最近、日韓関係は10月11日の「国際観艦式での旭日旗騒動」に加え、10月30日の「徴用工判決」などでぎくしゃくしており、とくに徴用工判決を巡っては、昨日のNHKの調査によれば「納得する」という日本国民が2%しかいなかったことが判明しています。世の中では「そんな無法国家の韓国とは断交すべきだ」といった極論を唱える人もいるのですが、私はまったく別の次元で、日本がいますぐ、韓国とのお付き合いを全面的に見直すべき事態が発生しつつあると考えています。それは、「北朝鮮」ファクターです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

安保上の理由から韓国と距離置け

最近私は、本気で日韓両国の往来を制限すべきではないかと思うようになりました。といっても、別に私は「嫌韓主義者」ではありません。「日韓の往来を制限すべきだ」と考える理由は、むしろ、国としての安全保障をきちんと確保しなければならない、という観点からの話です。

私がそう考える根拠はいくつかあるのですが、そのうちの1つは、最近、韓国が北朝鮮との距離を急激に縮めていることにあります。そう思わざるを得ない事例の1つが、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に掲載された、次の記事です。

韓国陸軍 非武装地帯監視所の撤去を開始(2018/11/12 17:21付 聯合ニュース日本語版より)

聯合ニュースによると、韓国陸軍は南北合意に基づき、12日までに非武装地帯(DMZ)内の監視上11ヵ所の兵力や火力装備の撤収を完了し、GP施設(監視哨戒所)自体の撤去作業に取り掛かったのだそうです。

リンク先の記事にはその様子の写真も掲載されているのですが、「試験的に撤収」と言いながら、哨戒所の建物そのものを重機で破壊しているようにしか見えません。これでは「試験的」ではなく、明らかに恒久措置ではないでしょうか?

聯合ニュースはこれについて、

9月の南北首脳会談の際に署名された軍事分野合意書に基づき行われるGPの撤収は、南北間の軍事的緊張解消と武力衝突防止のための具体的かつ象徴的な措置とされる。

と述べているのですが、私には哨戒所の撤収が「武力衝突防止」のためになるとは思えません。

北朝鮮は韓国に向けた砲門を38度線上にずらっと並べているという話もありますし(といっても真偽不詳ですが…)、地図で調べると、韓国の首都・ソウルは38度線から最短で40キロメートルも離れていません。

もちろん、軍事専門家の中には、「北朝鮮は現実に38度線から韓国を攻撃する能力を持っていない」(つまり「北朝鮮は恐れるに足らず」)という主張をする方もいらっしゃるようですが、安全保障上の措置を憶測だけで論じるという考え方には、私は強い違和感を抱きます。

自業自得の韓国外交

延坪島砲撃事件の教訓

その違和感の根拠でもある事例が、「延坪島砲撃事件」です。

これは、2010年11月23日に、韓国領の延坪島(えんびょうとう)に対し、およそ12キロ離れた北朝鮮領の対岸から砲弾が撃ち込まれた事件です。当時の報道をもとにした私自身の手元メモによれば、延坪島は砲撃後に軍人、民間人に複数の犠牲者が出たほか、家屋が炎上するなどの被害が生じました。

そして、この事件を巡って、私が重要なポイントだと考えているのは、次の2点です。

  • 「軍備は貧弱だ」といわれていたはずの北朝鮮人民軍が、北朝鮮領内から10キロメートル以上離れた韓国領内に砲弾を撃ち込み、韓国に対して被害を与えたという事実
  • 韓国は北朝鮮に対し、軍事装備その他の点において圧倒的な優位を保っているはずなのに、北朝鮮による砲撃に対し、ろくに反撃すら行わなかったという事実

1点目については、私はこの砲撃が北朝鮮にとって、結果的に朝鮮半島有事に関するシミュレーションのようなものとして役立ったのではないかと考えています。

自分たちが保持している兵器で実際に韓国にどの程度の打撃を与えることができるかという実戦データを取得したことに加え、自分たちの砲撃により韓国軍がどのような行動に出るか(反撃するか、逃げるか、など)に関する知見を得ることもできたからです。

一方、2点目については、むしろ私たち日本も含めた国際社会にとって、重要な情報をもたらしてくれました。それは、「韓国は国家としての体を成していない」、という仮説です。

通常、国家が国家であるためには、国民の生命と財産を守る義務があります。

しかし、延坪島砲撃事件で、現実に韓国の民間人に犠牲者が生じている以上、韓国は北朝鮮に対し、責任者の処罰や損害賠償を求めたわけでもありませんし、後日、延坪島砲撃に対する報復措置として、平壌空爆などの反撃措置に出たわけでもありません。

しかも、当時の韓国政府は親北派の盧武鉉(ろ・ぶげん)政権ではなく、北朝鮮には比較的強硬な姿勢を見せていたはずの李明博(り・めいはく)政権でした。保守派の政権ですら、北朝鮮にはろくに反撃しなかった、ということです。

いずれにせよ、北朝鮮が物理的に韓国を砲撃し、大きな打撃を与える能力を持っているという事実と、韓国は攻撃を受けても北朝鮮に反撃しなかったという事実が残ったのであり、わが国にとっても韓国を「軍事的な準同盟」として信頼できるものなのか、もう1度じっくり考えてみる必要があります。

一番大事なのは日米との関係だ

そもそも論で考えてみましょう。

古今東西、ありとあらゆる国家は「国民が安全で幸せに暮らしていける環境を作ること」を使命としています。これを難しい言葉では「(軍事的)安全保障」と「経済的利益」と呼びますが、この2つの目的を達成することが「国益」です。

国益とは?
  • 軍事的な安全保障…国土や国民の生命・財産を外国の侵略から守ること
  • 経済的な利益…国民が最低限、健康で文化的な生活を送れるようにすること

これは韓国にとってもまったく同じことです。

まず、韓国は1945年に38度線の南部を米軍が占領し、その3年後の1948年に米国から独立したことで建国されたのですが、それ以来、(紆余曲折はありましたが)結果的に米軍が国土の防衛を担ってくれていました。

といっても、朝鮮戦争(1950年~53年)では国土が荒廃してしまいましたが、韓国は常に38度線を挟んで北朝鮮と対峙してきたのであり、米軍は韓国に駐留して来たのです。その意味で、軍事的な安全保障は米国のおかげで保たれてきたという言い方ができます。

また、日本統治時代の資産は北朝鮮に集中していたためか、韓国は1960年代までは北朝鮮と比べて圧倒的に貧しい国でした。しかし、1965年の日韓基本条約、日韓請求権協定を受けて、有償・無償の巨額の支援がもたらされました。

日本から韓国にもたらされたのは、金銭的な支援だけではなく、さまざまな技術やノウハウ、製造拠点の移転などが含まれており、まさに「どんな最貧国であっても先進国になるほどの莫大な支援」が注ぎ込まれたのです。

そのことから、韓国が「国としての機能」を大切にするならば、何より大事にしなければならないのは米国と日本の2ヵ国との関係です。また、韓国が自由・民主主義国家であり続けるためには、一に米国、二に日本との関係を維持し続けなければなりません。

中韓国交正常化

ところが、韓国は驚くべきことに、それと真逆の行動を取ってきました。

たとえば、1992年に中国と国交を正常化して以来、急激に中国との関係を深めていきます。

荒木信子氏の著作『なぜ韓国は中国についていくのか』によると、中韓両国の貿易は1970年代に始まったものの(同P62)、やはり1992年の中韓国交正常化以降、韓国は中国との投資、貿易総額ともに急速に増やしているというのです(同P112)。

中韓国交正常化の効果:韓国の中国への対外直接投資
  • 1993年…378件、2億7178万ドル
  • 1994年…836件、6億4080万ドル

(【出所】荒木氏の著作『なぜ韓国は中国についていくのか』P112)

また、中国への擦り寄りの結果、総務省統計局が発行する『世界の統計2018』によると、韓国のGDPは約1.4兆ドル(※)、輸出は4954億ドル(※)、輸入は4061億ドル(※)ですが、このうち中国との貿易高は、輸出が1244億ドル(※)、輸入が870億ドル(※)です。

(※)数値はすべて2016年のもの。

韓国のGDPと中韓の貿易高(いずれも2016年の数値)
  • 名目GDP…1,411,246百万ドル
  • 輸出総額…495,418百万ドル
    • うち対中輸出…124,433百万ドル
  • 輸入総額…406,182百万ドル
    • うち対中輸入…86,979百万ドル

(【出所】『世界の統計2018』P57、P171)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



親中か親北か

中国は経済で嫌がらせをする!

つまり、韓国経済(GDP)に占める中国への輸出高は10%近くに達しています。

そんな中国は、法治主義が期待できない国です。韓国に言うことを聞かせるために、この経済依存度を悪用して、いきなり韓国に対して嫌がらせを仕掛けてくるというリスクがあるという点については、私はかなり以前から指摘して来た点です。

実際、2016年7月8日に、当時の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権が米国との間で高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の在韓米軍への配備で合意したところ、その後、中国は韓国に対し、観光旅行の制限や韓国系百貨店の営業停止処分などの嫌がらせを仕掛けて来ました。

現在、韓国経済が苦境に陥っている原因の1つは、文在寅(ぶん・ざいいん)現大統領による最低賃金引き上げなどの雇用政策の失敗(『雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金』参照)にもありますが、文在寅政権以前の対中傾斜という要因も見逃せません。

実際、政権交代後の現在でも、中国は韓国に対し、さまざまな嫌がらせを仕掛けています。

昨年12月に文在寅大統領は中国を「国賓」として訪問しましたが、10回の食事中、8回「ひとりメシ」を余儀なくされました(『安倍総理歓待する中国の気持ち悪さと日中スワップ巡る誤解』参照)し、昨日はこんな記事も出ています。

<チャイナインサイト>日本は重視、韓国には無関心…中国のパッシング?(1)(2018年11月13日10時04分付 中央日報日本語版より)

親北派の大統領は3人!

ところで、現在の韓国が中国にいじめられていることは事実ですが、法治主義が期待できない中国とここまで関係を深めた韓国の自業自得だと思いますが、中国にわざわざいじめられる原因を作りに行くあたり、どうも韓国という国は、国家としての軸があまりにもブレ過ぎだと言わざるを得ません。

こうしたなか、もう1つ、韓国外交を象徴するのは、北朝鮮との関係です。

1988年の民主化以降、韓国には明確な「親北派大統領」が3人輩出されました。

1人目は金大中(きん・だいちゅう、任期1998年~2003年)、2人目は盧武鉉(任期2003年~2008年)で、両者ともにすでにこの世を去っています(※余談ですが、私は盧武鉉が死亡した理由は、北朝鮮の工作員による「口封じ」の可能性もあると見ています)。

そして、3人目が、現在の文在寅大統領です。

文在寅氏は2017年5月に大統領に就任して以来、一貫して北朝鮮のために行動して来た人物ですが、逆に言えば、北朝鮮との関係改善以外に、外交に対してはあまり関心を持っていないようにも見受けられます。

たとえば、日本との関係は、徴用工問題、旭日旗問題、慰安婦問題などにより、もはや風前の灯のような状況になっているにも関わらず、大統領府はこれについて明確な動きを見せていません。

親中派と親北派で揺れ動いてきた韓国外交

結局のところ、民主化以降の韓国の政権は、親中派か親北派かという違いで揺れ動いて来たに過ぎず、いずれの政権も猛烈な反日、そして程度の差こそあれ決して親米とはいえないという共通点があったのではないかと思います。

民主化以降の韓国大統領(敬称略)
  • 1988年2月~1993年2月 盧泰愚(ろ・たいぐ)
  • ●1993年2月~1998年2月 金泳三(きん・えいさん)
  • ○1998年2月~2003年2月 金大中(きん・だいちゅう)
  • ○2003年2月~2008年2月 盧武鉉(ろ・ぶげん)
  • ●2008年2月~2013年2月 李明博(り・めいはく)
  • ●2013年2月~2017年3月 朴槿恵(ぼく・きんけい)
  • ○2017年5月~現在 文在寅(ぶん・ざいいん)

盧泰愚を除く各大統領について、「●」は親中派、「○」は親北派です。

いずれの大統領も在任中に大なり小なり反日的な言動を取っていますが、「●」で示した大統領は北朝鮮に距離を置きつつも中国に接近し、「○」で示した大統領はむしろ積極的に北朝鮮との距離を縮めようとしました。

要するに、歴代韓国大統領は「反日・親中」か「反日・親北」かの違いであって、どの大統領も、韓国が国として存続し続けるために重要な日本との関係をないがしろにする、という点ではまったく同じだったのではないかと思います。

すべては国としての軸を持たぬ悲劇

くどいようですが、私は別に「民族差別主義者」ではありません。

韓国は日本の隣国であり、仲良くできるのならば、隣国同士ともに手を取り合い、未来に向けて発展し合える関係になるのが理想であることは間違いありません。また、民間レベルでの日韓交流は大切にすべきだとも考えていますし、私自身には個人レベルでは信頼に値する韓国人の友人もいます。

ただ、それと同時に、韓国が「国としての幸せ」を追求するならば、まずは日米との関係を大切にすべきでしたし、とくに日本のことは「かけがえのない隣国」として尊重すべきでした。

実際に韓国がやってきたことは、韓国に対して絶対に軍事的脅威を与えない日本に対し、歴史問題を初めとするさまざまな問題を捏造してまで糾弾しつつ、現実に軍事的脅威を与えている北朝鮮や、現実に経済的脅威を与えている中国に対しては何ら反撃を試みないという、まことに卑劣で無様な生き方です。

もちろん、韓国がどんな反日教育を施そうが、それは韓国の勝手であり、自由です。

しかし、韓国が日本を嫌うというのならば、日本にも韓国を友人として選ばない自由がありますし、韓国があることないこと捏造して日本を攻撃するならば、日本にはそれに反論し、反撃する権利があります。

ところで、世間的には「慰安婦」「徴用工」「旭日旗」の「3点セット」で韓国と距離を置くべきだ、とする意見があるのですが、私が「韓国と距離を置くべきだ」と考えている理由は、そこではありません。

現実に韓国が北朝鮮に呑み込まれそうになっているのですから、安全保障上の理由で韓国と距離を置くべきだ、という考え方です。そして、事態は一刻を争います。

その第一歩として、やはり韓国国民を装った北朝鮮工作員の侵入を防ぐために、韓国国民が日本に入国する際の入国審査を厳格化する、観光ビザの滞在可能日数を短縮する、理想をいえば入国ビザ制度自体を復活させることなどが必要ではないかと思うのです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

日本にとって最大の軍事的脅威は中国ですが、それと同時に、北朝鮮や韓国が統一国家を形成して「核武装する」という事態を避けるためには、中国と連携することも止むを得ないでしょう。あるいは、中国が日本との連携を拒絶するならば、日本としては核武装を検討しなければなりません。

もっとも、私自身は日本の核武装には反対ですが、この点についてはまた機会を見て、どこかでじっくりと議論したいと考えています。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/05/27 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国への経済制裁あれこれ、そして日本が持つべき覚悟とは? (16コメント)
  • 2019/05/26 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の伝統:やっぱり政争に外国勢力を招き入れて来たのか? (17コメント)
  • 2019/05/26 11:45 【時事|韓国崩壊
    「日本も困っているはず」?なぜ韓国メディアは読み誤るのか (31コメント)
  • 2019/05/26 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞社が165万円の賃下げ」という報道のインパクト (45コメント)
  • 2019/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月25日版) (60コメント)
  • 2019/05/25 05:00 【時事|外交
    トランプ大統領訪日を契機に、「希望の同盟」について考えた (65コメント)
  • 2019/05/24 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア 根本的な認識がおかしいから、結論を間違える (49コメント)
  • 2019/05/24 11:30 【時事|韓国崩壊
    「文在寅氏は日韓首脳会談を望んでいる」、本当ですか? (20コメント)
  • 2019/05/24 05:00 【時事|政治その他
    シンゾー・アベじゃなく、アベ・シンゾーと呼んでください (65コメント)
  • 2019/05/23 23:45 【時事|韓国崩壊
    建設的議論が期待できない日韓外相会談でも必要な理由とは? (28コメント)
  • 2019/05/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    彼女がフィリピンに渡ったとき、日本軍はいませんでしたよ? (38コメント)
  • 2019/05/23 09:45 【マスメディア論|時事|国内政治
    野党の謎の風頼み、正体は「マスコミ頼み」でしょう (14コメント)
  • 2019/05/23 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「スワップを結ばないこと」が韓国への意図せざる経済制裁に (51コメント)
  • 2019/05/22 13:45 【時事|金融
    対中輸出に急ブレーキ それでも増税を強行するつもりですか? (15コメント)
  • 2019/05/22 11:00 【時事|韓国崩壊
    真の親日派とは、文在寅氏その人だ (26コメント)
  • 2019/05/22 05:00 【韓国崩壊
    徴用工と慰安婦の共通点:本質はウソツキ韓国と事なかれ日本 (29コメント)
  • 2019/05/21 17:15 【時事|韓国崩壊
    ウォンの防衛ラインは1195?「ウォン安なら株高」説の怪 (29コメント)
  • 2019/05/21 12:00 【RMB|時事|金融
    AIIBの総裁来日と債券発行 いったい何に使うのですか? (14コメント)
  • 2019/05/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    仲裁手続について、韓国メディアの報道をいくつか眺めてみた (7コメント)
  • 2019/05/21 05:00 【時事|韓国崩壊
    対韓仲裁手続付託通告 タイミングと狙いについて考えてみる (53コメント)
  • 2019/05/20 22:15 【時事|外交
    どうなった「蚊帳の外」論 今、安倍総理が金正恩と会う理由 (7コメント)
  • 2019/05/20 16:00 【時事|韓国崩壊
    日本が仲裁手続の付託決定:国際的ルールで韓国を裁く第一歩 (42コメント)
  • 2019/05/20 11:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    ウォン安は続く?スワップ欠く日韓関係、企業はリスク管理を (19コメント)
  • 2019/05/20 05:00 【韓国崩壊
    数値で見る日韓関係:ヒト・モノ・カネの交流状況とは? (12コメント)
  • 2019/05/19 12:45 【時事|韓国崩壊
    あまりにも予想どおり!自称元徴用工らが「基金構想」提示へ (61コメント)
  • 2019/05/19 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    中韓通貨は「大台」目指す?「通貨暴落」の意味を考える (27コメント)
  • 2019/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月18日版) (171コメント)
  • 2019/05/18 05:00 【マスメディア論
    罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性 (56コメント)
  • 2019/05/17 18:45 【時事|国内政治
    不信任案は衆院解散総選挙の「大義」になる?当たり前です (14コメント)
  • 2019/05/17 11:00 【韓国崩壊
    徴用工と瀬戸際外交:放置すれば日本の選択肢が増えるのも事実 (50コメント)
  • 2019/05/17 05:00 【RMB|金融
    朝鮮半島統一費用は1兆ドル?AIIBさん、出番ですよ! (35コメント)
  • 2019/05/16 16:15 【時事|韓国崩壊
    良い国(1192)作る?それとも破綻?為替相場と韓国産業 (21コメント)
  • 2019/05/16 10:30 【時事|韓国崩壊
    嫌な予感つきまとう「トランプ訪韓」、その目的は北朝鮮牽制? (48コメント)
  • 2019/05/16 05:00 【マスメディア論
    被害者への無神経な取材 マスコミはれっきとした加害者だ (25コメント)
  • 2019/05/15 16:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相、自称徴用工問題巡り「対応には限界がある」 (44コメント)
  • 2019/05/15 12:30 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】中央日報「韓日スワップ程度は復元すべき」 (30コメント)
  • 2019/05/15 11:00 【金融
    総論:なぜ通貨安は困るのか 外国から外貨を借りる国の悲哀 (15コメント)
  • 2019/05/15 09:30 【時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】韓国では友好国にレーダー照射するのですか? (14コメント)
  • 2019/05/15 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏の論考を読んで頭をよぎる嫌な予感 日本は歴史に学べ (47コメント)
  • 2019/05/14 23:55 【マスメディア論
    【速報】NHKの受信料収入が7000億円の大台に! (6コメント)
  • 2019/05/14 12:33 【時事|韓国崩壊
    東亜日報記者は「必要条件」と「十分条件」を混同したのか? (38コメント)
  • 2019/05/14 06:00 【金融
    「日本国債はデフォルトしない」論はMMT使わずに説明可能 (37コメント)
  • 2019/05/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国はそろそろ日本に「ツートラック戦略」の対価を払え (25コメント)
  • 2019/05/13 15:30 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    KRWじり下の一方、「4000億ドル外貨準備が安定基盤」 (8コメント)
  • 2019/05/13 11:30 【時事|韓国崩壊
    USDKRWの値動きの裏で、真のリスクは「外貨資金流出」 (26コメント)
  • 2019/05/13 06:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の2年を振り返る:当ウェブサイトの予想は的中? (13コメント)
  • 2019/05/13 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国ウォン下落局面、「韓日スワップ待望論」は出て来るか? (18コメント)
  • 2019/05/12 05:00 【マスメディア論|金融
    真の国民の敵とはNHKと財務省 解決する唯一の方法と人物 (29コメント)
  • 2019/05/11 17:00 【時事|外交
    トランプ氏「ミサイルに反応せず」 瀬戸際外交には無視も有効 (15コメント)
  • 2019/05/11 11:11 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月11日版) (100コメント)
  • 2019/05/11 05:00 【韓国崩壊
    韓国人学者「日本から見て信頼に値するのは韓国より北朝鮮」 (42コメント)
  • 2019/05/10 15:30 【時事|経済全般|外交
    【速報】米、中国の2000億ドルの輸入品に25%関税適用へ (36コメント)
  • 2019/05/10 15:01 【時事|外交
    北朝鮮の挑発と「日米の韓国外し」 静観と経済制裁強化が正解 (11コメント)
  • 2019/05/10 10:00 【時事|韓国崩壊
    予想以上の成果?就任3年目の文在寅政権を生温かく見守りたい (20コメント)
  • 2019/05/10 05:00 【マスメディア論
    ウェブ言論時代 どちらが正しいかは「読者が」判断する (19コメント)
  • 2019/05/09 22:15 【時事|韓国崩壊
    「北がミサイル発射したからウォン安に」の言い訳は渡りに船 (14コメント)
  • 2019/05/09 12:30 【時事|経済全般
    時間もカネもかかる 非上場株式の競売が困難である理由 (17コメント)
  • 2019/05/09 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「プチ・ワロス曲線」とやっぱりおかしい韓国の外貨準備高 (31コメント)
  • 2019/05/09 05:00 【RMB|金融
    AIIBの現状と人民元 日本が「バスに乗らなかった」結果 (12コメント)
  • 2019/05/08 15:15 【時事|韓国崩壊
    「売却するぞ、売却するぞ、今度こそ本当に売却するぞ」 (30コメント)
  • 2019/05/08 11:15 【時事|韓国崩壊
    輸出、通貨、安保のすべてで行き詰る韓国の「次の一手」 (26コメント)
  • 2019/05/08 05:00 【時事|外交
    国際関係アナリスト・北野幸伯氏の優れた論考 (43コメント)
  • 2019/05/07 23:45 【時事|韓国崩壊|金融
    【ショートメモ】USDKRWが1172.76に下落(WSJ) (9コメント)
  • 2019/05/07 11:15 【時事|韓国崩壊
    ウォン安と徴用工問題:韓国の「経済破綻」が単純でない理由 (30コメント)
  • 2019/05/07 06:00 【外交
    北朝鮮情勢 「蚊帳の外」だったはずの日本が主導権を握る (20コメント)
  • 2019/05/07 05:00 【雑感オピニオン
    自作自演コメントは読者への詐欺であり、言論に対する冒涜 (37コメント)
  • 2019/05/06 05:00 【韓国崩壊
    「用日派」のホンネは「克日」 日韓友好が成り立たない理由 (119コメント)
  • 2019/05/05 12:30 【RMB|時事|金融
    麻生総理、中国念頭に「借り手卒業」を促す 当然すぎる発言 (17コメント)
  • 2019/05/05 05:00 【韓国崩壊
    日韓協力がなくても日本はまったく困らないという具体的証拠 (61コメント)
  • 2019/05/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月4日版) (63コメント)
  • 2019/05/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    「CMIMローカル通貨化で人民元が基軸通貨化」報道の怪 (24コメント)
  • 2019/05/03 17:30 【時事|韓国崩壊
    やっぱり「徴用工判決問題サラミスライス論」は正しいのか? (60コメント)
  • 2019/05/03 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    ウォン安が通貨危機の兆候なら「消極的経済制裁」のチャンス (45コメント)
  • 2019/05/03 05:00 【国内政治
    憲法記念日に「脱税の放棄」について考えてみた (70コメント)
  • 2019/05/02 12:00 【読者のページ
    【雑談専用記事】GW中もいろいろ議論が盛り上がっています (74コメント)
  • 2019/05/02 05:00 【韓国崩壊|金融
    徴用工判決問題:非上場株式の換金はサラミスライスの一環? (145コメント)
  • 2019/05/01 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】徴用工判決問題、「日本企業の資産売却申請」と報道 (120コメント)
  • 2019/05/01 05:00 【時事|国内政治
    マスコミの影響力低下は、令和でいっきに加速する (64コメント)
  • 2019/04/30 16:47 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】やっぱりUSDKRWの動きが不自然 (18コメント)
  • 2019/04/30 11:45 【時事|雑感オピニオン
    国民とともに歩まれた天皇陛下に感謝申し上げます (20コメント)
  • 2019/04/30 06:00 【韓国崩壊
    ウソツキ瀬戸際外交を続ける詐欺国家・韓国とどう対峙するか (90コメント)
  • 2019/04/30 05:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    USDKRWの為替変動が不自然、通貨当局による為替介入? (41コメント)
  • 2019/04/29 16:00 【時事|韓国崩壊
    ニュース短評 「用日派メディア」中央日報の「叫び」3連発 (41コメント)
  • 2019/04/29 12:00 【読者のページ
    【雑談専用記事】「令和」目前、「平成」最後の「昭和」の日 (31コメント)
  • 2019/04/29 06:00 【韓国崩壊
    安倍政権が対韓制裁に乗り出さない「本当の理由」を考えてみた (61コメント)
  • 2019/04/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    ニュース短評「韓国経済の減速要因は設備じゃなく輸出」ほか (12コメント)
  • 2019/04/28 12:00 【時事|雑感オピニオン
    当ウェブサイト初の「ボツ記事」 せっかく分析をしたのだが… (33コメント)
  • 2019/04/28 05:00 【時事|国内政治
    令和最初の見どころは「消費増税凍結巡る衆参同日選」? (24コメント)
  • 2019/04/27 12:00 【読者のページ
    連休初日の正午 雑談専用記事をご用意いたしました (94コメント)
  • 2019/04/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    企業の寄付金不足?今年の「日韓未来対話」開催が危ぶまれる (47コメント)
  • 2019/04/27 00:00 【時事
    連休中のウェブサイト更新に関するお知らせ (2コメント)
  • 2019/04/26 15:30 【時事|国内政治
    数合わせの「小沢新党」の懲りない面々:政党名を考えてみた (37コメント)
  • 2019/04/26 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国は典型的な「縮小均衡経済」の罠におちたのか? (18コメント)
  • 2019/04/26 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国への対抗措置には「通貨危機」をうまく利用するのも手だ (28コメント)
  • 2019/04/25 16:30 【時事|金融
    【ショートメモ】通貨KRWが下がり出したのか? (39コメント)
  • 2019/04/25 16:00 【時事|韓国崩壊
    外相・防衛相「2+2」は「開催されないこと」もメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/25 11:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟問題の落としどころは「セルフ経済制裁」の実現? (25コメント)
  • 2019/04/25 05:00 【RMB|時事|金融
    中国の国際金融戦略の現状は鳴かず飛ばずだが、警戒は必要だ (18コメント)
  • 2019/04/24 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓「未来志向」削除:韓国メディアの「逆ギレ」は限定的? (32コメント)
  • 2019/04/24 10:00 【時事|外交
    イラン産原油・SRE廃止の影響 中国、トルコ、韓国の反応 (20コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。