当ウェブサイトは「政治経済評論」と称していますが、その割に最近は政治評論ばかりが多く、どうしても経済評論――とくに「お金との付き合い方」――に関する記事が少ないことに気付きました。そこで本日はやや趣向を変えて、私が昔、ブログ時代に執筆した「お金との付き合い方」に関する記事をいくつか集めて再録し、そのうえで私自身の持論をアップデートしておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昔執筆した「お金との付き合い方」

私がウェブ言論活動を始めたのは、2010年7月のことです。

当時は大手ブログサービスの「アメーバ・ブログ」や「楽天ブログ」などに個人ブログを開設していたのですが、2016年7月に当ウェブサイトを立ち上げたことを機に、現在はこれらのブログを事実上、撤退しています。

ただし、当時のブログは現在でもそのまま残しているのですが、これを少しずつ、こちらのウェブサイトに再録する作業を続けています。

ところで、ときどき自分でも設定を忘れそうになるのですが(笑)、私はいちおう、公認会計士です。

普段の当ウェブサイトのコンテンツは、政治ネタが多すぎて、経済ネタがおざなりになっていますが、それでも個人が貯金をする際のテクニックについては、ずいぶんと過去ブログでも取り上げたものです。

そこで本日は、今から約6年前、2011年10月下旬に執筆した、シリーズものの原稿を再録したいと思います。なお、文体は原則として当時のままですが、ここでは4日分の記事を1つの記事に再編し、文章の体裁等に修正を施し、読みやすくしています。

貯金ができない人の特徴

「ポイントが貯まるのに貯金ができないの」

大昔、私は「クレジットカードについて」というテーマでブログを書きかけていたことがある。

書きたかった内容は、「同じ支払うならポイントがつくクレジットカードで払うべき」というだけのシンプルな内容だった。しかし、ギリシャ危機が深刻化する中で 1)2011年といえば、欧州債務危機の真っ最中であり、私も当時のブログでずいぶんとギリシャ国債の話題を取り上げたものです。とくに、「ギリシャと同じく日本は国の借金が多すぎるので財政破綻する」といったトンデモ論には一生懸命反論していたのですが、今となってはそれも懐かしい想い出です。 、BIS規制や金融商品会計など、ブログで取り上げたいテーマが目白押しだったため、第1回目を書いたところで頓挫してしまったのだ。

このテーマを、ある日突然思い出した。そのきっかけは、帰宅途中の満員の通勤電車で耳にした、ある二人組の女性の会話である。

  • 女性A(以下「A」)「あなたお金貯まらないって言っているけど、何に使っているの?」
  • 女性B(以下「B」)「それが変なのよ。そんなにお金使ってないのに。」
  • A「でもあなたの給料って手取りで25万円って言ってたでしょ?」
  • B「うん。実家暮らしだから、お昼代とか飲み代とかを考えても、1ヵ月にせいぜい10万円しか使わないはずなのに。」
  • A「でもあなたの言っている通りなら、1ヵ月当たり15万円貯金が出来るはずでしょ?」
  • B「でも、ポイント10倍の日は●●(店の名)でドカッと買い物したりするし。」
  • A「あ、それが原因じゃない?」
  • B「確かにそうかも。だって、せっかく●●カード(クレジットカードの名前)作ったし。」
  • A「ちょっと待って、その●●カードって確か年会費が1万円するんじゃない?」
  • B「でも、考えてみたら●●カードってポイント還元率が良いから、元は取れてるはず。」
  • A「でも、1万円の年会費を払ってまで元が取れてるのかしら?」
  • B「うん。こないだ貯めたポイントで松坂牛と交換したの。」

私は聞いてはならないと思っていたが、この「松坂牛」の下りで思わず声を出して笑いそうになってしまった。必死にこらえたが(笑)

さて、AさんはBさんの同僚らしく、Bさんが一生懸命貯金しようとしているのに全然お金がたまらない理由をさりげなくBさんに諭してあげていたらしい。Bさんの発言からすれば、彼女はデパートやら通販やらで「ポイント還元率の良い」カードをあちこちで作っており、さらにポイント還元という甘言(駄洒落じゃないです。失礼!)に乗せられて、不要なものを衝動買いしているようだ。それじゃ貯金はできん!

ちなみに松坂牛がどれだけ美味しいのか知らないが、わざわざポイントを貯めた結果、交換するような商品じゃないだろう…(笑)

同じおカネを使うなら

ところで、Bさんが「貯金できない理由」を私なりに考えてみると、「お金の使い方が下手だから」、という結論に至る。

先ほどの会話から判断すると、Bさんが毎月、貯金できる金額は、15万円である。

「毎月手取り25万円」-「昼ごはん代等10万円」=15万円

それなのに彼女は、「毎月、全然貯金ができない」とぼやいていた。

しかし、年会費1万円のクレジットカード等に入会し、ポイント目的でドカンと買い物をして、溜まったポイントを松坂牛に交換するような生活だと、貯蓄などできっこない。

いや、おそらく彼女は自分自身の支出をまったく把握していないようなのだ。そして、彼女が「貯金したい」と思うならば、まずは毎月の支出を把握することから始めるべきだろう。

ここに、小学生でもわかる公式がある。

  • 毎月の貯金額=毎月の収入-毎月の支出

当たり前ですな。

毎月の貯金額を増やしたいと思うなら、毎月の収入を増やすか、毎月の支出を減らすか、そのいずれかしかない。毎月の収入が増えないならば、毎日飲む缶コーヒーとか、タバコとか、お菓子とか、そういったこまごました支出を節約して、毎月の貯金額を増やすのも一つの手だ。

だが、毎月の収入を増やすにはどうすれば良いか?自分自身の才能を開花させるために、自分自身に投資するというのも1つの手だ。

もう1つの公式を提示しよう。

  • その人が生涯で作る財産=その人の生涯収入-その人の生涯支出+資産運用収益

「その人が生涯で作る財産」とは、その人の生涯に労働で得た賃金から支出を引いて、さらにその人が投資をして得た利息なり、配当なりを加算したものだ。コツコツとカネを貯めて投資用不動産を買うのも1つの手だし、資格試験なり学問なりに巨額の費用を投じて自分自身のビジネスマンとしての価値を高め、その会社の役員にまで上り詰めて高額の所得を得るというパターンもあるだろう。

要するに、お金を使うなら「死に金」ではなく、「生きる金」を使うべきなのである。

(ただし、ここでは「その人が相続した財産」は含めない。なぜなら相続した財産は「その人が作った財産」ではないからだ。)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



持論:クレジットカードとの付き合い方

リボ払いにご用心!

さて、先ほどの女性の発言を聞くと、もう1つ、重要な示唆がある。

それは、ポイントを目当てにあちらこちらにクレジットカードを作っていて、そのいずれも十分にポイントが貯まっていない、ということだ。

実は、ここに「クレジットカードとの付き合い方」という重要な論点が隠されているのである。

実は、私は若い人たちに対して、「貯金しろ」、「カネを使うな」などと申し上げるつもりは全くない。むしろ、若いうちこそ、積極的に「カネを使う」ことをお奨めする。もちろん、自分の収入以上にカネを使うのはダメだが、それでも「カネの使い方」の一環として、クレジットカードを上手に使うことを覚えたいものだ。

厳守して欲しい点が、3つある。

1つは、「リボ払い」には絶対に手を出さないことだ。貸金業法の改正により、消費者金融業界がこぞってクレジットカードを「ラスト・リゾート」と見なしている中、貸金業者にとって「リボ払い」こそが収益源である。逆に言えば、クレジットカードを使う側からすると、「リボ払い」には巨額のコストを支払わされている計算になる。さらに、キャッシングをリボ払いで利用するのは言語道断だ。

ちなみに、「リボ払い」とは、例えば今月8,000円分クレジットカードを使ったと仮定して、

  • 翌月に4,000円
  • その翌月にも4,000円

といった具合に、毎月一定額を支払う契約だ。

「毎月一定額しか支払わなくて良いから楽だ」と考える人もいるし、「リボ払いだとポイントが沢山ついてお得だ」と勘違いする人もいる。しかし、リボ払いには金利が付いているので、トータルで支払うべき金額が嵩上げされてしまうことになる。

消費性ローンで金利を負担するなど、愚かな行為だ。クレジットカードを利用するなら、「リボ払い」ではなく「一括払い」を利用しよう(クレジットカード会社さん、収益源を奪ってごめんなさい)。

ちなみに現在、私の手元には、あるカード会社の利用明細書が届いている。これによるとキャッシングやリボ払いの金利は実質年率14.40%と記載されているが、残念ながら私は「キャッシング枠」をゼロにしており、さらに全ての利用が一律で「一括払い」になるように設定している。

残高管理とカード集中がカギ

2つ目の留意点は、当たり前のことだが、毎月のカード利用限度額を自分できちんと管理する、ということである。別に家計簿を付ける必要はない。ただ、自分の給与水準と見比べて、使って良い限度額を自分できっちりと把握しておくべきであり、その自信がないのであれば、カード利用限度額を低めに設定しておくことをお奨めする。

そして3番目の留意点は、「カードの集中」だ。冒頭に紹介した女性は、あちこちでカードを作り、結局はポイントも分散してしまい、残高の把握も難しくなっていた。

とにかく、あちこちでカードを作るのはやめよう。

クレジットカード利用者側からすると、ポイントを貯めることを目的でクレジットカードを使うという側面もあるが、特段の理由もなくあちこちにカードを作ると、結局ポイントが分散されて貯まらない。確かに、よく出かけるデパートのカードとか、年会費無料のカードとか、世の中には色々なカードがあるが、還元率が良くて自分なりに使い勝手の良いカードを探してきて、それを集中的に使うべきだろう。

自分にあったカードを見つける

ちなみに私の場合、メインで利用しているのは某家電量販店の発行する有名な緑色のカードで、利用金額100円ごとに1円弱のポイントが付与される(条件にもよるが)。そして、このカードは某電子マネーを兼ねており、貯まったポイントは電子マネーにチャージすることができる。つまり、実質的に1%の払戻を受けているのと同様の経済効果が得られているのだ 2)ちなみに、このカードはその後、ポイントが貯まる条件が悪化しており、「1%の払戻」を受けている状況ではありません。

ただし、このカードは海外での利用に弱い。従って、サブとして利用しているのは、国際的なブランドで有名な某コンビニ系カードだ。還元率は緑の量販店カードと比べると低いが、年会費は実質的に無料であり、時々海外に出かける人間にとっては便利だし、海外利用でもポイントが付くのが嬉しい。

これに加えて、某航空会社のカード(年会費10,500円)にも加盟している。私は出張が非常に多いため、羽田空港等のラウンジが無料で使えることや、空港での買い物が条件次第で1割引になるなどの優遇を考えれば、この程度の年会費など安いものだと思っている 3)現時点では年会費が10,800円、空港での買い物は5%引きと、条件は悪化しています

もちろん、この年会費の高いカードは「お金の無駄遣いだ」と指摘する人もいる。

しかし、私にとっては、結果的にこのカード年会費に見合うだけのベネフィットを得ていると考えており、決して「お金の無駄遣い」だとは思わない。

いずれにせよ、世の中には、一見すると魅力的なカードが沢山存在する。だが、あまりカードを作りすぎると、冒頭の女性の例のようにポイントが分散してしまう。

あえてカードを作りたければ、集中的にポイントを貯めるためのカードを集約することが理想だろう。

ATM手数料は払いたくない

損をする人の行動パターン

古今東西、ありとあらゆるモノには「値段」というものがある。

そして、受けるサービスに対し適切な対価を見極めることが出来る人は金持ちになるし、払うことが出来ない人は貧乏になるのだと思う。

私なりに日々感じている、「損をしている人」の行動パターンを指摘するとともに、私自身のささやかな工夫を紹介したい。

コンビニのATMでおカネを下ろす人がいる。最近であれば、休日でも無料でお金を引き出すことが出来るサービスもあるようだが、一般的にはコンビニのATMでは手数料が嵩む。

飲み会の予定があるのにサイフにお金が入っていないという人もいるようだが、私に言わせれば、これも言語道断だ。お金を使う予定があるのなら、計画的に準備しておいた方が良い。

考えてみれば、自分のお金を引き出すのに手数料を支払うというのは馬鹿らしい。私の場合、会社から給与振込口座として指定されてしまっているA銀行は、平日9時から18時までの時間帯以外におカネを引き出すと、手数料を取られてしまう。

通常の社会人であれば、昼間はどうしても忙しくて、夕刻にならないと時間が出来ないという人もいるだろう。そうであるならば、ここでささやかな工夫をしたいところである。

手数料管理は重要

私がメインで利用しているB銀行では、24時間365日、ATMの入出金の手数料が無料だ。店舗自体は少ないが、地下鉄の駅など、東京中にATMが設置されている 4)現在、この銀行はATMから撤退していますが、代わりに某ネット銀行のATMを無料で利用することができます。 。この銀行の場合、コンビニATMで引き出した場合も手数料が無料になる。

さらに、私は某証券会社Cに口座を持っているが、この証券会社は預け金の預入・引出の手数料が無料だ。しかも大手銀行を始め、多くのATMを使って入出金ができるし、インターネットバンキングを使えば銀行から手数料無料で入金できる。ただ、1つの難点は、土日に現金の出し入れが出来ないことだ。

そこで私は、平日の昼間に銀行AのATMでおカネを引き出して、銀行BのATMを使って入金する、という作業を行っていた。ただ、AとBの店が遠く離れている場合に、まとまったカネを持ち歩くという危険性がある。このため、時間のあるときに、インターネットバンキングやATMを使って銀行Aから資金を証券会社Cに移しておき、さらに証券会社Cから銀行Bに資金を振り替えるという方法が、最も安全・確実かつ少ない手間でできる資金移動の方法だと気付いた。

このため、私はほぼ毎月、給与が振り込まれたら直ちに銀行Aの口座から全額を証券会社Cに移し、さらに必要な金額だけ証券会社Cから銀行Bに移すという作業を行っている。以上の作業により、少なくとも10年間、引出手数料を支払ったことはない。

ケチな方法も「塵も積もれば」

以上の方法は、ケチな方法かもしれない。これだけの労力をかけるくらいなら、1回の引出で手数料を払った方が楽だ、という考え方も成り立つだろう。

それでも、預金引出手数料は105円とか210円とか、小額であるとはいえ積もり積もると結構な金額になる。事情があって、昔、様々な銀行の預金引出手数料を調べたことがあったが、こうした細かい手数料の優遇を行っている銀行におカネを預けると、何かと便利かもしれない 5)現在は消費税率が変わっているので、手数料は108円だったり、216円だったりするようです。

なお、預金保険法上、同一の金融機関に1000万円を超えるおカネを預けていると、その金融機関が破綻したときに元本1000万円までとその利息は保護されるが、それを超えた分は保護されない可能性もあるので、1つの金融機関に預ける預金残高は1000万円を超えないようにしたい。

…といっても、私はそんな大金は持っていないが(笑)… 6)この点については現在でもまったく同じです(笑)。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



補足:その後の実践状況

家計簿の勧め

以上が、過去に執筆した、私なりの「お金との付き合い方」の概要です。そして、当時の「クレジットカード論・ATM論」については、いまでも実践しています。

繰り返しになりますが、その前提として気を付けなければならないことは、「こまめな残高管理」です。

実は、私自身、複式簿記で家計簿を作成しています。といっても、エクセルベースのごく簡単な代物ですが、1つ自慢できることがあるとすれば、私の過去の家計簿はMicrosoft Accessを使って管理していて、約20年分、遡ることができます。周囲からはよく、「毎日のお金の出入りをどうやって管理するのか?」と尋ねられるのですが、歯磨きとかと同じで、習慣にしてしまえば良いだけの話です。

定期的にサイフの中からレシートをすべて取り出し、現金の残高を数えて金額をエクセルに打ち込んだリスト(現金実査表)と、家計簿から判明する現金の出入りの金額を比べ、大きな不整合が生じていなければ合格、です。

ついでに言えば、普通預金だの、定期預金だの、MRFだのの残高は、逐一記録に残り、通帳やインターネットで残高を追いかけることができます。このため、日常生活では「自分の手元にある現金」の金額をだいたい把握していれば良いのです。

データ管理という最大限のメリット

ところが、この「こまめな残高管理」をやり始めると、今度は現金ではなく、クレジットカードか電子マネーの方が、却って何かと都合が良いのです。

昨年執筆した『IT化はここまで進んだ!』のなかで、私は「現金ではなく極力、クレジットカードか電子マネーを使っている」と申し上げたのですが、実は、これも「いつどこで何にお金を使ったか」を客観的な記録として残すことができるという長所があるからです。

とくに、SUICAなどの電子マネーは、カードリーダー(※確定申告やe-taxで使う機器)で残高や利用履歴を読み取り、エクセルに落とすことができますし、最近だと、インターネットでSUICAのクレジット・チャージなどが可能です。

一方で、極力現金を使わないようにしようとすれば、1つ1つの買い物をしっかりと記憶できるというメリットも生じます。また、現金の場合、うっかりレシートを貰い忘れてしまうと、何にお金を使ったのか思い出せなくなってしまいがちですが、現金ではなくクレジットカードや電子マネーを積極的に使うようになれば、自販機など、レシートが出ない場所での買い物は控えるようになる、という効果も得られます。

さらに、効率よくポイントが貯まるため、毎月数千円分、無料で電子マネーにチャージできるという恩恵もあります。

カード利用の罠

ただし、私が以前からクレジットカードや電子マネーの利用を推奨しているのは事実ですが、以前、『IT化はここまで進んだ!』のコメント欄に頂いたご意見によれば、「クレジットカードや電子マネーだと、つい使い過ぎてしまう」という欠点もあります。

情報源は失念しましたが、とある研究によれば、現金を主に使う人と比べ、電子マネーを主に使う人の方が、コンビニでの1回あたりの買い物に使う金額が大きい、という報告もあるそうです。

このため、当ウェブサイトで主張した内容の大前提は、あくまでも「こまめに残高管理をすること」、「リボ払いやATM手数料などの余計な費用を払わないようにすること」、「自分にあったカードを見つけ、あちこちでカードを作らないこと」に尽きると思います。

以上、当ウェブサイトの内容はあくまでも1つのご参考として捉えて頂くのが良いでしょう。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/05/20 22:15 【時事|外交
    どうなった「蚊帳の外」論 今、安倍総理が金正恩と会う理由 (2コメント)
  • 2019/05/20 16:00 【時事|韓国崩壊
    日本が仲裁手続の付託決定:国際的ルールで韓国を裁く第一歩 (41コメント)
  • 2019/05/20 11:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    ウォン安は続く?スワップ欠く日韓関係、企業はリスク管理を (19コメント)
  • 2019/05/20 05:00 【韓国崩壊
    数値で見る日韓関係:ヒト・モノ・カネの交流状況とは? (12コメント)
  • 2019/05/19 12:45 【時事|韓国崩壊
    あまりにも予想どおり!自称元徴用工らが「基金構想」提示へ (61コメント)
  • 2019/05/19 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    中韓通貨は「大台」目指す?「通貨暴落」の意味を考える (27コメント)
  • 2019/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月18日版) (74コメント)
  • 2019/05/18 05:00 【マスメディア論
    罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性 (56コメント)
  • 2019/05/17 18:45 【時事|国内政治
    不信任案は衆院解散総選挙の「大義」になる?当たり前です (14コメント)
  • 2019/05/17 11:00 【韓国崩壊
    徴用工と瀬戸際外交:放置すれば日本の選択肢が増えるのも事実 (50コメント)
  • 2019/05/17 05:00 【RMB|金融
    朝鮮半島統一費用は1兆ドル?AIIBさん、出番ですよ! (35コメント)
  • 2019/05/16 16:15 【時事|韓国崩壊
    良い国(1192)作る?それとも破綻?為替相場と韓国産業 (21コメント)
  • 2019/05/16 10:30 【時事|韓国崩壊
    嫌な予感つきまとう「トランプ訪韓」、その目的は北朝鮮牽制? (47コメント)
  • 2019/05/16 05:00 【マスメディア論
    被害者への無神経な取材 マスコミはれっきとした加害者だ (25コメント)
  • 2019/05/15 16:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相、自称徴用工問題巡り「対応には限界がある」 (44コメント)
  • 2019/05/15 12:30 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】中央日報「韓日スワップ程度は復元すべき」 (30コメント)
  • 2019/05/15 11:00 【金融
    総論:なぜ通貨安は困るのか 外国から外貨を借りる国の悲哀 (15コメント)
  • 2019/05/15 09:30 【時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】韓国では友好国にレーダー照射するのですか? (14コメント)
  • 2019/05/15 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏の論考を読んで頭をよぎる嫌な予感 日本は歴史に学べ (47コメント)
  • 2019/05/14 23:55 【マスメディア論
    【速報】NHKの受信料収入が7000億円の大台に! (6コメント)
  • 2019/05/14 12:33 【時事|韓国崩壊
    東亜日報記者は「必要条件」と「十分条件」を混同したのか? (38コメント)
  • 2019/05/14 06:00 【金融
    「日本国債はデフォルトしない」論はMMT使わずに説明可能 (37コメント)
  • 2019/05/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国はそろそろ日本に「ツートラック戦略」の対価を払え (25コメント)
  • 2019/05/13 15:30 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    KRWじり下の一方、「4000億ドル外貨準備が安定基盤」 (8コメント)
  • 2019/05/13 11:30 【時事|韓国崩壊
    USDKRWの値動きの裏で、真のリスクは「外貨資金流出」 (26コメント)
  • 2019/05/13 06:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の2年を振り返る:当ウェブサイトの予想は的中? (13コメント)
  • 2019/05/13 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国ウォン下落局面、「韓日スワップ待望論」は出て来るか? (18コメント)
  • 2019/05/12 05:00 【マスメディア論|金融
    真の国民の敵とはNHKと財務省 解決する唯一の方法と人物 (29コメント)
  • 2019/05/11 17:00 【時事|外交
    トランプ氏「ミサイルに反応せず」 瀬戸際外交には無視も有効 (15コメント)
  • 2019/05/11 11:11 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月11日版) (100コメント)
  • 2019/05/11 05:00 【韓国崩壊
    韓国人学者「日本から見て信頼に値するのは韓国より北朝鮮」 (42コメント)
  • 2019/05/10 15:30 【時事|経済全般|外交
    【速報】米、中国の2000億ドルの輸入品に25%関税適用へ (36コメント)
  • 2019/05/10 15:01 【時事|外交
    北朝鮮の挑発と「日米の韓国外し」 静観と経済制裁強化が正解 (11コメント)
  • 2019/05/10 10:00 【時事|韓国崩壊
    予想以上の成果?就任3年目の文在寅政権を生温かく見守りたい (20コメント)
  • 2019/05/10 05:00 【マスメディア論
    ウェブ言論時代 どちらが正しいかは「読者が」判断する (19コメント)
  • 2019/05/09 22:15 【時事|韓国崩壊
    「北がミサイル発射したからウォン安に」の言い訳は渡りに船 (14コメント)
  • 2019/05/09 12:30 【時事|経済全般
    時間もカネもかかる 非上場株式の競売が困難である理由 (17コメント)
  • 2019/05/09 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「プチ・ワロス曲線」とやっぱりおかしい韓国の外貨準備高 (31コメント)
  • 2019/05/09 05:00 【RMB|金融
    AIIBの現状と人民元 日本が「バスに乗らなかった」結果 (12コメント)
  • 2019/05/08 15:15 【時事|韓国崩壊
    「売却するぞ、売却するぞ、今度こそ本当に売却するぞ」 (30コメント)
  • 2019/05/08 11:15 【時事|韓国崩壊
    輸出、通貨、安保のすべてで行き詰る韓国の「次の一手」 (26コメント)
  • 2019/05/08 05:00 【時事|外交
    国際関係アナリスト・北野幸伯氏の優れた論考 (43コメント)
  • 2019/05/07 23:45 【時事|韓国崩壊|金融
    【ショートメモ】USDKRWが1172.76に下落(WSJ) (9コメント)
  • 2019/05/07 11:15 【時事|韓国崩壊
    ウォン安と徴用工問題:韓国の「経済破綻」が単純でない理由 (30コメント)
  • 2019/05/07 06:00 【外交
    北朝鮮情勢 「蚊帳の外」だったはずの日本が主導権を握る (20コメント)
  • 2019/05/07 05:00 【雑感オピニオン
    自作自演コメントは読者への詐欺であり、言論に対する冒涜 (37コメント)
  • 2019/05/06 05:00 【韓国崩壊
    「用日派」のホンネは「克日」 日韓友好が成り立たない理由 (119コメント)
  • 2019/05/05 12:30 【RMB|時事|金融
    麻生総理、中国念頭に「借り手卒業」を促す 当然すぎる発言 (17コメント)
  • 2019/05/05 05:00 【韓国崩壊
    日韓協力がなくても日本はまったく困らないという具体的証拠 (60コメント)
  • 2019/05/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月4日版) (63コメント)
  • 2019/05/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    「CMIMローカル通貨化で人民元が基軸通貨化」報道の怪 (24コメント)
  • 2019/05/03 17:30 【時事|韓国崩壊
    やっぱり「徴用工判決問題サラミスライス論」は正しいのか? (60コメント)
  • 2019/05/03 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    ウォン安が通貨危機の兆候なら「消極的経済制裁」のチャンス (45コメント)
  • 2019/05/03 05:00 【国内政治
    憲法記念日に「脱税の放棄」について考えてみた (70コメント)
  • 2019/05/02 12:00 【読者のページ
    【雑談専用記事】GW中もいろいろ議論が盛り上がっています (74コメント)
  • 2019/05/02 05:00 【韓国崩壊|金融
    徴用工判決問題:非上場株式の換金はサラミスライスの一環? (145コメント)
  • 2019/05/01 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】徴用工判決問題、「日本企業の資産売却申請」と報道 (120コメント)
  • 2019/05/01 05:00 【時事|国内政治
    マスコミの影響力低下は、令和でいっきに加速する (64コメント)
  • 2019/04/30 16:47 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】やっぱりUSDKRWの動きが不自然 (18コメント)
  • 2019/04/30 11:45 【時事|雑感オピニオン
    国民とともに歩まれた天皇陛下に感謝申し上げます (20コメント)
  • 2019/04/30 06:00 【韓国崩壊
    ウソツキ瀬戸際外交を続ける詐欺国家・韓国とどう対峙するか (90コメント)
  • 2019/04/30 05:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    USDKRWの為替変動が不自然、通貨当局による為替介入? (41コメント)
  • 2019/04/29 16:00 【時事|韓国崩壊
    ニュース短評 「用日派メディア」中央日報の「叫び」3連発 (41コメント)
  • 2019/04/29 12:00 【読者のページ
    【雑談専用記事】「令和」目前、「平成」最後の「昭和」の日 (31コメント)
  • 2019/04/29 06:00 【韓国崩壊
    安倍政権が対韓制裁に乗り出さない「本当の理由」を考えてみた (61コメント)
  • 2019/04/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    ニュース短評「韓国経済の減速要因は設備じゃなく輸出」ほか (12コメント)
  • 2019/04/28 12:00 【時事|雑感オピニオン
    当ウェブサイト初の「ボツ記事」 せっかく分析をしたのだが… (33コメント)
  • 2019/04/28 05:00 【時事|国内政治
    令和最初の見どころは「消費増税凍結巡る衆参同日選」? (24コメント)
  • 2019/04/27 12:00 【読者のページ
    連休初日の正午 雑談専用記事をご用意いたしました (94コメント)
  • 2019/04/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    企業の寄付金不足?今年の「日韓未来対話」開催が危ぶまれる (47コメント)
  • 2019/04/27 00:00 【時事
    連休中のウェブサイト更新に関するお知らせ (2コメント)
  • 2019/04/26 15:30 【時事|国内政治
    数合わせの「小沢新党」の懲りない面々:政党名を考えてみた (37コメント)
  • 2019/04/26 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国は典型的な「縮小均衡経済」の罠におちたのか? (18コメント)
  • 2019/04/26 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国への対抗措置には「通貨危機」をうまく利用するのも手だ (28コメント)
  • 2019/04/25 16:30 【時事|金融
    【ショートメモ】通貨KRWが下がり出したのか? (39コメント)
  • 2019/04/25 16:00 【時事|韓国崩壊
    外相・防衛相「2+2」は「開催されないこと」もメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/25 11:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟問題の落としどころは「セルフ経済制裁」の実現? (25コメント)
  • 2019/04/25 05:00 【RMB|時事|金融
    中国の国際金融戦略の現状は鳴かず飛ばずだが、警戒は必要だ (18コメント)
  • 2019/04/24 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓「未来志向」削除:韓国メディアの「逆ギレ」は限定的? (32コメント)
  • 2019/04/24 10:00 【時事|外交
    イラン産原油・SRE廃止の影響 中国、トルコ、韓国の反応 (20コメント)
  • 2019/04/24 05:00 【マスメディア論|国内政治
    ウェブ時代・議論拒否するサヨクさん 保守とサヨクの違いとは (15コメント)
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (45コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (29コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (41コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (22コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (49コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (60コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    注記   [ + ]

    1.2011年といえば、欧州債務危機の真っ最中であり、私も当時のブログでずいぶんとギリシャ国債の話題を取り上げたものです。とくに、「ギリシャと同じく日本は国の借金が多すぎるので財政破綻する」といったトンデモ論には一生懸命反論していたのですが、今となってはそれも懐かしい想い出です。
    2.ちなみに、このカードはその後、ポイントが貯まる条件が悪化しており、「1%の払戻」を受けている状況ではありません。
    3.現時点では年会費が10,800円、空港での買い物は5%引きと、条件は悪化しています
    4.現在、この銀行はATMから撤退していますが、代わりに某ネット銀行のATMを無料で利用することができます。
    5.現在は消費税率が変わっているので、手数料は108円だったり、216円だったりするようです。
    6.この点については現在でもまったく同じです(笑)。