マイク・ポンペオ米国務長官が東南アジア3ヵ国を歴訪し、ASEAN外相会談で「開かれたインド太平洋戦略」への協力を呼びかけました。しかし、ASEAN諸国の反応は今ひとつであり、ポンペオ氏は肩透かしを食らった格好です。ただ、ASEAN外交では実は米国よりもはるかに先行している国があります。その国とは、…何と、わが日本国なのです!

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国のASEAN取り込みは難しい

ポンペオ長官の「自由で開かれたインド太平洋」

マイク・ポンペオ米国務長官は今月、マレーシア、シンガポール、インドネシアの3ヵ国を訪問し、とくにシンガポールでは東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会談で演説を行いました。

Press Availability at the 51st ASEAN Foreign Ministers’ Meeting and Related Meetings(2018/08/04付 米国務省HPより)

米国務省のウェブサイトに掲載されたポンペオ長官の演説のなかから、安全保障に関連する部分を抜き出して私自身の文責で要約すると、だいたい次のとおりです。

  • 米国とASEANとの友好関係はとくに米国のインド・太平洋戦略における安全保障面から重要だ
  • ロシアが国連安保理決議に反して北朝鮮との合弁事業を立ち上げているとの報道もあるが、北朝鮮の非核化に向けてASEAN諸国が同国に対する最大限の圧力で協力することを期待する
  • ASEAN諸国は南シナ海における中国の海洋進出という脅威に直面している
  • これらの問題に加え我々はテロ対策、サイバーテロ対策でも連携することが必要だ
  • 自由で開かれたインド太平洋のために、これらの安全保障上の問題でASEANが問題解決の中心にあることを期待する
  • カンボジアにおける選挙が自由でも公正でもなかったことは残念だ
  • しかしASEAN諸国を含めたインド太平洋諸国は世界の経済成長の核となる地域であり、トランプ政権としても長期的な視座でその戦略的重要性を認識している

この演説の中核を占めているのは、「自由で開かれたインド・太平洋 (a free and open Indo-Pacific)」という表現です。いわば、「自由主義、民主主義などの価値を共有する諸国が、自由、公正な貿易体制でともに発展していくべきだ」、とする主張だと考えればわかりやすいでしょう。

戦略的な利益を共有する理由

ただ、ここで1つ、ポンペオ長官の演説に対して私自身にも違和感はあります。

ASEANは東南アジア10ヵ国から構成される連合体ですが、ここには比較的、日本やアメリカに近い形の民主主義国家もあれば、なかば公然と独裁体制を敷いている国家もあり、価値は一様ではありません。たとえば、

  • 立憲君主制国家(タイ、マレーシア、カンボジア)
  • 民主共和制国家(インドネシア、フィリピン)
  • 人民社会主義国(ベトナム、ミャンマー、ラオス)
  • 絶対君主制国家(ブルネイ)

という具合に、政治体制もバラバラならば言語も宗教もバラバラで、とうてい、価値を共有する地域ではありません。ポンペオ長官は「自由で公正、開かれた地域」と述べましたが、ASEAN諸国がこうした米国流の価値をそのまま共有するとは限らない点については十分な注意が必要です。

日経報道「ASEAN諸国に警戒感」

ポンペオ氏の演説では「米国の利益」、「インド太平洋戦略」というキー・フレーズが飛び出したためでしょうか、昨日の日経は「ASEAN諸国に警戒感が出ている」と報じています。

米、「インド太平洋戦略」肉付け急ぐ ASEAN諸国には警戒感も(2018/8/6 10:00付 日本経済新聞電子版より)

普段、私は日経の報道に賛同しないことが多いのですが、この記事については比較的バランスよく書かれていると思います。

日経はポンペオ氏が「トランプ大統領が掲げる「インド太平洋戦略」の具体化に向け、経済、安全保障両面で米国の関与を強める方針を鮮明にした」と報じていますが、この点については先ほど紹介した米国務省のウェブサイトからも確認できる点です。

しかし、日経によると「東南アジア諸国連合(ASEAN)には貿易戦争などで激しさを増す米中対立への懸念も広がっている」とし、「ASEAN各国は米中双方との距離感に腐心」しているなどとして、米国のインド太平洋戦略へのASEAN諸国の関与が一筋縄ではいかないことを示唆しています。

私自身にもASEAN諸国で活躍している某ファンド・マネージャーや為替ディーラーなどの知り合いがいるのですが、彼らは一様に、ASEAN諸国は「中国に付くべきか、日本(や米国)に付くべきかを慎重に見極めようとしている」、と述べています。

私など短気なので、「自由・民主主義国の日本と共産党一党軍事独裁国家の中国のどちらを選ぶのかが選択肢に上がる時点でおかしいのではないか?」と反論するのですが、実際、彼らの政治体制を見る限り、「自由・民主主義」が日本ほど高く評価されていないことは事実です。

日経もこの日の記事で、

ポンペオ氏が今回の東南アジア訪問で狙ったのは、中国の広域経済圏構想「一帯一路」で薄れる懸念があった米国の影響力向上だった。「インド太平洋戦略のもとで、ASEANとの協力を維持していきたい」。シンガポールで3日開いた米ASEAN外相会議でポンペオ氏はこう呼びかけた。」/「中国は南シナ海で軍事拠点化を進めるとともに、国有企業を通じてスリランカの港の運営権を取得するなど、インドを取り囲むように港湾拠点の整備を進めている。ポンペオ氏はASEAN外相との会合でも「南シナ海での法の支配への支持を感謝したい」と述べ、南シナ海問題を当事者間の協議で解決したいとする中国の誘いに乗らないようクギを刺した。

としつつも、

中国は一帯一路構想の下、インド太平洋の各地で数千億円単位のプロジェクトを展開する。中国の王毅国務委員兼外相は4日の記者会見で、まだ1億ドルあまりの規模にとどまる米国のインド太平洋ファンドについて「米国は超大国なのだから、その10倍くらいは出したほうがいい」と皮肉った。

と、中国が余裕を見せている姿を同時に報じています。

すなわち、ASEAN諸国に対して「開かれたインド太平洋戦略」への協力を呼びかけた米国に対し、ASEAN諸国は(今のところは)冷めた姿勢を示しているのです。

価値がダメなら戦略で行こう!

珍しく米国に先行する日本

この点、日本はASEAN諸国と非常にうまく付き合っています。

2012年12月に始動した第2次安倍政権は、「自由と繁栄の弧」構想を掲げ、一貫してASEAN諸国との関係強化を目指してきました。その際のキーワードが「戦略的利益の共有」です。

政治体制としては、日本は自由・民主主義国家であり、法治主義国家ですが、ASEAN諸国とは必ずしもこうした価値を共有しているとは限りません。そこで出て来たのが、「戦略的利益」、つまり、基本的な価値が一致していなくても、お互いにメリットがあるなら協力しましょう、という発想なのです。

実は、日本はこの「戦略的利益」という言葉をうまく使い、さまざまな国との関係をうまく築き上げています。たとえば、先日から当ウェブサイトで取り上げているラオスとの関係は「戦略的パートナーシップ」(外務省)ですし、こうした「戦略的」の文字は、ベトナムなどとの関係でも見られます。

これを一覧にまとめてみたものが、次の図表1です。

図表1 ASEAN諸国との関係
相手国日本との関係その時期
ベトナムアジアにおける平和と繁栄のための広範な戦略的パートナーシップ2014年3月
ラオス戦略的パートナーシップ2015年3月
カンボジア戦略的パートナーシップ2013年12月
インドネシア平和で繁栄する未来へ向けての戦略的パートナーシップ2006年11月
シンガポールTPP加盟国であり、「二国間関係は極めて良好」
タイ皇室・王室同士の外交にくわえ、「戦略的パートナーシップ」2013年1月
ブルネイ「活発な要人往来が行われる等両国関係は良好」2013年10月
フィリピン戦略的パートナーシップ2011年9月
マレーシア戦略的パートナーシップについての日マレーシア共同声明2015年
ミャンマー基本的な価値観を共有するパートナー

(【出所】外務省HPより著者作成)

この図表は、たとえば「2015年3月にラオスの首相が来日し、安倍総理との首脳会談の結果、両国関係を「戦略的パートナーシップ」の関係に格上げすることで合意した」といった記述をベースに、「2015年3月から日本とラオスは戦略的パートナーシップの関係にある」、と判断するためのものです。

シンガポールのように両国関係が「極めて良好」という相手国もあり、このような国は「関係の格上げのための首脳会談」についてはとくに明示していません。

(※余談ですが、ミャンマーについて日本は「基本的な価値観を共有するパートナー」と見ているようですが、さすがについ最近民主化されたばかりの国をここまで持ち上げるのは行き過ぎではないかとの気がする一方で、ミャンマーは対中牽制の鍵となる国でもあるため、安倍外交のセンスの良さを感じます。)

自由と繁栄の弧、あるいはセキュリティ・ダイヤモンド

あくまでも私の理解ですが、2012年12月に第二次安倍政権が発足して以来、安倍総理は一貫して「セキュリティ・ダイヤモンド」構想に従って動いて来ました。

この「セキュリティ・ダイヤモンド」構想は、政権発足直後に安倍総理自身が外国のメディアに寄稿した文章でも内容を確認することができますが、簡単にいえば、日本、インド、オーストラリア、アメリカというダイヤモンド型の安全保障を地域で構築しましょう、という考え方です。

そして、これとよく似た構想が「自由と繁栄の弧」です。この「自由と繁栄の弧」構想は、もともとは麻生太郎総理の著書『自由と繁栄の弧』がその語源で、日本と欧州を南アジアでつなぎ、この一帯を自由と繁栄という共通の価値で結ぶ、という構想だと考えれば良いでしょう。

実は、現在の安倍政権自体、「安倍晋三=麻生太郎連立政権」という性格があります。安倍、麻生の両総理が結びつけば、外交から見て国益を最大化する方向に政策が動くのは、ある意味で当然と言えるのかもしれません。

日本が「仲良くすべき相手」

ところで、安倍政権を巡っては、経済政策がかならずしもうまくいっていない点、私の目から見て納得のいかない政策も多々ある点から、私は100%、支持しようとは思いません。とくに、消費税の増税については大反対です。

しかし、それと同時に外交面で見れば、民主党の3大政権(鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦の各元首相)の下でボロボロになった日本の外交が見事に立ち直り、日本という国がG7、G20、ASEAN+3、ASEMなどの国際会議でも圧倒的な存在感を放っていることは事実です。

その意味で、私は基本的に安倍政権の外交を支持しています(※対韓外交では一部、納得ができない政策もありましたが…)。

ところで、日本が仲良くすべき相手とは、いったい誰でしょうか?

古今東西、どんな外交であっても、「価値と利益を共有するかどうか」という軸から判断するのが有益です。これについてカテゴリーで区切ると、図表2のように分類できます。

図表2 価値と利益の基軸
分類価値を共有する価値を共有しない
利益を共有する①価値と利益を共有する②価値は共有しないが利益を共有する
利益を共有しない③利益は共有しないが価値を共有する④価値も利益も共有しない

(【出所】著者作成)

日本が一番大切にすべきは「①価値と利益を共有する相手国」であることは間違いありません。また、それと同時に「④価値も利益も共有しない国」との関係は、そのような関係が続く限り、決定的に悪化しないようにマネージしつつ、将来的には関係を清算しなければなりません。

このうち「①価値と利益を共有している相手国」とは、米国、オーストラリア、インドであり、また、台湾も潜在的には同じ自由・民主主義国として、日本と価値・利益をともに共有する資格があります。

一方、「④価値と利益をいずれも共有していない相手国」の典型例は、仮想敵国、つまり北朝鮮のことであり、また、利害が対立する局面が多い中国あたりでしょう。最近だと、韓国もこの「価値と利益を共有していない国」に該当しています。

しかし、②や③の国とは、価値か利益のいずれかを共有しているのですから、できるだけ対話を通じて仲良くなるべきでしょう。とくにASEAN諸国の多くは上記②のカテゴリー(価値は共有しないが利益を共有している相手国)に該当します。

その意味で、②や③のような国との関係こそ、大切にすべきでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



アメリカ任せからの脱却

さて、日本の外交は戦後長らく、ほとんど独自色を発揮して来ませんでした。国防をアメリカに任せっきり、という側面があり、仕方がなかったのかもしれませんが、しかし、国防から外交から、何でもかんでも外国に丸投げ、というのはもうやめるべきでしょう。

今回、ポンペオ米国務長官が東南アジア3ヵ国を歴訪したという報道に接して、私が真っ先に感じたのは、米国・トランプ政権の外交が珍しく日本を後追いしている、という点です。先ほどの図表1を見て頂いてもわかりますが、安倍総理はかなり以前から、ASEAN諸国との関係格上げを図って来ました。

こうした「安倍外交」については、新聞、テレビなどのマス・メディアがほとんど実態を報じていないため、インターネットにアクセスしない人からすれば、「よくわからない」という人も多いでしょう(だからこそ、当ウェブサイトでもこうやって図表にわかりやすくまとめているのですが…)。

いずれにせよ、現在の外交局面は、戦後の「アメリカ任せ」から脱却し、日米が対等な立場で協力しながら、自由、民主主義という価値観を軸に、中国やロシア、あるいは北朝鮮と対抗していく必要があります(残念ながら韓国は「中華陣営」に加わる可能性が高いようですが…)。

当然、日本国内でも朝日新聞社や日本共産党、立憲民主党などを中心に、日本が自立することを阻む勢力がいて、これからも全力で安倍政権の倒閣運動を続けるのだと思いますが、私たち一般の有権者がきちんと日本の役割を理解していれば、こうした倒閣運動に負けることはないと思います。

その意味で、当ウェブサイトでは引き続き、日本のマス・メディアが報じない「日本外交の強さ」について、しつこく取り上げ続けたいと思うのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (10コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (16コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (22コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (12コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (48コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (55コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (29コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (23コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (36コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (14コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (48コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (100コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)
  • 2019/03/25 13:45 【時事|韓国崩壊
    三菱重工業の資産差し押さえ、放置しても差し支えない…のか? (47コメント)
  • 2019/03/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報の「ご都合主義」 相変わらず心に響かない主張 (19コメント)
  • 2019/03/25 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要 (6コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。