韓国で「トリプル安」が発生:株式も債券も通貨も下落

じつは昨日の韓国、「株安・債券安・通貨安」という「トリプル安」だったのだそうです。しかも、韓国の個人投資家が投資対象として好むことでも知られる暗号資産価格についても下落したのだとか。このこと自体、投資家(多くの場合は外国人)が株式や債券を売って換金し、その資金をドルに換えて本国に引き上げた、という可能性を強く示唆しています。

韓国バブルFRB主犯説

昨日の『1ドル1200ウォンの大台を再び突破した韓国ウォン』でも取り上げましたが、韓国の通貨・ウォンが2020年7月以来、約1年半ぶりに1ドル=1200ウォンの大台を突破する通貨安となったようです。

当ウェブサイトなりのこれまでの仮説は、コロナ禍における米FRBなどの主要国中央銀行による金融緩和が、巡り巡って、韓国の外貨準備高や通貨供給量、個人負債などを押し上げ、最終的には資産バブルを作り上げている、というものです。

韓国資産バブルFRB主犯説
  • ①FRB等、主要国中央銀行による金融緩和
  • ②為替市場で韓国ウォンを含めたEM(※)通貨高
  • ③韓国の通貨当局が「ウォン高になり過ぎれば輸出業者が困る」と判断
  • ④韓国のウォン売り・ドル買い介入(→外貨準備の増加)
  • ⑤市中のウォン流通量が増大(→マネタリーベースの増加)
  • ⑥金融機関の家計向けローンが増大(→家計債務の増大)
  • ⑦カネを借りた家計がリスク資産(株式、不動産、暗号資産など)に投資
  • ⑧韓国ウォンがビットコイン取引通貨の第3位に浮上

(【出所】著者作成。なお、「EM」とは “Emerging Markets” 、つまり「新興市場諸国」のこと)

FRBテーパリングで逆回転

これらの流れ、基本的には当ウェブサイトのオリジナルに基づく分析ではありますが、べつに根拠なしに申し上げているわけではありません。理屈のうえでは、十分に整合している流れですし、③以外についてはいずれも数量的に検証可能です。

こうしたなか、この①~⑧の流れを逆回転させるのが、米FRBによる金融緩和の段階的縮小(テーパリング)です。そもそもの蛇口(①)を締めるのですから、②以降の流れについては、徐々に不安定化していくはずだからです。

したがって、もし上記①~⑧の流れが正しければ、韓国の通貨安が発生するときには、それと同時に、株安、債券安(=金利上昇)なども生じる可能性があるはずです。

韓国で「トリプル安」、暗号資産も下落

このように考えていたところ、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)には昨日、こんな記事が出ていました。

韓国市場がトリプル安 米の早期金融引き締め姿勢に衝撃

―――2022.01.06 19:22付 聯合ニュース日本語版より

記事タイトルにある「トリプル安」とは、債券市場、株式市場、為替市場の3つの市場において、同時に売られる、ということを意味します。

教科書的には、資金は基本的に一国のなかで回っているはずなので、債券市場で債券価格が下落するときには株式市場で株価が上昇している、などとされます。一般的には、市場のリスク選好が強まったときには株高・債券安が、逆のときには株安・債券高が生じることが多いです。

ところで、株価と債券価格が同時に下落するということは、株式も債券も売られた、という意味です。現実には、「株安・債券安」はテクニカルには頻繁に観察される現象ではあるのですが、教科書的には「珍しい現象」とされます。

韓国からの投資資金流出の間接的証拠

これに通貨安が重なるということは、いったいどういうことか――。

投資家(多くの場合は外国人)が、韓国で買っていた金融資産(株式、債券)を一斉に売り、換金したうえで外貨(米ドルなど)に両替した、ということです。通常、このような場合は、資金流出が発生しています(たとえば外国人投資家がそのカネを自国に持ち帰るなどするため)。

しかも、聯合ニュースによれば、この日は暗号資産の価格も下落したのだそうです。暗号資産といえば、株式、不動産と並び、韓国の個人投資家が借金をして投資をしている対象のひとつとしても知られますが、その暗号資産価格の下落は、まさに投資資金が韓国から逃れている可能性を示唆しています。

つまり、「トリプル安」とは、「韓国から外国人などの投資家の資金が逃げ出した間接的な証拠」でもあるのです。

もっとも、聯合ニュースによれば、この日の「トリプル安」はFRBの引締め観測によるものであるとされるため、市場の心理次第では、本日以降、再び株高・債券高・ウォン高が発生する可能性はあります。

いずれにせよ、「通貨スワップ」などの安全弁が存在しない韓国の経済情勢については、しばらく観察する価値はあるのかもしれません。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    アリンコ殲滅の始まりですかね。
    (アリンコには、[東西]学アリより深い意味があります)

  2. カズ より:

    通貨流通量が膨らむときは先行供給されたものが行き場を求めてのこと(集めたものを使っている)なのだから何ら問題ないんでしょうけれど、萎んでいくときには日々のキャッシュフローを確保することに頭を悩ませることになってしまうんですよね。

    *金融のバルブを閉めてバブルを絞めた。

    表面:「おい、しょうもない話すんなよ。」
    内心:「”追証”のない話にしてくれ・・。」

    1. 匿名 より:

      上手い!
      座布団1枚進呈します。

  3. 愛読者 より:

    隣家の火事を見て喜ぶだけではなく,それが自宅まで延焼してきた場合に備えて,いろいろ準備しておくといいでしょう。私はやってます。

  4. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    韓国ではワクチン副反応で蝋燭集会が起きているらしい

  5. レッドバロン より:

    何やらこのエントリーを見る限りでは、韓国経済は悪そうですが、一方で平均賃金は日本を超えた!みたいな景気のいい話なんだか煽りなんだかも経済評論家や経済紙から聞こえてきます。

    どうなってるんですかね?韓国経済は

    1. とある福岡市民 より:

      > 一方で平均賃金は日本を超えた!みたいな景気のいい話なんだか煽りなんだかも経済評論家や経済紙から聞こえてきます。

       韓国を持ち上げてきた反日評論家の負け惜しみ、悪あがきでしょう。

       ところで、韓国の平均賃金は公的に発表されている数字であり、実際には最低賃金以上払うルールを守っている会社が半数にも満たないそうですよ。嘘の数字でごまかしているだけという事です。
       あと、韓国で激増しているチキン屋のような自営業者の数字が除かれている可能性はありませんかね?それも含めたら日本よりも大きく下がるのではないでしょうか?

      1. より:

        サムスンなどの一部財閥系大企業の賃金は日本の大方の企業よりも高いとは聞いてます。また、現代自動車の製造ライン職の賃金はトヨタよりも高いとか。
        でも、中小企業になると、財閥大企業社員の6割以下になるらしく、その他の福利厚生を含めると、生涯年収で途方もない差になるようです。そして財閥大企業に入ったら入ったで、45歳までに役員になれなければ退職を余儀なくされると聞いてます。韓国では年金制度がロクに整備されてないため(貰えても、月に2万円弱程度らしい)、皆さん退職後にチキン屋を開業しては潰して、途方に暮れるようですね。
        そのせいか、国家公務員9級(高卒程度)の応募倍率が100倍ほどになるそうですよ。ソウル大学卒の人まで応募してくるとか。あ~あ。

        > 実際には最低賃金以上払うルールを守っている会社が半数にも満たない

        日本だと、最低賃金以下で働かせたら、たちまち労基署が素っ飛んできますけど(*)、韓国では罰則がないんですかねえ。

        > 自営業者の数字が除かれている可能性はありませんかね?

        賃金労働者ではないので、おそらく除かれていると思います。実際、コンビニオーナーの月収は20万円にも満たないケースが多いそうです。

        まあ、日本でも、この歌のようにお気楽サラリーマン生活とはいかなくなっているようで、なんとも世知辛い世の中であります。

        https://www.youtube.com/watch?v=l_iGAKOZq2k

        タイムレコーダーねぇ……社会人になったころにはまだあったな……

        1. より:

          注を書き忘れた……

          (*) 技能実習生とかいういかがわしい制度による(実習という名の)労働を除く

  6. 百十の王 より:

    日本のバブル崩壊前夜と同じと思えば納得できると思います。あの頃日本経済は無敵、Japan as number oneと大方の日本人は信じ込んでいましたからね。
    信じる者は足をすくわれる。先輩の口ぐせ。

  7. がみ より:

    大統領も安いし
    国民の歴史認識も安いし
    詐欺犯罪の刑期も安いし
    そもそも順法意識が安いし

    高いの韓国の全地価でオーストラリア全土が買えちゃう地価とかだけだな。

    この高地価を基に税収莫大に上がってるらしいけど、それを原資にベーシックインカムとかやったら修羅場だな。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。