米韓首脳会談は目に見えた成果がなかったばかりか、ドナルド・トランプ米大統領の発言からは、明らかに韓国に対する不信感がひしひしと伝わってきます。米韓同盟が消滅する日は、意外と遠くないのかもしれません。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

米韓首脳会談には「成果なし」

トランプ大統領の発言

米国時間の6月30日(金曜日)、ワシントンで米韓首脳会談が開かれました。

前日の夜にはドナルド・トランプ米大統領夫妻が文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領夫妻をホワイトハウスでもてなす晩餐会が開かれ、食事のメニューには韓国風の料理も出されたということですから、一見するとトランプ氏は文在寅夫妻を「歓迎」しているようにも見えました。

しかし、米韓首脳会談とそれに続く共同記者会見については、一見和やかでありながらも、期待されていた米韓間の様々な問題について解決したという「成果」は見られませんでした。

まずはホワイトハウスが公表しているニュースを紹介しましょう。

President Trump Welcomes President Moon to the White House(2017/06/30 18:09 ET付 ホワイトハウスHPより)

ホワイトハウスは会談の様子を次のように要約しています。

President Trump welcomes the President of South Korea

  • At their dinner on Thursday evening, President Trump congratulated President Moon on his electoral victory and thanked him for coming to the White House. Early Friday morning, Vice President Pence and President Moon laid a wreath at the Korean War Memorial to commemorate the American and Korean Veterans who lost their lives to preserve freedom in the Korean Peninsula. Later that morning, President Trump and President Moon met privately in the Oval Office. Afterwards, President Trump led an expanded bilateral meeting in the Cabinet room.(木曜日の晩餐会でトランプ大統領はモオン大統領に対し選挙で当選したことを祝うとともに、ホワイトハウスを訪れたことに謝意を示した。金曜日朝、モオン大統領はペンス副大統領とともに朝鮮戦争メモリアルに献花し、朝鮮半島の自由の為に尽くした米韓両国の戦死者を弔った。午前中はその後、トランプ大統領とモオン大統領は大統領執務室(オーバル・オフィス)で私的に懇談。その後、トランプ大統領は閣議室(キャビネット・ルーム)に移動して二カ国間協議を行った。)

Vice President Pence and President Moon

  • President Trump and President Moon issued joint statements after the meetings, reaffirming the strong ties between America and South Korea.(トランプ大統領とモオン大統領は会合後に共同声明文を読み上げ、アメリカと南朝鮮の強いきずなを再確認した。)

※なお、「文在寅(ぶん・ざいいん)」は英語で「Moon Jae-In(モオン・ジャエ・イン)」と表記されています。この「モオン・ジャエ・イン」が「ぶん・ざいいん」の韓国語読みと近いとは到底思えませんが、私はあくまでも原文に忠実に、これを「モオン・ジャエ・イン」と表記しています。また、ホワイトハウスは韓国の呼称を「South Korea(南朝鮮)」で統一しています。よって、訳出する時には、やはり原文に忠実に「南朝鮮」と表記します。

なお、共同記者発表におけるトランプ氏の発言を原文で確認したい方は、『資料集』にまとめておきましたのでご参照ください。

トランプ氏、韓国を「脅す」?

ヒトコトで要約すれば、今回の米韓首脳会談では、双方の溝は何一つ埋まっていません。それを示すのが、トランプ氏の発言にあります。

まず、トランプ氏は冒頭で、次のように発言します。

We will never forget that Americans and Koreans bravely fought and died together for a free Korea.(米国人と朝鮮人が朝鮮の自由のために、勇敢に戦い、死んでいったことを、私は絶対に忘れない。)

一般的に、両国関係がまずい状況にある時に、古い歴史に言及するのは外交の常套手段です。うがった見方ですが、トランプ氏は、「朝鮮の自由のために米国人も命を捧げた」(つまり「米国を裏切ることは許さないぞ」)、という部分を強調しようとしたのかもしれません。

トランプ氏の演説は、こう続きます。

More than six decades after our partnership was forged in the fires of war, the alliance between the United States and South Korea is the cornerstone of peace and security of a very very dangerous part of the world.(我々のパートナーシップが戦火によって固められてから60年以上が経過する中で、米国と南朝鮮の同盟は、世界のとてもとても危険な一部にあって、平和と安全保障の基礎となっている。)

The link between our countries cemented in battle is now also tied together by culture, commerce, and common values.(両国関係は文化、通商、そして共通の価値によりさらに固められている。)

つまり、トランプ氏は米韓関係を、いわば「朝鮮戦争を契機に出来上がった関係であり、それに貿易や価値観などで補強している関係である」と考えているのです。私など、意地が悪いので、この発言は「韓国が米国と異なる価値観を採用し、米国を裏切るならば、米国はコーナーストーンを除去してやるぞ!」という脅しにも聞こえます。

北朝鮮問題を巡る大きすぎる齟齬

トランプ氏は北朝鮮について、次のように言及します。

Together we are facing the reckless and brutal regime of North Korea.(米韓両国はともに、向こう見ずで暴力的な北朝鮮という敵に直面している。)

そして、北朝鮮の圧政下で人々が人権無視と飢餓に苦しんでいることに加え、オットー・ワームビア氏が北朝鮮当局により死に追いやられたことに怒りを表明。北朝鮮問題については次のように対処すると表明しました。

We’re working closely with South Korea and Japan as well as partners around the world on a range of diplomatic security and economic measures to protect our allies and our own citizens from this menace known as North Korea.(我々は「北朝鮮」として知られる脅しに対し、我々の同盟国とわが国の市民を守るために、南朝鮮、日本、その他の世界中のパートナーと緊密に協力し、外交政策、経済政策の観点から問題に対処する。)

この文章のポイントは、2つあります。

1つ目は韓国大統領との会談なのに、「日本との協力」がトランプ氏の口から出てきたことです(ちなみに、これに対して文大統領側は、もちろん「日本」という単語を口にしませんでした)。トランプ氏がそこまで日本を深く信頼しているという証拠であり、今年2月に行われた日米首脳会談が強く米国の政策に影響を与えている格好です。

そして、2つ目は、北朝鮮との「対話」は、トランプ氏の選択肢に入っていない、という点でしょう。聯合ニュースによると文大統領は「制裁と対話を活用した段階的かつ包括的なアプローチに基づき、根本的に解決することで一致した」と述べたそうですが、トランプ氏の発言に「対話」という選択肢は含まれていません。

トランプ氏の発言は、さらに、こう続けます。

The US calls on other regional powers and all responsible nations to join us in implementing sanctions and demanding that the North Korean regime choose a better path and do it quickly and a different future for its long-suffering people.(米国は他の地域大国、および全ての責任ある国が、我々とともに制裁に加わるとともに、北朝鮮に対して体制を変革し、長年の圧政に苦しむ人々に対し、より良い将来への道筋を示すことを求めるべきだ。)

つまり、トランプ氏は「北朝鮮の体制変革が必要だ」と述べているのであり、その意味で、明らかに文在寅氏が掲げる「対北宥和政策」を正面から否定しています。

トランプ氏、韓国に「負担」を要求

そして、トランプ氏の演説の後半は、韓国に対する経済的な要求ばかりです。具体的には、

  • 防衛経費負担の増加(burden sharing)
  • 米韓FTAの見直し
  • 韓国による対米投資の要求
  • 米国製自動車などを韓国がもっと買うことの要求

などであり、さらには韓国大統領本人を目の前にして、「私は南朝鮮に対し、鉄鋼のダンピングを止めるように要求した(I’ve called on South Korea to stop enabling the export of dumped steel)」と言ってのける始末。

トランプ氏は演説の末尾で、文在寅氏が大統領就任後の初の外遊先に米国を選んだことを「感謝する」とは言ったものの、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席に対して言った「(大した成果はなかったが)個人的信頼関係くらいならば構築できた」といった発言は、今回はトランプ氏からありませんでした。

さらに、記者会見では米韓双方の間で問題となっている高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の配備延期問題については一言も触れられず、和やかな雰囲気とは裏腹に、いわば、双方が自分の原理・原則的立場を主張しただけだったといえるでしょう。

関心が薄い米国メディア

また、今回の共同記者発表では、記者からの質問は一切シャットアウトされ、記者らは両首脳が話す内容を一方的に聞くだけの場となりました。

米国のメディアの反応をうかがい知るために、地元ワシントンを代表する政治紙である『ワシントン・ポスト(WP)』の報道を眺めておきましょう。

With South Korean president, Trump denounces ‘reckless and brutal’ regime in North Korea(米国時間2017/06/30 12:47付=日本時間2017/07/01 01:47付 WPより)

タイトルを直訳すると、「南朝鮮の大統領と一緒に、トランプ氏は北朝鮮を『向こう見ずで無謀な体制』と批判する」というものであり、記事の中身もトランプ氏の発言に焦点を当てた記載となっています。

WP記事の中で、文在寅氏を主軸に置いた記載は、次の部分だけです。

Moon had campaigned on a platform of greater engagement with North Korean dictator Kim Jong Un, whose bellicose rhetoric and ballistic missile tests have drawn rebukes from the White House. Moon also has questioned the need for the U.S.-backed THAAD missile defense system being installed on the peninsula that has been opposed by China and Pyongyang.(モオン氏は北朝鮮の独裁者・金正恩との関係の強化を政権公約に掲げているが、この独裁者は挑発的な言動や弾道ミサイルの発射実験により、米国を激怒させてきた。こうした中、米国は中国と北朝鮮の反対を押し切り、朝鮮半島にTHAADの実戦配備を完了させようとしているが、モオン氏はこれに待ったをかけている。)

そして、WPには「米韓首脳会談の結果、THAADはどうなったのか?」という、「肝心な内容」には一切触れられておらず、「トランプ氏は韓国に対し、米韓FTAの再交渉を要求した」とか、「トランプ氏は米国製の自動車をもっと買うように韓国に要求した」とか、そういった「どうでも良い」(?)内容に終始していたことが示されています。

さらに、このWP記事を巡り、私が注目しているのは次の2点です。

  • Neither president offered a specific path forward on dealing with North Korea.(いずれの大統領も北朝鮮問題をどのように解決するつもりなのかについては具体的言及を避けた。)
  • Unlike the president’s announcement on the Paris agreement, when the garden was packed with reporters, this Friday-before-a-holiday-weekend event had dozens of open seats.(トランプ大統領がパリ協定からの離脱を宣言した記者会見の時と異なり、今回の記者会見は連休前の金曜日という事情もあり、会見場には空席が目立った。)

1つ目のポイントを私なりに言い換えれば、米韓間で、

  • 「圧力による核放棄」を目指す米国、
  • 「対話による核兵器」を選択肢に入れる韓国、

の差異が埋まらなかった証拠と見るべきでしょう。

「日本>(越えられない壁)>中国>(越えられない壁)>韓国」

そして、2つ目のポイントは、「そもそも韓国の大統領が訪米中だということを知らない記者が多い」「米国人の読者の関心も低い」という点です。安倍晋三総理大臣が訪米した時と比べると、その違いは歴然としています(日米首脳会談の熱気については、今年2月に上梓した『日米首脳会談、異例にも世界中が注目』『圧倒的存在感!北ミサイル受け日本が主役に!―韓国に言及なし』あたりを読んで頂ければお分かり頂けると思います)。

つまり、米国・トランプ政権からすれば、アジアにおける外交の優先順位は、露骨に「日本、中国、韓国」という順番となっているのです。

恐らく、現時点において、トランプ政権にとっての日本(というよりも安倍晋三総理大臣)は、「何か困ったことがあったらすぐに相談できる、頼りがいのある相手」です。日本が米国にとって、英国と並んで「さまざまな課題について相談する相手」に昇格したのは、私が知る限り、歴史上、初めてのことです。

一方、中国は米国にとって、「戦略的な利害を共有する相手」ではありますが、「友好国」ではありません。先ほど引用したWPの記事にもあるとおり、米国政府は北朝鮮制裁の一環として、中国の銀行に対する制裁の発動を宣言しましたし、また、台湾には武器売却のパッケージを承認したばかりです。

U.S. announces sanctions on Chinese bank, arms-sales package for Taiwan(2016/06/29付 WPより)

そして、トランプ氏の発言からは、米国にとっての韓国の地位は、中国よりもさらに劣るのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



韓国の今後

都合の悪いことは無視する韓国メディア

今回の米韓首脳会談は、「表面上は」、私が事前に予想していたほど殺伐としたものではありませんでした。しかし、それはあくまでも「表面上」の話であって、トランプ氏の発言をつぶさに読めば、文在寅氏に対して「米韓同盟をないがしろにするなよ、さもなくばお前たちの国はすぐにでも滅亡するぞ!」、「貿易の不均衡を解消する手立てを考えろよ!」と脅している格好です。

ところが、これに関する韓国国内のメディアの報道には、首をかしげてしまいます。

韓米首脳が会見 北朝鮮核問題の根本的解決で一致(2017/07/01 03:15付 聯合ニュース日本語版より)

韓国の『聯合ニュース』はその最たるもので、トランプ氏のこうした発言の真意が全く伝わらないばかりか、

文大統領は会談後に開いた共同記者会見で北朝鮮問題について、「韓米首脳は北の核問題の解決を最優先課題とし、関連政策を緊密に調整することにした」として、「制裁と対話を活用した段階的かつ包括的なアプローチに基づき、根本的に解決することで一致した」と述べた。

と、あたかも米国が文在寅氏の掲げる「対話」アプローチを支持したかのような報道ぶりとなってしまっています。

こうした無責任な報道を行うのは、聯合ニュースだけではありません。ほかにも、中央日報は『韓米首脳が共同声明…対北連携・経済協力など6分野』、朝鮮日報は『韓米首脳「北非核化に向け圧力と対話並行」=共同声明採択』、ハンギョレ新聞は『ホワイトハウス、北朝鮮核問題の解決策において「同じ目標を共有」…貿易は圧迫を予告』など、いずれも「非核化に向けて対話と圧力のアプローチ」で米韓両国が合意したかのような記事となっています。

私が見たところ、韓国メディアとしては比較的「まともな」社説は次の東亜日報のものです。

文・トランプ、北核を解決し「偉大な大統領」として記録されることを(2017 07/01 08:39付 東亜日報日本語版より)

この社説では、米韓首脳双方が、「THAAD配備問題」などを巡る葛藤を表面化させずに、うまく共同記者発表に漕ぎ着けたことを評価した上で

「トランプ大統領と文大統領が、今後数年間、韓半島と国際社会の平和と繁栄に向けて協力するには互いに信頼できるパートナーシップを構築することが何よりも重要だ」

と述べています。このこと自体は正論ですが、しかし、私が見たところ、この「一番まともに見える」東亜日報の社説にしたって、トランプ氏の発言の「真意」には全く触れられていません。

つまり、今回の米韓首脳会談でトランプ氏が発したメッセージは、韓国国民には全く正しく伝わっていないのです。

米国は韓国を巡り匙を投げる?

韓国メディアがどうしてここまで楽観的な報道に終始しているのか、私には意味が分かりませんが、それとは対照的にここ3~4日の報道に接すると、米国側は韓国について、すでに匙を投げている節があります。

今回の米韓首脳会談でも、THAAD問題を巡って見解の差異を真剣に埋めようとした形跡は見当たりません。それどころか、韓国側がTHAAD配備完了を拒絶し始めている問題を巡り、「親韓派政治家」の代表格であると見られていたジョン・マケイン米上院議員が、もはや真剣に調整しようとしなくなっているようにも見受けられるからです。

マケイン氏「THAAD環境影響評価実施…正しいと信じる」(2017年07月01日12時57分付 中央日報日本語版より)

中央日報によるとマケイン氏は、THAAD配備を巡る「環境影響評価」の実施を「正しいと信じる」と述べたのだそうです。しかし、マケイン氏の従来の発言などから判断する限り、マケイン氏が本当にそう思っているとは、私には考えられません。マケイン氏の発言の真意とは、韓国のために米国政府を説得するという労を、これまで散々、韓国政府側に台無しにされたことで、もう匙を投げたということではないでしょうか?

同様に、トランプ氏の記者発表文でも、THAADは「T」の字すら出て来ませんでした。このことから考えるならば、おそらく、今回の文在寅氏の訪米を機に、「文在寅政権の韓国」を値踏みし、「この国が米国にとって信頼に値するかどうか」については、トランプ氏はある程度の見極めを付けたのではないかと思います。

単独攻撃が選択肢に入った

今回の文在寅氏の訪米の意義について、韓国メディアは正しく報じていないように見受けられます。

繰り返しになりますが、今回の米韓首脳会談を要約すると、トランプ氏が韓国に対し、

  • 「米韓同盟を大切にしろよ!」(軍事面)
  • 「ダンピングをやめろよ!」(経済面)

と、軍事、経済両面で突きつけた「対韓要求」のようなものです。そして、文在寅氏がトランプ大統領の要求を無視すれば、米国は容赦なく、「次の一手」を繰り出してくるはずです。

このうち、日本の安全保障に直結するのは、北朝鮮への米国による「単独攻撃シナリオ」です。少なくとも米国は、北朝鮮攻撃に踏み切る前に、日本に対しては事前に協議(または通告)するでしょう。しかし、韓国に対しては通告せず、米国の判断として戦争を開始する可能性が極めて高いと見ています。

(※余談ですが、日本の対韓外交についてはいろいろと問題があります。私はこれを「忖度外交」と呼んでいますが、詳しくは明日以降、当ウェブサイトにて議論したいと思います。)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



文在寅氏の「次の訪問国」は?

こうした中、私が個人的に注目しているのは、文在寅氏の「次の訪問国」と、その訪問日程です。

従来、韓国の大統領は、就任して最初の訪問国が米国、2番目の訪問国が日本であるとされています。しかし、前任の朴槿恵(ぼく・きんけい)氏の場合、就任して最初の訪問国こそ米国でしたが、2番目の訪問国については慣例を破り、日本ではなく中国を選択。そればかりか、昨年12月に大統領権限を停止されるまで、ついに大統領在任中に、ただの1回も日本を訪問しませんでした。

この点、文在寅氏は韓国大統領の「外交慣例」に従い、就任して最初の訪問国に米国を選びました。しかし、訪問日程は3泊5日と「強行軍」であり、また、米韓首脳会談についても、韓国にとっては何ひとつとして具体的な成果がなく、私には米韓関係の悪化を象徴する訪問だったように思えてならないのです。

そして、私は朴槿恵氏に続いて文在寅氏も、就任以来2番目の訪問国(ただし、G20会合が開かれるドイツを除く)として、日本ではなく、中国を選ぶ可能性が極めて高いと考えています。しかも、訪問日程が米国よりも多い4泊以上ともなれば、米韓同盟はまさに「風前の灯」となるでしょう。

あるいは、文在寅氏が「就任後2番目の訪問国」として、中国ではなく北朝鮮を選んだとしても、私は全く驚きません。

いずれにせよ、「米韓同盟が消滅する瞬間は、刻々と近付いてきている」―。このことだけは間違いないと見て良いでしょう。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/09/23 05:00 【政治
    ラオスのダム事故巡る事実誤認記事の続報も事実誤認だらけ (24コメント)
  • 2018/09/22 05:00 【マスメディア論
    スパム・コメントは言論の敵!今後は削除基準を厳格に運用します (13コメント)
  • 2018/09/21 05:00 【国内政治
    マスコミ、卑劣なり 石破氏に猛烈な追い上げを許した背景 (14コメント)
  • 2018/09/20 14:22 【時事
    【速報】安倍晋三総理大臣、553対254で総裁選を制する (5コメント)
  • 2018/09/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    あれれ?トランプ大統領が南北首脳会談の結果を大絶賛中! (4コメント)
  • 2018/09/20 05:00 【政治
    外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁 (5コメント)
  • 2018/09/19 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】あまりに予想通りだった南北首脳会談 (6コメント)
  • 2018/09/19 10:00 【マスメディア論|時事
    ついに主要メディア調査で軒並み支持率が不支持率を上回った (1コメント)
  • 2018/09/19 05:00 【国内政治
    しんぶん赤旗と「日本国民の敵」・日本共産党 (7コメント)
  • 2018/09/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領がこの時期に平壌を訪問したことの対価 (12コメント)
  • 2018/09/18 05:00 【マスメディア論
    ホームレスが朝日新聞を愛読?「国民の敵」としてのマスコミ (6コメント)
  • 2018/09/17 05:00 【国内政治
    最近の読者投稿などから、「議論することの大切さ」を考える (11コメント)
  • 2018/09/16 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選でもマスコミ偏向報道が影響しているのは確実 (12コメント)
  • 2018/09/15 05:00 【時事|経済全般|外交
    「ステンレス条鋼WTO提訴」は日韓関係を根底から変える? (20コメント)
  • 2018/09/14 12:00 【マスメディア論|時事
    「いけがmetoo」運動を招いたテレビ業界の驕り、高ぶり (15コメント)
  • 2018/09/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓は隣り合っているが、「他人」であって「兄弟」ではない (5コメント)
  • 2018/09/13 16:45 【時事|国内政治
    石破さん、今さらですが「次につながる負け方」模索しては? (6コメント)
  • 2018/09/13 10:00 【政治
    「安倍3選」控えた朝日新聞の不気味な沈黙と内閣支持率 (2コメント)
  • 2018/09/13 05:00 【政治
    中国が日本に擦り寄って来た!その真意とわが国の取るべき対応 (10コメント)
  • 2018/09/12 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領にはコミュニケーション能力がないのか? (10コメント)
  • 2018/09/12 05:00 【マスメディア論
    「体操選手のパワハラ疑惑」を公共電波で延々報じる無意味さ (3コメント)
  • 2018/09/11 14:30 【時事|外交
    「安倍総理が金正恩に対話呼びかけ」。これをどう読むべきか (1コメント)
  • 2018/09/11 05:00 【韓国崩壊
    相次ぐ「コリア・パッシング」の兆候は日本正常化の証拠か? (1コメント)
  • 2018/09/10 10:30 【時事|韓国崩壊
    「震度ゼロ」での崩落が相次ぐ韓国社会の病理と嫌韓ブログ (9コメント)
  • 2018/09/10 05:00 【マスメディア論|時事
    「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵 (8コメント)
  • 2018/09/09 05:00 【マスメディア論|時事
    「報道ヘリを撃墜せよ」?北海道地震で見えた「国民の敵」 (12コメント)
  • 2018/09/08 05:00 【経済全般
    北海道と関西の大災害を機に、公共事業悪玉論を検証してみる (10コメント)
  • 2018/09/07 16:00 【時事|国内政治
    マスコミさん、カツカレー食べた石破氏を批判しないのですか? (2コメント)
  • 2018/09/07 12:15 【時事|国内政治
    改めて強調する、「立憲民主党・吉田統彦疑惑」の怪しさ (2コメント)
  • 2018/09/07 10:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2018年9月版、大幅な確率修正 (2コメント)
  • 2018/09/07 05:00 【マスメディア論
    節操なき朝日新聞グループ、「アベ嫌い」が高じて支離滅裂に (1コメント)
  • 2018/09/06 12:00 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮特使団、雰囲気悪くない」。韓国さん、正気ですか? (3コメント)
  • 2018/09/06 10:00 【国内政治
    「自民党総裁選で誰が勝つか」ではなく「安倍3選後」が大事 (9コメント)
  • 2018/09/06 05:00 【外交
    サーチナ、日本が中国との関係で「韓国化」?ご冗談を(笑) (5コメント)
  • 2018/09/05 10:00 【外交
    日韓問題とは、究極的には日本国内の反日勢力の問題だ (16コメント)
  • 2018/09/05 05:00 【時事|国内政治
    「知見がない」を繰り返す立憲民主党・枝野代表の不誠実さ (5コメント)
  • 2018/09/04 16:30 【時事|国内政治
    タマキード事件の玉木さん、国民民主党の新代表に就任 (3コメント)
  • 2018/09/04 10:00 【マスメディア論
    朝日新聞社説批判 「国民が視野にない」のは朝日新聞の方だ (6コメント)
  • 2018/09/04 05:00 【国内政治
    「辻元生コン疑惑」と絶望的に頭が悪い人罪の宝庫・立憲民主党 (7コメント)
  • 2018/09/03 12:00 【政治
    開城連絡事務所巡り、米国は韓国を「金融」で締め上げるのか? (3コメント)
  • 2018/09/03 05:00 【外交
    「国連から来ました詐欺」と良い意味で変わり始めた日本外交 (5コメント)
  • 2018/09/02 05:00 【マスメディア論
    出張先のホテルで、レベルが低すぎる地上波テレビを見て驚く (17コメント)
  • 2018/09/01 05:00 【マスメディア論
    【御礼】30万PVを達成した「テクニック」と言論の本質 (3コメント)
  • 2018/08/31 05:00 【金融
    図表で見る日本経済の資金循環構造と「財政再建」論の間違い (20コメント)
  • 2018/08/30 10:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪朝中止:「策士策に溺れる」を地で行く北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/08/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    「米韓同盟破棄」の前に、米国は韓国に経済・金融制裁実施? (5コメント)
  • 2018/08/29 12:15 【RMB|金融
    日中スワップの「不都合な事実」、要点は「円・元」の交換 (10コメント)
  • 2018/08/29 05:00 【国内政治
    民主主義と相容れない「国民の敵」日本共産党の非合法化を! (5コメント)
  • 2018/08/28 12:30 【政治
    ラオスの事故「日本が救いの手」というスクープ記事の信憑性 (8コメント)
  • 2018/08/28 05:00 【国内政治
    危険水域なのは政権支持率ではなく「マスコミ支持率」では? (5コメント)
  • 2018/08/27 05:00 【時事|国内政治
    立憲民主党・福山幹事長、「吉田統彦議員」発言に目が泳ぐ (3コメント)
  • 2018/08/26 10:34 【時事|韓国崩壊
    経済制裁を受けたとしても、国家観を持たぬ韓国の自業自得だ (8コメント)
  • 2018/08/26 05:00 【時事|国内政治
    ついに反米発言の石破氏、総裁選出馬以前に自民党を去るべき (8コメント)
  • 2018/08/25 12:00 【マスメディア論|時事
    意味不明な記事を書き逃げする日刊ゲンダイを笑い飛ばそう (6コメント)
  • 2018/08/25 05:00 【マスメディア論
    読者コメントのレベルが高すぎる!新宿会計士の政治経済評論 (1コメント)
  • 2018/08/24 17:00 【時事|外交
    朴槿恵・前大統領の二審有罪判決を淡々と眺めるしかない理由 (6コメント)
  • 2018/08/24 05:00 【時事|外交
    文在寅氏の来日を「普通の隣国関係」の契機にするなら歓迎 (12コメント)
  • 2018/08/23 12:00 【日韓スワップ|金融
    日中通貨スワップをうらやむ韓国メディア:「除け者」の韓国 (2コメント)
  • 2018/08/23 10:15 【時事|国内政治
    柚木氏の国民民主党離党問題、真に責められるべきは有権者だ (6コメント)
  • 2018/08/23 05:00 【RMB|時事|金融
    日中通貨スワップを必要としているのは、残念ながら日本の側 (15コメント)
  • 2018/08/22 12:00 【時事|外交
    米国への提案:制裁破り続ける韓国を捨て、台湾との同盟を! (3コメント)
  • 2018/08/22 10:00 【時事|国内政治|金融
    野田聖子さん、総裁選の前に「GACKTコイン」の説明は? (1コメント)
  • 2018/08/22 05:00 【時事|金融
    「決壊したラオスのダムは日本の資金」記事の事実誤認が酷い (6コメント)
  • 2018/08/21 12:00 【時事|外交
    北朝鮮との外交は「封じ込め」一択、それを助ける日英同盟 (1コメント)
  • 2018/08/21 10:00 【マスメディア論|時事
    国民の信託なき「ウソの新聞」・朝日新聞こそが「国民の敵」 (4コメント)
  • 2018/08/21 05:00 【時事|金融
    ベネズエラ・ショックに見る経済理論の正しさ (1コメント)
  • 2018/08/20 14:15 【時事|国内政治
    文科省汚職と吉田・羽田両議員の疑惑、現時点での検証結果 (5コメント)
  • 2018/08/20 11:40 【時事|国内政治
    野党問題とはマスコミ問題のこと、日本の問題は繋がっている (1コメント)
  • 2018/08/20 05:00 【時事|外交
    慰安婦問題巡り、日本の外務省が少しずつだが変わり始めた! (6コメント)
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (3コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (3コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (3コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (3コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (17コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。