「多重債務問題」から日韓関係を眺めてみる

昨日、都内某所を歩いていて、(おそらくは違法な)「クレジットカードのショッピング枠の現金化」という広告が貼られていたのを発見しました。これについて調べてみると、やはり「多重債務者」という人たちは確実に存在するらしく、これらの換金テクニックなどを見ていると、本当に「イタチゴッコ」だということがよくわかります。それはともかくとして、「多重債務問題」において、私たち日本が韓国との関係において参考にすべき1つの視点とは、相手に貸しを作り過ぎた場合に、それをどうやって回収するかというテクニックではないでしょうか。

「韓国=多重債務者」仮説

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』は、べつに「韓国専門のサイト」ではありません。

ただ、ここ数ヵ月は、当ウェブサイトとしても韓国のさまざまな話題を紹介し、議論して来ているのですが、その理由は簡単です。

どうも韓国の行動が、私たち日本国民から理解できないからです。

いくつか列挙しただけでも、たとえば、

  • 昨年10月30日に韓国大法院(※最高裁に相当)が日本企業に対して下した、1965年の日韓請求権協定に違反した判決
  • 昨年12月20日に発生したレーダー照射事件と、これに続く韓国政府のあからさまなウソ、捏造による日本に対する「逆ギレ」
  • 日本政府が韓国に対して申し入れた協議、仲裁などの手続の虫

といった具合に、私たちから見て韓国は、まともに話も通じないし約束も守らない国だ、という意味で、何やら異世界のものを見ている気分にさせられます。

ただ、昨日、所要により都内某所を歩いていたときに発見した広告をみて、ハッと気付いたのですが、どうも韓国は「多重債務者」のようなものではないでしょうか。

多重債務者問題

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とは?

問題の広告は、都内某所の裏通りのひっそりとした場所に張られていた、こんな内容のものです。

クレジットカードのショッピング枠の現金化!

当社ではクレジットカードのショッピング枠をどこよりも高く、どこよりも早く現金化します!

「クレジットカード現金化」とは、融資とはまったく違う現金調達方法です。クレジットカードをお持ちでショッピング枠があればどなたでも利用頂けるとても簡単なサービスです。

ご成約から最短3分でご指定口座へ入金可能!

お支払いはクレジットカード会社にして頂きます。

生活資金としても、事業資金としても重宝します。詳しくは 090-XXXX-XXXXまで!

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とは、いったい何を指すのでしょうか?

ごく簡単にいえば、クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を引き出すテクニックのことです。気になって「ショッピング枠の現金化」について調べてみると、複数の業者のウェブサイトにぶち当たります。さらに詳しく調べてみると、だいたいこんなことが書かれています。

クレジットカードの現金化のメリットとは:
  • いますぐに現金が欲しい
  • 誰にも知られずに現金を用意したい
  • 急な出費でおカネが足りない
  • 従業員の給料が払えない
  • 借入をしたいが審査が通らない

こんな人におススメです。借入ではないので信用情報が傷つくこともありません。クレジットカードのショッピング枠でお買い物をしていただき、商品購入のキャッシュバックとしてお客様へ現金をお振込みする仕組みで、一切違法性はありません。また、「キャッシング枠」ではないため、審査は不要ですし信用情報に影響を与えることはありません。

クレジットカードの現金化の仕組み
  • ①お申込み:お電話またはメールで当社にご連絡ください。
  • ②カード決済:ネットショッピングにてお買い物をしていただき、お手持ちのクレジットカードで決済いただきます。
  • ③お振込み:決済手続きの確認が取れ次第、早急にご指定口座へのお振込みさせていただきます。

(【出所】某社ウェブサイトを参考に著者作成)

…。

いかがでしょうか。

日本語も微妙におかしいなど、いかにも「怪しい」サイトですね。

具体的な換金テクニック

前提として、クレジットカードには「キャッシング枠」と「ショッピング枠」があります。

「キャッシング枠」とは、クレジットカードを使っておカネを借りる仕組みであり、消費者金融の一種です。

かつて、いわゆる「サラ金」などが社会問題化したことなどもあり、現在、消費者金融には「貸金業法」によって総量規制が掛けられており、基本的に借入残高は年収の3分の1までと決められています(これについて詳しく知りたい方は、次の日本貸金業協会のホームページあたりをご参照ください)。

貸金業法について(日本貸金業協会HPより)

このため、まともな会社であれば、多重債務者に対する融資は断られてしまいますので、「借り過ぎ」問題については一定の歯止めが掛かっている格好です。

ただ、世の中には「どうしてもカネを借りたい」という多重債務者がいます。

少し前にネットオークションなどのサイトで、「1万円紙幣を10,300円で売る」、といった取引が散見されましたが、これは経済的な性質で見れば、「300円の利息で1万円を貸し付ける取引」(つまり脱法消費者金融)であることは明らかです。

たとえば落札者は現金1万円をクレジット決済により10,300円で購入するのですが、これは「後日、クレジットカード会社に対して10,300円を支払うことを条件に、現時点で1万円の現金を手にしている」という取引と同じだからです。

実際、ショッピング枠を消費者金融として使うことは、クレジットカード会社の規約にも違反しています。

株式会社東京クレジットサービスのウェブサイトには、「現金化は厳禁」というページがあります。

ショッピング枠の「現金化は厳禁です!」(株式会社東京クレジットサービスHPより)

これによると、ショッピング枠の現金化には、たとえば「キャッシュバック方式」といって、「インターネット取引などで、ほとんど価値のないもの(ビー玉などの安価な商品)を高額で購入させ、購入代金の何割かが利用者の指定した口座に振込む」というものが示されています。

実際、「クレジットカードのショッピング枠の現金化サービス」というウェブサイトを眺めていると、まさに似たようなことが書かれていましたので、実際にこのような方法が取られているのでしょう。

利用者の声、「借りる方も借りる方」

さて、こんな悪質なサービス、いったい誰が使っているのでしょうか?

先ほども紹介した某社のホームページなどを眺めると、こんな「利用者の声」が掲載されています。

  • 会社の運転資金を個人名義で消費者金融から借りていたものの、どの会社も審査に落ちるようになってしまいました。しかし現金化であれば手元のカードで資金が作れることをネットで知り利用しました。借り先がなかったので首の皮が繋がりありがたかったです。(30代自営業)
  • 部下やクライアントとの飲み代の捻出に困っていたものの、信用情報に傷が付くような借方はできず悩んでいたところ、このサービスを知り利用しました。初めての利用で不安感もありましたが、真面目でスピーディなスタッフさんの対応に助けられました。ありがとうございます。(30代会社役員)
  • 子供の学費や冠婚葬祭が重なり、生活費が足りずに利用しました。消費者金融は旦那や家族にバレないか不安で抵抗がありました。ショッピング枠現金化は、誰にも知られず出来るということで安心でした。スタッフの方にも丁寧に対応していただき、苦しい時に頼れるサービスだと思いました。(40代主婦)

これだけで、何となくどんな人が利用しているのか、想像がつきます。

個人事業主などによる非常に切羽詰った声もある一方で、明らかに遊興などを目的としているのではないかと思しき債務者も散見されるのですが、正直、金融規制の専門家という視点から見れば、この手の「利用者の声」を眺めていると、危なっかしくて仕方がありません。

要するに、借り過ぎなどの状況で通常の消費者金融からおカネを借りることができない人が、「あの手この手」でカネを借りようとすれば、それに対してカネを貸そうとする業者が出てくる、ということでしょう。

さらには、今回の「クレジットカードのショッピング枠買い取り」も、おそらくは貸金業法にも違反していると思われますが、いかんせん、この手の取引は「イタチゴッコ」のようなものではないかと思います。

多重債務者とは韓国そのもの?

日本に対して多大な債務を負う韓国

さて、多重債務問題については、早め早めに手を打つことが必要です。

当然、この手の「クレジットカードのショッピング枠買い取り」などのサイトについても、金融庁や警察庁などが連携して、違法なものは摘発しなければなりません。

ただ、それと同時に、当ウェブサイトとして気になるのは「多重債務者の心理」です。

全銀協の説明(※PDFファイル注意)によれば、「多重債務者」とは「複数の業者から借金をしていて、返済が困難になっている人」のことです。

全銀協によれば、多重債務者になるきっかけとして最も多いのは、「低収入や収入の減少により、生活費や教育費などを補うため」なのだそうですが、それでも、いったん多重債務状態になると、この状態から抜け出すことは難しくなります。

なぜなら、「借金を借金で返している状況」だからですが、これこそまさに、現在の韓国の状態と同じではないでしょうか。

冷静に考えてみると、韓国とは日本に対して多大な債務を負っています。

「これで最後にするから、頼むから日本が謝ってくれ」、といった韓国政府側の要請は、いまに始まったことではありません。そして、日本が謝ったが最後、そのことが「日本が罪を認めた証拠だ」と、後々まで利用されることになってしまうのです。

1993年に当時の官房長官だった河野洋平が出した「河野談話」など、その典型例でしょう。

ただ、これを日本の側から見れば、韓国は一方的に日本から借り続けていて、それをまったく返そうとしない多重債務者と同じではないでしょうか。

日本が韓国に貸しているものとは?

では、日本が現在、韓国に貸しているもの(つまり韓国の責任によって、弁済・清算してもらわなければならないもの)といえば、いったい何があるのでしょうか。

昨年秋口以降に発生したものだけを列挙しても、たとえば、次のようなものがあります。

  • 自称元徴用工の問題(自称元徴用工らがありもしない罪をでっちあげ、日本企業を続々と提訴している問題や、韓国の裁判所が日韓請求権協定に違反して、日本企業に次々と敗訴判決を下している問題など)
  • レーダー照射事件の真相究明と責任者の処分、再発防止策の策定
  • 文喜相(ぶん・きそう)国会議長が天皇陛下(現在の上皇陛下)を「日王」「戦犯の息子」と呼んで侮辱したことについて、発言の撤回と日本への公式謝罪
  • 韓国政府が2015年12月の「日韓慰安婦合意」の義務を履行しないばかりか、一方的に「慰安婦財団」を解散してしまったことに関する問題の解決
  • 自称元徴用工判決を受けて日本政府が日韓請求権協定に基づき申し入れてきた外交的協議や仲裁手続を、韓国側がことごとく無視したことに関する落とし前

これらひとつひとつがいずれも深刻なものであり、韓国政府にこれを弁済する能力があるようには思えませんが、ただ、少なくともここに挙げた問題だけでも、韓国の責任において、キッチリと清算することができないのであれば、日韓関係の好転はあり得ないでしょう。

多重債務者は債権回収業者に?

では、なぜわざわざ本稿では「多重債務者」と「韓国」を絡めたのでしょうか。

その理由は簡単で、多重債務者にカネを貸している人が、どうやって多重債務者からカネを回収するのか、という点が、日韓関係の事例においても参考になると思うからです。

ひと昔前であれば、多重債務者に対する債権は、債権回収業者(サービサー)に売却されるケースが多かったのではないかと思います。そして、これらの業者のなかには厳しい取り立てにより債務者を追い込むケースもあり、これらが社会問題化していました。

たとえば、おカネがないという債務者を捕まえて、(男性の場合は)「タコ部屋」や遠洋漁業船、(女性の場合は)風俗産業などに送り込み、そこでなかば強制的に労働させる、という話を耳にしたことがある方も多いでしょう。

当然、現在はこのような追い込みをする業者はわが国にはいないと思いますが(※いや、そう信じたいと思いますが)、ただ、この「嫌がる相手から無理やり貸しを回収する」際のテクニックは、何となく人類の共通の原則ではないかと思います。

昨日の『韓国「告げ口外交」を機に、むしろG7で対韓制裁を!』でも紹介しましたが、外務省のなかには、1977年から2年間、駐韓日本大使を務めた小倉和夫氏のように、「韓国がゴネる以上、日本も韓国に譲歩すべきだ」という、とんでもないことを言い出す人間もいます。

韓国「告げ口外交」を機に、むしろG7で対韓制裁を!

この小倉和夫氏のような人物は、本当に無能の極みだと思います(おそらく、いままでに民間でビジネスをした経験もないのでしょうか?)。

ただ、民間におけるビジネスの感覚からすれば、相手に対する「貸し」が大きくなり過ぎれば、やはり、「損切りして債権回収業者に債権を売却する」のが基本的なテクニックです。

「債権回収業者」とは、いったいだれなのか。

いろいろ考え方はあると思いますが、たとえばロシアとの間で北方領土返還交渉をするなかで、「ロシアが北方4島を返してくれれば、日本はロシアが韓国に軍事侵攻しても文句を言わない」、といった取引などがあり得ると思います。

あるいは、韓国が日本に対し、さまざまな義務を果たさず、権利だけを要求して来たことの「ツケ」がさんざん溜まっていますので、相手が保有するステータスを焦土化することで損切りする、という戦略も考えられるでしょう。

いずれにせよ、日本は韓国から「債務を返してもらう」ことは、そろそろ諦める局面ではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

読者コメント一覧

  1. ハゲ親爺🐧 より:

    韓国いや朝鮮人の日本に対する債務は、どれ程の額になるのか?🐧

    もし、日韓請求権協定を破棄したなら現行レートで無償援助金(三億ドルでしたっけ?)及び民間が朝鮮半島に残した全ての財産に対する使用料及び壊してしまっているなら、使用料及び買い取り料金が発生する。🐧

    更に、サンフランシスコ講和条約体制を否定するなら、朝鮮半島においてポツダム宣言の無効化となるため大日本帝国が保有していた全ての資産や日露戦争の戦費(日清戦争は清国から賠償金をとっている為、非常に残念ながら請求出来ません)まで現行レートで請求し日本政府の保有に属す資産については現行レート使用料及びその他料金を請求すべき。🐧

    この際、ポツダム宣言第一条の扱いに附いては、日本に対する債務の全てを払い終わるまで停止とし、日本は朝鮮特別立法により、韓国・北朝鮮籍者の公民権の一切を停止する。🐧

    日本本土及び諸外国への渡航は認めず、現在の在日も戦争難民ではなくなる為「小沢一郎を団長とし民団・総連の予算で全員帰還」させ、大東亜戦争後、朝鮮人が日本及び諸外国でヤラカシた事件(パラオでの橋の崩落、ライダイハン、コッピィーノ、UAEやラオスなど海外における工事の不手際による迷惑料、朝鮮進駐軍)については日本政府は諸被害について人道上の支援はしても、賠償の主体は大東亜戦争後の朝鮮人であること鑑み、「朝鮮人としての公式な謝罪と賠償」が公正かつ十分になされるまで朝鮮人の負担として行われる事を確認、奨励するに留める。🐧

    この時には、韓国の産業は日本のサプライチェーンから外れているため朝鮮人が精算すべき全て借りを精算するための方法は臓器売買位しか残されておらず、日米の研究機関により、効率的な臓器の摘出及び利用が遂行され、その利益により「朝鮮人の被害者に公正かつ十分な賠償」を行う。🐧

    このプロセスを完遂した後に韓国でも北朝鮮でも、大いなる君恩により特赦され独立が認められる。🐧

    まあ、その時の朝鮮半島の人口は日韓併合前位になっているだろうけど。🐧

    私には、彼等がそれを望んでいる様に見えます。🐧

    1. ハゲ親爺🐧 より:

      間違えました🐧

      ポツダム宣言第一条❌
      ポツダム宣言第八条⭕

  2. クロワッサン より:

    >いろいろ考え方はあると思いますが、たとえばロシアとの間で北方領土返還交渉をするなかで、「ロシアが北方4島を返してくれれば、日本はロシアが韓国に軍事侵攻しても文句を言わない」、といった取引などがあり得ると思います。

    南北朝鮮が東西朝鮮になるってお話しは数年前からチョコチョコありました。
    米ソから露中のせめぎ合う場所になる訳ですが、日本としては北方領土と竹島が日本領となるなら朝鮮半島はロシアと中国の土地になっても良い気がします。

    いや、朝鮮人韓国人の居ない朝鮮半島が日米の勢力下にあるのが一番なんですけど、それをするには朝鮮半島の朝鮮人韓国人を武力で追い払う事になりますし、今の時代そんな事をするとしたら中国くらいですし。

  3. カズ より:

    民間破綻の感覚だと破産時には管財人の裁量により債権相当分または持ち分に応じた「資産分配」が実施されるかと思います。

    国家破綻の場合は、外貨準備高で清算しきれない範囲は資源の供出または持ち分に応じた国土の切売りになるのではないでしょうか?

    この時の日本の持ち分と北方四島との交換交渉ならやぶさかではないかとも考えます。

    ①日本は民族付きの国土は要らない。(竹島だけでいい)
    ②ロシアは交換交渉であればメンツが立つ。(表向きはロシアの領土だったと主張できる)

    「ロシアの軍事侵攻の容認」は現実にはあり得ないと思うのですが「債権譲渡の対価としての北方四島返還」であれば「債権回収業者ロシア」の存在はアリなのかも知れないですね。

  4. 堺 有弦 より:

    おはようございます。

    冒頭の韓国の行動の理解できない点

    (誤)手続の虫🐜

    (正)手続の無視

    かと存じます。

  5. 相談無料 より:

    朝日新聞、100年程前の日本の行動=合併を、重く反省し、二度と韓国に関わらないことを誓います

    多重債務に詳しい弁護士さん、「相談無料、こんなに帰ってくるよ、お金が」、まずはお電話で

  6. 名無しさん より:

    「韓国=多重債務者」大変面白く興味深く拝読しました。
    クニとしての一番肝心な部分(信用)を目前の大衆の感心のために手放して(ウソを吐く)しまう。そのツケを日本に回して尻拭いさせようとする。もう朝鮮人大衆の感心と支持を韓国の統治者が得るために日本が「負けたフリ」をしてやる事は無いですね。そして勝手に切った空手形を日本は拒絶するしかない。

  7. だんな より:

    韓国人は、多重債務者を売春させている国なんですけどね。
    韓国から返して貰うで思いつくのは、竹島と仏像ですね。
    普通に考えれば、国際裁判所のような国際機関が、返せと判決を出して、韓国がそれに従うという事なんでしょう。
    会計士さんの言う昨年ある以降の韓国政府の行為に関して、回収するには、韓国がひっくり返らないと無理でしょうね。韓国が正常な状態に戻す努力は、一切しないでしょうから。
    ツケを払わせるなら、中国の取り立てが一番キツイでしょうね。と言っても中国にツケを回す方法が、思い付きませんわ。

  8. あなろぐ より:

    多重債務、日本の取り立てはまず無理ではないかと思います。
    相手側に全く支払う意思がない
    =そもそも返済する必要ない、無条件融資と考えている節が見られるので。
    なので取り立ては米国さんに依頼するのが妥当かと思うのですが、
    なかなか引き受けてくれないのが難点で。。。
    そこは日本政府に根気強く米国/国際社会への取り立て依頼を続けて頂きたいと思います。

    考えるに、
    もう彼の国に対するあらゆる直接投資(関係性)は極力削って、
    やるにしても、強面(米/中/露)を介した間接投資に切り替えるべきかと。
    さすれば取り立ては強面の方々が自身の利益のために担って頂けるわけで。
    直接取引より双方の利は薄くなりますが、
    彼の国との取引/関係性から利をえる、なんてことはあきらめて
    関係性弱めることで損が減る、そんな心持ちが妥当と思えてなりません。

  9. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    【多重債務者】、、、。この言葉を聞くと何やら悲しくなりますね。その前に会計士さんから『当サイトは韓国専門の嫌韓の類いではない』という出だしをよく拝見しますが、韓国は日本に及ぼす害毒が多い。

    ましてや隣国であるという状況もあるので、今のサイトのスタイルで宜しいんじゃないでしょうか。それとも不届きな連中が、会計士さんに水面下でイチャモンや挑発しているんでしょうか。それなら許せませんね。

    勤め人なら自分の収入、或いは企業家なら自社の財務内容を把握しているはずです。勤め人なら年収600万円の人は、それを超える借金は厳禁です(もっともそれでも債務過多ですし、いいとこ300万円迄でしょう。長期低利ローンは別)。

    多重債務者はいろんなところから金借りまくってクビが回らなくなっている人です。キャッシング枠とショッピング枠をギリギリ迄使う。正直、アホですね。ギャンブル狂や高額ブランド品、外車等の愛好家に多いです。

    クレジット会社、サラ金は一度でも支払いがショートすると、可愛い女性担当者から、いかついおっさんや一見スマートなイケメンに担当が替わります(笑)。聞いただけ(笑)。

    一度の未払いなら『当社指定口座に◯日までに入金してください』で済みますが、「再犯」になると、あ〜思い出すのも怖い(笑)ドスの効いた声で怒鳴ります。「今からそっち行くど!」と言わんばかり。

    多重債務者は、金にルーズな奴がほとんど。中には中小企業オーナーで、入金のアテが外れた善良な人もいます。しかし、そこで危ない橋を渡るのは、絶対止めた方がいい。将来性無いし、もう潰した方がマシ。ホッとしますよ。

    私も家のローン組んだ事はありますが、カードローン(ショッピング枠)とかはしませんでした。少し話はズレますが、15年ぐらい前に京都の◯栄というヤクザローン会社が、『お前の腎臓売れッ』とか、未払い客に凄んでたの覚えてますか?あれがアイツらの正体です。

    韓国に置き換えると、日本を誹謗、侮日し、多重かつ多大な借金のある貧乏人。それをビタ1円払う気もない。ところで2002年ワールドカップサッカーのメインスタジアム工事費、日本は貸しっぱなしは無いよネ?

    ま、とにかくイカツイ債権回収業者はロシアがお似合いだ。見返り出すから追い込みかけてくれ(爆笑)。

  10. うに より:

    >ロシアが北方4島を返してくれれば、日本はロシアが韓国に軍事侵攻しても文句を言わない

    流石にロシアはちょっと・・・
    日米が朝鮮半島に介入するのはロシアに不凍港を渡さないためです。
    そのために日露戦争や朝鮮戦争をしています。

    中国による制圧を許容するか、
    軍事独裁政権に戻っていただくぐらいが無難かと。

  11. 阿野煮鱒 より:

    私は韓国人は麻薬中毒患者だと思っています。
    彼らは定期的に謝罪と賠償を摂取しないと死んでしまいます。
    多重債務者という喩えはしっくり来ません。

  12. りょうちん より:

    なるほど、日本が韓国に与えていたのは与信であり、ホワイト国外しは、いくら貿易実務上の実害はないと言っても、韓国の信用を大きく毀損するから、大騒ぎという話ですね。
    あとはビザ免除も与信のひとつですが、どうやったら取引停止になるのか・・・。
    韓国人が犯罪を犯す例がどれだけ多発すればいいのか。

    ちなみに韓国は外国人犯罪の件数のベスト5にいつも入っていますが、他の4カ国はビザ免除していない国です。
    もしビザ厳密化すれば少しは減るんじゃないかと。

    1. 老害 より:

      りょうちん さま

      タイミング良く(?)、

      東京警察病院から韓国籍の男逃走、逮捕時に負傷し入院中
      https://www.yomiuri.co.jp/national/20190818-OYT1T50138/
      窃盗容疑で逮捕されてたらしいです。

      ちなみに、朝日新聞は、報道しない自由を行使されているようです。

      ビザ厳密化、大賛成です。

      1. NANASHI より:

        アノニマスポストのタイトルのとおりだと思います。

        東京警察病院から韓国籍の犯人が逃走~ネットの反応「脱走って住民不安に陥れるし罪重いじゃん…なんで名前と顔出さないの」「戸締まりきちんとしないと」
        https://anonymous-post.mobi/archives/12885

        本当になぜ名前と写真を公開しないのでしょうか

  13. 陰謀論者 より:

     これは、借金のカタに済州島を分捕れと主張してもいい流れですかな。オラ、済州島をよこせや。

  14. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    記事の更新ありがとうございます。

    例え話なのは重々承知していますが、返す意思が一切ないという点で多重債務者と同列に扱うのはどうかと思います。「返せ」の一言に逆切れし、クレーマー化してストーキングまでしてきます。
    それに、貸したくて貸したものでもないので、いい所、再犯を繰り返してしらばっくれる空き巣じゃないかと思います。

    やっかいなことに警察にコネがあって、まともな方法では捕りません。それどころか、元々自分のものだったのを日本が盗んだから取り返したんだ、と言い出す勢いです。

    債権回収方法というよりは、戸締りを強化して侵入を許さず、縁を切る方向で。
    難癖付けられたときの保険としてこちらが正当だという証拠だけ日々残せばいいのでは。
    結果的に、日本がババを引かずに済むなら僥倖なんでしょうね。

  15. 赤錆 より:

    毎日の更新、ご苦労様です
    おかげで、良い勉強させて頂いております。ありがとうございます。

    さて
    ロシアのことについて記述がありましたが、甘いと思います。
    千島との交換条件にはなりません。
    ロシアは取りたければ取りたいだけ、誰に憚ることも無く、いつでも朝鮮を取りに行ける実力を持っています。
    日本がどれだけ抗議したって、気にしません。千島を返してくれることも無いでしょう。

    むしろこちらが「竹島にだけは手を出さないでくれ」と、懇願する立場です。
    東洋経済オンラインにこんな記事がありました。読まれた方も多いと思いますが、、
    https://toyokeizai.net/articles/-/297352

    もし千島との交換条件として「朝鮮半島は貴国の切取り勝手次第」など言おうものなら、後日その事実を
    ネタにこちらが脅されることになるでしょう。

  16. 心配性のおばさん より:

    私、身の丈に合わない生活を送ったことのない平凡な人間なので、本日のお題は、ちょっと、ついていくのが難しいです(笑)。

    韓国を多重債務者に例えると、現在の状況は自己破産宣言した挙句の「また、貸して。」の状態なのかしら?
    よくは存じませんが、自己破産しても、借入できるものなのかしら?あら、話が横へズレてしまいました。
    絶対、関わり合いになりたくない、目も合わせたくない相手ですよね。

    ですから、国家として、その相手から債権を回収できるにこしたことはございませんが、欲をかいて泥沼にあえぐより、”損切り”ですの?債権放棄して、縁を切るほうがよいかと考えます。
    ただ、そのような相手に二度とまとわりつかれたくはございませんので、しっかりと息の根を止めるという後始末は必要ですわ。

    1. 団塊 より:

      >自己破産しても

      してくれるどころか自己破産者を狙いうちして貸してくれる怖~い連中がいますよ。
      自さ己破産者は、五年間(←多分)二度目の破産ができないから、取りっぱぐれがない。だから安心して高利で貸せるんですっって。

    2. ラスタ より:

      まとまったカネを融通してくれたら、こないだ借りたカネを少し返せるかも。
      みたいな話でしょう。普通これを詐欺といいますね。

      そもそも一度でも返したことがあるのという話で、回収できない相手には二度と貸さない以外の対応はありません。
      回収できない損害よりも、そんな借り手と契約が継続しているリスクのほうがはるかに大きい。
      貸さない返させない。これです。
      半端に入金されて「返してるじゃないか」なんて言わせちゃダメなのです。

  17. いつも楽しませてもらっています。

    朝日新聞の英語版から日韓関係の論説がでました。朝日らしく安倍政権の批判していますが、珍しく文政権もとりあえず批判はしています。

    おたがい悪いから、おたがいに知恵を出せみたいな論調です。

    気になるところがあり、特に従軍慰安婦の強制性についてです。日本語で訂正して謝罪したのに英語でしれっと「強制された」と混ぜてきてますね。この辺りはプロフェッショナルの赤い新聞といったところですね。

    解説ページまとめましたので、皆さまも御一読ください。

    https://haveafunwithenglish.com/englishlearnercheckarticlejapankorea-4-2-325

  18. しきしま より:

    う~ん、韓国の諸々に悪事を借金に例えるのは違うと思います。
    大部分が契約不履行、一部は恐喝(レーダー照射など)、名誉毀損(文議長の陛下侮辱など)でしょう。
    「借金」は境遇次第では誰でも追う可能性がありますが、韓国は明確な意図をもって悪事を働いております。

    1. 匿名 より:

      そうですね。
      やはり多重債務者というよりは詐欺師か強盗ですよね。

  19. Trickster より:

    多重債務者に例えるよりは、単に日本に対して延々とタカリ続けている国。
    偉大な音楽家をパロディーにして大変恐縮ですが、
    チックコリア(Tick Korea)というところでしょうか。

    ※tickには、時計のカチカチ音のほかに、ダニの意味が!
    https://eow.alc.co.jp/search?q=tick

    リリース作品には、

     No Return Forever  返済は永遠に無い!
     Light as a Feather (国際条約の重みなんて)羽のように軽いゼ

    とかありますね、困ったものです(汗)

    1. ラスタ より:

      便乗して音楽ネタで。
      このサイトのテーマと全く関係なくてごめんなさい。

      Bob Marley & The Wailersのアルバム、「RASTAMAN VIBRATION」をご紹介します。
      レゲエですよ。音楽レビューです。

      では歌詞の内容とか。ザックリと端折って主観的な意訳なので当然誤訳あります。

      Want More
      これだけ搾り取って、それでもまだまだまだまだタカるんだよな、だよな。この恥知らず恥知らず恥知らずめ。隙あれば背後から刺す。

      Crazy Bold Head
      狂ってる、あいつら狂ってる。食糧を植えてやった、刑務所も学校も建ててやった。オレたちの愛に憎悪の洗脳で応えるのがあいつらのやり方。あのフザケた○○〇イどもを片付けろ。

      War
      我が民族があいつらより優秀だという思想に囚われて、非道で、恥知らずで、そのままなら、戦争は永遠に続く。

      Rat Race
      なんという醜悪さ。ラットレースに人間が出場する恥知らず。競馬あり、ドッグレースあり、人の競争あり。でもこいつらはネズミだ。

      主要メンバー離脱によって、ドゥ・ワップなコーラスを払拭したスパルタンなレゲエに移行した転機となっただけでなく、いわゆる黒人奴隷問題から社会問題にテーマを広げて、やがてパンクの素地を揺籃した画期的作品です。

      以上、音楽レビューでした。

  20. 隠居爺 より:

    いつも興味津々で読ませていただいております。

    会計士さんが多重債務者に韓国を例えられましたので、それに触発されて私はヤクザに例えてみました。僭越ですがお許しください。
    会計士さんほどの説得力はありませんので、時間を無駄にされてもいいという方がおられましたらお立ち寄り下さい。

    <ヤクザが隣に住んでいる(対韓外交)>
    https://ameblo.jp/fuchi-902/entry-12507797384.html

  21. 白雲斎 より:

    遅ればせながら更新ありがとうございます。韓国を多重債務者に例える新宿会計士様らしい比喩に、妙に納得してしまいました。といっても債務の回収のことではなくて、多重債務者の態度や行動パターンが韓国にそっくりという点です。
    十数年前サービサーに関わることがあったのですが、出くわした債務者の方々は目先のわずかなお金のために何でもする驚くべき人達ばかりでした。刹那的で近視眼的で平気で嘘をつき、来年はおろか半年先のことも考えないで、借りたのは自己責任なのに自分は悪くなく、返済する意思はないのに宝くじは買っている、といった感じで、言われてみると本当にかの国にそっくりなのです。
    バルクで購入する債権の中身はこんなのばっかりなので、ほんの数割のまともな債務者からの回収で利益が出るような価格で売られていました。また、債務者そのものがヤクザや半グレだったり、権利抹消に法外なハンコ代を要求されるような場合は、職員の安全を考えて回収を断念していました。
    竹島やレーダー照射の韓国は、サービサー的視点では債務者がヤクザのケースに見えますので、直接の回収はやめておいて、在日の個人・団体の資産凍結が手っ取り早い回収になると思います。本当に日韓基本条約を破棄するなら、在日三世強制送還のオマケも付けてあげましょう。

  22. 田舎の一市民 より:

    多重債務というか、借金をしまくって踏み倒す手口として、今は外国人登録法が廃止され、住基法改正により外国人も日本人と一緒に住民登録に取り込まれていますが、平成24年の7月より前は外国人登録法で登録が管理されていました。
    当時は外国人登録の方は住民票の代わりに外国人登録の記載事項証明書を取得して利用するのですが、通称の登録に関する規定が甘く、お金を借りて転出、転入先で通称を変える、お金を借りる。という手口を繰り返す輩がいました。
    しかも、住民票には、第三者請求という債権者が必要と認められる場合に債務者の住民票を取得したり、転出先を追跡可能な規定があるのですが、外国人登録の記載事項証明書の発行には明確な法根拠がないため、第三者による取得が認められないということもあり、実際逃げ放題になっていたんですよね。
    今振り返れば信じられない話ですが。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。