韓国与党関係者「日本が邪魔しない程度に関係回復を」

日韓関係を自分で破壊しておきながら「プランB」とは…

6月11日以降、英国・コーンウォールで開催される予定のG7サミットのサイドラインで、日米韓3ヵ国首脳会談などが開かれるのかどうかを巡る観測報道がいくつか出て来ました。また、これに加えて、最近韓国で(勝手に)強まっている東京五輪ボイコット論も、良い感じでくすぶっているようです。果たして韓国は五輪をボイコットするのでしょうか。

日韓vs日米韓

先日の『「日韓」と「日米韓」を明らかに分けて考える日本政府』などでも取り上げたとおり、英国・コーンウォールで6月11~13日に行われる予定のG7サミットのサイドラインで、日米韓3ヵ国首脳会談が行われるかどうかに関する観測記事がいくつか出て来ています。

あくまでも当ウェブサイトなりの主観ですが、日本政府(あるいは菅義偉政権)は、「日米韓3ヵ国連携」と「日米関係」を、明確に分けて考えているように見受けられます。

あくまでも報道ベースですが、『「茂木氏が機先制し米国の日韓関係介入を阻止」=産経』でも紹介したとおり、産経ニュースは5月6日付で、「茂木外相が米国に対し、『日米韓3ヵ国』はしっかりやるから、『日韓』には介入しないでほしいと要求した」、と報じました。

「韓国との問題は日本に任せて」茂木氏、米国の介入防ごうと先手

―――2021.5.6 19:06付 産経ニュースより

産経ニュースによると、茂木外相はジョー・バイデン政権発足直後からブリンケン国務長官に対し、「北朝鮮問題に対処するための日米韓3か国の枠組みはしっかりやるから、日韓2ヵ国の関係には介入しないでほしい」などと働きかけていたとしています。

いわば、「日韓関係がギクシャクしているからといって、(バイデン政権が重視している)『日米韓3ヵ国連携』については進めるから安心して欲しい」、と、機先を制した格好です。

日米韓と「うまく」つきあう日本

このあたり、インターネット上を眺めていると、「韓国のように信頼できない国との連携など意味がない」、「それなのに米国に阿(おもね)って韓国との協力を表明するとは、茂木(氏)も情けない」、といった意見がないわけではありません。

しかし、現実に米国は日本にとって欠かせない同盟相手国である、その相手国が強い意向で「日米韓」に拘っている以上、日本も(表面上でも良いから)「日米韓3か国の連携は大事だね」、などと歩調を合わせておくのは、現状ではやむを得ない話でしょう。

もちろん、個人的な観測では、「日米韓3ヵ国連携」というよりも、「米韓同盟」自体がいずれ、枠組みとして破綻せざるを得ないと考えています。それなのに、米国が「日米韓3ヵ国連携」にこだわるのは、日本にとっては少々迷惑だ、という言い方もできます。

ただ、いずれ日米韓3ヵ国連携が米韓同盟とともに破綻せざるを得ないのだとしても、少なくとも日本に悪影響が生じてはなりません。

だからこそ、日本が「自由で開かれたインド太平洋」(英語でいうところの “Free and Open Indo-Pacific” あるいは「FOIP」)の事実上の「事務局」を買って出て、日米豪印クアッド、日米英、日米仏、日米加などの安保対話を進めているのは、「韓国抜き」への備えでもあるのかもしれません。

このように考えていくと、現状の日本は「日米韓3ヵ国連携」に前のめりなバイデン政権に対し、「日米韓」にはほどほどにお付き合いしつつも必要以上に進めようとせず、それに代わってクアッド連携などを強化しようとしているのだ、とする仮説が成り立ちます。

そして、この仮説は、おそらくそれなりに角度が高いものだと思います。

日米韓に向けた圧力

ただ、外務省あたりには、この期に及んで、いまだに「日韓友好」と唱える人たちもいるようであり、菅義偉政権の意向がどこまで貫徹するのかについては、慎重な見方も必要でしょう。

とくに、共同通信が土曜日に報じた『政府、日韓首脳会談を設定せず G7開催時、歴史問題で』という記事によれば、少なくとも日韓首脳会談については見送られる可能性が出て来たところです。

そして、「日米韓」という単語が出て来ると、そこに俄然、強い関心を示すのが韓国メディアです。これに関連し、韓国メディア『中央日報』(日本語版)には今朝、こんな記事が掲載されていました。

G7サミット期間中に韓日米首脳会議? 外交界「計画進展なし」

―――2021.06.07 06:53付 中央日報日本語版より

中央日報はこの「コーンウォールG7サミット」で、日米韓3ヵ国の「首脳が一堂に会するだけに、3ヵ国が別途会談を持つのではないか」、「参加国首脳が中国に対してどのような声を出すのか」などに関心が集まっている、などと述べています。

個人的に「『関心が集まっている』のではなく、『中央日報自身が注目している』だけではないか」、とツッコみを入れたいと思ってしまったのは、ここだけの話です。

自力で問題解決もできない韓国

それはさておき、中央日報によると、「外交消息筋」は「G7首脳会合を契機に韓日米首脳会合を開く案と、3ヵ国首脳が個別に会う案が同時に推進されている」としつつ、後者はとくに米国が希望しているものの、「どちらも進展がない」のだとか。

そして、中央日報が「変数」として取り上げるのが、「最近急激に悪化した韓日関係」だそうです。

具体的には、「日本が東京オリンピック(五輪)ホームページに独島(トクド、日本名・竹島)を自国領土で表示した地図を載せ、韓国では『これを修正しないなら五輪をボイコットする』という声が高まっている」、としています。

これについては『東京五輪南北同時不参加の可能性』でも申し上げたとおり、個人的には、韓国政府が初志貫徹し、東京五輪ボイコットを実行することを心の底から楽し心配している次第ですが、中央日報の記述はさらに興味深いです。

外交界では米国が3国首脳会議を推進する必要性と名分がもさらに大きくなったという分析も出ている」。

意訳すれば、「自分で五輪ボイコットを言い出してしまい、収拾がつかないから、米国に仲介して欲しい」、という意味でしょう。実際、経済社会研究院の申範澈(しん・はんてつ)外交安保センター長の発言も、そのようなものです。

経済社会研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)外交安保センター長は『最近の韓日葛藤を緩和するためにも、米国はG7という契機を逃さず、より一層積極的に韓日米首脳会議を推進するだろう』としながら『韓日も米国の提案を断るのが容易ではない状況』と分析した」。

自力で問題解決問できないとは、本当に、情けない国ですね。

プランBってなんだ!?

さて、「東京五輪自縄自縛問題」に言及したついでに、同じく中央日報に掲載された、こんな記事についても紹介しておきましょう。

韓国与党「北朝鮮の不参加で文大統領の『東京平和プロジェクト』は反故に…プランB稼動」

―――2021.06.07 09:21付 中央日報日本語版より

こちらはさらに噴飯物の記事です。

文在寅(ぶん・ざいいん)大統領が(日本側の了解なく勝手に)構想して来た「東京平和プロジェクト」(?)なるものが、「事実上、失敗に終わった」と述べるものだからです。

それが「失敗に終わった」理由は、五輪の正常な開催自体が不透明となったこと、「竹島地図」問題、北朝鮮の不参加、の3点なのだとか。これは、中央日報の電話インタビューに応じた「与党高官」が6日に明らかにしたもので、「現実的側面を考慮して一種の『プランB』が稼働される」としています。

中央日報はまた、文在寅氏が昨年末からやたらと日本に対し宥和的なメッセージを出していたことについては、南北和平と密接な関係があると述べているのですが、これも優れた韓国観察者である鈴置高史氏の論考を熟読していれば、「いまさら」感がある説明でもあります。

中央日報の記事を眺めても、その「プランB」について明確なものは記載されていません。

日本を最大限挑発する韓国の政治家

ただ、北朝鮮との関係では「制裁の緩和、鉄道・道路分野の協力」といった具合に、米国の神経を逆なでするようなメニューがずらずらと紹介されていて、これはこれで大変に問題がありますが、それだけではありません。

次の記述を読むと、彼らが神経を逆なでしている相手は、米国だけでなく、私たち日本でもあることが、よくわかります。

南北問題に関与してきた与党の核心要人も『北朝鮮が五輪不参加を曲げず、プランAはすでに水の泡になった』として『ただし、文大統領が五輪を通じて日本が韓半島問題を最低限邪魔しない程度までは両国関係を復元しなければならないという考えには変わりがないと承知している』と伝えた」。

「日本が朝鮮半島問題を最低限邪魔しない程度までは両国関係を復元」。

この暴言、なかなか強烈です。

韓国は自分で日韓関係を破壊しておきながら、その自覚がないだけでなく、「日本が朝鮮半島問題を邪魔している」と逆ギレしているわけですから。

ちなみにこの人物は、こんな発言もしています。

最近、与党で提起される『五輪ボイコット』の主張も日本に対するレバレッジ次元の圧迫術」。

これもまた、良い感じで意味不明です。

韓国が東京五輪をボイコットすることが日本に対する「圧迫」となるとは、初めて知りました(笑)。

いずれにせよ、韓国が五輪ボイコットを通じて日本に圧迫を加えてこないかどうかが楽しんぱいで楽しんぱいで、食事もほとんど喉を通らず、本日の昼食はとんこつラーメン大盛りとチャーハンくらいしか喉を通らないのではないかと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    あの~太りますよ。

  2. 匿名 より:

    しかし、アメリカも滑稽ですねえ。
    アメリカは、自分たちの脅威にならないよう、冷戦終結以降日韓を仲違いさせてたんでしょうけど、中共が新たな脅威として浮上するや、慌てて仲を取り持とうとしているとは…(と私は見ています)。
    韓国の、一見するとチグハグな対米外交も、そんなアメリカの性根を見据えた上での皮肉なのかもしれませんな。

    1. チキンサラダ より:

      同感です。
      アメリカはこういう自己矛盾が多いですね。イギリスの場合は修復の努力もせずに放置したままが多いですね。

      しかし、経緯はともかくとして、一旦こうなってしまえば、二国の関係が正常に戻らないのは印パの関係を見れば明らかですね。

  3. 阿野煮鱒 より:

    校正でございます。

    誤: それなりに角度が高いものだと思います。
    正: それなりに確度が高いものだと思います。

    ついでに、中央日報の誤植も指摘しておきます。

    誤: 必要性と名分がもさらに大きくなった
    正: 必要性と名分がさらに大きくなった

    こちらは元記事の誤植であり、サイト主様はそれを「原文ママ」にコピーしただけです。

    1. チキンサラダ より:

      「確度」の校正、先を越されてしまいましたw

    2. だんな より:

      阿野煮鱒さま
      流行りの「推敲の見落とし」でしょう。

    3. はるちゃん より:

      仮説に「角度」を付けたのかと思いました。
      某新聞社のように。

  4. イーシャ より:

    米国の立場
    プランA: 韓国を FOIP に引き入れる ・・・ 既に失敗
    プランB:タンカー輸出などの件で、韓国にセカンダリーサンクションを発動する

  5. 頓珍韓 より:

    新宿会計士様

    >本日の昼食はとんこつラーメン大盛りとチャーハンくらいしか喉を通らないのではないかと思う次第です。

    緊急献立会議を開いていませんので、チャーハンがいつ提供されるかわかりませんよ、

  6. チキンサラダ より:

    韓国の、「自分が泥まみれになることは厭わず、日本を泥まみれにすることに重きを置く」姿勢は、奴隷解放前の黒人たちの反逆や、インドでの反英の反乱の文化を思い起こさせます。
    つまり、韓国は精神的に日本から独立できていないのでしょうね。韓国が何か問題を引き起こすたびに、民間レベルで「精神的に日本から独立できていない」と返すことにより、彼らに自制心が働くようになると期待するのは甘すぎるでしょうか。
    もっとも、日本も米国から見ればまだまだ自立できていない部分があるので、韓国を笑ってもいられる立場でもないですが。

    1. 阿野煮鱒 より:

      先日述べたイルベ民の中には、日本を「ガトポン (God + イルボン)」と呼んで崇拝する振りをしたり、「ご主人様、もう一度併合してくれ」と懇願する振りをしたりする輩がいます。これらは、文字通りの日本崇拝というよりも、左派政権を批判するために日本をダシに使っている面が大きいと思います。

      イルベ民は韓国の少数派であり、多数を占める量産型韓国人を「無条件愛国主義者」と批判します。何も考えず、脊髄反射で愛国精神を発揮すし、無闇に反日する連中を揶揄するために、日本を崇拝してみせるという意図も感じます。

      つまり、イルベ民の帝国臣民ごっこは、彼らが日本から精神的に独立していないからではなく、国内葛藤に利用しているだけだと私は見ています。

      そして、多数派の量産型韓国人は、韓国は日本と戦って独立を勝ち取ったと信じています。あの「独立門」は、その独立戦争の勝利を記念して作られたものだと思い込んでいます。

      少なくとも、韓国人の表層意識において、日本から独立できていないという自覚は韓国人にはないでしょう。

      韓国が何かにつけて日本に甘えてくる態度を見れば、独立できていないことは明らかではないかという考えもあるでしょうが、韓国は米国にも甘えますし、他の大抵の国に甘えます。中国様だけは別格です。

      そうしてみると、韓国外交問題を自分で解決する意思を持たないのは、長らく支那の属国であったため、独自外交路線を取ることを許されなかったから、自主独立というものがどういうものなのか、いかなる意思と行動によって獲得できるものなのかを知らないからではないでしょうか。

      1. だんな より:

        阿野煮鱒さま
        日米に依存して豊かな乞食になったニダ。
        これからも依存相手を増やして、豊かになるニダ。

      2. チキンサラダ より:

        はい、そもそも依存心の強い文化だというのには同意です。
        だからこそ、「日本から精神的に自立できていない」という言説が有効なのです。
        彼らが内心感じていて、一番認めたくないことをしてきされると、表面上大騒ぎしますが、内心答えます。
        日本に寄りかかろうとするたびに、そういう言葉を浴びせられることは相当な効果があると思えるのです。

        1. 阿野煮鱒 より:

          以下は、同意を求めるものではありません。

          韓国人の精神状態が、自己愛性パーソナリティー障害に近い、あるいはそのものであるというのは、ここに集う多くの識者が指摘するとおりです。彼らは、彼らの「正義」と「真実」が現実と整合しない認知的不協和を、他者に(多くの場合日本に)責任をなすりつけることによって解決しようとします。彼らは決して自己革新を行いません。

          「他人は変えられないが自分は変えられる」これもここに集う人々の合意になりつつあります。

          韓国人を変えようとせず、日本人がより強く賢い存在に変わる方が現実的だと思います。

      3. より:

        > 韓国外交問題を自分で解決する意思を持たないのは……

        朝鮮史を見る限り、少なくとも統一新羅以降、半島国家においては、「外交」とは対中華帝国との関係性しかありませんでした。多国間での「外交」という概念そのものが存在しなかったのです。そして、中華帝国との関係性も、以下の3通りしかなかったのです。

        ・逆らってみる → たちまち叩き潰される
        ・完全に屈服して属国化し、ただただ収奪を受ける
        ・面従腹背しているつもり → 実際には見抜かれているが、収奪できればOK

        つまり、利害を調整するとか、妥協点を見出すなどといった、いわゆる「外交交渉」は中華帝国との間ですら存在しなかったのです。

        日本は外交下手な国だとはよく言われることですが、確かに異民族やら異宗教やらが入り乱れ、血みどろで争っていたようなヨーロッパや中国などに較べれば生温いものの、戦国時代など、大小勢力が入り乱れて生き残りをかけて凌ぎを削るという時代を経験しています。その過程では、当然「外交」に相当する交渉なり、工作が行われてきました。もちろん、所詮は言葉や文化の共通基盤を持った者同士の「外交」なので、生温さがあっただろうとは思われますが(*)、朝鮮にはそれすらなかったのです。陰惨な党争ばかりはありましたが、これでは「外交的感覚」など持ちようがなく、また育つはずもありまんでした。
        そんな朝鮮が19世紀末以降、突然国際的社会に放り出されました。それでもかかわった国はごく限定された国でしかなかったのですが、肝心の中華帝国(清朝)はすでにボロボロで頼りにならず、それ以外の国々は中華帝国のやり方とはおよそ違っていました。李朝の外交における惨状は当然の結果だったのです。

        このような、韓国における「外交」や「外交的感覚の欠如」は現代に至ってもそのままであると見ています。国家間における儀礼に関しては、対中華帝国でさんざん鍛えてきたので、全く欠落しているということはないのですが、逆に対中華帝国の儀礼しか知りません。席次とか食事内容などの待遇に異常なまでに拘るのはそのためです。もちろん、一般的な国際儀礼でも席次などは十分意味を持ちますが、そのこと自体が「外交の成否」を決定しているわけではありません。あくまでも成否は交渉に依ります。どうやら、その点については、韓国の理解の外にあるようです。

        党争しか存在せず、「外交的感覚」が欠落している朝鮮において、課題への対処は、中華帝国が決めてくれるもの、または勝手に決めて押し付けてくるものしかありませんでした。自力解決を図るどころか、考えることすらタブーだったのでしょう。あるいは、だからこそ両班たちは安心して党争に専念できたのかもしれません。現実的課題について考える必要がなく、それどころか考えてはいけないということになれば、そういった方面への思考が退化するのも当然だからです。

        (*) このへんが日本外交の生温さの根源ではないかと思っています。

  7. haduki より:

    >日本が朝鮮半島問題を邪魔している
    日本は北朝鮮への制裁を韓国が破ろうとする邪魔はしてますね
    先ずは国債合意を守ろうよとしか言い様がないですね

  8. めがねのおやじ より:

    韓国紙より、「外交界では米国が3国首脳会議を推進する必要性と名分がさらに大きくなったという分析も出ている」×××ブーッ。韓国自身がやりたいなら動きなさい。他人任せにするな。

    日本?別に3国なら米国が入るから構わないが、日韓首脳会談はあり得ない。もう、その線の報道は、出まくってますやん。立ち話も無いって(笑)。ソファーに座らせて、植木の陰から写真撮るなヨ!(爆笑)。恥ずかしいわ。写真週刊誌か?

    それと妄想と思うが「D10」?。印、豪の2カ国は分かるがKは無いで。それが入ると思いっきり値打ちが下がります。9カ国以外の諸国に、示しがつかない。「エ?Kが入るの?じゃ大した事無いな」(笑)。

    韓国の「東京平和プロジェクト」「プランB」?何ですかコレは。ナイナイ。貴国が選べるのは「プランC」のみ、五輪不参加、日韓首脳会談無し、スワップ無し、輸出入品目の更なる厳格化とグループCへの変更、あと金融制裁かな。往生際が悪いな〜。もう文はレームダック、次期も同じ運命だよ〜ん。

    1. 匿名 より:

      韓国は民主的であるとは言えるかも。暴走民主主義だけど。韓国除けならD10ではなくLD(liberal democratic)10にするべきだと思いますけどね。ついでに中国的民主主義とかほざいている中国除けにもなるし。

  9. カズ より:

    「バイデン大統領、韓米首脳会談で菅首相の合流を推進…韓国の反対で白紙化」(中央日報
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e88b203bfb9a2be5cc95b103a3efea6880da2457

    >ジョー・バイデン米国行政府が先月21日開かれた韓米首脳会談に菅義偉首相を合流させて韓日米3カ国首脳会談を開催しようとしたが、韓国政府が難色を示して失敗に終わったと3日、共同通信が報じた。
    >このような米国側の提案に対して、日本政府は再訪問する方向に方針を決めていたことが明らかになった。

    米国の仲介に韓国側が断りを入れてたんですね・・。
    被害者面できない席には着きたくないと・・。
    仲介が欲しいんか欲しくないんか・・。
    叩かれる席には着かないと・・。
    ワクチン欲しいんか・・。
    欲しくないと・・。
    じゃやらん。
    えっ!?

    韓国企業の4兆円投資も、元々が彼らにとっての最利得選択(ワクチンに関係なく投資される)なのですから、外交取引の材料でも何でもないのかと・・。
    *モノ欲しそうにしてるだけじゃも何も出ません・・。

    プランA:誰かに生かせてもらう。
    プランB:誰かに逝かせてもらう。
    ???

  10. 匿名 より:

    本日の韓流 綜合ニュース
    「日本企業16社を相手取った強制徴用訴訟 急きょ判決がきょうに変更=韓国」

    G7日程避けて繰り上げたのみえみえでんなあ(笑)

  11. 農民 より:

     そんな……餃子までいけないなんて相当な食欲減退では……

    >日本が朝鮮半島問題を最低限邪魔しない程度までは
     煽りでも誇張でもなんでもなく、真剣に理解が及ばないのですが。
     民意の代表たる政治家がこの認識ということは、韓国人の多くは”日本が朝鮮半島問題(統一?)の邪魔をしている”という共通認識がある、ということなのでしょうか?また、韓国憎しのためだけに統一を邪魔をするはずだ、と?
     「南北朝鮮が統一すると日本は勝てなくなるから統一を恐れている」とかいう妄想は聞いたことがありますが……(すでに韓国は日本に勝ってるという脳内設定との齟齬はさておき。)

     ……ごめん統一とかすっげどうでもいい。

    1. より:

      > 韓国憎しのためだけに統一を邪魔をするはずだ、と?

      ネット上に流れるコメントなどを見る限り、そのように信じて疑わないのが大多数のようですね。さらに、その中のかなりの割合が、「日本は四六時中韓国を侵略することを夢見ている。隙あらば、いつでも侵略してくるに違いない」という妄想を捨てようとしません。
      これらについては、左右を問わず韓国メディアが常に前提としていることなので、一部の頭の弱い跳ね返りだけの妄想というわけでもなさそうです。
      処置なしとしか言いようがありません。

      1. 農民 より:

         ありがとうございます。共通認識というかもはや前提ですか。
         上ツリーでの”韓国の外交感覚”についても拝読しましたが、はなから日本が相手になると、一般で言うところの「外交」はそもそもしてもいないのだなと感じました。ゆえに合理的な思考など必要としていないのだと。
         遠慮なく妄想をぶつけられる相手、甘い親とそれに対して攻撃性を示す幼児といった感覚か……こういう関係性に例えるのも不快感を催す方は多いでしょうが、よく韓国メディアが使う切っても切れない夫婦ニダなどと言われるよりは良いでしょう。
         実際には親子ではありませんから教育する義務も全くありませんし、効果も期待できない以上、まさしく処置なしですね。

         しかしそれにしたって現代の裕福な国で高度な教育を受けているはずなのに……などと思ってしまうようでは、まだまだあの半島への理解が足りぬということでしょうか。

  12. だんな より:

    >自力で問題解決もできない韓国

    散々「韓国は、自分で問題を解決出来ない」と言って来ましたので、もうそろそろ前提を変えて頂ければと思います。

    >「日本が朝鮮半島問題を最低限邪魔しない程度までは両国関係を復元」。

    この意見からも分かる通り、韓国は問題を解決出来ないのみならず、その責任を他者に擦り付けます。
    朝鮮脳は、理想と現実が乖離した場合、現実が正しく無いと考え、それは何かによって邪魔されているからだと責任転嫁します。
    多くの場合「日本のせいニダ」で、精神的に解決しますが、現実は悪化こそすれ変わりません。 

    また韓国は、自分で解決出来ない為、周辺国に問題を解決させようとします。
    北朝鮮に対する国連制裁決議も、当時の韓国政府は賛成しましたが、今は邪魔で仕方が有りません。
    要は、その場その場の利益の為に、一番都合の良い国の意見だけ取り入れて、その他の意見は邪魔なんですね。
    また、南北統一については、アメリカと組んで米朝首脳会談をノーディールにした日本は邪魔したと言う事です。
    実際にはアメリカも邪魔なんですが、アメリカは当事国だから邪魔者扱いせずに、何とか騙そうとしてる。日本は、アメリカが騙されないように入れ知恵するから邪魔だという事です。
    日本側から見れば、米朝両国に嘘をついて米朝合意をさせようとした、韓国が悪いと言う事になりますね。
    だけど朝鮮脳は「日本が悪いニダ」となる
    以下リピートです。

  13. 匿名29号 より:

    プランA:
    東京オリ・パラを利用して南北朝鮮合同チームを結成し融和を韓国内外にアピールする=>肝心の北朝鮮が先に不参加を表明した時点で既に失敗しています。

    プランB:
    東京オリ・パラを徹底阻止し失敗と言い立てる=>日本の野党・マスコミを利用し現在進行中。
    本国も重箱の隅をつついてシミを見つけボイコットをチラつかせ日本を「圧迫」して援護
    =>何故だか分からないが、多くの日本人が喜んでいる模様。

    プランC:
    東京オリ・パラに参加。韓国選手団を使い韓国変異型コロナウイルスを各国選手団を通じて世界中に拡散する。武漢研究所にて分離・生成中。

    プランD:
    東京オリ・パラに参加。会場で旭日旗を見つけ次第、片っ端から非難して回る。また各選手に「竹島は韓国領」とのプラカードを数多く持たせる。メダル剥奪に対しては韓国政府が補償し英雄とする。

    結局プランDが最も実現性が高いかと。

  14. 迷王星 より:

    新宿会計士様
    >日米韓3ヵ国の「首脳が一堂に会するだけに、3ヵ国が別途会談を持つのではないか」、・・・などに関心が集まっている、などと述べています。
    >個人的に「『関心が集まっている』のではなく、『中央日報自身が注目している』だけではないか」、とツッコみを入れたいと思ってしまったのは、ここだけの話です。

    いや、日米韓3ヵ国首脳会談の有無は今後の日本にとっても相当に重要なポイントだと思いますよ。

    これが開催されたならば、バイデン大統領が米日韓3ヵ国連携をかなり重要視し続けようとしているということになりますので、現状の日韓対立の状況を慰安婦合意と同じように日本に因果を含めて強引に譲歩させて(例えば慰安婦合意と同様の枠組み、つまり「徴用工支援財団」を韓国側に作らせて日本政府に支援のための資金を負担させて)対立解消を(実質的には日本だけに)強要してくる危険性が相当に高いと判断できます。

    こんな理不尽な強要をされても「アメリカは日本を採るのか韓国を採るのか」と逆にアメリカ政府に究極の選択を迫れるだけの胆力のある日本の政治家は居ませんからね。(それに、9条の縛りや国連の敵国条項のお蔭で日本は国防面で全く自立できていませんし)

    3ヵ国首脳会談が開催されなければ、さしもの反日民主党政権であるバイデン政権も韓国を見捨てつつあり日本として当面は安泰であると推測・判断するのも許されると思いますが。

    1. より:

      > 現状の日韓対立の状況を慰安婦合意と同じように日本に因果を含めて強引に譲歩させて

      さすがにそれはないと考えます。
      2015年慰安婦合意の現状をよく知るアメリカは、「また同じことを繰り返すつもりか?」と日本政府に言われたら、合理的な反論ができません。そして2015年合意の後も、韓国の対中傾斜は一向に止まらず、日韓の摩擦も高まる一方です。つまり2015年合意は「日米韓結束」には何ら資するところがありませんでした。この上さらに日本に譲歩を強要したところで、同様の結果に陥ることは明白です。
      さらに、日本に対して不当な譲歩を要求すれば、現在アメリカが最重要課題とする対中包囲網に支障をきたす可能性もあります。つまり、アメリカにとって、日本に譲歩を強要することは、百害あって一利もないのです。せいぜい、日本に譲歩を打診することくらいはできるかもしれませんが、突っぱねられたらそれ以上のことはできません。

      現在の情勢では、日米韓三か国首脳会談が開催されるかどうかは不透明です。現時点ではアメリカが朝鮮半島問題解決のために日米韓の連携が重要と考えていることは明らかですが、その枠組みが対中国ということではどうしても機能しそうもないことくらいは流石に理解しているでしょう。従って、三か国首脳会談が開催されないとしたら、アメリカが朝鮮半島問題においてすら、韓国の寄与を期待しなくなったということを示すのだろうと考えます。
      日本としては、拉致問題について韓国が寄与してくれる可能性はほぼゼロ、核・ミサイル問題についても期待薄という状況なので、三か国首脳会談が開催されようがされまいが、ほとんど影響はありません。従って、積極的に開催を望むということもないでしょう。しかし、世の中には付き合いというものがあるので、アメリカがどうしてもというのであれば、あえて反対するほどのこともないでしょう。内容のない会談など、それほどめずらしいことではないと思われるので。

      1. 迷王星 より:

        >2015年慰安婦合意の現状をよく知るアメリカは、「また同じことを繰り返すつもりか?」と日本政府に言われたら、合理的な反論ができません。

        それを日本政府が言えると思いますか?
        仮にそれを言った場合、アメリカから「じゃあ、日本は自分で国防するんだね」と言われたらどうしますか?

        そう言われた時に、菅首相が「日本を捨てて韓国を守れると本気で思ってるのか? 日本を捨てて日本がチャイナの軍門に下ったら、合衆国はグアムという西太平洋の拠点の維持は不可能になり、ハワイ沖まで人民解放軍の軍艦が押し寄せるし、インド洋もアメリカは失う事態に追い込まれるが、閣下はそれでも良いのか?」とバイデンに言い返せるとでも?

        残念ながら今の日本の政治家にそこまでの胆力のある人は皆無ですよ。このレベルの暴言を平気で吐けるほどパープリンなルーピーならほぼ一昔前に居ましたけれどね(彼だって覚悟を決めて大嘘を言ってた訳じゃない)。

        アメリカの立場からすれば、日韓どちらの言い分が筋が通っているかとか、どちらに正義があるかとかは本質的にどうでも良いのです。少し脅かした時により簡単に素直に指示に従いそうな方を脅かして言うことを聞かせるだけのことですよ。

        1. より:

          > それを日本政府が言えると思いますか?

          先に茂木外相が「日米韓はちゃんとやるから、日韓に介入するな」と釘を刺しましたが?

          > アメリカから「じゃあ、日本は自分で国防するんだね」と言われたらどうしますか?

          FOIPは終わりだねと返すことになるでしょうね。
          逆に伺いますが、対中包囲網を危殆に晒してまで、日本に不当な譲歩を強要するアメリカにとってのメリットは何ですか?
          現時点で、対中包囲網という観点から見れば、韓国は「弱い輪」どころではなく、ほとんど無意味であるのは明らかです。それどころか軍事機密すらだだ洩れにした実績すらあります。この上、さらに日本が中国に傾斜したらどうなりますか? 独力での防衛が困難な日本としては、日米安保が廃棄された場合、対中同盟とまでは行かなくても、中国との軍事的摩擦を回避する方向に行かざるを得ません。当然ながら、それはFOIPの弱体化を意味します。現在ですら、日本が「弱い輪」になりかねないという懸念があるのに、そんなリスクを冒す意味がアメリカにあるでしょうか?

          > アメリカの立場からすれば、日韓どちらの言い分が筋が通っているかとか、どちらに正義があるかとかは本質的にどうでも良いのです。

          全くその通りだと思います。そして日本にだけ譲歩させ続けた結果が現在の状況です。韓国は対中包囲網には頑なに参加しようとはせず、そればかりか、AIIB参加や天安門パレード参加など、アメリカの警告と制止を振り切って対中傾斜を強めました。アメリカの全般的なアジア理解はダメダメだとは思いますが、現時点での利害得失が計算できないほどバカだと思いますか?
          さらにもう一点。昨年の日韓GSOMIA破棄騒ぎを思い出してください。韓国側の期待に反し、アメリカは韓国に対してだけ強烈な圧力を掛け、土壇場での破棄撤回という無様な腰砕けに韓国政府を追い込みました。お説の通りであれば、アメリカは少なくとも双方に圧力を掛けた筈です。なにしろ日本は「規制」などしておらず、単に「管理を強化」しただけだったのですから、
          撤回させることなどもっと容易であったはずです。あの騒ぎでアメリカが韓国にだけ圧力を加え、日本には何も言わなかったのは何故ですか?

          日韓GSOMIAがアメリカの都合で締結されたものであると同様に、日米韓という枠組みも、アメリカの考える朝鮮半島問題対処のためです。日本としては特に反対する理由はないので、その枠組みでの推進に協力はしていくでしょう。3か国首脳会談だって、あえて反対するほどの理由はありません。しかし、朝鮮半島問題という局地的な問題のために、日本に不当な譲歩を強要し、対中包囲網という世界戦略に疵をつけるほどにアメリカがバカだったとしたら、日本は国家戦略を全面的に再考する必要があるでしょうね。

        2. 門外漢 より:

          迷王星 様

          迷王星 様

          >アメリカから「じゃあ、日本は自分で国防するんだね」と言われたらどうしますか

          「米が同盟国と認めてくれないなら中国に付くしかありませんが」と言ってやりましょう。
          実際、日本単独で中国に対抗は出来ませんから。背に腹は代えられないってことです。

          1. 匿名 より:

            宛名がダブってしまいました。ご容赦。

      2. 墺を見倣え より:

        > さすがにそれはないと考えます。

        まだあると考えます。

        > 合理的な反論ができません。

        日米半導体摩擦・自動車摩擦等々を見ても明らかな様に、米国が日本に圧力をかける時、何の合理性も要しない。

        日米半導体摩擦なんて、米の近視眼的な欲だけの話で、長期的には半導体産業が韓台というヤバい所に移動した訳なのに、何の反省もない。

        > つまり2015年合意は「日米韓結束」には何ら資するところがありませんでした。

        「日米間結束」に資さなくても、米国に資すれば十分。
        「慰安婦像」が「洋公主像」に看板替えされたら、選挙で米退役軍人会を敵に回す事になる。バイデンの頭の中は、中間選挙の事で一杯、米国の国益より選挙の方が大事。
        だから、「従軍慰安婦」なんて話が韓国のファンタジーである事は百も承知の上で、クマラスワミ等を放牧している。

        > 突っぱねられたらそれ以上のことはできません。

        そんな事できる政治家は日本に居ない。
        居たとしても、田中角栄みたいに刺されて終わり。

        韓国の様な三流国に圧力を加えても、米が得られる実利は少ない。
        日本に圧力を加えれば、韓国の場合と比べ、同程度の努力で何倍もの実利が得られる。
        米から見て、日本は圧力パフォーマンスが高い国。

        1. より:

          アメリカがしばしば理不尽な振る舞いをするという点については全面的に同意しますが、現時点のアメリカにとって、対中包囲網の構築よりも朝鮮半島問題の方が優先度が高いと見做す根拠はなんですか?

          1. 墺を見倣え より:

            米が日に圧力を加えた時、日が、「日米同盟を破棄します、明日からは日中同盟に鞍替えします。」と回答する確率をAとします。

            米が韓に圧力を加えた時、在韓米軍基地等、米が朝鮮半島及びその付近に有する利権を失う確率をBとします。

            「A>B」と御考えになる根拠は何ですか?

            「A<B」なら、米は何の心配もなく日に圧力を加えられる。

            米が日に圧力を加えた時、日が、「日米同盟を破棄します、明日から核保有国になって自主防衛します。」と回答する確率をCとします。

            「C<B」なんだから、米は何の心配も無い。たとえ「C」でも対中包囲網が霧散する訳じゃないし。寧ろ、日の自主防衛強化確率が低過ぎる事に、米が困っているくらい。

            P.S.

            貿易管理強化とGSOMIAの話は、単純に、米の指示通りに動いた日と、米の指示に逆らった韓、ですから、当たり前。日本製高純度フッ酸の横流しに関し、日本のインテリジェンスでは、怪しいと思う程度が関の山で、動かぬ証拠を収集するだけの能力は日に無い。幾ら理不尽な米でも、「俺の指示に従っただろ。」と言って圧力を加える様な事はしない。

    2. チキンサラダ より:

      私は韓米日会談はあると思いますよ。
      バイデン政権は3カ国連携を重視してるでしょう。
      慰安婦合意が反故にされたことも、意識してるかどうか、今ひとつ怪しいと感じています。
      ここまでのところ、日本はうまくバイデン政権に韓国の無道をリマインドできてるように見えますが、少しでも気を緩めると、また日本に一方的に譲歩を迫られる局面は十分ありそうです。

      1. より:

        開催される確率は80%くらいかなと見ています。アメリカ政府部内に「未練派」とでも呼ぶべき人たちがいるのは明らかですし、日米韓という枠組みが無効化したことを鮮明にしたところで、特に得をする国はありませんから。
        ただ、表面的な結束を謳った空疎な共同宣言がだされるだけだろうなとは思います。

  15. 匿名 より:

    「わかった じゃあプランBで行こう…プランBは何だ?」

    「あ?ねぇよそんなもん 」

    プランBと聞いてこれ思い出しました

    1. りょうちん より:

      これって元ネタそんなに有名なんでしょうかねえ。
      日本じゃほとんど売れなかった、XboXのエクスクルーシブタイトルゲームなのに。

  16. 匿名 より:

    そもそも日米韓がうまく機能するためには米韓関係がうまく行っていれば自然とうまくいくのであって、日韓関係が日米韓の障害になっているというのは、米韓の仮想敵が違うことを糊塗するためのただ言い訳に過ぎないですから。日米の仮想敵は基本的に一致していますしね。逆に現状のまま日韓関係が改善するというのは、韓国の仮想敵観に日本が共鳴するということですから、日米韓・米韓を機能させることに何の役に立たないどころか邪魔になるだけですね。この前の米韓会談で米国もやっとその辺理解しはじめてきたようにも見えます。要は米国が韓国にタガをはめ、仮想敵を一致させればそれなりに機能する、と。この前の共同声明はタガをはめた見返りに米国にとって優先順位の高くない北関係で少しお目溢ししてもらったってところでしょう。

    1. はにわファクトリー より:

      優れた要約と思います。
      朝鮮半島の非核化という文言が当方は気に掛かっています。中国が気に入りそうな表現だからです。ひょっとして米中は対立しているかのように見せて、腹積もりを順々にショーダウン中。こっそりツルんで韓国の頭越しに重要な決定をしかけているのではありませんか。たとえば韓国の分割占領。物騒な表現ですみません。産業力を引き裂いて双方がむしゃむしゃする=ウィンウィンする、とか。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。