実名は伏せますが、先日、ある優れた評論家の方とお会いする機会を得ました。その人物の実名を明らかにすることはしませんが、いろいろお話をお伺いする中で、今まで漠然としていたことが、1つ、「信念」に変わりつつあります。それは、「人間は万能ではないからこそ、議論をすることが何よりも大切だ」、という持論です。折しも先週、『サヨクの皆さんの主張がつまらないのは議論を拒否するからだ』のなかで、いわゆる「サヨク」と呼ばれる人たちの主張が絶望的につまらないのは、彼らが議論を拒否するからだと申し上げました。また、私たちの隣国・韓国の場合も、「反日原理主義」に染まるあまり、議論を拒絶しているように未来えられます。議論の先にあるのは繁栄であり、議論を拒絶すれば、その先にあるのは滅亡ではないかと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サヨク、パヨク、ネトウヨ

以前、『サヨクの皆さんの主張がつまらないのは議論を拒否するからだ』のなかで、いわゆる「サヨク」と呼ばれる人たちの主張について紹介しました。

サヨクの皆さんの主張がつまらないのは議論を拒否するからだ

いや、便宜上私は彼らのことを「サヨク」と呼びましたが、正直、私は彼らを何と呼べばよいのか、今ひとつよくわかりません。「反原発」、「反アベ」、「反沖縄米軍基地」、「反戦」、「憲法9条守れ」など、だいたい判で押したように彼らの主張は同じで、ネット上では「パヨク」とバカにされることもあります。

もともとこの「パヨク」という単語は、千葉麗子さんが執筆した『さよならパヨク』『くたばれパヨク』などの書籍に出てきた単語で、私の理解が正しければ、「歌と踊りで自分たちの主張をただ押し付ける、頭が悪い極左活動家」のことです。

(※ちなみに「パヨク」絡みでは、最近、『パヨクニュース2018』なる書籍も刊行されているそうです。)

もっとも、「サヨク」、「パヨク」、「ネトウヨ」などの単語は、インターネット空間などで見かけることが多いのは事実ですが、論者によっては微妙に意味合いが異なることもあるため、当ウェブサイトでもこれらの言葉を巡って、使おうかどうかと悩むことがあるのも事実です。

いずれにせよ、当ウェブサイトで「サヨク」という言葉を使うときは、便宜上、「反アベ、反原発、反戦などで思考停止している人たち」のことを指すことにしたいと考えています。

議論することの意味

読者コメントについて考える

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』は、「読んで下さる方々の知的好奇心を刺激すること」を目的に、政治、経済などの分野から話題を選定して提供する「ウェブ評論サイト」です。

といっても、私自身はジャーナリストでも官僚でも学者でも政治家でもありません。単なる中小企業経営者です。少しばかり金融の専門的な知識を持っているものの、基本的にはどこにでもいる社会人の1人に過ぎません。

このため、当ウェブサイトの評論スタンスは、「世の中の誰も知らない秘密のことがら」を暴露する、というものではありません。あくまでも「誰にでも取得できる情報」をもとにして、合理的な推論により仮説を導く、というものです。

そして、そのついでに「仮説を構築するプロセス」そのものを楽しんでしまおう、というのが当ウェブサイトの基本的な考え方です。だからこそ当ウェブサイトの場合は読者コメントを基本的に自由とさせていただいているのであり、また、今のところその狙いはうまく行っているように思えるのです。

正直なことを申し上げれば、読者コメントを拝読していると、「なるほど!」と膝を打つコメントもあれば、必ずしも賛同できるとは限らないようなコメントもあります。ただ、多様なコメントが寄せられるという意味では、当ウェブサイト自体が1つの言論空間として機能している、ということでもあるからです。

読者コメントを完全自由にすると…?

こうしたなか、最近になって気付いたことが1つあります。

それは、コメントを完全に自由にしてしまうと、却って良質なコメントが寄せられる、という事実です。実際、当ウェブサイトの場合、コメントを完全に自由としているのですが、そのわりに、奇妙な煽りコメントのたぐいがほとんど湧かないのです。

本来、当ウェブサイトではコメント自由ですので、当然、当ウェブサイトの主張を口汚く罵ることだって可能です(※ただし、特定人に対する名誉棄損、脅迫、犯罪予告のたぐいに該当すれば、事後的に削除することもありますが…)。

たとえば、東京新聞の望月衣塑子(もちづき・いそこ)記者が菅義偉(すが・よしひで)内閣官房長官の定例記者会見の場に現れては意味不明な質問を繰り返している問題については、当ウェブサイトでは望月記者側に対してかなり批判的に取り上げて来ました。

この手の記事を巡っては、望月記者の側から見れば、「かなり一方的な批判」だと感じるのではないかと思うのですが、これについてもし可能であれば、望月記者の擁護者の側から、「理論的な反論」を聞いてみたい気もします。

ただ、不思議なことに、当ウェブサイトに寄せられる大部分のコメントが望月記者(や内閣記者会など)に対して批判的なものばかりであり、望月記者の擁護者と思しき人たちからのコメントは、ほとんどありません(また、コメントも非常に冷静なものばかりです)。

これについては、当ウェブサイトにおいて、別に異論を排除しているつもりはありません。それなのに、望月記者らの問題を巡る当ウェブサイトの主張に対しては、なぜか「異論」自体ががほとんど出てこないのです。

これについては、正直、困惑せざるを得ません。

私自身は当ウェブサイトの主張が100%正しいとはまったく考えていませんし、望月氏には望月氏なりの正義があるのだと思いたいところですが、残念ながら、そのようなものがあるのかどうかすら、最近は疑わしいと思ってしまうのです。

読者の批判コメント

もちろん、「読者コメント完全自由」にすることで、かなり感情的で低レベルな批判コメントが大挙して寄せられる、というリスクがあることもまた事実でしょう。

実際、インターネット上には、さまざまな極論が存在しています。

私自身が当ウェブサイトを開始したのは、『私がウェブ評論を開始したわけ』に記載したとおり、ふとしたきっかけでマスコミ各社の報道姿勢に対し、その正確性や客観性を巡って強い疑問を抱き、やがてその疑問が確信に変わったからです。

現在の私は、「マスコミの報道については100%鵜呑みにすべきでない」と考えていますが、だからといってマスコミの報道が100%間違っている、というわけでもありませんし、マスコミ以外の情報源が常に正しい、というわけでもありません。

こうしたなか、私がとくに酷いと思うのは、次のようなフェイク・ニューズ・ブログです。

ちなみにあくまでも私自身が調べた限り、「河野太郎閣下が韓国との断交を決断した」だの、「小野寺防衛相が『自粛するわけねーだろバーカ』と発言した」だの、「韓国側から日韓断交の申し入れがあった」だのといった事実はありません。

おそらく、この手の非常に劣悪なサイトは、わざと刺激的なフェイク・タイトルを付けることでアクセス数(と広告収入)を稼ぐのが目的でしょう。そして、このように不正確な情報に基づいて極論を煽るというやり方自体、長い目で見たら、インターネットの信頼性を貶めることもつながりかねません。

本来ならば他サイトを「低レベル」などと申し上げたくはないのですが、やはり、フェイク・ニューズばかりを集めたサイトは低レベルです。そして、私が見たところ、やはり「低レベルなサイトには低レベルなコメントが集まる」、という気がします(低レベルなフェイク・タイトルをたしなめるコメントがないわけではありませんが…)。

当ウェブサイトの場合は、少なくともこの手の「事実に基づかない悪質な捏造」をベースにした議論を排除するようにしているため、やはり、「過激な主張を求める人」、「議論をじっくり読むことができない人」は、自然に当ウェブサイトを訪れなくなってしまう、という側面があるようです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



議論の意味とは?

本当に怖い反論

一方、ウェブ評論家として「本当に怖い反論」とは、下らない感情的な煽りコメントではありません。

冷静・沈着に、当ウェブサイトの議論の穴を指摘する、という種類のコメントです。

先ほど申し上げたとおり、私自身は金融について多少の知識はあるものの、基本的には世の中の一般的なビジネスマンと同じような知識量しか持ち合わせていません(とくに「軍事が重要だ」と指摘する割に、肝心の軍事分野に関する知識については乏しいというのが実情でしょう)。

また、執筆した時点では「この推論は正しいに違いない」と自信を持っていたとしても、読者コメント欄でこれらの議論の欠陥を指摘されると、本気で焦ります。人間は得意分野でこそ失敗するといわれていますが、まさに、情報の読み込みが浅いと、思わぬ部分で足を取られるものです。

ただし、この手のコメントがあるからこそ、当ウェブサイトとしても議論がブラッシュアップされる、という側面があることもまた事実でしょう。

たとえば、私が好んで用いる用語の中に、「国民の敵」というものがあります。

これについて当初は、

選挙で選ばれたわけでもないくせに、不当に大きな権力を持ち、国益を邪魔している勢力のこと

と定義していたのですが、その後、複数の方から、相次いで、

  • 立憲民主党や日本共産党の議員は(いちおうは)選挙で選ばれていますよ
  • 2009年に当時の民主党は選挙で圧勝したから、民主党政権は国民の敵じゃないことになりますよ

といった指摘を頂きました。

これらについては、本当にそのとおりです。

とくに2009年の民主党政権については、仮にマスコミによる偏向報道のためであったにせよ、間違いなく有権者が民主党政権を選択したわけですから、先ほどの定義に従えば、2009年9月以降、3年3ヵ月間続いた民主党政権を「国民の敵」と呼ぶのは適切ではありません。

したがって、最近では「国民の敵」の定義を、このように変更しました。

消費者や有権者などから信を得たわけでもないくせに、不当に大きな社会的影響力、権力を持ち、国益を邪魔している勢力のこと

このように定義すれば、たとえば立憲民主党についても、「2017年10月の総選挙でわずか60議席足らずの議席しか得ていないにも関わらず、野党第1党として、有権者から付託されている以上に不当に大きな権力を得ている」という定義に該当して来ることになります。

その意味で、「本当に怖い反論」とは、「本当に有益な反論」だと言い換えることができるのであり、だからこそ、当ウェブ評論サイトの読者コメントについては、「批判コメントには非常に大きな価値がある」、と考えているのです。

「あさま山荘事件」と理論の純化

さて、どうして私が「議論」と「異論」にこだわるのかといえば、同じような考え方の人たちで凝り固まると、議論が間違った方向に純化しても、それを修正するという方向に働き辛くなります。

これについて、実名は伏せますが、とある優れた評論家の方から、先日、ある例え話を聞きました。

それは、「あさま山荘事件」です。

調べてみると、これは1972年2月に発生した、連合赤軍のメンバー(日本共産党の一派)が軽井沢にある「あさま山荘」に立てこもった事件です。犯人集団は事件の直前まで、仲間内での抗争を繰り返し、理論が仲間内でどんどんと先鋭化、過激化していったという経緯もあったようです。

結局、この事件は発生から10日目で警察の機動隊が山荘に強行突入し、犯人全員を逮捕することで解決しましたが、その過程で警察や民間人などに犠牲者も出てしまうなど、凄惨な結果に終わったとのことですが、これについて考えていくと、実に教訓に満ちています。

この事件が発生したのは今から実に50年近く前のことですが、現代の左派メディアを見ていると、「仲間内で固まり、議論を排除することで、議論がどんどんと純化・先鋭化していく」、という意味では、現代につながる教訓でしょう。

また、私たちの隣の国・韓国の場合も、本来ならば全面的な同盟国となってくれるはずの日本を敵視してしまうなど、完全に理論が間違った方向に純化されてしまっているため、ある意味では国全体が「あさま山荘」のようになってしまっている、という言い方ができるのかもしれません。

人間は万能ではない!

ところで、私自身、1つの仮説を持っています。

それは、世の中にはさまざまな問題がありますが(たとえば改憲・護憲、反原発・原発推進など)、いずれの問題においても、「結論」を決めつけてかかるべきではない、という点です。

考えてみれば、「サヨク」の皆さんが議論を極端に嫌う理由は、「反原発」、「反アベ」、「反沖縄米軍基地」、「反戦」、「憲法9条守れ」など、「結論」が決まってしまっているからではないでしょうか。だからこそ、この「異論は認めない」とする姿勢に、多くの人が反発を抱くのです。

これと同様、日本国民が韓国を見ていて強い違和感を抱く理由は、「反日」という国是が決まっていて、何をどう議論しようが、異論が許されないからでしょう。

もちろん、たとえば「原発推進」を巡っても、安全性や核廃棄物など、あいまいなままの論点はたくさんありますし、過去に原子力関連で、凄惨な事故も多数発生しています。原子力開発を盲目的に推進するという考え方が正しいとは思えません。

また、改憲議論を巡っても、私自身、護憲派も改憲派も「憲法といえば第9条」と考えていることには強い違和感を覚えており、日本国憲法にはむしろ「天皇の国事行為」について定めた憲法第7条など、問題のある規定はほかにもたくさんあると考えています。

また、ついでに申し上げるなら、「憲法」イコール「全面改正」という考え方にも違和感があります。日本国憲法にはたしかに欠陥がたくさんありますが、自由主義、民主主義、資本主義、法治主義、人権尊重など、近代国家としての基本となる重要な考え方については大切にすべきでしょう。

いずれにせよ、人間というものは、森羅万象の問題を巡り、1人で100%の正解を考え付くほど万能の存在ではありません。社会全体の方針を決めるときには、それに先立ってさまざまな立場の人が、さまざまな視点から意見を述べるべきですし、それを議論するのが国会という場所であるべきなのです。

日本社会をより良くしていくためには、さまざまなテーマについて、さまざまな立場の人が議論する場が必要であり、私自身が当ウェブサイトを運営しているのも、結局のところ、当ウェブサイトがそのような議論の場の1つになれば嬉しいと思っているからなのです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、人間は変わっていくものです。

私自身が昔は尊敬していた某ブロガーの方も、今やすっかり「反アベ原理主義者」のようになってしまっているようですし、右も左も関係なく、自分自身の理論に絶対的な自信を持っている人は、言論統制などに関心を持ってしまうのかもしれません。

私自身もそうならないように自戒しなければならないという気持ちもありますが、現在、私が最も望んでいることは、当『新宿会計士の政治経済評論』が捨て石の1つになり、多様なウェブ評論サイトが多数出現することなのかもしれません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (28コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (25コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (28コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (14コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (49コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (55コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (30コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (23コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (36コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (14コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (48コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (100コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)
  • 2019/03/25 13:45 【時事|韓国崩壊
    三菱重工業の資産差し押さえ、放置しても差し支えない…のか? (47コメント)
  • 2019/03/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報の「ご都合主義」 相変わらず心に響かない主張 (19コメント)
  • 2019/03/25 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要 (6コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。