対立が解消しないままで「自然消滅」に向かう日韓関係

※追記あり(2021/08/06 11:55)

『中央日報』などの韓国メディアの報道によると、次期韓国大統領選の有力候補者のひとりである尹錫悦(いん・しゃくえつ)氏が4日、「福島原発からの放射能の流出はなかった」と発言して批判されているそうです。また、韓国が不法占拠中の島根県竹島の「リアルタイム中継」を始めたという話題の一方、北朝鮮に恫喝されて国会議員74人が米韓合同演習の延期を促す共同声明を出した、という話題もあります。もちろん、韓国の将来は彼ら自身の選択ですが、日本にとっては彼らの選択にお付き合いする義理はありません。

2021/08/06 11:55付 追記

本稿の末尾に「追記」があります。

韓国の立場で考える「国益」

大昔は「日韓友好論者」でした

こんなウェブサイトを運営しておきながらアレですが、著者自身、大昔は「日韓友好論者」でした。

日本と韓国は海を隔てて隣り合う国同士であり、古代から往来も多く、また、漢字という共通の基盤を持ち、文化的にも非常に近い、と考えていたからです。

また、大学生になり、政治学・地政学などを学ぶにつれ、朝鮮半島が日本にとても近い場所にあり、「平和憲法で軍備を禁じられている日本」(※)が戦争を防ぎ、世界平和を達成するためには、韓国との友好関係は必須であり、できることならば北朝鮮とも国交を開くべきである、とすら考えていたのです。

(※この「日本は平和憲法で軍備を禁じられている」とする記述については、あくまでも「著者自身の若いころの考え方」ですので、読み流してくださると幸いです。)

もちろん、その後の人生においてさまざまな経験を積み、「自分自身で情報を集めて考察する」という事に慣れて来ると、一部のメディアが喧伝する「日韓友好」、「平和憲法死守」などの考え方の綻(ほころ)びが見えてくるものです。

(※ついでに余談ですが、「日本の大学教育は実社会でほとんど役に立たない」という著者自身の持論は、ほかでもない、こうした自分自身の経験にも裏打ちされたものでもあるのですが、この点については機会があれば別稿にて議論したいと思います。)

もしも私たちが韓国人だったら?

ただ、ここで少しだけ思考実験をしてみたいと思います。

古今東西、ありとあらゆる国に共通している特徴があるとすれば、まともに国として成立するためには平和と繁栄(俗な言い方をすれば「安全と食べ物」)が必要である、という点でしょう。

したがって、「どうやれば安全に暮らしていけるか」、「どうやれば豊かに暮らしていけるか」を考えていくのが筋です。

そして、これも著者自身の持論ですが、安全も繁栄も、タダでは手に入りません。

あくまでも一般論に基づけば、国が豊かになるためには、国民のひとりひとりが「ウソをつかない」、「ルールを守る」、「困っている人を助ける」、「努力する」などの基本的な態度を身に着けなければなりませんし、外敵に対しては、ときとして、敢然と武器を取って戦うことも必要です。

もっといえば、ごく近い将来、自分たちの国を侵略する可能性がある国を認識し、その国の脅威を低下させるために全力を尽くすことであり、適切な財政・金融政策の組み合わせにより国内経済を振興し、価値を共有する友邦を全世界に作り、貿易や投資によりお互いに豊かになるよう努力することです。

このように考えていくと、国が国として成り立ち、安全を守りながら発展していくための条件は、基本的には同じではないかと思うのです。

そこで、もしも私たちが日本人ではなく、韓国人だったと仮定しましょう。

私たちが韓国という国を「安全で豊かな国」にするためには、どうすれば良いでしょうか。

まず、「現在、あるいはごく近い将来において、自分たちの国の独立や安全に最も大きな脅威を与え得る存在」は、間違いなく北朝鮮であり、潜在的には中国もそうでしょう。

ということは、まずは北朝鮮問題を何とかすることに全力を尽くすのが韓国としての筋の通し方であるはずです。

経済発展を遂げた韓国、課題は北朝鮮と中国

この点、非常に幸いなことに、韓国は一貫して経済発展を続け、いまや「半導体王国」、「電子デバイス王国」としての地位を築き上げました。1人あたり名目GDP水準では日本ともさして変わりません。

ただ、その競争力を維持するのであれば、すぐ隣の先進国である日本、軍事同盟の相手国でもある米国と、確たる友好関係を築き上げ、維持して行かねばなりません。とくに日本との間では、「ともに手を取り合い、未来に向かって発展していく」という姿勢が大切です。

つまり、日米とタッグを組みながら、北朝鮮や中国に対しては毅然とした強い態度で臨む、というのが、韓国が「平和で豊かな国」を作っていくための最低限の条件、というわけです。

さらにいえば、旧西ドイツや旧北ベトナムの例にあるとおり、分断国家が相手方を吸収することは、一般に国際社会から歓迎されます。

もしも韓国が自国の強い意思に基づき、北朝鮮を平和統合するとなれば、中国やロシアは決して良い顔をしないかもしれませんが、国際社会は韓国のその「強い意思」を尊重するでしょう。

それに、北朝鮮という存在は日本にとっても脅威ですから、日本人拉致事件を完全解決したうえで北朝鮮という存在を除去するとコミットすれば、日本としても反対する理由もありませんし、それどころか、全面的に協力してくれるでしょう。

少なくとも、韓国が北朝鮮の犯した日本人拉致事件などの犯罪を、「統一大韓民国」としての責任に基づいてすべて解決し、核・ミサイル・生物化学兵器などの大量破壊兵器についても完全かつ検証可能な形で破棄すると約束すれば、日本としても、喜んで統一費用・復興費用の一部を分担するはずです。

現実の韓国はどうなのか?

韓国は自国の平和と繁栄のために努力していますか?

では、現実の韓国は、「自国の平和と繁栄のため」に、どれだけの努力をしているというのでしょうか。

正直、「日韓友好」などの考え方を度外視し、「韓国の国益」という観点だけで見てみるならば、現在の韓国の行動は理解不能です。本日の話題でいえば、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載された次の記事などが、その典型例でしょう。

金与正副部長の一言に韓国の汎与党国会議員74人が動いた

―――2021.08.06 08:48付 中央日報日本語版より

中央日報によると、北朝鮮の独裁者である金正恩(きん・しょうおん)の実妹である金与正(きん・よしょう)の「圧迫」をうけ、韓国の国会議員74人が今月開催予定の米韓合同演習の延期を促す共同声明を発信した、というのです。

韓国は民主主義国であり、かつ、国会の定数は300人ですから、なかには「敵と味方をちゃんと識別することすらできない」という議員が数人くらい混じっていても仕方がない話です(実際、日本にも日本共産党や立憲民主党のような政党が存在し、国会に議席を持っています)。

しかし、さすがに「74人」という人数には、驚きました。

自国にとって最も大きな脅威を与えている北朝鮮や中国などのさまざまな不法行為に沈黙し、さらにあろうことか、その北朝鮮の理不尽な要求に唯々諾々と従おうという国会議員が、定数の20%以上を占めているというのですから。

そして、その「自国にとって最も大きな脅威を与えている存在」を無視したままで、自国にとって最も脅威を与えない日本という国との争いを自ら欲するというのは、政治的・経済的合理性の観点からすれば、どう考えても正当化できません。

その挑発行為、必要ですか?

しかも、韓国は現在進行形で、日本に対する挑発を続けています。もうひとつ、中央日報から最新記事を紹介しておきましょう。

韓国の独島リアルタイム映像配信に日本が遺憾伝達

―――2021.08.06 10:02付 中央日報日本語版より

記事タイトルにある「独島(どくしま)」とは、韓国が不法占拠している島根県竹島の誤りですが、中央日報によれば、韓国海洋水産部がこの竹島のリアルタイム映像を公開したことに日本政府が遺憾の意を伝えた、などとしています。

はたして、日本に対するこの挑発行為、韓国の「国としての」平和と発展のために、どう貢献しているというのでしょうか。

むしろ東京五輪という「平和の祭典」の最中に、竹島をめぐる話題が日本でも大きく取り上げられれば、普段は日韓関係に興味がないような一般の日本国民の間ですら、韓国に対する反発が広まるのは避けられないと思うのですが…。

この点、歴史認識自体は主観的なものであり、国によりさまざまな認識を持つのも自由ですが、そうした歴史認識が、本来ならば韓国にとって、軍事面でも経済面でも、最も恩恵をもたらしてくれる相手国である日本との協力を阻害するものであってはなりません。

ましてや、日本を含めた国際社会は、「ウソをつくこと」、「約束を破ること」を極端に嫌います。

(ちなみに「ウソをつかない」「ルールを守る」「出来る範囲で他人を助ける」「努力する」などの態度を身に着けた個人が社会的に成功するというのは、日本だけではなく、基本的には古今東西共通して見られる現象です。)

つまり、北朝鮮や中国の無法には何も文句を付けないのに、たとえば福島原発処理水を「汚染水」と呼び替えるなど、ときとして事実関係を捏造してまで日本の行動を執拗に妨害するのは、どう考えても合理的な行動とは呼べません。

もちろん、こんなことをいうと、「それでも日本が過去の植民地支配を反省も謝罪もしないのだから、やっぱり日本が悪い」、と言い出す人もいます。

詭弁そのものでしょう。

くどいようですが、韓国が「日本が過去の植民地支配でわが国を傷つけた」などと認識するのは勝手ですが、そうした自国の歴史認識を、外国との間で「いま・この瞬間の問題」を議論する場に持ち出すこと自体が、国際的なルールに反しているのです。

どこで「打ち切る」のか

この点、著者自身も学生時代ならば、「隣国のよしみもあるし、日本が韓国から被害を受けたと主張しているのは事実なのだから、少しくらい目をつぶって、形だけ謝罪してあげて仲直りし、協力すべきだ」、などと考えたかもしれません。

しかし、やはり自分自身が就職し、起業するなかで、「話を打ち切る」ということの重要性を認識するようになると、こうした「形だけ謝罪する」という態度は、日韓の長期的な友好を進めるうえではむしろ弊害にしかならないと気付くようになったのです。

あくまでも個人的な理解に基づけば、日本政府は、日本が韓国との「話を打ち切る」タイミングを、自称元徴用工判決問題と自称元慰安婦問題という2つの歴史問題などを巡って、韓国が国際法を完全に破ったことが確定した時点に置いているのではないかと思います。

その理由は、やはり、米国が米韓同盟を捨て切れていないなかで、とくにジョー・バイデン政権が「日米韓3ヵ国連携」に拘っているためであり、だからこそ、日本としても、「米韓同盟が消滅するまでの間は、」その「話を打ち切る」タイミングが到来しないことを願っているように思えてなりません。

ところで、これも個人的な感覚ですが、どうも日米両国政府は、韓国の「次の大統領」に誰が選ばれるかを見極めようとしているフシがあります。さまざまな意味で「型破り(※)」な文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領が、来年5月に退任する予定だからです(※「型破り」は褒め言葉とは限りません)。

ただ、次期大統領に誰が選ばれるかによって、米韓同盟がさらに延命するか、それとも今度こそ本格的に消滅の危機に瀕するかが変わるとは思うものの、結局のところ、韓国も民主主義国家です。

韓国国民の総意に背くような主張をする人物が大統領に選ばれる可能性は低いと思われますし、また、万が一、目的合理性を持った人物が大統領に選ばれたとして、そのような人物が現在の韓国において、能力を存分に発揮することができるとも思えません。

尹錫悦氏の発言に批判が集まる?

そう感じる証拠が、またひとつ出て来ました。

韓国前検察総長「福島原発の放射能流出はなかった」また論議に

―――2021.08.06 07:08付 中央日報日本語版より

中央日報によると、前検事総長で次期大統領選への出馬を表明している尹錫悦(いん・しゃくえつ)氏が釜山日報とのインタビューで4日、日本の福島原発事故に言及し、次のように述べたのだそうです。

福島原発が爆発したのではない。地震と津波があって被害が大きかったが、原発自体が崩壊したのではない。したがって放射能の流出は基本的になかった」。

この発言がいかなる文脈でなされたのかは、中央日報の記事だけではどうにも判断しきれません。

(※「放射能」とは韓国メディアでよく見かける表現ですが、一般に「放射能」は「放射性物質が放射線を放出するエネルギー」を意味します。おそらく、「放射能の流出」という表現は、「放射性物質の流出」と言いたかったのではないかと思いますが、このあたりはさだかではありません。)

ただ、韓国で大騒ぎされている「放射能の流出」なる表現、科学的な根拠なしにイメージだけで語られていることも多く、尹錫悦氏の「放射能の流出は基本的になかった」という発言も、科学的に冷静かつ正しく物事を見ることの重要さを強調したものだと考えるならば、それはそれで合理的なものです。

もっとも、中央日報によれば、この尹錫悦氏の発言に対し、同じく次期大統領への出馬を表明している李在明(り・ざいめい)京畿道知事の陣営の報道担当者は、次のように述べて尹錫悦氏を舌鋒鋭く批判したのだそうです。

尹前総長の発言は日本極右勢力の主張と同じ。原発の安全性に自信があるなら、本人が福島産食材を食べて汚染水を飲む姿を公開せよ」。

「汚染水」という単語がナチュラルに口を衝いて出てくる時点で、一般の日本国民が韓国に対し、どういう感想を抱くかという問題もさることながら、「日本極右勢力」とはまた奇怪な表現です。

また、こうした批判が出ているのは、李在明陣営だけではありません。

丁世均(てい・せきん)前首相のほか、保守政党「国民の力」の大統領候補、前済州道知事なども、この尹錫悦氏の発言に対して批判を加えているようなのです。

このこと自体が、韓国という国の本質を示しているように思えてなりません。

日韓は対立を続けながら関係を縮小する?

もちろん、尹錫悦氏の発言のひとつひとつをもって、同氏の人となりを決めつけるのは危険ですし、同氏自身も大統領選への出馬表明に際し、いわゆる「ツートラック」的な発言をした人物でもあります(『ついに口を開いた尹錫悦氏の日韓「ツートラック」宣言』等参照)。

その意味で、もし次期大統領選を尹錫悦氏が制したとしても、「親日的な大統領が誕生するに違いない」、などとと短絡的に考えるべきではありません。せいぜい李在明氏よりも「マシ」、くらいに考えておくべきでしょう(※というよりも、個人的には尹錫悦氏が「保守派」であるとも思えません)。

だいいち、検察官出身者である尹錫悦氏の政治手腕は未知数であり、文在寅政権下でこじれにこじれた日韓関係を元に戻すためには、「国際法を守ることが大切だ」と韓国国民を納得させることから始めなければなりません。

文在寅政権下で自称元徴用工判決などに快哉(かいさい)を叫んでいた韓国国民を説得することが、はたして尹錫悦氏にできるのでしょうか。

すでに、日本の防衛と外交は、「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」に舵を切りました(『外交青書:基本的価値の共有相手は韓国ではなく台湾だ』等参照)。

また、外交・防衛上、いますぐ韓国との関係を断ち切ることはできませんが、日本の防衛面では、韓国との「ハイレベル防衛交流」が、ついに直近でゼロ回を記録しています(『ついに日韓ハイレベル防衛交流「ゼロ回」に=防衛白書』等参照)。

さらには、貿易面でも、日本にとっての貿易相手国としての金額的重要性では台湾が韓国を上回り始めていますし(『6月の輸出高も「台湾>韓国」:基調は定着するのか?』等参照)、金融面でも日本の「脱韓国」はジワリと進んでいます(『国際金融統計から見える「ジワリ韓国から離れる日本」』等参照)。

やはり、今後の日韓関係を巡っては、「基本的な問題で対決を続けたまま、徐々に消滅に向かう」というシナリオが最も現実的なものとならざるを得ないと思うのですが、いかがでしょうか。

追記:政治で打破できないものをスポーツ交流で打破できるとでも?

ここから先は、追記(2021/08/06 11:55)です。

<東京五輪>韓国選手団副団長「韓日関係の改善、スポーツが一つのきっかけになるように」

―――2021.08.06 11:11付 中央日報日本語版より

中央日報によると、韓国選手団の副団長が5日、「スポーツを通じた韓日関係改善の必要性」に言及し、「韓国政府も政治もできないことをスポーツが実現することを願う」、などと述べたのだそうです。

まさか、本気でそれをおっしゃっているのでしょうか。

2013年9月、IOC総会の直前になって科学的根拠もなしに8県の水産物の禁輸措置を突如として導入したことをはじめ、これまでさんざん、「放射能五輪」などと呼びながら、国を挙げて東京五輪を妨害してきた韓国との「スポーツを通じた交流」とは、いったい何でしょうか。

また、例の「放射能フリー弁当」のためでしょうか、選手村の食堂で日韓の選手が仲良く食事をとっているという話はあまり聞きませんし、日韓の試合で韓国が勝てば「独島はわが島」のプラカードをもって選手が走り回ったり、マウンドに国旗を突き刺したりする相手国です。

正直、通常の政治・経済の世界で日韓関係が行き詰っているのに、スポーツに舞台を変えればそれが打開できるという発想自体がおかしいことくらい、普通に考えたらすぐにわかりそうなものですが…。

最後に、『鈴置論考、「日韓の」ではなく「韓国の」特殊性に言及』でも触れた、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏が『デイリー新潮』に寄稿した7月16日付論考に含まれる名言を紹介しておきましょう。

平気で約束を破り、堂々と他人を裏切る韓国と首脳会談を開こうとする国はまず出てこない。何を取りきめようが、すぐに反故にされるからです。日本と韓国がうまくいかない原因は『日韓関係の特殊性』ではなく『韓国の特殊性』にあるのです」。

読者コメント一覧

  1. 七味 より:

    >尹錫悦氏の「放射能の流出は基本的になかった」という発言も、科学的に冷静かつ正しく物事を見ることの重要さを強調したものだと考えるならば、それはそれで合理的なものです。

    流石にこの解釈には無理があると思うのです♪
    「地震や津波といった自然災害がなければ放射性物質の流出は起こらなかった」みたいなことを言いたいにしても、現に地震や津波は起こった訳で、韓国でどの程度のものが発生し得るのか、そういった自然災害に耐える設計になっているのかってことへの言及がないなら、ただの希望的観測でしかないと思うのです♪

    あたしには、事実を直視しない、非科学的な態度に思えるのです♪そういう意味では、実に韓国人らしい発想だとも思うのです♪

  2. sqsq より:

    日韓のではなく韓国の特殊性。
    私は日本とアングロサクソン国が外交において誠実さを重要視しているけれど、それ以外の国、韓国、中国、ロシア、大陸ヨーロッパはかなりずるがしこいのではと思っています。

    1. りょうちん より:

      逆に考えるんだ。
      韓国みたいな国が世界の標準で、信義とか倫理性とかを持っている国だけが「先進国」あつかいされるということ…。

      1. 匿名29号 より:

        先日、国連が韓国の先進国入りを可決したそうです。

  3. 愛知県東部在住 より:

    若気の至りというのは仕方のないものですね。

    私も10代の頃はやたらと左翼系の本などを読みあさったりもしましたし、特定のイデオロギーの影響を受けていたことは否めません。卒論のテーマは「バクーニンとマルクスの第一インターナショナルに於ける対立」というものでした。今思うと意外と悪くないテーマだったかもしれませんが、そもそもこういうのを選択したこと自体、当時の私はやはり相当左翼思想にかぶれていたという事の証左でもあるでしょう。

    20歳でリベラルでない人は情熱が足りない。しかし40歳になっても保守になれない人は知能が足りない。そう云ったのはチャーチルだったと記憶していましたが、少々気になったので先ほど調べて見たら、どうやらフェイクだったようです。(笑)しかしでまであるとなかろうと、この箴言(?)は、ある意味正鵠を射た言葉だと今はそう考えています。

    年に一回、大学時代のサークルのOBが集まり酒宴を設けるのですが(昨年と今年はできていませんが)、この歳にもなっても昔のように若気の至りを引きずっている人物が数名いることに、毎年驚かされています。

    ある意味、いつまでも若いよな~とも思いますし、別の意味でこいつは全然成長してないよな~とも思う次第です。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 20歳でリベラルでない人は情熱が足りない。
      > しかし40歳になっても保守になれない人は知能が足りない。

      ありゃりゃ。
      私は、学生時代もノンポリでしたが、教授や学友に左翼がいて、少なからず彼らの影響を受けていました。就職して程なく、知的財産権とか、市場競合とか経験したら、共産主義が無意味であることを直感しました。20歳台で保守になっちゃったのは情熱が足りなかったのですね。

      1. 愛知県東部在住 より:

        阿野煮鱒 様

        私も基本的にノンポリでした。

        それは自分として意図的にそう選択したということではなく、何となく時代の雰囲気としてそうなったのだと考えています。

        思えば中学生の時に連合赤軍事件があり、その後には三菱重工本社ビル爆破事件、テルアビブ空港乱射事件等々があり、それらの影響も大きかったと思います。

    2. より:

      御多聞に漏れず、私も若いころは左翼思想の影響を結構受けていました。
      疑問を持ち始めたのは学生の頃です。ソ連の市民生活に関する情報がチラホラと入り始め、少なくとも末端の消費者においては経済がうまく回っているようには見えない。マルクスは経済学から出発し、資本主義社会の問題点を抉り出して、資本主義よりも良いシステムを作ろうとしたのではなかったのか? どう考えても、冬場のロシアで年金生活者が朝も暗いうちからパンを買うために長時間行列しなければならない社会はおかしいのではないか?
      こんな疑問を持ち始めてから、いろいろと調べたり考えたりした上で、マルクス=レーニン主義による社会はちっとも正しくなんかない、むしろ資本主義社会よりも酷いという結論に至りました。その頃はまだ「社会主義は正しい。なぜならば社会主義は正しいからである」というドグマが普通に信じられていた時代でしたけれども。

      現在の私は、明らかにサヨクではないのですが、では保守主義を信奉しているかと問われたら、さて、どうなんだろう。自分でもよくわかりません。

      1. 愛知県東部在住 より:

        龍  様

        ソビエト経済が上手く行ってないんだろうなぁ~というのは、60年代の終わり頃から何となく伝わってきてましたね。

        私の場合、五木寛之氏の小説『さらばモスクワ愚連隊』との出会いがその第一歩だったように記憶しています。

        ですから私が大学を卒業した1981年頃には、もはや没落しつつある帝国という感じでした。ただエマニュエル・トッド氏のように統計学的手法を用いた明確な瓦解の予想などは勿論できませんでしたが、なんとなく傾きつつあるんじゃないかという雰囲気だけはありました。

        卒論にあのようなテーマを選んだのも、おそらくはそのような時代背景が影響したからかもしれません。

        しかし、当時の教授連の中には、まだ社会主義国のバラ色の未来を信じていた人々も多かったように思います。2年生の時に社会学の小ゼミを担当されていた教授がポーランドへ留学されるという事で、壮行会を催したことがあります。

        その席上当該の教授は、社会主義の未来を熱く語っておられたものでした。

        あのセンセその後どうなったことでしょう。その後とうとう再会叶わぬまま卒業を迎えた私でした。

      2. 匿名2 より:

        私はマルクス=レーニン主義とかよくわかりません。そもそも左翼闘争人の原点であるマルクスの「資本論」ですが、あれ、実際に読んで理解できた人っているのでしょうか。非常に疑問です。私は、最初の、商品の価値から1つづつレンガを積み上げるように説くロジカルな手法に感銘し、読みだしたのですが、30ベージ(岩波文庫)くらいで、わからなくなりました。きっと翻訳が悪いのだと思い、他の文庫や新書もあたりましたが、五十歩百歩でした。私の結論ですが、マルクスは書き出したものの理論破綻し、あとは難解な屁理屈をつけて突っ走ったのではないかと思っています。なので、世の中には「資本論」に一目置いたり、好評価する人がいますが、私は、そういう人々がどうしても信用できません。(龍様のことを言っているのではないですよ!全然!龍様から足掛かりを頂いて、「資本論」の思いを言っただけです。私みたいに思っている人、多いんじゃないかなあ。)

    3. ムッシュ林 より:

      私も学生時代は日本の謝罪で慰安婦問題が解決すると思ってました。日本で育つと若いうちはまだ純粋だから、相手を日本人と同じように考えてしまって、相手が虚偽の歴史をでっちあげてることや相手が約束を反故にして蒸し返してくるというのをなかなか想定・理解できないんですよね。
      就職してから現実をよく理解できるようになり考え方は完全に変わりました。

  4. きたたろう より:

    >北朝鮮に恫喝されて国会議員74人が米韓合同演習の延期を促す共同声明を出した、という話題もあります

    この人達に祖国を分断したロシアと中国の事をどう思ってのか聞きたいもんです。まさか「日本のせい」とでも?

    1. だんな より:

      きたたろうさま
      北朝鮮の思想を信奉する議員が居て、その人達は、自由民主主義の韓国より、北朝鮮に朝鮮半島統治の正統性が有ると考えているのです。
      ロシア、中国に対する不満では無く、朝鮮戦争で北朝鮮主導の統一が、行われるのが正しくて、かえってアメリカの干渉に不満があるのです。

      理解しにくいかもしれませんが、こう考えると矛盾が無いと思います。

    2. より:

      少なからぬ韓国人が「分断は日本のせい」と考えているようですよ。この点については、左右を問わないらしいです。まあ、独立門を日本からの独立を祝して建てられたもんだと思い込んでいる韓国人が今でも少なくないらしいことを考えると、不思議でも何でもないです。

      1. 名古屋の住人 より:

        龍様

        このようなことを言っても詮無いことですが「分断の原因は自業自得」ですよね。

        日本が分断国家を逃れられた大きな要因の一つとして、陸軍第5方面軍・樋口中将による「占守島の戦い」を忘れてはなりません。軍令に背いてまでも祖国を守ったこの戦いにより、ソ連は北海道占領をあきらざるを得なかったようです。

        それに対し、朝鮮半島ではどうだったでしょうか。8月15日を境に、迫りくるソ連軍には目もくれず、当時朝鮮半島にいた無防備の日本人に対して銃を向け、筆舌に尽くし難い暴挙の限りを尽くしたことが、後に分断国家となった直接的な原因の一つて言っても過言ではないでしょう。

  5. しおん より:

    韓国人は「夢の中の住人」説です。

    論理的に考えれば、韓国はおっしゃる通り「日米と協力して北朝鮮と中国に対応する」のが結論となるとおもいます。

    しかしながら、夢の中の住人は論理的に考えての結論が「日本を従属させ米国を操り、北朝鮮+中国と友好関係を持つ」となります。

    ちょうど、普通の人が「クジラが空を飛んでいる夢」を見ても夢の中では、何もおかしいとは思わないことと同じで、彼らにとっては矛盾点は無いのです。

    彼らが、つねづね斜め上の行動をとるのも「夢の中の住人」と思えば納得できます。

    結論として「夢の中の住人」には、話をして納得してもらう事ではなく、「相手にせず放置+矛盾点を国際社会に広報」これに尽きると思います。

  6. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (そう自分に言い聞かせないと、素人が舞い上がってしまうので)
     もはや米韓関係は、「どちらに米韓断交を言わせるか」の段階と言いますが、ならば日韓関係も、第三国に、「どちらが日韓断交の原因を作ったか」と思わせるかの競争になったのではないでしょうか。(もっとも、日本の場合は、一部の人に「これ以上、日韓友好を言えば、自分の責任が問われる」と、自覚させる必要もありますが)
     蛇足ですが、確かにスポーツ交流で、両国関係が改善したケースもありますが、それはそもそも、政治経済の分野で関係改善の雰囲気があって、その上でのことではないでしょうか。
     駄文にて失礼しました。

  7. だんな より:

    >対立が解消しないままで「自然消滅」に向かう日韓関係

    結論から行くと、自然消滅にならないでしょう。

    日韓の対立が両国の価値観の違いに起因し、その乖離が広がっていますが、関係の悪化が進行するだけで、消滅する事は有りません。

    >韓国は自国の平和と繁栄のために努力していますか?
    韓国が自国の平和と繁栄の問題を解消する手段として、日本を植民地化するというアイデアが有り、日本を植民地化して地上最悪の支配を行う権利が有るはずだと、韓国人は考えています。

    「日韓関係は、対立関係が深刻化して、将来敵対関係となる」が、自然で一番想像しやすいと思います。

    1. マスオ より:

      > 自然消滅にならないでしょう。
      私もそう思います。関係が悪化すればするほど、ストーキング行為がエスカレートして、かまってちゃんになるように思います。カナリウザイ
      自然消滅大歓迎なんですけどね。。。

  8. G より:

    要するに韓国は独立国家にあるまじきレベルで多国籍に依存してるということです。

    アメリカに対する軍事依存については、重要な論点ではありますがここでは割愛します。

    ここでは日本に対する依存について書きます。

    「そんなに日本が嫌いなら断交しよう。」日本から見たらそう言いたくもなります。国交は断絶した上で経済的なつながりは維持して、不適切な例えで恐縮ですが台湾との関わり方みたいな感じには出来るはずです。まあ、正式呼称「チャイニーズコリア」じゃなくて「韓国」と呼んであげるくらいはしましょうか笑

    ただ、断交論は韓国からは絶対出てきません。それは、韓国にとって日本は頼る関係だからです。
    日本と対立する、日本をバカにする、日本を非難する、日本を騙す。すべて日本が相手にいるから出来ることです。そうやって大国日本に対して優位にたつふりをして支持率を上げて政権維持をするのです。日本という格好の相手がいなかったら、彼らには政権維持をするだけの要素がありません。

    韓国の日本依存症には丁寧な無視しか対処法はありません。彼らは日本を怒らせることをしたわけですから、彼らを助ける義理などありません。大国韓国を助けないと自分も困るだろうと言い出すでしょうが、それはそれで耐えればいいのです。大震災ですら耐え抜いた日本です。韓国の没落の余波くらい余裕です。まあ、彼らの代わりになる国はたくさんあります。

    放置しとくと国際会議でひどいことになるって意見もあります。それも放っておいて大丈夫。ほとんどはマスコミ報道が作る錯覚ですし、いざとなれば拠出金停止や脱退すればいい。結局国際機構などその程度のものです。

    「マスコミ報道の錯覚」これには我々も本当に気をつけなければいけません。マスコミに批判的でも、いざ報道に踊らされるというのは、私含め皆さんやらかしてると思います。

    他国の人は日本と韓国の関係など意識ないのです。そもそも韓国と北朝鮮の区別すらつかないというのが世界の一般の意識です。

    とりとめなくなっちゃいましたが、彼らの依存体質についてはもっと指摘していくべきだと感じます。

    1. G より:

      多国籍じゃなくて他国です。すみません

  9. 七味 より:

    >まさか、本気でそれをおっしゃっているのでしょうか。

    元記事も読まずにコメしちゃうけど、多分、本気で言ってるんじゃないかな?って思うのです♪

    ただ、彼の言う「スポーツを通じた韓日関係改善」ってのは、選手同士の交流を通じた相互理解の促進で達成するものじゃないと思うのです♪

    お弁当の話が典型だと思うけど、日本に対する風評被害を撒き散らかして、日本の生産者にダメージを与えることで、日本からごめんなさいしてくるように仕向けることで、達成するものなんだと思うのです♪

    日本に入ってそういった細かい活動をするのは、政府や政治家にはできないからこそ、入国がしやすく、かつ世界の注目を浴びる五輪は、彼らにとって最適な舞台なんだと思うのです♪

  10. めがねのおやじ より:

    北朝鮮の金与正の発言をうけ、韓国の国会議員74人が今月開催予定の米韓合同演習の延期を促す共同声明を発信したって(嘲笑)。300人中、25%も居るのですか?親北派が。

    延期なら米国から貰った55万人分のコロナワクチンはどうするの?また只食いか。そんなんだから、世界中から信用も信頼も無いんだよ。

    もう仲良くしようとか、友邦国とかスワップするとか、普通の国としてのお付き合いなんて、日本人は考えてません。
    私も日本政府は、自称元徴用工判決問題と自称元慰安婦問題という2つの歴史問題を巡って、タイムアウトを見計らっていると思います。アト、20秒前(笑)。

    で、米国も米韓を打ち切る動きに出たら、日本は台湾を同盟国に推挙する。日米台3カ国ですね。そうなるべきと思います。別に米韓は、形骸化した今のままやってくれてもいいけど。

    1. めがねのおやじ より:

      「キューポラのある街」という古い映画のワンシーンを思い出しました。(主演 吉永小百合、浜田光夫)場所 埼玉県川口市。

      北鮮の帰国事業で帰る事になった北鮮の子と日本人の子供同士が、「さよーならー」「さようならぁ〜」と蒸気機関車と客車に連呼するシーンがあります。お互い貧乏です。涙涙の名場面なんですが、今の日韓に当てはまりそうで、今の塩対応ぶり、素っ気なさは天と地ぐらい違います。

      1. HNわすれた より:

        めがねのおやじ様
        キューポラも見ましたが、にあんちゃんを見たことをよく覚えてます。ストーリーは忘れました。 北林谷栄や殿山泰司が演じる在日が近所に住む現実の在日の方に姿とふるまいがそっくりでした。60年ぐらい前ですね。

        1. めがねのおやじ より:

          HNわすれた様

          「にあんちゃん」をご存知とは!相当な使い手と見える(笑)。確か炭鉱の話でしたよね。在日朝鮮人の女の子が書いた日記が台本だったと思います。本人、まだ生きてるかな。
          学校の図書館で、「変な題名の本やな」と思ったのを覚えてます。その時は読まず、映画かテレビで見たと思います。
          「北林谷栄や殿山泰司」(爆笑)在日さんらしい役柄を演じてました。周りにホンモンが多かったからでしょうね。当時若い女優で松尾嘉代も出てませんでしたか?
          貧乏で二親無くした四兄妹。あの当時日本人も貧乏だったので共感を呼んだのでしょう。今なら、、あの設定は「食べて行けない?帰ったら?」ではないでしょうか。塩対応。

          1. HNわすれた より:

            めがねのおやじ様
            いやあ、今度一緒に飲みましょう。
            そういえば松尾嘉代だったんですよね。にあんちゃんが昼飯の時、弁当がないので水道管の水で腹を膨らませておなかを膨らませるため鉄棒で逆上がりしてたシーンを覚えてます。作者は確かのちに早稲田に行ったんですよね。北林谷栄が何か悲しい場面で「アイゴ。アイゴ」って言ってたのを覚えてます。ストーリーは全く覚えてません。あの頃は近所の在日の同年輩の子供たちと仲良く遊んでました。今にしてみれば、あの頃のあの子たちのボクたちへの思いが気になります。

  11. 名古屋の住人 より:

    新宿会計士様

    >こんなウェブサイトを運営しておきながらアレですが、著者自身、大昔は「日韓友好論者」でした。
    私の若かりし頃は同じく「日韓友好論者」でした(笑)

    >日本を含めた国際社会は、「ウソをつくこと」、「約束を破ること」を極端に嫌います。
    揚げ足を取るかのうようで申し訳ありませんが、このご意見には少々同意いたしかねます。

    日本及び日本人が「ウソをつくこと」「約束を破ること」を極端に嫌うことは疑いようのない事実であり、それは日本社会が基本的に「性善説」であることが背景にあるのではないかと考えます。
    しかし、東京オリンピックに参加している世界200数か国と地域のうち、日本社会のように「性善説」が主流である国や地域はいったいどれぐらいあるのでしょうか・・・?

    どちらかと言えば、他人に「ウソをつかれること」「約束を破られること」は嫌うのでしょうが、自分が他人に対して「ウソをつくこと」「約束を破ること」については、前者に比べてかなりハードルが低いのではないだろうか?と思っています。

    >「ウソをつかない」「ルールを守る」「出来る範囲で他人を助ける」「努力する」などの態度を身に着けた個人が社会的に成功する
    こちらも、自分や身内等にとって利益になることと限定したのであれば、おそらく国籍を問わず自ら進んで行うことでしょう。

    しかし、決して良い事例ではありませんが、お隣中国では、赤の他人に対して、ウソをつこうが、ルールを無視しようが、手段を問わず可能な限り蹴落していこうが、そんなことは一切お構いなし。中国共産党という一党独裁政権の末端に属し、中国共産党ルートでしか得られない有用な情報を得て、他人の先を制してそれを事業化することが成功への近道となっているようです。
    これは中国の特異性であると言えば全くその通りなのですが、世界各国を見渡せば、大なり小なり同じような状況、すなわち五十歩百歩の国が多いのではないのかな?と思っています。

    また、少し話が脱線しますが、車を運転している時、背後から救急車のサイレンが聞こえてきたと仮定します。
    その時、日本社会で普遍的にみられる光景は、①救急車の通り道を確保するために、車を脇に寄せる、②青信号でもじっと動かない、③救急車が去っていったことを確認した後に、ようやくそろそろと車が動き出すといったことが挙げられますね。
    これは誰に指示・命令されたわけでもなく、またそれをしないと罰則があるというわけでもなく、その場にいる誰もが自然に自らの意思でやり遂げていることです。

    これは「出来る範囲で他人を助ける」「努力する」の一例と言えますが、このような光景が自然にできていることこそ、日本社会ならではのことだと思います。

    私は学生時代に数年間外国(主に中国)に留学した経験しかありませんが、帰国してつくづく感じたことは、あちらこちらに垣間見える日本社会の素晴らしさです。
    声高で一方的な主張をぶつけ合う騒々しい社会とは異なり、京都・龍安寺の石庭のように、物静かで、声なき声でふと語りかけてくるような、そしてそれを感じ取れた時、自分も紛れもない日本人であることを実感しました。

    学生時代に過ごした中国での数年間、「到底我是個那国人??」
    自分はいったい何者なのか、中国人なのか?、いや違う。ならばいったいどこの国から来た者なのか?と自問自答する時期が長く続きましたが、留学を終えて帰国した後の日帰り京都旅行で、ようやくその答えが見つかりました。

    とりとめのない投稿になってしまいましたが、世界各国のアスリートたちが、東京オリンピックのボランティアさん、選手村の運営スタッフさん、隣近所のセブンイレブンのオーナーさんたちに惜しみない拍手を送っています。
    日本に生まれてよかった。日本人として育つことができてよかった。そんなことを改めて感じた次第です。

    ※コメントが記事本文の内容からどんどん脇へ逸れていってしまいました。雑談掲示場に投稿した方が良かったもしれません(´・ω・`)

    1. キーマ より:

      同意します。
      嘘つきを嫌う文化は日本独特で、他国は嘘に対するハードルは意外に低いと感じます。嘘に対するハードルが比較的高いのは私の感覚ではアメリカかな。特にインド人、南米も中東系も、ものすごくいい加減で口から出まかせばかり。特亜とか言いますけど世界では、まあ普通でしょう。
      西欧はそういった世界を知った上でいい子ぶっているだけで実態を知って対応している。アフリカについては体験ないのでわかりません。
      ただし、このような正直、誠実が日本に対する信用になっているのも確かす。

  12. より:

    論理的に考えれば、「中華帝国の周縁に位置し、文化的にも中華帝国の影響を大いに受けてきた日韓両国が連携し、協力し合っていくことが、双方にとっての利益である」という点について何ら疑問はありません。その限りにおいて、「日韓友好を増進し、相互の信頼関係を強めていくことは重要である」という点についても異論はありません。
    しかしながら、上記が全く不可能になっているのは、日本と韓国とでは「日韓友好」の意味合いが異なっているためです。多くの日本人が考える「日韓友好」とは、「隣近所なんだから仲良くするに越したことはないよね」以上のものではなく、朝鮮半島生命線論なども、結局は後付けの理屈に過ぎません。ごくごく素朴な「対等な友人関係」を築くことが目的です。しかし、韓国人が考える「日韓友好」は全く別物です。「韓国を兄とし、日本を弟とする、正しい秩序に基づく関係にすること」が目的であり、そこには「対等な友人関係」などは存在しません。要するに、「兄の言うことに唯々諾々として従う弟」であることを求めているのです。
    韓国が対日対米で喧嘩を売りまくっているのは、「あるべき秩序」に一向に従おうとしない日本に対する憤懣であり、またアメリカに対する恨みでもあると考えられます。

    ことほど左様に「日韓友好」の意味合いが異なっているのですから、両者が分かり合える日など来るとも思えません。たとえ韓国人がどれほど頭が○○だったとしても、現在の韓国の立ち位置を考えれば、日米との連携が重要であることはわかると思われますが、「あるべき秩序」への希求は、そんな現実的な環境をはるかに凌駕するほど重要なのでしょう。日本としては、そんなもんに付き合う意味などありませんし、もっと先のことを考えるべきでしょう。

  13. 匿名 より:

    旭日旗云々の言いがかりもスポーツ(サッカー)から始まったというのに…。
    彼らの冗談は笑えるのに笑えませんね。

  14. WLT より:

    まぁ皆さんもある程度ご存知の通り、純粋なスポーツ交流を通じた関係改善ではなく
    韓国的正しさの教化による序列の改善ですからね。

    日本は序列が低い立場の筈なのに、外交の場では序列が高い我々韓国の正しさを
    前と違って理解してくれなくなった。
    ならスポーツや文化を利用して正しさを伝えれば流石に分かってくれるはず
    という思いがあるのでしょう。

    だから日本からしたら侮辱にしかなっていないのに
    何の疑問も無く、放射能揶揄やら領土主張やらを、交流の場にも関わらず平気でするのです。
    韓国ではそれが「正しい真実(がんぼう)」だから。

    もうそろそろ韓流でもこの正しさの教化行為を表立ってすると思いますよ。
    前回はメディアにブームを宣伝するかなり早いタイミングで
    露骨に教化をやってしまい反発おきましたが、今回の韓流は中々巧妙です。

    困ったものですね。

  15. PONPON より:

    >こんなウェブサイトを運営しておきながらアレですが、著者自身、大昔は「日韓友好論者」でした。

    私も10年ほど前まではそうでした、KARAなんて大好きでしたから。
    実家暮らしの若い時は朝日新聞愛読者だったので当然そうなりましたが、社会人になってもずっと韓国好きでした。
    理由は、同じ民主主義&資本主義国家、文化も近い(勘違い)、顔も似ている、在日韓国人の友人が何人かいた、等でした。

    しかし、気づけばいつのまにか完全な嫌韓になっていたのです。
    おそらくその理由は、ネットで韓国の各種実情を知り、日々その情報が蓄積され脳内に仮説が生成され、また韓国の反日実態ニュースがその脳内仮説にお墨付けを与えるようになったからだと思います。

    なお私が子供の頃、某自治体で戸籍登録課長をしていた父がある夜、部下に抱えられながら泥酔状態で帰ってきました、「朝鮮人に殴られた!」とわめきながら。。
    当時は外国人登録法に定める外国人に対する指紋の押捺制度が存在していたため、窓口に来た在日朝鮮人に指紋押捺を要請したところ、押す押さないで揉めて殴られたとのことでした。警察に通報すると言ったところ、「言えるもんなら言ってみろ」と言われ、結局上司の判断で通報できず、悔しくて泥酔したとのことでした。

    その頃朝日新聞少年だった愚かな私が、その泥酔姿の父を見て、「どうせ差別的な発言をしたんだろ!」と暴言を吐いたのです、父は一瞬私を殴りかけましたが、思いとどまり、悲しい顔で黙ってしまいました。

    その父は3年前に亡くなってしまいましたが、その父への暴言は悔やんでも悔やみきれず、今でも胸が痛みます。
    なぜ少年だった私がそのような発言をしたのか、朝日新聞読者だったこともありますが、その頃日本全体が韓国の実体を知らず、総勘違いしていたという世間の風土が影響したように思います。
    昨今の嫌韓世論は隔世の感があります、実態を知ることの重要性を再認識いたします。

    さて今後の日韓関係ですが、新宿会計士様おっしゃるように、アメリカが日米韓連携を諦めきれていない現状、また保守政権に向けて強烈に動いている状況、日本の意向のみで事実上の断行等の強硬措置は取れません。
    しかし、アメリカが本当にお○○さんではないかぎり、正しい情報を日本が与え続けていれば、いずれ韓国離れを決断するものと期待しております、この10年で日本の世論が圧倒的な嫌韓になったように。。
    アメリカの顔色を伺いなら、そろりそろりと離れていく、というのが現実的な選択肢なんでしょう。

    1. HNわすれた より:

      like

    2. j より:

      親父さん、良く我慢されました。

      私も昔親父に「朝鮮みたいなことするな。」
      と言われたことがございます。
      親父怖かったので、心の中でそれは差別だと思ってました。

      でも国家単位でそういうことしてるので、事実としか言いようがないです。

      私はツートラックという言葉が大嫌い。
      日本は日本の考えで、はっきり言えばいい。
      植民地ではなく、国家間の約束で併合した。
      過去は、日韓基本条約で話は終わっている。
      それで話は物別れで、万歳。

      1. PONPON より:

        j様

        ほんと年を取るに従って、親父の言っていたことは正しかったな、と感じるようになりました。

        死期を迎えたベッドの中で、親父は何だか色々言いたかったみたいです、忠告等。。
        色々と悔いが残ります。

        親も含めて先人の言葉は軽く扱うべきではないですね。。
        日本人としても、祖先がなぜ6世紀前後以降に朝鮮半島との付き合いをやめたのか、中国とは交流を続けていたにも関わらず。。先人の忠告なのかもしれません。

    3. 通りすがり より:

       私が韓国絡みの研究をしていることを知った或る親戚が、「無闇に朝鮮にかかわるな」と真剣な眼差しで忠告をしてくれたのですが、その時に脳裏に浮かんだ言葉は「ああ度し難い差別意識だ」でした。そして戦前と終戦の混乱を体験していたであろうその親戚の言葉の重みを知ったのは、ずっと後のことでした。

      1. PONPON より:

        通りすがり様

        同じような経験をした日本人はいっぱいいるのでしょうね。
        差別は当然褒められたものではないですが、差別の原因をしっかり考えることが重要、結果、本当に偏見に基づくものだと解れば、真の差別なんだと思います。

    4. キーマ より:

      アメリカの立場では、過去、半島で費やしたリソースからも、地政学的にも、当然のことながら米日韓の連携が理想であり、そのようにもっていきたいはずです。加えて、日韓にそうさせるだけのパワーがあると無意識にせよ思っているはずだから、いくら日本が状況説明し、働きかけても、そのせいで諦めるということは基本的ないでしょうから、期待しないほうがよいでしょうね。
      「米韓同盟消滅」は日本や韓国の思惑は関係なく、ひとえに米中のディール次第でしょう。

      1. PONPON より:

        キーマ 様

        おっしゃるように、殆どの日本人も韓国人も日米韓連携なんて望んでいませんし、現実的にはありえないと感じているのだと思います。

        そもそもなんのための日米韓連携なのか?
        ランバートさんを筆頭に、いいかげんアメリカもintelligenceを持ってもらいたいものです。

  16. だんな より:

    みんな昔は、「韓国を嫌ってなかった」んじゃ無いですかね。
    同時に「韓国を知らなかった」んだと思います。
    知韓は嫌韓に通じているケースが、多いのでしょう。

    1. 都市和尚 より:

      90年代の私の実体験です。
      自宅近くの賃貸物件を韓国の方に6年ほど貸していたことがあります。日本の上場企業にお勤めのとても良い方で、我が家でお子さんを預かったり、焼肉パーティをしたりして家族ぐるみのお付合いをしていました。この時は、韓国の方も巷間言われるような方ばかりではなく、まともな人もいて理解しあえるのではないかと思っていました。
      そんな中で、90年代の金融危機でお勤め先が外資に買収され、リストラで韓国に帰られることになりました。事情を説明され原状回復費用は後で別途払うという言葉を信じた私は、敷金を一旦全額返してしまいました。もう想像がついていると思いますが、韓国帰国後の連絡先はすべてデタラメ、電話も住所も全部嘘でした。
      本当に、知れば知るほど嫌になるのが韓国と韓国人ですね。ちなみに、別の物件を中国人に貸したことがありますが、特に問題は起きませんでした。

      1. だんな より:

        都市和尚さま
        戦中の朝鮮半島と中国大陸の日本人の人間関係を連想しました。
        朝鮮人は、日本が敗戦した時に豹変して本性を曝け出し、中国人は日本人が残した孤児を育ててくれました。
        中共さえ無ければと思う所と、どうしようもない無いと思う所です。

        1. PONPON より:

          だんな様

          敗戦後の半島での日本人の被害、特に女性への性的暴行が有名ですね、故小林千登勢さんの少女期のレイプ等の思い出をつづった自署伝「お星さまのレール」の文章を読んだ際の驚愕の気持ちは忘れることは「できません。

          http://blog.livedoor.jp/bawmau/archives/5937353.html

          なおAMAZONで売られているこの自署伝、韓国人等からの圧力で内容が改編されたらしく、レビューでも批判を受けています。

          また「竹林はるか遠く 正 日本人少女ヨーコの戦争体験記」はアメリカの多くの教科書で採用されていましたが、在米韓国朝鮮人の猛烈な運動で最近では一切採用されず、逆に従軍慰安婦の採用ばかりになったようです。

          https://honto.jp/netstore/pd-review_0625682492.html

          ほんと多くの孤児を育てた中国人の対応とは正反対ですね。
          戦争で日本が負けると、潜在的に思っていた下位日本という序列意識が顕在化し、日本には何をしてもいいんだという気持ちになったとしか考えられないほどの、手のひら返しです。
          棒子、と中国人に日本人以上に憎まれるほど、主人日本の手先になって中国人を虐待していたにもかかわらず。。

      2. HNわすれた より:

        ボクにも変な経験があります。30年以上昔の話ですが、韓国の老紳士と仕事上のお付き合いをしてました。ある日、ソウルの彼の事務所行きました。小さな事務所ですが、「格式」はなくはない、たとえて言えば「商工会議所会館」とでもいえるような建物だったように記憶してます。 びっくりしたのは、その老紳士の女性職員、というかお茶くみ女性というかに対する態度でした。形容のしようのないほどのボウジャクな態度でした。misogyny というのも愚かなり。インドの最上級のカーストが最下級のカーストに対する態度のように感じました。 それ以来、目が覚めました。 思えばうぶだったものです。

    2. ちかの より:

      だんな様
      「韓国を知らなかった」のは、戦後ほとんど没交渉に近い状態になったからだと、思います。
      朝鮮戦争でアチラがボロボロになったのも、その一因かと。
      それでも日本人はアチラを嫌っていたと思いますけどね。
      だから昭和の後半くらいの時代は、適度な距離を置いた関係が成立していたのでは?

      >都市和尚様
      横レスですが、どなたかが言ってました。
      アチラの方々って、普段はまともなことをしていてもイザという時の対応が違うから気をつけないといけない、とか。
      また、都市和尚さんと似たような体験をされた方が、やっと相手と連絡がついて言われた言葉が非常に興味深く記憶しています。
      曰く「あなたが私と同じような立場になった時に、あなたも私と同じことをすればいい(そうしてお金を踏み倒して今の損害を回収すればいい)」とか、とか。
      スゴい屁理屈ですが、これがアチラの常識?ではないでしょうか。

  17. クロワッサン より:

    >正直、通常の政治・経済の世界で日韓関係が行き詰っているのに、スポーツに舞台を変えればそれが打開できるという発想自体がおかしいことくらい、普通に考えたらすぐにわかりそうなものですが…。

    スポーツにしろノーベル賞にしろ、朝鮮民族の優秀さを他民族に示す国威発揚の場と捉えていないような。

    世界最優秀民族を自称してホルホルしたり、世界一極悪非道だったと日帝統治時代を歪曲し、自己憐憫に浸ったりする事を鑑みると、スポーツをズリネタ創造に使う以外の事を考えるのには向いていないのでは?

  18. ちょろんぼ より:

    会計士様

    南北朝鮮が統一する際の費用は、既に南朝鮮に支払済であり、それを原資にして
    「漢江の奇跡」なるものが実現しましたので、再統一費用を日本に強請るのでは
    無く、南朝鮮に請求願います。
    この前南朝鮮では、何やら先進国の一員になったと宣伝していたのですから
    資金体力的にも問題はありません。
    それより、北朝鮮に対し拉致被害者への謝罪と賠償及び日本が内地化した時のインフラ
    整備した事に対する請求問題をどうすかを、お考え下さい。
    アフリカ・東南アジア諸国も宗主国に支払いした(又は支払い最中)のだから
    統一朝鮮国の人達も日本に支払いしないと気がすまないでしょう?

  19. カズ より:

    >「韓国政府も政治もできないことをスポーツが実現することを願う」、などと述べたのだそうです。

    1991年の”南北ピンポン外交”を再現したいのでしょうか?
    彼らが願ってるのは、日本人によるお膳立てなんですよね。きっと。

    選手団:口ではキレイごとを言っても、行動は正直・・。(◞‸◟)

  20. 路傍の小石 より:

    新宿会計士様の表題『対立が解消しないままで「自然消滅」に向かう日韓関係』

    会計士様は「丁寧な無視→自然消滅=関係断絶」を示しているのだと思い同意します。
    G様が詳しく書かれておられます「韓国は絶対に日本と断交しない、頼る先は日本だから」の意義。
    日本にとっては、新宿会計士様が仰っている自然消滅が一番良いのですが、韓国はあらゆる手を使ってでも抵抗する筈。しかし、日本が持っている最大の強みは、『価値観を共有出来ない国と対峙するのが文明社会としての当然の責務』として、水戸御老公じゃありませんが「国際法・民主主義・人権・自由」の印籠をかざす事だと思います。この定義に於いてG7は異論は無いでしょう。この事からして、韓国は既に敵国と同然であると結論付けも過言ではありません。相手は何トチ狂ったのか、『日本は韓国に愛は無いニダか』となる道筋が見えちゃうのです。こんな馬鹿な国にお付き合いする理由が果たして日本に有るのでしょうか? いや、一切有りません。

  21. オブ より:

    今までも大概でしたが、今回のオリンピックでの騒動も政府、民間とも酷いものです。
    日本人が使う「嫌い」と意味が違うのだろうと思いますね。日本では普通、嫌いもしくは性に合わないと思う相手とはなるべく接点を減らす対応をするのですが、韓国はやはり恨の国。粘着質でいわゆるストーカーに似ています。罵りながらも近づき嫌がらせをして来ますからね。
    それだけ彼我の差は大きい、相容れないとしっかり認識してやはり今後、朝鮮半島との関わりは極力減らしていきたいですね。コロナが収まっても入国の制限はさり気なく続けたいです。

  22. 匿名 より:

    元歯医者さんのところによると、ユン候補の発言は元は釜山日報でそのように報道されたらしいですが、MBCによると「津波や地震さえ無かったら放射能流出もなかったと言ったのに、妙な形で報道された」とのことです。
    https://sincereleeblog.com/2021/08/06/nofactnobrainnomanner/

  23. 世相観望(お魚なのに 蔓防と間違えられるので) より:

    新宿会計士さまが以前は
    日韓友好派(?)だったとのくだりには
    大きくうなずいて読ませてもらいました。
    かくいうわたしも、
    政治と呼ぶ政局には元来興味がなく
    今ではあきらかなゴリ押しにひっかかって
    韓流ドラマをしきりと見たりしてました。
    また、地域の先輩の民主党中道派の
    選挙応援までしてました。
    ただ、民主党政権での悪夢を目の当たりにし
    目覚めてしっかり調べて事実を知るようになりました。

    私のみならず日本の多数派国民良識層に
    そういう人が多く
    馬脚を表した民主党から離れていっての
    今の3%の支持率なのに
    オールドメディアや、そこで
    「市民運動(笑)」と紹介される人たちは
    少数なのにその分頑張ってネットでメディアで
    多数を騙っている滑稽な状況が続いています。

    朝日新聞や、
    ネットで市民(笑)や国民(笑)を
    ことさら自称する人たちが、
    モリカケ騒動のようにでっちあげまでして
    誹謗の形容詞をテンコ盛りにして
    「あたりまえだろ」?とか
    「こんなひどい政府はない」?とか
    騒いでます。
    ただ、そうした人たちは
    選挙結果で明らかな普通に真面目にはたらき納税し
    日本を支える多数派国民良識層から距離がある
    韓流政党立憲民主党の、海の外ゆかりの方々や
    労組専従でおまんま(笑)のひとたちや、
    オウム真理教と同じ公安指定の政党の活動員が
    ほとんどと見透かされちゃっています。(笑)

    ただ、
    若い世代を中心にそうした事実を隠蔽しての
    不実な主張の蔓延になびくことがないように
    赤黒く腐敗したオールドメディアや
    そんなこんなの人たちの画策には
    正しくカウンターを当てていくのが
    国民の勤めでボランティアとして書き込みをしています。

    1. 世相観望(お魚なのに 蔓防と間違えられるので) より:

      立憲民主党について言えば、よく、
      「批判だけで制作や理念がない」といわれますが
      立憲民主党の名誉のために言えば
      そんなことはありません。
      ただ、ホントの制作や理念が通用しないので(笑)
      無党派層向けに隠して適当なことを
      並べているからそう思われるだけなのです。

      隣国とウッシッシをしてあっという間に
      叩き出された民主党政権残党さんは
      中道人材や無党派層支持者が剥げ落ちで
      濃縮還元状態です。
      立憲民主党さんはいまだに、
      支持者は連合700万組合員とその家族(?笑)
      とかいってますが、それって
      組合費巻き上げられている人数で
      実際の支持者は専従でおまんまのお方さんなど
      ごくごく少数でとても支持率3%にもなりません。(笑)
      じゃあ、今のコアな支持母体はというと
      隣国ゆかりの団体さんですが、
      そのHPを見ると舛添氏が叩き出された原因の
      朝鮮学校不当払い下げ利益供与疑惑を
      いまだに目指していたり
      普通にまじめな日本人を押しのけて
      自分たちに住みよい国にしよう
      との思いなど立憲民主党のホントの理念や政策に
      つながるものがよく読みとれるものです。

      奥方ゆかりを頼って落ち延びた半島で
      土下座で倒日の同士と持ち上げられる
      ミスター民主党御大将鳩ぽっぽさんの
      凱旋帰国を熱望している人たちが
      今の立憲民主党の真の姿と見透かされています。
      私は別に正直に主張する分には
      韓流政党を認めて上げている寛容な立場です。
      ただ、「菅直人 鳩ぽっぽ政治の継承」を
      堂々と掲げずして隠しての姿勢がアウトです。
      さらには自分たちの
      悪評と同じレベルに落とすために
      辻元画策と判明したモリトモにしても
      そうした不実な誹謗に走る
      韓流政党立憲民主党には
      有権者が正しい判断ができるよう
      その隠している真実の姿を知らしめることが
      健全な民主主義の維持のために必要と考えます。

    2. 世相観望(お魚なのに 蔓防と間違えられるので) より:

      バランスを取るため
      日本共産党さんについても申し上げます。
      共産党さんの主張(?)や政策(?)なるから
      正義騙りや誹謗内容を除けば
      ただのもっとクレクレ主張に主義ないものであると
      選挙結果でも明らかな多数は国民良識層には
      正しく認識がされていると思います。
      そもそも、
      米国などでは非合法で犯罪の「共産党」を
      日本では国民の言論への寛容で、好評されているように
      オウム真理教と同じ公安指定団体に
      とどめておいて上げているのです。
      朝の清新な空気を汚しての共産党のアジ演説では
      正々堂々公安指定であることについての
      自己紹介がないばかりか真逆の印象操作に
      滑稽に声を張り上げてお見えです。

      工業製品でも金融商品でも
      販売にあたってはそのリスクや性質を
      正しく開示し説明する義務が課せられています。
      有権者が政治の選択にあたって正しく知る権利という
      一番たいせつなものを 政治と言い張れば
      まやかしがとおるような今の状況は
      言論の寛容を大切にしたいだけに
      行き過ぎた横着にはメスが入るべきだと
      国民の立場で感じています。

  24. 迷王星 より:

    新宿会計士様
    >一般に「放射能」は「放射性物質が放射線を放出するエネルギー」を意味します。

    「放射能」はエネルギーではありません.物質が放射線を放出する能力のことです.

    エネルギーは放射線が持つ属性で,同じ種類(原子核から放出される放射線にはα線,β線,γ線など色々な種類があります)の放射線でもエネルギーが違うと物質を透過する能力(逆に言えば,物質による吸収され易さ)が違って来ます.

    >おそらく、「放射能の流出」という表現は、「放射性物質の流出」と言いたかったのではないかと思いますが、このあたりはさだかではありません。

    御指摘の通りです.なお「放射性物質」つまり「放射能を有する物質」のことを「放射能」と略して呼ぶのは厳密に言えば誤用と言うべきでしょうが,日常表現として広く使われているので通常は問題にしません.(但し,流石に物理学や化学の教科書で「放射性物質」のことを「放射能」と書いていたら,その本の内容の信頼性を疑われても文句は言えませんが)

  25. 匿名2 より:

    私は、韓国なり北朝鮮は、見かけは強がっていますが、それなりの国家としての理念なり意思なりを持って国家運営しているような国には見えません。北ベトナムは腐敗した南ベトナムを〝糺す?” べく南北統一を果たし、西ドイツはソ連に泣く泣く分断させられた東ドイツを取り戻しました。ですが何か朝鮮人には、南北統一の夢とか、分断の悲劇だとか言う割には、そのような、統一に係る意思めいたものを感じません。主様もおっしゃるように、韓国なり北朝鮮なりどちらか一方でも、同じ民族として、理念と意思をもって統一をしようとするなら、あるいは、それなりに理がある統一ならば、多少の妨害はしても、基本、国際社会はそれを妨げる道理はないはずです。特に韓国は、北の人権問題とかで、国際社会をバックにつけられる大きな〝理” があると思うのですが、不思議なくらい関心がありませんよね。というか、やることは全く真逆で北に服従です。よく、日本が北の拉致問題を取り上げ、韓国に賛同を求めると、韓国人は、同じ民族どうし分かり合える。だからおまえら日本人とはちがって、北に怒りは無いんだと誇らしげに言います。そうなんでしょうね。不道徳や矛盾が気にならない同類なのです。とにかく統一できれば、あとは同じ民族どうし何とかなるさ。ファンタジックな思考停止ですね。アメリカ人が半島で血を流した事などアメリカ人の気持ちになって考えたことなど無いでしょうね、韓国人は。こんな連中だから朝鮮戦争を韓国戦争などと、意味の無い言葉遊びをして、はしゃいでいるのです。国際社会もバカバカしくてつき合いきれませんよ。そもそも、北はロシア、中国。南はアメリカ、日本にずっと依存。つまり、北も南も外国の助けがなければ成り立たない国、根っから自助の精神のカケラもない国なのです。朝鮮戦争だって、見方を変えたら日本撤退後の分け前をめぐる民族リーダーどうしの仲間割れに見えます。民族国家として、いい国作ろうなんていう気持ちが感じられません。私には統一する価値など無いと思います。かりに統一してもまた分裂するでしょう。

    1. 匿名2 より:

      書き足したいこと。

      朝鮮戦争 → 韓国戦争

      米軍でなく、韓国軍主体の戦争だったことを強調したくなったのでしょうね。後になって。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。