資金循環統計によると、日本の家計金融資産残高はついに1800兆円の大台に乗せました。ただし、冷静に眺めてみると、全ては一つの問題点に行きつきます。それは、「日本の家計が生活防衛をやめないこと」、です。そこで、本日はまず、家計金融資産の問題について、客観的な数値を確認するとともに、私の持論の一つである「消費税法廃止」についても議論してみたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2018/02/23 10:00 【時事
    【夕刊】日韓は「特別な関係」から「普通の関係」へ
  • 2018/02/23 00:00 【外交
    犯罪者・金正恩の逮捕状を請求せよ! (4コメント)
  • 2018/02/22 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】見えてきた韓国への「制裁」 (2コメント)
  • 2018/02/22 00:00 【金融
    借金と通貨危機を考える(前編) (5コメント)
  • 2018/02/21 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】目に余る北朝鮮の悪行 (5コメント)
  • 2018/02/21 00:00 【マスメディア論
    腐敗したテレビ局の将来 (4コメント)
  • 2018/02/20 16:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】たかが100億フランに韓国が「狂喜乱舞」する理由 (5コメント)
  • 2018/02/20 00:00 【政治
    ポルトガルのレストラン「大阪(おさか)」 (17コメント)
  • 2018/02/19 16:00 【時事|金融
    【夕刊】本当のガンは財務省の増税原理主義 (7コメント)
  • 2018/02/19 00:00 【韓国崩壊
    破滅に向かう文在寅政権を止める動きは出るのか? (4コメント)
  • 2018/02/18 10:30 【時事
    【夕刊】若者が活躍する日本と滅亡に向かう韓国 (5コメント)
  • 2018/02/18 00:00 【金融
    インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス (16コメント)
  • 2018/02/17 15:45 【マスメディア論|時事
    【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説 (10コメント)
  • 2018/02/17 00:00 【マスメディア論
    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題 (11コメント)
  • 2018/02/16 15:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻? (4コメント)
  • 2018/02/16 00:00 【韓国崩壊
    理解に苦しむ韓国の「運転席」理論 (10コメント)
  • 2018/02/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国への金融制裁は可能か (4コメント)
  • 2018/02/15 00:00 【外交
    改めて北方領土問題を整理する (11コメント)
  • 2018/02/14 10:10 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ま~た始まった!慰安婦合意蒸し返し (9コメント)
  • 2018/02/14 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論空間に関する雑感 (5コメント)
  • 2018/02/13 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】安倍訪韓巡る「力不足の力作」 (10コメント)
  • 2018/02/13 00:00 【マスメディア論
    報道の自由と倒産の自由 (3コメント)
  • 2018/02/12 17:15 【時事
    【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗? (8コメント)
  • 2018/02/12 00:00 【韓国崩壊
    米韓同盟の終了が見えた (24コメント)
  • 2018/02/11 16:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる (3コメント)
  • 2018/02/11 00:00 【日韓スワップ|金融
    スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか? (8コメント)
  • 2018/02/10 11:00 【時事
    【速報】米韓同盟を破壊した文在寅 (8コメント)
  • 2018/02/10 00:00 【時事
    (事前投稿)朝鮮半島情勢の最新報道を予想する (3コメント)
  • 2018/02/09 11:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:「日本の目標メダル数」 (2コメント)
  • 2018/02/09 00:00 【韓国崩壊
    平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート (5コメント)
  • ↓本文へ

    ここからが本文です。
    記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    資金循環統計とは?

    日本銀行は3月17日(金)に資金循環統計(速報値)を公表しました。この統計は四半期に一度公表されるもので、日本国全体の資金の流れや金融資産・負債の保有主体別の残高を示す、非常に優れた統計です。そして、日本経済について議論するならば、まずは資金循環統計を読むべきです。

    ただ、世の中のエコノミストらは、なぜかこの資金循環統計を無視しています。特に、「日本の財政は破綻する!」「日本はもうすぐハイパー・インフレになる」などと主張するインチキ・エコノミストらは、日本全体のバランスを無視して、「政府の借金」だけで日本の未来を議論しようとするため、「消費税率は25%にしなければならない」といった、メチャクチャな結論が導き出されるのです。

    私は以前から、「資金循環統計から確認する限り、日本の財政は危機的状況でもなければ、増税も必要なく、むしろ日本経済に必要なことは減税である」と主張して来ました。2016年7月に、この「独立系ビジネス評論サイト」を立ち上げたことをきっかけに、改めて私の主張を、本日と明日の2回に分けて説明しておきたいと思います。

    日本の家計が保有する巨額の資産

    家計金融資産総額、遂に1800兆円の大台!

    今回の資金循環統計では、遂に「家計金融資産総額」が1800兆円の大台に乗りました(図表1)。

    図表1 家計金融資産総額(2016年12月末)
    項目 金額(億円) ①に対する比率
    現金・預金 9,365,513 52.02%
    投資信託受益証券 964,323 5.36%
    株式等 1,667,559 9.26%
    保険・年金・定型保証 5,242,937 29.12%
    金融資産合計(①) 18,002,632 100.00%
    金融負債(②) 3,909,982 21.72%
    家計純資産(①-②) 14,092,650 78.28%

    ここでポイントは3つあります。

    1. 集計対象となっているのはあくまでも金融資産のみであること。
    2. 家計金融資産の大部分が現金預金や保険であること。
    3. 金融資産から金融負債を引いた金額も巨額であること。

    それでは、1つずつ確認してみましょう。

    家計資産に含まれるものは?

    さて、最初のポイントは、「資金循環統計」に計上されているのは、あくまでも金融資産のみである、という点です。

    家計が保有する金融資産の金額は、遂に史上初めて、1800兆円の大台を超えました。これは凄いことです。日本のGDPは500兆円前後ですので、いわばGDPの4倍弱もの家計資産が存在している格好です。

    しかも、ここで集計されているのは、「家計の財産の全額」ではありません。あくまでも、「家計が保有する金融資産の金額」に限定されているのです。家計の資産としては、他にも、たとえば不動産(土地や建物、農地など)などがありますし、それ以外にも自動車や家電、PC、スマホ、宝飾品のたぐいなどもあるでしょう。しかし、「資金循環統計」に計上されるのは、あくまでも「金融資産」だけです。

    ということは、日本の家計が非常にゆたかであるということでしょう。

    現金・預金・保険資産に偏る

    2つ目のポイントは、家計資産の内訳は、8割以上が現金預金や保険年金資産などで構成されている、という点です。よく新聞などでは「株高・円安により株式や外貨建資産の評価額が膨らんだ」といった報道が見られますが、これは明らかに不適切でしょう。

    家計金融資産、最高を更新 16年末1800兆円(2017/3/17 10:41付 日本経済新聞電子版より)

    日経電子版は

    昨年11月以降に進んだ円安・株高で株式や外貨建て資産の評価額が膨らみ資産を押し上げた。

    と述べていますが、果たしてこれは事実でしょうか?これを確かめるために、四半期データが入手可能な1997年以降の「家計金融資産内訳」の推移を見てみましょう(図表2)。

    図表2 家計金融資産内訳推移

    家計金融資産の内訳は、その半分以上が現金・預金で占められています。これに「保険・年金・定型保証」の金額を含めると、金融資産金額の、実に80%を超えます。

    もちろん、株高や円安により、家計の資産の評価額が増えたことは事実ですが、むしろ現金・預金の額が一貫して増え続けていることの影響を無視することは不適切です(図表3)。

    図表3 家計資産の増減(2016年12月期、前四半期比)
    項目 金額(億円) 増減
    現金・預金 9,365,513 +205,234
    投資信託受益証券 964,323 +73,074
    株式等 1,667,559 +167,181
    保険・年金・定型保証 5,242,937 +30,858
    金融資産合計(①) 18,002,632 +470,827
    金融負債(②) 3,909,982 +64,827
    家計純資産(③=①-②) 14,092,650 +406,000

    実際のデータを確認してみると、確かに「株式等」は17兆円弱、「投信等」は7兆円少々、それぞれ金額が増えていますが、現金預金が20兆円以上増加したことの影響が一番大きいことは間違いありません。日経の記者の方には、「データを正確に読む」癖をつけることを強くお勧めしたいと思います。

    家計がお金を借りない!

    そして、3つめのポイントは、私がむしろ一番重要だと思う「家計純資産」の金額です。

    家計は確かに金融資産などの財産を保有していますが、住宅ローンや自動車ローンなどの「負債」も抱えています。そして、たとえば欧州の一部の国や韓国のように、家計負債が家計資産に対して50%近くに達している国もあります。

    しかし、日本の場合、家計資産が1800兆円の大台を超えているにもかかわらず、家計負債の金額は400兆円以下で、全体に占める比率も20%を少し超えているに過ぎません。そして、その残額こそが、日本の強さの源泉である「家計純資産」(資金循環統計上の「金融資産負債差額」)なのです。

    日本の家計が抱える金融負債の金額と、家計が保有する金融資産に対する金融負債の比率の推移を確認してみましょう(図表4)。

    図表4 極めて低い家計負債比率

    (グラフは「家計負債比率」のみ右軸、それ以外は全て左軸)

    このグラフからわかることは、この「失われた20年」で、家計負債比率は一貫して低下、ないしは横ばいで推移してきた、ということです。1997年12月に411兆円だった家計負債の金額が、20年後の現時点で391兆円に過ぎないという時点で、いかに日本が「デフレ不況」に苦しんできたのかという証拠であるようにしか思えません。

    ただし、「アベノミクス」が始まった2013年頃から、家計負債の金額は、ほんの少しずつではありますが、伸び始めています。マイナス金利政策でお金を借りやすくなっている昨今、この金額が400兆円を超えるのかどうかが、今後の目安の一つとなるでしょう。

    ニッポンの処方箋

    家計は「生活防衛」に走っている!

    まとめますと、この資金循環統計という数値を見る限り、次の3つの点がわかります。

    1. 家計が保有する財産は、金融資産だけでも1800兆円を超えたこと
    2. 家計金融資産の内訳は、現金と保険・年金資産に極端に偏っていること
    3. 家計が借りているお金は400兆円に満たないこと

    ここから判明することは、「家計は生活防衛に走っている」、ということです。

    考えてみれば当たり前の話ですね。テレビを点ければ「年金財政は破綻する!」「国家財政は破綻する!」などと大騒ぎし、新聞(慰安婦問題を捏造した朝日新聞や誤報を垂れ流しまくっている日経新聞など)を読んでも、日本の将来に関しては悲観的な報道ばかりです。

    中には、「消費税の税率を10%にしても日本の財政は必ず破綻する」といった荒唐無稽な財務省のプロパガンダをそのまま垂れ流している記事もあり、日本のマス・メディアの報道は、まさに「マスゴミ」と呼ぶに相応しい低レベルさです。

    こうした報道ばかりに接していると、家計が「生活防衛」のために借金を返し、貯金をするのも当たり前でしょう。そして、国民みんながお金を使わないようにすれば、景気が良くなるはずなどありません。

    預貯金や保険・年金を保有しているという事実

    ただ、あくまでも一般論ですが、日本の家計が保有する金融資産の残高が1800兆円に達しているということは、その金融資産が「誰か他の人の金融負債になっている」、ということです。なぜなら金融商品の世界では、「誰かにとっての資産は、他の誰かにとっての負債」だからです。

    家計が保有している937兆円の現金預金は、預金取扱金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協、ゆうちょ銀行など)に流れていますし、524兆円の保険・年金資産は保険会社や年金基金などに流れています。そして、これらの機関投資家が日々、家計などから預かったお金を、莫大な有価証券などで運用しなければならないのです。

    言い換えれば、私たち家計は、働けなくなった時には預金を取り崩したり、年金・保険を受給したりして、生活を続けることができます。実は、日本の場合、公的年金制度(国民年金や厚生年金、共済年金など)が非常に充実しているため、一人ひとりが巨額の貯金をする必要などないのです。

    日本に必要なのは増税ではなく減税

    こうした状況であるにもかかわらず、家計が「生活防衛」に走るもう一つの原因は、いうまでもなく、財務省に責任があります。特に問題が大きい税制は、消費税でしょう(正しくは消費税6.3%と地方消費税1.7%ですが、ここでは「消費税8%」と表現します)。

    財務省は2014年4月の消費増税を、発足まもない安倍晋三政権に決断させました。この増税により、せっかく回復しかけていた日本の景気も「腰折れ」となってしまいました。私は、安倍政権がその後、消費税の2回目の増税を延期したこと自体に対しては一定の評価をしたいと考えていますが、それにしてもこの増税はまさに「痛恨の極み」でした。

    そして、日本に本当に必要な処方箋は、実は「増税」ではなく「減税」です。

    消費税についても、現在は8%(国税6.3%と地方税1.7%)となっているものを、10%(国税7.8%と地方税2.2%)に引き上げるのではなく、それを逆に引き下げる(あるいは廃止する)ことを、強く提案したいと思います。

    これだけある、消費税の欠陥

    考えてみると、消費税は数多くある税制の中でも、最も欠陥に満ちた税制です。

    一つは、生活用品をはじめ、数多くの商品・サービスに課税される税金である、という点です。このため、「金持ち」も「貧乏人」も、等しく日々の税金を支払うという負担を感じながら生きています。私自身は資本主義者ですが、それでも「累進課税制度」(金持ちほど税負担を重くする制度)は正しいと考えており、消費税は「逆累進性」(貧乏人ほど税負担が重くなる制度)という意味から、大きな欠陥があると言わざるを得ません。

    さらに深刻な問題は、例外措置を数多く設けているため、制度設計が複雑怪奇なものとなっていることです。たとえば、「仕入税額控除」という問題があります。これは、消費税を納めるべき事業者が、売上に含まれている金額に含まれている消費税を計算する時に、仕入れた金額に含まれている消費税を控除することができるという制度ですが、納めるべき税金が実際に授受された消費税の金額と全く異なるものになる、という問題点です。

    例えば540万円の売上があった会社が受け取った消費税は40万円(=540÷1.08×0.08)ですが、中小企業の場合、実際に納める金額は最大でも20万円でよく、残り20万円は業者の利益となります(いわゆる益税問題)。

    このような問題が生じるのも、消費税という税制が「インボイス方式」ではないという大きな問題があるからであり、また、免税売上高、非課税取引、不課税取引など、複雑な概念も多く、社会的な負担も極めて重いのが実情でしょう。

    明日の予告―消費税、廃止しても大丈夫なの?

    ただ、消費税法を廃止した場合、10兆円前後の税収が失われることになります。それでは、この消費税法は、廃止しても良いものなのでしょうか?

    実は、政府の財政再建は急速進んでおり、今や日本政府が増税を行う必要は乏しいのが実情です。そして、今回の資金循環統計からも、日本の財政バランスの改善が顕著となっています。

    そこで、明日は引き続き、今回の資金循環統計をベースに、「日本国政府の財政」について議論してみたいと思います。明日のコンテンツにつきましても、どうかお楽しみに!

    ※本文は以上です。

    記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、シェアして下さい。

    お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2018/02/23 10:00 【時事
    【夕刊】日韓は「特別な関係」から「普通の関係」へ
  • 2018/02/23 00:00 【外交
    犯罪者・金正恩の逮捕状を請求せよ! (4コメント)
  • 2018/02/22 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】見えてきた韓国への「制裁」 (2コメント)
  • 2018/02/22 00:00 【金融
    借金と通貨危機を考える(前編) (5コメント)
  • 2018/02/21 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】目に余る北朝鮮の悪行 (5コメント)
  • 2018/02/21 00:00 【マスメディア論
    腐敗したテレビ局の将来 (4コメント)
  • 2018/02/20 16:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】たかが100億フランに韓国が「狂喜乱舞」する理由 (5コメント)
  • 2018/02/20 00:00 【政治
    ポルトガルのレストラン「大阪(おさか)」 (17コメント)
  • 2018/02/19 16:00 【時事|金融
    【夕刊】本当のガンは財務省の増税原理主義 (7コメント)
  • 2018/02/19 00:00 【韓国崩壊
    破滅に向かう文在寅政権を止める動きは出るのか? (4コメント)
  • 2018/02/18 10:30 【時事
    【夕刊】若者が活躍する日本と滅亡に向かう韓国 (5コメント)
  • 2018/02/18 00:00 【金融
    インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス (16コメント)
  • 2018/02/17 15:45 【マスメディア論|時事
    【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説 (10コメント)
  • 2018/02/17 00:00 【マスメディア論
    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題 (11コメント)
  • 2018/02/16 15:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻? (4コメント)
  • 2018/02/16 00:00 【韓国崩壊
    理解に苦しむ韓国の「運転席」理論 (10コメント)
  • 2018/02/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国への金融制裁は可能か (4コメント)
  • 2018/02/15 00:00 【外交
    改めて北方領土問題を整理する (11コメント)
  • 2018/02/14 10:10 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ま~た始まった!慰安婦合意蒸し返し (9コメント)
  • 2018/02/14 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論空間に関する雑感 (5コメント)
  • 2018/02/13 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】安倍訪韓巡る「力不足の力作」 (10コメント)
  • 2018/02/13 00:00 【マスメディア論
    報道の自由と倒産の自由 (3コメント)
  • 2018/02/12 17:15 【時事
    【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗? (8コメント)
  • 2018/02/12 00:00 【韓国崩壊
    米韓同盟の終了が見えた (24コメント)
  • 2018/02/11 16:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる (3コメント)
  • 2018/02/11 00:00 【日韓スワップ|金融
    スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか? (8コメント)
  • 2018/02/10 11:00 【時事
    【速報】米韓同盟を破壊した文在寅 (8コメント)
  • 2018/02/10 00:00 【時事
    (事前投稿)朝鮮半島情勢の最新報道を予想する (3コメント)
  • 2018/02/09 11:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:「日本の目標メダル数」 (2コメント)
  • 2018/02/09 00:00 【韓国崩壊
    平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート (5コメント)
  • 2018/02/08 16:15 【時事
    【夕刊】浮き足立つ韓国 (3コメント)
  • 2018/02/08 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪は米韓同盟破棄のきっかけなのか? (3コメント)
  • 2018/02/07 12:30 【時事
    【夕刊】「敗戦」を認めない沖縄タイムスの醜悪さ (7コメント)
  • 2018/02/07 00:00 【経済全般|金融
    リスキーな米国の経済運営 (6コメント)
  • 2018/02/06 11:00 【時事|金融
    【夕刊】暗号通貨窃盗事件続報と犯罪国家・北朝鮮 (5コメント)
  • 2018/02/06 00:00 【国内政治
    民進党?まだあったんですか! (6コメント)
  • 2018/02/05 11:15 【時事|国内政治
    【時論】名護市長選・沖縄タイムスの現実逃避 (5コメント)
  • 2018/02/05 00:00 【マスメディア論
    「読者の反応」に希望を感じる時代 (3コメント)
  • 2018/02/04 09:50 【政治
    【速報】安倍総理が訪韓目的を隠さなくなった? (8コメント)
  • 2018/02/04 00:00 【韓国崩壊
    見え透いたウソをつく韓国政府に呆れる米国 (3コメント)
  • 2018/02/03 13:00 【時事
    【夕刊】不完全な「海外安全情報」 (11コメント)
  • 2018/02/03 00:00 【韓国崩壊
    日本を敵視しているうちに米韓同盟は消滅へ (9コメント)
  • 2018/02/02 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】新手の「媚韓論」を警戒せよ (3コメント)
  • 2018/02/02 00:00 【金融
    暗号通貨と新たな金融の可能性 (4コメント)
  • 2018/02/01 13:10 【過去ブログ
    【過去ネタ再録】悪魔を浄化する君が代 (2コメント)
  • 2018/02/01 00:00 【韓国崩壊
    今月のキーワード:「さよなら韓国」と「前後関係」 (3コメント)
  • 2018/01/31 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】アメリカ合衆国との関係を終わらせつつある韓国 (7コメント)
  • 2018/01/31 00:00 【雑感オピニオン
    超高給取りのNHK職員は「正当な努力」をしているのか? (3コメント)
  • 2018/01/30 11:00 【時事
    【夕刊】悪意に満ちた中央日報が日本を良くする (3コメント)
  • 2018/01/30 00:00 【国内政治|外交
    改憲後も日米安保を保持すべきだ (8コメント)
  • 2018/01/29 13:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国は名実ともに敵対国になる? (4コメント)
  • 2018/01/29 00:00 【金融
    ソフト・カレンシー建て債券の危険性 (2コメント)
  • 2018/01/28 12:00 【時事|金融
    【夕刊】580億円窃盗事件:暗号通貨を金商法の対象にせよ (2コメント)
  • 2018/01/28 00:00 【政治
    「人間の盾」構想と試される日本人 (3コメント)
  • 2018/01/27 12:00 【時事|国内政治
    【夕刊】しょせんは党名ロンダリング (2コメント)
  • 2018/01/27 00:00 【マスメディア論
    新聞業界が生き残る方法 (8コメント)
  • 2018/01/26 11:00 【時事
    【夕刊】「安倍訪韓」に関する分析の現時点のマトメ (6コメント)
  • 2018/01/26 00:00 【国内政治
    痛感する、安倍総理の説明責任の欠如 (9コメント)
  • 2018/01/25 08:30 【韓国崩壊|過去ブログ
    過去ブログ再録:「韓国と国際社会」 (1コメント)
  • 2018/01/25 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪:安倍総理は政治利用されるのか? (5コメント)
  • 2018/01/24 08:55 【時事
    【速報】安倍総理の平昌参加を支持しない (16コメント)
  • 2018/01/24 00:00 【政治
    2017年の日韓観光統計を読む(前編) (1コメント)
  • 2018/01/23 12:00 【時事|韓国崩壊
    【緊急提言】韓国大使の「ペルソナ・ノン・グラータ」を議論する (3コメント)
  • 2018/01/23 00:00 【国内政治|外交
    【速報】施政方針演説から外交を読む (1コメント)
  • 2018/01/22 12:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:韓国は国際社会への加害者だ (3コメント)
  • 2018/01/22 00:00 【金融
    産業構造の変化に対応する業界、しない業界 (2コメント)
  • 2018/01/21 12:00 【時事
    【夕刊】金正恩の刑事告訴を支持する (2コメント)
  • 2018/01/21 00:00 【マスメディア論
    ビジネスマンと政治経済評論 (5コメント)
  • 2018/01/20 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「主要国が韓国抜きで協議」報道の真偽 (2コメント)
  • 2018/01/20 00:00 【時事|韓国崩壊
    【時事評論】赤化統一は思ったより早く実現か? (1コメント)
  • 2018/01/19 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「独立国」でなくなった韓国(追記あり) (6コメント)
  • 2018/01/19 00:00 【外交
    ビジネスマンのセンスで外交青書を読む (1コメント)
  • 2018/01/18 14:15 【時事
    【夕刊】主張する相手が違うでしょ! (8コメント)
  • 2018/01/18 00:00 【時事|韓国崩壊
    時事評論:「ツートラック外交」の愚 (5コメント)
  • 2018/01/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】外交を政府任せにしない (4コメント)
  • 2018/01/17 00:00 【マスメディア論
    ブログ批判に対する反響 (1コメント)
  • 2018/01/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】壊れゆく日韓関係の現状整理 (5コメント)
  • 2018/01/16 00:00 【金融
    企業会計のセンスで中央銀行を議論するWSJ (4コメント)
  • 2018/01/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】読売調査は日本国民変化の象徴 (2コメント)
  • 2018/01/15 00:00 【外交
    安倍政権の本当のスキャンダル (6コメント)
  • 2018/01/14 13:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】朝鮮日報の「てのひら返し」 (3コメント)
  • 2018/01/14 00:00 【外交
    韓国だけが無責任なのではない (10コメント)
  • 2018/01/13 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】都合が悪いと「お互いが悪い」 (8コメント)
  • 2018/01/13 00:00 【マスメディア論
    フェイク・ニュース・ブログを批判する! (17コメント)
  • 2018/01/12 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】慰安婦問題は根本から叩き潰せ! (3コメント)
  • 2018/01/12 00:00 【国内政治
    改憲議論の前に:現実的改憲論の勧め (7コメント)
  • 2018/01/11 12:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国メディア「米国が南北対話を歓迎」のウソ (6コメント)
  • 2018/01/11 00:00 【韓国崩壊
    慰安婦合意という「地雷」を踏んだ韓国大統領 (11コメント)
  • 2018/01/10 00:00 【韓国崩壊
    平昌の欺瞞:赤化統一に一歩近づいた韓国 (6コメント)
  • 2018/01/09 14:55 【時事|韓国崩壊
    破棄はしないが守らない (10コメント)
  • 2018/01/09 00:00 【韓国崩壊
    韓国は自信満々でゴールポストを動かす? (3コメント)
  • 2018/01/08 00:00 【韓国崩壊
    日韓関係が現在進行形で壊れていく! (7コメント)
  • 2018/01/07 00:00 【韓国崩壊
    無責任国家・韓国の失敗事例をどう生かすか? (11コメント)
  • 2018/01/06 00:00 【マスメディア論
    「主観的事実」を捏造する人たち (8コメント)
  • 2018/01/05 08:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】WSJ「五輪期間中の合同軍事演習を中止」 (5コメント)
  • 2018/01/05 00:00 【韓国崩壊
    大統領が自ら自分を追い込む愚かな国 (3コメント)
  • 2018/01/04 00:00 【政治
    日韓関係悪化と日中関係好転はセットで議論すべし! (2コメント)
  • 2018/01/03 00:00 【金融
    【新春経済講座】為替介入国は市場経済の敵 (3コメント)
  • 2018/01/02 00:00 【外交
    今年も日韓関係は年初から波乱含み (4コメント)
  • 2018/01/01 00:00 【マスメディア論
    ウェブ言論元年宣言 (5コメント)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。