三菱重工資産に「初の」売却命令

商標権を競売したとして、誰がいくらで買ってどう使うんだろうか…

またもや、「売却スルスル詐欺」です。何のことかといえば、三菱重工の知的財産権の売却命令が出た、という報道のことです。三菱重工側は即時抗告するようですが、ただ、正直、本件については「やれるものならやってみてほしい」という気がしてなりません。いずれにせよ、おそらく自称元徴用工側は越えてはならない一線の向こう側で「売却スルスル詐欺」という茶番を繰り広げるのだと思います。

自称元徴用工問題:なぜ金銭債権を差し押さえないのか?

自称元徴用工問題、すなわち「戦時中、強制徴用された」などと自称する者たちが日本企業を訴えている問題の中核をなしているのが、2018年10月と11月に韓国の最高裁に相当する「大法院」が下した一連の判決です。

この判決自体、日韓請求権協定に違反するだけでなく、韓国による戦後秩序に対する挑戦である、という見方も成り立ちますが、それだけではありません。

なにより驚くのは、韓国政府が「三権分立」を理由にこの問題を放置し続けて来たこと、日本政府が2019年1月以降、日韓請求権協定に従って協議や国際仲裁手続への付託を申し入れたにも関わらず、韓国政府がそれらのすべての手続を無視したことです。

つまり、自称元徴用工問題は、大法院による判決が違法であるという点に加え、その後の韓国政府の対応も違法であるという意味で、韓国による「二重の違法状態」が発生しているのです。

その意味では、自称元徴用工問題に関しては、もはや韓国が無法国家であると断言して良いでしょう。

ただ、それと同時に非常に不思議なことがあるとしたら、韓国側で依然として損害賠償が強制執行されないことです。

(国際法違反であるとはいえ)確定判決が出たわけですから、韓国の国内法的には、自称元徴用工ら原告側はいつでも被告企業の在韓資産を差押え、強制売却してしまえば良いはず。

三菱重工にせよ、日本製鉄にせよ、韓国企業と取引はしているのですから、一番良いのはその売掛債権を差し押さえてしまうことです。あるいは、日本製鉄の場合は韓国国内に合弁会社を持っているわけですから、その合弁会社から日本製鉄に対する配当金の支払がなされる場合に、その配当金を差し押さえても良いでしょう。

それなのに、判決からもうすぐ3年が経過するというのに、依然としてその強制執行が行われません。

これについて、どう考えれば良いでしょうか。

わざと売却できない資産を選んでいる

じつのところ、以前から当ウェブサイトでは、自称元徴用工判決問題を巡っては、「どうせ資産の売却は行われないだろう」と「予言」し続けて来ました。

というのも、韓国側で差し押さえられている資産は、非上場株式(※合弁会社株式)であったり、知的財産権(商標権や特許権)であったりと、ちょっと簡単には売却できないような代物ばかりだからです。

以前の『個人的実体験に基づく「自称元徴用工訴訟の不自然さ」』でも指摘しましたが、もしも本気で、原告側が損害賠償を受けようと思うならば、もっと売却しやすい資産を差し押さえれば良いのに、どうも韓国側では「わざと」売却できない資産ばかりを選んで差し押さえているように見受けられるのです。

こうしたなか、本日は韓国メディア『聯合ニュース』、『中央日報』(どちらも日本語版)に、こんな報道が出ていました。

三菱重工資産 初の売却命令=韓国地裁

―――2021.09.27 22:52付 聯合ニュース日本語版より

韓国裁判所、差し押さえた三菱の韓国内商標と特許権に初の売却命令

―――2021.09.28 06:41付 中央日報日本語版より

これらの報道によると、韓国の大田(だいでん)地裁が三菱重工の商標権と特許権の売却命令を出したことを、27日に「法曹関係者が明らかにした」のだそうです(ちなみに中央日報の記事では、三菱重工のことを「戦犯企業」という極めて不適切な用語で侮辱しています)。

中央日報によれば、今回の手続は「裁判所が三菱重工の資産に対する売却を許可したもの」であり、「債権者(=自称元徴用工側)が要請すれば売却手続を踏むことができるようになった」としていますが、それと同時に、三菱重工側は即時抗告する方針なのだとか。

「さまざまな方法があるだろう」?それを教えて下さいよ!

さて。

商標権と特許権、いったいどうやって、誰に対して売却するつもりなのでしょうか。

いちおう、中央日報の記事を見ると、自称元徴用工側の弁護人は、こんなことを述べているそうです。

商標権と特許権に対する鑑定評価を基に価格を算定した後、競売にかけるなどさまざま方法があるだろう」。

「さまざまな方法がある」。

その具体的な「さまざまな方法」とやらを、是非とも教えていただきたいものです。

今回の売却命令の対象資産、金銭債権でも上場株式でも不動産でもありません。そもそも市場自体が存在しない「知的財産権」です。

特許使用料という形でキャッシュ・フローを生む可能性のある特許権なら、まだわからないではありません。しかし、商標権に関しては、いったいどうやって換金するつもりなのでしょうか。はたして、誰がいくらで買うのでしょうか、そして、買った人は、そんなものを買ってどうするのでしょうか。

商標権が売却されてしまうと、三菱重工にとってはその商標を韓国国内で使えなくなりますが、べつに韓国国外で使えなくなるわけではありませんので(著者私見)、三菱重工にとっては何も実害がありません。

それよりも、日本政府としては韓国に対する何らかの制裁を発動する理由が生じる、ということでもあるのです。

おそらく自称元徴用工側は、「越えてはならない一線」の向こうで日本を挑発するために延々踊り続けるのでしょう。

とりあえずは、勝手に躍らせておけば良いのではないでしょうか。

韓国への「間接的制裁」は徐々に進む

さて、韓国を見ていて痛感するのは、政府、社会を挙げた無責任さです。

「自分で勝手に問題を作り出しておいて放置する」、「日本の問題解決の呼びかけに誠実に対応しない」…。

日本がそのような国と、果たして良好な関係を築き上げていくことができるのかどうかは大変に疑問でもあります。

ただ、それと同時に、現在の日本にとって、「腹が立つから韓国と断交だ」、というわけにはいきません。

産業面ではサプライチェーンで日韓両国は深く結びついていますし、安保面では(実態はともかくとして)日米韓3ヵ国連携は依然として日米両国にとって重要です。

おそらく日本政府としては、韓国が国際法を守る方向に舵を切るか(あるいは舵を切らないか)については見守っているのだと思いますが、それと同時に、こうした違法状態が放置されている限りにおいては、日韓の新たな協力が進むこともありません。

その意味で、自称元徴用工問題の「売却スルスル詐欺」という茶番劇が繰り広げられるのを放置し、その間に日本が「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」実現やTPP拡大に向けて着々と布石を打つこと自体、間接的には韓国に対する制裁にもなり得るのかもしれませんね。

読者コメント一覧

  1. 閑居小人 より:

    とうとう売却命令が出ましたね。総裁選の隙をついてきたな。
    でもこれを買うところがあるのかな。
    日韓関係の破綻に向けてまっしぐらです。
    麻生副総理が100程あると言っていた報復措置を待ち侘びていたので早く見たいですが、まだ地裁判決。
    最高裁確定までどのくらいの時間がかかるのか分かりませんが日韓関係破綻を楽心配しながら注視していきたいです。

    1. 匿名 より:

      韓国人といえば
      アイドルの誕生日ごときに莫大な広告費を使う忠誠心の高い人達が多いです
      愛国心の高い市民団体とか、目立ちたがりの社長さんあたりなら
      買いそうな気がします。

      1. 閑居小人 より:

        匿名さま

        >愛国心の高い市民団体とか、目立ちたがりの社長さんあたりなら
        買いそうな気がします。

        サムスンの社長をまた収監するぞと脅して買わせたりして…これはないですよね。

        1. 匿名 より:

          中国人も買いますよ。
          だって、買われて一番困るのは韓国政府です。(※日本がちゃんと制裁する前提です)
          韓国政府はとんでもない高値で買い戻しするか、
          日韓関係を破綻させて中国側につくかのどちらかになるからです

          1. 門外漢 より:

              様
            なかなかのお見立てです。

  2. だんな より:

    >債権者(被害者側)が要請すれば売却手続きを踏むことができるようになったもの

    日本と交渉する際に、原告は高齢化していて、一刻の猶予も無いそうですから、すぐに売却手続きに入らなければ、おかしな話になります。

    早くチャーハンが、食べたいニダ。

    1. だんな より:

      追記です。
      売却手続きに進むと、以前話の出た「ポスコが買う」話が、再燃するんじゃないかな。

  3. 元一般市民 より:

    素朴な疑問として、特許や意匠の権利を維持するためには、毎年、維持費(登録料)を支払う必要がありますが、三菱重工は差し押さえられた奴の維持費を払い続けているのでしょうかね?

    韓国内での商売から撤退しており、特許や意匠のロイヤリティも無いのであれば、権利を維持する必要も無いと思うのですが、どうなのでしょう?

    因みに維持費用は、年と共に上がっていきますので、使っていない特許や意匠の権利維持など、真っ先に経費削減の対象となるはずですが・・・是非、知りたいなぁ。

  4. 伊江太 より:

    「戦犯企業」のロゴマークが入ったバッタモン商品(鉛筆、ボールペンはダメよ)を、
    商標権を手に入れた韓国企業がつくって、そいつを国内で売りさばいたら、
    結構ありがたがって、国民が買いまくる。

    なんて光景が現出するなら、
    こりゃ、なんだかシュールですね(笑)。

    1. 頓珍韓 より:

      伊江太様

      海外に転売するんじゃないでしょうかね。

      1. 仙台のパオ より:

        特許や商標は三菱重工が買い取ってくれると思っているのかな。

      2. 迷王星 より:

        海外に転売しようとしても買い手がつかないと思いますが.

        何故なら韓国外では三菱重工業の商標権や特許権が有効なので,韓国内でのみ有効な商標権や特許権を買っても韓国外では文字通り1セントの利益も得られないからです.

        また韓国内でそれらを使った製品を製造し海外に輸出しようとしても,輸出先の国々で三菱重工が「知的所有権の侵害」として輸入差し止めの訴訟を起こせば,少なくとも輸出先の国がWTO加盟国であれば韓国側に勝ち目はありません.

        1. 頓珍韓 より:

          迷王星様

          すみません。。。
          バッタモン商品を海外へ、ってことで書いてました。

          ご指摘の通りだと思います。
          となると、国内で使うしか使い道はないかぁ。。。
          でも、

          商標を韓国企業が購入

          バッタモンが国内に流通

          日帝残滓で取り締まり(意味不明)

          誰得か、よくわかんないですw

          マーケットが無いってお話ですからね。
          現金化、何とかできないものでしょうかねぇ。
          目の前を飛ぶ小さな虫で本当に、ウザッタイ。

    2. 裏縦貫線 より:

      「乗せられた」という四輪車のエンブレムに商標をはめ込み合成して『これが証拠写真だ』とか、下品下劣破廉恥極まりない商品に商標を付けて当該国内で売り出し全世界に映像を流すとか、”活用”案は色々あるのではと危惧しています。

  5. 引きこもり中年 より:

     (素人の予感ですが)明日の自民党総裁選を前に、この韓国の売却命令と北朝鮮の飛翔体発射が、迷っている議員票の背中を押すことも、あるのではないでしょうか。

  6. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    戦犯企業が韓国企業に物を売ったら売掛金を差し押さえられるから
    日本企業は韓国企業には物を売れなくなる

  7. ホワイト国 より:

     いよいよ日本企業に『実害』が発生することになります。タイミング的に、日本の
    総裁選または選挙あたりを『狙った』のでしょうか。
     総裁選や衆院選にぶつけてきたことから、日本国民は、ますます韓国への反発を
    強めて、高市さんが有利になればよいなと思っています。河野さんだと、ちゃんと
    韓国側に制裁・対抗措置をしてくれるのか心配です。

     それにしても、もし中国人がこの差し押さえられ商標権を買ったら日本以外の国で
    大っぴらにこの商標を掲げて商売するんでしょうね。その時は、三菱側に商売上
    かなりの被害がでます。そういった被害に対する損害賠償を請求するつもりである
    ことを、発信するべきではないでしょうか?

     

  8. 福岡在住者 より:

    時事通信の記事
    資産売却命令で韓国に抗議 茂木外相「極めて遺憾」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d6dffca674353706e560c4e4c55f35d5f0e696f

    韓国政府に抗議したことを明らかにしたそうですが、少し前だと駐日大使を呼び出し抗議していたと思いますが、姜昌一氏に代わってからはこの部署を完全スルーしている気がします。

    ちなみに、駐日韓国大使館のHP
    https://overseas.mofa.go.kr/jp-ja/index.do
    以前と違い、姜昌一大使が日本政府の要人や財界の要人と面談したという記事が全く無いのです。 ここから見ても両国は健全な方向に向かっているのかもしれませんね。 

  9. 匿名 より:

    >もしも本気で、原告側が損害賠償を受けようと思うならば、もっと売却しやすい資産を差し押さえれば良いのに、どうも韓国側では「わざと」売却できない資産ばかりを選んで差し押さえているように見受けられるのです。

    日本企業に判決を従わせることが目的だからでしょう、そしてのそのことを日本政府に追認(何もしない事)させること。
    そのことは大法院の違法な判決がマスターベーションでなくなることを意味し、第二の慰安婦ビジネスが誕生する、、、と思ってるのでしょう。

  10. j より:

    やっぱり、中国、北朝鮮と一緒になって、「戦線布告」という長年の夢を、ウソを根拠にして実現しようとしているんだと感じました。

    ワンピースでいうなら、シーザーです。
    「人間の○○。」

  11. ひろた より:

    すみません。一般的な商標権に関する考えです。
    一般的には商標権は特許と同じで土地のように売買可能であると習います。
    価値のある土地は高額で売れ、価値がない土地には値段がつきません。商標権者が使用者に対価を受け取り使用許可を与えるというライセンス契約も可能です。
    ブランドを譲渡する場合にはよくある話で例えば、米フォードはインドの自動車会社にランドローバーとジャガーの商標権を約20億円で売却していますしパナソニックはSanyoの商標権の使用許可をハイアールに与えています。
    今回の場合はさらに混乱を巻き起こし実質的には不可能だと思いますが三菱に買い戻させるつもりか政府に買ってもらうつもりではないでしょうか。
    また、商標権は国ごとに申請しますので韓国内のみの出来事であると思います。
    世界知的所有権機関WIPOが国際事務局となりマドリッド協定に基づく国際登録がありますがこれは多国への一括申請、更新を可能にしたものです。

  12. めがねのおやじ より:

    (新宿会計士注:このコメントは個人情報、名誉毀損、性的、わいせつ、低俗、公序良俗違反その他の事情に相当すると判断したため、削除しました。)

  13. コ・ウン より:

    >商標権を競売したとして、誰がいくらで買ってどう使うんだろうか

    原則的には競売での商標権の買主が三菱重工のロゴを印刷したトイレットペーパーを韓国内で量産して韓国内で販売する事が出来ると思います。 結構韓国でウケるかも。

    1. 裏縦貫線 より:

      コ・ウン 様

      >> ロゴを印刷したトイレットペーパーを

      当該トイレットペーパーをマウンドに敷いて、その上で踏ん張って….、を想像しました。生中継では見たくないなぁ…録画でも嫌ですが。

    2. タナカ珈琲 より:

      コ・ウン 様。

      ⁇⁇⁇と、思ってしまいました。少しデスが考えました。
      ハンネの事です。

      本文は横に置いときまして、ハンドルネームに、
      お座布団を進呈します。

      1. より:

        え?万年ノーベル賞候補(と韓国人が言い張っている)の詩人の名前じゃないんですか?

    3. より:

      > 三菱重工のロゴを印刷したトイレットペーパー

      その場合、スリーダイヤだけを使うことはできず、「三菱重工」あるいは「MHI」の文字まで入れる必要があります。三菱商事、三菱電機、三菱自動車などもロゴとしてスリーダイヤを使っていますし、なんだったら三菱鉛筆だってスリーダイヤを使っています。
      今回差し押さえたのは、あくまでも三菱重工の商標権ですから、三菱重工であることを明記せず、単にスリーダイヤだけを使用しようとすると、他社の商標権に対する侵害となる惧れがあります(少なくとも、三菱鉛筆の商標権は確実に侵害します)。

      まあ、漢字で「三菱重工」と入れても、どうせ韓国人は読めないので、OKなのかもしれませんが。

  14. 大阪のおっさん より:

    三菱重工の取引先や子会社が買って、三菱重工に譲渡すると一件落着。
    で、三菱重工に損害は出ていないと言い張る

    と予想してみました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。