フォックス報道だけで見たら「トランプ氏が勝利」か?

先ほどから、三々五々で大変恐縮です。米メディア「フォックスニュース」の開票速報を眺めていると、トランプ氏は激戦区だったフロリダやテキサスを制した、などと報じられており、また、トランプ氏優勢が伝えられる州をすべて単純に足しあげれば、トランプ氏の獲得した選挙人は290人で、当選ラインの270人を大きく上回ります。

個人的な事情ですが、本日はこれ以降、ウェブサイトの更新ができないため、本稿が本日最後の更新となる可能性があります。このため、現時点において気になっている情報について、簡単にまとめておきたいと思います。

トランプ氏に近いことで知られる米『フォックスニュース』によれば、獲得した選挙人の人数は、バイデン候補が223人、トランプ候補が204人です。

  • バイデン候補…223人
  • トランプ候補…204人

トランプ氏がこの人数となっている理由は、「激戦区」とされていたフロリダ、テキサスの両州について、フォックスニュースは「トランプ氏が制した」とみなしてカウントしているためと思われますが、WSJやロイターなどでは、まだ「当確」となっていません。

また、トランプ氏が優勢と伝えられている7州の選挙人を単純に合算すれば86人で、すべて合計すればトランプ氏の獲得した選挙人は290人となり、トランプ氏の勝利が確定する、というわけです。

もっとも、現時点においてすべての州で開票が終了しているわけではなく、米大統領選が「選挙人総取り」方式であることを踏まえるならば、まだ「トランプ氏当確」と結論付けるのは尚早、といったところでしょうか。

読者コメント一覧

  1. かわせ より:

    朝日の記事によると「世界を揺さぶってきた「トランプ政治」の継続か、それとも終幕か」注目されているようですね。
    公平とは

  2. 伊江太 より:

    この調子で状況が進むと、日本で米国の政治状況をきちんと掴んでいたのは、木村太郎氏ただ独りということに、またなってしまいそうですね。

    1. JJ朝日 より:

      いいえ、WEBアンケートでは60%がトランプ氏、35%がバイデン氏。有名人どころでも、ほとんどの政治通の人達は共和党推し、です。4年前と何も変わっていません。そういう意味では、本当に「日本の」マスコミは取材というものをしませんし常識も無いので、左派の意見を推すだけですね。脳が無い。

  3. Naga より:

    最終的にどちらが勝つか分かりませんが、日本でもトランプに対するネガティブな報道がされてきましたが、在日米国人以外投票権のない日本で何故フェイク報道するんでしょうね。
    番組に呼ばれるコメンテーターでも大学教授の海○△央さんなんかはひどいものだと思います。

    1. 七味 より:

      >在日米国人以外投票権のない日本で何故フェイク報道するんでしょうね

      ふと思ったけど、こういうのはどうでしょうか?

      前提
      マスコミは、バイデン氏の政策は日本にとって不利なものだと思ってる

      バイテン氏が勝てば、
      日本のマスコミを見て、バイデン氏は自身の政策を自信を持ってる進めるので、結果として日本下げになる

      トランプ氏が勝てば、
      日本のマスコミを見て、自分へのネガティブキャンペーンがなされているのを知って、日本下げの施策に走る

      ということで、結果に関わりなく、
      対米関係で、日本が困ることになる→政権が困るので、攻撃材料が作りやすくなる

      という陰謀が隠されていたら、怖いですよね♪

      ・・・・・流石にそんなことはないですよね 

    2. 匿名 より:

       海野氏は過去3回(2008、2012、2016年)のアメリカ大統領選挙で民主党陣営に入った(真偽不明)ことを研究者としてのキャリアの売りにし「オバマ再選の内幕 オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」という著作まである方です。

       日本のメディアや専門家、評論家と称する連中が反トランプなのは、トランプ政権と良好な関係を築いてきた自公政権に対するネガキャンですよ。

       こうした勢力の背後にどの国がいるのかはお察しですね。

  4. はにわファクトリー より:

    >在日米国人以外投票権のない日本で何故フェイク報道するんでしょうね

    「自称私はアメリカに詳しいだもんね」タイプには一定以上の傾向があると判断しています。
    青から赤に転換(しそう|する)ネバダ州ではいったい何が起きたのでしょうか。

  5. れんげ草 より:

    ジョージアとノースカロライナの2州がトランプ大統領が優勢ながらも差が拡がっておらず目が離せません。各々16票と15票有り、ここを落とすと再選に暗雲が垂れ込めそうです。
    まぁ開票率がそこそこ高いので大丈夫かとは思うのですが…
    バイデン(売電)とかいう太陽光発電のような名前の立憲民主党だったか共に民主党だったか忘れてしまうような候補に米国の大統領の座が渡らぬよう祈っています。

    1. れんげ草 より:

      え?ミシガンで何が起こったの?
      優勢州加算すると270丁度で
      バイデン勝利?
      本当に暴動起きそうで怖い…
      僅差なら僅差であるほど激しいものに
      なりそうな気がします。
      中露の不正介入とかも取り沙汰されそう…
      まさしく思う壺だし…

  6. 接戦州の開票がさっぱり進まないですが・・・

    バイデン圧勝と言ってた人達は今頃必死に言い訳考えてるんでしょうねえ
    (早速CNNもごちゃごちゃと)

  7. まめこ より:

    アメリカ選挙でこんなに混乱するのは初めてです。
    というのもトランプ氏に特に致命的失策も見られず、ネットもトランプ再選でしょ!みたいな声を聞くのにオールドメディアはこぞってバイデン氏が優勢!ってずっと言ってるからです。
    もう何がなんだか…。

  8. 愛読者 より:

    すいません。また,予想を完全にはずしました。
    日本にいて,ニューヨークとかカリフォルニア発の情報ばかりを見ていると,圧倒的にバイデン氏有利だっったのですが,実際には世論調査にひかからない底辺層人口が膨大にあって,あまり豊かでない州ではトランプ氏が勝っている,ということのようです。フロリダは例外で,タックスヘーブン的な性格もあるので,トランプ氏好きの人が多かったのかもしれません。

    1. はにわファクトリー より:

      愛読者さま

      愛読者さまの分析は当方には参考になっています。これは箴言でもなんでもなくて感想なのですが、見方が偏っているなと感じてきました。情報源の信頼性に疑念および正しくないリスクを織り込んだ見極めに努められたらなおいっそういいと考えます。

    2. 現状を憂うる者 より:

      ただそうこうしているうちにウィスコンシンがスイングしてますし、ネバダでバイデン氏が逃げ切ると、トランプ氏崖っぷちかもしれません。

      しかし、向こうの人は徹夜で開票なんてナンセンスなんですかねえ・・・

  9. イーシャ より:

    州兵に怪しげな動きが。
    “National Guard brought in to help with Wisconsin ballot counting issue” (FOX News 07:41)

    1. イーシャ より:

      「州兵に」ではなく、「Wisconsin 州で」の方が誤解を生まない表現ですね。

  10. たけ より:

    ウィスコンシン取られると苦しいねえ。
    ミシガンも危ない。

  11. しきしま より:

    ↓少々重いホームページですが・・・
    https://fivethirtyeight.com/live-blog/2020-election-results-coverage/
    NOV. 4, 6:51 AM に投稿されたコメントの民主党得票数グラフが不自然なジャンプをしています。
    郵便開票が始まった、郵便投票ではバイデンが有利と言われていた、としても何か不自然です。

    1. だいたい溶けてる より:

      しきしま様、

      何が酷いかと言うと、ジャンプをしたMichigan(16)、Wisconsin(10)と開票後投票を認めたNevada(6)の票数に現在のバイデンの票数238を足すと•••わぁ!!ぴったり270票!!

  12. ななっしー より:

    午後。
    ウィスコンシン、ジョージア、ノースカロライナ、ミシガン、開票94〜96%行ってるから大丈夫やろ。
    新宿さんも心配性やねえ。

    夜。
    ファーーー!!!???

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。