新聞を広げても広告が目に付きますし、テレビを点けてもひっきりなしに広告が流れてきます。このように、私たちの生活と「広告」は切っても切り離せない関係にあります。しかし、企業の広告支出に占める「インターネット広告」の比率が、近年、高まっています。既存メディア(新聞・テレビなど)の広告費や視聴率・部数などに関する実態は、情報開示が不十分でよくわかりませんが、それでも「実態がよくわからない」という事実だけで考えてみても、「料金体系も広告閲覧者も明瞭である」というインターネット広告が近いうちに、既存メディアの広告を凌駕するのは当然の成り行きではないかと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告とメディア

当ウェブサイトでは、先日より、グーグルの「アドセンス」、アマゾンの「アマゾン・アソシエイト」という、二つの広告プログラムに参加しています。広告プログラムに参加する目的は簡単です。私はここを「無料のオピニオン・サイト」として運営していますが、通信費、サーバのレンタル代、URLの更新費用など、ブログ運営にかかる費用を賄うためです(といってもそれらのコストも微々たるものですが…)。私自身、新聞や雑誌のような「読者から購読料を徴収する」というビジネスモデルは、早ければあと数年で破綻すると考えていますが、ただ、「ジャーナリスト」、あるいは「オピニオンの専門家」は社会に必要でもあります。そこで、「オピニオンを社会に向けて発信すること」自体がビジネスになるかどうかを実験してみたいという考えもあり、また、読者の方に無料で閲覧していただける仕組みを維持するという狙いで、広告化に踏み切った次第です。

【重要】何度も申しあげていますが、私自身を「儲けさせる」ために、表示されている広告を「興味もないのにわざわざクリックする」という必要は全くありませんし、むしろ、そのような行為は控えて頂きたいと思います。あくまでも広告に興味があればクリックすれば良いだけの話であり、また、広告の表示を希望しない場合には、無効化する設定も可能です(詳しくは「プライバシー・ポリシー」のページなどもご参照ください)。

ただ、よく考えてみると、新聞や雑誌の場合は「コンテンツ」の対価として、「購読料」などの料金を徴収していますが、「コンテンツ自体は無料で提供していて、立派にビジネスとして成立している」という産業は存在します。テレビ局やラジオ局がその典型例ですが、小規模ながらタウン誌などの無料誌なども存在しています(図表1)。

図表1 既存メディアと広告
区分コンテンツ代金広告の位置付け
新聞定期購読者から「購読料」を徴収するほか、駅・書店などでも販売。新聞・雑誌本文にも広告を掲載新聞本紙の広告だけでなく「折込チラシ」も重要
雑誌雑誌に広告ページもある
テレビ視聴者から受信料を徴収せず、スポンサーからの広告料で運営(NHKを除く)広告収入の比重がきわめて大きいため、広告がとても重要
ラジオ
無料誌街中のスタンドで自由に持ち帰ることができる。ポストに投函されることもある

つまり、現在のメディアを眺めてみると、新聞・雑誌にせよ、テレビ・ラジオ・無料誌にせよ、広告を掲載することの収入は重要な比重を占めている、ということです。新聞・雑誌は購読料等を負担しなければ入手できませんが、それにも関わらず、紙面の多くが広告に費やされています。また、NHKを除く民間放送局(テレビ、ラジオ)は受信料自体を徴収しておらず、いずれも広告収入がきわめて重要であると言えます。

※なお、本論から外れますが、NHKが徴収している「受信料」は、実質的には国民から強制的に徴収されるという意味で「税金」と極めて類似していますが、NHKは情報開示に極めて消極的であり、NHKに対する会計監査・業務監査などの仕組みも不十分です。このように不透明な組織の問題は、「マス・メディア論」の中でも、別途議論されるべき問題ですが、本日は「広告」が主テーマですので、NHKの問題は後日に譲りたいと思います。

広告に関する包括的データがない!

ところで、私自身が「広告付きのウェブサイト」を運営するようになってから、広告について深く考えようと思い、広告に関する様々なデータを集めようとしたのですが、どうも広告に関しては、「誰でも利用可能で最新のデータ」が存在しません。いちおう、「広告図書館」というウェブサイトにいけば、「媒体別広告費」と題するページの中で、かなり限定的ながら、媒体別の広告費の一覧を見ることはできます。このウェブサイトで公表されているデータは、「どのような方法で集計したのか」に関する情報も開示されていません。しかし、傾向としては、「既存メディアがじり貧であること」、「インターネット広告が急伸していること」がわかります(図表2)。

図表2 媒体別広告費の推移からわかること
項目概要
広告費全体日本全体の広告費(総広告費)は、2011年以降、毎年、少しずつ増えている
マスコミ四媒体(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)の広告費広告費の金額は微増傾向にあるが、日本全体の広告費に占める比率は少しずつ減少している。また、テレビ以外の三媒体(新聞、雑誌、ラジオ)については金額、比率ともに微減傾向にある
インターネット広告広告費、日本全体の広告費に占める比率いずれも右肩上がりで上昇し続けている

「広告図書館」のデータ自体、「転載禁止」扱いとなっていますが、エクセルのデータもダウンロードできるようですので、興味がある方は是非、直接同ウェブサイトから数字をご確認ください(なお、ダウンロード等に当たっては自己責任にてご対応をお願い申し上げます)。

ただ、私自身もいろいろと探してみたのですが、広告費全体の推移やテレビの視聴率、新聞の部数の増減などについて、包括的に取りまとめたウェブサイト等が見当たりません。もちろん、読売広告社のウェブサイトのように、(かなり読み辛いものの)新聞の販売部数と掲載エリアについての限定的な情報を公表している場合もありますが、「時系列で追いかけられるようなウェブサイト」については、見当たらないというのが実情ではないかと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



広告料は良くわからない…。

そこで、広告料を試算してみようと思います。

まず、「誰でも気軽に作れる広告」としては、「新聞の折り込みチラシ」というものがあります。A4の紙に広告を印刷して朝刊に折り込んで配るとしたら、いくらのコストがかかるのでしょうか?印刷するのに利用する紙や配布する地域などの条件にもよりますが、1枚当たり8円から、という計算です(図表3

図表3 A4の紙を1万部印刷して配る場合のコスト
項目金額
印刷代金単価 4.5円×1万枚=45,000円
配布代金単価 3.5円×1万枚=35,000円
合計代金1万枚で80,000円、1枚当たり8円

(出所:印刷会社、広告折込会社等のウェブサイトから概算)

もちろん、条件はさらに細かくわかれます。たとえば、A4の紙の片面を使うのか、両面を使うのか、A3の紙を使うのか、といった具合です。たとえばスーパーマーケットが特売のチラシを刷って商圏の家庭に届けるような場合には、こうした折込チラシが有効だとされています。

次にテレビ広告の場合は、どの程度のコストがかかるのでしょうか?

あるウェブサイトによると、「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯にテレビで広告を打つと、地方局でも数十万円、全国ネットだと一回数百万円というレベルでコストがかかるのだとか。ただ、全国ネット放送で広告を打つことができるとすれば、それこそ自動車や家電、食品メーカーなど、会社は限られてくるのではないでしょうか?

新聞業界の苦境と変化する米国

余談ですが、新聞業界の苦境についても取り上げておきましょう。既にわが国でも多くのメディアが報じた事実なので、ご存知の方も多いと思いますが、「米国新聞協会」(Newspaper Association of America)が、協会名称を「ニューズ・メディア協会」(News Media Association)に変更しました。

Newspaper Association of America Changes Name to News Media Alliance(2016/09/07付 ニューズメディア・アソシエーション報道発表より)

紙に印刷された新聞を読む人が激減しているのは、日本だけではなく、おそらく世界共通でしょう。紙に書かれた情報は、印刷された瞬間から古くなりますし、新聞紙はほんの数日分溜まるだけで重たくなり、ゴミ出しをするのも一苦労です。軽いスマートフォンやタブレットなどの端末の方が、持ち運びには遥かに便利ですから、新聞が廃れるのは時間の問題でしょう。

ただ、私がこのプレス・リリースを見て感心したのは、「変化に対応する能力」の素晴らしさです。日本の場合は、「再販売価格維持制度」や「宅配制度」、「記者クラブ」という名の談合制度などの既得権益が存在し、新聞・テレビ各社は自由競争から守られています。しかし、こうした既得権益が米国には存在しないためでしょうか、大手メディアであるWSJですら、かなり早い時期からネット・ビジネス戦略に経営資源を投入してきました。

日本の新聞協会がこれを真似したところで、ろくすっぽ勉強もせず、取材力もない日本の新聞記者が、インターネット・メディアに伍していけるのでしょうか?私は日本の新聞業界を冷ややかに注視していきたいと考えています。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



インターネット広告のメリット

さて、インターネット広告の場合、私が契約している「アドセンス」は、ワンクリックで数円から数十円の報酬が発生するようです。間に立つグーグル社がかなり「手数料」を取っていることは想像に難くありませんが、それでも広告主からすれば、ワンクリックで数十円程度の負担だとすれば、チラシを刷って配るよりも遥かに高い広告効果を期待することができます。

広告の中でももっとも原始的な「新聞折り込みチラシ」が1枚8円だと仮定しても、折込チラシを一切読まずに捨ててしまう家庭も多いでしょうし、チラシがターゲット層の目に留まるとは限りません。しかし、「アドセンス」や「アマゾン・アソシエイト」の場合だと、そもそもそのウェブサイトを訪れている人の興味・性向に応じて表示する広告を変えることができることもあります。つまり、「よりターゲットに即した広告を表示する」ことができるのです。

そのように考えていくならば、新聞・テレビのように「不特定多数の人に一律で流す広告」よりも、インターネットのように「閲覧する人に応じて内容が変わる広告」の方が、広告としての効果が遥かに高いことは容易に想像できます。

さらに、私自身がこれほどデータを調べようとしても、既存メディア(特に新聞、テレビ)の広告費や広告効果に関するデータがほとんど見つからないということは、一般企業の担当者レベルからすれば、「効果もよくわからないし、費用体系も不透明」な新聞・テレビ広告よりも、「誰が見ているかはっきりと把握できるインターネット広告」の方が魅力的に映ることは間違いありません。

本日は、本当は「インターネット広告と既存メディア広告のコスト比較」を行いたかったのですが、既に申しあげたとおり、既存メディアの広告料については非常に不透明であり、よくわからないというのが実情です。ただし、私は様々な状況から判断すれば、早ければあと数年以内に、企業の広告支出の割合で見ると、インターネット広告の比率がテレビ広告の比率を追い抜くのではないかと見ています。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/01/17 22:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「逆ギレ」ここに極まる 自衛隊員の士気に悪影響が心配
  • 2019/01/17 15:45 【時事|外交
    日米同盟軸にしたインド・太平洋戦略こそが、日本の活路だ (9コメント)
  • 2019/01/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    日米防衛相会談から「日米韓3ヵ国連携」が消えた意味とは? (15コメント)
  • 2019/01/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府の外交は素人集団と同じ 日韓関係崩壊は不可避に (32コメント)
  • 2019/01/16 22:00 【時事
    【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (25コメント)
  • 2019/01/16 20:30 【時事|韓国崩壊
    空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (16コメント)
  • 2019/01/16 11:30 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (14コメント)
  • 2019/01/16 05:00 【韓国崩壊
    大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (26コメント)
  • 2019/01/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8コメント)
  • 2019/01/15 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34コメント)
  • 2019/01/15 12:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (17コメント)
  • 2019/01/15 10:45 【時事|外交
    「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6コメント)
  • 2019/01/15 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19コメント)
  • 2019/01/14 22:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (8コメント)
  • 2019/01/14 08:00 【外交
    外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22コメント)
  • 2019/01/14 05:00 【韓国崩壊
    日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35コメント)
  • 2019/01/13 12:00 【マスメディア論|時事
    まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15コメント)
  • 2019/01/13 08:00 【金融
    資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36コメント)
  • 2019/01/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19コメント)
  • 2019/01/12 15:30 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25コメント)
  • 2019/01/12 09:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4コメント)
  • 2019/01/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12コメント)
  • 2019/01/11 14:00 【時事|韓国崩壊
    協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89コメント)
  • 2019/01/11 11:11 【金融
    基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10コメント)
  • 2019/01/11 10:15 【韓国崩壊
    「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28コメント)
  • 2019/01/11 05:00 【韓国崩壊
    読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23コメント)
  • 2019/01/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16コメント)
  • 2019/01/10 13:30 【時事|韓国崩壊
    正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54コメント)
  • 2019/01/10 11:00 【韓国崩壊
    日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21コメント)
  • 2019/01/10 05:00 【マスメディア論
    「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13コメント)
  • 2019/01/09 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19コメント)
  • 2019/01/09 11:45 【時事|経済全般
    自由貿易と「ウィン・ウィン」を否定するかの韓国経済新聞 (12コメント)
  • 2019/01/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    株式差押えは「日本企業に実損出ていない」の屁理屈のため? (28コメント)
  • 2019/01/08 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金の在韓資産差押えを韓国地裁が認める (6コメント)
  • 2019/01/08 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓の「情報戦」が開戦したなら戦力の逐次投入はタブー (33コメント)
  • 2019/01/08 10:30 【韓国崩壊
    あまりに惜しい鈴置説の「最終回」 鈴置先生に感謝します (23コメント)
  • 2019/01/08 05:00 【マスメディア論
    すぐれたウェブ評論サイトが新聞、テレビを駆逐する! (29コメント)
  • 2019/01/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「喧嘩両成敗」的な主張はもう聞き飽きた (56コメント)
  • 2019/01/07 05:00 【韓国崩壊
    今週の焦点は防衛省の再反論と安倍総理の「毅然とした措置」 (23コメント)
  • 2019/01/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍総理、NHKで韓国に対する「具体的措置」に言及 (15コメント)
  • 2019/01/06 15:45 【マスメディア論|時事
    「あじあにゅーす2ちゃんねる」が長尾敬議員の主張を歪曲 (12コメント)
  • 2019/01/06 07:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第1回:「人生」と「使命」について考えてみる (4コメント)
  • 2019/01/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    もういちど考える:そもそも韓国海軍は何をやっていたのか? (34コメント)
  • 2019/01/05 14:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか (45コメント)
  • 2019/01/05 08:00 【雑感オピニオン
    読者の皆さま:個人ブログをお持ちの方は是非教えてください (9コメント)
  • 2019/01/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています (26コメント)
  • 2019/01/04 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府・国防部の動画をどう見るか? (36コメント)
  • 2019/01/04 15:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が動画を公表 (19コメント)
  • 2019/01/04 14:30 【韓国崩壊
    北朝鮮に理解示して日本には逆ギレする韓国政府の支離滅裂さ (8コメント)
  • 2019/01/04 11:00 【時事|外交
    無法国家・中国への渡航を警告した米国政府を日本政府も見習え (3コメント)
  • 2019/01/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仕事始め」の安倍政権、支離滅裂な韓国にどう対応するか? (23コメント)
  • 2019/01/04 05:00 【時事|雑感オピニオン
    天皇陛下を戴いていることを、日本国民の1人として誇りに思う (8コメント)
  • 2019/01/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは? (29コメント)
  • 2019/01/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難 (10コメント)
  • 2019/01/02 15:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押え報道が事実なら、政府は速やかに対抗措置講じよ (15コメント)
  • 2019/01/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押えとレーダー照射はどうなる?正常化する日韓関係 (26コメント)
  • 2019/01/02 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    金正恩の「新年の辞」と、私たち日本国民に求められる覚悟 (6コメント)
  • 2019/01/01 05:00 【マスメディア論
    新年にあたり、「社説のブログ化」について考えてみる (6コメント)
  • 2019/01/01 00:00 【雑感オピニオン
    新春のご挨拶 (27コメント)
  • 2018/12/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアが「安倍が政治利用」「カミカゼ攻撃」と逆ギレ (21コメント)
  • 2018/12/31 10:00 【マスメディア論
    年末の「恥知らず」特集 やっぱり朝日新聞は国民の敵 (13コメント)
  • 2018/12/31 05:00 【韓国崩壊
    やはり韓国を「日米韓3ヵ国連携」から追い出すのが正解か? (22コメント)
  • 2018/12/30 15:30 【時事|外交
    台湾加油!戦略的互恵関係に基づく日中関係構築を目指すべき (16コメント)
  • 2018/12/30 08:00 【経済全般
    朝日新聞が消費税を論じるなら、軽減税率を返上するのが筋だ (6コメント)
  • 2018/12/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件 現時点で「落としどころ」探るのは尚早だ (45コメント)
  • 2018/12/29 10:00 【雑感オピニオン
    今月も100万PV ウェブ評論サイトの「使命感」とは? (15コメント)
  • 2018/12/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    さらば密室外交 防衛省による動画公開を歓迎すべき理由 (66コメント)
  • 2018/12/28 21:00 【時事
    防衛省が公開した動画をどう見るか? (24コメント)
  • 2018/12/28 17:07 【時事
    【速報】防衛省が動画を公開 (20コメント)
  • 2018/12/28 11:30 【時事|金融
    金融政策と為替介入をごっちゃにする韓国銀行のデタラメ報告書 (10コメント)
  • 2018/12/28 10:30 【時事|外交
    中国漁船による犯罪に「撤収」しかできないタテ割り日本 (7コメント)
  • 2018/12/28 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国による謝罪と責任者の処罰が最低ライン (35コメント)
  • 2018/12/27 12:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟:あれ?結局差押えはしないのですか? (10コメント)
  • 2018/12/27 11:30 【時事|外交
    中国漁船や韓国海軍の蛮行は日本が舐められている証拠 (8コメント)
  • 2018/12/27 10:30 【時事|金融
    専門家の視点で、ゴーン氏の「スワップ契約」報道を検証する (10コメント)
  • 2018/12/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    南北鉄道着工式をやってしまった韓国と「チキンレース」仮説 (23コメント)
  • 2018/12/26 13:30 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感じる、「日韓の特別な時代」の終焉 (23コメント)
  • 2018/12/26 11:30 【時事|国内政治
    ウェブサイト恒例「歴代内閣在任期間比較」 (3コメント)
  • 2018/12/26 10:30 【時事|外交
    「外交に関する世論調査」2018年最新版レビュー (5コメント)
  • 2018/12/26 05:00 【韓国崩壊
    正論に慌てふためく韓国 徴用工判決の強制執行はどうなる? (23コメント)
  • 2018/12/25 21:45 【時事|韓国崩壊
    徴用工巡る韓国の「日本専門家」見解、てんでお話にならない (13コメント)
  • 2018/12/25 14:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】防衛省が韓国側言い分に再反論、その重要な意義とは? (32コメント)
  • 2018/12/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国メディアは日本に責任転嫁し逆ギレ (18コメント)
  • 2018/12/25 05:00 【韓国崩壊
    韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ (13コメント)
  • 2018/12/24 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】やっぱり逃げた!韓国側弁護団、強制執行日時明言せず (7コメント)
  • 2018/12/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり出てきた!「威嚇飛行をした日本の方が悪い」の詭弁 (19コメント)
  • 2018/12/24 08:00 【雑感オピニオン
    今年もあと1週間 年末年始の雑感 (7コメント)
  • 2018/12/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    自業自得の無責任国家・韓国の末路 「北の共犯者」を許すな (17コメント)
  • 2018/12/23 08:00 【時事|韓国崩壊
    このタイミングでなぜ米国が北朝鮮への人道支援を見直すのか (14コメント)
  • 2018/12/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国軍のレーダー照射は「瀬取り」と関連付ければ説明が付く (74コメント)
  • 2018/12/22 08:00 【韓国崩壊
    下條教授の正論に喝采を送りたいが、「時すでに遅し」か? (41コメント)
  • 2018/12/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    韓国は日本に宣戦布告でもするつもりなのか? (49コメント)
  • 2018/12/21 22:10 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国駆逐艦が自衛隊機に向けて火器レーダー照射 (20コメント)
  • 2018/12/21 13:25 【時事|金融
    ゴーン容疑者再逮捕と「売建オプション」、核心は特別背任罪 (9コメント)
  • 2018/12/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本の外務省高官が訪韓 外務省は韓国に変な譲歩をするな (14コメント)
  • 2018/12/21 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国はレッドチーム」、韓国メディアはそろそろ現実認めよ (7コメント)
  • 2018/12/21 05:00 【時事|国内政治|外交
    防衛大綱見直しは「国民の敵」発見器 敵対国はどこだ? (13コメント)
  • 2018/12/20 14:30 【時事
    宜野湾市でも県民投票拒絶の「民意」が示された (2コメント)
  • 2018/12/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府相手取った徴用工訴訟」は歓迎すべき?まさか! (15コメント)
  • 2018/12/20 07:00 【日韓スワップ|金融
    総論:外貨準備の虚実 韓国の外貨準備の額は信頼できるのか (14コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。