長崎原爆忌に思う

本日は長崎への原爆投下から73周年の祈念日です。原爆投下は1945年8月9日午前11時2分、炸裂地点は浦上天主堂の南西約551メートル、高度500メートルで、「プルトニウム型原爆」が実戦使用された、唯一の事例でもあります。爆心地には現在、記念碑が整備されています。

【参考:長崎原爆の爆心地には記念碑が整備されている】

私の持論ですが、この長崎への原爆投下は、「プルトニウム型原爆を実戦使用した人体実験」という意味合いがありました。広島に投下された「ウラン型・ガンバレル方式原爆」だと、構造が比較的単純ですが、長崎に投下された「プルトニウム型・爆縮方式原爆」だと、構造が複雑だからです。

何より、米国の学校で教えられている、「原爆の威力を日本人に見せつけて戦意を挫くのが目的」だったのだとすれば、広島だけでなく長崎にも原爆を投下する必然性がありません。やはり、広島と長崎で2発の原爆を投下した目的は、方式の違う2種類の原爆の威力を試すためだったとしか思えないのです。

また、長崎の原爆がもたらした被害は広島原爆と比べて少なかったため、軽視される嫌いがありますが、長崎市の説明によれば、死者は73,884人、重軽傷者は74,909人と、合計148,793人もの方々が被害に遭われているのです。決して「軽い被害」ではありません。

また、少なくとも原爆投下を命じたアメリカ合衆国の大統領・ハリー・トルーマンの罪は永遠に消えませんし、アメリカ人自身が原爆投下の意味を考えない限りは、アメリカ合衆国の業もまた消えないでしょう(ただし、これはアメリカ人自身が考えることであり、私たち日本人が考える話ではありませんが…)。

私は毎年、原爆投下の時期が来れば、犠牲者の方々のご冥福を祈るとともに、二度と核実験が実戦使用されることがないように、心の底から祈らざるを得ないのです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

なお、長崎の原爆忌には長崎での犠牲者のご冥福と平和を祈るのが本来の趣旨ですが、どうしても1つ、紹介しておかねばならない動画があります。

これは、2015年7月26日に、当時の民主党の村田蓮舫(中国名「謝蓮舫」)参議院議員(現・立憲民主党所属)が、「6日の長崎、9日の広島」と叫んでいる、という映像です。単なる言い間違いだと信じたいところですが、それでもマトモな知識を持つ日本人ならば、間違えることはあり得ません。

なにより、もし安倍総理が「6日の長崎、9日の広島」などと言おうものなら、それこそ鬼のクビを取ったようにマス・メディアが大騒ぎするはずです。それなのに、なぜマス・メディアは村田(謝)参議院議員のことを、一切追及しないのでしょうか?

本当にこうしたダブル・スタンダードはいい加減にしてほしいと思います。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    < 更新ありがとうございます。

    < 小学生低学年から、高校まで(少なくとも私の時代はそうだった)原爆の日広島8月6日、長崎8月9日は主に日教組教員の指導で、夏休み前に叩きこまれていた。教室で関連の教育用テレビ(勿論ビデオは無くナマ放送)も全員で見て、感想文。

    < 教科書以外の副読本にも記載されており、一人ずつ立って読まされた。コレらを忘れようものなら、或いは注意散漫な生徒は、激しい罵倒と叱責があった。

    < 尻を蹴られる男子もいた。女子は尻を手で叩いていた。多くは(戦後教育を受けた人も半数程度いるが)戦前の師範学校、女子師範、高等師範、高等商業出の教員である。勿論兵隊帰り、シベリア帰りも居た。正直、畏敬の念というか、恐れ多い、怖かった。

    < 今思うに、狂信的な原爆アレルギー、絶対原爆阻止、日本が悪いという意識でモノを教えていたとは思えない。戦災を受けた方達でもあるから、『戦争はいけない』というのが前提だった。

    < 謝蓮舫の言い間違いは、日本人なら絶対にありえません。『その当時生まれてなかった』『生後しばらく他国に居た』なんて屁理屈言いそうですが、日本人となったからには、三度の食事より先に覚えるべき。若い頃からモデルもどきで生活してたんなら、日本の事、詳しいでしょう。言い間違いはあり得ない。

    < わずか3年前でこの謝蓮舫の発言、確信犯です。ホントに正式なルールで帰化したのか、大変グレーな方ですなあ(笑)。 参議院選で投票NO!だ。必ず原爆の日を間違える議員は、落としましょう。 以上。

  2. りょうちん より:

    >二度と核実験が実戦使用されることがないように、心の底から祈らざるを得ないのです。

    核実験→核兵器ですね。
    しかし、最近は核兵器はもはやレトロな兵器として業界的には全然熱くないのですよね。
    つい先日も米軍がミサイル腐っていないか、弾頭を外したICBMの発射演習を行ったのですが空中爆発しました。
    ミニットマンIIIは30年前の形式のミサイルで、弾頭のMIRV化以外の改修はなく、後継機種も開発中止になっています。
    SLBMも20年前に30年(ほぼSSBNの寿命)使う予定のトライデントを2040年まで延長することになりました。
    IRBMや巡航核ミサイルは、もはやMADを担う戦力としては不確実なプラットホームであるということで、米軍では退役させています。
    世界最大の核兵器保有国は間違いなく、米軍なのですが、その米軍では核兵器はもうロートル扱い。
    今でも、せっせと核兵器を開発しているのはミサイルギャップに追いつこうとしている中国と、北朝鮮・イランくらいなものです。(イスラエル・インド・パキスタンあたりは、もうできたからいいやって雰囲気ですね)
    核兵器に反対する人たちは、中国や北朝鮮やイラクに行って反対すればいいのにw

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。