読者雑談専用記事(ブログ宣伝2021/06/11)

本日も「読者雑談専用記事(テーマ編)」を準備しました。本稿は、「ブログ宣伝記事」の続きです。

読者雑談専用記事(テーマ編)とは

当ウェブサイトでは以前から「読者雑談専用記事」として、読者の皆さま方の議論、雑談に特化した記事を作成しています。本記事はあらかじめテーマを決め、そのテーマに沿った内容を議論していただくための「テーマ編雑談記事」ですが、「通常版」にこのテーマの記事を書き込んではならない、という意味ではありませんのでご安心ください。

コメントを書き込む際の注意点につきまして

コメントを書き込む際のルールは『コメント・引用・転載の注意点』のページをご参照ください。

次回の読者雑談専用記事の公表時期につきまして

次回の読者雑談記事『読者雑談専用記事通常版 2021/06/12(土)』につきましては、6月12日(土)正午に公表したいと思います。

また、テーマ別のこちらの記事についての次回更新は未定ですが、目安としては、コメント数が100~200に達した場合か、1週間程度経過した場合に、次の記事に移行しようと考えています。

ただし、記事公表から1週間経過してもコメント数が100前後に達しない状況が続く場合、この「ブログ宣伝専用記事」については公表を取りやめる可能性もありますのでご留意ください。

過去リンクにつきまして

過去の「読者投稿一覧」につきましては、次のリンクをご参照ください。

読者コメント一覧

  1. 新宿会計士 より:

    なお、本掲示板の公表に合わせ、『ブログ「炎上事件」、なぜ発生?』という記事もあわせて公表しております。是非ともご参照ください。

    1. たい より:

      引用されている記事が、かつての西本聖ばりのインシュートのごとく(例えが古い)えげつなく抉ってきている様に思えるのは気のせいなんだろうなあ。

  2. 匿名 より:

    あのさ。

    こちらのブログで何度も議論された内容が、ぬくぬく氏のブログでは全く出て来ない。ぬくぬくって人、絶対新宿会計士のブログを読んでないでしょ。

    1. りょうちん より:

      ビックリマンチョコを買ってチョコを捨てる行為を責めたら、「自分のお金で買ったんだからどうしようと俺の勝手だ」と反抗するまでがテンプレ。

      1. とある福岡市民 より:

         ビックリマン終身名誉PR大使の里崎智也さんには聞かせられない話ですね。

         まあ、新宿会計士様のブログを「全く」読んでないとは言いませんが、ここ数ヶ月しか読んでないのは明らかですね。「韓国の用日を許すな。韓国を用韓せよ」みたいな、周回遅れの主張ばかりしているのですから。
         このサイトを自分のブログ(内容はパクリと妄言ばかり)の宣伝に利用する道具としか考えていないようですね。
         でも宣伝する場所を間違えてます。立件民主、社民、共産支持者の集まるサイトに行けばここまで叩かれる事はないでしょうに。

        1. 匿名 より:

          この方は某所でも「左翼」と衝突しています。内容はともかく、上から目線で、批判されても言い訳、屁理屈、話題逸らし等主張以前な姿勢が反発を呼ぶのだと思います。

          1. 匿名 より:

            よければリンクを教えて下さい。ちょっと見てみたい気もしますので。

  3. イーシャ より:

    竹島は日本の安全及び地域の問題 防衛省統合幕僚監部」という記事をアップしました。
    今回は、是非御覧ください。

  4. ブログを更新したので宣伝させていただきます。一読をお願いします。できればランキングポイントも押してください。

    日本の新聞は財政タカ派ばかりなので購読する価値のある新聞はないという記事です(もしかしたら北國新聞だけは財政ハト派かもしれませんが社説が有料になってしまったので確認できませんでした。私が検索した限りではわかりませんでした)。新聞は構造不況だからどうしようもない面もありますが、デフレで不況になれば企業の広告は減り、読者も新聞購読を止めて節約します。それがわからないほど愚かなのでしょうか。何れにしろ朝日新聞の値上げを機に部数を減らし、世論、政治への影響力を減じて欲しいものです。

    1. 同業者 より:

      一応読んだのです。ですが、財政タカ派の定義が良く判りませんし、貴殿が在京6紙が財政タカ派だって断定する根拠が示されてないのです。もしかしたら貴殿の過去ブログにその定義とか実例が沢山書いてあるのかもしれませんが、パッと探した所見つかりませんでした。

      それから、朝日新聞、腹立ちますね。嫌ですね。購読止めて欲しいって思いますよね。ですが、その朝日新聞の記事も無断で全部引用するのは流石に不味いのではないですか。引用も斜体になってるだけで判り辛いし。

      後、「日本の新聞は欧米の高級紙とは違うので部数によって世論、政治への影響力が増減すると考える」って所、何を言いたいのか、失礼ながらさっぱり判りませんでした。

      「朝日新聞の部数は2021年3月の時点で475万部だ」、出所は?
      「読売新聞と同じ減り方をすれば2年で100万部減るはずだ」、計算式は?
      基本的な事実認定が甘いのです。ブログ主の https://shinjukuacc.com/20210611-04/ を読んでみるのをお勧めするのです。

      1. 一読者 より:

        ブログ主さんへ。

        今週も隔離板をありがとうございます。まースレ立ては一週間に一回くらいで丁度いいんじゃないですかね。

        同業者さんへ。

        この方はあまり触らない方がいいです。基礎的な事実認定もできていませんし、偉そうに政治経済を論じるだけの専門知識がある訳でもないからです。そうそう、同業者さんも指摘のブログ主さんの記事にある「知的な基礎体力」、「ちょっとした労を惜しまない姿勢」、「他人の批判に耳を傾ける謙虚さ」、あれ明らかにこの人の事を書いてますよね。

        1. 一読者 より:

          今更ながらにこの記事を読みました。

          https://blog.goo.ne.jp/mubenrokka/e/9aa4a7c7064fbb95faacc834d459f0f6

          「株式を売却せず利益確定しなければ含み益にすぎず、それは脱税でも節税でもない。しかし損失や費用を計上して節税するならば、それは「合法的な脱税」ではないか。米国の株式で配当がないことは考えられず配当所得に課税されないのだろうか。」

          ええと。。。損失や費用を計上することは「合法的な節税」って。。。ここまでの無知を会計士さんのサイトで晒すとは。。。

          「少し文章が硬くて読みにくいのだが、著作権の問題がない国税庁ホームページから引用すると次のようなものになる。」

          で引用しているのが国税Q&Aの所得税法の申告分離課税。https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2240.htm

          だから、法人に所得税は課税されないんだって。。。
          面倒なので「法人税と所得税の違い」でググってください。

          1. とある福岡市民 より:

            え?「米国の株式で配当がないことは考えられず」なんて書いてるのですか?

             Amazon、Alphabet(Google)、Facebook、バークシャー・ハサウェイといった、S&P500を牽引する無配当の成長株を知らないって事ですね。そんなのでよく米国株を語ろうとは浅はかというか愚かというか。

             あと「合法的な脱税」って意味不明ですね。節税は合法、脱税は違法。合法的ならそれは脱税とは言いません。そういう言葉の意味も良くわかっていないようです。
             損失や費用の計上はどこの会社でもやってる事。この人は会社勤めをした事あるんですかね?それこそ「ぬくぬく」とした甘ったれた環境、それこそニートみたいな環境で暮らしてるのでしょうか。

          2. 新宿会計士 より:

            一読者 様

            いつもコメントありがとうございます。横レス失礼します。

            厳密に言えば、所得税法は法人にも適用されます。利息配当金に関わる源泉徴収がそれです。所有期間按分の論点は複雑で、それだけで書籍が書けるほどです(実際に書きました)。

            ただし、法人所得には法人税法(と特措法)、個人所得には所得税法(と特措法)という建て付けはご指摘のとおりです。

            引き続き当ウェブサイトのご愛読とお気軽なコメントを何卒よろしくお願い申し上げます。

          3. 一読者 より:

            新宿会計士様

            わざわざコメントありがとうございます。さすが専門家ですね。外為法の知識も貴ブログで勉強させて頂きました。会計士さんなのに弁護士さん並みに法知識があるようでいつも驚いています。ブログ、これからも楽しみにしています。

  5. 同業者さんへ

    ブログを読んでいただきありがとうございます。

    >財政タカ派の定義が良く判りませんし、貴殿が在京6紙が財政タカ派だって断定する根拠が示されてない

    財政タカ派とは積極的財政再建論者のことです。説明を加えるべきでした。用語が分かりにくいと読む気をなくしてしまいますよね。すみません。財政タカ派と断言する根拠はそれぞれの新聞の社説です。

    >朝日新聞、腹立ちますね。嫌ですね。購読止めて欲しいって思いますよね。

    本当にそうです。

    >その朝日新聞の記事も無断で全部引用するのは流石に不味いのではないですか

    値上げについて書かれた記事ですから著作権的には問題ないかと判断したのですが、不味いでしょうか。

    >引用も斜体になってるだけで判り辛いし。

    色でも変えた方が良いでしょうか?ちょっと面倒でして。一時期変えたのですが読みにくいかなと。

    >後、「日本の新聞は欧米の高級紙とは違うので部数によって世論、政治への影響力が増減すると考える」って所、何を言いたいのか、失礼ながらさっぱり判りませんでした。

    独りよがりでした。フランスの高級紙ル・モンドなどは部数は少ないですが政治への影響力は大きいです。それはル・モンドが高級紙だからです。しかし日本に高級紙はありません。だから朝日新聞の部数が減れば世論、政治への影響力が減ると考えたのです。

    >「朝日新聞の部数は2021年3月の時点で475万部だ」、出所は?

    https://blog.goo.ne.jp/mubenrokka/e/db744cc122721f7a3f5b89534caeb268

    から辿っていただき、

    http://www.kokusyo.jp/oshigami/16329/

    です。このサイト主は左翼ですが、左翼と割り切れば読めると思います。最悪ABC部数だけを参照すれば良いかと。

    http://khiikiyat.blog.fc2.com/blog-entry-1080.html

    朝日新聞の部数だけならこのサイトにも書かれています(私は千の位は四捨五入ではなく切り捨てで計算しています。)。

    >「読売新聞と同じ減り方をすれば2年で100万部減るはずだ」、計算式は?

    「朝日新聞は年間で約44万部を失った。また、読売新聞は57万部を失った」
    からですね。値上げ以降読売新聞が1年で50万部以上減らしたからです。読売新聞の方が朝日新聞より部数が多いのですが。

    >基本的な事実認定が甘いのです。

    厳しいご指摘ですがその通りかもしれません。

    1. 一読者 より:

      ぬくぬくさんへ。

      この記事を熟読したら良いと思いますよ。
      https://shinjukuacc.com/20210611-03/

    2. りょうちん より:

      もしかしてHTMLタグという概念が理解できないのかも・・・。
      わからないならわからないと素直に言えばいいのに。

      TeXで論文一本書いてみたらHTMLでブログ記事書くのなんか簡単になりますよ。

      1. 新宿会計士 より:

        りょうちん 様

        いつもコメントありがとうございます。

        てふって響き、久しぶりでつい懐かしく横レスです。文系の会計士風情からすれば、「パワーポイントという特殊なソフトウェア」で資料を作るのが関の山ですね。

        引き続き当ウェブサイトのご愛読とお気軽なコメントを何卒よろしくお願い申し上げます。

      2. 迷王星 より:

        りょうちん様はTeXでなくてLaTeXで書いてるんでしょ。

        TeXで書くのとLaTeXで書くのとでは雲泥の差ですよ。

        もっとも私自身はplain TeX上に作った自作マクロてんこ盛りで書く方が好みですが。
        もちろん投稿先で指定されたスタイルは守りますよ。

        1. りょうちん より:

          ぶっちゃけうちらの業界じゃWordで事足りるのです。
          医者になってから放射線取扱資格の実験レポートを書かされたので、ムキになって、GnuplotとpLaTeXで仕上げて出しました。
          PC98と BJ-10vでそれなりの品質のものを出すにはそれくらいしなくちゃいけない時代でした。
          もうちょい下るとMacとページプリンタで、堕落できたんですが。
          さすがに個人で揃えるのは厳しい時代でした。

      3. 七味 より:

        >TeXで論文一本書いてみたら

        なつかしいのです♪
        らくらくLaTeXを横に置いといて書いてたのです♪

        まぁ、卒論・修論とも、指導の先生が殆ど書き直してくれて、あたしの書いたとこは著者名くらいしか残らなかったのは、良い思い出なのです♪

        1. チキンサラダ より:

          LaTex 懐かしいですね!

    3. 同業者 より:

      なんだかすごいコメント数で驚いてるのです。とりあえずブログ主さん含めてレス下さった皆さん、ありがとうございました。😊

      1. 新聞部数についてはこのサイトも参考になります。どうもサイト主は朝日新聞が好きなように見受けられますが。全国紙のABC部数を50年分書いています。地方紙も夕刊も2020年の分を書いています。スポーツ新聞は公称部数ですので出鱈目ですが。

        https://www.otokunamiyateu.com/

        私が検索した限りではこの辺りです。さらに熱心に検索すれば見つかるかもしれませんが。

    4. りょうちん より:

      ぬくぬくさんへ。

      本題の主張の内容はともかくとして、執拗に純粋に技術的な助言を無視し続けるのはいかなる理由なのですか?

      他サイトの文章をそのままコピペすると、GoogleのAIアルゴリズムで悪質なコピペサイトと判定されてGoogle八分されますよ。HTMLタグのblockquateを使用すると避けられる可能性が上がりますよ。そうしたら、Google検索でサイトにたどり着ける読者が増えるかもしれません。

      こんな些細なアドバイスを受け入れることで、なにか譲れないプライドとか傷付くのですか?
      この程度の枝葉末節にすらコミュニケーションの齟齬を来すのはハッキリ言って異常ですわ。
      こんな細かいことに無頓着なら、本筋の気宇壮大な天下国家論など、まともにあなたと会話しようという人間はいるでしょうか(反語表現)。

      1. 同業者 より:

        気になってこれを読んでみました。
        https://blog.goo.ne.jp/mubenrokka/e/4c0d445253c540f2135e3d11196cfc9a

        んー。確かに引用部分が車体になってませんね。
        私なんてここのコメント主さん達が散々けなしているのを見て、「あれ?悪くないじゃん」って思いながら思わずうんうんうなづきながら読んで、途中で

        「引用ここまで」

        ってのを見て、がくーーー。っとずっこけちゃいました。「他人の意見やったんかい!」ってね。

        他のブログだと引用している部分とそうじゃない部分がはっきり目で見て判るようになっているのですが、こちらの記事はそうじゃないですね。ミスですか?わざとですか?

        後、日経のリンクもチェックしました。「この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。」ですって。その続きを勝手に転載しちゃうのは、かなりまずくないですか。昨日も朝日新聞の記事で言いましたが、流石に断りなく有料版読者でしか見れない部分を丸っと引用しちゃうのってまずくないですか。相手が日経さんだと金はあるから弁護士雇って訴えてきたりするかもしれませんよ?

        技術的な感想なのですが、多分、貴ブログで引用した部分、本当は引用しなくても書けると思うのです。再検討してみてはどうでしょうか?(HTMLとか難しいのは僕も素人なのでよくわからないのですが)

        1. りょうちん より:

          斜体かどうかなどは本質的では無いのですよ。

          他人のオリジナルコンテンツをそのままパクって掲載するサイトは多いです。
          その理由は、誤ってオリジナルでは無くてパクリサイトをクリックして見てしまえば広告収入が得られるのと、検索汚染と言われるSEOテクニックなどの目的があります。
          Googleのコアコンピタンスは「質の良い検索結果」ですので、天才が集まったGoogleはそうした不埒なサイトを弾くためにやっきになって検索アルゴリズムを日々改良しています。
          「正当な引用」と悪質なコピペの判断は、そう単純なアルゴリズムではないでしょうけど、引用は引用であるとロジカルにコードで示してあることは前提条件として非常に重要です。
          Gooブログのサイトを見てみましたが、WYSIWYGエディタに文字装飾などはあっても引用などのボタンはありませんでしたので、おそらくどうやったら、そうしたコードが書けるのかわからないのではないですかねえ。
          最近は、Blogエディタというのは下火になっていますが(WPなどのWYSIWYGエディタが充分高機能になっているので)、Gooのような低機能のサービスを使うなら、Google Documentなどを使うと良いでしょう。
          ただし、なぜかblockquateにするのに変な操作が必要なのでお勧めというわけではありません。
          スキルさえあれば、AtomやVisual Studio Codeを使うのがトレンドです。

        2. ひろた より:

          追加で失礼します。
          斜体がどうかなんてどうでも良いことです。
          引用の仕方もうダメですよね。
          孫引き、新聞など記事の出典先の明示の仕方。データの引用の仕方。明らかに転載不可な画像の転載。
          まともに相手する文章ではないです。
          そもそも論拠の意味すら理解できていないのではないでしょうか。
          明らかに著作権法を違反していますし、万引き常習犯の心理を調べているような方でないと彼の心理は理解できないのではないでしょうか。
          このようなサイトは弾かれて当たり前であり、新宿会計士さまが寛大な措置をしているのです。

      2. 同業者 より:

        あ、そうそう、本当はこっちの記事について書こうと思ったのです。

        https://blog.goo.ne.jp/mubenrokka/e/567f46598b6598b445b6693998b9f4ae

        「私のブログがグーグルに弾かれているとの指摘を受けた。日経の高橋是清の記事を引用した記事がグーグルでは表示されないらしい。残念だ。」の下り、こちらのブログのコメント欄の指摘なのだと思うのですが、アドバイスには従った方がいいと思うのです。

        あ、そうそう、昨日僕が言った、ブログ主の
        https://shinjukuacc.com/20210611-04/
        読まれましたか?

        1. 同業者 より:

          ごめんなさい、自己レスです。これで最後にします。
          リンク、間違えてました。

          https://shinjukuacc.com/20210611-03/

          だったのです。差し出がましいことをして、リンクまで間違えて、本当にごめんなさい。

    5. 匿名 より:

      今更だけど、あなた、ブログ書く基本姿勢がなってないよね。

      >>「朝日新聞の部数は2021年3月の時点で475万部だ」、出所は?

      >https://blog.goo.ne.jp/mubenrokka/e/db744cc122721f7a3f5b89534caeb268

      >から辿っていただき、

      >http://www.kokusyo.jp/oshigami/16329/

      >です。このサイト主は左翼ですが、左翼と割り切れば読めると思います。最悪ABC部数だけを参照すれば良いかと。

      この下りだけでも全然ダメ。情報源は最初からちゃんと全部出せって話だし、後出しされても困るよ。「こーいう数字があるよ」ってのは、数字の算定根拠と一緒にブログ主が出すもんなの。

      そういや別スレで
      https://shinjukuacc.com/20210602-00/comment-page-1/#comment-166626

      国債発行上限を読者から突っ込まれて、

      >新宿会計士さんはMMTに懐疑的のようですし、私も人様に教えるほど理解しているわけではないのですが。

      って言ってましたね。
      人様に教えるほど理解している訳じゃない癖に、人様にブログを読ませようとしてるんですかい?
      ・・・ダメじゃん!

      1. 聞かれれば答えますが朝日新聞の部数の根拠まで書く必要はないと思いましたので。引用記事を貼りましたしね。

  6. sey g より:

    人は何故ブログをするのか?

    自分の主張を知らせたい。
    アフィリエイトで儲けたい。
    賞賛されたい。
    等、色々あります。

    自分は昔、こうすれば世の中良くなるのにと自分の考えを書いてました。
    しかし、誰も読みに来ません。
    批判もないので、自分の考えが正しいのか間違ってるのかわかりませんでした。
    しかも、世の中には自分の考えをより洗練させて、しかも注目されてるブログが沢山あります。
    その時に思いました。
    俺が書かなくても、自分より優れたブログがあるなら この努力無駄だと。
    そっと、ブログを閉鎖しました。

    もし、会計士様のトコロテ自分のブログを宣伝するなら、全く色違いのブログか同じ方向でもより優秀で質の高いブログでないと意味が無いような気がします。

    例えて言うなら、ラーメンスタジアムでチェーン店が出店してる様なもの。
    スタジアムで食べなくとも、そこらじゅうで食べられるじゃん。

    若しくは、不味いラーメンでも御客の意見を集める為に出店するのも有りかも知れません。

    自分は美味いラーメン屋を見て、自分で店を出すのを諦めた人間です。(例えです。)
    どんなに不味くとも、店を出すだけでも凄いことです。
    ただ、アメリカの田舎では、日本の有名店の名を騙った不味いラーメン屋があるらしいです。
    ラーメンの存在が無いところでは、ラーメンというだけで繁盛出来る可能性もあるらしいです。

    出店場所は大事です。

  7. 匿名 より:

    ここの板に書くべき話題かどうかは分からんが、ネトウヨとパヨクってこじらせてるという意味ではおんなじかも。社会との接点のなさ、社会人経験の無さから来るクズっぷりは右も左も関係ない。安倍ちゃんやガースーを批判してるのがパヨクのネトウヨだからね。誰のブログを読んだ感想とは言わないけどね。

    1. りょうちん より:

      そういう話題なら、「テロール教授の怪しい授業」という思想ギャグ漫画がお勧めですよ。
      右や左の旦那様をコケにするスタイルは痛快です。

    2. 匿名さんへ

      自分が権力者になったわけでもないのに権力者を礼賛しても仕方ないと思いますが。

  8. りょうちん より:

    Googleにどう認識されているかは、こうやって知ることが出来ます。

    https://www.google.com/search?q=info%3Ahttps%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2Fmubenrokka

    >このページの情報はありません。
    無視リストに入っているか、統計にも入らないゴミめっ!という扱いです。

    https://www.google.com/search?q=info%3Ahttps%3A%2F%2Fshinjukuacc.com%2F&sxsrf=ALeKk03vNYk1-4BNJhMZLgZhpAih9hJ0pw%3A1623583166827&ei=vunFYLjsMcO2mAWc_IOgAg&oq=info%3Ahttps%3A%2F%2Fshinjukuacc.com%2F&gs_lcp=Cgdnd3Mtd2l6EANQg5IOWIOSDmDYnA5oAnAAeACAAb4BiAGfApIBAzEuMZgBAKABAqABAaoBB2d3cy13aXrAAQE&sclient=gws-wiz&ved=0ahUKEwi4w6_PvpTxAhVDG6YKHRz-ACQQ4dUDCA4&uact=5

    多数のエントリが表示されています。

    1. チキンサラダ より:

      りょうちん様、

      info: という operator は多分もう有効ではないかと。

      1. りょうちん より:

        https://www.suzukikenichi.com/blog/google-retires-info-command/

        本当だ。
        失礼しました。この書き込みは取り下げさせていただきます。

        1. りょうちん より:

          sites://blog.goo.ne.jp/mubenrokka

          だとインデックスが表示されるので、まだ八分にはされていないようです。
          ただ純粋に閲覧数が少ないだけのようです。

    2. 新宿会計士 より:

      りょうちん 様

      横から失礼します。「パワーポイントという特殊なソフトウェア」で資料を作るのが日課の「新宿会計士」と申します。

      なかなか興味深そうな話題ですね。グーグル先生の使い方、いろいろあって面白いですよね。「斜め」とか「一回転」とか「重力」とか。

      飲食店経営者が目の前の道の交通量を曜日別・時間別に調べるのと同じで、ウェブ評論家としてはグーグル先生の挙動を研究するのは興味深いと日々感じる次第です。

      引き続きのご愛読並びにお気軽なコメントを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

      1. りょうちん より:

        そういえば、ExcelもeSportsの種目になる時代らしいです。
        https://www.gamespark.jp/article/2021/06/08/109325.html
        最強のExcel使い決定戦、開幕―財務モデリングの腕を競うe-Sportsトーナメントが本日20時放送予定

        そのうちパワポもなるのかなw

  9. ブログを更新したので宣伝させていただきます。2日ほど休ませて貰いましたが。一読をお願いします。できればランキングポイントも押して下さい。

    少々短めの記事ですが、質の悪い国会議員はいくらでもいますので彼らを批判するよりは権力中枢である内閣総理大臣周辺が何を考え、何をしようとしているのかについて注意を払うべきかと思います。国会議員も下には下がいくらでもいますので彼らに注意を払っても仕方がないのです。それより権力中枢が何をするかに注意を払うべきなのです。

    引用は紫にしてみましたがどうでしょう。また高橋是清の記事ですが、グーグルで検索すると私のブログも出てくるようになりましたが。

    1. 匿名 より:

      「下には下がいる」自己紹介ですか?

    2. りょうちん より:

      どうも私のレスを無視する方向になったようなので、私もあなたのサイトにアクセスするのを止めることにしました。
      こうやって、リアルでも友人を無くしていったのではないのです?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。