今回の鈴置論考は「中華圏入りに向け岐路に立つ韓国」

ウェブ評論サイト『デイリー新潮』に、待望の鈴置論考が公表されました。個人的な理解に基づけば、今回の論考は、先週の記事に対し、この1週間における新たなファクトを付け加えたものです。そして、結論的に申し上げるならば、現在の韓国が西側陣営に残るのか、中国圏に向かうのかという重大な岐路に立っているという点は間違いないでしょう。

鈴置氏の優れた論考

日本を代表する優れた韓国観察者といえば、鈴置高史氏です。

その鈴置氏がデイリー新潮に寄稿した論考と、これを基にした当ウェブサイトなりの雑感については、先週の『鈴置論考から考える「米国は文在寅政権を除去するか」』に触れました。該当するリンクは、次のとおりです。

「バイデンから電話が来ない」と気を揉む韓国人 原因は「習近平コール」か、それとも――

「バイデン(Joe Biden)新大統領から電話が来ない」と韓国人が焦る。日米首脳は電話協議を終えたのに、それから5日たっても文在寅(ムン・ジェイン)大統領には音沙汰がないからだ。韓国観察者の鈴置高史氏は「電話協議の遅れ」に米韓の亀裂を見る。<<…続きを読む>>
―――2021年2月2日付 デイリー新潮『
鈴置高史 半島を読む』より

ここで、注目していただきたいのは、記事の日付です。

2月2日といえば、米国のジョー・バイデン大統領と韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領の電話首脳会談がまだ開催されていなかったタイミングです。実際、電話首脳会談が行われたのはこの記事から2日後、日本時間の2月4日(米国時間の2月3日)のことです。

この鈴置論考を読むと、読者としては、「これから行われるであろう米韓電話首脳会談では、米韓の亀裂が明らかになるのではないか」という予測を立てることができます。

予測はドンピシャリ、そして…

そして、驚くべきことに、現実に行われた米韓電話首脳会談では、米韓双方の報道発表内容に深刻な齟齬が生じていることが判明したのです。まさに、鈴置氏の予測は、ドンピシャリ、というわけですね。

(※なお、僭越ながらいちおう宣伝しておくと、これについては当ウェブサイトでも『電話首脳会談に関する米韓両国の発表内容が違い過ぎる』で指摘した次第です。)

こうしたなか、本日は同じくデイリー新潮に、鈴置氏の最新稿が掲載されています。

「文在寅外し」に乗り出した米日 「中国べったり」と見切り、政権交代待ち

バイデン(Joe Biden)大統領と菅義偉首相が「文在寅(ムン・ジェイン)外し」に動く。いくら説得しても離米従中路線は変わらないと見切った――と韓国観察者の鈴置高史氏は解説する。<<…続きを読む>>
―――2021年2月8日付 デイリー新潮『
鈴置高史 半島を読む』より

今回の鈴置氏の記事については、先週の記事と比べ、内容としては重なっている部分もあります。

たとえば、米韓電話首脳会談に先駆けて中韓電話首脳会談が1月26日に実施されたこと自体、韓国の中国への擦り寄りを象徴するものであり、米国の不興を買う行為である、といった指摘は、すでに前回の稿でも触れられていたものです。

しかし、逆にいえば、今回の最新稿は、前回の鈴置論考が正鵠を射たものであったことの証拠だ、という言い方もできます。鈴置論考の全文をこちらに引用・転載することはしませんが、ここでは気になった部分をいくつか紹介してみたいと思います。

「脅さないと付け上がる韓国人」

最初の指摘は、米国が韓国を「格落ちの同盟国」として扱っている、というものです。

――韓国は『格落ちの同盟国』に転落した、ということですね。
鈴置:自然の成り行きです。バイデン大統領は就任するや否や、中国と立ち向かうと表明しました。米中二股に励む韓国をまともな同盟国と見なすわけがありません。

ここでいう「米中二股外交」とは、たとえば、文在寅氏が習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席に対し、「中国共産党創建100年を心から祝う」と述べたことなどを指しています。いちおう形の上では米国の同盟国である韓国の国家元首として、さすがにこの発言はマズいでしょう。

さらには、朝鮮日報ワシントン特派員が民主党のロバート・メネンデス上院議員に対して実施したオンラインインタビューについて、鈴置氏は「米国は文在寅(氏)とは価値観を共有していない」と述べたようなものだ、と評します。

――『米国は文在寅とは価値観を共にしない』と宣言しましたね。
鈴置:その通りです。さらには、価値観を共有しないなら韓国との同盟は打ち切るぞ、と示唆したのです。

毎度ながら、鋭い指摘と言わざるを得ません。

ただ、米国側の政治家が韓国に対し、ここまで厳しい発言をし、それを「保守系」とされる朝鮮日報が嬉々として報じたことに対しては、やはり「何らかの狙い」を感じるのもたしかです。

鈴置氏はこれについて、次のように指摘します。

韓国には『見捨てるぞ』と通告した方が効果的なのです。この辺はメネンデス上院議員も十分に分かっているのでしょう」。

なんとも困った話です。

メネンデス議員の「米韓は価値観を共有しない」発言は、本心から出たものというよりも、韓国を脅すことで、米韓同盟に回帰させるためのものだ、という可能性が出てくるからです。そして、韓国の保守派も、こうした発言を利用しようとしているフシがあります。

韓国の「保守派」による「バイデン抱きつき戦略」

実際、鈴置論考には、こんな指摘もあります。

こうなったらバイデン政権と組んで血路を開くほかない。『左派政権が続けば韓米同盟が消滅する』と国民に訴えれば、大物候補者がいない不利をある程度克服できるでしょう。韓国人は米国に反発することはありますが、多くはこの同盟を続けたいと願っています」。

つまり、韓国の「保守派」が「バイデンへの抱きつき」により、文在寅政権(あるいは左派政権)を倒し、米韓同盟を維持させようとして巻き返しを図る、というわけですね。

お叱りを覚悟で申し上げるならば、米国民主党に対しては、「余計なことをするな」と言いたい気持ちでいっぱいです。というのも、「日米韓3ヵ国連携」は、日本にとっては百害あって一利なし、というのが当ウェブサイトとしての意見だからです。

もっとも、外交の世界において、相手を「脅す」ということはできるかもしれませんが、相手を「根本的に変える」ということなど出来っこありません。米国がいくら韓国を脅したところで、韓国が自由・民主主義を尊重し、法律を守る国に変容するかといえば、それはまったく別問題でしょう。

実際、今回の鈴置論考では、韓国メディアに掲載された記事に対して書き込まれた、韓国人読者の相反する2つの主張が紹介されています。

  • (A)韓国排除は日本の指導者として当然のこと。日本から見れば韓国は信じられない国になった
  • (B)日本など信じるな。北韓、中国と共に行こう

西側に残るのか、中華圏に入ってしまうのか。

結局のところ、それらは韓国の人々の決断と覚悟にかかっているのであり、私たち日本人の側が「韓国さん、自由・民主主義陣営に残って下さいよ」と彼らにお願いするのは筋違い、というわけでしょう。

ただし、「西側に残りたい」と思うのであれば、しかるべき行動を取らなければならないことは、わざわざ指摘するまでもない話ですが。

読者コメント一覧

  1. 阿野煮鱒 より:

    韓国って、いつだって崖っぷちで、いつだって瀬戸際で、いつだって岐路に立ってきたのです。そして、自らの判断により毅然と決断したこともありません。今後も、あっちへふらふらこっちへふらふらしながら、ちゃっかりおいしいとこ取りして生きながらえていくと思います。

    1. 伊江太 より:

      阿野煮鱒様

      >ちゃっかりおいしいとこ取りして生きながらえていく

      さすがにコレやり過ぎて
      おいしいとこ取りどころか
      ロシアンルーレットだか、黒ひげ危機一発
      みたいな状態になってる気がしますが(笑)

      あとは死んだフリ、ですかね。

    2. エスぅ より:

      まるで寄生虫のようで虫唾が走りますね。

      1. Kumaboss01 より:

        エスぅ様

        寄生虫そのものです。
        おそらく、人類のDNAとは、かけ離れた遺伝子構造を持つ人擬きです。

    3. 頓珍韓 より:

      サイト主様が仰るように
      > 「西側に残りたい」と思うのであれば、しかるべき行動を取らなければならない…

      それが普通です。
      当然、中華圏に入るにも踏み絵があるでしょう。

      しかし、韓国は、どちらもしないと思いますよ。
      ずぅーーーーと、決められない。
      決めようとすると、内ゲバがはじまるんですから。
      結局は、他国からどつかれるのです。
      それが米中の違い。
      それでシュンとするのです。

      そして、時は流れて、数百年。
      後に、当時を振り返って「千年の恨み」と寝言をほざくことでしょう。
      彼の国は、この繰り返しが自称半万年続いています。

      テロリストは英雄、売春婦は性奴隷、同族の独裁者は信用に足る人物で、恩人は道徳的に下位に犯罪者。
      正常に思い返せばあまりにも恥ずかしいことの数々で、ファンタジーにしないと耐えられないのです。

      窮地もファンタジーで乗り切ります。

  2. 愛知県東部在住 より:

    速報レベルではありますが、時事通信が豪のオーストリアン紙の報道を紹介する形で、韓国や豪そしてインドの3ヶ国を、次回のG7招待を欧州諸国からの懸念により、先送りされることとなったと報じました。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021020800629&g=int

    一応欧州諸国となっていますが、ひょっとすると米国の意向もあるのかもしれません。ご紹介の鈴置氏のお見立ての如く、「韓国は『見捨てるぞ』と通告した方が効果的」と米国も判断したとすれば辻褄も合いそうです。

    あくまでも速報ですので、詳細な続報を待って判断したいと思います。

    1. 阿野煮鱒 より:

      ブルームバーグによれば、日仏独伊が懸念を表明していたそうで、英国がそれに従った格好ですね。
      https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-27/QNLCXLT0AFBC01

    2. だんな より:

      ええ話ですな。
      G7のメンバーを増やして、得をする国は無いんだと思います。

    3. G より:

      G7サミットへの招待は日常的に行われていたけれど、それを単なるオブザーバー参加ではなくG7拡大と捉えてしまう国が現れてしまったのが大きいのでしょうね。G7拡大はどのような形式でもヨーロッパの発言力低下になりますし。

      あとFOIPに対するイギリス除くヨーロッパの国々の拒否反応もあるかもしれませんね。

      1. 農家の三男坊 より:

        G 様
         2019年に仏はインド洋に空母を派遣し日米豪と演習していますし、ドイツも艦船派遣を計画している様で、英と温度差はあっても、拒否反応は無いようですよ。

    4. H より:

      G20があるのにGなんちゃらを増やしても
      意味はないですよね

      南朝鮮は中国の省扱いで十分だと思います
      又は自治区かな
      そうすれば大使館も要らないでしょう
      北京で代行します

  3. 簿記3級 より:

    青いAの薬を飲んで利益を取るか赤いBの薬を飲んで正義を取るかという問題ですね。

    韓国人の性向を考えると利益も大好きですが、それ以上に自身のアイデンティティである、Bをより重要な価値観だと考えていると思います。反日のない韓国などは魂の抜けた存在で、もはやそれは韓国人とは呼べません。
    バレバレのポーカー、ブラックジャックかと思います。

    1. 匿名29号 より:

      K国にとっては青も赤の薬も致死に至る劇薬です。 それで半分づつ飲んで中和しようとしているのかも。

    2. カズ より:

      彼らの現況は、かろうじて青っぽいリトマス紙。
      強酸性(共産制)に触れて赤くなるのか?
      アメリカに叩かれて赤くなるのか・・?

    3. 簿記3級 より:

      匿名29号さま
      半分だけ飲む、飲んだフリをするということをされると途端にゲームが複雑になりますね。のらりくらりと判断を留保するでしょうけど最終的には赤の薬を飲んでくれると、私は韓国人に全幅の信頼を寄せています。反日のない韓国は酸味のないキムチ、それはキムチではなく浅漬けだと思います。

      カズ様
      朴大統領のキレイな黄色の服が立ち位置を示しているような、pH5.0、立派な酸性でした。今後も韓国の大統領の服はリトマス紙で出来ている方が外から状態が分かりやすく便利なのですが。

    4. より:

      > 青いAの薬を飲んで利益を取るか赤いBの薬を飲んで正義を取るか

      その度に大人になったり子供になったりするんですかねえ。

      1. 阿野煮鱒 より:

        夢の世界に留まってスミスと戦うか、不思議の国に行ってウサギの穴の奥底を見るかではないでしょうか。

      2. カズ より:

        青いクスリを削り損ねてヘソガエルに・・。?
        あゝ、彼らの場合は「茹でガエル」でした・・。

      3. りょうちん より:

        さすがに反応できる年齢層の範囲がキツイネタですねw
        手塚治虫全集DVD-ROMを購入した私にはわかります。

      4. 簿記3級 より:

        青い薬、赤い薬の話は不思議の国のアリスやマトリックスで有名だそうですが今回はマトリックスから拝借しました。(1年に一度くらい韓国。マトリクス論がこのサイトでも出てきますが)

        青い薬を飲めば話は終わる。ベットで目が覚めいつもの暮らしが待っている。アメリカに制御された偽りの法の支配の世界が、韓国にとっては監獄に居るような気持ちであると思います。
        赤い薬を飲めば中華の夢と共に歩むとが出来る。真実に満ちた反日の世界です、韓国はもうだいぶ前に選択を済ませており、最近は覚醒しかかっているように見えます。

  4. 匿名 より:

    かの国は棒で叩いて従わせるのが正しい対応法と
    日米両国でマニュアル化できるなら
    それはそれでありな気がしますが、どうなんでしょう?

  5. たけ より:

    韓国を無力化しておき、先に中共を倒す。
    それが一番国益に沿うと思うなあ。

  6. 名無しの権兵衛 より:

     これまで、アメリカ政府が、韓国政府の我が儘を見逃してきたのは、東アジアの安全保障上の最大の脅威が北朝鮮の核開発計画であったため、38度線で北朝鮮と対峙する韓国を見捨てる訳にはいかないという事情があったからです。
     しかし、現在、東アジアの安全保障上の最大の脅威は、中国の覇権・拡張主義になってしまったため、アメリカ政府も、これ以上韓国政府の我が儘を見逃す訳にはいかなくなったということを、韓国政府はまだ気が付いていないようですね。
     さあ、小早川秀秋の立場になった文在寅大統領の運命や如何に。「東軍に付くべきか、西軍に付くべきか、それが問題だ!」と悩んでみたものの、「将来の北朝鮮との統一や中国との経済関係を考えれば、東軍に付くという選択肢は無い。かといって、西軍に付けば、これまでアメリカをはじめとする自由主義諸国から受けていた恩恵が受けられなくなる。どうしたものか。」
     悩んでみたものの、結局、「ツートラック外交(二股外交)」を選択する文在寅大統領でありました、とさ。

  7. イーシャ より:

    > 脅さないと付け上がる韓国人
    脅すだけではダメでしょう。棒で殴らないと。
    いや、シティハンターでないと耐えられない重量級ハンマーで、脊髄との接続部を狙って後頭部を力一杯殴って欲しいですね。

    > あたかも地球上に存在しないかのように扱ったのです。
    日本国民の率直な意見としては、本当に地球上に存在しなくなって欲しいのです。

    > 西側に残るのか、一気に中国圏入りするのか
    是非中国圏入りを。法則発動はあちら側で。

    ===
    文大統領閣下に進言します。
    米国のこけおどしに屈しては偉大な大韓民国の恥です。
    米国に屈することは、日本に屈することにつながるのですよ。
    決してビビったり日和ったりせず、我が道を進んでください。

    1. H より:

      イーシャ様

      〉文大統領閣下
      追加で一言
      ケンチャナヨ!

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国の文大統領は特に極端な『離米反日侮日親北従中』戦略ですが、次期大統領も(韓国自体存続すればですが)進歩系なら大して変わらないです。また文氏について、何ら確証はありませんが、丸5年の任期は持たないのではないかと思います。

    理由は、あまりにも国際関係に疎すぎる点。米中を二股にかけ過ぎた点。北朝鮮との核付き統一を謀っている点、そして一番の友邦国であるはずの、日本が徹底的に嫌悪感を感じる迄、反日を続けた事。朴槿恵、李明博、盧武鉉も酷かったが、文は根っから腐っている(笑)。

    また進歩系の中でも独裁者的な行動が多く、党内に支持する人がどれだけいるのか、極めて不安定です。クーデターも無いとは言えません。

    文氏の責任は重い。僅か4年足らずで自由陣営の『格落ちの同盟国』に転落。本人は、してやったりのつもりかな?
    民主党のロバート・メネンデス上院議員に対してのオンラインインタビューも、鈴置氏は「米国は文在寅とは価値観を共有していない」と述べたと。

    米国が韓国を脅したところで、文は『朝鮮半島という水爆に匹敵する地政的優位は動かない』と、ふんぞり返っていると思います。今のように、都合の良い時だけ日米に擦り寄る気は変えないです。寄って来たら「いい加減にしろッ」と肘鉄かエルボードロップが敵性国・韓国には相応しいです。

    つまり自由主義民主主義陣営から無視される立場、「縁切り」「損切り」です。

  9. G より:

    韓国っていつもピンチな感じするんですよね。今回は結構厳しい感じもするのですが、でも多分切り抜けるんですよ。我々には全く理解できない仕組みでもって。まあ、この程度でダメになるようなら、そもそもこんなチャランポランな政治体制維持できず淘汰されてます。

    多分彼らのしぶとさは我々には真似できず、理解不能です。断片的にそれが理解できたとして多分『そんなことするくらいなら死んだ方がマシ』レベルかもしれません。

  10. sey g より:

    半島の無力化の簡単な方法があります。
    北による半島の統一です。
    北が統一したあと、経済的援助がなければ 半島は世界の最貧国に一直線。
    サムスンがあるじゃん?
    その時には米国企業となって、資本工場移転してるでしょう。
    半島が無力化すれば、どっちに付こうが変数として無視できます。
    どうせ、国民としての性格は変わらんのです。なら、1965年以前の状態に戻した方が楽ですよ。

    1. H より:

      say g様

      〉北による半島の統一

      文様もジョンウン様も同じ事を
      考えてるかもしれません

      但し、核を持たせたままでは
      いけません
      あいつらイカれてるので確実に
      使いよります
      半島を殲滅した後でならご自由に
      です

      1. sey g より:

        H様

        もちろん統一を邪魔しないのと交換に核はボッシュート。
        約束は守らない奴らなんで、確実に無くなったのを確認してからの統一で。
        ちなみに21と統一が半島では同じ発音なので、向こうの会社は名前に21を使い勝ちです。

        1. H より:

          sey g様

          トゥ イル=トンイル
          ですね
          分かりやすい奴ら(笑)

          先程の宛名がsayと間違って
          おりました
          失礼いたしました
          お詫びいたします

    2. 匿名 より:

      北が民主主義の味をしめた南の甘やかされたコドオジなど欲しがるはずもない。

  11. だんな より:

    鈴置論考、読みました。
    文政権について「中国圏入りするかどうか」と言ってるのら、認識が遅れているなと思いました。
    私は、以前から「既に韓国は、中国に取り込まれている」と、主張しています。
    ハンギョレの
    「新型コロナウイルスへの対応の成功などで最近、韓国の国際的地位が急激に上昇したことから、バイデン大統領が韓日首脳と少なくとも「同じ日」に電話会談を行うだろうとの予測が主流だった。米国にとって韓国は、自分たちが血を流して守り抜いた同盟国であり、民主主義と経済成長という二兎を得ることに成功した「模範生」だ。そのため、米国は韓米同盟に「要(linchpin)」という特別な用語を使う。韓国の国際的地位は最近さらに高まり、世界の主要民主主義国家の集まりである「D-10」に入る主要国家へと成長した。実際にバイデン大統領は、当選後の就任前には韓国、日本、オーストラリアなどインド太平洋地域の同盟国首脳と同日(2020年11月11日)に電話会談を行っている。日本とは電話会談を行ったのに、なぜバイデン大統領はまだ韓国とは行っていないのか、という不満が出る理由がここにある。」
    この部分が、保守、左派を問わず、韓国人全般の本音だと思います。「K防疫で韓国は、先進国入りしたニダ」は、韓国人の認証願望を満足される物で、これを否定することは、同盟国であるアメリカでも、正義では無い行動なのです。今回の首脳会談の遅れは、韓国人のプライドを傷つけて、潜在的な反米感情を高めた筈です。
    文政権は、米韓同盟を一次元バージョンアップすると言いました。韓国は同盟を強化しようと言っているので、悪化したら「アメリカが悪いニダ」になるという事です。
    韓国は、戦時統制権を返せと言うでしょうが、米韓同盟を破棄するとは言わないでしょう。アメリカが、形骸化した同盟を破棄すると言えば、それこそ大手を振って、中朝の核の傘に入っていくと思います。
    今一度思い出して欲しいのは、文大統領の優先順位第一位は「南北統一」です。米韓同盟がある限り、北朝鮮の非核化無しに、南北統一する事は、出来ないと思います。
    文大統領に続く左派指導者も、南北統一を第一に考える後継者を選ぶでしょう。
    左派は、アメリカが米韓同盟の破棄を言い出してくれるのを期待しているので、特に韓国が変わらず、好き勝手に二股コウモリすると思います。
    なぁに、日本にやってきた事を、アメリカ相手にやり始めるだけです。どうなるかは、知らんけど。

    1. より:

      結局のところ、アメリカがいつまで韓国の身勝手な妄想に付き合い、一方的に利用されるだけという境遇に甘んじていられるかということですよね。絶対的な覇権国であった頃であればともかく、今のアメリカにそこまでの余裕があるとも思えません。
      かつてアメリカは日本の経済的「挑戦(*)」を許さず、なりふり構わず潰しにかかりました。しかし、現在、中国は経済ばかりか軍事的にも「挑戦」する意図を露わにしています。このまま放置しておくとは、ちょっと考えられません。いきなり軍事衝突とまではいかないでしょうが、様々な手段で圧迫を強めるでしょう。その時に、同盟国であることを装いながら中国と気脈を通じるような国をどう扱うだろうか、と考えると……
      わが国としては、とばっちりを食わぬよう、準備を進めておくべきですね。

      (*)当時日本は調子に乗ってのぼせていただけで、「挑戦」しているなどとは夢にも思ってなかったのでした……

  12. 匿名 より:

    >菅義偉首相は「日米同盟を基軸にし、基本的な価値観を共有するASEAN、豪州、インド、欧州との連携を緊密にする」と答えました。

    首相もFOIPはASEANのためだと明言しているのに、なんでことさら米中対立だけにフォーカスされるのかよくわからん。トランプは貿易赤字を名分に暴れたけど、オバマ時代は南シナ海で無茶苦茶やる中国を牽制するためにリバランスを言い出して現状はそれに回帰しているところなのに。FOIPの本質はASEAN vs. 中国でアメリカはその抑止力ってだけなのに、ことさら米中覇権争いを喧伝するのはアメリカをASEANの守護者の地位から引きずり落としたい中国の思うツモでしょ。

    1. 農家の三男坊 より:

      匿名様
       普通の日本人は、ツモは使いません。

  13. マイナンバー より:

    バイデン米国政権も文在寅政権のイカサマ外交には利用価値なし、と判断したということでしょうか。
    まぁ、以下の用語みただけで、まともな国はウンザリでしょうが、彼らは半島民族としてこれで千年以上生き延びているので、変わることはないでしょう。

    韓国外交用語
    ツートラック → 二枚舌
    バランサー → コウモリ
    未来志向 → 永遠のたかり
    人権 → 自分たち(韓国人)の権益のための道具
    心のこもった誠意ある謝罪要求 → 永遠に誤り続けさせ金をむしり取ること
    条約・国際協定 → 都合よく解釈できる御託宣
    China → 永遠の宗主国
    北朝鮮 → 我が民族の正当政府

  14. 名無しのPCパーツ より:

    まあ、ハーバードの論文騒ぎといい、アメリカが半島から距離を置こうとしてる空気があるね。

  15. 心配性のおばさん より:

    私ね。今回の鈴置論考でここが違うと思います。

    ≫普通の韓国人ならこれを読むだけで、十分に米国の怒りに気づきます。
    ≫朝鮮日報の論説委員会は声を張り上げず、厳しい現実を突き付けることで韓国人をぞっとさせたのです。

    だって、そうなら、朝鮮民族じゃないですよね。他者から与えられる立場を当然のものとし、それを指摘されるとそれを他者のせいにして恨む。これが私の朝鮮民族感ですの。

    他者をA国に当てはめて下さい。A国に守って貰うのは反共の橋頭保としてK国の当たり前であり、おや、何故自分たちは反共の橋頭保なんだ?そんなものになんかになりたくなかったんだ。がK国人じゃないかしら?

    南北統一を謳った文在寅政権を選んだ時点で、K国人がK国そのものを否定したのです。
    そんなK国人がA国の怒りを怖れますか?

    そして、私にはどうしても理解できないのが、K国の保守派です。彼らはなぜ、自国の問題に他国の助けを求めるのでしょうか?助けを求めてそれが得られると、助けた相手を恨むのですよ。「我々のプライドを傷つけた」ということで(笑)。

    無限ループですよ。A国さん(笑)。そこまでする相手ですか?であるとしても、日本はこれ以上のお付き合いはしかねます。

    日本の正敵はC国。それに備えるのに無駄な力はありません。

  16. クロワッサン より:

    >結局のところ、それらは韓国の人々の決断と覚悟にかかっているのであり、私たち日本人の側が「韓国さん、自由・民主主義陣営に残って下さいよ」と彼らにお願いするのは筋違い、というわけでしょう。

    韓国民が自由・民主主義を尊重し、法律を守る国民に変容するか否かに懸かる気がします。
    在日コリアンや在米コリアンでそんな人達がどれ程居るか。
    居ない訳じゃないんだけど…って感じでしょうかねぇ…。

  17. 通りすがりのA より:

    鈴置氏の該当記事を詠みましたが、いかにも彼ららしい項目がありました。
    ■「模範生」のブランドにしがみ付く
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8baefc393af7f5507ae7775e08d872914659df3?page=3

    彼らの宿痾(中華思想=選民思想)がそうさせるのだと思いますが、
    日本政府もさることながら、米国政府も彼らの一部(自称:保守派)に利用(用米用日派)されないように気をつけて欲しいものです。

    何時でも、何時までも中世の思想(思考回路)で現代を生きている彼ら(C国や北を含む)は、ある意味ではしぶとく、狡猾なんでしょうね。
    ※適者生存の法則で痛い目を見ないと解らないとは思いますが。

  18. イジワルばあさん より:

    私は、米国が文在寅政権を廃して用米、用日政権を建てようとしているという鈴置氏の指摘には懐疑的です。むしろ米国は韓国潰しに舵を切ったと考えています。その理由は以下のとおりです。
    1、古い話ですが、1998年に韓国経済が破綻してIMFに救済されたとき、金泳三政権が軍事情報を中国や北朝鮮に漏洩していたため米国からお仕置きをされたという説があります。また、我が国の輸出管理が厳格化された原因の戦略物資の横流しは朴槿恵政権の時で、我が国が輸出管理の協議を呼び掛けても3年もそれに応じなかったからです。つまり韓国の米国に対する裏切りは、どちらの政権でも変わらないし、そんなことは米国も先刻ご承知です。
    2、IMFに救済されたとき、IMFの言うことは聞かないし、約束は守らないということで、IMFから二度目はないと突き付けられたわけですが、その後の韓国姿勢は変わりません。
    コロナ禍と文在寅の失政で韓国の経済破綻はそう遠くないはずだと思います。その時米国は救済するだろうか?むしろコロナ禍を口実として韓国が自滅という形になった方が、米国が同盟国を切ったと悪役にならずに済みます。
    3、現在米国は、中国に対峙して攻勢をかけていますが、その理由が、中国が国際ルールを無視してやりたい放題で覇権を拡大していることです。中国の国際法違反を強く避難している米国が、韓国の国際法違反に甘々な措置をしたらダブルスタンダードで、世界のリーダーたる米国の信用が失墜します。
    4、韓国国内では、左翼政権は歴史が浅く経験不足で政権基盤が盤石とは言えません。しかし対する保守勢力側も親日攻撃と内部分裂でバラバラです。国民の支持も得られていません。一方の左翼政権は三権の権力をほぼ掌握し、政権に反対する者は弾圧するという強権政治をあからさまにしていますし、それだけに政権交代したら自分たちの身が危うくなるので、選挙不正だろうがなんだろうが手段を選ばす政権を守らなくてはなりません。したがって保守が米艦同盟が消滅すると韓国民を脅してそれを背景に政権を取るのは難しいと思います。
    韓国の今後を占うひとつの鍵は、4月のソウル及び釜山市長選挙でしょうか?ここで与党が勝利するようだと韓国民は与党支持ということで完全に見捨てられるのではないでしょうか?

    1. 阿野煮鱒 より:

      米国も一枚岩ではないので、韓国をどのように処遇するかはいつも揺れていると思います。

      また、いつもの繰り返しですが、米国のインテリジェンスは当てにならず、特に東アジアに関しては文化的・歴史的背景も含めた正常把握がまともにできた例しがありません。日本を戦争に追い込むわ、ドイツに軍事教練を受けていた国民党政権に肩入れするわ、アチソンラインとか言っちゃって金日成の南進を促すわ、北朝鮮に甘々対応して核開発を促進させるわ、大概的を外しています。

      現在の米国が、本当に韓国をどうしたいか、実は未だに腹が決まっていないと私は見ています。手なずけることができず、懲罰を食らわすのも面倒で、これまでなら日本に問題の後始末を押しつけてきたのに最近はそれもできず、どうしてよいか分からず、ズルズルと決断を先送りしているのではないでしょうか。

      決断ができないのは日本も同じです。経団連は平和ボケ、自民党内には親韓議員が蠢き、国民の多くはマスコミの洗脳に騙され、韓国を切って捨てようという覚悟はありません。

      韓国も決断できません。文大統領は南北統一を目指しているとしても、韓国民全てがそれに同意している訳ではありません。在韓米軍が撤退しない限り、北朝鮮は統一を忌避するでしょう。

      韓国は既に中国に取り込まれているというご意見もありますが、中国から韓国を見たとき、在韓米軍のプレゼンスは大きいはずです。中国が韓国に三不の誓いを立てさせたのも、THAADを初めとする米軍の威力をおそれればこそで、到底韓国を支配下に置いているという認識は持てないはずです。

      米国の主敵は中国です。韓国が旗幟を鮮明にしなくとも、露骨に米国の邪魔さえしなければ放っておいても構わないという判断も可能でしょう。

      結局は、誰も何もできない状態が続くのではないかと思います。

      1. 阿野煮鱒 より:

        正常把握 → 政情把握 でした。

  19. 門外漢 より:

    女神「貴方の落としたのはAの斧ですか?Cの斧ですか?」
    韓 「両方ニダ!」
    女神「はい、アウト~」

    1. カズ より:

      >女神「はい、アウト~」

      女神:本当はBの斧でショ!
      韓国:balancer(バランサー)のB、nika?
      女神:bat(バット)のBでショ!
      韓国:bestのB、nika?
      女神:badのB、でショ!
      韓国:bigのB、nika?
      💢
      女神:『b⚪︎k⚪︎m⚪︎のB』ボソッ…。
      「こちら女神司令船225号、⚪︎a⚪︎a⚪︎e、どうぞ。」
      韓国:何か言ったnika?
      女神:聞こえなくていいnida…。

    2. 心配性のおばさん より:

      門外漢様の御作に一票(笑)。

      その心は、この種のお話は、簡潔を是とする。

      1. 門外漢 より:

        おばさん へ

        おばさんに笑って頂いてマンモスうれピーです。
        笑いは免疫力を高めるそうですから。今後も笑われるよう頑張ります。

        おばさん、最近ご立腹(原因は承知)が嵩じておられるようですが、Kなんて笑い飛ばして行きましょう。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。