文在寅氏「就任4年目記念演説」の事実誤認が酷すぎる

バランス感覚に欠けた張本人が「次期大統領にバランス感覚を期待」

当ウェブサイトが「真の親日派」だとみなしている人物こそ、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領その人です。その文在寅氏が昨日、大統領就任4年目の演説を行い、その後は記者団の質疑に応じました。本稿ではその質疑の中から、個人的に興味深いと思った部分をいくつか徒然なるままに紹介しておきたいと思います。

文在寅氏の演説

韓国にはあまり興味がもてませんが…

当ウェブサイトでは知っていながら敢えて「スルー」しましたが、昨日は文在寅(ぶん・ざいいん)政権発足から4年目の「記念演説」が行われていました。

なぜスルーしたのかといえば、理由は大きく2つあります。

1つ目は、文在寅氏の演説やその後の質疑応答に、私たちの国・日本と密接に関連すると思しき論点がさほど見当たらなかったからです。大変失礼な言い方かもしれませんが、日本と関わらない限り、韓国という国が貧しくなろうが、滅びようが、個人的には正直「どうでも良い」とすら思っています。

ただし、韓国が貧しくなった結果、日本に「経済難民」が大挙して押し寄せるような事態が生じては困ります。終戦直後に韓国・済州島(さいしゅうとう)で李承晩(り・しょうばん)政権の迫害から逃れた人々が大挙して日本に密航した事件(たとえば下記リンク参照)などが再現してはなりません。

韓国・済州島「アカ狩り」の悲劇 米軍政下、3万人無差別虐殺 

―――2021/4/5 6:00付 西日本新聞より

(※余談ですが、コロナ禍が終息したあかつきに、日本が再び韓国国民に対する短期入国ビザ免除措置を復活させるのかどうかについては、大変気がかりでもあります。これはいずれ別稿にてじっくり議論する予定です。)

「真の親日派」である文在寅氏へのリスペクト

また、2つ目の理由は、もはやレームダック化しつつある文在寅氏の発言のひとつひとつについて、注目する価値がそれほどあるようにも思えない、という点です。

もちろん、任期をあと1年残して、文在寅氏のもとにろうそくを持った群衆が押し寄せるような事態が生じれば、それはそれで興味深いことになるかもしれません。文在寅氏がご自身の危機を回避するため、歴代大統領の例に倣い、「とっておきの秘策」(竹島上陸とか)を打ち出すかもしれないからです。

しかし、昨日の演説内容に関する韓国メディアの報道などを眺めた限りにおいては、特段、取り上げる価値がある話題があるようにも思えませんでした。

(※ただし、昨日の演説内容は、全文の文字起こしが韓国大統領府ウェブサイトに見当たりませんでした。このため、「特段、取り上げる価値がある話題はない」とは、あくまでも報道をベースに判断したものです。もし後日、興味深い話題を発見すれば、別途当ウェブサイトにて取り上げるかもしれません。)

ただ、「あまり取り上げる価値はない」と一蹴してしまっては素っ気ないし、また、自称元徴用工判決問題、自称元慰安婦問題など、「おもしろい」(失礼!)話題をたくさん提供してくれた、「真の親日派」である文在寅氏に対するリスペクトにも欠けるかもしれません。

【参考】『真の親日派とは、文在寅氏その人だ

真の親日派とは、文在寅氏その人だ

文在寅氏の質疑応答

なぜか質疑応答の部分だけリンクがあった!

こうしたなか、韓国大統領府のウェブサイトを漁っていると、こんなリンクを発見しました。

大統領就任4周年特別講演(質疑応答)【※韓国語】

―――2021-05-10付 韓国大統領府HPより

リンク先記事、文在寅氏の演説の直後に行われた質疑応答のみを収録したものだそうですが、せっかくこの記事がありましたので、記者団との質疑応答の中から興味深いものをいくつか抜粋して紹介してみたいと思います。

「本当に北朝鮮にしか興味がないんだな」

といっても、以下で紹介するのは、あくまでも個人的に「興味深い」と思ったやりとりのみです。

全文について知りたい方は、ぜひ、リンクを直接クリックして内容を確かめてください(※韓国語ですが、一部のブラウザだと自動で日本語に翻訳してくれます。一般に、韓国語から日本語への翻訳精度は、決して悪くありません)。

以上の注意点を踏まえ、内容を確認していきましょう。

最初に紹介するのは、「過去4年間を振り返って」という質問に対する文在寅氏の回答です。

過去4年間は危機の連続でした。2017年に就任した時点では、北韓の核とミサイル危機が本当に深刻で、韓半島には戦争の暗雲が垂れこめていました。その危機的状況の中で、私たちは、平昌冬季オリンピックを平和裏・正常に実行し、3回の南北首脳会談と2回の米朝首脳会談を実現させました。最後まで完全な成功を収めることはできませんでしたが、とりあえず危機は落ち着き、平和を維持しました。私たちはもう少し努力すれば、外交を通じて、その問題を解決することができだろう、朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和体制作ることができだろうという可能性を確認し、また自信も持つようになりました」。

…。

本当に、この方は北朝鮮にしか興味がないということがよくわかる回答です。

これによると、文在寅氏の認識とは、「2018年2月の平昌(へいしょう)冬季五輪を契機に、南北首脳会談や米朝首脳会談が実現し、あと一歩というところで朝鮮半島和平プロセスは挫折したものの、もう少し努力すれば問題を解決することができる」、というものです。

正直、この人物は4年間も大統領を務めてきて、いったい何を見ていたのかという気がします。

北朝鮮は一貫して、段階的非核化に拘っていることは事実ですが、それと同時に2017年以降の局面では、過去の「段階的非核化」、「戦略的忍耐」などの失敗を踏まえ、国際社会は安倍晋三総理らが主導する「厳しい圧力を通じた経済制裁路線」を走っています。

もちろん、こうした北朝鮮制裁も、さまざまな抜け穴(たとえば瀬取りの横行、中朝国境貿易での制裁逃れなど)で部分的に無効化されているのですが、こうした抜け穴を塞ぐために、現在、日本など国際社会が瀬取り監視などにむけて協力体制を敷いているところです。

(瀬取り監視に対する英仏などの協力については、機会があれば近日中、別途どこかで紹介します。)

というよりも、あくまでも個人的な見解ですが、むしろ北朝鮮制裁を無効化させかねない動きを見せている文在寅政権こそが、北朝鮮非核化の障害のひとつではないかとすら思えてなりません。

輸出管理を「輸出規制」…事実誤認の塊

次に驚くのは、こんな記述です。

2019年には、日本の半導体材料の輸出統制がありました。その嵐は、わが国の業界の核心中の核心である半導体産業を直撃し、私たちの経済が大きな困難を経験することになる、との懸念がありました。しかし、私たち官民が協力して、大企業と中小企業が協力して、特に素材の供給企業と需要企業が一緒に協力しながら、その危機を脱し、ひいては素材・部品・装置産業においてで、韓国がより一層発展することができました」。

さて、少なくともウソないし誇張表現が少なくとも2箇所含まれています。

それは、どことどこでしょうか?

当ウェブサイトを以前からご愛読いただいている方ならご存じと思いますが、1つ目は、「2019年に日本が半導体材料の輸出統制(輸出規制)を行った」、というウソです。

韓国では、政府、メディアを挙げて、日本の対韓輸出管理厳格化・適正化措置のことを「輸出規制だ」などと誤った用語を堂々と使用し続けているわけですが、大統領自身がこの誤った用語を使っている点には、正直、失望を禁じ得ません。

もちろん、日本の法制度上、「経済制裁としての輸出規制」というものは、いちおうは存在するのですが、日本政府が2019年7月に発表した措置は「輸出管理」の体制変更であり、「輸出規制」ではありません(『対韓輸出管理の厳格化は日本を守るために必要だった?』等参照)。

というよりも、日本は韓国の輸出管理上のカテゴリーを、「(旧)ホワイト国」、つまり現在の「グループA」からランクダウンしたことは事実ですが、依然として「グループB」という優遇対象国に設定し続けています。

むしろ日本の対韓輸出高は増えた!

さらに重要なのは、2つ目が、誇張表現です。文在寅氏は「素材・部品・装備の国産化が」『反日不買運動が日本経済に与える打撃は事実上「ゼロ」』でも指摘したとおり、日本から韓国への「素材・部品・装備」の輸出額は増えています(図表1)。

図表1 日本の対韓輸出高・品目別分解(2021年1月~3月)
品目名2021年1~3月前年同期比
機械類及び輸送用機器5534億円+658億円(+13.49%)
化学製品3091億円+316億円(+11.41%)
原料別製品1724億円▲229億円(▲11.72%)
雑製品1124億円+225億円(+24.99%)
特殊取扱品740億円+67億円(+9.92%)
鉱物性燃料674億円+16億円(+2.42%)
原材料501億円+78億円(+18.37%)
食料品及び動物88億円+19億円(+28.53%)
動植物性油脂6億円+1億円(+13.47%)
飲料及びたばこ6億円+1億円(+12.52%)
合計1兆3488億円+1151億円(+9.33%)

(【出所】財務省『普通貿易統計』をもとに著者作成)

上記図表だと分類が若干大ざっぱでわかり辛いので、図表2で、もう少し具体的なサブジャンルに展開してみましょう。

図表2 日本の対韓輸出高・細目(2021年1月~3月)
品目名2021年1~3月前年同期比
半導体等製造装置1609億円+460億円(+40.09%)
半導体等電子部品780億円+197億円(+33.77%)
有機化合物675億円+99億円(+17.18%)
石油製品652億円+17億円(+2.73%)
科学光学機器622億円+168億円(+36.99%)
鉄鋼のフラットロール製品421億円▲172億円(▲29.05%)
電気計測機器411億円+51億円(+14.03%)
電気回路等の機器376億円+38億円(+11.10%)
鉄鋼くず294億円+34億円(+13.08%)
原動機240億円▲9億円(▲3.64%)

(【出所】財務省『普通貿易統計』をもとに著者作成)

いかがでしょうか。

このコロナ禍のなかにあって、半導体産業などに強みを持つためか、韓国は今年、輸出が強く伸びているのですが、日本の韓国に対する半導体製造装置などの輸出高はむしろ増えています。「日本が韓国の半導体産業を狙い撃ちにした」という文在寅氏の発言は、統計的事実とそぐわないのです。

米韓首脳会談に期待する文在寅氏

文在寅氏は以上のとおり、「事実誤認」が酷いわけですが、ほかの記者から再び北朝鮮政策について尋ねられました。

具体的には、米国が「戦略的忍耐には戻らない」、「北朝鮮を外交の優先順位から外す」などとする観測が報じられている点について、次のように述べたのです。

米国は対北韓政策の全貌を明らかにしていませんが、結局、私達の政府が望んでいる方向とほぼ合致しています。韓半島の完全な非核化を目指して、また、シンガポール宣言の土台の上で出発して、外交的な方法で段階的に段階的に実用的に柔軟にアプローチするということです」。

さり気なく、凄いウソをついていますね(笑)。

「段階的非核化」という点に関しては、先日、茂木敏充外相が明確に否定していましたし、また、ロンドンのG7外相・開発相会合でもハッキリと否定されていたはずです(『【資料】G7外相会合コミュニケ』等参照)。

そのうえで文在寅氏は、性懲りもなく、こう述べます。

おそらく北韓も今の最後の判断をする時間を持っていることと思います。もう一度、このように向かい合っ座って協議することができる機会が与えられれば、北朝鮮が呼応することを期待します。そしてそのような状況が造成されれば、私たちの政府は総力を尽くす計画であるという申し上げますし、今回の訪米で韓米首脳会談を通じて、北韓を対話の道に戻すため、いくつかの方法につきより緊密に協議たいと思います」。

はい。いつまでもそう述べておいてください(笑)。

文在寅氏が「次の大統領」に期待するものとは?

さて、文在寅氏と記者団のやり取りのなかで、もっとも驚いたのが、「次の大統領が備えるべき徳目や大統領選挙候補に必要な時代精神」について尋ねられた際の、こんな回答です。

次の大統領に必要な徳目部分については、私は過去にもそのような質問を何度か受けたことがありますが。答えはいつも同じです。まずは時代精神とともにあらねばならず、バランス感覚が必要だと思います。私たちの歴史、発展していくべき方向、これを正しく見ることが重要だと思います。目に見えるものが全部本当の民心とは思わない。川にも表面から流れる複数の泡沫のようなものがある一方で、河床での流れもあります。それが時代精神だと思います。」。

…。

前半については、これまた強烈です。

バランス感覚を著しく欠いているのは、むしろ文在寅氏自身でしょう。その文在寅氏が「バランス感覚が大事だ」とは、なんだかブラックジョークにしか聞こえません。

その一方で、後半部分については複数の翻訳エンジンなどで試してみたのですが、やはり何をおっしゃっているのか、なかなか理解することは困難です。

いちおう、彼の言わんとすることを当ウェブサイトなりにやや強引に解釈すると、「川の流れは表面と底で異なるのと同じで、民心も表に見えるものと底にあるものは異なっている」、とでも言いたいのでしょう。

大韓民国が生んだ大統領

以上、文在寅氏の記者会見の内容を、ごく大ざっぱにではありますが、レビューしてみました。

かいつまんで眺めただけでも、文在寅氏の認識は事実誤認、ご都合主義のオンパレードであり、なかなか強烈です。

とくに、今月21日に予定されているという文在寅氏とジョー・バイデン米大統領の首脳会談については、文在寅氏の側としては米朝対話を求めるつもりである、という点がわかっただけでも収穫はありました(というよりも、十分に予測できた話でもありますが…)。

さて、その文在寅氏を巡っては、「非常に特殊な大統領」、「韓国版・鳩山由紀夫氏」などの評価を下す人もいる一方、「そんな人物が5年間も大統領を務めるなんて、韓国国民は可哀想だ」、「韓国国民は寧ろ被害者だ」、などとおっしゃる方もいらっしゃるようです。

これは、とんでもない勘違いです。

そもそも論ですが、文在寅氏は間違いなく、4年前、民主的な手続で大韓民国大統領に選ばれた人物です。つまり、「この人物を大統領に据える」という意思決定を下したのは、ほかならぬ韓国国民の皆さまだ、ということです。

そして、文在寅政権下の常軌を逸した反日行動の数々に対し、やんや、やんやと拍手喝采を送ったのも、また韓国国民の皆さまではなかったのでしょうか。

とりわけ自称元慰安婦や自称元徴用工らが司法プロセスを通じて日韓関係を破壊していくのを、韓国の国民、メディアは指をくわえてみているだけだったではないですか。

いずれにせよ、今日の日韓関係をもたらす重要なきっかけを作った人物が文在寅氏だったことは間違いないにせよ、文在寅氏を大統領に選んだという意味において、日韓関係が破綻したとしても、そのことによる不利益は韓国国民の皆さまが享受しなければならないのだ、と申し上げておきたいと思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

なお、実際には、本稿で紹介した項目以外にも、検察庁改革の話や不動産政策の話なども出てくるのですが、冒頭で申し上げたとおり、正直、日本経済とかかわりのない部分において、韓国の国内政治・国内経済がどうなろうが、個人的にはさほど興味はありません。

ただし、別件で韓国の家計負債、マネタリーベース、外貨準備などが膨らんでいるというデータもあります。これは純粋に、通貨論・マクロ経済学の視点からは知的好奇心を刺激される話題でもあるため、もしかするといずれ韓国の不動産市場の話についてはどこかで取り上げるかもしれません。

読者コメント一覧

  1. ぬくぬく@水道民営化反対 より:

    >日本と関わらない限り、韓国という国が貧しくなろうが、滅びようが、個人的には正直「どうでも良い」とすら思っています。

    私も同意見です。しかし韓国のあまりの反日に我慢できなくなったり、あまりに斜め上の行動に嗤ってしまうことがあるので無視できないんですよね。

  2. はにわファクトリー より:

    韓国人の言う「未来志向」が現実遊離のでたらめであると証明されたと考えます。自滅ワード、NGワードとして二度と使えない辞典登録されてしかるべきでしょう。

  3. 農民 より:

    >バランス感覚が必要
     左派のいうバランス感覚というのは、”今まで虐げられてきて、これから肩入れする側”に過度な優遇をしてバランスを取る、という歪なものばかりです。しかも虐げられてきたかはその時の為政者の主観のみによる判定で、さらには朝鮮文化の被害者至上主義(悪い意味)で手が付けられない逆差別に。
     日米あたりでも、”真に公平”を求める発言があると、すぐに「分断を煽るな!」などと喚き散らしますが、いつも実際の分断を発生させているのは彼らです。文在寅は、完璧な「朝鮮左派的バランス感覚」の持ち主でしょう。

    >歴史、発展していくべき方向、これを正しく見ることが重要だと
     重要ってのは正しいけど、韓国人が一番苦手なことでは。

    >時代精神
     時代の精神って意味がわかりません。今の時代に求められる精神とか?
     事件が起きて”善悪の判断もできてないのか”というような批判の時に使われる「概念が無い」とかいう表現も意味不明なのですが(概念は有るだろうに)。輸入語が多すぎておかしなことになってるのでしょうか。
     ”事大精神”なら昔からあるんですが、ソレはそろそろ捨てた方が。

    1. ちかの より:

      農民様
      >「概念が無い」とかいう表現も意味不明
      えーと、単に常用句だと思います。
      日本語でいう「常識が無い」、非常識、くらいの意味だと思います。
      漢字の字面から受ける印象が強いですが、ハングル専用なので元の漢字の意味からは乖離しているのではないでしょうか。

      1. 農民 より:

        ちかの 様
         ありがとうございます。何かしら経緯があって概念=常識で定着したんですかねー。気になる。
         そいや日本でも「スマート」が「細い」だと認識している方が多いようですし、似たようなものっぽいですね。

  4. 迷王星 より:

    おはようございます。更新有難うございます。

    >ただし、韓国が貧しくなった結果、日本に「経済難民」が大挙して押し寄せるような事態が生じては困ります。

    「困ります」と言ったところで何の意味もありません。「大地震が起こったら困ります」と言うだけでは何の意味もなく、大地震が起こっても被害を最小限に止められるように様々な対策を予め準備しておかねばならないのと同じく、韓国からの経済難民が大挙して押し寄せて来た場合を想定して予め対応策を準備しておかねばなりません。

    日本も韓国の経済崩壊や半島有事の際に大量に韓国民が不法入国者として押し寄せることを前提として、押し寄せて来た不法入国者たちが前回の済州島事件の時のように日本社会に入り込むのを許さず今度は確実に日本社会から隔離するために、絶海の孤島(必要ならば現在の住民を他の島か本土に移住させたうえで)を不法入国者隔離収容キャンプ島として整備しておくべきです。

    前回の不法入国者に対する扱いの失敗の二の舞は絶対に避けねばなりません。

    更に言えば、中華人民共和国はその海外居住者に対しても有事の際に祖国に協力することを法律で義務付けています。また同様の法律は韓国にも確かあったと記憶しています。

    これら有事において在外居住国民に祖国への協力を義務付けている国々の在日永住者は、言い換えると日本がそれらの国と事を構えた際には、日本社会に対して破壊活動をすることが最初から法律によって予定されていると言えます。

    従って有事においては、これらの国の国籍を有する在日永住者が破壊活動を出来ないように日本社会から隔離することが不可欠ですが、50人や100人程度ならまだしも、在日共産チャイニーズにしろ在日韓国人にしろ在日北朝鮮人にしろ万単位の人数がおり、司法行政における通常の収監施設では容量的に全く対応できません。

    そのためにも隔離キャンプ島が我が国には絶対に不可欠で、日本が置かれた厳しい現状(尖閣周辺海域での人民解放軍の行動や米中対立の状況および韓国の現状)を見れば、適切な孤島を確保し速やかに居住施設を建設して隔離キャンプ島として整備する必要があります。

    勿論、そういった隔離を可能とする根拠法などの法整備も必要です。

    1. ラスタ より:

       人道的な問題とかありますが、そこをブッちぎってでも、特A国(および関連国)からの難民を受け入れないことを合法化する必要があると思います。

       台湾有事、あるいは半島有事が発生して難民が押し寄せた場合、それが本当の難民か、難民に偽装した工作員かをどのように判別するのか。
       とくに台湾有事の場合は、漁船に乗った難民が「たまたま尖閣や沖縄周辺諸島に流れ着く」ことがあるかもしれません。
       その難民船はたまたま火器を装備しているかもしれないし、実は台湾人ではなくて戦闘訓練を受けた人民解放軍兵士であるかもしれない。

       特A国有事の際、日本領海に侵入した関連国の漂流難民は国防上の軍事的実力によって排除する対象に成り得るというシステム作りが必要ではないかと思います。
       本物の難民の方々には申しわけないけれども、そのように扱われるのがイヤなら、まずは自らがそんな扱いをされない国にならなくてはいけないのではないか。

  5. 匿名 より:

    >まずは時代精神とともにあらねばならず、バランス感覚が必要だと思います。

    自分には欠けているので、次の人はちゃんとそういうのを読める人をと言っているようにしか見えないので、全然驚くことではないです。さすがムンムン、自分をよくご存知です。米韓首脳会談については、まあせっかく会ってくれるらしいですからやるだけやってみてはどうでしょうか?そうすれば諦めがつくかもしれませんし_

    ってかここで時代精神w 根本がないと言うか、根本がないというのが根本と言うか、いかにも朝鮮らしい話です。その「時代精神」に乗った流れがそのまま成功・発展していった、なんてことはそんなになかったと記憶していますが、それでもそうやってふわふわと漂いながらも生き残ってきたわけで、すごいと言えばすごいです。

    日本の方針をあえて時代精神風に表現すると、自由と法の支配を掲げ欧米諸国と手を携え、東南アジア諸国を中国の侵略から守るのが時代の流れで、乗るしか無いこのビッグウェーブに、ってところでしょうか。いや、一生懸命流れを作ってるんですが。

  6. クロワッサン より:

    >いちおう、彼の言わんとすることを当ウェブサイトなりにやや強引に解釈すると、「川の流れは表面と底で異なるのと同じで、民心も表に見えるものと底にあるものは異なっている」、とでも言いたいのでしょう。

    文在寅氏の脳内では、川の表面を見ると水が川上から川下へ流れていても、川の底では川下から川上へ流れている、となっているのかも知れませんね。

    時代精神は事大精神なのかもですが、時代精神とすると、中国が米国を国力で上回りそうな時代には機を見るに敏であれって事なのかも。

  7. だんな より:

    「どうせ大した事は言ってません」。

    1. はにわファクトリー より:

      「主体(性が欠落していることを嘆く)思想」

      1. ラスタ より:

         変な話ですが、韓国を見ていると、北朝鮮は立派な国だなぁと錯覚してしまいそうです。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    「偉大なる仰ぎ見る存在、我らの崇高な指導者文在寅大統領様」(北朝鮮風に言いました)は、稀に見る凡役、ハズレ、「北朝鮮しか見てない」単機能リーダーでした。

    記者の質問に対して、未だに「シンガポール宣言の土台の上で出発」とか「段階的に実用的に核廃絶」すると言う。ハノイも含め、北朝鮮核廃絶は失敗したんだよ!瀬取りや違法ルートで密輸出してるし。

    「次の大統領」に求める事って、聞く方も「冗談ですか?」と思います。「徳目はバランス感覚が必要だ」カカカッ。お前さんにはまるで無かったネ。媚中だろうが文派の劣化コピーだろうが、用日だろうが、どれも日本には不要です。

    どこの商店街の店も、下痢起こす、またぼったくりに高い割に不味い、店員が注文聞いても作らないのに会計だけ先に要求。
    一食二食抜いても、日本に帰ります。

  9. だんな より:

    文大統領、4周年演説で日本の輸出規制など「危機」33回、「克服と回復」23回言及
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b066f734ad122c6c6387c7fe03793e880df11a2f

    自分で危機を作って、解決出来ないけど「克服と回復」した事にするニダ。

  10. 匿名29号 より:

    4年間の総まとめがこれで、21日の米韓首脳会談は本当に出来るのだろうか。アメリカがきっぱりないと言っている段階的非核化にこだわる割に、具体的な策がない状態で会談に臨むつもりに見えます。

    まあ、韓国の政治もマスコミもプロパガンダ・キャンペーンを叫ぶだけで、具体的な実現化への案が全く伴わないのはいつものことですが。そういえば、日本のマスコミ・野党もネガティブ・キャンペーンばかりで、同じでよく似ているのは世の中、そんなものだからでしょうか。

  11. 新宿会計士 より:

    自己コメント。

    新宿会計士は『輸出管理を「輸出規制」…事実誤認の塊』の部分で、こう記述しました。

    2019年には、日本の半導体材料の輸出統制がありました。その嵐は、わが国の業界の核心中の核心である半導体産業を直撃し、私たちの経済が大きな困難を経験することになる、との懸念がありました。しかし、私たち官民が協力して、大企業と中小企業が協力して、特に素材の供給企業と需要企業が一緒に協力しながら、その危機を脱し、ひいては素材・部品・装置産業においてで、韓国がより一層発展することができました」。

    さて、少なくともウソないし誇張表現が少なくとも2箇所含まれています。それは、どことどこでしょうか?

    これについて本文中、ウソないし誇張表現の2ヵ所目は「素材、部品、装置産業において国産化が進んだ」という部分だ、と申し上げたのですが、さっそくその証拠が出て来ました。

    韓経:韓国、半導体好況で装備輸入急増…資本財の海外依存度40%超える

    ―――2021.05.11 08:55付 中央日報日本語版より

    文在寅(ぶん・ざいいん)さんの事実誤認、ここに極まる、といったところでしょうか。

    引き続き当ウェブサイトのご愛読並びにお気軽なコメントを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

    1. 羊山羊 より:

      半導体製造装置売上上位10社に韓国メーカーはいないので40%という低い数字じゃないと思います。スペアや消耗部品も石英製品以外はほとんど自給出来てないと思います。

    2. だんな より:

      答えを書いた方が良いのか、待っていた方が良いのかが、分からないです。
      空気が読めないニダ。

  12. めたぼーん より:

    韓国のおけるバランスで揺るぎないのは、ウリとナム、あとは当たり屋みたいな暴走運転手理論だと思います。そのおかげで、近寄るのは利用しようとする連中、且つ様々な暴力行為をやっても韓国が反論しない、出来ないところばかりです。

  13. より:

    このところ、日韓関係や韓国という国家そのものへの関心がかなり薄れつつあります。朝鮮半島という世界の片隅の壊れかけた甕の中で何が起こっていようと、もはやどうでもいいことであると感じています。不幸にして地理的には近いため、ある程度はその動向を追っていく必要があるとは思っていますが、偉大なる文在寅大統領がほぼすべての外交関係をわやくちゃにしてくれたおかげで、国際関係における韓国の存在感はほぼなくなりました。つまり、今後文大統領と韓国政府がどう動こうが、日本に影響を及ぼすことはほとんどないだろうということです。それでも、今なお韓国愛を捨てきれない方たちは、韓国にとっての国益という観点から見ても出鱈目であった文大統領さえ居なくなれば、と考えておられるようですが、文大統領がとても韓国人らしい韓国人であることを考えれば、次期大統領が誰であれ、状況が「改善」されることは極めて望み薄であると思います。

    文在寅大統領が「とても韓国人らしい韓国人だ」というのは、今回の演説でも如実に表れたように、”事実”などはどうでも良くて、”真実”だけが重要なのだという点を頑なまでに守り続けているからです。

    > 文在寅氏の認識は事実誤認、ご都合主義のオンパレードであり、なかなか強烈です。

    文大統領の発言は、文大統領にとっての”真実”を並べたものであり、”事実”であるかどうかなどということなど、彼にとっては全くどうでもいいことです。もし、”事実”が”真実”に反しているならば、それは”事実”のほうが間違っているのです。きっと、残り1年の任期中も、文大統領は彼の”真実”に基づく言動を続けることでしょう。

    現在、台湾海峡のみならず、中東でも東欧でも、あるいはアフリカでも、只事とは思われないような不穏な空気が流れています。特別な根拠があるわけではありませんが、全体としてなんだか嫌ぁ~な空気が次第に濃くなってきているように感じられます。そのような状況下で、朝鮮半島などという大陸の盲腸のような局所的な問題など、とても些細なことであるように思えます。なので、日本としては、要らん火の粉を浴びないよう、できるだけ関わりあいにならない方向で進むべきだろうと思います。

    まあ、文大統領以下の韓国政府の言動があまりに「愉快」なので、というのは分からんでもないのですが……

    1. はるちゃん より:

      北朝鮮の非核化がアメリカや日本の大きな課題で会ったときは韓国の居場所もそれなりにありました。
      今は「脱炭素」と「中国」が世界的な外交の課題となっています。
      韓国はこの2つの大きな課題に関しては居場所は無さそうです。
      北の非核化も米朝会談でどうにかなるものでもなく中国の意向次第です。
      ただ文大統領は未だに米朝会談の実現に拘っているようですが。
      来月の米韓会談が楽しみ・・・ではなく心配です。

  14. 匿名 より:

    あと一年、このまま突っ走って欲しい。
    文「もう何も怖くない」

  15. 名無しの権兵衛 より:

     文在寅大統領については、既に、トランプ前大統領が「金正恩は『文在寅は嘘つきだ』と言っていた」と暴露したり、ボルトン元大統領補佐官が著書の中で「北朝鮮との交渉過程で文在寅にだまされた」ことを暴露しています。
     金正恩が正直者だとは思いませんが、「あの金正恩」から「嘘つき」と言われたのは、「息を吐くように嘘をつく」と言われている韓国人にとっては、大きな「勲章」と言えるのではないでしょうか。
     バイデン大統領との首脳会談で、どのような「噓」が飛び出すか、楽しみにしています。
     

  16. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (そう自分に言い聞かせないと、韓国と同じく、自分は間違えない存在と自惚れそうなので)
     インドでは、新型コロナ感染拡大でワクチンが払しょくしそうです。となれば、アメリカとしても(日米印豪クアッドでもある)インド国民が、中国になびかないためにも、インドへのワクチン外交をせざるを得ないでしょう。そして、そこに(米韓首脳会議を利用して新型コロナワクチン確保を目指す)韓国の文大統領が訪米しても、ワクチン確保は難しいのではないでしょうか。
     駄文にて失礼しました。

  17. 元マスコミ関係の匿名 より:

    文在寅が北のスパイ?で、金正恩と会談していた当時、北に原子力発電所3カ所を作る約束をして韓国の担当の役所に資料を作成するように命じていたそうです。その時の暗号名が『ボヨヨ』、フィンランド語で「北側」という意味だそうです。文在寅は出来上がった文書を持って自分の公用車でなく密かに奥さんの車で板門店に行き、金正恩とあったとき二人は抱き合っていましたね。
    何かスパイ小説みたいな話ですが、『ボヨヨ』がバレてまたローソクが燃えさかったり、退任後国家反逆罪で逮捕されたり、釜山近くに計画している隠居所に行けなくて刑務所で余生を送るようになりそうですね
    今まで想像もできない大統領になって、韓国で「想像もできなかった韓国を作るという公約」を果たせるのは確実ですね。

    1. より:

      「暗号名はポヨヨ」
      小林信彦を思い出してしまった……

      1. 羊山羊 より:

        久しぶりにその名前を聞いて懐かしくなりオヨヨシリーズではないですけど唐獅子シリースを読み直そうと思いました。

      2. 匿名 より:

        日本語での暗号名が「ボーヤ(坊や)」なら納得。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。