現時点では読めない岸田首相の閣僚・党役員人事の吉凶

「適材適所」「派閥均衡」どちらの視点でも中途半端さ目立つが…

吉と出るか、凶と出るか。主要メディアが今朝までに報じた内閣改造による閣僚人事、党役員人事の概要を眺めると、手放しで絶賛するのは難しい、という印象を抱きます。とくに外相の留任が適切だったのかどうかについては、大変に懸念されるところでもあるからです。さらには派閥均衡の観点からは、安倍派や二階派の軽視が気になります。ただ、加藤勝信氏の厚労相就任、河野太郎氏のデジタル相就任など、興味深い人事も垣間見えます。

閣僚人事・党役員人事

岸田文雄首相の内閣改造・党役員人事の概要が報じられています。

これについて、報道をベースに閣僚ポストと出身派閥、選挙区や当選回数などのデータをまとめておくと、図表1図表2のとおりです。

図表1 閣僚人事の概要(◎は初入閣)
大臣派閥等選挙区、当選回数
総理大臣 岸田文雄岸田派広島1区【10】
総務大臣 寺田稔◎岸田派広島5区【6】
法務大臣 葉梨康弘◎岸田派茨城3区【6】
外務大臣 林芳正岸田派山口3区【1(参5)】
財務大臣 鈴木俊一麻生派岩手2区【10】
文部科学大臣 永岡桂子◎麻生派茨城7区【6】
厚生労働大臣 加藤勝信茂木派岡山5区【7】
農林水産大臣 野村哲郎◎茂木派(参)鹿児島【4】
経済産業大臣 西村康稔安倍派兵庫9区【7】
国土交通大臣 斉藤鉄夫(公明党)広島3区【10】
環境大臣 西村明宏◎安倍派宮城3区【6】
防衛大臣 浜田靖一無派閥千葉12区【10】
官房長官 松野博一安倍派千葉3区【8】
デジタル担当大臣 河野太郎麻生派神奈川15区【9】
復興担当大臣 秋葉賢也◎茂木派(比)東北【7】
国家公安委員長 谷公一◎二階派兵庫5区【7】
地方創生担当大臣 岡田直樹◎安倍派(参)石川【4】
少子化担当大臣 小倉將信◎二階派東京23区【4】
経済財政再生担当大臣 山際大志郎麻生派神奈川18区【6】
経済安保担当大臣 高市早苗無派閥奈良2区【9】
図表2 党役員人事の概要
大臣派閥等選挙区、当選回数
総裁 岸田文雄岸田派広島1区【10】
副総裁 麻生太郎麻生派福岡8区【14】
幹事長 茂木敏充茂木派栃木5区【10】
総務会長 遠藤利明谷垣G山形1区【9】
政調会長 萩生田光一安倍派東京24区【6】
選対委員長 森山裕森山派鹿児島4区【7(参1)】

(【出所】報道等。派閥や選挙区、当選回数などについては外部サイト、衆参両院ウェブサイト等を参考に著者調べ)

財相、外相の留任は適切?そして派閥均衡は?

このうち閣僚人事については、外相、財相、官房長官、経済財政担当相の4名、および公明党の「指定席」である国道交通相については留任となったものの、その他の14閣僚が総入れ替えとなる、大幅な改造といえます。また、党役員人事についても、副総裁と幹事長以外の3役が入れ替わりました。

また、閣僚経験者が11人に対し、初入閣も9人いるようです。

正直、個人的には財相と外相については大いに問題があると思いますし、ことに中国の脅威が増すなかで、適性自体にも問題がある人物が「ウソツキ官庁」である外務省を束ねるポストに留任すること自体、大変に困った話でもあります。

もし外相に任命するならば、同じ岸田派の小野寺五典氏あたりでも良かったのではないでしょうか。

気になる点は、それだけではありません。

今回の人事、閣僚・党役員ポストを受け取ったのは、安倍派と麻生派がそれぞれ5つ、岸田派と茂木派がそれぞれ4つ、二階派が2つ、それ以外が4つですが、所属議員数で見れば安倍派と二階派のポストがいかにも少なく見えてしまいます。

主要5大派閥の所属議員数(衆参、8月8日時点)
  • 安倍派…97人
  • 麻生派…52人
  • 茂木派…55人
  • 二階派…43人
  • 岸田派…43人

(【出所】著者調べ)

こうしたポスト配分の結果、安倍派や二階派などの議員の間で「冷や飯を食わされている」という不満が溜まりはしないかどうかについては気になるところです。

また、前首相でもある菅義偉総理が入閣しなかったというのも気になるところです。これについては菅総理自身にやる気がなかったからなのか、あるいは岸田首相が菅総理の起用を嫌がったのかはわかりません。河野太郎氏がデジタル担当相として入閣しているのは「菅総理の代役」という意味でしょうか?

手堅さも垣間見えるが…

ただ、こうした「党内力学」の議論を別とすれば、今回の人事自体は「手堅い」という部分もあります。同じポストに再任したという事例が2人いるからであり、また、閣僚経験者も(岸田首相を除けば)10人いるからです。

たとえば安倍晋三総理のもとで厚労相を、菅総理のもとで官房長官を務めた加藤勝信氏が、今回、再び厚労相に就任するそうです。厚労相として、あるいは官房長官として、コロナ対応の陣頭指揮を執ってきた加藤氏だけあって、安定感がありそうです。

また、浜田靖一氏については、今から14年ほどまえ、麻生太郎総理の下で防衛相を務めていたという経歴を持っているほか、「ハマコー」の愛称でも知られる故・浜田幸一元衆議院議員の子息としても知られています。

さらに、河野太郎氏に関しては、菅総理の下での「ハンコ廃止」「ワクチン100万回接種」などで功績を残した人物でもあることから、デジタル担当大臣として役所(とくに日本年金機構あたり)の無駄なペーパー行政を撤廃するなど、行政の効率化に手腕を振るっていただきたいと思う次第です。

これにくわえて高市早苗氏が経済安保担当相というのも、考え様によっては興味深いところです。とくに日米両国が「経済版2+2会合」を開始したなかで、日本の側に外相、経産相以外に実力派の経済安保担当閣僚が存在していることは、外相のぐらつきを補ううえでは有益かもしれません。

吉と出るか、凶と出るか…

以上のとおり、現時点において改造内閣・党役員人事が「巧み」といえるかについては、若干疑問が残る部分もあります。ことに岸田首相は統一教会との関係を人選にあたっても留意した、などの報道もあるようですが、今回の人事が国難を乗り切るうえで「本当に適材適所といえるのか」については微妙でしょう。

ただし、とりあえず先月の参院選を乗り切った岸田首相にとっては、衆院解散をしない限り、2024年の自民党総裁選までの2年間については「フリーハンド」を得た格好であり、岸田内閣がこれから本格的に「キシダ色」を出していくつもりなのかもしれません。

いずれにせよ、今回の人事、部分的には興味深い部分があるにせよ、党内派閥への配慮という意味においても、あるいは「適材適所」への配慮という意味においても、全般的に中途半端さが漂います。

このタイミングでこの内容の内閣改造を実施したことが、岸田首相にとって吉と出るか、凶と出るかについては、まだ見えてこないようです。

読者コメント一覧

  1. 通りすがり より:

    今度の組閣も各方面の評価はバラバラですね。
    とあるサイトでは「『人事だけ得意』という評判の岸田首相や周辺なりに苦心した末に、実務志向で固めた」と言われてました。

    外相の林の再任は頂けないと私も思います。あれだけ中韓対応を失敗しても次の総理も宏池会からという岸田のエゴが透けて見えます。林は総理の器ではないでしょう。

    河野太郎は一心不乱に当たれるポジションを与えておいた方が、余計なことを企む暇がなくなっていいのではないでしょうか。段々石破的なポジになりつつありますし。

    何はともあれ小泉の子倅が入らなかったのは良かったw

  2. 元ジェネラリスト より:

    >所属議員数で見れば安倍派と二階派のポストがいかにも少なく見えてしまいます。

    前回比で変わってないので、今はその派閥自身はそこは問題提起できないでしょうね。将来はわからないですけど。
    岸田首相らしい現状維持の無難な人事だと思いました。

    総務はNHKや電波の改革は期待できないでしょうね。
    防衛はよくわからないんですが、浜田氏って前の防衛相時代によくない評判を聞いた記憶が・・・思い出せない。

    1. 元ジェネラリスト より:

      >岸田首相らしい現状維持の無難な人事だと思いました。

      ちなみに、褒めていません。

    2. 青色労働者 より:

      浜田氏は親父さんと違ってメディア露出が少なく前回の防衛相時代は発信力不足を言われていました。ただ、実務面の評価は高かったようです。

      1. 元ジェネラリスト より:

        ざっと見てみましたが、特段悪い評判は見つかりませんでした。
        私の勘違いかもしれません。

  3. asimov より:

    更新ありがとうございます。

    岸田新内閣の組閣について、林外相は大きな失点に繋がりそうで怖いです。

    高市早苗議員や河野太郎議員の起用は評価できますが、もう少し「攻め」に回しても良かった様に思います。

    何にせよ岸田総理らしい、もやっとした感じだと思います。

    話は変わりますが、国葬の差し止め仮処分申請を行っていた、田中正道氏が率いる「市民グループ」が、東京地裁に申請の却下をされました。

    https://nordot.app/930004483272851456

    この後、抗告などをすると更に担保金が追加で必要になると思うのですが、最初にいくらぐらい預けたのでしょうか?

    件の田中正道氏は訴訟マニアかと思うぐらい、何度も訴訟をして負けていますが、どこが資金を出しているのでしょうか。
    気になります。w

  4. 匿名 より:

    >今回の人事が国難を乗り切るうえで「本当に適材適所といえるのか」については微妙でしょう

    ならばボクが考える最強の岸田内閣名簿でも披露してはいかがですか、各ポストの任命理由も合わせて。新内閣の適材適所が微妙と断ずるほどなら自民党所属議員の資質を知り尽くしてるのでしょうから。

    1. なの より:

      「微妙」という言葉で「断ずる」ことができるとお考えでしょうか。
      「微妙」は、そこまで極端な意味ではないことを表現するために
      使う言葉のように思うのですが。

  5. taku より:

    そうですね、岸田首相らしい「無難な布陣」という評価がよろしいのでは、ないでしょうか。
    1.世間の注目を集める統一教会ですが、30年近く社会問題になっておらず、これで(例えば祝電をうっただけで)一切排除というのも、行き過ぎかと思います。イベント出席の萩生田さんを党三役へ栄転させたのも、予想通りですが、良い選択かと、思います。
    2.安倍派の処遇も、先ほどの萩生田さん、松野官房長官の留任、西村経済産業相への登用、5ポストの確保、「パンツ大臣」こと高木国対委員長の留任ということで、同派からは高い評価と伝え聞いております。割を食ったのは世耕さんかとも思いますが、参院議員との要素もあり、仕方ないでしょう。安倍派の後継争いからは一歩後退かな。同派の後継は◎萩生田〇西村▲世耕△松野×(穴との意)高市で進むと思いますが、萩生田さんは当選回数が若くて、下村、塩谷、高木といった先輩諸氏から嫉視されやすいので、森元総理の後ろ盾、若手の信望あたりが鍵ではないでしょうか。
    3.外相は保守派からは受けの悪い林さんの留任ですが、岸田さんからすれば①手堅さ②信頼度からして他の選択はないでしょう。
    4.防衛大臣は、私は寺田首相補佐官(結果的に総務大臣)かと予想していましたが、さすがに”首相・外相・防衛相を宏池会”は避けたのでしょうね、無派閥で手堅い浜田さんになりました。経済安保担当相への高市さん、国家安保担当補佐官への岸さん含めて、保守派への配慮でしょう。
    5.河野さんですが、私は総務会長あたりへの登用を予想していましたが、デジタル相となりました。軽すぎるような、総裁選の敗者には相応なような、微妙なバランスかと思います。麻生さんも権力欲は強いから、健康に問題なければ、なかなか派閥を譲らないかもしれませんね。
    6.鈴木財務相の留任ですが、岸田さんは安保では保守派に配慮するような気もしますが、財政は規律重視に舵を切る、そのため岸田-麻生-鈴木のラインは崩さないとの意と推測します。
    7.骨格とは思えないのに、公明党を除き、ただ一人留任となった山際経済再生担当相ですが(これも予想通り)、甘利系の麻生派、岸田さん肝入りの「新しい資本主義」担当で、能力を買われているのでしょうね。将来の幹部候補かも。
    8.話題造りで、無理に(?)女性の三原じゅん子さんや、松川るいさんを起用しなかったのも、良かったと思っています。若手で青年局長の小倉さんを折角少子化相に起用したけど、全く話題になりませんね。アナウンサーとのスピード離婚が尾を引いているかな。

    1. 青色労働者 より:

      麻生さんは河野さんの親父さんから預かった派閥を河野さんに継がせるのに、河野さんにもう少し党務に勤しむことで党内議員に濃い人脈を構築して欲しかったようです。
      ところが今回また閣内に入ったことで河野さんの“一匹狼”的立ち位置を固める方に向いてしまいました。
      岸田さんとしては河野さんの突破力を活用しつつ自身の後継を宏池会から出すために河野さんの芽を育てない良策だったかと見ました。

  6. 匿名 より:

    やらかしまくった林が再任でメディアスクラムで作り出したトウイツガーで安倍派冷遇か。
    どうしようもないな。
    20世紀末の悪しき自民党が戻ってきた。

  7. cru より:

    >適性自体にも問題がある人物が「ウソツキ官庁」である外務省を束ねるポストに留任すること自体、大変に困った話でもあります。
    佐渡金山の件について言えば、外務省が嘘を吐いたという裏付けは取れていません。せいぜい「疑惑がある」止まりです。
    情報の正確性の為に「疑惑がある」といった表現を使う方が宜しいかと思います。

  8. cru より:

    >同じ岸田派の小野寺五典氏あたりでも良かったのではないでしょうか。
    これについては同感ですね。
    ただ、林外相はメッセンジャーぐらいにしか仕事していないので、目立った得点も失点も無いです。
    評判はともかく、積極的に変えなければいけないほどの理由が無い。
    変えるのは、中国側から、より態度の悪化を誘い出してからでもいいかと思います。

    >前首相でもある菅義偉総理が入閣しなかったというのも気になるところです。
    断片的な情報を見る限り、菅元総理は閣内に入ってというよりは、閣外から協力したいという考えのように思えます。
    それが、派閥争いみたいな政局に巻き込まれたくないという思いによるものだとすれば、それもまた菅元総理らしいと思います。
    ただ、公明党との連携のために岸田総理に協力したりというエピソードも見掛けるので。
    日本のために、内閣のためにという思いで、岸田総理への協力そのものは拒まないし、積極的に協力されるように思います。

    雑談でも書きましたが、概ね岸田総理らしい、バランスに配慮した無難な組閣だと思います。
    個性が無いのが個性とでも言えば良いのでしょうか。メンバーの通り、概ね無難な運営が続くように思います。

  9. より:

    蓋を開けてみれば、ほとんど意外性のない人事でした。
    高市氏を防衛相に起用したら面白かろうと思ってたんですが、やはり岸田総理はリスクを避けたようです。高市氏を入閣はさせたものの、経済安保担当と言えば聞こえはいいですが、実質的には何の権限も与えないというあたり、岸田総理の人の悪さの表れと見るべきか、それとも「その程度」にしか評価していないのか、どちらとも取れますね。

    他には……う~ん、経産相がちょっと「大丈夫か?」とは感じますが……

    1. 青色労働者 より:

      高市さんは動きにくい処に嵌め込まれたかに見えます。“経済安全保障”の範囲は広すぎる上に複数の省庁の所管を跨ぐので、“大臣”といっても現時点では明確な権限無さそうですし。官僚組織の縄張り張り替えて場所を造ることができるかにかかってくる、かもしれません。
      西村さんは秘書官使い潰すので有名だそうですし経産官僚がどこまで耐えられるか、ここで先の芽が残るか否かの正念場でしょうか。

  10. 一之介 より:

    産経新聞によると
    『中国外務省の汪文斌(おうぶんひん)報道官は10日の記者会見で、「中国は、中日関係を重視している」とした上で、「日本の新内閣と中国が歩み寄り、両国関係の健全で安定した発展を推し進めるよう期待する」などと要望した。』
    とありますが、これ、中国にとって組みやすし美味しい布陣なのでは?と素直に思ってしまいます。最大の懸念はハニトラがんじがらめ噂のリン・ファンジェン外相が留任ですしね、、、、

  11. トシ より:

    大変バランスの良い組閣だがやはり菅の不在が目立つ。

    岸田の入閣要請を菅が拒否したのか、要請すらなかったのか。
    いずれにせよ菅の立ち位置は自民反主流派のドンとなった。

    岸田と菅の確執はいたるところで語られている。
    最近の根強い観測で菅は小石、二階派と協力して河野を対抗馬として担ぐ、というのがある。

    これを先制的に防いだのが河野のデジタル相と二階派大臣の登用。
    「雑巾がけ」を解除された河野は菅に担がれることはなくなった。
    二階は次期衆院選で世襲のため岸田の公認を得る必要があり敵対できない。

    野田聖子が完全に干されたことも特筆に値する。
    最高裁で野田の旦那が反社と正式に認定された(本人はツイで見苦しく言い訳)

    もう野田は大臣、党重職、総裁選出馬は完全に不可能。
    野心家で向上心の塊の野田からすれば議員生命が絶たれたに等しい事態だろう。

    林は宏池会・岸田の正統後継者。
    外務大臣で箔をつけ党重職を担わせタイミングを見て禅譲するのは既定路線。

    安倍派や高市にも十分な配慮が見られる。
    これはこれからの選挙で保守勢力の団結が必要であると岸田が理解しているから。

    まずこの内閣の真価は来春の統一地方選挙で問われることになる。
    ここで圧勝すれば衆院の解散総選挙が見えてくる。

    現時点での次回総裁選候補は岸田、茂木、河野、高市、背伸びして萩生田。
    だがその前の衆院選で圧勝できれば岸田は無風で再当選となる。

    ここで岸田に提案がある。

    ぜひとも宏池会は保守勢力を自派の支持基盤に加えろ、ということである。
    本流保守、岩盤保守がどれだけ心強いかは安倍の横にいた岸田なら理解できるだろう。

    統一教会で揺れる今、宏池会で改めて保守の獲得を目指してほしい。
    ハト派・お公家集団の宏池会が路線変更で岩盤保守を加えるのは痛快ではないか?

    宏池会は岸田派に麻生派、谷垣Gが合流した「大宏池会」がよく話題となる。
    だが宏池会の基盤を本流保守、岩盤保守とする「シン・コウチカイ」も大変重要と考える。

    私はこのサイトでどこからの需要もないのに、一人で岸田の覚醒を唱え続けようと思ふ。

    1. 迷王星 より:

      >野心家で向上心の塊の野田

      野田は向上心の塊ではなくて上昇志向の塊でしょう.
      彼女の場合,より高い地位に就くことを強く望んでいると分かることは幾度もあったけれど,彼女が自分自身を磨き向上させようとしているケースなんて少なくとも私は知りません.

      >林は宏池会・岸田の正統後継者。
      >外務大臣で箔をつけ党重職を担わせタイミングを見て禅譲するのは既定路線。

      今の閣僚の中でも最も外務大臣には不適切(外相にすれば我が国の国益を最も大きく損なう)のが林さんですが.

      まあ岸田さんにとっては自分の派閥のほうが日本という国よりも大事ということの証明でしょう.この難しい時代にそんな人間が首相になっていることが日本にとって最大の不幸ですね.

  12. 青色労働者 より:

    菅さんは入閣せず党でも無役のようですが、森山さんを選対委員長に置いたのは効いてくると見てます。
    公明党や維新とのパイプしかり、難航が予測される10増10減への党内調整しかり、岸田さんは閣内に置いた河野さんの存在と選対の森山さんを介して菅さんの影響力を利用しようという腹でしょう。

  13. 迷王星 より:

    一部では北京のためにスパイ行為をしているのではとまで言われているほど異様に親中的な言動ばかりで疑わしい林氏を外相に留任させただけで今回の内閣改造は論外でしょう.

    そもそも我が国の国防上で最も重要な同盟関係にあるアメリカ政府が親中的言動が誰の目にも明らかな林外相の留任を見て岸田政権下の日本との距離感をどのように感じるか.

    少なくとも外相人事は日本の国益にとって最低の選択をしてくれましたね,岸田さんという人は.

    要するに岸田さんにとっては日本という国よりも自分の派閥が大事だと考えていることが,今回の外相人事で明確になった訳です.

  14. すかんぽ より:

    国交相を十年越の長きに渡り公明党に渡している危険性を評論家は指摘しない。利権陳情の集中するポストは自民党議員では危ういと以前公明党関係者の発言を紙面でみたが少し前に公明党議員もやらかして辞職している。公明党の指定席化には大いに疑義がある。また国土交通省の外局機関である海上保安庁と自衛隊との協力関係も何かあやしい感がある。媚中親中でコテコテだ。

    1. 赤ずきん より:

      同感です。民間企業の人事でも 長年同一ポストは どんなに当人が優秀でもローテンションが常識です。国交省が公明の指定ポストはどう見てもまずい。そもそも公明党との連立に反対ですが 指定席が打破できないというのは 中国の日本の土地買い占めと深い関係があるのではと疑ってしまいます。勿論データは持っていませんが。

    2. 門外漢 より:

      知床遊覧船事故では、日ごろの監査・指導の生温さ、海保の救助体制の不備、などで国交省の責任は大きいと思います。
      交代させても良かったですね。

  15. 元ジェネラリスト より:

    一応貼っておきましょう。

    島田前次官「参与」は退職 浜田防衛相が指示
    https://www.sankei.com/article/20220810-TSTZHEA4BVIRJK5C235X5PKXAI/
    7月に事務次官を退任後は、岸信夫前防衛相の判断で大臣政策参与兼省顧問に着任した。事実上の降格となるが、浜田氏は兼務は分かりにくいと指摘したという。

    敢えて現状維持を選ばなかったようです。

    1. より:

      付記しておくと、島田氏は参与からは外れたものの、依然として省顧問ではあるようです。
      単に肩書だけの問題であるのかもしれません。

      1. 元ジェネラリスト より:

        かもしれません。
        そうでないかもしれません。
        わかりません。(笑)

  16. 理系初老_小野田紀美を副大臣に より:

    小野田紀美【参議院議員_岡山選挙区】
    @onoda_kimi
    ·
    18h
    チューナーレステレビ、想定以上に売れてます テレビ受信機能なし、NHK受信料もなし(日刊スポーツ)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e72f9cb9727f710ba364307c77222786ea32c33b
    テレビ持っていない私はコンシューマーゲームプレイ用にモニター買ってますが、チューナーレステレビという選択肢も良いですね。

    1. 理系初老_小野田紀美を防衛政務官に より:

      祝 小野田紀美。ざまあ 公明党。

  17. 門外漢 より:

    派閥均衡を目指した内閣で、総理が小派閥出身ゆえの悲哀と感じるか、強かさを感じるかは、人それぞれでしょう。
    因みに日経の春秋氏に言わせると「昭和レトロ」だそうです。まあ、当たってますか。
    統一教会問題については各大臣から調査結果を説明、と言う事で党は逃げた感じですが、それがどうやら裏目に出そうです。
    各自が説明する都度注目されますから、まとめてやった方が良かったでしょうに。今後の火種としてくすぶり続けるでしょう。
    今次の公安委員長はあまり教会と関係が無いようですから、公安を指揮して大々的に調査する、くらい言えば良いのにと思います。
    取り合えず教会を悪者にして、徹底的に叩いて見せないと収まらないでしょうね。
    国葬までに消し止められれば良いのですが。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。