3泊4日の日程で日本を訪れていたドナルド・J・トランプ米大統領が、火曜日、帰国の途に就きます。今回の訪問日程は、日本にとって、その長さもさることながら、日本「だけ」に滞在したという点に加え、令和初の国賓として、御即位されたばかりの天皇陛下と会う初の外国国家元首となったという、非常に重要な意味があります。また、米国の側から見れば、来月予定されているトランプ氏の国賓としての訪英とエリザベス女王との会見と並び、日英両国との強固な同盟を確認する、という意味があるといえます。ただし、日本の側はトランプ氏の訪日の成功に慢心することなく、「次の一手」を講じなければなりません。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ訪日、大成功

トランプ氏、離日

土曜日から日本を訪れていたドナルド・J・トランプ大統領が、火曜日、羽田空港から帰国の途に就きます。あらためて振り返っておくと、トランプ氏は日本で実に充実した時間を過ごしました。

5月25日(土)
  • 午後:トランプ氏が大統領専用機で羽田空港に到着、「パレスホテル東京」に宿泊(~28日)
5月26日(日)
  • 午前:安倍総理と千葉県茂原市でプロゴルファーの青木功氏を交えてゴルフ
  • 午後:東京・両国国技館で大相撲夏場所千秋楽を観戦、優勝力士に「米国大統領杯」を授与
  • 夕方:安倍総理と東京・六本木の炉端料理店で非公式夕食会
5月27日(月)

(午前)

  • 皇居で歓迎行事、天皇・皇后両陛下と会見
  • 元赤坂の迎賓館で安倍総理と日米首脳会談

(午後)

  • 拉致被害者家族と面会
  • 共同記者会見
  • 宮中晩餐会
5月28日(火)
  • 午前:神奈川県の海上自衛隊横須賀基地で護衛艦「かが」に乗艦
  • 午後:トランプ大統領が大統領専用機で離日

(【出所】時事通信『【図解・国際】トランプ米大統領の来日日程(2019年5月)』、産経ニュース『日米首脳 北問題協議へ トランプ氏、25日来日』、東京新聞『トランプ氏 あす国賓来日 27日、天皇陛下と会見』等を参考に著者作成)

多忙なアメリカ合衆国大統領という立場にあるトランプ氏が、3泊4日に及んで「日本だけに」滞在したという事実の重みは、非常に大きいでしょう。

これに加えて、トランプ氏は天皇陛下が今月1日に御即位されて初めて迎えられる国賓でもあります。実際、トランプ氏も自身のツイッターで、そのことを速報したジャパンタイムズの記事をリツイートしています。

貿易問題など、課題も山積するが…

もちろん、現在の日米関係に、まったく何の問題もない、というものではありません。

むしろ、沖縄県の米軍基地問題を筆頭に、日米間にさまざまな課題が山積していますし、これに加えてトランプ氏が日本との貿易不均衡を政治問題化していることもあり、米国が中国に対して仕掛けているような貿易戦争は日本にとっても他人事ではありません。

ただ、日本と中国の最大の違いは、米国と価値を共有している、という点にあります。

自由主義経済とは、単に「儲けるためには何をやっても良い」という制度のことではありません。「ルールの範囲内で利益を最大化すること」がその最大の特徴です。

日本にも米国にも、ごく一部、「ルールを破ってでも儲けた者が勝ちだ」という歪んだ意識を持っている経営者がいないわけではありませんが、基本的には経営者はさまざまなルール(独占禁止法、労働法、会社法、税法など)を守りながら、利益を最大化することが求められます。

しかし、こうした日米の「ルール主義」が通用しない国が、中国です。

基本的に中国で儲けるためには「中国共産党との距離の近さ」がポイントとなりますし、中国に進出した日本企業の担当者が常に頭を悩ませるのは、国を挙げて人治主義、不正、賄賂などが罷り通っているという状況にあります。

(※なお、このあたりについては私自身も非常に多くの事例を知っていますが、関係者に迷惑が掛かっても困るので、本稿で個別の具体的な事例を指摘することは控えたいと思います。)

このため、私の理解では、トランプ氏の主導する「米中貿易戦争」の究極的な目的は、「ルール主義」から逸脱した中国を西側諸国から排除することにある、と考えているのです。

それこそがまさに、華為(ファーウェイ)製の通信機器を次世代通信規格(5G)から排除する、という点に表れているのではないでしょうか。

日本にとって盤石な日米関係の恩恵

さて、今回のトランプ氏の訪日を巡って、ツイッターでは「巨額のカネを使った」といった批判をテレビ番組が繰り広げていたことを批判する投稿もありましたが、それが事実だとすれば、テレビのワイドショーとは、本当に低レベルすぎて困ります。

基本的に、現在の日本が置かれている国際環境を見れば、日米同盟が盤石であること(あるいは「日米同盟は盤石だ」と周辺国に思われること)の価値は、非常に大きいからです。

まず、日本の隣には、世界最大の面積を誇るロシア、世界最大の人口を誇る中国という2つの大国があります。

どちらの大国も、過去に日本が戦争で勝った相手国でもあり、現実には非常に戦争に弱い国でもありますが、それと同時に、第二次世界大戦に敗戦したあとの日本は憲法で戦争が禁止され、それを良いことに、この2ヵ国はそれぞれ日本に対して軍事的脅威を与えています。

日本国憲法第9条
  • 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  • 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

私自身は日本国民の1人として、この憲法第9条についてはできれば全文の削除、それが無理だったとしても第2項の削除(もしくは次の第9条の2の新設)が必要だと考えています。

日本国憲法第9条の2

前条の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

ただし、残念ながら現状、改憲を阻む「国民の敵」の勢力は、衰えたとはいえ依然として強く、中国の海洋進出をはじめとする諸問題に対処するためには、日米同盟の盤石さを見せるのが一番手っ取り早いのです。

その意味で、今回のトランプ氏の訪日は、日米の強いきずなを改めて確認する良い機会になったことは間違いありません。

とくに、皇居・宮殿を訪れたトランプ大統領夫妻を、天皇・皇后両陛下が最初は通訳なしで歓待していたことは、新時代の幕開けを感じさせる象徴的なものでした(※ちなみに両陛下はお二人とも英語圏への留学経験をお持ちです)。

また、茂原市のゴルフ場でトランプ大統領をカートに乗せて運転する安倍総理は、日米首脳が個人レベルでも深い友人関係にあるということを如実に示しているといえるでしょう。

視野を広げよう

テリーザ・メイ首相、最後の仕事は「トランプ対応」

さて、トランプ氏の訪日を興味深く眺めている人物が、もう1人いるとしたら、ユーラシア大陸を挟んだもう1つの島国・英国のテリーザ・メイ首相ではないでしょうか。

Theresa May to Step Down as U.K. Prime Minister(米国夏時間2019/05/24(金) 09:31付=日本時間2019/05/24(金) 22:31付 WSJより)

すでに報じられているとおり、メイ首相は6月7日に保守党の党首を退任する予定ですが、そのメイ首相にとって、最後の仕事が、どうもトランプ大統領を迎えることになりそうなのです。

トランプ米大統領、6月に訪英へ 初の国賓待遇(2019年04月24日付 BBC NEWS JAPANより)

英メディアBBCやバッキンガム宮殿のツイートなどによると、トランプ大統領は6月3日から3日間の予定で英国を国賓として訪問し、エリザベス二世女王と会う予定だとか。

トランプ氏にとっては、ごく短期間で、(米国から見て)西の日本、東の英国という、2つの重要な同盟国を国賓訪問するという格好になりますが、このことは米国にとっても悪いことではありません。

なぜなら、米中貿易戦争を巡っては、欧州連合(EU)、とりわけドイツが米国に対して批判的ですが、米国にとっては盤石な英米同盟をあらためて確認する、非常に良い機会になるからです。

BBCによると、トランプ氏は2018年7月に大統領就任後初めてイギリスを訪れ、ウィンザー城で女王と対面しているものの、このときは国賓ではなく実務訪問に格下げされています。

また、英国にとっても、EU離脱(ブレグジット)の先行きはわかりませんが、この機会に米国との「特別な関係」を確かめるのは悪いことではありませんし、ブレグジットの混乱で辞任を余儀なくされたメイ首相にとっては最後の花道になるのではないでしょうか。

盤石な日米同盟は盤石な海洋同盟へ

さて、世界主要20ヵ国の首脳が大阪に集う、今年6月の「G20首脳会合」に先立って、トランプ氏が日本を4日間、英国を3日間、それぞれ国賓として訪れることには、非常に大きな意味があります。

それは、米国を中心として、西に日米同盟、東に英米同盟があり、同じ価値観、同じ戦略で結びついているからです。

そして、日本にとっては、日米同盟を軸にしつつ、将来的には、豪州・カナダ・インド・ASEAN・英国・フランスなどと連携するといった形で、同盟をさらに拡大させ、地域と世界の平和と繁栄に寄与していくという未来図が見えて来るのです。これこそまさに「希望の同盟」そのものでしょう。

ただし、そのためには、私たち日本国民が絶対に無視できないステップがいくつかあります。

最初のステップは、日本の軍事的自立です。日本の安全を、いつまでも日米同盟だけに頼ることは許されません。トランプ氏自身、米軍の経費節減を大々的に提唱している人物でもありますが、それと同時に、最低限、自国を守るのは独立国としての当然の義務でもあります。

少なくとも宗谷海峡、対馬海峡、台湾海峡を自力で守れる能力が、日本には必要ですし、理想を言えば現在の片務的な日米安保体制を、英米同盟のような「双務的な同盟」に格上げし、日本が米国にとって真に信頼されるパートナーとなることを目指すべきです。

なお、日米同盟を「双務的な同盟」にしたら、日本が米国に言われるがまま、海外出兵させられて、日本軍に人的な損害が出る、といった議論があることは事実でしょう。

しかし、逆もまた真なりで、日米同盟が対等なものに近付けば近付くほど、米国は日本に対して無茶を主張することができなくなります。米国が2003年のイラク戦争のような無茶な戦争を始めようとしたときに、日本が「米国の対等なパートナー」としてそれを止めることも期待できるでしょう。

そろそろ台湾問題に向き合いませんか?

さらに、軍事的自立の過程で、日本は台湾問題とも正面から取り組まねばなりません。

台湾は現在、正式には「中華民国」と名乗っていて、「中華人民共和国」と名乗る国の領土の領有権を主張している一方、「中華人民共和国」と名乗る国は台湾の領有権を主張しています。

しかし、すでに分断から70年が経過し、共産主義と不透明な一党独裁が支配する中国本土と異なり、台湾では透明な民主主義が実施されていて、もはや中台両国を「同じ国」だとみることは難しいのではないでしょうか。

もちろん、台湾人が自分たちを独自国家と見るかどうかは、台湾人自身の選択であるため、私たち日本がそれに干渉することはできません。

ただ、共産主義と腐敗が支配する中国本土から離れ、台湾が独自の道を選ぶというのならば、日本はそれを支援しなければなりませんし、場合によって、日台同盟で日本が台湾を中国から守るくらいの気概を見せるべきでしょう。

いや、それに先立って、現時点でもできることがいくつかあります。

日本は公式には台湾を国家と認めていませんが、さしあたって日本銀行と台湾銀行が日台通貨スワップ協定を締結し、金融危機などの有事の際には台湾ドルを担保に日本銀行が台湾に日本円を貸し出す、という仕組みを整えてはいかがでしょうか。

是非、通貨当局にはこのことをご検討いただきたいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



ツイッターを嫌がるメディア

さて、今回のトランプ氏の訪日には、もう1つ、興味深い側面があります。

それは、トランプ氏の「ツイッター主義」です。

トランプ氏は普段から重要な話をツイッターで全世界に向けて発信しまくる人物でもありますが、これを苦々しく見ているのが米国のメディアです。日本時間の日曜日夕刻に米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が掲載した次の記事など、その典型例でしょう。

Trump’s Japan Visit: Golf, Burgers and a Provocative Tweet(米国夏時間2019/05/26(日) 03:14付=日本時間2019/05/26(日) 16:14付 WSJより)

タイトルにある “provocative tweet” (挑発的なツイート)という単語に引っかかりますが、早い話が、ツイッターで何でもかんでも発信するな、と言いたいのではないでしょうか。

早い話、昔は大統領の発言を一般大衆に伝えるという役割を、自分たちメディアが独占的に担っていたのに、今やトランプ氏はツイッターを通じて、わかりやすく噛み砕いた言葉で、広く大衆に直接呼びかけているという状況に、不満を抱いているのでしょう。

しかも、トランプ氏はときどき、CNNなどの実名を挙げて、自身のツイッターで「フェイク・ニューズ・メディア」(fake news media)と批判しているのも、米国のメディアがトランプ氏を嫌っている理由の1つなのかもしれません。

日本でも最近だとマスコミが業界を挙げて繰り広げた「もりかけ問題」などの倒閣運動も失敗に終わり、新聞・テレビを中心とするオールドメディアがインターネットの発達を疎ましく感じているようですが、このあたりの事情は日米共通なのかもしれませんね。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/06/20 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係が新たな時代を迎えたことを、素直に歓迎したい (3コメント)
  • 2019/06/19 22:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】火に油を注ぐ、韓国政府の厚顔無恥な提案 (12コメント)
  • 2019/06/19 16:45 【時事|韓国崩壊
    日本が第3項措置を通告 これに対し韓国は周回遅れの様相 (41コメント)
  • 2019/06/19 10:30 【時事|韓国崩壊
    仲裁手続の「次の議論」とは、韓国の経済的焦土化? (15コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|外交
    習近平の行動は安倍総理というフィルターを通せばよくわかる (14コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    順調に無法国家と化す韓国 このままだと国交の維持も困難に (8コメント)
  • 2019/06/18 12:30 【時事|韓国崩壊
    「韓日列車」、正しくは「破局に向かって突き進め」、では? (39コメント)
  • 2019/06/18 11:00 【時事|金融
    基本に立ち返る:消費税と財務省の、いったい何が問題なのか (15コメント)
  • 2019/06/18 10:00 【マスメディア論|時事
    「上級国民論」と、なぜか詳しく報じられないNHK職員逮捕 (11コメント)
  • 2019/06/18 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「食い逃げ外交」、そろそろ年貢の納めどき (31コメント)
  • 2019/06/17 12:30 【時事|外交
    資料:「日韓請求権協定第3条」の原文と解説 (28コメント)
  • 2019/06/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    マトモな議員にとって、韓国の政治家と会うこと自体がリスク (24コメント)
  • 2019/06/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仲裁委員任命期限」が近づく まずは観光ビザから始めよう (17コメント)
  • 2019/06/17 05:00 【時事|外交
    香港の自由を守るために、私たち日本には何ができるのか (14コメント)
  • 2019/06/16 17:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ファーウェイ問題で米中双方から脅される? (11コメント)
  • 2019/06/16 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の経済の「空洞化現象」、そしてなぜか低い失業率の謎 (20コメント)
  • 2019/06/16 05:00 【時事|雑感オピニオン
    大学で何を学ぶか、どこで何を学ぶか 結局は自分次第 (54コメント)
  • 2019/06/15 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏が日本の若者と直接会えば、いったい何が起きる? (35コメント)
  • 2019/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月15日版) (49コメント)
  • 2019/06/15 05:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問は成功?失敗? 長い目で見ることが必要 (23コメント)
  • 2019/06/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    好きの反対は無関心 言論NPO調査に見る日本人の意識変化 (29コメント)
  • 2019/06/14 10:40 【時事|韓国崩壊|金融
    直接投資:そもそも日本にとって、韓国の重要性はとても低い (7コメント)
  • 2019/06/14 05:00 【マスメディア論
    ツイッターフォロワー1000人御礼と「議論拒否」の人たち (60コメント)
  • 2019/06/13 16:30 【時事|外交
    海外主要メディア、「イランと北朝鮮の関係」に触れず (28コメント)
  • 2019/06/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の政治家、経営者に、もっと積極的に訪米して欲しい理由 (8コメント)
  • 2019/06/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府は仲裁手続に応じない方針」、これをどう読むか (35コメント)
  • 2019/06/13 05:00 【時事
    安倍総理のイラン訪問:真の政治リスクとは「消費税」? (11コメント)
  • 2019/06/12 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国にとっては「資産」でも日本にとっては「負債」です (46コメント)
  • 2019/06/12 09:30 【時事|韓国崩壊
    手遅れと思うが、あえて韓国に「耳の痛い忠告」をしてみたい (27コメント)
  • 2019/06/12 05:00 【時事|外交
    鈴置高史氏の重要な指摘 イランと北朝鮮、点が線でつながる (21コメント)
  • 2019/06/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    二股外交する国のメディアに「日本は二股外交だ」と言われる (47コメント)
  • 2019/06/11 11:00 【時事|国内政治
    ふるさと納税悪用したアマゾンギフトの泉佐野市の自業自得 (21コメント)
  • 2019/06/11 08:30 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G19」と日韓スワップ待望論 過去と戦い自滅する韓国 (27コメント)
  • 2019/06/11 05:00 【時事|外交
    香港で今、何が起きているのか (14コメント)
  • 2019/06/10 14:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工の支援団体、三菱重工の株主総会でピケ張りか? (34コメント)
  • 2019/06/10 11:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の解決責任は100%、韓国政府のみにある (11コメント)
  • 2019/06/10 05:00 【時事|外交
    米国防総省がやっと台湾を国と認めた!今こそ台韓交換が必要 (70コメント)
  • 2019/06/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    わが目を疑う文在寅の行動 G20を前に「平和宣言」とは? (30コメント)
  • 2019/06/09 05:00 【時事|外交|金融
    米中貿易戦争と日米同盟、そして日本が果たすべき役割 (32コメント)
  • 2019/06/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月8日版) (105コメント)
  • 2019/06/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    放っておけば勝手に自滅 自称元徴用工代理人のホンネとは? (36コメント)
  • 2019/06/07 22:00 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「米国が北朝鮮を先行攻撃できる体制は整った」 (38コメント)
  • 2019/06/07 11:11 【時事|韓国崩壊
    日本の安全保障に対する本当の脅威は「韓国のコウモリ外交」 (67コメント)
  • 2019/06/07 05:00 【時事|国内政治
    朝日新聞が日韓首脳会談を要求したこと自体が答えになっている (51コメント)
  • 2019/06/06 11:30 【時事|韓国崩壊
    「日韓協力」「日韓首脳会談」 日本の世論が許さない状況に (54コメント)
  • 2019/06/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    「習近平訪韓」報道は正しいのか、そして事実ならその狙いは? (37コメント)
  • 2019/06/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    経常赤字の衝撃 韓国の「貿易危機」は続くのか (10コメント)
  • 2019/06/05 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の経常収支が7年ぶりに赤字」の意味を考えてみる (7コメント)
  • 2019/06/05 13:45 【時事|韓国崩壊|金融
    「為替変動」だけでは説明がつかない、韓国の外貨準備の減少 (9コメント)
  • 2019/06/05 12:00 【マスメディア論|時事
    マスコミが叩かれるのは「不寛容」のためではなく自業自得 (20コメント)
  • 2019/06/05 11:15 【時事|国内政治
    安倍晋三氏の総理大臣在任日数が歴代3位に (9コメント)
  • 2019/06/05 05:00 【時事|金融
    欧州発の金融危機?インチキ会計基準IFRSと欠陥通貨ユーロ (18コメント)
  • 2019/06/04 16:45 【時事|経済全般
    霞ヶ関はスーパーブラック企業もびっくりのブラック職場? (34コメント)
  • 2019/06/04 12:00 【時事|韓国崩壊
    米韓未来連合司令部の創設と「米韓同盟消滅」の足音 (24コメント)
  • 2019/06/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「ネットの岩屋叩き」、日韓首脳会談見送り要因の1つに? (69コメント)
  • 2019/06/04 05:00 【韓国崩壊
    経済制裁論は経済戦争なのか 何より大事なのは日本の国益 (22コメント)
  • 2019/06/03 16:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    USDKRWの攻防続く?一時1180割れも再び売られる (18コメント)
  • 2019/06/03 15:00 【時事|金融
    髙橋洋一氏と朝日新聞論説委員の討論は「大人と子供の勝負」 (12コメント)
  • 2019/06/03 12:00 【時事|外交
    北朝鮮の強がりは想定内 相手を弱らせるのが敵対外交の鉄則 (10コメント)
  • 2019/06/03 06:00 【時事|国内政治
    ネット「無能な岩屋はさっさと辞めろ」 常軌逸した岩屋叩き (98コメント)
  • 2019/06/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    週末の韓国メディア 何かと理解の範疇を超える記事の数々 (17コメント)
  • 2019/06/02 12:00 【時事|韓国崩壊|外交
    岩屋氏、シャングリラ会合で「開かれたインド太平洋」を強調 (45コメント)
  • 2019/06/02 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    東アジア共通通貨に対抗し得る円の国際化と通貨スワップ拡大 (13コメント)
  • 2019/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月1日版) (234コメント)
  • 2019/06/01 07:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問の「真の狙い」を考察する (33コメント)
  • 2019/06/01 05:00 【雑感オピニオン
    明らかに不合理な言語・英語 学習するなら目的に応じて (47コメント)
  • 2019/05/31 14:15 【時事|外交
    中国漁船?南シナ海で豪州ヘリに漁船がレーザー照射か (24コメント)
  • 2019/05/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    LAの学校の壁画が修正へ 被害者でなく加害者としての韓国 (87コメント)
  • 2019/05/31 05:00 【韓国崩壊
    韓国への対抗手段は経済制裁ではなく、経済焦土化作戦なのか (45コメント)
  • 2019/05/30 12:45 【時事|韓国崩壊
    遅まきながら韓国産水産物の検査強化、ほかの分野にも及ぶのか (37コメント)
  • 2019/05/30 10:30 【時事|韓国崩壊
    中国が「一帯一路」で韓国に揺さぶり?自業自得の韓国外交 (35コメント)
  • 2019/05/30 06:00 【時事|外交
    外相・防衛相2+2会談の相手国が増えるのは良いことだが… (14コメント)
  • 2019/05/30 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり (15コメント)
  • 2019/05/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の重鎮議員を迎えたのは「ワタミ」さん1人だったが… (42コメント)
  • 2019/05/29 12:15 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム事故は人災 そして責任を全力否定する韓国企業 (33コメント)
  • 2019/05/29 10:45 【RMB|時事|金融
    米国の為替監視レポート詳細 中国とドイツを問題視する米国 (7コメント)
  • 2019/05/29 05:00 【外交
    朝日新聞と韓国の共通点は「日米首脳会談の成功を妬むこと」 (26コメント)
  • 2019/05/28 22:15 【時事|外交
    アジア要人が続々来日:スピード感のある仕事をする安倍政権 (10コメント)
  • 2019/05/28 12:15 【時事|韓国崩壊
    日韓防衛相会談見送り報道とマスコミ関係者の「思い込み」 (41コメント)
  • 2019/05/28 11:11 【時事|外交
    トランプ訪日成功に慢心するな 次の一手は日台通貨スワップ? (24コメント)
  • 2019/05/28 05:00 【韓国崩壊
    「別に日韓関係改善を望んでいない」というのは日本も同じ? (44コメント)
  • 2019/05/27 17:30 【時事|韓国崩壊
    外務省が旭日旗説明資料を掲載したことの本質的な意味とは? (33コメント)
  • 2019/05/27 14:25 【時事|外交
    「あの国」のメディアが天皇陛下会見と緊密な日米関係を詳報 (30コメント)
  • 2019/05/27 12:11 【時事
    天皇・皇后両陛下がトランプ大統領夫妻と面会 (3コメント)
  • 2019/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    ついに韓国メディアが「コウモリ外交の破綻」を認めてしまう (23コメント)
  • 2019/05/27 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国への経済制裁あれこれ、そして日本が持つべき覚悟とは? (55コメント)
  • 2019/05/26 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の伝統:やっぱり政争に外国勢力を招き入れて来たのか? (17コメント)
  • 2019/05/26 11:45 【時事|韓国崩壊
    「日本も困っているはず」?なぜ韓国メディアは読み誤るのか (38コメント)
  • 2019/05/26 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞社が165万円の賃下げ」という報道のインパクト (49コメント)
  • 2019/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月25日版) (103コメント)
  • 2019/05/25 05:00 【時事|外交
    トランプ大統領訪日を契機に、「希望の同盟」について考えた (65コメント)
  • 2019/05/24 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア 根本的な認識がおかしいから、結論を間違える (49コメント)
  • 2019/05/24 11:30 【時事|韓国崩壊
    「文在寅氏は日韓首脳会談を望んでいる」、本当ですか? (20コメント)
  • 2019/05/24 05:00 【時事|政治その他
    シンゾー・アベじゃなく、アベ・シンゾーと呼んでください (65コメント)
  • 2019/05/23 23:45 【時事|韓国崩壊
    建設的議論が期待できない日韓外相会談でも必要な理由とは? (28コメント)
  • 2019/05/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    彼女がフィリピンに渡ったとき、日本軍はいませんでしたよ? (38コメント)
  • 2019/05/23 09:45 【マスメディア論|時事|国内政治
    野党の謎の風頼み、正体は「マスコミ頼み」でしょう (14コメント)
  • 2019/05/23 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「スワップを結ばないこと」が韓国への意図せざる経済制裁に (51コメント)
  • 2019/05/22 13:45 【時事|金融
    対中輸出に急ブレーキ それでも増税を強行するつもりですか? (15コメント)
  • 2019/05/22 11:00 【時事|韓国崩壊
    真の親日派とは、文在寅氏その人だ (26コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。