその通りなんでしょう。国際的に何ちゃらなんて彼らには関係ありません。
    暖簾に腕押しというか、我々がまともに立ち向かっても勝てる相手ではないと思います。

    かといってどうすればいいのか、まだ私には思いつきません。
    「丁寧ではない」無視とあらゆる人とモノの流れの停止が一番良いような気がしますが。

  3. テス太郎 より:

    もはやあまり意味のない話ですが、世界協定時(UTC)で7/18ぎりぎりは日本時間朝8:59。日付変更線を考えると、最遅で明日中は期限と言えなくはないのかも。

    ここまでいろいろ論理的整合性がめちゃくちゃだと、揚げ足取られるような発言は避けた方が良いかもです。

    コレを考えると、日本の本件に対するネクストアクションは、来週月曜日ですかね?来週水曜日にはWTOもあるので、この前に次の一手を発表するべきか否か。

    1. NANASHI より:

      確かに
      常識とすればJST/KST(UTC+9)ですが先走ると日本が勝手にとなるでしょうネ
      いい加減、勘弁してほしい

  4. 一読者 より:

    皆様、日韓基本条約破棄された新年、
    あけましておめでとうございます。

  5. 名無Uさん より:

    更新、ありがとうございます。
    12時を過ぎましたが、もう少し様子を見た方がいいかもしれませんね。

    韓国の第三国指名があるならば、北朝鮮以外は考えられません。中共でも、韓国にとってはかなり危険な選択肢になると見こんでいました。
    THAAD配備や『三不の誓い』など、約束の多くを無視されている中共としては、国家間条約を無視する韓国の振る舞いは許せないからです。
    日本の第三国指名があった場合、アメリカが最も妥当な線でしょう。中共はアメリカに貿易紛争で攻めこまれていますから、これを材料にしてアメリカとあっさり取り引きしてしまう可能性が大でしょう。
    何しろ、サムスンのシェアをめぐって、中共も漁父の利を得ることに汲々としています。韓国を潰す方向を考えても、いい方向になることは考えづらい。
    となると、国際社会から後ろ指を刺されて笑われても、韓国の第三国指名は北朝鮮以外にはないでしょう。(笑)

    まあ、今の金正恩ならば、文在寅の申し出をあっさりと叩き切りそうですが…
    『米朝対話に韓国当局は口を出すな。しゃしゃり出て来るな』と…(笑)

    1. michi より:

      さすがに、北朝鮮はムリなのでは無いでしょうか?
      彼らは互いに朝鮮半島の正当な国家を主張し、互いに相手を国家とは認めていないのですから。
      互いに自分たちの国土の半分を不法に占拠している犯罪者集団である認識な訳です。
      ここで第3国として韓国が北朝鮮を指名したら、それは韓国が北朝鮮を国家として認めることになります。
      まあ、我らがヒーローのことですから、どんな必殺技を繰り出してくるか?

  6. なんちゃん より:

    GSOMIAの自動更新条項、

    「・・・この協定を終了させる意思を九十日前に外交上の経路を通じて書面により通告しない限り・・・」

    とあり、どっちかが「更新しない」と言わない限り自動更新ということですね。

    ネット上の解説を見ると、ときどき、「90日前までに更新する意思を表明しなければ」なんて表現を見かけるので、一応確認しました。

    つまり、更新したいなら、「もう一年更新したい」と言う必要はなく、黙っておけばいい。
    更新したくない側が、敢えて何らかの意思表示をしなければならない。

    韓国は敢えて、現状変更で藪をつつくのだろうか。

    秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000205832.pdf

  7. カズ より:

    韓国が第三国として北朝鮮を指名したとしても、日本は却下すればいいだけだと思います。

    請求権協定は「韓国が朝鮮半島における唯一の国家組織である」との前提のもと締結されたものであり、日本政府としてはその協定の効果が及ぶ範囲には当然に北朝鮮も含まれるものと理解している。

    従って、当協定の紛争解決の場における北朝鮮の立場は「第三国である」とは認められない。・・ですよね。

    *コメント入力してる間に日付が変わってしまいました。朝の状況はどうなってるんでしょうね。

  8. 匿名 より:

    19日に駐日大使呼び見解伝達へ 徴用工問題で – 産経ニュース
    https://www.sankei.com/politics/news/190718/plt1907180032-n1.html

    ボルトン米補佐官、近く来日 「有志連合」やイラン情勢意見交換へ – 産経ニュース
    https://www.sankei.com/politics/news/190718/plt1907180033-n1.html

    ボルトン米補佐官さん、日韓GSOMIAについて何か言ってきますかね?

  9. よくわからんオヤジ より:

    日韓GSOMIA破棄を牽制に使うとは、破棄後は自由なんだから日本の軍事機密を北朝鮮や中国に教えてやるからな、という脅しなんですか?

  10. 匿名 より:

    日本の土俵の上に乗るから破棄はないのでは

  11. ゆとりリーマン より:

    初コメです。
    素早くわかりやすい記事や皆様のコメントをいつも楽しみにしております。
    二の矢、三の矢はどうなるでしょうか?

    ホワイト国指定解除は7/24まで意見公募、閣議決定後21日後施工なのでお盆辺りまで隣国の混乱が楽しめそうですね!

    渡航制限はあまりやってほしくないです、逆に親日で命を狙われてる方は日本に逃げてきていただきたいですね。
    逆にベンツを横流しした貿易会社の社長さんみたいな方々は帰っていただきたいですが!w

    個人的には投資の引き上げなどで、金融にダメージを与えてほしいですね!
    三菱重工に迷惑かけておいて三菱UFJが支援する義理はないですからね「信用状」の保証打ち切りとかも有効なんでしょうか?

    米国のボルトン米大統領補佐官が日本、韓国に訪問予定らしいですが、内容が気になります。
    スティルウェル国務次官補も「私が仲介する予定はない」と言ってましたから仲介関連ではないと思いますが、ホムルズ有志連合への参加で改めて米国に協力する気があるのか踏み絵を試すんじゃないでしょうか?
    日本はあまり参加したくないですね…

    ベネズエラの件のように、米国はあまり介入せず、中露が手厚くサポートする体制になったら長期的には北や韓国は意外としぶとく生き残るのかもしれません。
    半島焦土化作戦の打ち合わせかも?
    という妄想もしてますw

    米国も自国ファーストばかりで日本にメリットがどこまであるかわかりません。
    昨日の敵は今日の友ということわざがあるように、将来的には中露韓と協力する時が来るかもしれませんし、今回の件で感情的になりすぎず、日本がしたたかに自立した国家になるきっかけになれば良いですね!

  12. 海コン より:

    戯れ言で恐縮ですが、唐突に第三国仲介依頼指名予想なんですが

    日本側◎英国○印度▲UAE△イラン
    韓国側◎中国○瑞典▲ノルウェー△南アフリカ

    と、妄想して予想します。無視されるけどw。

    ま、そもそも国際裁判所なんて1965年時点での妄想の産物かもしれないので、実態なんかあるわけない。例えそこで結審したとしても、両国どっちも従わなくてもいいんじゃないかなと思います。
    だって従おうが何しようが、急に選ばれた第三国には関係ないんだもん。知らんがな。ワシに聞くなよってな事ですよな。会合に時間使っても利益でないし、関わるだけ無駄じゃん。検証にカネと労力かけられますか?第三国が。

    ここまできたら印象操作だけですもんね。声が大きい方が勝ちと言う彼の国の習慣にはっきり乗っかってますよね。

    こういうのを天然に持っていく韓国すごいですw。

  13. ニムロデ より:

    私も今回の日本の対応は理解できますし賛成でもありますが、韓国をあまり締め上げて過ぎるとロシアや中国といった共産圏の大国が朝鮮半島に対する影響力を強める危険がありますよね?

    個人的な感情としては、今まで散々こっちを馬鹿にしたような態度や発言を繰り返した韓国なんぞ消えてなくなれと思いますが、地政学的観点から朝鮮半島が共産圏化してしまうと日本の安全保障に大きな影を落とすように思えてなりません。

    日本政府もそのあたりを考えて今まで忍耐を持って韓国と付き合ってきたのでしょう。
    そう考えると日本としては、どこかで矛を収めなければならない(正確にはまだ矛など出してないのだけど)ということになりはしないでしょうか?

    もしそうだとするならその時期を定めるのは本当に難しいでしょう。
    早すぎれば韓国側の増長を招きますし、遅すぎればロシアや中国が韓国と太いパイプを作ってしまいこれも日本にとってはマイナスです。

    1. あまこちゃん より:

      地政学も戦争の形態とともに大きく変わらざるを得ない状況かと思います。かつては、相手国に攻め込むことを考えていましたが、核とミサイルにより、攻め込まなくとも、相手国を確実に破壊できるようになり、距離については、決定的な因子とはならないと思います。朝鮮半島については、韓国は主要な数カ所の港に機雷を敷設すれば、おしまいです。彼らには掃海艇がありません。これで石油の輸入が止まれば、完全に干上がります。

      1. ニムロデ より:

        考え方の違いなのかも知れませんが、私は地政学というのは今もって重要であり、大陸間弾道ミサイルや核があろうとその用件は変わらないと思っています。

        まず、核や大陸間弾道ミサイルですが、これらは戦略兵器であり攻撃対象の都市などを壊滅させるには有効ですが、敵の通常兵力を無力化するのには不向きです。基地を攻撃対象にしたとしてもある程度の兵力は着弾までに撤収可能(中国、ロシアからのミサイルは着弾までに30分はかかる。北朝鮮からでも20分程度の時間がある)です。
        つまり、国力をそぐことはできても無力化は無理なのです。
        勝つためには結局、相手の戦闘能力を完全に削ぐ必要があることは核保有国すべてが理解しているからこそ、通常兵力の増強にも余念がないのです。
        占拠には絶対、地上兵による上陸、制圧が必要ですから。

        韓国の港に機雷を敷設する話も、中国やロシアから北朝鮮経由で入手可能です。地続きですから。

        物資の運搬が陸海空を使用する必要があり、国が戦争を開始したい動機の多くを占める”領土的野心”が消えない限り、地政学は普遍的な用件だと私は考えています。

  14. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    結局、韓国は第3国による仲裁に応じなかったですね。某国を指名されたらちょっと困るな〜と思ってたので、ホッとしました。GSOMIAも決裂したいとか?

    いや〜良かったね。形式的な情報のやり取りでも、重大事項が筒抜けでは困る。韓国、ますます疎外感(笑)。

    1. 匿名 より:

      外相がアフリカ廻りをしていたのが気がかりでしたが まぁ良かった

  15. osakana より:

    とりあえず北朝鮮が仲裁はありえないよ。韓国は国家承認してないから不可能。
    他に北朝鮮の見方をしそうなのは中国くらい?

  16. 隠居爺 より:

    >当ウェブサイトでは、「韓国は弱小国である分、狡猾だ」
    >と申し上げて来たのですが、こうした「狡猾な国である」
    >という評価については、今後は見直す必要があるのかもしれません。

    私も、最近の韓国を見ていて、あまりの幼稚さに驚いてしまい、これまで韓国をある程度賢い国として見ていたことが誤りなのではないかと思い始めました。

    なぜそのようなことになったのかについてはいろいろ考え方があるでしょうが、おそらく、以前は韓国からの情報を日本人が日本に伝えるに当たって、それこそ「忖度」を働かせてきたのではないでしょうか。つまり、韓国の無茶苦茶な言い分を、日本人が整理して筋の通るもっともらしい主張に変換して日本に伝えていたのではないかと。さらに、変換された韓国の主張を、韓国が逆輸入して、口真似してきたのではないかと。

    田中均とやらいう元外務省の役人が密室外交を主張するのも、その変換作業を行いたいがためなのではないでしょうか。「俺なら韓国の無茶苦茶な言い分も、日本人が受け入れられるもっともらしい形に変換できるのに」という自信があるのでしょう。実際問題過去にそれをしてきたのでしょうし。

    どうも日本には、圧倒的に少数派ではあるものの、コアな韓国ファン、韓国のタニマチとでもいう人たちが存在していて、マスコミでも、国会でも、政府でも、外務省でも、そのような人たちが日韓関係を歪めてきたように思います。

    ただし、昨年来韓国は、徴用工問題を初め、慰安婦財団解散、レーダー照射、旭日旗問題などで、はっきりでたらめなことを言い、またそれを行動に移すようになりましたが、これはおそらく、日本人が変換作業を行うような関係が、韓国との間で切れてしまったためでしょう。そのため、知恵の遅れている韓国が誰の目にも明らかなくらい前面に出てきてしまったのではないでしょうか。

    と、そんなことを思いつきました。

    1. 関西なまこを支援する貝ニダ より:

      テレビ番組に田中均氏が出演しても、私には「やっぱり害務省いらない」としか思えない発言だけ。もう、解体して防衛省の一部局に格下げにしてください。税金の無駄です(笑)

  17. カニ太郎 より:

    『外交的協議』すら始まっていないと韓国は主張してるようですが、そう思っているのは、韓国政府だけじゃなく、在韓日本企業もそうなんじゃないですか?

    全く在韓日本企業から緊張感が伝わってこないですね。

    本気で日本政府が交渉期限を切ってるなんて、もしかして、誰も信じていないのかも。

    かく言う私も、どうせ米国に何か言われたら、平気で「外交協議」まで駒を逆戻すんでしょ、と思っています。

    だいたい日本政府がマジ本気だったら、流石に、韓国撤退する企業も出てくるでしょう。

    それが、未だに、1社も出ない。

    ということは、誰も次のフェーズに入った、ということを信じてないということです。

    『期限、期限』といって騒いでいるのは、もしかして、日本政府だけなんじゃないですか?

    ところで、ボルトンが来るそうですね。

    米国との話はついてるなんて言ってますが、それを弱味に、ホルムズ海峡、日米貿易協議、ファーウェイ問題で、無理難題押し付けられてるのでしょうね。

    また米朝平和会談なんて突然やられたりしないでしょうね、安倍さんは、抜けてるので心配です。

    韓国は政策金利を0.25%下げましたよ。

    これは韓国当局が通貨危機を心配していない証拠です。

    いつまでも韓国が日韓スワップをお願いに土下座してくるなんて、夢みたいなこと言ってない方がいいんじゃないですか?

    「半導体3材料輸出規制」、今まで半年以上我慢して、日本政府がとった唯一の実のある行動は、7/4から始めたのだけれど、効いてるのかね、全くサムスン株価が下がらんが。

    なんか、それすら、ザルの規制の予感がしてきた。

    もう規制初めて2週間、本来なら効いてきてもいいだろ、レジストやフッ化水素は「生物」じゃなかったの?

    長期保存か効かないんだろ。

    在庫は4週間しか無かったんじゃないのかよ。

    全然規制が効いてないだろ、サムスンは焦ってるように見えるか?

    攻めるポイントが違うんじゃないか?

    有機ELの材料、シャドウマスクが本当は一番効果があるらしいってネットに出てたぞ。

    曲がるディスプレイ作るには大日本印刷、凸版印刷持ってるシャドウマスクが必要で、世界シェア100%だという。

    さっさとこれを規制しろ、WTOなんか気にしてどうする、WTOで負けたっていいんだ、裁判を3~4年引き伸ばすのは簡単だろ、その間にサムスン潰せばいいんだから。

    狙いは、民間企業しかないでしょ。

    私たち10万ビュー見られてるネットコメントで出来る事といえば、正論述べて、青年の主張ごっこすることじゃなく、具体的な個別企業名を出して、1円でも売り上げ下げて、民間企業を追い込むことだ。

    日本企業も対象だ、ポイントは東レなんか攻めても小売業じゃないから無駄。

    人気ブログで攻めて1番効果的なのは、丸亀製麺、CoCo壱、といった小規模な飲食店。

    汗水流して働いてる従業員には本当に申し訳ないのですが、弱い部分から狙うのが勝負の鉄則。

    『韓国で営業してる日本レストランは売国奴だ』と、しつこいくらいに丸亀製麺とCoCo壱の名前を媚韓企業だと名指しして、売り上げダウンさせましょう。

    次に狙い目なのは、ユニクロとかの一般消費財、化粧品とかの社名を名指しして、撤退せよと、騒ぎましょう。

    日韓請求権協定がどうとか、国際社会がどうとか、言うのもいいのですが、綺麗事では何も響かない。

    もっと、ダーティーに、攻めたい。

    1. namuny より:

      フッ素が切れても今は製品在庫が余り気味なのであと3か月くらいは市場に影響は出ないそうですよ。
      ディスプレイは知りませんが

      1. カニ太郎 より:

        返信ありがとー

        まあ、いろんな人が色々言ってますが、いったい誰のが正しいのでしょう。
        韓国研究家の鈴置高史さんは、急所をはずした制裁だといい。
        半導体専門家の湯之上隆さんは、急所を突いた制裁だから、サムスンはDRAM,NANDの生産が出来なくなる、在庫はもって4週間だといい。
        エネルギー専門家の宇佐美典也さんも、サムスンの半導体生産はストップすると言っていた。

        しかし、一番信頼できるのは株価だ、誰のコメントだろうと信憑性は実際の相場に比べたら格段に落ちる。

        株価は先を見て適正価格をつけるもの。

        リスクがあれば瞬時に織り込まれる。

        3ヶ月在庫があろうと、その後の見通しが暗ければ、株価は落ちる、だから、おかしい。

        一瞬でも暴落してから戻したのならわかる。

        しかし、全く変化なし、結局世界は日本が本気じゃないと思ってる。

        つまり、リスクでもなんでもないってことです。

        もちろんポジティブじゃないでしょうが、ネガティブでもないということです。

        むしろ在庫が吐けてプラスだとか見立てる専門家もいます。

        情報操作のプロであるウォール街のハゲタカは、日本の半導体材料輸出規制は、しょせんポーズだと決めつけているわけです。

        それには勿論裏付けもあるのでしょう、結局は騙されてるのは一般国民だけなのではないか。

        すると、この対韓国経済制裁は、何なのか?

        ①ゲスの勘繰りで参院選目的?単なるガス抜き?

        ②ファーウェイ制裁で米国に言われ、嫌々規制しただけで、本気じゃない?

        ③日韓政府の出来レース?つまり、2トラック外交?

        ④サムスンはグローバル企業で巨大なので、本当に効かない?

        ③だったらショックです。

        1. りょうちん より:

          まだ書類を提出して4週間でモノが届くか様子見しているところじゃないでしょうか。
          書類不備できっちり90日以上審査にかけるようであれば、やっと日本が本気だとわかるわけで。

          日本のメーカーは細かい発注に短いレスポンスで応需していたので、韓国半導体企業のJITのリーン生産方式が成り立っていたので、こんどは資材の在庫を自前で管理しなくてはいけなくなったわけです。

          スマホのギガが足りなくなって、128kbps規制になったような状態でキャッシュで表示している画面はいいけど通信が発生すると速度規制に気がつく・・・そんな感じなんだと思います。

          それはそうと、レジストは調べてませんが、半導体生産用のフッ化水素酸は、ふつうに台湾や中国に正規の手続きで売られていますが、なんでここまで韓国企業だけが大騒ぎしているのかわかりません(嘘)。

        2. 隠居爺 より:

          カニ太郎 さま

          >①ゲスの勘繰りで参院選目的?単なるガス抜き?
          >②ファーウェイ制裁で米国に言われ、嫌々規制しただけで、本気じゃない?
          >③日韓政府の出来レース?つまり、2トラック外交?
          >④サムスンはグローバル企業で巨大なので、本当に効かない?

          これまで散々騙され、踊らされてきた身としては、やっぱり疑いますよね。特に参院選間近のこの時期、政府は勇ましいところを見せて票を買おうとしているのではないかと。

          でもまあ、疑いはあっても結論は出ませんので、仕方ありませんね。今後半年か1年くらい様子を見ていると、きっと本当のところが分かってくるのでしょう。

    2. なな より:

      TV朝鮮によると、三菱商事と重工業のほか、三井物産と伊藤忠商事、双日、丸紅などの商社、他にはソニーなども韓国からの撤収を進めているようです。

      1. カニ太郎 より:

        https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=448&aid=0000277254

        この7/3の記事の事ですね。
        私もちょうちん様から教えられ見ましたが、どうもおかしい。
        このような動きがあったのなら、どれか一つぐらいベタ記事でも、日経新聞に載るはずですが、去年の11月以降、目を皿のようにして日本企業の韓国撤退の記事を探していますが、ネットのブログにすら、出てきません。

        私の知る限りでは、去年の11月に元徴用工裁判で日本製鉄に賠償請求が認められてから、撤退を決めた、立派な日本企業は、

        去年11月仁川工場を閉めると宣言した富士ゼロックス。

        2月デサントをTOBし、韓国重視の事業を変換させた伊藤忠。

        3月韓国で裁判有罪となったフェローテック。

        今月の日立造船。

        の4社のみしかありません。

        >昨年までの2年間三菱商事と重工業のほか、三井物産と伊藤忠商事、手持ちブーツ、丸紅など6つの企業が事業を折り畳んました。ソニーは4000人だった人員を300人に90%以上削減しました。<

        とありますが、三菱商事、伊藤忠、丸紅、はソウルジャパンクラブの副理事のままですし、富士ゼロックスも、韓国撤退したはずなのに、相変わらず副理事に名を連ねてます、そしてソニーと日立は理事です。

        つまり、真面目に撤退を考えてる有名企業は1社もないってことです。

        本日、経団連夏期フォーラムが軽井沢でおこなわれたそうです、その記事をコピペしましたので、読んでみてください、いかに経済人が弱腰かわかると思います。

        >経団連は、長野県で開かれていた夏季フォーラムで政府間の対立が続く日韓関係について、経済界は政治と一線を画して、交流を深めることで両国の関係改善につなげたいという考えを示しました。

        経団連は19日まで2日間、長野県軽井沢町で夏季フォーラムを開き、企業経営者およそ40人が集まって政治や経済の課題について議論しました。

        議長を務めた岡本毅副会長(東京ガス)は終了後の記者会見で、政府間の対立が続く日韓関係について「東アジアで隣り合っている重要な2つの国の関係が芳しくないということは、世界全体にとってもいいことではないと憂慮している。経団連としては、かつての日中関係のように政治的に関係が必ずしもよくないときに、それとは一線を画してきちっと交流を深めてきた。日韓も基本的には同じ姿勢で臨んで行ければと思う」と述べました。

        また、岡本副会長は、韓国の経済団体である「全国経済人連合会」と経団連との関係は今後も維持・強化に努めるとしたうえで「政治的な面にも、いずれ好影響を及ぼすだろうという期待のもと、努力していきたい」と述べました。

        【「民間のルートでも」】太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題などで日韓両政府の対立が続いていることについて、経団連の夏季フォーラムに参加した企業の経営者からは、関係改善のため、日韓の民間企業どうしの対話が重要になるという意見が聞かれました。

        このうち「徴用」をめぐる韓国の裁判で賠償を命じる2件の判決が確定した三菱重工業の宮永俊一会長はNHKの取材に対し「双方の意見の相違があるのは承知しているが、われわれはこれまでも政府間の協定を守っており、政府に相談しながら適切な対応を取るという立場に変わりはない」と述べました。

        そのうえで「長い歴史をもった両国が極力よい関係を維持していくことは大変重要だ。よりよい関係を保つために、きちんと話し合いながら解決することが大事だ」と述べました。

        また、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博会長は「今のような状態が長期化するのは、日韓両方にとって好ましくない。グローバル経済に影響を与えないわけではないので、なるべく早期に解決するのが望ましい」と述べました。

        さらに「互いに本音を話し合えるパイプはむしろ民間が強いものを持っている。民間のルートも韓国の実情を知るうえで役に立つと思うので、解決への道を探るためにコミュニケーションを取ることが大事だ」と述べ、両国の関係改善に向けた、民間企業どうしの対話の重要性を強調しました。

        1. りょうちん より:

          裏取りのために韓国三井物産のサイトを見たら決算公告がありました。
          前年比は見られると思います。
          しかし、ハングル部分が読めない・・・。

          https://www.mitsui.com/kr/ja/koukoku/pdf/27.pdf

          一応Google翻訳通しました。
          PDFを保存してGoogle翻訳のページでファイルを選択で日本語化は比較的上手くいったのですがレイアウトがうまく保存できません。

          流動資産 89,503,105,678←169,411,970,323ウォン

          この辺がどうなんだろうと思いましたがどうも決算書は専門でないので解釈は他の方にお任せします。

  18. 東からの流血 より:

    韓国が「狡猾」だなんて、冗談でしょ。直情型単細胞の見本みたいな民族です。

    本当に狡猾なのは、まんまと消費税10%を国民に受け入れさせ、それでも選挙に大勝しそうな安倍政権ですよ。

    とはいうものの、わたしも自民に投票するんですが(笑

    これからの日韓関係は、岩屋をスケープゴートにする程度では、国民は納得しないでしょう。日韓議連解体、断交まっしぐらでお願いしたいものです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。