読者雑談専用記事通常版 2022/03/26(土)

『読者雑談専用記事(通常版)』を更新しました。どうぞご利用ください。

読者雑談専用記事(通常版)とは

本記事は、特段のテーマを決めず、読者の皆さまがおのおの、好きなことを書き込んでいただくための「雑談専用記事」です。原則として土曜日と火曜日に新しい記事を立ち上げています。

書き込んでいただく内容
  • 読者同士の挨拶ないしは近況報告
  • 最近気になっていること、議論したいと思っていること
  • 自分自身のブログ・SNS記事等の宣伝(※)

等々、何でも結構です。

なお、コメントを書き込む際のルールは『読者コメント要領・引用・転載等ポリシー』等のページをご参照ください。

読者投稿

読者投稿募集』のページにも示しているとおり、当ウェブサイトでは読者投稿を歓迎しています。

その際、読者投稿の基準を満たさない投稿記事(たとえば文字数が足りない、など)については、こちらの「読者雑談専用記事」に書き込んでいただいて結構です。その際、最初に「投稿のタイトル、投稿者の簡単なプロフィール」などについて記載してください。また、1回の投稿で書ききず、投稿を続ける場合は、「続き」とわかるように明示してください。

過去リンク/次回更新予定

次回の読者雑談記事(通常版)につきましては、『読者雑談専用記事通常版 2022/03/29(火)』を3月29日(火)正午に公表したいと思います(なお、これとは別に、テーマ別記事を公開する可能性もあります)。

過去の「読者投稿一覧」につきましては、次のリンクをご参照ください。

読者コメント一覧

  1. アベマサハル より:

    今日は誰もいないニカ?

    アベマサハルを許さないニダ!

  2. CB223 より:

     3月23日の虎ノ門ニュースと、3月24日放送NHK・Eテレの「ウクライナ侵攻が変える世界」という番組を視聴し、ウクライナ問題の深刻さに驚きました。
     前記虎ノ門ニュースでは、ウクライナの「アゾフ連隊」という軍組織にかなりの時間を割いていました。
     Eテレの番組は、2014年に放送されたものを主としている。だからここでいうウクライナ侵攻とは、今回の軍事侵攻のことではない。2014年の軍事侵攻を元に製作した番組です。
     ある意味NHKは、8年後の軍事侵攻を必然的なものと判断していたと言えます。NHKが判断していたくらいだから、今回の軍事侵攻はある意味、必然的だったのです。
     ネットで得た情報ですが、アメリカは既に8年前から、ウクライナ国軍に対する援助・訓練をしていた…という。なるほど、ウクライナ国軍の抵抗力が予想外に強力なはずです。戦車の装甲をも破るロケット砲(ジャベリン等)も供与されていた。
     国家とは、民族とは何でしょう?ウクライナでは地域ごとに言語・宗教が異なるという。平均的日本人には考えにくい。前記Eテレ番組の冒頭、司会者からは「歴史と民族から考えるウクライナ」という発言がありました。
     大陸国家とその国民は大変だ!つくづくと、島国日本に生まれ育って良かったと思います。
     当方、脳委縮によるボケが進行中の身ですので、駄文にて失礼しました。

    1. わんわん より:

      >大陸国家とその国民は大変だ!つくづくと、島国日本に生まれ育って良かったと思います。
       私も日本に生まれて良かったと思いますが 意味合いが若干違います
       日本って「仮想敵国」「侵略国家」に囲まれてますよ

    2. はにわファクトリー より:

      アゾフ連隊は、アゾフ大隊(Azov Battalion, Azov Regimen, Azov Troop)とも呼ばれる武装極右集団ということになっています。独自に兵器多数を所有しておりきわめて危険な存在とされています。
      今般のロシア軍による侵攻に対する抗戦を見ていると、ウクライナ側兵士には3通りあるように当方は思えます。
      ・正規軍
      ・腕に黄色のテープを巻いた志願兵、おそらく実体は警官や予備役
      ・そして3つめが腕に青いテープを巻いた兵士
      青いテープの兵士が Azov およびその周辺集団でないかと予想しています。違っていたらご指摘ください。ウクライナ国軍に Azov Battalion が合流したとの報道もあり、当方は今後の推移がたいそう気がかりです。動画で顔をぼかしている外国人顧問団?の正体については追及すべきでしょう。兵器本体だけが供与されているはずがないからです。

      1. マーク より:

        アゾフ連隊は、国家親衛隊というパラミリタリー組織の一部となり、マリウポリの戦闘に投入されているようです。

        1. マーク より:

          とある軍事関係のサイトによると、現在のアゾフ連隊はウクライナ政府の意向により、極端な過激分子は排除されているとの事ですが、真偽の程は解りません。

        2. はにわファクトリー より:

          武装過激派が正規軍の一部として「矯正された存在」になるなら、それはむしろウクライナの将来にプラスに働くよいことでないかと知人に指摘されました。

          1. マーク より:

            ウクライナでは、地方ボスの私兵組織なるものがあり、それらが国家親衛隊に統合され、親衛隊員が、郷土防衛隊等の市民の訓練を行っているようです。
            一方、ウクライナの極右化や民間に配布された武器の戦後回収を心配される方をネット上で拝見いたします。

    3. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      戦争起きてからウクライナが募集した傭兵が軍閥化する展開もあるかも
      既にウクライナ人から略奪したり「ロシアのスパイ」名目で村ごと焼き払ったりしているかもしれないが

  3. ちょろんぼ より:

    露極東艦隊が黒海へという記事があった。
    極東艦隊を黒海に回航するのはよいとして、航行途中の船員休息・燃料
    食料問題をどのように手当てするつもりで記事を書いたのか解らない。
    航行中の比較的親露な国と言えば、中共・ベトナム・インド辺りであろうか?
    船員休息はできても、燃料・食料をどのように調達するのであろうか?
    対ウクライナ戦前ならルーブルで支払可能であったが、現在ルーブルは紙屑と
    なってしまった。 艦隊所有のドル・ユーロ・ウォンでしか支払いは不可能と思える。
    さらに、地中海迄行けたとして、そこから黒海にどのようにして入るつもりなのであろうか?
    黒海途中のトルコのボスポラス海峡はトルコが戦争当事国の艦船通過を認めない事に
    なっている。
    まさか、立憲共産党議員が言う原油タンカーは、ペルシャ湾から日本に向けて空を飛んで
    来ると言った与太話のように、露軍艦もボスポラス海峡を飛び越えるのであろうか?
    地中海迄行って黒海に入らないとすれば、バルチック艦隊と合流するしか方策は無くなる。
    それなら最初から北極海回り航海の方が問題は無い。-但し現在北極海は氷結中
    (立憲共産党の話は、海賊対策の為護衛艦をペルシャ湾派遣時の話である)
    露極東艦隊が日本近海を遊弋するのは、敵国日本への牽制行為だという事が解らないので
    あろうか? 日本による樺太・千島列島・沿海州攻撃を防ぎ、日本がそれら地域を攻撃
    したら、遊弋地域で日本船団を攻撃する事が目的だと解らないのかな?
    (日露戦争時、露艦隊が日本近海で日本船団に対する通商破壊行為を行った
    事を忘れたのかな?)

    1. CB223 より:

      ちょろんぼ様

       ボスポラス海峡は国際海峡のはずです。艦船の通過を認めないなどということが可能なのでしょうか?
       今後、そのことで親日国トルコが、国際社会から責めを負わされることはないのでしょうか?

  4. わんわん より:

    電力問題 
    マネーボイス
    https://www.mag2.com/p/money/1170637
     「電力自由化」は失敗だったと思います
    NHK等でも報道されているが法案がザル過ぎだと感じます
    プレジデントOnline
    https://president.jp/articles/-/55620?page=1
     批難されながらも地道な研究を続ける
    こういうところが日本の強みだと思います

    1. 星のおーじ より:

      イラ菅・民主党の肝入りですが、最初から破綻が見えていました。韓中のソーラーパネルを導入するのが主旨だったのが明白な結果、になっていると思う。

      1. 墺を見倣え より:

        同感です。
        ジェノサイドパネルの大量購入で、中国に貢ぐ事が第一目的だったのではないかと思ってます。
        太陽光発電業者には質の悪い者が多く、鬼怒川の洪水は、太陽光発電業者が堤防を削った場所から最初の越水が起こってます。堤防は内側からの侵食には弱い様で、越水した水が、少し下流で堤防を侵食し、そこで決壊したのですが、マスゴミは決壊を報じる事には超熱心でも、越水の方は極微小扱いでした。
        特亜工作員が活躍してるなぁ、という印象しかありません。

        1. わんわん より:

          >太陽光発電業者には質の悪い者が多く、(以下略)
           太陽光発電業者の環境破壊については
          規制を緩和する国に対し条例で対抗する自治体と言う感じですかね
           本題のメディアについては「パス」させて下さい
           

      2. わんわん より:

        >韓中のソーラーパネル
         バイアスが入っていませんか?
        ソーラーパネルに関しては韓国はマイナーな存在

        ちょっと古いデータですが
        アゴラ
        https://cigs.canon/article/20210705_6028.html
        日経XTECH
        https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01149/00012/

        1. 世相マンボウ、 より:

          >ソーラーパネルに関しては>韓国はマイナーな存在

          パネル自体の生産販売額では独自技術に劣る韓国は
          すでに中国に抜きさられてます。
          ただ、日本での施工では
          危険と環境破壊を厭わない
          韓流企業は表向き別会社
          作っても大きな存在です。
          環境破壊韓流メガソーラーの
          侵食にはもっと反対の声を
          あげるべきです。

      3. matsutome より:

        初めての投稿なので失礼があったらご容赦ください。

        電力自由化は、強力な電力9社を弱体化することと、電力市場をマーケットとして開かれたものにするという狙いがあったと思います。

        電力9社は、東日本大震災・福島第一原発の事故で東電が経産省の軍門に下り、各電力各社は送配電会社と発電会社に分社化され弱体化しました。電力9社の力が落ちたのは良いですが、送配電が分離により一体運営ができにくくなり昨今の電力不足問題の一因となっているように思われます。

        電力市場はFIT制度が実施され取引も自由化され新たなマーケットとして確立されました。新たな市場が生まれたことは良いことですが、FIT制度・電力の固定買取制度や再エネ賦課金という金づるに不真面目な事業者が多数参入し混乱しているのが現状だと思います。
        再エネ賦課金は、2021年度の再エネ賦課金の総額は2兆7000億円、令和4年度の消費税総額が約20兆円で再エネ賦課金は消費税1%分よりも大きなマーケットということになります。これは事業者には魅力的。なので山野を切り開いて太陽光パネルを設置するのです。

        この太陽光パネルが曲者で、天気が良い日の昼間しか発電できない。曇りや雨、雪だと発電能力が殆どない。
        電気は使う分と同じだけ発電しなければいけないので、発電が足りないと発電量が調整しやすい天然ガスの火力発電所や水力発電所で不足分を発電します。これを調整力といいます。太陽光パネルや風力発電という再エネはこの調整力が全くありません。なので簡単に言うと再エネの発電容量分、同じ発電能力の天然ガス火力や水力発電が必要となるのです。(まあ、日が照っているところもあったり夜間は電力需要が減ったりするので再エネと同じ容量の調整力が必要というわけではありませんが。)

        かつての電力会社は、再エネ投資しても同じ容量の調整力が必要になり二重投資になるという理由で再エネ投資にはあまり積極的ではなかったのです。それは正しい判断だったと思います。

        FIT制度・再エネ賦課金が電力事情を歪めている根源の一つだと思っています。日本でFIT制度が始まるとき、先行していたドイツのFIT制度を調べましたが、すでに破綻が見えていました。当時のドイツのFIT制度は投資ファンドを太らせただけの制度と成り果てていて、日本でも同じことが起こるのではないかと考えていました。あれから10年たち残念ですが、この予感は正しかった。

        ああ、この状況を改善するには停止している原発を再稼働するしかないです。

        というのが、かつて原子力村の片隅にいた筆者の独り言です。

        1. わんわん より:

           コメントありがとうございます
           ほぼ私の認識と一緒です
          >再エネ賦課金は、2021年度の再エネ賦課金の総額は2兆7000億円、令和4年度の消費税総額が約20兆円で再エネ賦課金は消費税1%分よりも大きなマーケットということになります。
          ※このような観点からは考えてもみませんでした
          >かつての電力会社は、再エネ投資しても同じ容量の調整力が必要になり二重投資になるという理由で再エネ投資にはあまり積極的ではなかったのです。それは正しい判断だったと思います。
          ※コチラの考察も秀逸かと思います
          >ドイツのFIT制度を(略)
          ※懸念したとおりになってしまいました
          >この状況を改善するには停止している原発を再稼働するしかないです。
          ※2030年Co2削減目標を達成するには他に方法は見当たりません
          しかし政府は「原発は絶対安全です」と嘘をついてきましたからね

           最近の(電気を含む)エネルギー政策はアウトラインは経済産業省エネルギー庁
          https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/
          をみればわかるのですが
          あまりにも複雑になり過ぎな気がします

  5. 愛読者 より:

    物価上昇率2%とかいう政府発表が生活実感とかけ離れている気がします。たぶん,同じ商品がそのままの形で価格だけ上方改訂されることが少なく,ちょっと既存商品とマイナーチェンジした形で価格改訂したり,内容量を少し減らしたり,外食・コンピニ関係だとメニュー改訂で安いものをはずして,プレミアム化したように見せて高いものに変えたり,統計調査にひかかりにくい形での実質値上げが多い気がします。いわゆるステルス値上げです。皆様のご意見はいかがでしょうか。

  6. 農家の三男坊 より:

    維新に期待していたのだが、このウクライナ戦争で、橋下さんや鈴木宗男さんの発言と、それに対する党の対応(無策)を見ると応援する気を無くしてしまった。

    橋下徹弁護士を持ち上げる方も多かったが、ウクライナ戦争に関する発言(最近は知らないが)は、チェンバレンを想起させる。

    鈴木宗男さんは、さしづめ世界情勢をご自分の勝手な解釈(優先順位、軽重のずれた)で妄想(願望)する松岡洋右か。

    1. なんちゃってギター弾き より:

      >農家の三男坊様
      こんにちは。
      維新の件、全くその通りですね。
      何というか「ダメだこりゃ」と溜息しか出ないです。

    2. 簿記3級 より:

      農家の三男坊 様
      橋下徹さんの価値観の軸を理解するのは困難に思えます。軸などないのかも知れません。

      総合商社の方はロシアが北海道に侵攻して来た際に本気で道民を守り気があるのか疑念を抱きました。

    3. より:

      橋下氏は、強制移住させられても命は助かる(一部は粛清されるが)なんて主張してますね。宗男氏もひどいもんです。思えば、「戦争発言」のときに松井氏が露大使?に急いで謝罪に行ったあたりで、維新は既に馬脚を現していました。

  7. 簿記3級 より:

    隣国の花の便りは未だかいな

    1. わんわん より:

      いや
      以前にもコメントしたとおり
      遺伝子解析で解決済です
      ※それでもまだぼちぼちはあるようですが

      1. 簿記3級 より:

        わんわんさま
        国民情緒にそぐわない遺伝子解析は無効になるような気もしますが今年はどうでしょう。進歩するか楽しみであります。

        永遠に変わらないもの進歩しないものを見るのも趣がありますがいつからか桜の純粋な美しさか楽しめなくなり自分の心が曇ってしまったなあと、折角の春の楽しみが。

        1. わんわん より:

          参考にどうぞ
          Newsweek 2018.9.19
          https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2018/09/post-10968.php?page=1
          FNNプライムオンライン 2019.3.27
          https://www.fnn.jp/articles/-/7605?display=full

  8. Sky より:

    月曜のBSプライムニュースは真田さん、他2名が参加されます。ロシアに対する経済制裁は効果無し、という見出しです。

    1. 羊山羊 より:

      情報ありがとうございます。
      ブレトンウッズ3について言及されるか注目してみたいと思います。

  9. わんわん より:

    どうでもよいと言えばどうでもよい本の話

     今年もまた本屋大賞の季節になりました
    珍しく「10」ノミネート作品読破しました w

    もったいない本舗 ノミネート作品とあらすじ
    https://www.mottainaihonpo.com/kaitori/contents/cat01/046-honyataisho-2022.html
    本屋大賞歴代ノミネート
    http://www.ohtashp.com/topics/honya/honya.html
    ※エンタメで何を読もうか?迷った時に↑からセレクトすればハズす確率は低くなるはずです

    2022年ノミネートが発表されたのは以下の10作品。

    ①「赤と青とエスキース」 / 青山美智子(PHP研究所)
    ※前回2位だったので本命視されています
    ②「硝子の塔の殺人」 / 知念実希人(実業之日本社)
    ③「黒牢城」 / 米澤穂信(KADOKAWA)
    ※四大ミステリーランキング制覇+山田風太郎賞+直木賞
    ④「残月記」 / 小田雅久仁(双葉社)
    ※唯一のSFらしいSF
    ⑤「スモールワールズ」 / 一穂ミチ(講談社)
    ⑥「正欲」 / 朝井リョウ(新潮社)
    ⑦「同志少女よ、敵を撃て」 / 逢坂冬馬(早川書房)
    ※アガサ・クリスティ賞初めての満場一致受賞
    ⑧「星を掬う」 / 町田そのこ(中央公論新社)
    ※前回本屋大賞受賞
    ⑨「夜が明ける」 / 西加奈子(新潮社)
    ⑩「六人の嘘つきな大学生」 / 浅倉秋成(KADOKAWA)

    私的評価
     ミステリー好きなのでミステリーは評価が甘くなります
    ⑩⑦②③の順かな
     一般では⑧⑥
     ④は悪くはないのですが「本にだって雄と雌があります」の方が好み
     ⑤⑨は好みにあわず
    ⑩か⑧で微妙ですが⑧の場合は大賞初の連続受賞になります
    ダブル受賞
    https://www.writemyessay24h.net/hontai-w-award-akutagawa-naoki/
    ※直木賞 本屋大賞ダブル受賞者は恩田陸氏のみ
    本屋大賞複数回受賞も恩田氏(夜のピクニック 蜜蜂と遠雷)のみです
    ダブル受賞作品「蜜蜂と遠雷」は恩田氏のベストだと思います

     ノミネートはならなかったが昨年読んで良かった作品
    らんたん 柚木麻子
    月と日の后 冲方丁
    失われた岬 篠田節子
    笑うマトリョーシカ 早見和真
    ※早見和真のイノセントデイズは日本版「幻の女」 サスペンス感は劣るが傑作です

  10. パーヨクのエ作員 より:

    愚か者の独り言です。

    別記事で当方はロシア連邦解体に反対と書いて力の真空云々と代案の要求をしましたが、自らが代案を書かないのは某立憲共産党と同様アンフェアの極みと思います。

    故に政治家でもシンクタンクでも無いですが、ウクライナ問題調停の現状維持前提での調停私案を書きなぐります。
    恐らく外交的に穴が多いのでこのサイトの秀逸なコメント主各位よりボコボコにされるだろう事は百も承知です(笑)。

    【私案の目的】
    以下3点の目的で国際的な破滅的事象発生を抑制、防止する。(数字)は私案上の仮数値で修整する余地がある。
    ①ウクライナ問題を日本の調停により解決に導き、現状維持の状態を調停後により改善することで国際社会を安定させる。
    ②ロシア連邦が所有する核兵器を完全に管理させる事を条件にロシア連邦の領土を従来どおり「威厳を保持して」統治、指導させる機会を提供する。
    ③過度な制裁によりロシア内に過激的対外敵対主義者の台頭を防止する。

    【調停委員案】
    主席全権特使 安倍晋三
    調停事務局長 菅義偉
    調停事務局 安全保障理事会 常任理事国より数名

    【調停案必須受諾事項】

    ①国連ウクライナ復興機構配下のPKF到着と同時の一斉停戦及びPKF同行でのロシア軍の撤退を(7)日以内に実施する。
    ②PKFは停戦後もミンスク合意の自治区域を含めて引き続き駐留しウクライナ軍及び自治区域の治安組織以外の武装集団の武装解除を実施する。
    ③ウクライナの被害補償、ウクライナ国内の国軍以外の武装解除費用、設備の再建費用等は国連ウクライナ復興機構が安全保障理事会監査の基で建て替えで支出し、ロシアからのエネルギー代金の(10%)及びロシア連邦が(99)年分割で返済を行う。
    復興資金は日米中EU他のOECD諸国が拠出し拠出割合に応じた返済を受けとる。
    ④ウクライナはNATO加盟をロシアと同時加盟で実現するものとし、それを書面で誓約し国連安保理常任理事国が誓約書の裏書きをするものとする。
    ⑤上記4条件以外の自治区域の自衛組織の装備等の条件等は紛争当事国を交えた調停事務局で書面にて取決めるものとする。

    後は安倍氏元総理にお任せしますが(笑)、デキれば安倍元総理他に叙勲と国民栄誉賞を報酬として同時授与で良いと思います。

    一応代案らしい駄案を書いて見ました。
    正規軍以外の武装解除がこの協定の肝です。

    以上です。駄文失礼しました。

  11. パーヨクのエ作員 より:

    少し補足しますが、ウクライナに戦車で侵攻したロシア連邦に国際正義の1片も有るとは思いませんし、国家内に武装集団を飼っているウクライナ等を正常な主権国家と思っていませんが、地政学的な位置づけで緩衝地帯の国において武装集団が国家内に存在して外部の意向を受けて活動させる事は不安定要素以外の何者でもありません。

    ここを根本的に何とかしないと国際社会の不安定要素のままです。停戦後に緩衝国家内の集団に言論以外の武器を取り上げる。コレを実施する以外今回の紛争解決はありえないと思うのですよ。

    逆に言えばロシアからの武器持ち込みで自作自演を含む武力介入のタネを取り上げるのです。

    異論反論は歓迎です。

    以上です。駄文失礼しました。

  12. 七味 より:

    露、ウクライナ停戦交渉へ 合意見通せず 一部で「妥協」も示唆https://www.google.com/amp/s/www.sankei.com/article/20220328-EIMUTKAVPNI4LEODHY3TPO4544/%3foutputType=amp

    ↑の記事を読んでると、停戦交渉はまだ難航してるように感じるのです♪

    ただ、同記事の
    >ウクライナのゼレンスキー大統領は27日、親露派武装勢力が実効支配するウクライナ東部ルガンスク、ドネツク両州について、協議で「妥協」する余地があると述べた。「中立化」についても議論する用意があるとの立場を示した。

    といった記述をみると、ロシアが条件を出して、ウクライナが呑めるかどうか判断するみたいな形で進行してるのかな?と思えるのです♪

    戦争は早く終わって欲しいと素朴に思う一方で、ロシアの敗戦みたいな結果になるためには、もう少し時間がかかるのかな?とも思うのです♪

  13. 匿名ですみません より:

    カレーで停職。なんて平和なんでしょう。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/416b92964628c46e764ee0017a5fddae5c74a0b3

  14. 新宿会計士 より:

    しまった…本日の分をアップロードするのを忘れてました
    明日更新するか、それともいっそのこと次の土曜日にするか…

    1. 元一般市民 より:

      次の土曜日に一票。

    2. 七味 より:

      ( ´・-・ノ(´._.`)ヨシヨシ

      どんまい♪おまかせなのです♪

    3. sey g より:

      ほんまや

      これ見て気付きました。
      言われなければ気付かなかった。

      会計士様の気まぐれ更新でも、いいのかも。
      少なければそのまま。
      多かったら更新みたいな。

  15. ビトウ より:

     コメント失礼します。

     プーチンがもし核攻撃するなら…ウクライナよりも日本でしょうか?
     米軍基地や大使館(アジアは除く)等を出来るだけ避けて投下。理由は

    ・核攻撃は黄色人種には前例が有る(広島長崎。後は支那の東トルキスタンでの地上核実験とかですかね)
    ・日本が焦土と化せば、アカ仲間の支那や南北朝鮮が喜んで日本を再侵略する
    ・めりけんは自国を守らない(自衛隊は守るでしょうが、重武装の警察の範囲を逸脱してしまい、後日処罰されそう)日本に呆れて撤退。アフガニスタンの二の舞

     この混乱に乗じてプーチンは立て直しの可能性に懸けるかな?と思った次第です。確たる論拠の無い邪推ですが。

  16. 宇宙戦士バルディオス より:

    『日本メディア、「尹氏、5月就任前後に日本に政策協議団の派遣する方針」』
    https://japanese.joins.com/JArticle/289333?servcode=200&sectcode=200
     何を協議するつもりか? と思ったら、
    >尹氏は「核で得られるものは何もないという確信を持たせるため、韓米日のさらなる緊密な協調が必要」と協力を強調した。「最近韓日関係が硬直した局面を克服するには、正しい歴史認識に基づき、未来志向的な協力関係の構築が必要。共に知恵を集めよう」と呼びかけた。

    「正しい歴史認識」だと? 一昨日来やがれだ。

  17. ネトウヨだんな より:

    日本の教科書から「従軍慰安婦」「強制連行」の表現消えた
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/289343?servcode=A00&sectcode=A10
    日本は、日本の正しい歴史観を持つような教科書にすれば良いんです。
    「強制徴用」などという、間違った言葉を近隣国に合わせて使っていた事が、間違っていたのです。
    公使を呼び付けるくらいしか、韓国に出来る事は有りません。
    このような日本の変化は、韓国の構造的反日を刺激して反発するでしょう。そうすると韓国政府の可動域が狭まり、日本が無駄な妥協をする余地も狭めるでしょう。
    日本植民地時代という表現も間違っていますので、日韓併合が国家間の合意に基づいた合法的な物だったと改めるべきだと思います。

    1. マスオ より:

      ネトウヨだんな様

      ご意見強く賛成です。国家百年の計は教育にあり。
      自虐史ではなく、正しい歴史認識と言葉が必要ですね。
      日教組は解体でいいと思います。

      そう考えると、宏池会、宮沢内閣が、教科書の中韓介入の道を開いたのが悔やまれます。
      岸田内閣もその流れを汲んでろくなことをしないんじゃないかとハラハラです。
      韓国も反日教育を半世紀以上も続けてますから、変わることはないでしょうね。

      1. 理系初老 より:

        岸田内閣にハラハラ。わかります。
        林芳正外相「日本の領土が侵略されたら米軍があらゆる能力で守ってくれる」
        岸田総理「日米同盟で今後も国民の命や暮らしを守れると信じております」
        お花畑という意味ではケンポーキュージョー教信者と同類か!?

  18. 理系初老 より:

    日本映画やハリウッドの大ファンというわけではありませんが、台日友好という意味で良かったです。下記写真出典は「フォーカス台湾」です。
    https://imgcdn.cna.com.tw/Jpn/WebJpnPhotos/1024/2022/20220329/1024x1280_754413433828.jpg

  19. マスオ より:

    ウィル・スミスの件で思うところ。

    私も、私が大切に思う人を侮辱されたら、同じ行動をとったと思う。
    コメディアンだから全ての発言が許されるわけでもないし、侮辱する言葉はもはや芸ではない。

    怒っていることをはっきりと伝えないと、今後も同じことをされる。

    1. わんわん より:

      どう考えてもウィル・スミスは「手を出した」時点でアウトでしょう

       ブラックジョークか?侮辱(言葉による暴力)か?はかなり微妙

      >怒っていることをはっきりと伝えないと、今後も同じことをされる。
      ※言葉で伝えれば済むこと 暴力を振るうことではない

      参考
      女子SPA
      https://news.yahoo.co.jp/articles/79a39959e0f098ff1482dc70e322b21c19e6f8af
      女子SPA
      https://news.yahoo.co.jp/articles/412495750b2966f9036802d0c99ecd9c34e4f424

      1. マスオ より:

        わんわん様、レスどうもです。
        > 「手を出した」時点でアウトでしょう
        まぁ、それが大人の対応と言うか、普通と言うか、そうなんでしょうね。

        > ブラックジョークか?侮辱(言葉による暴力)か?はかなり微妙
        これは、言われた本人じゃないとわからない言葉だから、スミスしかわかりませんが、それでも自分だったら、言われて絶対嫌な事だったら、やはりやると思います。暴力と言われようと、なんと周りに言われようとも。
        分かってくれる人だけわかってもらえれば、それでいいです。

        > ※言葉で伝えれば済むこと 暴力を振るうことではない
        欧米だとそうなんでしょうね。お上品だと思います。

        しかし、言葉で伝えて全て済めば、世の中から、パワハラやセクハラ、いじめ問題など、ありとあらゆる問題は解決しそうですね。是非そうなって欲しいものです。

  20. イーシャ より:

    誰もあげていないようなので。
    鈴置さんの論考が公開されています。
    中国が早くも「尹錫悦叩き」、米国は「なんちゃって親米はやめろ」” (デイリー新潮 2022年03月31日)

    この論考の主題ではありませんが・・・
    アリ地獄、オラわくわくすっぞ。

  21. 元ジェネラリスト より:

    歴史の教科書に書かれている、「キエフ大公国」も、今後は「キーウ大公国」に変更されそうな予感・・・

    1. くろだい より:

      音楽の教科書、組曲「展覧会の絵」の「キエフの大門」は、どうなりますかねえ・・・

      1. 裏縦貫線 より:

        全く関係ないですが「きん・だいちゅう事件のキム・デジュン氏」が頭に浮かびました。

  22. とある福岡市民 より:

    キエフからキーウに変更した事について

    国民が キーウの都を キープして 露助はキエフの 露と消えふる

  23. 元一般市民 より:

    どなたも取り上げない様なので・・・

    ゼレンスキー大統領、11日韓国国会で演説か…「最終調整中」  中央日報
    https://news.yahoo.co.jp/articles/79daab06290e493a63cef391fc5d4c02549d0251

    G7やイスラエルなどで、ウクライナのゼレンスキー大統領が演説をされましたが、自称G8の某国はウクライナから声が掛からなかったのがご不満の模様で、「演説して下さい」と提案したとのことです。

    「アジアの中で、日本、台湾の次に3番目にロシア制裁に参加してくれてありがとう」かな?

  24. クロワッサン より:

    シンシアリーさんのところより。
    https://sincereleeblog.com/2022/04/02/asakara/

    「川が休む場所」という意味の町のお話しとか伺うと、表音文字ではなく表意文字である事で生まれる感性ってあるんだろな、って感じました。

    着々と帰化の手続きが進んでいるようで何より。
    …其れにしても、韓国社会は真っ当な人間が生きていくには住み難い社会になるのが10年とか前には視えてましたけど、ロシアや中国の崩壊ついでに朝鮮半島も崩壊しとけば人間の住める社会へと変わっていくんですかねぇ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です