マス・メディアや左翼活動家らの特徴は、「自分たちに都合が悪い議論には耳を傾けず、むしろ一切封殺する」、という点にあります。このことは、彼らが開設するブログなどを見ていてもあきらかでしょう。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブ言論サイトとマス・メディアの違い

ウェブ言論サイトの特徴

当ウェブサイトはコメント自由制を導入しています。これは、記事を読んで自由にコメントを打ちこんで頂くことができるというものであり、ウェブ言論サイトである以上は欠かすことができない仕組みだと私は考えています。

何度も同じことを繰り返して恐縮ですが、ウェブ言論サイトとマス・メディア(とくに新聞やテレビ)との最大の違いは、「情報が片方向にしか流れない」のか、「情報が双方向に流れる」のか、という点にあります。

マス・メディアの場合、情報は発信者(たとえば、新聞社やテレビ局)から受け手(新聞なら読者、テレビなら視聴者)に対し、常に一方的にしか流れません。読者・視聴者から意見が寄せられた場合も、どの意見を取り上げるかは情報の発信者が一方的に決めています。

しかし、ウェブ言論サイトの場合、情報は発信者(当ウェブサイトの場合は私)から受け手(読者の皆様)への流れとともに、受け手から発信者、受け手からほかの受け手、といった具合に、自由に情報が流れていきます。

当ウェブサイトの場合、コメント欄を使うのが嫌であれば、ツイッターやフェイスブック、あるいは某匿名掲示板などに投稿して頂いても構いません。当ウェブサイトで主張した内容について、絶賛しようが批判しようが、それは読者の皆様方の自由です。

そして、当ウェブサイトの場合は、私が主張した内容は、議論のほんの出発点に過ぎません。ある読者が「自分はこう思う」といった意見を投稿し、それに対してほかの読者が「自分はその意見に賛成だ(反対だ)」といった具合に、議論をどんどん進めていくことで、思考がさらに洗練されていきます。

これこそが、「マス・メディアにはない、ウェブ言論サイトの最大の長所」でしょう。

他ウェブサイトをチェックする

当ウェブサイトでは、以前から「にほんブログ村」というシステムに参加しています。これは、ブログや評論サイトへのアクセス数を計測する外部サイトであり、私がこのランキングに参加している目的は、大きく2つあります。

1つ目は、読者の皆様の便宜です。読者の皆様が当ウェブサイトの人気度合いを知る手段は、Alexa Traffic Rankなど、いくらでもありますが、とりあえず手っ取り早く、読者の皆様に、当ウェブサイトがどの程度のアクセスを得ているのかを知っていただくことができます。

(※余談ですが、「にほんブログ村」の集計システムにはさまざまな問題があり、当ウェブサイトの場合、実際のデータと比べてPV数は1.5~2.5倍程度に水増しされています。また、大手ブログサイトのブログだと、水増しはさらに酷く、PV数は4倍程度にカウントされることがあるようです。)

一方、2つ目の、そしてより重要な目的は、ウェブ言論における論調を知ることにあります。たとえば、私が参加している「政治」カテゴリーだと、保守的なウェブサイト、左派系のウェブサイトなどがありますが、上位ランクのウェブサイトにどのような傾向のものがあるかを知ることができるのです。

私自身も「貧乏ヒマなし」の格言どおり、時間があり余っているわけではないので、いちいち、他ウェブサイトをすべてチェックする、ということはしていません。しかし、自分と異なる意見のウェブサイトを読むのも、時として勉強になるはずです。

そこで、アクセス・ランキングが急上昇したブログなり、ウェブサイトなりを眺めて、世の中のトレンドを知ることに役立てたいと思っているのです。

コメント禁止、削除について

ところで、ウェブ評論家やブロガーのなかには、誠に失礼ながら、とうてい賛同できない態度を取る人もいます。それは、自分に反対する意見を、ことごとく削除するという姿勢です。要するに、「異論は絶対に認めない」、というものですね。

あくまでも私の印象ですが、左派、左翼、リベラルなどと自称している人たちのブログ、評論サイトなどの多くは、コメントの「承認制」を導入しているようです。つまり、記事を読んで何か意見を伝えたくても、そのブログ主などが承認してくれなければ、コメントが表示されないのです。

こうした「コメントの承認制」については、左派論客だけでなく、右派、保守派の論客のなかにも、導入している人はいます。とくに、有名人になればなるほど、わけのわからないコメントが書き込まれたりするので、ブログ主の方で、コメントを選別する、ということをする人もいるのです。

しかし、これが行き過ぎると、自分に対する批判コメントを絶対に承認しない、という人も存在します。名指しは避けますが、右派、左派を問わず、そのブログの論調に賛同するコメントしか掲載されていない、というものを見掛けるのです。

「自分に都合が悪い意見は一切封殺する」という姿勢だと、「フェイク・ニュース」の総本山と批判されている、朝日新聞やNHKなどと、まったく同じです。彼らに朝日新聞やNHKを批判する資格があるとは思えません。

余談ですが、朝日新聞といえば、ツイッター上、自分に反論したユーザーを片っ端からブロックし、批判を一切受け付けない、というすばらしい編集委員もいるようです(『劣化するメディアと新聞紙の便利な使い方』参照)。

こうした姿勢も、「異論・反論は絶対に認めない」とする傲慢さを感じずにはいられないのです。

コメント自由制と「お宝コメント」

さて、コメント承認制を取っているブログ、評論サイトは、左派に非常に多いという気がします。「左翼は異論を受け付けない」という仮説は、私の感覚としては、非常に納得ができます。しかし、保守派の論客が運営するブログ、評論サイトであっても、コメントを自由に打ち込むことができないものが存在します。

私は「コメントの承認制」を全否定するつもりはありません。なぜなら、多くのアクセスを集めるサイトであればあるほど、コメント1つ1つの社会的影響力の大きさにも気を配る必要がある、と、そのブログ運営者が考えている可能性があるからです。

しかし、私の持論ですが、こうした「コメントの承認制」は、「お宝コメント」を逃す可能性があります。ブログ主の方でコメントを選別するのではなく、いっそのこと一切合財のコメントを自由とし、さまざまなコメントをリアルタイムで受け付け、議論がどんどんと発展していく方が、むしろ健全です。

当ウェブサイトでも、ごくたまに、ヘンテコなコメントが湧くことがありますが、たいていの場合、コテンパンに論破され、コメント主は逃亡してしまいます。さらに、あまりにもヘンテコ過ぎるコメントは、他の読者の皆様からは、スルーされます。

また、当ウェブサイトへのコメントの常連さんから、ときどき、当ウェブサイトの記事への批判が出てくることもありますが、多くの場合、これらの批判コメントは「建設的な批判」です。私自身の議論の不備を指摘したり、世の中には存在しないシャープな視点を提供したりする、非常に優れた批判コメントです。

コメントを完全自由制にしておけば、このような「お宝コメント」を頂戴することができるのです。

問題のあるウェブサイトも多い

炎上商法やフェイク・ニュースについて

一方、もう1つ、私が問題にしたいのは、「炎上商法」と「フェイク・ニュース」です。

あえて名指しすることはしませんが、「はてなブログ」に開設されている某ブログの場合、ときどき、「バズ」(buzz)が発生し、アクセスランキングでかなり突き抜けることがあります。何事かと思って内容をチェックしに行くと、何のことはない、ブックマークサイトに転載され、炎上しているだけなのです。

もちろん、そのブログのブログ主さんに、「炎上させるような話題で多大なアクセスを得よう」、といった、邪悪な意図があるわけではないと私は信じています。しかし、世の中には、わざと人々に批判されるようなコンテンツを執筆して、炎上させて多くのアクセスを得るという、「炎上商法」を得意とする人もいるようです。

つい先日、『日韓スワップ論に関する呆れたフェイク・ブログ』で取り上げましたが、

  • 【速報】 河野太郎閣下、韓国との断交を決意!!!!
  • 【韓国発狂】「スワップ!お願いニダ!!」「二階先生助けて!」二階「韓国は面倒な国だ」

といった、かなり悪質なフェイク・ニュースで多くのアクセスを集めるサイトも実在しています。

ウェブ広告システムとその問題点

では、どうしてこのように、あきらかに事実ではない内容、偏った内容でアクセスを集めようとする人がいるのでしょうか?

その動機の1つは、「ウェブ広告システム」にあります。これは、ブログやウェブサイトなどを訪れた人のブラウザに広告を発生させ、広告をクリックした場合などに、広告料を支払うというシステムです(詳しくは専門的なサイトで検索して頂きたいと思います)。

なかには、スマートフォンの閲覧者には「誤タップ」、つまり「うっかりタップしてしまう」という悪質極まりない広告もあります。スマートフォンの画面で中ほどから、じわーっと出現し、そこからゆっくりと下に移動していくというタイプの広告は、あきらかに読者の「誤タップ」を狙ったものでしょう。

また、あちらこちらの「アンテナサイト」に登録している、過激な画像でとにかくアクセスを集めておき、広告をベタベタ貼る、というサイトにも注意が必要です。この場合は、読者がコンテンツに辿り着く前に、広告をクリックさせられてしまうようなケースもあります。

ということは、どんなコンテンツでも良いから、とにかくアクセスを稼いだ者が勝ち、ということです。「河野外相が日韓断交を決断した」だの、「自民党の二階俊博幹事長が『韓国は面倒な国だ』と言い放った」だの、明らかなウソでアクセスを集めようとする悪質なサイトの目的も、こうした点にあるのかもしれません。

ちなみに当ウェブサイトの場合も、いくつかの広告配信システムと契約していて、ウェブサイトの維持費を賄うために、広告を利用しています。ただし、広告が目障りだという方がいらっしゃれば、広告のブロックシステムを導入して頂いても問題ありません。

また、「誤タップ」、「誤認広告」などについてはかなり気を使っていて、興味もないのに広告をクリックさせるようなシステムは導入していません。なお、万が一、当ウェブサイト内でそのような広告を見掛けたら、私に知らせてください。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



保守速報への攻撃

「保守速報」への広告配信停止事件

ウェブ広告という意味では、この話題を取り上げないわけにはいかないでしょう。

「保守速報」への広告停止 エプソン販売「社内規定に反する」と即日対応(2018/6/ 8 18:47付 J-CASTニュースより)

当ウェブサイトでは、他サイトの実名を挙げることはできるだけ控えたいと思っているのですが、J-CASTニュースが実名を挙げてしまっているので、ここでは『保守速報』というサイトについて、少し所感を述べておきたいと思います。

この『保守速報』というウェブサイトは、基本的には匿名掲示板『5ちゃんねる』や『2ちゃんねる』などの書き込みを転載する、「まとめサイト」の一種であると見て良いでしょう。一見したところ、先ほど紹介したような悪質なフェイク・ニュースのような類いもなく、読みやすく、すっきりしたサイトという印象です。

ただし、新聞記事や匿名掲示板の書き込みなどを、そのまま転載している記事が多いような気がするのですが、著作権法などに照らして問題はないのかが気になります(もっとも、このあたりについては保守速報の管理人さんが「問題ない」と判断されているのだと思いますので、私が口を挟む問題ではありません)。

それはともかく、J-CASTニュースの記事によれば、エプソン側は保守速報への広告掲載について、「中立性を維持するという社内規定に反する」と判断し、配信を停止したとしているのだとか。

しかし、「中立性」と言い出したら、朝日新聞のように捏造記事を乱発し、極端な反日記事を掲載しているメディアにこそ、広告を配信することはできないと思うのですが、いかがでしょうか?

広告配信停止に左派活動家らの影

一方で、某匿名掲示板の方では、保守速報に対する広告配信停止をめぐっては、どうも左派の活動家らが、積極的に広告主に対する通報を行っている、という情報も書き込まれています。これについて、当ウェブサイトとして詳しく述べるつもりはありませんが、一般論として、

資金源を断つ

という戦略は、相手に対する攻撃としては非常に有効です。

たとえば、保守速報はAlexaランキングでも全国紙よりは劣るものの、かなりのアクセスを得ています。

メディア世界ランク日本ランク
保守速報(hosyusokuhou.jp)5584位335位
朝日新聞(asahi.com)956位57位
日本経済新聞(nikkei.com)954位64位
読売新聞(yomiuri.co.jp)1994位138位
毎日新聞(mainichi.jp)2018位119位
産経新聞(sankei.com)1488位94位
中央日報(joins.com)1422位
新宿会計士の政治経済評論(shinjukuacc.com)121400位9058位

(【出所】Alexa.comより、日本時間2018/06/09 22:00時点のランキングを調査)

こうした社会的影響力の強さから、左派活動家らから目を付けられていて、実際に昨年11月には、保守速報の運営者は、在日朝鮮人女性に対する名誉毀損などで200万円の損害賠償の支払いを命じられています。

14年8月には、ネット上のヘイトスピーチ投稿をまとめて掲載され、名誉を傷つけられたとして、在日朝鮮人の女性がサイト運営者を提訴。この裁判で大阪地裁は17年11月、名誉毀損や差別の目的があったと認め、200万円の支払いを命じた。このとき運営者側は「多分、控訴すると思います」とサイトに書き込んでいる。」(※上記J-CASTニュースの記事より)

そもそも広告主をブロックしていけば、売上が立たなくなることは事実でしょう。仮に、結果的に保守速報が閉鎖される、ということになれば、こうした左派活動家らの「勝利」、ということになるのでしょうか?

ウェブサイトは次々と出現する

結論から申し上げます。

そうなりません。

その理由は簡単です。ウェブサイトには参入制限などないからです。仮に、『保守速報』を閉鎖に追い込むことに成功したとしても、この手のウェブサイトは次々と出現するに違いありません。1つのサイトを潰したとしても、キリがないのです。

開設してからたかだか2年弱で、月間10~20万PVを頂くようになった、当『新宿会計士の政治経済評論』こそが、その典型例でしょう。

左翼的人士の特徴は、自分たちに都合が悪い議論を封殺しようとする、というものですが、残念ながら、保守的な論調のウェブサイトを1つ潰したとしている間にも、すごい勢いで、新しいウェブサイトが誕生しているのです。

さらには、ツイッターやフェイスブック、匿名掲示板などのプラットフォームが出来上がっている以上、本当に人々から受け入れられる議論を完全に封殺するようなことはできません。マス・メディアの「もりかけ虚報」が国民に浸透しないのも、マス・メディアが考えていた以上の速度でインターネットが普及したからでしょう。

いや、今回、左翼活動家らが保守速報を攻撃したのと同じ手法、つまり「広告主へのお問い合わせ」は、新聞社、テレビ局の経営に打撃を与える目的でそのまま流用できます。下手をすれば、数年のうちに、高コスト体質のマス・メディア業界の中には倒産の憂き目に遭う会社も出てくるかもしれません。

今後は、「自分たちにとって都合が悪い言論を封殺しようとする人たち」が、「自分たちにとって都合が悪い情報を流すウェブサイト」を相手に戦い、個別撃破に成功しつつも、結局は敗退していくのだと思います。そのことを、改めて強調しておきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/01/19 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座」第3回:匿名でも実名でも読者便宜を第一に! (3コメント)
  • 2019/01/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府が「客観性高い証拠」提示へ? (51コメント)
  • 2019/01/19 07:08 【時事
    速報 米朝首脳会談開催へ 米メディア (2コメント)
  • 2019/01/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    日本海呼称問題、「説得」の段階はもう過ぎた 今すぐ戦え (24コメント)
  • 2019/01/18 16:01 【時事|韓国崩壊
    【速報】「歴史歪曲禁止法」と日韓関係 結局は「国内問題」 (33コメント)
  • 2019/01/18 15:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    事実歪める韓国メディア 支離滅裂どころの騒ぎではない (7コメント)
  • 2019/01/18 11:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り産経系メディアが「工作船」仮説を説明 (15コメント)
  • 2019/01/18 05:00 【雑感オピニオン
    日本を「ウソツキが得をするような社会」にしてはならない (41コメント)
  • 2019/01/17 22:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「逆ギレ」ここに極まる 自衛隊員の士気に悪影響が心配 (21コメント)
  • 2019/01/17 15:45 【時事|外交
    日米同盟軸にしたインド・太平洋戦略こそが、日本の活路だ (11コメント)
  • 2019/01/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    日米防衛相会談から「日米韓3ヵ国連携」が消えた意味とは? (15コメント)
  • 2019/01/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府の外交は素人集団と同じ 日韓関係崩壊は不可避に (32コメント)
  • 2019/01/16 22:00 【時事
    【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (25コメント)
  • 2019/01/16 20:30 【時事|韓国崩壊
    空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (16コメント)
  • 2019/01/16 11:30 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (14コメント)
  • 2019/01/16 05:00 【韓国崩壊
    大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (26コメント)
  • 2019/01/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8コメント)
  • 2019/01/15 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34コメント)
  • 2019/01/15 12:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (17コメント)
  • 2019/01/15 10:45 【時事|外交
    「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6コメント)
  • 2019/01/15 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19コメント)
  • 2019/01/14 22:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (8コメント)
  • 2019/01/14 08:00 【外交
    外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22コメント)
  • 2019/01/14 05:00 【韓国崩壊
    日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35コメント)
  • 2019/01/13 12:00 【マスメディア論|時事
    まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15コメント)
  • 2019/01/13 08:00 【金融
    資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36コメント)
  • 2019/01/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19コメント)
  • 2019/01/12 15:30 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25コメント)
  • 2019/01/12 09:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4コメント)
  • 2019/01/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12コメント)
  • 2019/01/11 14:00 【時事|韓国崩壊
    協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89コメント)
  • 2019/01/11 11:11 【金融
    基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10コメント)
  • 2019/01/11 10:15 【韓国崩壊
    「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28コメント)
  • 2019/01/11 05:00 【韓国崩壊
    読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23コメント)
  • 2019/01/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16コメント)
  • 2019/01/10 13:30 【時事|韓国崩壊
    正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54コメント)
  • 2019/01/10 11:00 【韓国崩壊
    日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21コメント)
  • 2019/01/10 05:00 【マスメディア論
    「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13コメント)
  • 2019/01/09 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19コメント)
  • 2019/01/09 11:45 【時事|経済全般
    自由貿易と「ウィン・ウィン」を否定するかの韓国経済新聞 (12コメント)
  • 2019/01/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    株式差押えは「日本企業に実損出ていない」の屁理屈のため? (28コメント)
  • 2019/01/08 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金の在韓資産差押えを韓国地裁が認める (6コメント)
  • 2019/01/08 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓の「情報戦」が開戦したなら戦力の逐次投入はタブー (33コメント)
  • 2019/01/08 10:30 【韓国崩壊
    あまりに惜しい鈴置説の「最終回」 鈴置先生に感謝します (27コメント)
  • 2019/01/08 05:00 【マスメディア論
    すぐれたウェブ評論サイトが新聞、テレビを駆逐する! (29コメント)
  • 2019/01/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「喧嘩両成敗」的な主張はもう聞き飽きた (56コメント)
  • 2019/01/07 05:00 【韓国崩壊
    今週の焦点は防衛省の再反論と安倍総理の「毅然とした措置」 (23コメント)
  • 2019/01/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍総理、NHKで韓国に対する「具体的措置」に言及 (15コメント)
  • 2019/01/06 15:45 【マスメディア論|時事
    「あじあにゅーす2ちゃんねる」が長尾敬議員の主張を歪曲 (12コメント)
  • 2019/01/06 07:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第1回:「人生」と「使命」について考えてみる (4コメント)
  • 2019/01/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    もういちど考える:そもそも韓国海軍は何をやっていたのか? (34コメント)
  • 2019/01/05 14:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか (45コメント)
  • 2019/01/05 08:00 【雑感オピニオン
    読者の皆さま:個人ブログをお持ちの方は是非教えてください (9コメント)
  • 2019/01/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています (26コメント)
  • 2019/01/04 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府・国防部の動画をどう見るか? (36コメント)
  • 2019/01/04 15:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が動画を公表 (19コメント)
  • 2019/01/04 14:30 【韓国崩壊
    北朝鮮に理解示して日本には逆ギレする韓国政府の支離滅裂さ (8コメント)
  • 2019/01/04 11:00 【時事|外交
    無法国家・中国への渡航を警告した米国政府を日本政府も見習え (3コメント)
  • 2019/01/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仕事始め」の安倍政権、支離滅裂な韓国にどう対応するか? (23コメント)
  • 2019/01/04 05:00 【時事|雑感オピニオン
    天皇陛下を戴いていることを、日本国民の1人として誇りに思う (8コメント)
  • 2019/01/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは? (29コメント)
  • 2019/01/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難 (10コメント)
  • 2019/01/02 15:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押え報道が事実なら、政府は速やかに対抗措置講じよ (15コメント)
  • 2019/01/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押えとレーダー照射はどうなる?正常化する日韓関係 (26コメント)
  • 2019/01/02 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    金正恩の「新年の辞」と、私たち日本国民に求められる覚悟 (6コメント)
  • 2019/01/01 05:00 【マスメディア論
    新年にあたり、「社説のブログ化」について考えてみる (6コメント)
  • 2019/01/01 00:00 【雑感オピニオン
    新春のご挨拶 (27コメント)
  • 2018/12/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアが「安倍が政治利用」「カミカゼ攻撃」と逆ギレ (21コメント)
  • 2018/12/31 10:00 【マスメディア論
    年末の「恥知らず」特集 やっぱり朝日新聞は国民の敵 (13コメント)
  • 2018/12/31 05:00 【韓国崩壊
    やはり韓国を「日米韓3ヵ国連携」から追い出すのが正解か? (22コメント)
  • 2018/12/30 15:30 【時事|外交
    台湾加油!戦略的互恵関係に基づく日中関係構築を目指すべき (16コメント)
  • 2018/12/30 08:00 【経済全般
    朝日新聞が消費税を論じるなら、軽減税率を返上するのが筋だ (6コメント)
  • 2018/12/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件 現時点で「落としどころ」探るのは尚早だ (45コメント)
  • 2018/12/29 10:00 【雑感オピニオン
    今月も100万PV ウェブ評論サイトの「使命感」とは? (15コメント)
  • 2018/12/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    さらば密室外交 防衛省による動画公開を歓迎すべき理由 (66コメント)
  • 2018/12/28 21:00 【時事
    防衛省が公開した動画をどう見るか? (24コメント)
  • 2018/12/28 17:07 【時事
    【速報】防衛省が動画を公開 (20コメント)
  • 2018/12/28 11:30 【時事|金融
    金融政策と為替介入をごっちゃにする韓国銀行のデタラメ報告書 (10コメント)
  • 2018/12/28 10:30 【時事|外交
    中国漁船による犯罪に「撤収」しかできないタテ割り日本 (7コメント)
  • 2018/12/28 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国による謝罪と責任者の処罰が最低ライン (35コメント)
  • 2018/12/27 12:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟:あれ?結局差押えはしないのですか? (11コメント)
  • 2018/12/27 11:30 【時事|外交
    中国漁船や韓国海軍の蛮行は日本が舐められている証拠 (8コメント)
  • 2018/12/27 10:30 【時事|金融
    専門家の視点で、ゴーン氏の「スワップ契約」報道を検証する (10コメント)
  • 2018/12/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    南北鉄道着工式をやってしまった韓国と「チキンレース」仮説 (23コメント)
  • 2018/12/26 13:30 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感じる、「日韓の特別な時代」の終焉 (23コメント)
  • 2018/12/26 11:30 【時事|国内政治
    ウェブサイト恒例「歴代内閣在任期間比較」 (3コメント)
  • 2018/12/26 10:30 【時事|外交
    「外交に関する世論調査」2018年最新版レビュー (5コメント)
  • 2018/12/26 05:00 【韓国崩壊
    正論に慌てふためく韓国 徴用工判決の強制執行はどうなる? (23コメント)
  • 2018/12/25 21:45 【時事|韓国崩壊
    徴用工巡る韓国の「日本専門家」見解、てんでお話にならない (13コメント)
  • 2018/12/25 14:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】防衛省が韓国側言い分に再反論、その重要な意義とは? (32コメント)
  • 2018/12/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国メディアは日本に責任転嫁し逆ギレ (18コメント)
  • 2018/12/25 05:00 【韓国崩壊
    韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ (13コメント)
  • 2018/12/24 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】やっぱり逃げた!韓国側弁護団、強制執行日時明言せず (7コメント)
  • 2018/12/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり出てきた!「威嚇飛行をした日本の方が悪い」の詭弁 (19コメント)
  • 2018/12/24 08:00 【雑感オピニオン
    今年もあと1週間 年末年始の雑感 (7コメント)
  • 2018/12/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    自業自得の無責任国家・韓国の末路 「北の共犯者」を許すな (17コメント)
  • 2018/12/23 08:00 【時事|韓国崩壊
    このタイミングでなぜ米国が北朝鮮への人道支援を見直すのか (14コメント)
  • 2018/12/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国軍のレーダー照射は「瀬取り」と関連付ければ説明が付く (74コメント)
  • 2018/12/22 08:00 【韓国崩壊
    下條教授の正論に喝采を送りたいが、「時すでに遅し」か? (41コメント)
  • 2018/12/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    韓国は日本に宣戦布告でもするつもりなのか? (49コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。