次期政権の人事が進む一方、野党は枝野首相共闘拒否?

昨日の総裁選を制した自民党の岸田文雄総裁は、本日、党役員人事などの本格的な調整を進めているようです。すでに本日午前中から、「甘利明幹事長」、「萩生田光一官房長官」などの人事報道が相次いでいますが、岸田「首相」が多少頼りなくても、政権が少なくとも次期自民党総裁選まで3年間もつかどうかは人事次第、といったところでしょう。

「甘利明幹事長」、「萩生田光一官房長官」

昨日の自民党総裁選に続き、早くも「人事」です。

岸田文雄・自民党総裁が、党役員人事などの本格的な調整に入ったとし、「甘利明幹事長」、「萩生田光一幹事長」などの報道が相次いでいます。

岸田総裁、幹事長に甘利氏内定 官房長官に萩生田氏浮上

―――2021年9月30日 13:02付 日本経済新聞電子版より

甘利幹事長で最終調整 岸田氏、1日に党役員人事

―――2021年09月30日12時42分付 時事通信より

幹事長に甘利氏で最終調整、官房長官などには萩生田氏の起用取り沙汰

―――2021/09/30 07:42付 読売新聞オンラインより

(ほか多数)

日経など複数のメディアによると、岸田総裁は本日、党役員人事の本格的な調整に入り、甘利明税制調査会長を自民党幹事長に起用することが「固まった」のだそうです。

(※余談ですが、それにしても「固まった」とは、いつもながら、奇妙な表現です。この手の「~とする方針」、「~の方向で」、「~で最終調整」、「~が固まった」、という、主語が非常に曖昧な表現を平気で使うのが、日本の新聞・テレビなどのマスメディア、あるいは「オールドメディア」の悪いところだと思う次第です)。

甘利氏といえば、総裁選で岸田陣営の顧問を務めた人物でもありますし、また、安倍晋三総理大臣とも近いことで知られています。党役員人事の「要」としては、まずまずの無難な人選でしょう。

麻生総理は「政権のど真ん中で」岸田政権を支える

また、これらのメディアによると、「岸田内閣」の官房長官としては、萩生田光一文部科学相の起用が「取りざたされている」ほか、岸田氏と総裁選を戦った相手である河野太郎、高市早苗、野田聖子の各氏を巡っても、何らかの処遇を検討している、といった報道もあります。

さらに、岸田氏は本日午前、副総理兼財相で麻生派(志公会、53人)の会長でもある麻生太郎総理とも会談し、「党4役人事は今夜決める」などと伝えたのだそうであり、次の産経の記事によれば、麻生総理は志公会の会合でも岸田総裁を支援すると述べたとされています。

麻生氏「従来通り政権のど真ん中で」 岸田氏を支援

―――2021/9/30 14:08付 産経ニュースより

いずれにせよ、菅義偉総理大臣の辞任を来週月曜日に控え、この週末は、「岸田文雄内閣」の人事に関する報道が多くみられるのではないでしょうか。

個人的には、内外の諸課題に対処するうえでは、岸田「首相」が多少頼りなくても、党役員人事、内閣人事をきちんと固めれば、とりあえずは何とか乗り切れると考えています。

岸田「首相」が3年後の自民党総裁選まで勤め上げるのか、あるいは期待以上の活躍をし、2期目を迎えるのか、それとも「ポスト岸田」が出現し、自民党総裁選で再び政策論争が盛り上がるのか、はたまた「安倍総理再々登板」が実現するのかはわかりません。

それを占ううえでも、党役員人事や内閣人事には注目する価値がありそうです。

早くも「内ゲバ」?立憲民主党vs国民民主党

その一方で、個人的にもうひとつ興味深い話題があるとすれば、国民民主党が来週の臨時国会の首班指名選挙で、「枝野幸男首相」への投票を拒否すると伝えられていることでしょう。

国民、枝野氏への投票拒否 首相指名選挙

―――2021/9/30 10:04付 産経ニュースより

産経ニュースによると、立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一両代表は30日、国会内で会談し、枝野氏が首班指名選挙で自身への投票を要求したのに対し、玉木氏がこれを拒否。国民民主党は玉木氏に投票する「方向で調整に入った」、としています(時事通信にも同様の報道あり)。

もちろん、今回玉木氏が「拒否する」と述べたのは枝野氏への投票であり、選挙協力を取りやめる、といった話ではなさそうです。

ただ、産経ニュースの記事でも指摘されているとおり、昨年9月の首班指名選挙では、共産党、国民民主党、社民党、れいわ新選組の各党が、首班指名選挙で枝野氏に投票していましたので、この1年間で立憲民主党が国民民主党との良好な関係を築くのに失敗したという可能性は十分にあります。

立憲民主党といえば、菅総理の続投を前提に「選挙の準備をしていた」ことを平野博文選対委員長が認めていますが(『菅総理続投というシナリオが狂って大慌ての立憲民主党』等参照)、「小学生が夏休みの最終日に慌ててやった宿題」のような政権公約も、その混乱の象徴なのかもしれません。

いずれにせよ、こうした話題を眺めていると、自民党総裁選を「コロナの最中にコップの中の権力闘争」などと批判していた人たちが、事実上の「選挙互助会」と化した野党の選挙協力を、「コップの中の権力闘争」などと批判しないのか、少し気になったりもする今日この頃です。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    今年の7月に、こんな報道がありました。

    衆院山口3区、自民真っ二つ 岸田派VS.二階派、全面対決の構図 林元文科相、くら替え出馬表明” (朝日新聞 2021年7月16日 5時00分)
    有料記事ですが、朝日新聞なんてカネを払ってまで読む価値はないでしょう。
    大事なのは一点だけ。

    3区現職で自民党二階派の河村建夫元官房長官

    岸田新総裁の下、一階と三階の間で蠢いていた妖怪は幹事長ポストを失い、山口3区でも、林元文科相が衆議院議員候補として公認されるでしょう。

    親中派の二階氏が力を失い、日韓議連の河村氏が公認からはずれる。
    議連の弱体化は必至。
    なんと素晴らしいことでしょう。

    このまま、二階・河村両氏と日韓議連には、消えて欲しいものです。

    1. 酔狂 より:

       衆議院選挙の前に二階氏を幹事長職から外す事が出来た。
       この1点だけでも今回の総裁選は悪くない結果だと思います。

    2. 匿名 より:

      河村氏も結構ご高齢でしたよね。調べてみると78歳だとか。
      この年齢ですと自民党のルールでは重複立候補も含めて比例で出馬することはできなかったはずですので小選挙区で敗れた時点で引退の流れになるでしょう。

  2. sey g より:

    与党に文句だけいい、与党になる事から逃げる野党第一党の立憲民主党の姿に何か既視感があるなぁと思ったら、
    世間に恨み言を言って、働く事から逃げて親の金で生活するニートの生態によく似ています。
    立憲民主党改め立件ニー党と改名する事をオススメしたい。

    1. チキンサラダ より:

      仰るとおりです。
      元左翼の私が左翼を嫌になったのも、その寄生虫的構造に気づいたからです。
      親の金で生かしてもらってる子供が親や世間相手に悪態をつく、まさにそれと同じ構造です。

      1. sey g より:

        チキンサラダ様

        共感ありがとうございます。
        元左翼やったんですね。
        コメントではわかりませんでした。
        自分は小5の時の担任がガチ左翼で、天皇陛下を税金泥棒と罵ったり、日本は中国朝鮮に酷い事をしたとか言ってました。
        先生は好きでしたが、言うてる事は真に受けませんでしたし、オカシイと思ってました。

  3. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    二階派と河野派は次の選挙では全員落選しそう

    1. HNどうしよう より:

      >二階派と河野派は次の選挙では全員落選しそう

      河野派なんて自民党にはありません。
      河野さんは麻生派です。
      総裁選立候補時点で麻生さんに
      見捨てられてましたけど・・・・

      二階派はもんのすごい寄せ集め集団なので
      自力で生き残れる人は相当数居るでしょう。

      総選挙後も二階さんを派閥の御輿として
      担ぐかどうかは別として・・・・

  4. 元ジェネラリスト より:

    河野太郎氏は「広報本部委員長」とNHKが流していました。
    格下げですね。
    「いい人」人事の心配をしていましたが大丈夫そうですね。ポストは大事に使うようです。

    高市氏は政調会長。
    野田氏は触れてなかったので入閣でしょう。少子化担当相あたりでしょうかね。

    昨日でしたか、立憲と国民が党首会談やると流れてたんですよね。
    立憲は共産といっしょになって、国民の選挙区潰しをやってましたので、なんでもいいので合意ができなければ、晴れて国民潰しに邁進するのではと思っていました。
    そこで今日流れているこのニュース。

    玉木氏としては拒否するしか無い要求を突きつけて、「野党連携を拒否した」くらいのことを言いそうです。(笑)
    くだらない話でした。

    1. 元ジェネラリスト より:

      広報本部委員長ではなく、広報本部長です。
      委員会じゃないのに。

    2. まんなっか より:

      河野氏は党務をあまりしていなかったようなので、メディア相手に揉まれて雑巾がけして修行しろとの温情でしょう。前回岸田総裁が総裁選で負けた時は無役でしたから恵まれています。
      麻生氏が副総裁になるとの事で、官僚を抑えるために隠居させてもらえない模様…

      立憲国民の会談は別にその政党間はどうでも良くて、連合内部の軋みが露出してるってことです。
      官公庁系と民間系の対立が抜き差しならぬ所まで来てる影響ではないかと。

      1. 元ジェネラリスト より:

        河野氏は安倍政権以前にあまり仕事に恵まれてないんですよね。
        地道な仕事ができるのかどうか未知数なままなんで、いい機会じゃないかと思います。

        河野国対委員長を見たかったのですが、着地点がちょっとズレたようです。

        >官公庁系と民間系の対立が抜き差しならぬ所まで来てる影響ではないかと。

        労働界はあまり関心がなくてチェックしていないんですが、官公労と民間労組の代理戦争にまで事態が進んでいるってことでなのでしょうか?
        戦う場所を間違ってるようにも思いますが、それが表面化するのは歓迎すべきことかとは思います。

    3. 匿名 より:

      河野さんは目立つことが主目的で中身はイマイチというイメージだから、広報本部長ってちょうどいいんじゃないのかな。お得意のTwitter駆使して。

      1. 元ジェネラリスト より:

        そう思います。一概に格下げとは言えない面ですよね。

        広報は他の役職と比べても、相対の調整相手が最も少ない気がします。
        河野氏の不得手な部分(当社比)の影響も少ないでしょうから、実力評価の場としてもリスクが少なくてよいかもしれません。

  5. 伊江太 より:

    立憲民主党 枝野幸男代表
    「自民党は変わらない、自民党は変われない、ということを示した新総裁の選出だ。」
    共産党 志位和夫委員長
    「党の表紙だけ変えても、中身は変わらないということを指摘しておきたい」
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4370951.html

    「昔の名前出ています」という人ばかりで、それ言う?(笑)。

    1. 伊江太 より:

      「昔の名前で」の「で」が抜けておりました。

      ある程度以上の年齢の方でないと、このフレーズ、ご存じないでしょうね。

    2. 結果良ければ より:

      レッテル貼りする人間は「他人のことを一般化する代わりに自分が一般化されることを嫌う」ことを典型的に示しています。認知機能が低下し、思考停止に陥っている可能性も高いでしょう。

    3. 簿記3級 より:

      まだ新店舗のラーメン🍜も出されていないのに早速、不味いですか。もはやエスパーですね。

      ついでに不気味なリベラルの香りのするラーメンより、派閥と密室で作られた古臭いラーメンの方がまだましです。というか味で戦って下さい、まず食べなさいですね。

      1. 門外漢 より:

        ラーメン屋に向かって、アルデンテで無いからダメだ、と言ってますよww

    4. 匿名 より:

      変えることが目的てはなく何を変えるかが重要だ、継続しなければいけないものもある。
      と、誰かが言ってました。
      そういえば、何回も名前をだけを変え、人も中身も変わらない政党も有りましたね。

  6. 引きこもり中年 より:

     素人の素朴な考えですが、民主党から喧嘩分かれした立憲民主党と国民民主党が協力するより、国民民主党が自民党と協力する方が心理的な抵抗は少ないのではないでしょうか。(もちろん、そのためには大義名分が必要になります)

    1. 裏縦貫線 より:

      民間企業の組合員は、労組の推す政党と候補者にどの程度期待をもっているのでしょう。組合員がついて来なければ労組は支持政党を変更するでしょうし、それが嫌なら政党のほうが変わらざるを得ません。自民党と協力とまでは行かなくても、政策は是々非々で判断する位にはなるだろうと、少しだけ期待しています。
      総評と同盟の時代が再来するのか、それとも官公庁労組vsそれ以外の人々に分かれるのか…..

  7. とある福岡市民 より:

    枝野にノーを!
    NO! 枝NO!

  8. イーシャ より:

    高市政調会長には、新しいものを作る前に、有害無益なものを潰す政策提言をして欲しいですね。
    日本学術会議とか。
    NHKとか。
    韓国とか。

  9. カズ より:

    例えば維新と国民が連携し「共と民主連合」以外の勢力が野党第一党となれば、改憲に向けての自野共闘が実現できなくもないのかな?・・って思ってます。

    *維新・国民で選挙に先立っての “改憲会見” とか・・。
    m(_ _)m

    1. だんな より:

      カズさま
      玉木氏が、嫌いな立民、共産と手を切って、維新と連携すれば良いとは、随分と前に思いましたが、なんか有るんでしょう。

      1. 門外漢 より:

        だんな 様
        国民は立民よりは右とは言うものの、(総体としての)自民よりは左でしょう。
        維新は自民よりも右だと思います。
        なので自民を飛ばして両側がくっつくのは考えにくいですね。離れすぎ。
        維新も青巒会辺りとなら組めるんでしょうが、今の自民右派は高市で補強されましたから、簡単に割れない。
        左側は河野にかき回されたので、割れるとこまで行かなくても不満分子が飛び出す可能性は有ると思います。
        と言って、石破が玉木と一緒になるかと言うと、玉木も困るでしょうし・・・

      2. カズ より:

        だんな 様
        玉木氏は、憲法改正に向けた論点整理の一案として、「9条2項を改定し、制約された自衛権行使の範囲内での実力行使、自衛隊の保持を明記する」と発表するくらいですから安保改憲には前向きなんですよね。

        ワンイシューにおいてのみでも維新との連携で野党第一勢力を獲得し、「是々非々の健全な国会審議」を取り戻して欲しい気持ちでいっぱいです。

        *国会審議破壊団体「なんでも反対! 共と民主連合」の廃退を望みます・・。

  10. 宇宙戦士バルディオス より:

    >事実上の「選挙互助会」と化した野党の選挙協力
     レムシャイド伯ヨッフェン率いる「銀河帝国正統政府」を連想せざるを得ません。

  11. がみ より:

    なんか、駐韓イラン大使を騙してドル巻き上げてたらその人がイラン外務大臣になっちゃうし、日韓合意のお膳立てした際に老人の副大統領扱いしてコケにしてたバイデンが大統領になっちゃって日韓合意履行する気あるのか問われてるし、同じく日韓合意で相手国の外相をシカトしてたら内閣総理大臣になっちゃうし…

    逆目引きの国って、自己破壊力凄いんだな。

    1. イジワルばあさん より:

      がみ さま
      なるほど。ネット界隈では「K国が味方につくと必ず負ける」というKの法則なるものがよく言われてますが、このお三方はK国から見下されたり、コケにされたり、シカトされたりでK国が味方をしなかったことが勝因なのですね。当に「Kの法則」どおりです。www

  12. 匿名 より:

    石破さんの「党員票が軽視され過ぎ」みたいな恨み節のインタビューが流れてて、あーまたTVのネガキャンかってうんざりのところ、「金でなれる党員票より日本国民の選挙で選ばれた議員の一票のほうが当然重いだろ」ってネットのツッコミにすごく納得してしまった。

    1. 門外漢 より:

      ネット民を馬鹿にしちゃあ行けませんね。
      一人1万円そこそこの金を出せば投票権が貰えるんですから、党員票優先なら中国が自民党総裁をかっさらっていきますよww

    2. 匿名 より:

      >石破さんの「党員票が軽視され過ぎ」みたいな恨み節

      これが女性なら。ガラスの天井とか性差別を言い訳にするのでしょうね、その点、高市女史は潔い。
      石破氏はお○なの腐った奴です。

  13. ミネソタの減量中 より:

    主語が曖昧というのは全く正当な指摘だと思います。ケースの数から言っても遥かに低級な英語を使う連中にコケにされる理由のひとつは、英訳されると馬鹿みたいな文面になるというところにあるのだと思いますし、文筆で食ってる連中はちゃんとした日本語を書けという要請は余談で片付けないように願いたいところです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。