実際のところ、姜昌一氏にアグレマンは出たのか?

正月早々ではありますが、ショートメモとして、昨日の『姜昌一氏に「アグレマン」報じたのは韓国メディアだけ』に関する「続報」を掲載しておきたいと思います。

昨日の『姜昌一氏に「アグレマン」報じたのは韓国メディアだけ』では、例の「北方領土に上陸」「天皇陛下を日王呼ばわり」した人物である姜昌一(きょう・しょういち)韓国前国会議員に対し、「日本政府がアグレマンを出す見込みだ」、とする報道をいくつか取り上げました。

結論からいえば、「アグレマンは出た」と、昨日中に複数のメディアが報じました。日本語版だと、たとえば韓国メディア『聯合ニュース』と『中央日報』が報じた記事が、それに該当します。

駐日韓国大使と駐韓日本大使の交代 両政府が同意=来月中旬にも赴任

―――2020.12.31 09:54付 聯合ニュース日本語版より

駐日韓国大使内定の姜昌一氏、日本が同意…1月に正式赴任

―――2020.12.31 14:47付 中央日報日本語版より

どちらの記事でも、姜昌一氏が日本政府からのアグレマンを得たと報じています。

このうち聯合ニュースの方の記事では「韓国の複数の外交消息筋」が31日、「日本政府は先週、外交ルートを通じて韓国政府にアグレマンを出したことを通知した」と明らかにした、と報じています。

また、中央日報の方の記事では、「日本政府は先週、外交チャンネルを通じて韓国政府に姜氏に対する同意手続が完了したことを通知した」と「東京の外交筋」が明らかにした、としています。

両記事で情報源は異なっているように見受けられますが、共通点は「すでに先週の時点で、日本政府が韓国政府に対し、外交ルートを通じてアグレマンが出たと伝達している」、というものです。

事実だとしたら、正直、日本政府に対しては幻滅してしまいそうになります。

くどいようですが、天皇陛下を公然と侮辱した人間が天皇陛下に信任状を奉呈するなど、あくまでも1人の日本人としては許せない気持ちでいっぱいだからですし、また、国後島に不法上陸した人間にアグレマンを出したこと自体、国家としての意思を疑ってしまうからです。

ただ、それと同時に、少し冷静になりたいと思います。

じつは、昨日夜の時点で、「日本政府が姜昌一氏にアグレマンを出した」と報じた日本のメディアがあるのかか、調べてみたのですが、そのような記事を見つけることができませんでした。検索したのは7つのウェブサイト(日経新聞、読売新聞、朝日新聞、産経新聞、毎日新聞、共同通信、時事通信)です。

どのウェブサイトを見ても、引っかかるのは「韓国政府が姜昌一氏を大使に内定した」とする11月の記事であったり、「北方領土をロシア領と発言した」、「天皇陛下を日王と呼称した」などの姜昌一氏の資質に関する記事であったりしますが、「年内にアグレマンを出した」という記事は、見当たらないのです。

このことから、少なくとも次の3つの仮説が成り立ちます。

  • ①日本のメディアも「姜昌一氏に対しアグレマン」と報じているのだが、何らかの理由でその記事を見つけることができなかった。
  • ②実際に日本政府は姜昌一氏にアグレマンを出したのだが、日本のメディアが何らかの理由でそれについて報じていない。
  • ③実際に日本政府は姜昌一氏にアグレマンを出しておらず、韓国メディア(あるいは韓国メディアに情報を提供した「外交消息筋」とやら)がウソをついている。

この①~③のどの可能性が最も高いかについては、本稿ではあえて申し上げないことにします。

もっとも、もしも③が真相なのだとしたら、どうして韓国メディア(や彼らに情報を提供した「外交消息筋」とやら)がウソをついたのでしょうか。

あくまでも推測に過ぎませんが、これら一連の報道は、もしかしたら韓国が得意とする「ウソでも何でも良いから、勝手に既成事実を積み上げ、自分たちの目的を達成してしまう」という、いつものやり口なのではないかと疑わざるを得ないのです。

とくに現在のわが国では、加藤勝信官房長官の年内最後の記者会見が12月25日だったという事情もあり、韓国側で虚報が出てきても、それを正式に否定する場がないだけなのかもしれません。

いずれにせよ、わが国のメディアの側(あるいは日本政府の側)からも、姜昌一氏に対するアグレマンに関する続報が出てくるかどうかについては、いちおう、注意しておきたいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    アグレマンが出たか否かにかかわらず

    令和が表わす梅の季節は、寒の気配が遠ざかりやがて消え去る爽やかな季節の始まりでもあります。
    同音異義語でもそうなるといいですね。

    1. 老害 より:

      イーシャ さま

      冷気が似合う梅の花は大好きです。特に白梅の香りの中で冷酒で一杯。(現在、血中アルコール濃度高め) 人気のない時刻に北野天満宮に行きたいです。

      「気品のある梅と半島の話題を並べることに、謝罪と賠償を」とまで思って、半島脳を反省しました。今年は、連中の穢れを払って生きていきたいです。

    2. 倦怠期不来戸築筋 より:

      あけましておめでとうございます。

      レーダー照射事件やワクチンの購買契約に対する韓国政府の発表を持ち出すまでもなく、韓国での要人の発言は匿名でなくてさえ嘘・願望・捏造に充ち満ちているので、韓国記者の言うところの「匿名の外交筋からのまた聞き」なんて「ブタの寝言」ぐらいに思っていれば良いのです。

      (ブタさん、御免なさい🙇)

  2. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    「韓国の複数の外交消息筋」も「東京の外交筋」も、韓国筋じゃないですか(失笑)。日本方からの「アグレマンを出した」発表は今のところありません。

    コレは裏を返せば、韓国側のそうあって欲しい、願望です。アホらし。徹底的に無視されてんのが分からないようですネ(笑)。

    1. 賀新嘗胆レバー炒め より:

      「東京の外交筋」≠「日本政府の外交担当者」ですが、「駐東京の韓国人外交営業マン」も含めているのでは?

  3. 名無Uさん より:

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
    韓国(特に左派)は日本政府の動きが鈍い年末年始を狙って、よく揺さぶりをかけて来ます。釜山総領事館前に慰安婦像を電撃設置した際も、2016年の年末のことでした。
    日本政府が態度を表明するのは、米大統領選挙の行方を睨んだ上でのことかもしれませんね…
    現在のトランプ政権には何かを決める余裕などないでしょうし、バイデン次期政権(仮)もまたどのような対応をお望みなのか、何かを決められる状況とは思えません。
    どっしり構えて、耐えて待つことが吉だと思います。

  4. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、韓国と違って自分が間違う存在であると自覚しているので)
     まずは新年のお祝いを申し上げます。
     結局のところ、日本政府がアグレマンを出すかどうかは、トランプ大統領またはバイデン次期大統領次第ではないでしょうか。
     駄文にて失礼しました。

    1. 引きこもり中年 より:

       すみません。追加です。
       素朴な疑問ですが、韓国の記者は、年末の忙しい中、日本政府側の誰を会って、誰から聞き出したのでしょうか。(もっとも、日本政府からの連絡を受けたと称する韓国政府の関係者に、ソウルで取材した結果ということもあるでしょうが)
       駄文にて失礼しました。

      1. 匿名 より:

         東京の外交筋とは在東京韓国大使館を、外交(消息)筋は韓国外務省(外交部)を言い換えるメディア用語ですよ。

        1. 引きこもり中年 より:

          匿名様へ
          確かに「日本政府がアグレマンを出す可能性がある」と言えば、少なくても嘘にはなりませんしね。
           駄文にて失礼しました。

  5. めたぼーん より:

    あけましておめでとうございます。今年も楽しみにしております。これは全て国内向けの話ではないでしょうか。何せ害交の天才ですからね。今の時点では嘘で、その場しのぎの報道を政府が強要したのだと思います。

  6. イジワルばあさん より:

    私はこれは観測気球で、日本政府の 反応を見て姜昌一氏のアグレマンが出るかどうか感触を確かめようとしているのではないかと思っています。理由は
    1、日本政府、韓国政府どちらの正式発表ではないこと。
    2、姜昌一氏が駐日韓国大使に内定したと発表されてから2ヶ月経ちましたが、日本政府は音無の構えです。常に即結果を求める韓国人としては、日本政府の音無の構えに痺れを切らして仕掛けてきたのだと思います。
    3、11月上旬に韓国の高官が入れ替わり立ち替わり訪日して、東京五輪を利用して日米韓北の首脳会談を開催しようと提案しました。文在寅政権にとっては北との関係改善を何としても進めたいので、このまま駐日韓国大使が不在の状況が続くのはとても困るわけです。このシナリオは日本の協力がなければ絶対成立しないのに、日本政府との窓口がないのですから。
    というわけで、現在の韓国政府としては、上から目線でアグレマンをださいないのはけしからんと難癖をつけるわけにもいかないので、このような観測気球を上げたのではないかと考えています。

  7. 門外漢 より:

    『彼らに情報を提供した「外交消息筋」とやらがウソをついた』

    これなら最高なんですけどねえ(笑)。
    騙された者が間抜けというだけですが。

    どうか今年は皆が笑って暮らせますように。敬白

  8. 匿名 より:

    >>「ウソでも何でも良いから、勝手に既成事実を積み上げ、自分たちの目的を達成してしまう」

    こんな韓国メディアの日本語版記事が既成事実とやらになって日本政府が同意を出すのなら、そもそもこんな小細工せずとも黙って同意するでしょうから。

  9. 伊江太 より:

    何を考えて姜昌一なんて人物を駐日大使に選んだのか、そこのところが謎ですが、日本にけんかを売るつもりだったのならともかく、このところのスリ寄りの一環だったとしたら、発表後の日本国内の反応を観察してれば、当然とんでもない見込み違いだったことに気づいてはいると思います。といって、日本の機嫌次第で、一度決めた人事を撤回するなんてことは、それこそプライドが許
    さない。支持層の反発も招く。

    まもなく出ようとしている、日本政府を被告とした慰安婦訴訟。あれを原告勝訴という形にさせ、アグレマンを拒絶されたことと相打ちにしようとしているのではないかという可能性はどうでしょう。そうなったら当然日本を怒らせるることにはなるが、また三権分立たら何たらの屁理屈で政府の責任からは徹底的に逃げまくればいい。国内的には、今度こそ対日本政府への損害賠償の取り立てだのといった自分がなすべき責任からは逃れられないはずですが、それも政府間の慰安婦合意を破棄をやったあげくに、後は野となれでグダグダにしたままほおかむりという奥の手がある。それで何とかなってる現状を思えば、たいしたことにはならないと高を括ってても、それほど不思議はないように思います。

    その上で、アグレマン出なかったのは、日本が一度していた約束を反故にしたせいニダ。ウリが間違っていたわけではないニダ、なんて言い訳の状況証拠をこしらえるために、政府筋だの外交筋だのあるのかないのか確かめようもない与太話をせっせと流しているのではないか。つい、そんなことを考えてしまいます。

    1. gommer より:

      彼らは擦り寄りのつもりでしょう。
      担当者レベルでは見込み違いだったと気付いているでしょうが、かの国では保身を考えるとトップにそのまま伝える訳にはいきません。

      結果、青瓦台は自分は間違ってないと信じてるし、メディアは願望記事もしくは提灯記事を書くことになります。

      日本政府にとって韓国の動向は重要な判断材料にならないでしょう。アメリカの動向に注視して、損得で判断してると思います。
      結果としてアグレマン出そうか拒否しようがどっちだっていい。今までと同じく要人と会談もできず、ただ居るだけ大使にしとけば良いだけ。邪魔になったら陛下に頭を下げてる映像を何度か流してやれば、向こうで勝手に処分してくれる。
      気を揉むような話ではないと思います。

    2. 農家の三男坊 より:

      伊江太 様
       全くの推測ですが別の可能性を考えて居ます。
       それは、”バイデン政権に対するジェスチャー”というものです。

       バイデン政権に対する韓国の認識は
       ①中国・北朝鮮と対峙するために日米韓協力を求めてくる
       ②戦時売春婦合意は米国が取り持ったのでその履行を求めてくる
       ③日韓関係悪化の真の原因など理解していないのでうまくごまかせる
       であり、
       姜昌一ならば日本がアグレマンを拒否する可能性が高く、単純に拒否すれば
       日韓関係悪化の原因は日本の傲慢な態度が原因と米国に主張できる。そして、日米韓協力を取引材料として使い、米国の力で”自称元徴用工問題”を”第二の戦時売春婦合意”の形で日本に飲ませようとしていると考えられます
       アグレマンを出せば、「①北方四島はロシア領と日本は認めている(ロシアに対して得点)。②天皇陛下への侮辱も日本政府は問題にしていない(次の侮辱対象&方法を得ることが出来る)。③戦時売春婦合意、自称元徴用工等の問題は大した問題ではないと日本政府は認めた。ので、日米韓協力を取引材料として使い、米国の力で”自称元徴用工問題”を”第二の戦時売春婦合意”の形で日本に飲ませようとしていると考えられます。
       その対策として日本側の考えをバイデン政権に伝えるために富田大使を駐米大使としたのではないかと思われます。どのような説明で米国をどう動かせるか見ものだと思っています。

      この問題を上手く捌けない様では、菅総理ー茂木外相ー秋葉事務次官は揃って交代でしょう。

  10. 普通の日本人 より:

    あの外務大臣ならやりかねない。
    無能な統率者は外国から優遇されるを地で行ってる茂木外務大臣
    記者会見で中国に素直に否定すれば良いことを シェシェ と言ってしまうなんて
    定住外国人参政権推進論者なのですよ。
    こんなやつ(敢えて言います)を外務大臣にすえた管総理大臣なんて正常になってきた日本を中韓に折り曲げる無能そうりです。(言葉がきつくなってすみません)
    朝鮮幼稚園への補助金復活も出てきたとか(確認されていませんが記事を見かけました)
    自民党への投票を控えきついお仕置きが必要だと思います
    新年早々言いたくはありませんでしたが事は急を要します
    私の思いは簡単です。
    ”欺される方が悪い”と言う文化はお断りです

    1. gommer より:

      揚げ足取りのつもりはありませんが、茂木氏を外務大臣に据えたのは安倍総理で、菅総理は留任としただけです。

      安倍総理が無能だったと思われるなら、きちんとそう書きましょうよ

    2. 匿名全権子牛 より:

      茂木氏の「在住外国人に地方参政権を与える」と言う立場には金輪際賛成出来ません。

      「韓国に対する批判」がいつの間にか「ヘイト・スピーチだから違法ニダ」となってしまう川崎市の条例を例にとって見れば一目瞭然です。

      1. 迷王星 より:

        全く同感ですね。
        永住外国人に地方とはいえ参政権を与えるなどとんでもない話です。
        その件と選択的夫婦別姓論者との2点で、茂木氏は日本国の舵取りを担う地位には決してつけてはならない人物だと判断しています。

        川崎や大阪などが定めているヘイトスピーチに関するトンデモ条例は国による立法措置によって無効化する必要がありますね。

        特に大阪のように司法によらない勝手な判断によって実名公開など回復困難な処罰を自治体が勝手に(しかも自治体に住民票を置いていない人間に対してまで)行えるのは三権分立や公平・公正な裁判を受ける権利など、民主主義国家としての日本の社会を支えている基本ルールの幾つかを完全に冒しています。

        こういう地方自治体という行政機構やそれが勝手に選任した集団(多くの場合、弁護士など)による判断によって実質的に日本国民を裁けるような条例は「司法権を冒す条例は禁止されるし、制定しても無効である」という内容の法律を国会で制定することで確実に無効化せねばなりません。

      2. パーヨクのエ作員 より:

        日本人はテキサス共和国及び米墨戦争、ハワイ併合の歴史を詳細に学んで、別国家に忠誠心を表面する外国人に安易に居住権を与えてもどうなるかをきちんと教育させるべきです。
        上記の歴史で他国から領土主権を取ったのは「世界一の民主主義国家の住人様」ですよ(笑)
        覇権志向国家や虚偽衆愚の歴史を騙る国家の住人がどうするか日の目を見るより明らかではないでしょうか(笑)。

    3. くろくま より:

      あけましておめでとうございます。ブログ主様、今年もありがとうございます。
      安倍総理お得意の、自民党内反日分子炙り出しに茂木外相は引っかかったのだと私は思います。ついに本性を現してしまいました。
      自民党の愛国議員グループは非常に厳しく見ていますから、茂木外相は安易な妥協ははできないと思いますよ。
      外交面では、米国内の戦争がどう決着するか、日本政府は注視していると思います。
      1月6日に米国で何が起こるか。米国の民主主義は存続するのか。米国民は、立ち上がるのか。良い結果を期待しています。

  11. CB223 より:

    会計士様、皆様!
    新年、明けましておめでとうございます。

     何人か、常連の皆さんの名前が見当たらないことが気がかりですけれど、本年も陰ながら、楽しませていただきます。
     このサイトは会計士様が想定する以上に、見学者が多い(影響力が大きい)のかも知れませんよ。

  12. より:

    喪中につき賀詞は控えさせていただきますが、旧年中は大変お世話になりました。本年も宜しく皆様のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

    さて、姜昌一氏のアグレマンについて日本メディアが全く報じてない件について、もう一つの可能性としては、報道する価値はないと各社の判断が一致したというのがあります。実際問題として、姜昌一氏が駐日大使として着任しようが、彼に何か建設的なことができるわけもなく、せいぜい舌禍を引き起こさないよう大人しくしていることしかできません。なにせ本国の姿勢が姿勢ですから、特命全権大使と言えども、局面に影響を与えることは不可能でしょう。
    まあ、アグレマンを出すのを引き延ばしてある種の嫌がらせをするのは構わないと思いますし、なんだったらかつてアメリカが文正仁大使候補を拒否したように姜昌一大使予定者を拒否しても構わないと思いますが、アグレマンを出したところで大したことはありません。

    おそらく韓国政府はこの問題が日本だけのカードとなっていることを理解できないでしょうし、私もこれ以上の興味はありません。

    1. 門外漢 より:

      龍 様へ

      >報道する価値はないと各社の判断が一致した

      どうでしょうかねえ?
      もし各紙が報じるのを止めたら韓国としては具合が悪いですね。既成事実が積みあがりませんから。
      韓国が望んでいるなら、朝日(ちょうにち)あたりに命じて書かせるか、朝日が忖度して書くかだと思います。
      毎日は書かなくても、朝日が書かない理由が思いつきません。
      なので報じないと言うこと(どうせ報じることになる)は、アグレマンが前向きに動いているからでは無いでしょうか?残念ながら。

  13. 通りすがりの若輩者 より:

    あけましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いします。

    他の方も述べておられますが
    ①あくまで韓国の外交消息筋(在日韓国大使館)からの情報であること
    ②両国政府から、正式な発表がない
    ③聯合ニュースは時事通信社と、中央日報は共同通信と協力関係にあるにも関わらず、時事通信社と共同通信いずれからも報道がない(おそらく裏どりができていない)。

    以上から、現時点ではアグレマンを出すことが日本側で確定した事実はないと思います。

    ここからは、私の邪推です。
    韓国大使館もなんの根拠もなく話してるとは流石に思えないので、日本政府側(在韓日本大使のアグレマンとバーターという理論をみるところ、やはり外務省内?)でもアグレマンを出そうという動き自体はあるのではないでしょうか……。

    バイデン氏側は、おそらくアグレマンを出すよう圧力をかけていると思いますし、押し切られる形になりそうで非常に心配です。

    そもそもムン大統領近辺に、比較的日本通で日本を侮辱する発言をしていない人物、おそらくいないので、本当に他に人物いないんでしょうね。
    となると、断ると衝突は避けられない。

    個人的には会計士様が言う通り、両国に大使いなくてもいいと思いますじいまさらこれで衝突しても何も変わらないと思いますが……。米国はそうは思わないでしょうね。

    何にしても、これで押し切られるようなら、菅政権の外交力はだいぶ低いと見ざるえないですね。

    1. 倦怠期不来戸築筋 より:

      通りすがりの若輩者様、

      >韓国大使館もなんの根拠もなく話してるとは流石に思えないので、

      韓国社会では文明国の基本である、『嘘を吐かない・約束は守る=社会人としての信義を大切にする』の意義が理解出来ていないので、政府高官だろうが、メディアの記者だろうが、そこら辺のおばさん、おじさんだろうが、何の根拠も無い願望を真実として話ますよ。

      レーダー照射事件の経緯にしろ、韓国型戦闘機K-FXの米国からの技術移転にしろ、COVIDワクチンの購買契約にしろ、公の立場にある人間が平気で直ぐばれる嘘を吐いて、それが嘘と判った後も社会的制裁ナシで平然として公務についている事をみれば、嘘は吐き放題ですよ。

      それが「韓国人が集まって作った国」なんですよ。

  14. 匿名 より:

    アグレマンを出すとしたら、慰安婦合意と同じように韓国に毒饅頭を食べさせる作戦になるんだろうと思っています。

    アグレマンが欲しいなら、まず、姜昌一氏自身の天皇陛下を日王と呼んだこと、謝罪を要求したことに対する謝罪と韓国政府として陛下に敬意を払う保証が必要でしょう。(あわせて、李明博大統領時代の天皇陛下に対する謝罪発言の取り消しと謝罪も同様です)
    そして、竹島問題は日本と韓国の間の問題なので、姜昌一氏が韓国側の立場から主張をすることは仕方がないものの、北方領土にロシア政府の手続きを経て入域することは日本政府として認めることはできません。
    ですので、韓国政府として姜昌一氏の行動は不適切であること、北方領土の帰属については日本の立場を支持することの表明が必要でしょう。

    そういったものを姜昌一氏個人と韓国政府に飲ませたうえで、姜昌一氏にアグレマンを出すことはあり得るのではないかと思っています。

    いずれ韓国は北朝鮮+中国チームに入るにしても、クアッド+英仏独の体制が整うまでは、日本としても韓国を向こうに追いやらずに時間稼ぎできるメリットがあると思います。
    もちろん、すでに水面下で対中国シフトができていれば、追いやってしまうというチョイスもありです。

  15. 田舎のおばさん より:

    あけましておめでとうございます。
    今年も保守の方々の高い見識を楽しみに会計士様サイトを訪れる幸せを期待してます。

    私も注意深くアグレマンに関しての報道を注視してますが、毛ほどもないですね。韓国サイトばかりです。昨年の秋の韓国からの日本もうでラッシュも政府筋は一切情報はなしのつぶてでした。
    ひどいのは何らかの首脳間の合意と確信的に韓国のマスコミは報道。日本は無反応に徹し、相手の土俵に毛一本も残しませんでした。

    今回も期待してます。もう徹底的に冷遇でいいんじゃないですか。

  16. G より:

    あけましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いします。

    報道によると日本からのアグレマンが出たと韓国側に伝達されたのが先週とのことですが、それを年末の押し迫った時期まで黙っておく必要があったのでしょうか。先週といえば営業日で考えて12月25日までです。懸案のアグレマンが出たと伝達受けた事実を黙っておけるとは思えません。

    考えられるのは、苦しくて言い逃れをしてしまった韓国側外交関係者がいて、その他の関係者もその言い逃れに乗ってしまっている可能性です。最初に言い出した人以外は言い逃れの嘘の責任はそいつに取らせれば良いと言う発想でしょう。記者に詰められて言い逃れしたいのは誰しも同じですから。

    もう一つ、姜昌一氏が結局は駐日韓国大使に就任しないシナリオが出来ていて、計画的に「言い逃れ」をした可能性もあります。シナリオを作るのに自殺はちょっとないと思いますが、病気が判明して入院とかを理由にして「アグレマンは出たけど辞退」という形にするのです。日本側に口裏合わせを懇願したかどうかはどちらもあると思います。

    もちろん本当にアグレマンが出た可能性も想定しなければいけません。ただ、やっぱり、「先週のうちに」と出たところで可能性薄いなあと思うのです。仕事納め後にもかかわらず日本側が対応してアグレマンを出したとかならまだ信憑性あるのですが。

  17. カズ より:

    例のごとく、「分かった〔要望は聞いた〕」との答弁を『解った〔了解した〕』と、解釈する異訳のマジックなのかな?

    *安易に”わかった”ではなくて、「話は聞いた」とか、言い回しの工夫で曖昧さの排除に努めないといけないのかもですね。

  18. 門外漢 より:

    アグレマンを出す前に口頭試験をすれば良いと思います。

    日「てんのうへいか と言って見て」
    姜「て・・・て・・・て、・・・いるわん!」
    日「はい、アウト~」

  19. たけ より:

    アグレマン出すでしょう。
    仮に出さなかったとして、日本にメリット無いですし。

    ただ、過去の発言を訂正謝罪させるという条件ぐらい突きつけても良さそうですが。
    そういうことをしないから日本はヌルくて舐められる。

  20. 夕刻 より:

    中央日報が,この件について二度に渡り,しかも同内容で出しています。

    <中央日報/中央日報日本語版2020.12.31 14:47>
    https://japanese.joins.com/JArticle/273980
    <中央日報/中央日報日本語版2021.01.02 08:54>
    https://japanese.joins.com/JArticle/274003

    新年早々,しつこい!
    (コロナで帰れないので憂さ晴らしか。正月くらい,寝てろ!)

  21. 匿名 より:

    不都合な報道を否定するために自分の妄想ストーリーを展開する。いつも忌み嫌って叩いている彼の国のやり口と全く同じことをしている自覚はあるのかないのか。
    日本メディアの同意報道がないから同意は与えていないにいたっては、日頃報道しない自由を行使していることを叩いている方々とは思えないダブスタ。これも彼の国と同じ。
    面白いね実に。

    1. 匿名全権仔牛 より:

      匿名さん、

      貴方の『状況把握能力』は半島住人の方々のそれに近いですな。

      日本のメディアは日本政府に不都合な事や韓国に有利な事は(事実でも、歪曲でも、嘘でも、妄想でも、願望でも)は積極的に報道するが、それ以外の事に対しては『報道しない自由』を行使するというのがこのサイトでの通説です。

      ポイントは『この件についての日本のメディアの報道が無いなら、韓国に有利な状況では無いだろう』というのが論理的な論旨です。

      お分かりですか?

    2. はにわファクトリー より:

      >報道が無いなら、韓国に有利な状況では無いだろう

      この見方を裏付ける記事を今朝2つ目にしています。
      ・NHK 2021-1-2 6:38
      韓国 日本との関係改善探るも「徴用」問題の解決は不透明」
      ・朝日 2021-1-2 5:00
      支持率低下の日韓首脳「手握る可能性ある」韓国専門家
       前者記事においては、主語は基本的に韓国であり、かの国がどうしたこうしたを伝えているだけです。裏返して表現すると日本から伝えるべき報道はゼロであるとそう書いています。それが政府の(現時点での)基本姿勢なのでしょう。
       後者記事においては教授どの独善発言が炸裂しています。いわく「同盟関係も重視する。韓日はそのいずれでも中心となる。(新大統領は)トランプ氏とは比べものにならないほど、韓日に関係改善を促すだろう」
      「そうに違いない、そうなるはずだ、そうなくてならない」の韓国脳三段論法というわけです。こう設問してみましょう。果たしてほんとうにそうなるでしょうか?

    3. 匿名 より:

      この状況で日本のリベラルメディアが記事化するなら、同意を拒否しようとする日本政府を牽制・批判する記事になる。「文在寅政権が日韓関係改善のために指名した姜氏の同意を拒否すれば日本政府が日韓関係の破綻の引き金を引くことになる。政府は早期に同意を表明すべきだ(キリッ」とか。
      逆に日本政府が同意手続を進めているなら叩く理由もない。さすがに「用日の皮を被った反日活動家を駐日大使として受け入れざるを得ない菅政権ざまぁ」とは書かない。
      同意手続が進んでいるのは韓国メディアの報じるとおりだろう。
      お二方、論理的妄想力が貧困ですな。

      1. より:

        > 「文在寅政権が日韓関係改善のために……

        このような報道すらないので、実際には何も進んでないのだろうという推測。もしも同意を与える方向に進んでいるのであれば、韓国側の報道が出ている以上、朝日・毎日あたりが「一刻も早く同意を出せ。駐日韓国大使が不在という異常な状態を放置してはならない」などという煽りを書かないはずがないけれど、それすらもない。
        以上から考えられるのは、すでにアグレマンを出しているか、本当に何も進んでないかのいずれかだが、すでにアグレマンが出ているのであれば、韓国政府から着任予定日のアナウンスがあるだろう。しかし、現時点ではそれもない。

        ということは、何も進んでないという推測には十分妥当性があるとみるべきだろう。ただし、そもそも韓国政府から正式なアグレマン打診があったかどうかすら不明なので、手続き上の問題なのかどうかすら明確ではない点に要注意。
        今日はまだ新年モードでたいした動きはないと思われるので、来週何らかの動きがあるかどうか。来週早々にも韓国政府または日本外務省から着任予定日などのアナウンスがあるようならば、すでにアグレマンは出されていたのだろうし、何もアクションがないのであれば、いつも通りの飛ばし記事だったということになる。

        まあ、どちらにしても大した話じゃないね。

      2. 匿名全権仔牛 より:

        >逆に日本政府が同意手続を進めているなら叩く理由もない。

        それなら、「叩く理由もない」どころか日本メディアは「韓国の報道を引用して、日本政府はやっと韓国との雪解けを始めたようだ」と「韓国政府が日本に対して一本取った」ぐらいの記事は書いたハズですよ。

        但し、いくら日本メディアでも「全く根拠の無い・確認が取れない事項を報道」すると、ただでさえお粗末な信用がさらに下落するのでさし控えているのでしょう。

        そこが「嘘捏造歪曲願望を事実として記事にしても愛国心を鼓舞しているかぎり問題ない」韓国メディアと、曲りなりにもある程度の信用が必要な日本メディアの違いでしょう。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。