韓国がホワイト国復帰を要請:徴用工とのバーターも?

「資産現金化を見送ったのだから、日本もそれに対応し、韓国をホワイト国に戻せ」――。もしかしたら、こんな主張が今後、韓国側から聞こえてくるかもしれません。産経ニュースに週末、韓国が今月4日の外相会談で、日本側に対しホワイト国復帰を要請したものの、日本側がこれを拒否した、とする話題が出ていました。これについてどう考えるべきでしょうか。

ホワイト国復帰要請=韓国

産経ニュースに週末、こんな記事が掲載されていました。

<独自>徴用工問題 韓国が「ホワイト国」復帰要請 日本は「別問題」と拒否

―――2022/8/20 20:35付 産経ニュースより

リンク先は「有料会員記事」であり、産経ニュースと有料契約を締結していないと読むことができませんが、その概要については、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に本日掲載された、こんな記事でも知ることができると思います。

「韓国、ホワイト国復帰を要請も日本は拒否」=日本メディア

―――2022.08.22 10:39付 中央日報日本語版より

これらによると、今月4日のカンボジアでの日韓外相会談(『林外相、外交部会の反対押し切り日韓外相会談に応じる』等参照)の際、朴振(ぼく・しん)韓国外交部長官が林芳正外相に対し、輸出管理上の「ホワイト国」への復帰を求めたところ、林外相は「徴用工問題とは別」として拒否した、というものです。

しかも、中央日報の方の記事によれば、相変わらず、こんな記述が含まれています。

日本は韓国大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決に対する事実上の報復措置として、2019年7月、半導体・ディスプレイの核心素材であるフッ化水素など3品目の韓国輸出を規制し、8月には韓国をホワイト国から除外した」。

この話題について、どう考えるべきか――。

輸出管理適正化は自称元徴用工問題と無関係

そもそも論ですが、日本政府が2019年7月1日に発表した、韓国に対する輸出管理の厳格化(あるいは適正化)措置自体、所管の官庁は外務省ではなく、経済産業省です。というのも、その発動の根拠法である外為法第48条第1項を管轄するのは経産相だからです。

また、『もう3年:輸出管理適正化措置の原因は韓国側が作った』などでも説明したとおり、日本政府の措置発表のタイミングや内容から判断して、この対韓輸出管理適正化措置は自称元徴用工問題とは無関係であり、かつ、世間で思われているよりもはるかに根が深いものです。

そもそも日本政府が講じた措置は「輸出『規制』」ではなく、輸出管理上の取扱いの変更です。輸出管理とは、わかりやすくいえば、「軍事転用されかねない物資」を外国に輸出する際に、品目・相手国などのリスクに応じ、きめ細かく輸出を管理しようという、世界共通の考え方のことです。

たとえば軍事転用が可能な物資(とくにフッ化水素など)を輸出管理体制が杜撰な相手国にノーマークで輸出することを許してしまえば、それらの物資が目的外利用されたり、迂回貿易のすえに無法国家やテロリストらの手に渡ったりするかもしれません。

韓国の不正貿易疑惑

著者自身として確たる証拠を持っているわけではありませんが、韓国に対するフッ化水素の輸出量が急増していたという事実を踏まえるならば、韓国経由で日本の戦略物資が不正に迂回輸出されていたという可能性も成り立つところです。

とくに、韓国はイランに対し、ほかに事例がない「韓国ウォン建ての石油取引」を行うなど、密接な関係を持っていたことでも知られます(※ちなみに対韓輸出管理適正化措置発動直前の2019年6月には、安倍晋三総理がイランを訪問していますが、これは偶然なのでしょうか?)。

当たり前の話ですが、もしも日本の製品が韓国経由で無法国家の手に渡り、それによって無法国家が核兵器を完成させるなどした場合、それだけで世界の平和と安全が損なわれかねません。当然、そのような国に輸出を許可した日本政府の責任が問われます。

それに、日本政府が韓国政府に開催を要求していた「輸出管理の政策対話」をめぐっても、2016年6月を最後に途絶えていました。韓国政府が要求に応じなかったからです。

経産省の報道発表から想像するに、おそらくはフッ化水素など3品目の対韓輸出をめぐって、何らかの「不適切な事案」の証拠を日本政府が掴み、これに対して説明を要求し続けたものの、韓国側が逃げ回っていた、というのが実情でしょう。

したがって、対韓輸出管理適正化措置自体、根本となる原因を作ったのは韓国側であり、日本政府としては最低限必要な措置として、とりあえずは3品目の輸出管理を厳格化するとともに、韓国を「(旧)ホワイト国」のリストから除外したのだ、と考えると、とても辻褄が合います。

つまり、仮に自称元徴用工判決問題が発生していなかったとしても、韓国に対する輸出管理の適正化措置が講じられることは既定路線だったと考えるべきであり、その根本的な原因も、結局は韓国が誠意をもって輸出管理に取り組んでいなかったことに求められます。

ホワイト国復帰と徴用工を「バーター」に!?

もっとも、このタイミングでこんな話題が出てきたというのも、なかなかに興味深いところです。

やっぱり出た!「徴用工問題解決に向け日本も努力を」』でも触れたとおり、韓国では自称元徴用工問題を巡り、「左派メディア」とされる『ハンギョレ新聞』、「保守系メディア」とされる『朝鮮日報』が、その解決に向けて「日本も努力しなければならない」とする主張を、相次いで出してきているからです。

当然、自称元徴用工問題自体も韓国が一方的に発生させたものであり、日本としては譲歩するいわれもなければ交渉に応じる義務すらありませんが、それと同時に韓国側からは、もしかしたら「資産現金化判決を見送ったのだから、日本も韓国をホワイト国に戻せ」、といった主張が出てくるのかもしれません。

いずれにせよ、日本政府は自称元徴用工問題でも輸出管理適正化措置でも、基本的には原則を「一歩も動かしていない」わけであり、これについて韓国側から一方的な反応が次々と出ているというのも興味深い点でしょう。

読者コメント一覧

  1. 通りすがり より:

    せっかく適切な輸出管理に改善されたのに、それを元に戻すなんて有り得ませんね。
    本来であれば例の三品目については全面的に禁輸にしてもいいくらいだった。

    林外相が愚かなスタンドプレイに走らなかったのは評価する。
    会談そのものが愚かなスタンドプレイと言えなくもないけど。

  2. 匿名 より:

    司法が勝手に判断したこと、政治は司法に口出しできないのではなかったのではないですか?
    政治的な妥協でなんで解決するのかな?

  3. 名前 より:

    おかわりを求めるなど言語道断だ!

  4. sey g より:

    韓国は、輸出管理と いつお強請りされるかわからない資産売却引き伸ばしが 釣り合うと思ってるらしい。
    韓国の心の天秤は、ポンコツの様だ。
    さすが水漏れやUSBで盗まれるような物体を作る国です。

    日本は韓国の常識に付き合う必要はないので 57年前に来やがれで終わりでしょう。

  5. ぼっつ より:

    早速、毎日新聞の社説で“バーター”を呼び掛けていますね。

    https://mainichi.jp/articles/20220822/ddm/005/070/016000c

    「韓国は徴用工訴訟の最高裁判決を延期したのだから、日本もそれに応え、まずは韓国をホワイト国に戻すところから始めてはどうか」と。

    韓国が、日韓請求権協定で徴用工問題は解決済みだと認め、補償は韓国が行うとしても、それは当然の話で、何かと取引するようなことではない。

    それを、ただ最高裁判決を先延ばししただけで、日本も何かを差し出せとは、全く受け入れられない主張ですね。

    1. ひでさん より:

      毎日新聞の記事私も見ました。韓国が主張してもまったく違和感のない論旨でしたね。
      毎日新聞ていったいどこの国の新聞何だろうと思ってしまいます。
      この記者は、そもそも日本が韓国を、ホワイト国からはずした韓国の疑惑を知らないのでしょうか?韓国の国会でも横流し疑惑が議論になってました。
       さらに、解決済みの徴用工問題は韓国自体が解決すべき問題だという認識はないのでしょうか?
      そんなことを知った上で(知らないのならなお問題ですが)この記事を書いたとしたら本当に不思議です。毎日新聞の後ろに何かいるのでしょうか?そんなことまで勘繰りたくなります。

      1. 引っ掛かったオタク@まーオールドメディアATMは似たようなモンか より:

        毎日記者「都合の悪いものは見えないにだ」
        は、さておき、
        記憶も曖昧ですがアメリカさんに「中共と関係有り」扱いされたのって、毎日新聞だったような…

      2. 匿名 より:

        毎日新聞は決して中立の言論機関などではなく,中共からの工作資金が流れ込んでいると多くの人が気が付き始めています。が,まだ決定的な証拠がありません。誰か志のある方の内部告発が待たれます。

        1. ひでさん より:

          今日、8月25日付の毎日新聞朝刊にChina Watch(8面刷りです)があたかも毎日新聞の別冊のように一緒に配達されました。このChina Watchの発行元はチャイナデイリー中国日報となっています。内容は中国の宣伝です。現在の中国(最新技術、芸術等)、中国の遺跡、などで、当然のことですが、人権問題には一切触れられていません。
           このChina Watchは第40号と記されているので今後とも引き続き毎日新聞に添付されるのでしょう。
           この事実を、毎日新聞に中共からの工作資金が流れ込んでいると云いませんが、この密着具合いはどうなんでしょうか? 毎日新聞は共産中国に対して冷静に記事を書けるのでしょうか?
           私が大学生の頃を思い出します。当時の新聞(毎日新聞も含めて)は北朝鮮を”千里を走る馬”の国と讃え、まるでこの世の極楽のように扱っていました。記者たちは何度も北朝鮮にいったはずですが、北朝鮮のうさんくささを
          だれも記事にはしませんでした。北朝鮮への拉致事件も「そんなはずはない」という論調でした。
           そして小泉さんが電撃的に北朝鮮から拉致被害者を連れ帰りました。
          毎日新聞はきっと中国のことを客観的に見て記事にすることはないと思います。

    2. ムッシュ林 より:

      毎日の主張する様に条約に反する判決の執行延期に対して見返りを与えるなら、韓国は条約に反する行為をすれば、どんどん日本から譲歩を引き出せるということになりますね。
      毎日は損得の計算もできないのでしょうか。

    3. 七味 より:

      ぼっつ様

      紹介ありがとなのです♪

      >韓国の政権にとって、日本との歴史問題は慎重な対応を要する課題だ。
      これって韓国内の事情でしかないし、こんなことで譲歩してたらキリないですよね♪

      >日本政府は対抗措置を取らざるをえない。
      これで良いんじゃないのかな?対抗措置って言っても、日本から韓国に宣戦布告するなんてことはないと思うのです♪せいぜい韓国政府の資産を差し押さえるくらいだろうと思うのです♪それを韓国政府が受け入れてお終いで良いんじゃないかな?

  6. 通りすがりの人 より:

    ホワイト国に戻す必要などないでしょう。
    きちんと購入目的通りに使用している企業には、日本が輸出管理を強化しても何の問題も起きていないとサムスンなどの売上を見てもわかることです。
    逆に戻してしまうことが、世界の平和を壊すことに繋がりかねません。
    日本政府は韓国の戯言など無視していればいいと思います。

  7. P より:

    「半導体関連の輸出規制の見直しに取り組んではどうか」
    との主張ですが、輸出規制は実施していないので「日本側は何もする必要はない」ということを婉曲に言ってるんでしょうね。
    それにしてもこの社説、随分前にどこかのサイトで読んだような…はて?

    1. P より:

      投稿ミス。ぼっつさんへのレスでした。

  8. 名無しの権兵衛 より:

     「日本は韓国大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決に対する事実上の報復措置として、2019年7月、半導体・ディスプレイの核心素材であるフッ化水素など3品目の韓国輸出を規制し、8月には韓国をホワイト国から除外した」
    ⇒百歩譲って、日本政府の輸出管理適正化措置が韓国大法院の「自称元徴用工判決」に対する事実上の報復措置であったとしても、日本政府に韓国をホワイト国に戻すよう要求するのであれば、その前にまず韓国大法院判決を無効化してから言ってくるべきだと思うのですが、本当に厚かましい人達だと思います。

  9. 雪だんご より:

    韓国側の出せる「カード」のなんと弱い事よ。こんなのじゃ交渉になる訳ありませんな。

    昔は思い通りに日本の世論を動かせたマスコミも、2009年に政権交代を
    起こす為に全ての力を使い果たし、今は過去の遺産を食いつぶすのみ。
    彼らも韓国に味方したいのは山々だけど、もはやおざなりな援護射撃が関の山。

    いやはや、韓国大統領って酷い罰ゲームですね。それを理解していない人物しか
    なろうとしないのが、結果的に韓国を更なる袋小路に追い詰めているのかも。

  10. WindKnight.jp より:

    まあ、これが普通の対応ですね。

    両方とも、日本に責任は無く、韓国の責任。
    そして、韓国内政と経済安保という、別トラックの問題なわけで。

  11. 門外漢 より:

    これは、私的にはモヤモヤがあるのです。
    多分戦時労働者問題と輸出管理適正化は関係ないのでしょう。管理適正化は必要があってホワイト国外しをしたと思います。
    でも、その理由を一度も聞いたことがありません。イランへの横流しとか、中国への横流しとか、いろいろ言われますが、明確にはなっていません。
    じゃあ韓国がレーダー照射の報復かと勘繰るのも仕方ありません。下衆の勘繰りでしょうけど。
    なぜ「~だから、ホワイト国から外した」と言えないんでしょうね?
    言えば情報を得たルートが判ってしまうという安保上の問題があるのでしょうか?
    もう良い加減ハッキリ言ってやれば良いと思うのです。

    1. 通りすがりのゴクウ より:

      理由をはっきり言ったら、嘘の対処をしたから戻せと言ってくるだけ。
      彼らを戻す必要がない。だから理由を説明する必要もない。
      彼奴らの自浄作用なんか期待できないのだから。

    2. 引っ掛かったオタク より:

      更生が期待できるなら善導すべきかもしれませんが…
      「1000年忘れない」と宣言されとるよう聞き及びいたしておりんす~なんでとりあえず1000年はスルーして差し上げるのがよいかと

    3. ひでさん より:

      はっきり言っちゃうと、日本サイドの手の内を晒すことになるので言わないのでしょう。アメリカからの情報なら特に、理由は言うなと口止めされているでしょう。言ってしまえば、韓国はこの次はさらに巧妙な手口を探すでしょうから。だいたい、ホワイトにするか否かは管理主体である日本の権利であって、いちいちその理由なんぞ説明する義務はないと思います。

    4. カズ より:

      門外漢 様

      輸出管理自体は、不適切事例への処罰よりも再発防止に重きを置いてのものなのかと。
      具体的事例を明かさずに、対処(復活工作)させない方が最善との判断なのかもですね。

      オフホワイトの理由は「政策対話に応じないから」で十分だと思います。
      彼らは心当たりがありすぎて、対処できずに逃げ回ってるんですものね。

  12. クロワッサン より:

    >したがって、対韓輸出管理適正化措置自体、根本となる原因を作ったのは韓国側であり、

    あちらの価値観だと、原因を作ったのは韓国でも日本が目をつぶっていればホワイト国からの除外にはならない訳で、目をつぶらなかった日本が悪いってなりそうですね。

  13. G より:

    韓国が何故「ホワイト国復帰」にこだわるか。
    要するに、韓国の貿易管理が杜撰なのを日本に指摘されて、日本に指導されるという屈辱的な立場から脱したい。そういうことなんです。

    屈辱を晴らさんと頑張った結果なんとか国内生産もなんとか出来るかも知れません。まあ歩留まり悪いのは我慢して赤字垂れ流せばいいし、たまに猛毒フッ化水素が漏れて死者も出るでしょうがそれも仕方ないです。

    効いてるのに効いてないフリをして「意味のないことするな。元に戻せ」と言ってるのですが、見るからに涙目で効いてるのがバレバレです。

    日本としてはWTO係争案件ですから勝負がつくまでは引くに引けません。パネルって今どういう状況なんでしょうね。まあ、本件に関してはWTO提訴を取り下げないと。

    徴用工もレーダーもホワイト国も韓国の平謝り以外に解決策がありません。少なくとも日本には完全勝利まで何もしないでいれる余裕があります。何年でも待ちましょう。

  14. 通勤嫌いな不良サラリーマン より:

    イチャモンつけてくる「ヤクザ国」は、「丁寧な無視」の一択ですね♪

    ※1300台常態化し、ウォン安によるデフォルトに加えバブル崩壊が目前なため、
     イチャモンも益々激しくなりそうな。
    ※竹島周辺不法調査されるキッシーやヤクザと怪談に応じるリン中華大臣には、
     不安しかアリマセン。
    ※このまま放置プレーし、自滅の刃で滅びてしまうのがベストソリューション!?

  15. 匿名 より:

    「~してあげたのだから譲れ」という話で
    まともな交換条件だった試しが無いですよね。
    「それは条件にすらなっていませんよ」というのを
    懇切丁寧に説明しても多分理解できないのだと思います。
    なぜ理屈に合わないのか、なぜ筋が通ってないのか。
    都合のいい脳ですね。

  16. 墺を見倣え より:

    輸出管理適正化の中に、戦略物資の取引相手国と、定期的に政策対話する項目があると思うのですが、韓国は、適正化の際に1度応じただけで、以前も以降もずっと拒否し続けているのではありませんか?

    従って、ホワイト国に戻すなんてのは、論外。

    尹政権は、日韓関係改善に積極的であると言って、日本のEEZ内に調査船を投入した訳ですから、岸田総理も同様に、「日韓関係改善待った無し」と言ったのなら、韓国を更に1ランク落とすべきじゃないでしょうか。

  17. 匿名 より:

    基本的に毎日新聞記者のコメント者の素性を悪人する必要性あり、ピント外れ

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。