「日韓略式首脳会談が行われる」=韓国大統領室が発表

現時点で情報源は韓国側にしかないが…

韓国観察者の鈴置高史氏がかねてより警鐘を鳴らしていた「脇の甘い岸田文雄首相リスク」を思い出してしまいました。韓国大統領室の発表によると、日韓首脳はニューヨークで「略式会談」に応じたのだそうです。具体的な内容については現時点で日本政府の側からは発表されていませんが、少なくとも韓国大統領室が発表した写真で見ると、岸田首相は満面の笑みであるように見えます。

著者自身、日本で最も信頼し得る韓国論者のひとりといえば、「韓国観察者」と名乗る鈴置高史氏だと考えているのですが、その鈴置氏は6月、ウェブ評論サイト『デイリー新潮』に、非常に不気味な論考を発表しています。

尹錫悦はなぜ「キシダ・フミオ」を舐めるのか 「宏池会なら騙せる」と小躍りする中韓

見え透いた罠を相次ぎ日本に仕掛ける尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権。サル芝居で騙せると韓国人が信じるのはなぜか。『韓国民主政治の自壊』(新潮新書)を上梓した鈴置高史氏の答は簡単だ。岸田文雄首相を舐めまくっているから――である。<<…続きを読む>>

―――2022/06/23付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

「宏池会なら騙せる」――。

何とも嫌な響きです。

この論考の詳細については、当ウェブサイトでは『鈴置論考「韓国が岸田チャンスを使わないはずがない」』などでも話題として取り上げとおり、要するに日本にとっての「キシダ・リスク」は韓国から見たら「キシダ・チャンス」ということでもあり、その「キシダ・チャンス」を「韓国が使わなかったら、その方がおかしい、ということでもあります。

こうしたなか、その「キシダ・リスク」(韓国側でいう「キシダ・チャンス」)のひとつが、ニューヨークで開かれている国連総会だった、というわけですが、(あくまでも韓国大統領室の発表ベースではありますが)どうやら岸田首相は「略式会談」に応じてしまったようです。

詳細については現時点において、少なくとも日本の首相官邸や外務省のウェブサイトには掲載されていないようですが、韓国大統領室は尹錫悦(いん・しゃくえつ)大統領とニヤニヤ笑って握手に応じる岸田文雄首相のツーショットを大きく掲載しています。

韓日首脳略式会談

9月21日、ユン・ソクヨル大統領は日本首相(岸田文雄)と略式会談を行いました。

―――2022-09-21付 韓国大統領室HPより

肝心の内容については、韓国大統領室のウェブサイトにも、現時点では何も掲載されていません。ただ、こうやって笑顔で写真に納まってしまった時点で、何とも言いようがない気分になってしまいます。

ちなみに韓国メディア『中央日報』や『聯合ニュース』(いずれも日本語版)の報道によれば、両首脳は「両国首脳は懸案を解決して両国関係を改善する必要性に共感し、このため外交当局間の対話を加速させることを外交当局に指示し、引き続き協議していくことで一致した」と韓国政府報道官が明らかにしたそうです。

尹大統領・岸田首相、ニューヨークで30分の略式会談…「韓日関係改善の必要性」

―――2022.09.22 06:33付 中央日報日本語版より

尹大統領 岸田首相と30分間略式会談=関係改善で一致

―――2022.09.22 06:38付 聯合ニュース日本語版より

これについては日本政府側の発表ないしは報道を見てみないとなんとも言えないのですが、いくら「正式ではない」と強調したところで、「会ってしまった」ということは事実でしょう。これが鈴置氏の予言した「脇の甘さ」なのだとすれば、何とも気が滅入るところです。

いずれにせよ、本日以降、どんな「続報」ないし「発表」が出てくるかにも注目したいと思います。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    これ、首脳会談は行うべきでない派は、まんまと踊らされた形ではないでしょうか。
    急遽開かれたにも関わらず、随分としっかりした会談で楽しそうじゃないですか。
    結局、日本側の発表殆どがフェイクだったと思います。不満表明は何だったの。会談は何も決まっていないとは。

    1. 農家の三男坊 より:

      仰る通り!

      国会2/3を与えても、
      岸田・林では惰眠をむさぼり、
      憲法改正どころか(安倍さんの)過去の遺産を食いつぶすだけ。

      ここまで無能とは。

    2. 匿名 より:

      決まりましたと公表するまでは「何も決まっていない」と答えるのはお約束なのでそこは突っ込みどころではないものの、両国間で調整中で最終合意に達していない首脳会談(立ち話?)の日程を韓国にリークされたことに対して日本政府がどのような対応を取ったのかが問題。
      でもまぁこうして何事もなかったかのように会っているのだから何もしてないんでしょう。こうして前例を作ってしまったのでまた同じことやられるでしょうね。外交儀礼に則って手続を踏まなくても日本の総理大臣は韓国の大統領に会いに来る、と。

    3. HOLTS より:

      今後、通貨危機など泥沼にハマることを踏まえて、今のうちに「取り合えず会ったから(しばらく疎遠にするけど、あとは頑張ってね)」というアリバイづくりであると個人的には思いたい。ドルウォン1400あっさり超えましたね

      1. 匿名 より:

        希望的観測です。

  2. 匿名 より:

    安倍菅両総理が守ってきたものをぶち壊しにしてますね
    本人にはその自覚も無さそうだけど

    1. ぶちお より:

      誰かが言ってました強い意志を持って総理大臣になった人と
      総理大臣になりたいから総理大臣になった人と

      1. ぶちお より:

        米韓首脳会談が無く1分にも満たない立ち話みたいだから
        アメリカに押し付けられた形かな

        1. 匿名 より:

          48秒だったらしいですね

  3. 農家の三男坊 より:

    条約・合意を守られなくてもニコニコ。単なるバカ。
    日本は世界の笑いもの。

    ここから先の外交をどうするつもりなのだろう。

    やはり宏池会は太鼓持ちしかできないダメダメだな。

    ところで、米韓首脳会談は開催されたのかな?

  4. 一之介 より:

    本当にこの総理は敵対国(中韓朝露)にとって、とても簡単で都合の良い人物だと思いますね。世界一の反日国家の大統領に対してこんなにニコニコして何が嬉しいのか?情けない。内政も外交も話にならないくらいダメダメで、いくら扱いやすいからといってこんな人物を総理にさせておく自民党って『もうお前は死んでいる』。国賊宏池会早く終わってほしいと切に願います。

  5. はにわファクトリー より:

    甘やかされて育った分「運転席に座っている実感」に飢えている彼。
    最後は自分がキメる自己陶酔に酔っている様子が写真に写し取られることが多いですね。

  6. JJ朝日 より:

    まさか鈴置氏の予言通りになるとは・・。我が国の外相と首相が揃ってROKへの対処の仕方をわかってない呆れた外交音痴なんですかね。防衛相人事の前に、首相と外相を変更してもらいたいものです。

    ある意味、これは自民党では改憲できないことを証明した出来事なのでは?

  7. 元ジェネラリスト より:

    「チョロいぜ」

  8. 匿名 より:

    支持率が落ちている今、この件で支持率が上がるとは思えない。国葬に賛成し、不安を持ちながら、支持している人は見限るんじゃないか。
    すべて韓国が作り出した大量の懸案に、何ひとつ考えるに値する回答を持ってきていないのに、どんな先の見通しがあって、ああヘラヘラしているのだろう。

  9. 攻撃型原潜#$%&〇X より:

    マスコミの世論調査はほとんど信用していませんが、最近の調査では内閣支持率は30%台にまで落ちているとか。多くの日本人が、がっかりしている中でマスコミの言う支持率が上がるか下がるのかに興味があります。
    もっとも、マスコミ調査の支持率はテレビの視聴率みたいなもので、政治家の支持率とは本来は選挙結果です。支持率を気にして政策を左右する政治家は衆愚政治の象徴でもあります。その意味で岸田内閣は当初より脇が甘いことで終始一貫しているので(これはこれでごリッパ)、支持率が上下する筈はないと思うのですが。

  10. 匿名 より:

    河野太郎だったらどうだったんだろう?

  11. 門外漢 より:

    この分じゃあ、スワップ締結も(悪)夢じゃなくなって来ました。

  12. かえる より:

    「自民党へのご意見」へちゃんと実名で岸田議員への意見を書き込んでまいりました。
    意味あるのかなって思いつつですが。
    今朝駅前に顔見知りの自民党市議が立っていたので、彼にも納得がいかないと言ってみた。まあ意味は無いのだろうけど。
    意味は無いかもしれないけど言わずにはいられない。
    虚無感に包まれてはいるけど、匿名のネット空間にではなく、ちゃんと誰かに言いたい気持ちです。

    1. 不和琴 より:

      私も書き込みをしてきました。
      以前財務省の矢野事務次官がばらまき批判をしたときも財務省のホームページで意見の書き込みをしました。
      ちゃんと意見を見ているかどうかは疑問ですが。

  13. はにわファクトリー より:

    ボディランゲージが駄目なんですよね。写真を見てどう感じますか?

    「令和スーダラ節首相」

    の尊称を贈呈したいです。いつも不真面目で半笑いのはにわより。

  14. 引っ掛かったオタク@そして絶望へ より:

    岸田氏は本当に『総理大臣になりたい』だけの政治屋だった、という証しがまたひとつ
    所詮は宏池会、そして自民党か…
    コレカラさらに悪い悪寒

  15. 犬HK より:

    脇が甘いなんて生ぬるい。
    軽率を通り越し、愚か者、不届き者と言うべき。

    まったく、林芳正(りん・ほうせい)外相といい、日本の外交が数十年前にタイムスリップしたかのよう。

  16. 匿名 より:

    会っちゃいましたね、見せ札にしてもタダで渡す必要は無いのでは無いかと思うけどな、策士は周りに居ないのか岸田さんよ。

  17. 匿名 より:

    そろそろキシダへの見方を変えるべきでは?
    脇が甘いではなく、親中・親韓であると。

  18. 墺を見倣え より:

    尹錫悦にストーカーされたのではなく、岸田の方から招き入れたとの事。

    本当なら、脇が甘いなんてレベルではなく、遥かにその上だな。

    岸田が招き入れたのではなく、害務省が呼び込んだのカモ知れないが。

    岸田の支持率がマイナスにならないかなぁ。

  19. カズ より:

    今回の対話を、韓国側は略式会談。日本側は懇談会と位置付けたみたいですね。
    先日の外相対話でも「林外相の真摯な傾聴(話を聞くだけ?)」が成果のように扱われたことからも、韓国側の”会う”ことに対しての渇望の強さが伺えます。
    彼らには、門前払い(全否定)が最大の屈辱ってことなのでしょうか?

    それにしても、「それなら逆に会わねえ!」発言のオチが「それなら逆に合わねえ!」だったなんてですね・・。(脱力)

  20. 美術好きのおばさん より:

    国民を騙す総理大臣⁉︎
    岸田政権は、もうダメかも?
    自民党ベテラン議員からも、早期解散や岸田引き摺り下ろしの声が出始めているもよう…

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ecc0184fe4615d146d658b709c978ee2315d8507

    1. 美術好きのおばさん より:

      追加です。

      これで、自称徴用工の存在を日本は認めたとなり、日本の非合法な植民地支配及びその犠牲となった朝鮮半島の過去現在未来全ての人々への謝罪と賠償請求の道が開かれた……となるんでしょうか? 
      考えれば考えるほど腹が立ってきます。

      1. もも より:

        美術好きのおば様
        私も同様に美術好きで、同様に大変怒っています。
        首相官邸に抗議のメールを送りました。

  21. 朝日新聞縮小団 より:

    想像するに首脳会談は国連総会の場で開く前提で外務省と韓国外交部が具体的な内容までとっくに調整済みであったということでしょう。
    それを喉から手が出るほど成果が欲しい尹政権が勇み足で発表してしまった。
    首脳会談は無いという政府関係筋からの情報とやらを報道したメディアはハメられましたね。
    単なる勇み足のペナルティでしかない「なら会わない」という脅しのためにいいように利用されて裏切られたと。
    会談をする気だったのならそれにも驚きますが、決まっていたものを相手の欠礼によって反故にするような胆力もない岸田は懇談と言葉遊びして結局会ってしまったということなのではないでしょうか。

    1. 農家の三男坊 より:

      米韓首脳会談が開かれなかったのとは好対照。

      宏池会も外務省も、”外交とは酒やXXを抱かせてどんちゃん騒ぎ(併せて袖の下)”をすることと考えて居るのでしょう。

      どこの後進国かと世界からバカにされている事には気が付かないうつけもの。

      次は外務次官を更迭できるか否か。
      更迭できなければ、自ら会いに行ったという事。
      正に何年外相やらしたと思ってんだい!

    2. 匿名 より:

      会うことだけ決めて会う首脳会談などないので、時間、場所、双方の出席者(首脳の他の陪席者)、通訳の有無から始まって、当日双方が取り上げる議題、フォトセッションの設け方、会談後のメディア公表の方法など仔細に日韓外交当局が調整合意するはずです。国連総会に合わせてということで数ヶ月前から調整し始めていたでしょうね。
      全部セットできてあとは日韓で同時に公表するだけだったものを韓国が意図的にリークしたんでしょう。韓国が主導しているのだと誇示する意味があったのかも。

  22. 名無ち より:

    この件では自民党、マスコミや野党が岸田や政府、外務省の不作法をフルボッコにして、炎上するのが自然な流れだと思うんだが。とんと、そんな声が聞こえないのは不思議だなー(棒)

  23. 名無しの権兵衛 より:

     岸田首相みずから「私の特技は、人の話をしっかり聞くということであります。」と言っているくらいですから、自分自身に明確な主義主張がないことを白状しているようなものです。
     したがって、首相になっても「可もなく不可もなく」、「大きな仕事はできない」ままで終わってしまう人物だと思います。
     自称元徴用工問題の解決策を提示しない尹錫悦大統領との会談に応じるなど、これからもハラハラさせられることは何度かあるとは思いますが、できるのは所詮そこまでで、「自称元徴用工問題の最終的解決」といった、歴史に残るような仕事ができる人物ではないと思います。
     2015年の「日韓慰安婦合意」も、最終的には当時の岸田文雄外相と尹炳世外交部長官の合意という形で発表されましたが、合意の真の立役者は岸田外相や外務省高官ではなく、菅義偉官房長官や谷内正太郎国家安全保障局長で、当時の首相が安倍晋三氏だったからこそ実現されたものだと思います。
     岸田首相は、所詮「担がれて駕籠に乗っているだけ」の人物だと思いますから、皆さんが心配されるような大惨事が起きる心配は無いと思います。

  24. 猫大好き より:

    このまま日韓スワップまで行きそうです。残念、とかでは無く悔しくて仕方ない。

  25. 匿名 より:

    国内問題(安倍元総理の国葬と統一教会)で支持率が下がったもんだから外交で挽回するとか考えたんだろうな
    浅はかなやつの考えそうなことやで

  26. ちょろんぼ より:

    南国大統領みたいな人は、日米の首脳と
    第五種接近遭遇(直接対話する事)に成功したと
    シンシアリー氏のブログに記載がありました。
    幸いな事に日米首脳共に、南国に連行(拉致)
    される事が無かった事は、非常に幸いな事でした。
    特に日本の首脳は拉致される可能性大だったので
    非常に心配しておりました。
    拉致して身代金代わりに、南国の要求を聞けというのは
    よくある話ですしね。
    万が一、拉致されたら、日本政府はどう対応していたのでしょうか?

  27. はるちゃん より:

    >「両国首脳は懸案を解決して両国関係を改善する必要性に共感し、このため外交当局間の対話を加速させることを外交当局に指示し、引き続き協議していくことで一致した」

    これで、強制徴用工問題は、日韓共通の課題であり、両国が協力して解決することになった、と多くの国は思うでしょう。
    うれしそうな顔をして韓国の大統領と写真に納まっている場合ではないと思いうのですが、岸田さん。

  28. マスオ より:

    あぁ~あ、会っちゃった。
    会うという事がどういうメッセージを与えるか、わからないのかな。
    わかっててやってるのかな。

    もし、相手に懇願されて会ったとしたら、その善意が全く通じないという事を学習しないのかな、と思う。やっぱり岸田はダメだ。

  29. 普通の日本人 より:

    バイデンと一分にも満たない挨拶で終わり。
    此の意図するところは「話す価値もない」
    新しい戦略も無くニコニコしか出来ない。金をばらまくしか出来ないキッシー
    と見られているんでしょう。
    笑顔で握手しながら机の下では脚の蹴り合い。
    これが彼等の外交です。と言うか外国での仕事の基本でもあります。
    急に心配になるのはロシアに対し威勢の良い言葉を踊らせていますが、何かあった場合は?
    まさか日米安保がある!とか 西側の一員だもんね。
    とかでは無いでしょうね?

  30. 匿名2 より:

    皆さんの言う通りですね。
    まあ、そもそも日本の政治って官僚と財界が動かしていて、政治家はピエロに過ぎませんからね。しかしながら、そんな中にあって安倍さんと菅さんは、自分なりの政治家としての主体性を持って取り組もうとしていたところだけは評価できるような気がします。

    しかし、岸田さんは全くだめですね。首相はおろか政治家としての覇気がまるで感じられない。と言うか、まるで痴呆者のような目をしている。多分、小学生の頃から一流の家庭教師をつけて教育されただろうに、2流して早稲田に入った。多分、早稲田も特別ルートだろう。気の毒だが、相当アタマの悪い人なのだと思う。

    岸田内閣=財務省内閣であり、岸田さんの生殺与奪権を握っているのは財務官僚なんでしょうね。(気の毒だが、岸田さんは財務官僚の使い捨ての駒に過ぎないのでしょう。)

    多分、首相になれたのも官僚たちの力によるものだと思う。組閣の人事など見れば疑うところはない。他に指摘されている方もおられるが、人の話は聞けても、自身の主義主張は持たない人なのだと思う。むかし、「便所のドア」(=押された方に動く)とあだ名された指導者がいたらしいが、多分、岸田さんも同じなのでしょう。

    今回の〝日韓首脳会議” も、財界+官僚が 〝岸田ドア” を押したのだろうと思う。

  31. より:

    本当に事前に調整がついていたのであれば、両国の国旗くらいは用意するでしょう。それすらもなかった(総領事館から持ってくることさえしなかった)のであれば、よほど急遽決まったのか、略式会談ですらなかったのか、おそらくはいずれかですね。報道によれば、尹大統領が岸田総理の滞在先を訪問してとのことなので、儀礼に関してだけはぬかりのない外務省がその程度の手間を惜しむとも思えませんので。
    伝えられるところによれば、取り上げるべき内容など皆無の「懇談」だったようなので、要するに「会った」というだけのことだったと見てよさそうです。進展など何もないのがわかっており、必要もないのに何で会ったんだという点が疑問ではありますが、楽韓さんが示した仮説、つまりバイデン大統領の日程変更のために米韓首脳会談が流れたので、韓国に最低限のメンツを立てさせるために、アメリカが岸田総理に時間を割くよう依頼したというあたりが妥当であるように思います。
    まあ、今後の展開を注視するべきではあるでしょうが、今のところ、目くじらを立てるような話ではないと考えます。楽韓さんの見立て通りであるならば、アメリカに一つ貸しを作れた……かもしれません。

    1. F6F より:

      龍様

      そうでしょうか。
      まるで調整がついておらず決定事項でもなんでもない状態で一方的に「会談に合意した」などと発表するような外交欠礼状態で、且つ韓国側が懸案事項全てに答えを持ってこなければならないにも関わらず、「日韓共同で解決」すべきと戯言を言っている相手に「会ってしまった」ことそれ自体が大きな損失ではないか、と思いますが。

      百歩譲って会ったとしても、そこで言うべきは「宿題持ってこい」でしょう。しかし外務省の発表を見る限り、懸案事項を日韓協力して解決すると解釈することが十分可能で(林外相とパクチンとの会談の時もそうでした)、もはや日本が「ボールは韓国にある」と言える状態ではなくなりつつあるような印象すら持ちます。

      米国からの依頼と言うのもあくまで憶測に過ぎませんので、論拠としても薄いでしょう。
      逆にバイデンが相手にしなかった人物にわざわざ30分も時間を割き、笑って握手する図(これは憶測ではなく事実です)がどう見られるか。
      韓国からすれば「岸田与し易し」と思うは当然ではないでしょうか?違っていたらご指摘ください。
      また各国からすれば韓国の非礼を日本は許している(それだけの借りがある)ように見えるのでは。

      ともあれ、以前から申し上げていた通り、私は岸田首相に対しては不安しか感じておりませんでしたが、今回の会談でまた一つ懸念材料が増えたと感じています。

  32. はにわファクトリー より:

    報道戦のような奇妙な展開だったです。釈然としない印象を誰もが持ったのではないでしょうか。
    真贋まるで不確かである。これが「ジャーナリズム」の正体ですよ。誰が信用しますか。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。