マイク・ポンペオ米国務長官が東南アジア3ヵ国を歴訪し、ASEAN外相会談で「開かれたインド太平洋戦略」への協力を呼びかけました。しかし、ASEAN諸国の反応は今ひとつであり、ポンペオ氏は肩透かしを食らった格好です。ただ、ASEAN外交では実は米国よりもはるかに先行している国があります。その国とは、…何と、わが日本国なのです!

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

米国のASEAN取り込みは難しい

ポンペオ長官の「自由で開かれたインド太平洋」

マイク・ポンペオ米国務長官は今月、マレーシア、シンガポール、インドネシアの3ヵ国を訪問し、とくにシンガポールでは東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会談で演説を行いました。

Press Availability at the 51st ASEAN Foreign Ministers’ Meeting and Related Meetings(2018/08/04付 米国務省HPより)

米国務省のウェブサイトに掲載されたポンペオ長官の演説のなかから、安全保障に関連する部分を抜き出して私自身の文責で要約すると、だいたい次のとおりです。

  • 米国とASEANとの友好関係はとくに米国のインド・太平洋戦略における安全保障面から重要だ
  • ロシアが国連安保理決議に反して北朝鮮との合弁事業を立ち上げているとの報道もあるが、北朝鮮の非核化に向けてASEAN諸国が同国に対する最大限の圧力で協力することを期待する
  • ASEAN諸国は南シナ海における中国の海洋進出という脅威に直面している
  • これらの問題に加え我々はテロ対策、サイバーテロ対策でも連携することが必要だ
  • 自由で開かれたインド太平洋のために、これらの安全保障上の問題でASEANが問題解決の中心にあることを期待する
  • カンボジアにおける選挙が自由でも公正でもなかったことは残念だ
  • しかしASEAN諸国を含めたインド太平洋諸国は世界の経済成長の核となる地域であり、トランプ政権としても長期的な視座でその戦略的重要性を認識している

この演説の中核を占めているのは、「自由で開かれたインド・太平洋 (a free and open Indo-Pacific)」という表現です。いわば、「自由主義、民主主義などの価値を共有する諸国が、自由、公正な貿易体制でともに発展していくべきだ」、とする主張だと考えればわかりやすいでしょう。

戦略的な利益を共有する理由

ただ、ここで1つ、ポンペオ長官の演説に対して私自身にも違和感はあります。

ASEANは東南アジア10ヵ国から構成される連合体ですが、ここには比較的、日本やアメリカに近い形の民主主義国家もあれば、なかば公然と独裁体制を敷いている国家もあり、価値は一様ではありません。たとえば、

  • 立憲君主制国家(タイ、マレーシア、カンボジア)
  • 民主共和制国家(インドネシア、フィリピン)
  • 人民社会主義国(ベトナム、ミャンマー、ラオス)
  • 絶対君主制国家(ブルネイ)

という具合に、政治体制もバラバラならば言語も宗教もバラバラで、とうてい、価値を共有する地域ではありません。ポンペオ長官は「自由で公正、開かれた地域」と述べましたが、ASEAN諸国がこうした米国流の価値をそのまま共有するとは限らない点については十分な注意が必要です。

日経報道「ASEAN諸国に警戒感」

ポンペオ氏の演説では「米国の利益」、「インド太平洋戦略」というキー・フレーズが飛び出したためでしょうか、昨日の日経は「ASEAN諸国に警戒感が出ている」と報じています。

米、「インド太平洋戦略」肉付け急ぐ ASEAN諸国には警戒感も(2018/8/6 10:00付 日本経済新聞電子版より)

普段、私は日経の報道に賛同しないことが多いのですが、この記事については比較的バランスよく書かれていると思います。

日経はポンペオ氏が「トランプ大統領が掲げる「インド太平洋戦略」の具体化に向け、経済、安全保障両面で米国の関与を強める方針を鮮明にした」と報じていますが、この点については先ほど紹介した米国務省のウェブサイトからも確認できる点です。

しかし、日経によると「東南アジア諸国連合(ASEAN)には貿易戦争などで激しさを増す米中対立への懸念も広がっている」とし、「ASEAN各国は米中双方との距離感に腐心」しているなどとして、米国のインド太平洋戦略へのASEAN諸国の関与が一筋縄ではいかないことを示唆しています。

私自身にもASEAN諸国で活躍している某ファンド・マネージャーや為替ディーラーなどの知り合いがいるのですが、彼らは一様に、ASEAN諸国は「中国に付くべきか、日本(や米国)に付くべきかを慎重に見極めようとしている」、と述べています。

私など短気なので、「自由・民主主義国の日本と共産党一党軍事独裁国家の中国のどちらを選ぶのかが選択肢に上がる時点でおかしいのではないか?」と反論するのですが、実際、彼らの政治体制を見る限り、「自由・民主主義」が日本ほど高く評価されていないことは事実です。

日経もこの日の記事で、

ポンペオ氏が今回の東南アジア訪問で狙ったのは、中国の広域経済圏構想「一帯一路」で薄れる懸念があった米国の影響力向上だった。「インド太平洋戦略のもとで、ASEANとの協力を維持していきたい」。シンガポールで3日開いた米ASEAN外相会議でポンペオ氏はこう呼びかけた。」/「中国は南シナ海で軍事拠点化を進めるとともに、国有企業を通じてスリランカの港の運営権を取得するなど、インドを取り囲むように港湾拠点の整備を進めている。ポンペオ氏はASEAN外相との会合でも「南シナ海での法の支配への支持を感謝したい」と述べ、南シナ海問題を当事者間の協議で解決したいとする中国の誘いに乗らないようクギを刺した。

としつつも、

中国は一帯一路構想の下、インド太平洋の各地で数千億円単位のプロジェクトを展開する。中国の王毅国務委員兼外相は4日の記者会見で、まだ1億ドルあまりの規模にとどまる米国のインド太平洋ファンドについて「米国は超大国なのだから、その10倍くらいは出したほうがいい」と皮肉った。

と、中国が余裕を見せている姿を同時に報じています。

すなわち、ASEAN諸国に対して「開かれたインド太平洋戦略」への協力を呼びかけた米国に対し、ASEAN諸国は(今のところは)冷めた姿勢を示しているのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



価値がダメなら戦略で行こう!

珍しく米国に先行する日本

この点、日本はASEAN諸国と非常にうまく付き合っています。

2012年12月に始動した第2次安倍政権は、「自由と繁栄の弧」構想を掲げ、一貫してASEAN諸国との関係強化を目指してきました。その際のキーワードが「戦略的利益の共有」です。

政治体制としては、日本は自由・民主主義国家であり、法治主義国家ですが、ASEAN諸国とは必ずしもこうした価値を共有しているとは限りません。そこで出て来たのが、「戦略的利益」、つまり、基本的な価値が一致していなくても、お互いにメリットがあるなら協力しましょう、という発想なのです。

実は、日本はこの「戦略的利益」という言葉をうまく使い、さまざまな国との関係をうまく築き上げています。たとえば、先日から当ウェブサイトで取り上げているラオスとの関係は「戦略的パートナーシップ」(外務省)ですし、こうした「戦略的」の文字は、ベトナムなどとの関係でも見られます。

これを一覧にまとめてみたものが、次の図表1です。

図表1 ASEAN諸国との関係
相手国 日本との関係 その時期
ベトナム アジアにおける平和と繁栄のための広範な戦略的パートナーシップ 2014年3月
ラオス 戦略的パートナーシップ 2015年3月
カンボジア 戦略的パートナーシップ 2013年12月
インドネシア 平和で繁栄する未来へ向けての戦略的パートナーシップ 2006年11月
シンガポール TPP加盟国であり、「二国間関係は極めて良好」
タイ 皇室・王室同士の外交にくわえ、「戦略的パートナーシップ」 2013年1月
ブルネイ 「活発な要人往来が行われる等両国関係は良好」 2013年10月
フィリピン 戦略的パートナーシップ 2011年9月
マレーシア 戦略的パートナーシップについての日マレーシア共同声明 2015年
ミャンマー 基本的な価値観を共有するパートナー

(【出所】外務省HPより著者作成)

この図表は、たとえば「2015年3月にラオスの首相が来日し、安倍総理との首脳会談の結果、両国関係を「戦略的パートナーシップ」の関係に格上げすることで合意した」といった記述をベースに、「2015年3月から日本とラオスは戦略的パートナーシップの関係にある」、と判断するためのものです。

シンガポールのように両国関係が「極めて良好」という相手国もあり、このような国は「関係の格上げのための首脳会談」についてはとくに明示していません。

(※余談ですが、ミャンマーについて日本は「基本的な価値観を共有するパートナー」と見ているようですが、さすがについ最近民主化されたばかりの国をここまで持ち上げるのは行き過ぎではないかとの気がする一方で、ミャンマーは対中牽制の鍵となる国でもあるため、安倍外交のセンスの良さを感じます。)

自由と繁栄の弧、あるいはセキュリティ・ダイヤモンド

あくまでも私の理解ですが、2012年12月に第二次安倍政権が発足して以来、安倍総理は一貫して「セキュリティ・ダイヤモンド」構想に従って動いて来ました。

この「セキュリティ・ダイヤモンド」構想は、政権発足直後に安倍総理自身が外国のメディアに寄稿した文章でも内容を確認することができますが、簡単にいえば、日本、インド、オーストラリア、アメリカというダイヤモンド型の安全保障を地域で構築しましょう、という考え方です。

そして、これとよく似た構想が「自由と繁栄の弧」です。この「自由と繁栄の弧」構想は、もともとは麻生太郎総理の著書『自由と繁栄の弧』がその語源で、日本と欧州を南アジアでつなぎ、この一帯を自由と繁栄という共通の価値で結ぶ、という構想だと考えれば良いでしょう。

実は、現在の安倍政権自体、「安倍晋三=麻生太郎連立政権」という性格があります。安倍、麻生の両総理が結びつけば、外交から見て国益を最大化する方向に政策が動くのは、ある意味で当然と言えるのかもしれません。

日本が「仲良くすべき相手」

ところで、安倍政権を巡っては、経済政策がかならずしもうまくいっていない点、私の目から見て納得のいかない政策も多々ある点から、私は100%、支持しようとは思いません。とくに、消費税の増税については大反対です。

しかし、それと同時に外交面で見れば、民主党の3大政権(鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦の各元首相)の下でボロボロになった日本の外交が見事に立ち直り、日本という国がG7、G20、ASEAN+3、ASEMなどの国際会議でも圧倒的な存在感を放っていることは事実です。

その意味で、私は基本的に安倍政権の外交を支持しています(※対韓外交では一部、納得ができない政策もありましたが…)。

ところで、日本が仲良くすべき相手とは、いったい誰でしょうか?

古今東西、どんな外交であっても、「価値と利益を共有するかどうか」という軸から判断するのが有益です。これについてカテゴリーで区切ると、図表2のように分類できます。

図表2 価値と利益の基軸
分類 価値を共有する 価値を共有しない
利益を共有する ①価値と利益を共有する ②価値は共有しないが利益を共有する
利益を共有しない ③利益は共有しないが価値を共有する ④価値も利益も共有しない

(【出所】著者作成)

日本が一番大切にすべきは「①価値と利益を共有する相手国」であることは間違いありません。また、それと同時に「④価値も利益も共有しない国」との関係は、そのような関係が続く限り、決定的に悪化しないようにマネージしつつ、将来的には関係を清算しなければなりません。

このうち「①価値と利益を共有している相手国」とは、米国、オーストラリア、インドであり、また、台湾も潜在的には同じ自由・民主主義国として、日本と価値・利益をともに共有する資格があります。

一方、「④価値と利益をいずれも共有していない相手国」の典型例は、仮想敵国、つまり北朝鮮のことであり、また、利害が対立する局面が多い中国あたりでしょう。最近だと、韓国もこの「価値と利益を共有していない国」に該当しています。

しかし、②や③の国とは、価値か利益のいずれかを共有しているのですから、できるだけ対話を通じて仲良くなるべきでしょう。とくにASEAN諸国の多くは上記②のカテゴリー(価値は共有しないが利益を共有している相手国)に該当します。

その意味で、②や③のような国との関係こそ、大切にすべきでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



アメリカ任せからの脱却

さて、日本の外交は戦後長らく、ほとんど独自色を発揮して来ませんでした。国防をアメリカに任せっきり、という側面があり、仕方がなかったのかもしれませんが、しかし、国防から外交から、何でもかんでも外国に丸投げ、というのはもうやめるべきでしょう。

今回、ポンペオ米国務長官が東南アジア3ヵ国を歴訪したという報道に接して、私が真っ先に感じたのは、米国・トランプ政権の外交が珍しく日本を後追いしている、という点です。先ほどの図表1を見て頂いてもわかりますが、安倍総理はかなり以前から、ASEAN諸国との関係格上げを図って来ました。

こうした「安倍外交」については、新聞、テレビなどのマス・メディアがほとんど実態を報じていないため、インターネットにアクセスしない人からすれば、「よくわからない」という人も多いでしょう(だからこそ、当ウェブサイトでもこうやって図表にわかりやすくまとめているのですが…)。

いずれにせよ、現在の外交局面は、戦後の「アメリカ任せ」から脱却し、日米が対等な立場で協力しながら、自由、民主主義という価値観を軸に、中国やロシア、あるいは北朝鮮と対抗していく必要があります(残念ながら韓国は「中華陣営」に加わる可能性が高いようですが…)。

当然、日本国内でも朝日新聞社や日本共産党、立憲民主党などを中心に、日本が自立することを阻む勢力がいて、これからも全力で安倍政権の倒閣運動を続けるのだと思いますが、私たち一般の有権者がきちんと日本の役割を理解していれば、こうした倒閣運動に負けることはないと思います。

その意味で、当ウェブサイトでは引き続き、日本のマス・メディアが報じない「日本外交の強さ」について、しつこく取り上げ続けたいと思うのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (2コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (2コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (2コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (2コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (16コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)
  • 2018/08/08 15:40 【時事|外交
    ラオスのダム新設棚上げ、まじめにやっている日本には大迷惑 (7コメント)
  • 2018/08/08 10:00 【マスメディア論|時事
    「安倍叩きネタ」が切れた途端に上昇する内閣支持率の不思議 (2コメント)
  • 2018/08/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    堂々と「ツートラック外交」を主張する韓国メディアの不見識 (6コメント)
  • 2018/08/07 16:00 【時事|国内政治
    朝日の調査ですら、8割の人が野党には期待しないという事実 (5コメント)
  • 2018/08/07 10:00 【政治
    自由と繁栄の弧:ASEAN外交で米国に先行する日本の活躍 (5コメント)
  • 2018/08/07 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に (5コメント)
  • 2018/08/06 14:00 【RMB|時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか? (6コメント)
  • 2018/08/06 10:20 【時事|韓国崩壊|外交
    韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた (2コメント)
  • 2018/08/06 05:00 【時事|外交
    米国の戦争犯罪、なぜ原爆は広島市に投下されたのか? (8コメント)
  • 2018/08/05 10:00 【日韓スワップ|金融
    数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか? (2コメント)
  • 2018/08/05 05:00 【政治
    ラオスのダム決壊事故の続報はなぜ出てこない? (16コメント)
  • 2018/08/04 10:00 【時事|外交
    ユネスコ世界遺産登録は、今からでも謹んで返上した方が良い (5コメント)
  • 2018/08/04 05:00 【時事|国内政治
    安倍3選は確実としても、それで問題が解決するわけではない (3コメント)
  • 2018/08/03 16:00 【マスメディア論|時事
    フェイク・ニュース「韓国がダム決壊を鹿島建設に責任転嫁」 (2コメント)
  • 2018/08/03 10:00 【韓国崩壊
    北朝鮮から経済支援を強要される韓国政府の自業自得 (4コメント)
  • 2018/08/03 05:00 【政治
    立憲民主党に杉田水脈氏のことを責める資格はない (2コメント)
  • 2018/08/02 16:00 【日韓スワップ|金融
    韓国メディアの報道は通貨危機の危険度を知るバロメーター (2コメント)
  • 2018/08/02 10:00 【時事|国内政治
    野党連携から国民民主党が外れたことに希望を感じる理由
  • 2018/08/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊が日本のせい?「韓国の世論操作」説 (9コメント)
  • 2018/08/01 16:00 【時事|外交
    サンフランシスコ市の慰安婦像問題と戦う吉村市長を支持する (4コメント)
  • 2018/08/01 10:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「家計債務は破綻寸前」?数字で見る韓国経済破綻の危機 (3コメント)
  • 2018/08/01 05:00 【マスメディア論
    インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ (4コメント)
  • 2018/07/31 17:10 【マスメディア論|時事
    「国民の敵」同士が結託して、審議拒否に見苦しい言い訳 (2コメント)
  • 2018/07/31 10:00 【時事|国内政治
    国民民主党、「もりかけ国会」の異常さにいまさら気付く? (7コメント)
  • 2018/07/31 05:00 【時事|国内政治
    事実確認のの大切さ、議論することの大切さ(自戒を込めて) (13コメント)
  • 2018/07/30 16:45 【時事|雑感オピニオン
    海外で本物の日本料理を探す冒険を楽しむのもまた人生
  • 2018/07/30 10:00 【マスメディア論|時事
    原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する (22コメント)
  • 2018/07/30 05:00 【時事|外交
    ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか? (10コメント)
  • 2018/07/29 05:00 【時事|国内政治
    杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識 (16コメント)
  • 2018/07/28 00:00 【政治
    有権者よ野党議員の「バカッター」を読もう、そして考えよう (2コメント)
  • 2018/07/27 16:30 【時事|外交
    共同通信が報道した「日韓新共同宣言」構想、その背景は? (11コメント)
  • 2018/07/27 10:00 【時事|国内政治
    今度は「文部科学省の現役高官が飲食容疑で逮捕」の不自然さ (1コメント)
  • 2018/07/27 05:00 【マスメディア論|時事
    CNN記者のホワイトハウス締め出し事件とメディアの異常さ (5コメント)
  • 2018/07/26 10:00 【マスメディア論|時事
    日本共産党と朝日新聞社の主張は究極的にはまったく同じ (9コメント)
  • 2018/07/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国企業が関わるラオスのダム決壊事故に見る中央日報の報道 (7コメント)
  • 2018/07/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    日韓慰安婦合意の蒸し返しと韓国政府にとっての不都合な事実 (10コメント)
  • 2018/07/25 05:00 【マスメディア論|外交
    北朝鮮の日本人拉致犯罪に対する、共同通信の筋違いな分析 (3コメント)
  • 2018/07/24 16:15 【時事|国内政治
    内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言 (5コメント)
  • 2018/07/24 10:00 【マスメディア論|時事
    中央日報日本語版を読んで、メディア・リテラシーを磨こう! (7コメント)
  • 2018/07/24 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    文在寅さん、支持率100%に向けて是非頑張ってください
  • 2018/07/24 00:00 【時事|お知らせ
    お知らせ:記事配信スタイル変更につきまして (6コメント)
  • 2018/07/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【朝日新聞批評】民主主義を根腐れさせるのはむしろ朝日新聞 (4コメント)
  • 2018/07/23 10:00 【マスメディア論|時事
    新聞・テレビを鵜呑みにしていると内閣不支持となるのは当然? (7コメント)
  • 2018/07/23 07:00 【マスメディア論|国内政治
    モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張 (7コメント)
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう (3コメント)
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (5コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (7コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (11コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (6コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。