「日本が台湾にワクチン提供検討」と複数メディア報道

むしろ貴重なワクチンだからこそ、大事な友人に優先提供すべき

日本政府が台湾にアストラゼネカ製のワクチンの提供を検討していると、本日までに複数のメディアが報じました。報じたメディアによって微妙に焦点の当て方は違うのですが、この報道が事実であるならば、さまざまな意味で歓迎すべきことは間違いありません。なぜなら台湾は日本にとって、地理的にも歴史的にも、経済的にも軍事的にも、極めて関係が深い「友人」であり「パートナー」だからです。

AZ製ワクチンの台湾への提供=毎日新聞

日本政府が確保した英アストラゼネカ(AZ)社の新型コロナウィルス感染症ワクチンを巡って、日本政府がその一部を台湾に提供することを検討していると、昨日の深夜から本日の昼前にかけて、いくつかのメディアが報じました。

ここでは毎日新聞、産経新聞、日経新聞の3つの媒体の記事を並べておきましょう。

まず、毎日新聞の記事では、「日本政府が調達分の一部を台湾に提供する検討をしていることがわかった」、などとしつつ、「ワクチン調達が進まず中国と摩擦を起こしている」台湾にワクチンを提供することで、「中国に対抗する狙いもありそう」、などと報じています。

アストラゼネカ製ワクチン 政府、台湾へ一部提供を検討

―――2021/5/28 00:58付 毎日新聞デジタル日本語版より

もっとも、毎日新聞の記事では、AZワクチンについては「欧州でごくまれな副反応として血栓症が報告されている」などの問題点を指摘。

そのうえで、AZ社と日本政府の間で「接種後に健康被害が起きた場合の賠償を日本政府が肩代わりする」という内容の契約があることから、「台湾に提供した場合の責任の所在が課題となる」、などとしています。

産経新聞は「日台は相互に助け合っている」

一方、毎日の記事の少しあとに、産経ニュースには情報源を「複数の政府・自民党関係者が27日に明らかにした」としたうえで、やはり日本政府がAZワクチンの一部を台湾に提供する「方向で検討している」ことがわかった、などと報じています。

<独自>政府、台湾へのワクチン供給支援を検討

―――2021/5/28 05:00付 産経ニュースより

産経はまた、「日本と台湾は大規模災害などの際に相互に助け合っていることも踏まえ、今回は緊急措置として支援が必要と判断した」としていますが、このあたりの報じ方は、「責任問題」に言及する毎日新聞と大きく異なる部分でしょう。

いずれにせよ、毎日、産経ともに、今回のワクチンについては、先進国などがワクチンを共同購入し、途上国などに提供する「COVAXファシリティ」などの仕組みを通じて台湾に提供する、などの案も浮上しているとしています。

その一方で、日経新聞の本日正午まえの報道では、自民党の外交部会が28日の会合でAZ製ワクチンを台湾に提供することを求め、これを受けて、政府が緊急支援策としてその検討を始める、としています。

台湾にワクチン提供、自民部会が要請 政府検討へ

―――2021年5月28日 11:50付 日本経済新聞電子版より

このあたり、「いつ、だれが検討し始めたか」、などの点において、毎日、産経、日経の報道には微妙な違いがありますが、いずれにせよ複数のメディアがこれを報じたということは、「日本政府が台湾にワクチンを提供することを検討中である」という情報は、確度としてはかなり高いと考えて良いでしょう。

「貴重なワクチンを外国に提供して良いのか」

そもそも論ですが、私たち日本国民が使うべきワクチンを外国に提供してしまって良いのでしょうか。

これらのメディアの報道でも出ているとおり、日本政府はAZとの1.2億回の供給契約以外にも、すでに米ファイザーと米モデルナのワクチンで約2.4億回分(つまり約1.2億人分)を確保しています。

そして日本政府はAZワクチンについては21日に薬事承認したものの、欧州でごくまれに血栓が生じている事例などを受け、「当面は日本国内の公的接種対象から外す方針」としています。

また、先ほどの毎日新聞にあった「責任問題」に関しては、日経電子版は「政府は接種後に健康被害が起きた場合の賠償責任などの課題を整理し、調整を進める」などとしています。

その一方で、AZワクチンの血栓問題は気になるところですが、これに関連し、韓国メディア『中央日報』(日本語版)にはこんな記事も出ていました。

ドイツ研究陣「AZ・ヤンセンの血栓原因突き止めた…問題解決可能」

―――2021.05.28 10:27付 中央日報日本語版より

これは、現地時間26日付の英フィナンシャルタイムズ(FT)の報道をもとに、AZや米国のヤンセンのワクチンで血栓症が発生することの原因を、ドイツの科学者が突き止めた、とするものです。現段階で予断は禁物ですが、AZの血栓問題にも解決のめどがたつことを期待したいところです。

日本にとって台湾は…

いずれにせよ、AZワクチンを外国に提供するという点については、「日本国民を後回しにして、貴重なワクチンを外国に提供するのか」、という批判は当たりません。

むしろ、日本国民にとって必要な量を確保したうえで、さらに余ったものを外国の大事な友人に提供するというのは、外交・安全保障上も非常に正しいやりかたでしょう。

では、その貴重なワクチンの提供先、本当に台湾で良いのでしょうか。

結論からいえば、日本政府がその貴重なワクチンを台湾に提供するのは、日本政府としては首尾一貫した行動です。

なぜなら『外交青書:基本的価値の共有相手は韓国ではなく台湾だ』でも述べたとおり、日本は台湾を、「日本にとって、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を共有し、緊密な経済関係と人的往来を有する極めて重要なパートナーであり、大切な友人である」と認識しているからです。

この記述は、『外交青書 令和3年版』(※PDFファイル/大容量注意)の55ページに出て来るもので、また、日本政府が「基本的価値を共有している」と認識している相手国は、近隣国の中では台湾のみでもあります。

逆に言えば、「貴重なワクチンだからこそ、私たちと基本的価値を共有し、私たちの大事な友人である台湾に優先的に提供するのだ」、という言い方をしても良いでしょう。

ただ、台湾にワクチンを優先提供することは、こうした「価値観」の観点だけではなく、非常に重要な意味があります。

さきほどの日経電子版の記事の続きを読むと、自民党の外交部会が28日に取りまとめた提言についての記述があります。具体的には次のとおりです。

  • 台湾が環太平洋経済連携協定(TPP)に参加するよう日本政府が働きかける
  • 海上交通路(シーレーン)の安定確保や抑止力の向上へ防災や海難救助での日台間の海上保安連携を強化する
  • 台湾との議員外交を促進するため、外交部会長と国防部会長同士の会談実現にも取り組む

地図で見れば明らかですが、台湾は日本にとっても海上交通の要衝にあり、また、日本に最も近い隣「国」であるとともに、日本列島とともに中国を太平洋から隔絶する役割を果たしています。

日本にとって台湾は、単なる友好国であるだけでなく、名実ともに、経済的にも安全保障上も重要なパートナーであることは間違いありません。その台湾に対するワクチンの供与が実現すれば、日台友好はまた一段の高みに上る可能性があり、その動向からは目が離せないところです。

読者コメント一覧

  1. 羊山羊 より:

    中国製は怖くて使えないと報道官が言ってましたねw

    1. 羊山羊 より:

      ソニーとtsmcが熊本に合弁会社作るって話とセットかも

  2. ポプラン より:

    COVAX通すと、乞食の中抜きや中国の妨害がありそう。
    期限切れが近いので直接交渉すべきでしょう。
    親中派の妨害必発ですが、AZで良ければお持ちくださいの気持ちで
    交渉お願いします。

    1. 農家の三男坊 より:

      ポプラン 様のアイディアが実現しそうで良かったですね。

      血栓対応では50歳未満の女性は別のワクチンを使ってもらった方がよさそうです。
      ドイツの論文ではアデノウイルスを使っていることが原因のようですが、対策があるのでしょうか?、

      1. ポプラン より:

        農家の三男坊 様
        私、専門領域が違うのと卒後35年もたっている老兵なので知識不足です。
        ただ、開発から短期間で臨床応用した薬にはいろいろ起きることは経験
        しております。道修町の某大製薬会社が鳴り物入りで売り出した抗生物質が
        日本全国でスティーブンス・ジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群)を
        引き起こして忽ち販売中止になったことなど自分の受け持ち患者でも
        経験しました。
        あ、興味があってwikipediaを検索する際は写真がすごいのでご注意を。
        走りながら開発した薬の副反応は走りながら解決するしかないので
        世界の研究者が追いかけていると思います。
        研究が上手くいってデータが揃い半年から一年、
        それから論文を書いて学会発表や論文投稿して数か月で掲載されて
        議論されて定説として認められるまで、異論反論objectionありましょう。
        インターネット利用が進んだ現在では、時間短縮していますが
        研究の時間短縮は、なかなかできません。
        アデノウィルスの何が問題なのか?
        以前雑談記事に投稿した細菌兵器問題で取り上げましたが
        ロシアのスプートニクは、10年前から開発して一回目と二回目では
        アデノウイルスの株を変えて免疫系にアデノウイルス本体に対する抗体産生
        は抑制しながらコロナ関連部分の抗体を産生させる方法をとっているとか。
        いま日本で使用されているのはより安全と言われるm-RNAワクチンです。
        ただ、まさに昨日勤務した施設ではワクチン二回目接種後2週間になる
        40代のスタッフが突然くも膜下出血を起こして入院しました。
        ワクチン接種との関連は全く不明ですが因果関係を完全に否定することは
        難しいです。
        万一亡くなったら裁判まで行くでしょう4000万円が掛かってますから。
        現代にペストが甦り、人類は戦っている。
        鳥の嘴のようなマスクが、ワクチンにかわったことは人類の進歩です。
        私もリスク承知の上で接種しました。
        また医療職以外の家族も可及的速やかに接種しようと話し合っています。
        接種します。
        答えにはなっていませんね、すみません。

  3. 頓珍韓 より:

    兎角、中国の話が出てきますが、中国が台湾に提供すると言っているのだから、日本が台湾に提供すると言って問題はないでしょう。
    中国が台湾は中国の領土というならば、理屈としては日本が中国にワクチンを提供するのと変わりがないのですから。
    まあ、これは明らかに屁理屈かもしれませんが、第一義は日本と友好関係がある台湾の人々が安定した生活を送れるようにするということですから、台湾の人々が喜ぶならば誰に遠慮がいるものか!ってなもんです。
    東日本大震災をはじめとした台湾の恩に報いるチャンスです。
    当たり前のはなしが早々にでてきて良かった良かった。

  4. 引っ掛かったオタク より:

    使用期限のこともありますし、台湾ではAZを主に接種しているという話も側聞しましたからASAP供出すべく動いてもらいたいもんであります
    オセアニア大陸辺縁部の某半島から「うりが貰ってやるにだ」などという寝言が来そうではありますがきっと空耳ッス

  5. 匿名 より:

    台湾は既にアストラゼネカ製ワクチンを使用しているので受け入れは問題なさそうですが、日本で使わない、使えないワクチンで支援したと思われないように注意深く慎重に支援する必要がありますが
    マスコミがアストラゼネカ製ワクチンの副作用について過剰報道しそうですね。
    アストラゼネカ製ワクチン=使えないワクチンとのすり込みで副作用のあるワクチンで支援するのか!、とかで妨害するかもしれません。

    1. ken より:

      ほんと、南極大陸の某国を変に刺激せず、生成粛々と行動に移して欲しいですね。

    2. はにわファクトリー より:

      5/20 審議会においては AZ ワクチンは政治的に認可しないのではないかとの見方もありました。しかしそうしてしまうと、備蓄 AZ は処分するほかなくなるうえ、使い物にならない(と判断したとしか言いようがない)ワクチンは譲渡しようにも倫理が建たない。こうゆう議論があったのでは、と。

  6. 福岡在住者 より:

    台湾へのワクチン提供は、同じAZ製ワクチンを使用し、かつ数が不足している隣国に対しての、サイレント型(経済)制裁、あるいは消極的(経済)制裁ですね。 ようやく発動ですか。

  7. k_endo より:

    3つの新聞は、薬害責任、供給手段、道義的あり方をそれぞれ記載しており、何やら情報の出し方を握っている感が漂いますなw
    しかし、これを総合すれば、薬害責任はブログ主ご指摘の報道が正しければ、時間経過と共に解決法が期待されるでしょうし、そもそも台湾はAZワクチンの手配を自ら進めておりますからね。
    供給手段の妥当性からいえば、オブザーバー参加さえ拒否されるWHO関連組織を通ずるのは個人的にどうかと思いますし、そもそもCOVAXの供給対象は低所得国を原則にしてますから、台湾が当該手段を拒否する可能性もあるのではないでしょうか。
    ならば、最後の日経の記事にありますよう、緊急時の人道的対処として、日台の2国間交渉(当然AZ社の了を得る必要はあるでしょうが、既に台湾がAZ社に供給交渉を行っていることを勘案すれば、AZ社側から異を唱えることはないと思われますが。)で提供するのが最も妥当な線かなと私は思います。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    確か2週間ほど前の報道で「ノルウェーが接種後、血栓や脳出血などの重症例が出たため、3月から使用を見合わせてその後、政府の諮問委員会が使用を取りやめるよう勧告した」(ロイター通信)でした。でも台湾はAZを既に接種しているんですね。

    日本が余ったからあげる、と受け取られないよう、何しろ貴重なワクチンですから。毎日新聞の記事では本当に日本の脚を引っ張る書き方、「もし健康被害が出たら」って(嘲笑)。大規模災害でお互いに苦労している国同士、そんな支援を後ろ指差すような新聞社だから、真っ赤っかなんだヨ!

    でも一言、「副反応が出たら貴国の責で当たる事」と文書を残すべきです。外国相手なんだから仕方ないです。外務省、厚労省、しっかりやれよ。

    COVAXを経由してたら、クレクレとうるさい半島に回るかもしれない。アイツラは、なんでも言いがかり付けるから、日本から回って来たと分かると必ず騒ぐ。だから台湾と直取引(ワクチンは差し上げます。でTPPに入らないか?日台で安全保障を強くしよう)で良いでしょう。
     

    1. 匿名29号 より:

      ワクチン瓶にもれなく旭日旗ラベルを貼り付けておけば、クレクレとうるさく言わなくなると思います。

      1. めがねのおやじ より:

        匿名29号様

        なるほど〜。旭日旗は「魔除け」になるんですね(笑)。隣国民なら「COVAXから韓国が貰うのは、日本経由以外にしろ!」と駄々をこねそうです。

        1. ラスタ より:

           その想定はちょっと甘いような。

           まずはクレクレと騒いでタダでもらう。そのうえで精神的苦痛を受けたとして賠償金請求。
           相手はプロですから。あらゆる難癖でもってワクチン賠償金請求の国家事業を検討中と思います。
           失敗しても所詮はタダです。やらないわけがないでしょう。

          1. 裏縦貫線 より:

            旭日旗つきワクチンをシレッと貰ったうえで杜撰な扱いをした挙げ句「バイアルから旭日旗が見えたから副作用が出たニダ謝罪と賠償するニダ曾孫にも影響が出るニダ」は火病を見るより明らかであります。

  9. だんな より:

    日本が台湾にワクチン供与するのは、ワクチンの政治利用アル。

    未来のおまゆうでした。

  10. G より:

    これは完全に日本の勝利です。余裕を持ったワクチン輸入を実現し、より効果のあるワクチンだけを選んで使っても問題ない状況にしておいて、さらにかき集めたワクチンの一部を国としての地位を上げるために使える。

    軍事力で国力を誇示することは日本には出来ませんが、それ以外のことで国力を見せることは大事です。こうやって国際的地位を上げていきましょう。

    1. hiro より:

      G様

      「ワクチンスワップ」とか「ワクチンハブ構想」とか
      ほざ言っていた国がやりたかったのはこういうことだったんでしょうねえ。

      スワップなどと言い出さず、正当な手段(対価を払う、契約を交わす)でまずは数をそろえた日本政府の政治力、外交力をもっとマスコミは取り上げてほしいと思います。

  11. 七味 より:

    >アストラゼネカ社との供給契約には、接種後に健康被害が起きた場合の賠償を日本政府が肩代わりする内容が含まれているため、台湾に提供した場合の責任の所在が課題となる。

    日本から台湾に提供したワクチンで健康被害が出た場合に、その賠償を日本政府が行うのか、日本と台湾との取り決めで台湾政府が行うのか?って問題ですよね♪

    そこをどうするのかは課題だけど、他国に供給するなら製造元の賠償責任がないものにするのはアリだと思うのです♪

    製品自体の問題じゃなくて、輸送とか保管が原因で問題が出ることもあるだろうけど、そのあたりの体制も法制度も違う国に提供される恐れがあると、製造元にとっては、リスクが増えることになるから、日本で使う分への価格にも影響しかねないと思うのです♪

    責任を日本で引き受けてるものなら、そんな心配は無いんだと思うのです♪

    1. カズ より:

      七味様
      使用者側での責任負担を前提に供給すればいいだけのことなのだと思いました。 AZの製品は血栓発生の危惧があるのだとしても、国際的に認証されたワクチンです。

      自国民に対しての接種行為自体は、求める側の国の判断によるもの。
      *ドミノ移植の例に倣えば、求める側が臓器提供者に責任追及したりはしないですよね・・。 (元々、リスクを承知のうえでの行為なのですし・・。)

      1. 七味 より:

        カズ様

        仰っしゃるとおりだと思うのです♪

        ただ我が国の近くにある常識が通じない国に提供するわけじゃないですものね♪

  12. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (というより、個人的願望丸出しなので)
     日台ワクチンスワップで、一時的に台湾にワクチンを渡すのでしょうか。その分のワクチン、大丈夫、これから(台湾分も含めて)アメリカに緊急発注、緊急送付してもらいます。(台湾のために、となれば、日本がワクチンを爆買いしているとの、批判も躱せるでしょう)
    日本国内の反対は、「WHOオブザーバー参加もできない可哀想な台湾を助けるために、日本が義侠心を発揮しよう」と言えば、建前上、反対できないでしょう。
     蛇足ですが、朝日新聞としては、社説で「台湾なんてどうでもいい。日本の高齢者だけを助けろ」と書きたいのでしょうが、外聞があるので、「台湾を助けることも大切だが、日本の高齢者のことも忘れてはならない」と書くしかないでしょう。
     駄文にて失礼しました。

  13. 閑居小人 より:

    この件について今朝雑談専用に、ワクチン乞食が近くにいるので、COVAXを通すといろいろちょっかいを出されそうと危惧していることを書きました。
    しかし、賢者の方からのご指摘が素晴らしく感服いたしました。
    自分もああいう大人の発想をしたいと切に思いました。

    1. 裏縦貫線 より:

      色々ちょっかいを出されそうなど課題は有るとはいえ、いきなり二国間ワクチン供与に走ったのでは、「日本はコロナで世界中が苦しんでいるのに国際的枠組みを無視する国」との印象を与えるしょう。
      やはり、まずはCOVAXでの供与を試みて(仁義を切って)、無理ならば「COVAXでも救えないケースがある」と宣言して二国間供与の枠組みに移行するのが筋と考えます。
      他国からも二国間供与を要望されたら「まずはCOVAXで検討しましょう」がスタートラインになります。また、某国からの要求ならば「おたくはCOVAXで供与を受けた実績があるじゃん♪国際的枠組みがしっかり機能してるじゃん♪二国間供与が無くても大丈夫じゃん♪ウチじゃなくてCOVAXに相談してね♪」とお返事すればよろしいです。

      1. 匿名 より:

        米からメキシコへのワクチン支援はCOVAX経由してないはずですし
        他国も二国間でのやりとりは普通にやってるので問題ないかと
        むしろCOVAXだと提供元の国はどこに流すかコントロールできなかったかと

        1. 裏縦貫線 より:

          ご指摘ありがとうございます。
          当初はCOVAX経由が良いと考えていましたが、二国間供与は普通にできること、COVAXを使っては却って台湾への供与が思うように出来ないことを理解しました。

          それでも日本政府がCOVAXの名前を出すのは、日本は国際的枠組みの存在を尊重したうえで、枠組みでは救えないケースについて二国間供与で対応する姿勢を世界各国に見せているんだ、と捉えております。

  14. 門外漢 より:

    自衛隊のc-2輸送機で堂々と送りつけようじゃありませんか。
    どうです、総理!
    やろうじゃありませんか!やろうと言って下さい。総理!

    1. はにわファクトリー より:

      いいっすね、初荷にはもちろん日章旗を掛けて。

  15. 匿名 より:

    重篤症状が出るのってほとんど女性でしたっけ。

  16. 匿名29号 より:

    K国:「困っている時に助けてくれるのが本当の友人だ」
    N国:「おっしゃる通りです。早速実践しようと思います。」

    続きは明日以降ですね。C国が「オレも加盟しているCOVAXを通せ」と言うか、中国の息の掛かったWHOテドロス理事長が「2国間取引は許さん」と横槍をいれてくるか、日本国内にも足を引っ張る奴がぎょうさんおるし、色々とあります。

    ウエブ主様の100対ゼロ理論でゆくと、東京オリ・パラのボイコットを取り下げるからワクチン寄こせの珍説が飛び出て来るかもしれず、楽しみにしています。

  17. ダブルスタンダードは嫌い より:

    犯盗国家(何処かに有る)には、早く売却する事と、オリンピック不参加を条件に。貸与。売却と同時に輸出管理の適正化。でも約束は守ってワクチンは、全羅道と済州島指定で。

  18. 迷王星 より:

    これは良いですね。リスクを徹底的に嫌う殆どの日本国民は僅かなりとも血栓のリスクがあるAZなら接種したくないと言うでしょうから、折角のAZが無駄になりかねませんが、台湾でのワクチン接種で既にAZを使用しているというのならば副作用の心配からのAZ忌避という問題もクリアしているわけですし。

    それにしても、日台間の直接の二国間援助で良い(日本政府とAZ社との契約内容に依ってはAZ社の了解を取る必要がある可能性はあるかも知れませんし、副作用に対する賠償責任に関して台湾への譲渡分に関する賠償責任は日本政府でなく台湾政府が負うということを台湾政府に合意してもらわなければならないでしょうが)ものを、COVAX経由なんて主張する人は何を考えているのでしょうね。

  19. より:

    蔡英文総統がtwitterで日本のワクチン支援構想に謝意を示したようです。
    実際問題、中国や国内媚中派の妨害が十分想定されるこのような案件では、話が表面化した時点で、おそらく水面下ではほぼ調整が済んでいたものと思われます。現時点までに台湾では専らAZワクチンが接種されていたとのことなので、台湾側としても受け入れに問題はないでしょう。
    今後、一番懸念されるのは、中国の出方です。効率性を考えれば、日台二国間で直接処理するのが一番なんですが、中国が「ワクチンを提供してくれるのは結構だが、なぜ中国政府を通しての提供ではないのか。日本は”一つの中国”を否定するつもりか?」と捻じ込んでくる可能性が非常に高いです。COVAXの仕組みを使ってというアイディアは、そのような難癖を見越してのことだと思われますが、それでもまだ十分に安全とは言えないかもしれません。
    そこで、一つのアイディアとしては、アメリカを巻き込むことを考えるべきだと思います。確か、すでにアメリカもAZワクチンの海外提供の意向を表明していたはずなので、日本からだけではなく、アメリカからもAZワクチンを提供するということにすれば、中国からの難癖というリスクを低減できるでしょう(ま、それでも例の趙副報道官あたりが「強烈な不満」を表明するくらいはするでしょうが)。アメリカとしても台湾支援は歓迎すべき話だと思われるので、日本が先に動けば乗ってくる可能性はかなりあると思います。

    ということで、想定されるシナリオ。

    1. 日本政府が台湾へのAZワクチン提供を発表。発表とほぼ同時に台湾への第一便離陸。
    2. 中国政府がブツブツ言う。
    3. アメリカ政府が台湾へのAZワクチン提供を発表。もうすぐ第一便が台湾に着陸すると発表。
    4. 中国政府がブツブツ言う……かなぁ

    まあ、このように進むと泣き叫んで駄々をこねそうな国がありますが、そんなのミクロンミクロン、気にすんなって。

  20. 匿名 より:

    COVAXは中高所得国から資金を集め、ワクチンを購入し、発展途上国に分配する仕組みのようです。高所得国からのワクチンの物納は想定されてないようです。
    (COVAXのオフィシャルページも見ましたが)

    なので、「COVAX通せ」の難癖があっても反論は容易じゃないでしょうか。

    昨日(5/28)の官房長官記者会見でもその質問があったようですが、「COVAXにはちゃんと資金提供してますし」と答えてます。
    WHOから物納要求は来てないんでしょう。WHOにしても、欲しいのはモノよりカネのような気がします。

    1. 裏縦貫線 より:

      匿名様

      >>高所得国からのワクチンの物納は想定されてないようです。

      ご教示ありがとうございます。
      私がコメントしてきた「COVAX経由でワクチン供与」は、そもそも成り立たないですね。失礼いたしました….

  21. 電気屋さん より:

    ワクチン確保は台湾もタダ遊んでいた訳ではなくドイツの企業と交渉を進めていたそうですが中国の妨害により契約に漕ぎ付けないでいるそうです。
    具体的には上海の企業が問題のドイツ企業のワクチン独占販売権を取得してワクチンの流通を強引に中国を経由する様に図っているとの事、さらに先日はその中国からワクチン供与の打診が有った様であまりにも露骨な政治的意図を感じます。
    もちろん台湾がそんな中国の意図に乗れる訳もなく現在非常に困った事になっていた訳です、その為この日本からのワクチン供与の話は渡りに船であるのですが故に中国は黙って無いでしょうどんな妨害を仕掛けてくるやら。
    おそらくですが国内の特定野党や親中の方々は少しでも中国の影響を及ぼせる様にこのワクチンをwhoやコバックス経由とすべきと主張すると思われますのでこの供与は台湾へ直接行う必要が有ります。

  22. 匿名 より:

    返信をありがとうございます。
    COVAX経由の話はあちこちで出ていましたので、特に裏縦貫線さんへ狙って当てたつもりはありませんでした。
    官房長官記者会見でそのような質問があったくらいですから、COVAX経由のシナリオでの政権牽制を企んでいる勢力がいるのは間違いないように思います。

    COVAX(WHO)も別にワクチンの二国間供与を否定しているわけでもないのですから、わざわざCOVAX経由にしろと唱える人々は、日本の外交上のGive効果を減衰させたいか、日台関係の良好化を邪魔したい意図があるんじゃないかと疑ってしまいます。

    1. 匿名 より:

      裏縦貫線さんへの返信でしたが、書き込み位置がズレました。
      新調したノートPCのタッチパッドがイライラします。

    2. 裏縦貫線 より:

      匿名様
      私こそCOVAXの仕組みを確認せずに意見を書いておりました。お恥ずかしい限りです。
      仮にCOVAX経由でのワクチン供与が可能だったとしても、「台湾を国際的枠組みに組み込めるから◎」という単純な見方で済まないだけでなく、C国の干渉・日本の外交上の効果・台湾自体がCOVAX経由を受け入れるか等、種々の論点と異なる見解があると理解しました。
      今後とも宜しくお願い致します。

  23. 人工知能の中の人 より:

    アストラゼネカ製ワクチンは血栓が問題視されているが今年3月には欧米でも接種再開してる。なんせ接種1800万人中に血栓を症状として確認してるのが30人と極々稀だそうだからなぁ。ワクチンとECMO、抗凝固剤もセットで送ってあとは台湾で何とかしてというしかない。

    1. 人工知能の中の人 より:

      新宿会計士様
      ドイツの血栓原因突き止め記事へのリンク掲載ありがとうございます。
      前出の1800万人中30人は4月初旬の話でフィナンシャルタイムスが報じた5月26日時点では3000万人中309人でしたか。数字について刻々と変わっているためアップデートしておきます。

    2. 人工知能の中の人 より:

      正しくは3300万人中309人でした。

  24. ぬくぬく@新聞不買 より:

    アストラゼネカ製のワクチンは副反応が心配でしたが、それほど心配する必要はないのでしょうか?

  25. 裏縦貫線 より:

    COVAXの限界を超えて ワクチンは来たんだよ
    メーカー賠償はついてないけど できれば欲しいな
    あのね早く 筋肉に射(う)ってよ
    どうしたの  バイアルをずっと見つめてる~

    ……すみません、ここで力尽きましたm(_ _)m

    1. 裏縦貫線 より:

      ワクチンはまだ届いていないですね…重ね重ね申し訳ありません。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。