本日2本目の配信記事です。米国のドナルド・トランプ大統領は火曜日、日本と中国を名指しして、「自国通貨安誘導を行っている」と批判しました。日本については、正面から反論するのもバカらしい気もしますが、いちおう、事実関係についてはきちんとまとめておきましょう。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    バカらしいトランプ発言

    米国のドナルド・トランプ大統領は火曜日、日本と中国を名指しして、「自国通貨安誘導を行っている」と批判しました。

    米大統領、製薬業界首脳に薬価下げ・国内増産要請、為替で日中批判(2017年 02月 1日 08:05 JST付 ロイターより)

    ロイターによると、トランプ氏は大手製薬会社の首脳との会談の中で、「日本や中国を名指しして通貨安を誘導していると指摘」したとしています。

    トランプ氏は具体的にどのような発言を行ったのでしょうか?次のCNNの報道を眺めてみましょう。

    Japan: Trump’s currency criticism ‘totally incorrect’ (2017/02/01 07:14付 CNNより)

    トランプ氏の発言は、次の通りです。

    “Look at what China is doing. You look at what Japan has done over the years. They play the money market, they play the devaluation market and we sit there like a bunch of dummies.”

    この「bunch of dummies」という表現は、おそらく俗語で、「道化師のように」(あるいは「バカみたいに」)、という意味合いでしょう。トランプ氏の発言を私なりに意訳しますと、

    「中国を見てみろ。過去数年、日本が何をやったのか?彼らはマネー市場で暗躍し、市場を切り下げ、その間私たちは指をくわえて座っているだけだったじゃないか?」

    といったものでしょうか?

    トランプ氏がいかに経済素人なのか、あまりにもバカらしくて、最初はこのニュースを「スルー」しようかとも思いました。しかし、この「為替介入」について、日本でも正確に理解している人は少ないようにも思えます。そこで、この見解について私なりにフォローしておきたいと思います。

    事実関係

    為替介入とは?

    そもそも「為替介入」とは何でしょうか?

    現代社会では、外国為替は自由に取引されており、為替相場は日々、市場原理に基づいて決定されています。たとえば、「1ドル=120円」という為替水準は、「この値段で円を売ってドルを買いたい」と思う人と、「この値段でドルを売って円を買いたい」と思う人が均衡していることを意味しています。

    そして、為替相場は変動します。たとえば「1ドル=120円」だった円が翌日に、たとえば「1ドル=125円」などのようにドルの価値が上昇(つまり円の価値が下落)することを「円安」、逆に「1ドル=115円」などのようにドルの価値が下落(つまり円の価値が上昇)することを「円高」と呼びます。

    そして、「日本国内で製品を作って、これを外国で売る」という輸出企業があったとします。この企業が、1ドル=120円の前提で製品を作っていたとします。この企業は製品を120万円で売らないと利益が出ないと仮定します。この時に、この製品を米国で販売すれば、1万ドル(=120万円÷120)です(ただし、関税や輸送費用は考えません)。

    しかし、ここで「1ドル=60円」という極端な円高になったとすると、この製品は2万ドル(=120万円÷60)に値上がりしてしまいます。これが「為替変動」の怖いところです。

    そこで、為替市場で「行き過ぎた円高や円安」を牽制するために、国や中央銀行が為替市場に介入することがあります。これが「為替介入」です。

    為替介入には2種類ある

    ところで、為替介入には、一般に「自国通貨買い」「自国通貨売り」という2種類があります。

    「自国通貨買い」とは、「自国通貨が売り浴びせられた時に、外貨を売って自国通貨が下落するのを防ぐ介入」であり、俗に「通貨防衛」とも呼ばれています。一方、「自国通貨売り」とは、「自国通貨が買われ過ぎた時に、外貨を買って自国通貨が上昇するのを防ぐ介入」です(図表1)。

    図表1 為替介入の2種類
    種類 目的 備考
    自国通貨買い 自国通貨が下落し過ぎることを防ぐ介入 外貨準備が尽きるとそれ以上介入することはできない
    自国通貨売り 自国通貨が上昇し過ぎることを防ぐ介入 通貨を「刷る」ことで、理論上は無制限に介入ができる

    つまり、2種類の介入のうち、やりやすいのは「自国通貨売り(外国通貨買い)」介入であり、「自国通貨売り」については、理論上は、それこそ「無制限に」介入することができます。主要先進国でもスイスが旺盛な自国通貨売り・ユーロ買い介入を行っていることで知られています(ユーロ圏のマイナス金利で安全資産としてスイス・フランが買われ過ぎているため)。

    しかし、「自国通貨買い」については、裏を返せば「外国通貨売り」であり、手持ちの外貨準備が尽きてしまえば、それ以上の介入をすることはできません。ちなみに、多くの発展途上国が「財政破綻」するのは、ほとんどの場合、外貨が尽きてしまうためです。アルゼンチンなども米ドル建て国債を発行し、過去に大規模な「デフォルト」を起こしていますが、手持ちの外貨が尽きてしまえば、たとえ国家であっても財政破綻してしまうのです。

    日本の為替介入実績

    日本の場合だと、財務省の「外為特会」が為替介入を担当しています。過去に行われた為替介入の多くは、「円売り・ドル買い」介入です。

    といっても、財務省は「役所」であり、紙幣を発行する権限を持っていませんから(※日本の場合、紙幣の発行権限を持っているのは、原則として日本銀行だけです)、「円を売る」ための資金がありません。そこで財務省は市場で国債(短期国債、現在のTDB)を発行し、円資金を調達。その円を外国為替市場で売却し、ドルなどを買い入れる、というオペレーションが基本となります。

    では、実際に日本はいくら為替介入を行っているのでしょうか?

    財務省が公表する『外国為替平衡操作の実施状況』によれば、1991年5月13日から2017年1月27日までの期間で行った為替介入額は、次の通り、圧倒的に「日本円売り・米ドル買い」の介入(つまり日本円の価値を下げる介入)がメインです(図表2)。

    図表2 過去26年間の為替介入額
    売り通貨 買い通貨 金額
    日本円売り 米ドル買い 79兆8,237億円
    米ドル売り 日本円買い 4兆8,794億円
    日本円売り ユーロ買い 1兆0,753億円
    米ドル売り インドネシアルピア買い 693億円
    米ドル売り 独マルク買い 139億円
    日本円売り 独マルク買い 48億円
    85兆8,664億円

    そして、この「日本円売り・米ドル買い」の介入が行われた時期を眺めてみると、小泉政権下での2003年と2004年、さらに民主党政権だった2010年から2011年にかけて、多額の為替介入が行われていることが確認できます(図表3

    図表3 「日本円売り・米ドル買い」介入の実績
    時期 金額
    1993年から1996年までの5年間 11兆1,797億円
    1999年から2002年までの4年間 17兆1,442億円
    2003年 20兆2,465億円
    2004年 14兆8,313億円
    2010年 2兆1,249億円
    2011年 14兆2,971億円
    合計 79兆8,237億円

    つまり、日本では過去に80兆円近い「円売り・ドル買い」が行われています。そして、その巨額の介入の結果、積み上がった米国債とその利息により、現在の日本は実に130兆円にも達する外貨準備を保持しているのです。

    ただ、2012年に成立した安倍晋三政権下では、為替介入はそれこそ1銭も行われていません。そして、円安が進んだのは2012年11月14日(水)に野田佳彦首相(=当時)が当時の野党・自民党の安倍晋三総裁に対し、国会で衆議院解散を確約したことがきっかけであり、「為替介入により円安を維持している」というトランプ氏の認識は、基本的なところから誤っていることは明らかなのです。

    為替介入と量的緩和の違い

    ただし、日本では2013年4月4日の黒田東彦(はるひこ)日銀総裁による「QQE」導入以降、円安・債券高・株高が常態化しています。この「QQE」は、あくまでも日本国内における貨幣の供給量を増やすことで、デフレからの脱却を目指すというものであり、円安を目的としたものではありません。

    ちなみに詳しくは、過去に配信した『あれほど「為替介入と量的緩和は違う」と…』や『量的緩和と為替介入をごっちゃにする韓国会計士協会長』などもご参照ください。余談ですが、韓国政府・メディアあたりでは、日本のQQEが「為替政策である」と勘違いしている人が非常に多いようです。

    中韓の為替介入は別問題

    ただし、日本の場合は「自国通貨をわざと安くすることだけを目的とした為替介入」が行われていないことは明らかですが、中国や韓国の場合は、堂々と為替介入をしており、この事実は、実は米国財務省当局が把握しています(詳しくは『「トランプ通商戦争」の3つの相手国』あたりをご参照ください)、

    トランプ氏の発言の中で、日本に関するものについては、それほど気にする必要はないでしょう。しかし、中国と韓国のように、「自国企業に有利になるような為替操作」を常態化させている国にとっては、こうしたトランプ氏の発言は非常に気になるものでしょう。

    今後のトランプ政権の言動には注意したいところです。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)
  • 2017/03/03 13:15 : 違法民泊の実態調査 (経済全般)
  • 2017/03/03 00:00 : 自由競争に晒されるテレビ局 (マスメディア論)
  • 2017/03/02 13:00 : ノーベル症と日本を貶める中央日報 (時事)
  • 2017/03/02 00:00 : 【続】破滅に向けて突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/03/01 00:00 : 民泊を巡る議論の整理 (経済全般)
  • 2017/02/28 09:15 : 韓国「歴史を忘れた民族に未来はない」 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/02/28 00:00 : 韓国を待ち受ける「ギリシャ型破綻」 (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/27 00:00 : 韓国は為替操作国だ―外貨不足の末に… (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/26 00:00 : マス「ゴミ」の終焉 (政治)
  • 2017/02/25 20:30 : 「駐韓大使の帰国長期化」報道 (時事)
  • 2017/02/25 18:00 : 【速報】韓国は為替操作国だ!~韓国経済「4月危機説」の真相 (時事)
  • 2017/02/25 00:00 : 日韓関係巡る日本政府の「外交事なかれ主義」を切る (韓国崩壊)
  • 2017/02/24 00:00 : 100円札を発行せよ!~カジュアル通貨論~ (政治)
  • 2017/02/23 00:00 : まっすぐ崩壊に突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/02/22 00:00 : ボルカー・ルールと「トランプ7原則」 (金融)
  • 2017/02/21 09:15 : 「韓日は切っても切れない関係」という珍説 (時事)
  • 2017/02/21 00:00 : むしろ日本は慰安婦問題で孤立している! (韓国崩壊)
  • 2017/02/20 00:00 : インドネシアとの通貨スワップはどうなった? (日韓スワップ|金融)
  • 2017/02/19 00:00 : 「日露2+2会合」再開のインパクト (外交)
  • 2017/02/18 18:00 : 慰安婦像問題を外国ニュースから眺める (時事)
  • 2017/02/18 00:00 : 「韓国崩壊」を冷静に議論する (韓国崩壊)
  • 2017/02/17 09:45 : 【過去コンテンツ再録】韓国の資本主義について考える (過去ブログ)
  • 2017/02/17 08:45 : 為替介入報道:FTに「抗議」する韓国政府の愚 (時事)
  • 2017/02/17 00:00 : 為替介入を考える (金融)
  • 2017/02/16 10:00 : 某電機大手の粉飾疑惑:朝日新聞よ「お前が言うな」 (時事)
  • 2017/02/16 00:00 : 政治家のSNS利用に噛み付くマスゴミ (マスメディア論)
  • 2017/02/15 20:45 : 金融政策と為替介入の違いが判らない韓国経済新聞 (時事)
  • 2017/02/15 00:00 : FT「韓国が為替介入」記事とトランプ通商戦争 (金融)
  • 2017/02/14 19:45 : 国単位で信頼を失うということ (時事)
  • 2017/02/14 08:15 : 日本の難民受入問題を考える (時事)
  • 2017/02/14 00:00 : 韓国社会の崩壊を防ぐには…? (韓国崩壊)
  • 2017/02/13 00:00 : 日米首脳会談の成果は完璧に近いが… (外交)
  • 2017/02/12 15:00 : 圧倒的存在感!北ミサイル受け日本が主役に!―韓国に言及なし (時事)
  • 2017/02/12 12:00 : メディアが報じない「安倍・トランプの共通点」 (マスメディア論)
  • 2017/02/12 00:00 : 日米首脳会談、異例にも世界中が注目 (外交)
  • 2017/02/11 15:00 : 【速報】ドナルド・トランプ大統領、日本を「べた褒め」 (時事)
  • 2017/02/11 00:00 : デタラメは必ず暴露される (マスメディア論)
  • 2017/02/10 12:15 : 官房長官会見の「駐韓大使帰任」と「日韓関係」 (時事)
  • 2017/02/10 00:00 : 中国の外貨準備統計は信頼に値するか (RMB|金融)
  • 2017/02/09 08:30 : 豪ドル・スワップは「焼け石に水」 (日韓スワップ|時事|金融)
  • 2017/02/09 00:00 : 役所の問題体質 (国内政治)
  • 2017/02/08 17:30 : 【速報】韓国、オーストラリアとのスワップを倍増 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/02/08 00:00 : 崩壊する韓国社会と日本の対韓外交 (韓国崩壊)
  • 2017/02/07 00:00 : 鳴物入りのAIIB、どうなった? (RMB|金融)
  • 2017/02/06 17:15 : ニュース女子巡る長谷川氏見解 (時事)
  • 2017/02/06 13:45 : 日本政府による対抗措置から1か月が経過 (時事)
  • 2017/02/06 00:00 : 韓国崩壊の「3つのシナリオ」 (韓国崩壊)
  • 2017/02/05 20:30 : ブロガーのシンシアリーさん、来日へ (時事)
  • 2017/02/05 17:45 : 日韓往来逆転の衝撃 (経済全般)
  • 2017/02/05 00:00 : マティス国防相訪日と日本の「対韓外交」の問題点 (外交)
  • 2017/02/04 17:00 : 「人民元、カナダドルに追い抜かれる」産経報道の真相 (RMB|金融)
  • 2017/02/04 00:00 : 路上喫煙の害を考える (雑感オピニオン)
  • 2017/02/03 17:45 : AIIBの参加国は約60か国のままで全く増えていない! (RMB|金融)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告