日本政府はナッパー国務副次官補の更迭を要求すべき

非常に辛いお知らせです。米国務省のナッパー副次官補は水曜日、ワシントンのシンクタンク「ヘリテージ財団」が主催した講演会で、「日韓関係の悪化は日韓双方に責任がある」、「日韓それぞれの自己反省が必要だ」、と述べました(これについては動画サイトにその様子がアップロードされています)。「戦時強制労働」といった事実無根の内容が平気で全世界に流されているという事実もさることながら、米国務省の副次官補がこのような不適切発言を行ったこと自体、大きな問題です。

朝日新聞が嬉々として報じた記事

本日の朝日新聞に、こんな記事が掲載されました。

日韓、関係悪化させた政治決定について反省を=米政府高官(2019年8月8日10時37分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

ロイターの配信記事で、

ナッパー米国務副次官補(日韓担当)は7日、深まる日韓の対立について、関係悪化につながった最近の政治決定について両国が『自己反省』することが適切だと指摘し、国の指導者は冷静な発言を行うべきだと訴えた

とするものです。

ナッパー国務副次官補(クリックで拡大)

(【出所】米国務省HP

ロイターによると、ナッパー氏は米シンクタンク「ヘリテージ財団」での講演で、北朝鮮、ロシア、中国がもたらす共通の課題に直面するなか、日米韓が「生産的で建設的な関係」を維持することが重要だと指摘。そのうえで

ここ数カ月で両国の互いへの信頼を傷つけた政治決定について自己反省をすることが適切で、同様に、日韓関係の緊張が経済や安全保障面に波及するのを防ぐために慎重な対応が必要だ

と語り、「日本による半導体材料の輸出規制など、応酬を続ける両国に自制を求めた」としています。

記事はロイターの原文どおり

果たして、ナッパー氏は本当に、「日本による半導体材料の輸出規制などに自制を求めた」のでしょうか?

これについて、朝日新聞の記事のもとになっていると思しき記事が、次の配信です。

日韓、関係悪化させた政治決定について反省を=米政府高官(2019年8月8日 10:41付 ロイターより)

念のため確認すると、この記事は先ほどの朝日新聞に掲載されたものとまったく同じです。

よって、「『ナッパー氏が日本の半導体材料の輸出規制などに自制を求めた』とロイターが報じた」という点は事実です。

では、実際のところはどうなのでしょうか。

これについて、さらにさかのぼってみると、おそらく記事の原文は、次のものです。

U.S. says Japan, South Korea ‘soul searching’ needed over damaging row(2019/08/08 7:37付 ロイターより)

ロイターの原文記事では、次のように報じています。

‘A senior U.S. official said on Wednesday Japan and Korea needed to do some “soul searching” about political decisions that have damaged relations between the two U.S. allies in recent months and called for calm words from their leaders.’

「自己反省」の原文は “soul searching” 、直訳すると「自己分析、内省、省察」であり、訳としてはほぼ正確です。

ロイターの英語版によれば、ナッパー氏は「水曜日、ワシントンのシンクタンクの講演で、北朝鮮、ロシア、中国などによってもたらされる共通の脅威に対し、『生産的かつ建設的な関係』を確かめることが重要だ」、などと述べたくだりで、日韓両国に自省を求めたものです。

ロイターはまた、「南朝鮮(※)が昨年、第二次世界大戦中に強制労働させられた朝鮮人労働者への賠償を命じた判決を日本企業に下したことに対し、日本政府は1965年の国交正常化条約に反するとして反発したことで、外交上の緊張が高まっている」と指摘。

「7月4日には日本がハイテク素材の南朝鮮(※)への輸出を規制したことで、南朝鮮の消費者の間では日本産の製品やサービスへの不買運動が広まっている」などと述べています。

(※「南朝鮮」は英語の原文 “South Korea” を正確に訳したものです。韓国は多くの場合、英字メディアでは “South Korea” と呼ばれています。)

該当する下りを紹介しておきましょう。

‘Diplomatic tensions intensified after a South Korean court last year ordered Japanese companies to compensate Koreans who were forced to work for Japanese occupiers during World War Two, a matter Tokyo says was settled by a 1965 treaty normalizing bilateral ties. / On July 4, in apparent retaliation, Japan restricted exports of high-tech materials to South Korea, sparking a boycott by South Korean consumers of Japanese products and services.’

(※なお、くどいようですが、日本の「韓国に対する輸出管理の見直し」は、あくまでも安保上の輸出管理の問題であり、経済制裁でも規制強化でもなんでもありません。ロイターが事実に反した報道を繰り返すのは、いい加減にしてほしいと思います。)

日韓双方に原因がある

日韓関係に詳しくない人がこの記事を読むと、おそらく十人中十人が、「日韓はどっちもどっちだ」という印象を抱くでしょう。

実際、ロイターの記事では、「日本が第二次世界大戦中に朝鮮人を強制労働させた」という、明らかに事実に反する内容が記載されていますしが、読者は「日本はまだ強制労働被害の清算を行っていないが、1965年の条約をタテに清算を拒否している」、という印象を抱くかもしれません。

つまり、「まだ韓国が貧しかった1965年に日本が強者の立場で押し付けた条約に対し、韓国は涙を飲んで従った」、「しかし積弊清算の流れから、韓国の裁判所は日本企業に対し、勇気を持って正義に基づき損害賠償を命じた」、という流れですね。

このように考えていくと、日本がその経済報復として韓国向けに半導体素材の輸出を停止し、このことによって全世界の半導体供給を混乱させようとしている、という姿が浮かび上がって来ます。

  • 韓国はいかに積弊清算という課題があるにせよ、国際条約を破ってまで日本企業に損害賠償を命じたのは行き過ぎかもしれない
  • しかし、問題の根源には、日本がきちんと第二次世界大戦の強制労働という非人道的な犯罪を清算していないという点がある
  • しかも、韓国の裁判所が人権救済の観点から下した判決に対し、日本は半導体素材を禁輸し、韓国経済の息の根を止めようとしている

このようなストーリーを聞かされれば、多くの人は「日韓の争いは、日韓双方に原因がある」と思うに違いありません。いや、もう少し正確に言えば、「日本の方がやや悪い」、と考えるでしょう。

まさに悪質な印象操作なのです。

ナッパー氏の講演内容

さて、これについて、実際にヘリテージ財団が開催した討論会の様子が、動画サイト『YouTube』にアップロードされています。結論からいえば、ナッパー氏は本当にロイターが報じたとおり、今日の日韓関係の悪化には「双方に責任がある」と言い放っています(動画の11:22~)。

ナッパー氏の発言は、次のとおりです。

We believe that Japan and Korea each suffer consequences when their bilateral ties worsen and we believe each bears responsibility for improvement for their relations. We believe that some soul searching is in order about political decisions that have damaged bilateral trust in recent months and by the same token, we believe that prudence is required to prevent tensions contaminating the economic and security aspects of Japan-South Korea ties.  Calm confident words from national leaders, we believe, will generate a similar response for their nations.

私は、この発言をもって、ナッパー氏が日韓問題を担当する資格を喪失したとすら考えています。日本政府はナッパー氏の発言に対し、米国政府に対して直ちに強く抗議すべきだと考えますし、ナッパー氏を日韓問題担当から更迭することを要求すべきではないかとすら思います。

いちおう公正さのために申し上げておくと、前後の文脈から判断すれば、ナッパー氏はどちらかというと日本が米国の「自由で開かれたインド太平洋戦略実現のためのコーナーストーン(礎石)だ」、などと、日本のことを高く評価していますし、半導体について具体的に述べたくだりは確認できません。

しかし、いくらなんでもこの部分だけを切り取られると、米国務省が公式見解として「日本の半導体素材禁輸措置が行き過ぎだ」と述べた、という印象を、全世界の読者、視聴者に与えるのです。

情報戦は厳しくなる

日本国内にいれば、韓国が「過去の不幸な歴史」を、(ときに捏造も交えながら)何度も何度も蒸し返してきていることは自明のことですが、米国や欧州などでは、「日本は朝鮮に対し、ナチスのような戦争犯罪を行った」、などと信じている者が(メディア産業関係者を中心に)それなりに存在します。

当ウェブサイトの読者の皆さまにとっては辛い情報かもしれませんが、国際社会においてはこのような事実無根の「日本ヘイト」が平気で行われているということを、私たち日本国民は、まずはありのままに受け止めていく必要があるのではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. wikipedeaより より:

    wikipedeaより

    ヘリテージ財団
    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    アジアからの支援と関係
    海外からも多くの寄付を集めてきた中で、ヘリテージは韓国と台湾からも毎年数十万ドルを継続して受けるようになった。

    1988年秋には韓国の国会で韓国の情報機関がヘリテージに220万ドルを提供していたとする秘密文書が公開されたが、財団側は否定した。1989年に『USニューズ&ワールド・レポート』誌はその中に統一協会の文鮮明のものも含まれていたと報じた。ヘリテージの近年の年次報告書ではサムスンから40万ドルが提供されたことが判っている。また韓国政府からの金が別の財団を通じて過去3年間で約100万ドル提供された。

    1. 墺を見倣え より:

      民主党系のシンクタンクかと思いきや、不思議な事に米国内では、共和党寄りの保守系シンクタンクとして扱われている様です。

      産経新聞は、「ワシントンの大手研究機関『ヘリテージ財団』が7日に開いた『日韓貿易紛争』と題する討論会での最初の論者として登壇した『外交問題評議会』の上級研究員で『米韓政策研究部長』のスコット・スナイダー氏が文在寅大統領を批判するこの見解を述べた。同氏は1990年代からスタンフォード大学やアジア財団で朝鮮半島情勢の研究を続けてきた著名な学者で、韓国や米韓関係の研究では全米有数の権威とされる。スナイダー氏は今回の日韓対立の原因について『文大統領が慰安婦問題での日韓外相合意に基づく財団を解散し、さらに元徴用工問題での韓国最高裁の判決を放置したことが対日政策を誤らせた』と述べ、日韓対立の原因はまず文政権にあるとの見解を示した。同氏はさらに文大統領の措置について『韓国の国内政治のために対外政策、対日政策を犠牲にする形で政治利用したが、大統領としては国内、国外の両政策の適切なバランスをとるべきであり、まず慰安婦問題を日韓関係の最前面におくことで自分自身を箱詰めにしてしまった』とも批判した。」と報じています。

      産経新聞の記事が真なら、ヘリテージ財団御抱えの上級研究員はマトモな事を言い、ゲストであるナッパー氏が全然違う事を述べたという事になります。バランスを採る為に、敢えて変な意見も含めたのカモ知れませんし、高額スポンサーが推すので変な奴だけど登壇させざるを得なかったもカモ知れません。

      1. NANASHI より:

        news u.sでも記載されています。
        どうやら産経意外の日本メディアは、ナッパーの発言のみを切り取ったようです。
        韓国メディアのほうが多少耳の痛いところも報じているようです。

        >まあ報道してるだけましとも言えるがね。産経以外の日本のマスコミについては報道ゼロだろ?

        ホントですね・・・。何だか、韓国よりも日本の方が韓国に優しい気がします!

        日本のマスコミの報道規制網は産経を除いて完璧だからな。韓国に都合悪いことは示し合わせて黙殺し、日本に都合悪いことは一斉に報道する体制ができ上がっている。一方韓国の場合は愛国日報のような論理に穴が空いているメディアが主流なので付け入る隙があるってわけだ。

        アメリカの発言が、今まで同じように正確に報道されてこなかったと思うと、何だか力が抜けてしまいます・・・。

  2. 阿野煮鱒 より:

    トランプ政権になってから、ホワイトハウスの対日姿勢は出来過ぎの感がありました。ナッパー米国務副次官補くらいの発言は、かつてはごく普通でした。オバマ政権の頃は、オバマ自身も含めて「安倍は歴史修正主義者だ」などという評価が普通に行き渡っていました。

    こんなもんですよ、現実は。そしてこの状況に対して、戦うどころか加担する振る舞いをしてきたのが外務省です。

    さて、令和になって風向きは大分変わりました。まだまだ追い風とは言えませんが、逆風吹きすさぶ状況でもなくなりました。安倍総理にはもう一踏ん張りしていただいて、官邸主導で外務省のケツを蹴飛ばし、ナッパーを首にしていただきたいものです。

    不勉強なバカはホワイトハウスにいられない、そういう前例を是非とも作っていただき、お気楽なアメリカ人の心胆を寒からしめたいものです。

    1. えりー より:

      お得意の買収であちこちに金をバラまいているかの国に対して、ずるい!というのも、魑魅魍魎跋扈の国際社会で日本人は正直者すぎるのかもしれません。
      が、それでも正直者がバカを見るのはもう嫌だ!
      日本が変わり始めているのは確かですから、これからは今までのようにただ黙っているのではなくて戦って行きたいですよね。外務省が仕事してくれるのかはアレですが(情けない…)民間レベルでも何かできないかなあと日々考えています。

      先日Cロナウド選手のトラブルもありましたが、高橋洋一先生が「日本はいつもルールを守っている。(サッカー)W杯の時のように」と言えばいいとおっしゃってました。2002年のW杯でのかの国の卑劣さを、世界、特にヨーロッパ諸国は忘れていないから。
      論理的に事実だけを並べるのもいいですが、日本はもっとかの国の卑劣さに共感してもらえるように戦い方を工夫して世界を味方につけて欲しいです。

    2. パーヨクのエ作員 より:

      阿野煮鱒様>不勉強なバカはホワイトハウスにいられない、そういう前例を是非とも作っていただき、お気楽なアメリカ人の心胆を寒からしめたいものです。

      当方もそのように思います。
      正しい事実に基づかない政府役人の発言でもトランプ大統領の意志としてホットラインで事実を確認して、その気なら北朝鮮に日本の持つ対米攻撃能力を進呈するぞ位冗談混じりで発言するべきでしょう。

      日本→韓国→北朝鮮への対米攻撃能力を可能にする各種技術流出を防止するのが現在の日本の貿易管理政策です。

      それを虚仮にする発言はどんな不利益をアメリカにもたらすか大統領閣下には我が国のトップからきちんと説明するべきでしょう。

      以上です。駄文失礼しました。

  3. 椿三十郎 より:

    左派新聞と韓国が最近利用しているルートで行った活動だと思います。

    エスパー氏の来日後、明日9日には韓国に行きますので日韓についての質問をしたいのでしょう。
    あの時間で米国発にしないと日本滞在中に左派新聞は発信しないと間に合いません。
    今頃はモンゴルでしょうから今回のはやや間に合いませんでしたね。

    明日の韓国では韓国政府やメディアも頑張るでしょうが、今回は無理だと思います。
    エスパー氏はトランプ氏の意向をを受けて、
    「ボルトンくんに値上げの下交渉をさせたが生意気にも即答しなかったんだ。君が韓国に行って早く返事をしろと言ってきなさい。インド太平洋の件もよろしくね」
    という任務を遂行しに行くわけです。集金の件はツイッターで援護射撃もしてます。

    よってトランプ氏の意向を超えた私感は決して話ませんし、格下から同じ質問を繰り返されるのを2週間前まで軍人だったレスター氏は好まないと思います。しつこく話すと墓穴を掘るでしょう。個人的には掘って欲しいんですが。

    今回の財団発表は日本時間に調整してありますので韓国の意図によって演出されてますね。
    韓国側が何らかの手法で財団に寄付すれば可能です。サムスンかSKを使ったのかもです。
    トランプ氏は「日韓で解決すべし」というスタンスの範囲内でライターに脚色させ韓国側も飲んだ原稿に落とし込んだんでしょう。このような場合は寄付金は50万ドルかかっていると思います。今回のは無駄金です。

    1. 椿三十郎 より:

      〉〉〉加筆修正しました。興味がある方はこちらをご覧ください。

      左派新聞と韓国が最近利用しているルートで行った活動だと思います。

      エスパー氏の来日後、明日9日には韓国に行きますので日韓についての質問をしたいのでしょう。
      あの時間で米国発にしないと日本滞在中に左派新聞のアップに間に合わないので質問できません。
      今頃はモンゴルでしょうから今回のはやや間に合いませんでしたね。

      明日の韓国では韓国政府やメディアも頑張るでしょうが、今回は無理だと思います。
      報道が遅れた左派新聞はたぶん韓国に恨まれるでしょう。

      エスパー氏はトランプ氏の意向をを受けて、
      「ボルトンくんに値上げの下交渉をさせたが生意気にも即答しなかったんだ。君が韓国に行って早く返事をしろと言ってきなさい。インド太平洋の件もよろしくね」
      という任務と閲兵だけを遂行しに行くわけです。トランプ氏は集金の件はツイッターで援護射撃もしてます。

      よってトランプ氏の意向を超えた私感は決して話しませんし、格下から同じ質問を繰り返されるのを2週間前まで軍人だったレスター氏は好まないと思います。GSOMIAの延長カードなど論外ですし、Bグループへのランクダウンなどレスター氏にとっては知ったこっちゃないハナシです。しつこく話すと墓穴を掘るでしょう。個人的には掘って欲しいんですが。

      今回の財団発表は日本時間に調整してありますので韓国の意図によって演出されてますね。
      韓国側が何らかの手法で財団に寄付すれば可能です。サムスンかSKを使ったのかもです。
      トランプ氏が話した「日韓で解決すべし」というスタンスの範囲内で韓国側はライターに脚色させ韓国側も飲んだ原稿に落とし込んだんでしょう。このような場合は寄付金は50万ドルかかっていると思います。今回のは無駄金です。

  4. ハゲ親爺🐧 より:

    政府高官と言っても、情報は自分からネットなどは検索しないで、あくまでも受身なんでしょうね。🐧

    能動的に行動する資質に欠けている人物としか評価出来ない。🐧

    辞任するかクビになるかせず、日本に来たらせいぜい「冷遇」してやりましょう。🐧

    対応は、外務省の課長辺りか、一年生議員一人位で十分だと考えます。🐧

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    「日韓どっちもどっち」え?ナッパーさん、認識が間違ってますよ!それは昔の話だ。今は日本が心の底から声を上げ始めた。

    狡猾なコウモリ、「すべて韓国が悪い」と。コレ分からなければ、黙っとけ。口出しするな。ナッパーさん、スグ辞表出してくれッ。

  6. 匿名 より:

    日韓併合について、「韓国併合再検討国際会議」ではとどのつまり問題なしとの結果も出ている訳だし、
    事実として「日本国として扱った満州」ではいわゆる占領でもなんでもなく、警察官から官僚まで朝鮮籍の人がおこなっていて、さらに莫大な予算を割いて発展させた。
    また、その上で終戦後は、日本が回収すべきすべてのインフラを放棄して、さらに公式に「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」を結ぶことで、おのおの納得しようがしまいが両国でもうおしまいという形にした。(言い出したらきりがないし、日本としては、むしろ戦っていない相手(そもそも日本国民だったので)に支払うという理不尽なものだけれども)

    朝日新聞はみずから出鱈目を書いたと認めて、さらに人口統計からいわゆる韓国のいう慰安婦問題もありえず(戦時中の動乱のなかでの不届き民間業者が行った犯罪はあったかもしれないが、取り締まっていたのは現在の韓国人)、いま韓国が言っていることは妄想、幻覚。さらに行っていることはゆすりたかり。

    外務省はこの事実をもっとはっきり表明してほしいと期待するところです。

    TOPページにのせて、さらにはマスコミ対策(出鱈目言ってたら即時否定)も強化して。

    1. NANASHI より:

      >TOPページにのせて、さらにはマスコミ対策(出鱈目言ってたら即時否定)も強化して。

      外務省が以前、海外発信強化ということで人員を募集していたように気がしたんで業務内容確認しようとしましたが、募集情報さえ見つかりませんでした。

      まあ、外務省にはこの方向で頑張って貰う必要がありますが、もう一方でウソを垂れ流しているメディア(ATM+犬HK & そのお仲間)対策が必須かと思います。

      海外メディアに対しては無理でしょうが、総務省・内閣府の方で風説の流布【刑法第二編第三十五章「信用及び業務に対する罪」(第233条 – 第234条 – 第234条の2)に規定される犯罪】として嘘つきマスゴミを懲らしめることはできないんでしょうか。一般の記事内容については、真偽不明なものもありますが、政府発表や国際会議結果については虚偽なのかどうかは即時にわかるかと思います。
      ・虚偽であれば即時訂正記事を求める
       (オリジナルの記事サイズに応じた…一面トップの記事を3行訂正なんて許しません)
      ・二次メディアへの訂正勧告の依頼
      ・訂正記事がなけれ厳重注意
      ・繰り返されるようなら業務停止

      こんなことをやると『報道の自由ガー』と言い出すとは思いますが、このくらい徹底してほしいものです
      ※ 報道しない自由の対策は浮かびませんでした

      1. 阿野煮鱒 より:

        > 外務省が以前、海外発信強化ということで人員を募集していたように気がしたんで業務内容確認しようとしましたが、募集情報さえ見つかりませんでした。

        外務省は、外交アーキビストの募集をしていたのですが、既に締め切られており、外務省のサイトから募集要項が消えました。

        痕跡としては↓これです。
        https://www.mofa.go.jp/files/000376791.pdf

        外務省へのリンクは切れていますが、外部情報ではこんなのとか。
        http://archivists.blog.jp/archives/8403408.html

        とにかく「外交アーキビスト」のキーワードで検索すれば、さまざまな痕跡は発掘できます。言い換えれば、痕跡しか見つからないと言うことは、外務省が本気を出すかに見えたのは一時だけだった恐れもあります。

  7. donbeifromkobe より:

    「情報戦」の歯がゆい現実、ウェブサイト主様がおっしゃる通り現実として受け止めなければなりませんが「ではどうすれば良いんだ?」という疑問がどうしても湧き上がります。
    小生、9歳から14歳まで暮らした米国深南部の田舎町で「愛国心」「国家の重み」を叩き込まれたので、反撃したい気持ちはあるのですが、日本国外の読み手の多くは素通りするか「でも日本が悪いんだろ?」と聞く耳を持たないかの何れかのような気がします。
    とてつもないエネルギーを必要としますし…
    積極的なアピールは宣伝のプロに任せ、我々個人は近現代史をよく学んだ上で「聞かれたら冷静・明確かつ真摯に答える」備えをしておくのが現実的かな、と諸外国の人々と接する中で感じています。

    1. えりー より:

      youyubeなどでkpopが好きそうな若い方が「日本は昔侵略とか悪い事をして、しかも謝ってないんだから仕方ないよね」的な事を言っているのを見ると、いやいやいや…と。ちょっとちがうよーとそっとコメントを残していくのですが、若い人に限らず本当に興味のない方は大人の日本人だって似たような事をいいますよね…。外の事はともかく、日本の中でもできる事ある気がします。
      にしても、日本の中の反日日本人の多さにも愕然としますが…。

      1. donbeifromkobe より:

        えりー様
        教育と宣伝は恐ろしいものですね。
        小生、1941年生まれの父と1945年生まれの母から神戸三宮にて生を享けました。思春期を彼の地で迎えなければ「戦後民主主義」の価値観にどっぷり染まっていた気がします。

        一方、僕がこれまでに出会ったアメリカ人は我々の想像を超えて判官贔屓な(すなわち、大韓民国の情報戦に惑わされ易い)感性の人が圧倒的に多かったように思います。
        「ニッポンってすごい」的な自画自賛は程々にした方がいいと思います。

        1. donbeifromkobe より:

          一点補足させて頂きたく、自己レスにて失礼いたします。
          「自画自賛は程々に」という表現をしてしまいましたが、我が国の国際的立場を守るためにこそ「我が国が他国からどのように見られているか」について常にアンテナを張っていたいと思います。
          忍耐を要しますが…

        2. えりー より:

          ご返信ありがとうございます。
          私はおそらくdonbeifromkobe様と同じ年代かと思われますが、沖縄で生まれ育ちましたので、どちらかというと愛国心を持たないようにという教育を小中高と受けて参りました。日の丸も君が代も実質禁止のようなもので、高校ではわざわざそれについて反対するようにという時間があったくらい。子供心に「オリンピックで日の丸も掲揚して君が代も歌うのに、なんでダメなんだろう?悪い事なの?」と疑問を持っていました。今となっては、そういう思想の教師だったのだとわかるし、別に愛国心を持つのは悪い事ではないと知っています。私は英語は話せないので外側の事はわからないけど、せめて「日本人でいるのが恥ずかしい」と思う日本人が減ればいいなと思います。
          もちろん『「ニッポンってすごい」的な自画自賛は程々に』でしょうけど^^

  8. 独り言です より:

    韓国の「半導体材料国産化」を見くびれない理由
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190808-00296464-toyo-bus_all&p=7
    概要
    ・日本の強気な姿勢
     「長年にわたり蓄積してきた技術に追いつくには時間がかかる」と主張
     →家電、半導体、液晶・有機ELパネル、二次電池、スマートフォンなどあっという間に
      キャッチアップされ追い抜かれた
    ・韓国は日本と同様に模倣することで経済発展した
     サムスン電子はパナソニックの子会社になった三洋電機と合併会社を設立、三洋電機の指導を受けた。NECと白物家電、ソニーと液晶パネルの合弁を立ち上げ日本を先生にして模倣の戦略を進めた
    ・日本人技術者を高額報酬で引き抜き
     今回は政府からの巨額の公共投資が予定されている。結果を出すために死に物狂いであらゆる手を使うことが予想される
    ・日本企業に求められること
     業績悪化で直ぐに人員削減するのではなく、人を育てることに立ち戻る必要がある

    政府の処置は貿易管理上は理解できるが、報復ではなく韓国を目覚めさせ、またひとつ
    日本の強みが失われるきっかけを作ることになった

    1. 匿名 より:

      独り言ですさん

      >政府の処置は貿易管理上は理解できるが、報復ではなく韓国を目覚めさせ、またひとつ
      >日本の強みが失われるきっかけを作ることになった

      この可能性についてはおそらく多くの人が一度は考えてることだと思います。日本国民も日本政府も。
      そのうえで、しかたなし、やむなし、としているのではないでしょうか。
      なぜなら、この反対側の天秤にのる物としては、国際社会における日本のプレゼンスだからです。

      核開発やテロにも使われうる戦略物資を輸出する国として、そいうことに使われることが微塵もないようにしないと、「日本が輸出したものがテロや核開発に使われている」と世界各国から指摘されますし、そうなったとき日本としては論理だった筋道だった誰もが納得する説明を持ちません。

      「デリケートなもので商売しているがきちんと管理しています。世界平和のためです」という日本が主張したい/すべき事を言えることが天秤に乗っていますので、後者の天秤に重きを置くという総合判断はとても妥当だと思います。

  9. 匿名 より:

    アメリカも一枚岩ではないということだろう
    まあこの点に関してはそこまで心配することでもないと思うけどね
    日米の韓国切り捨ての流れはもはや確定的であり、
    そんな中で馬鹿が一人喚いたところで大勢は変わらない
    とはいえ日本からアクションを起こす必要がある事だとは思う

  10. なんちゃん より:

    ロイター記事タイトルに「米政府高官」とあったので、また情報ロンダリング新ネタかと思いました。
    記事タイトルが既視感ありありでした。前もロイター発でしたし。

    前回は匿名の観測気球、今回は名前を出したが、副次官補の下っ端。
    どんどん地位が上がっていく前に、早めにガツンとやっとかないと。

    日本政府は米国に声明を出すのかどうか。副次官補程度で日和ってるようじゃ、この先は勝てないですね。

    それにしても、日本政府には厳しい戦いです。

    日本のATMはここから出てくる情報を、裏取することなく垂れ流した事実がありました。
    売国と言う言葉は好きではないんですが、
    日本の国益を棄損する「売国メディア」と呼ばれても、仕方ないです。

    1. 匿名 より:

      ・長官 省: Secretary
       ・長官代行 Acting Secretary
       ・長官補佐官 Assistant to the Secretary
       ・副長官 Deputy Secretary
        ・次官 Under Secretary
         ・副次官 Deputy Under Secretary
          ・副次官補あるいは副次官代理 Assistant Deputy Under Secretary
          ・次官補 Assistant Secretary
           ・副次官補あるいは次官補代理 Deputy Assistant Secretary

      ウィキペディアでアメリカの省庁の役職順引っ張ってきましたが、副次官補は役職としては最下層なんですね。
      日本でいうと課長補佐くらい?
      しかしよく調べないとなんとなく偉い人が言った、みたいに感じちゃいそうです。特に日本だと事務次官が事務方トップなんで副次官補って言われたらその2つ下くらいに誤解しやすそう。

      1. りょうちん より:

        課長補佐代理心得を思い出しました。

        1. 瀬戸内ジャクソン より:

           なつかすい。野中エージの「課長バカ一代」でしたっけ?

  11. 心配性のおばさん より:

    表題の「日本政府はナッパー国務副次官補の更迭を要求すべき」ですが、韓国じゃあるまいし、例えどれだけ問題でもそんな非常識なこと、日本政府にはできません。遺憾砲ぐらいは可能ですが(笑)。

    第一、今回の日本の措置は、一連の韓国からの不法行為に対する報復ではありません。報復はまだされていません。これからです。
    措置は2日閣議決定され、7日公布され、28日施行されます。その間、ボルトン氏やエスパー氏が訪日、訪韓していますが、両氏から日本の措置への言及はなかったと聞いています。
    アメリカ国務省に人材が払底しているとはいえ、不見識な内容は腹が立ちますが、それより、このタイミングでの発言に何の意味があるのでしょうか?
    公布された措置がここへきて止まるとも思えず、経産省は粛々と作業を進めているようです。

    経産相、輸出規制「第3弾」を示唆 韓国にクギ
    https://www.msn.com/ja-jp/news/money/経産相、輸出規制「第%EF%BC%93弾」を示唆-韓国にクギ/ar-AAFvxtN?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp#page=2

    対中国との経済戦争、北朝鮮経済制裁、イラン経済制裁を実施しているアメリカに、ナッパー氏の発言が利するとは思えません。

    1. 隠居爺 より:

      溺れる者は藁をもつかむ。
      藁くらいつかませてやってもいいような気がします。そうでもしないと、苦し紛れに暴発する可能性もありますので。

      藁をつかませてある程度期待を持たせながら、でも結局は溺れさせるというのが高等戦術でしょう。

      と、楽観的な見通しですが。

    2. 匿名 より:

      いつも楽しく拝見しています

      おっしゃるとおり、かの国と同じルベルにはなりたくないですが今までのロビー活動で負けっぱなしなのは、この辺りに原因がある気がします。
      面倒くさくても正式に抗議をするべきだと思います。
      世界では反論しないのは認めたことになりますから

    3. 匿名 より:

      むしろ遺憾砲ってこのくらいのことで使うのが適切な気がしますね。
      「アメリカの公的機関職員が誤解に基づいた発言を公式に行ってしまったことには遺憾の意を表明します」
      トランプは比較的こっちよりですし、このくらいでも自分の方針を逸脱する下っ端職員更迭の口実には丁度いいでしょう。

    4. 阿野煮鱒 より:

      > 例えどれだけ問題でもそんな非常識なこと、日本政府にはできません。

      非常識とはこれいかに? 何を常識とし、そこから何が逸脱しているのですか?

    5. 阿野煮鱒 より:

      「更迭せよ」を目的とすれば、他国の政府要因の人事に口を出すことは内政干渉ですが、本質はそこではありません。

      裁判で言うところの「事実認定」を確定させる作業が必要なのです。その上で、裁判ならば「判決」が裁判官によって大きく異なることはあるでしょう。ましてや一般人なら、意見の相違の振れ幅は相当に激しいでしょう。

      しかしながら、意見の根拠となる事実を誤認しているならば、その意見を意見として通用させてはなりません。虚偽を根拠にした価値判断で日本が非難されるなら、それを看過するのは「常識」ではありえません。

      ↓これは事実ですか?
      Diplomatic tensions intensified after a South Korean court last year ordered Japanese companies to compensate Koreans who were forced to work for Japanese occupiers during World War Two

      日本政府が「ナッパーの発言はいかなる事実を根拠としたのか、それを明確にせよ」と米国政府に問うことが「非常識」ならば、もはや日本はプロパガンダの餌食となると自ら宣言したに等しいのです。

      実際、戦後74年間、日本と日本人は、自らそのような非常識な態度を取って国家の尊厳を捨ててきました。貴方はこれを常識だと言うのですか? 今後もこのような状態を続けるべきだと言うのですか?

      1. 心配性のおばさん より:

        阿野煮鱒様 怖いです(泣)

        >日本政府が「ナッパーの発言はいかなる事実を根拠としたのか、それを明確にせよ」と米国政府に問うことが「非常識」ならば、もはや日本はプロパガンダの餌食となると自ら宣言したに等しいのです。

        私なら外交ルートで、「ナッパー氏がアメリカ国務省の人間の立場で、このような発言をしたことは、あらゆる面で日米緊密な対応を取っていかなくてはならない局面でとても残念なことと思う。氏が所属するアメリカ国務省にその真意を伺いたい。」と聞きます。
        彼が所属するアメリカ国務省には彼の監督責任があるはずなので、これを確認する権利は行使すべきです。ついでに、凄んでみせてもいい(笑)。
        ただ、韓国人レベルに落ちて「ナッパー氏を更迭せよ」と騒いで、本質を見失いないたくないのです。

        もちろん、私だって、記事を読んだ時は血圧上がりましたよ。
        ただ、ちょっと休んでから、考えて見たら変なんですもの。だって、このタイミングでこの発言をする意味が判らない。
        私には、このタイミングでの氏のこの発言は、ただ単に韓国人側からの報道官代行をやっているようにしか見えない。
        そのことで、アメリカが利するとは思えないのです。アメリカの利ではないとしたら、アメリカ国務省の人間の立場を利用した彼の背任行為となります。
        いずれにしても、遺憾は強く表明すべきですが、彼の更迭云々は、アメリカ国務省の責任だと思った次第です。念入りに遺憾の意を伝え、国際社会の誤解を解くことを始め、後始末はアメリカの仕事です。

  12. 国防動員法 より:

    馬鹿なことを仰るお方はアメリカだけではなくて、日本にもいたようです。

    河野さんの元秘書に韓国人がいて、韓国で馬鹿な事をしゃべっているそうです。

    <河野外相の元秘書・李成権元議員「自民党にも貿易報復に納得できない議員いる」>
    2019年08月08日14時43分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/412/256412.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|breakingnews

    恐らく、こういう人はもっとたくさんいて、今後、有ること無い事しゃべるでしょう。

    政治家や中央省庁に韓国勢力が浸透しすぎている。
    なんとかならんもんか・・・
    売国一直線の気がしてならん。

    「韓国人の全員が悪い人というわけではない」なんて言ってられんがな。
    みっちもさっちもいかんがな。

    1. 関西人 より:

      有ること無いこと→無いこと無いことの間違いと思いますよ

      1. 国防動員法 より:

        関西人様へ

        >有ること無いこと→無いこと無いことの間違いと思いますよ

        仰る通りです。

  13. 国防動員法 より:

    連投で申し訳ないのですが、米国での世論戦にマイナスのニュースです。

    <ソフトバンクの孫正義会長、米全国紙「USAトゥデイ」を買収…“メディア恐竜”の誕生か>
    https://japanese.joins.com/article/402/256402.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|breakingnews

    在日韓国人の虚飾と鬱憤が「USAトゥデイ」の紙面を飾りそうです。

    我々日本人が支払った携帯料金で日本が貶められる構図は、なんともやり切れません。

    1. 孫正義のポジションは自分の利益の最大化です。
      心の奥にはどうしても、在日韓国人の劣等感は有る様ですが。
      在日の資産凍結を恐れて帰化したようですが。

      何よりも自分の利益になるかどうか。
      考え方が中国人に近い気がします。

      携帯のデータセンターを韓国に置くのも、電気代そのほか
      の優遇が破格だから。情報は守られてるとは思いませんが

      1. 国防動員法 より:

        孫正義氏は日本に帰化していますが、彼の家族親戚は在日韓国人であって韓国政府の支配下にありますから、孫正義氏は韓国政府の影響下からは逃れられません。

        彼は逃げられませんから、彼の思惑がどうであれ関係ないです。

        どれだけ日本に合わせた姿勢を見せようとも、韓国人が絶対に譲らない以下の二点については、孫正義氏は譲らないでしょう。

         (1)韓国併合は不法な植民地支配
         (2)慰安婦の強制性は存在した

        買収したUSA TODAYの編集部は独立している、と言いながら「韓国併合は不法な植民地支配」「慰安婦の強制性は存在した」などと、さも当然のようにUSA TODAYの記事の中に折り込ませるのでしょう。

        全体の印象として公平な記事に見せながら・・・
        目立たない形で、この二点を米国民に刷り込んでいくのでしょう。

        帰化朝鮮人の皆さんについて誤解は生みたくないので補足すると、あくまでざっくりとした主観ですが、帰化朝鮮人とその子孫の皆さんは、この二点について、あっさりと韓国人の主張を否定します。

        もちろん、そうではない人もいるのですが、帰化朝鮮人とその子孫の皆さんは多種多様で一纏めにできず、帰化朝鮮人という括り自体にあまり意味を感じません。

        そうは言っても孫正義氏は民間人ですから、ある程度しょうがない部分はあると思いますが、外務省の役人は違います。

        この二点について、たとえ明言はしなくても、韓国の主張を認めるような振る舞いをする外務省韓国組の役人は、その存在を許すべきではありません。

        武藤正敏氏は「韓国併合は不法な植民地支配」という韓国の主張に対し、常にハッキリと否定するわけではありません。

        ある時は曖昧模糊にゴニョゴニョし、ある時は韓国側の主張を認めるかのような振る舞いをします。
        例によって、「韓国併合は不法な植民地支配」と明言することはありませんが・・・

        「韓国併合は不法な植民地支配」、この主張は日韓外交における日本の立場を根本から否定し、日本を韓国に切り売りする口実でもあります。

        それ以外の日韓関係の問題よりも、ずっと根本的で大きい問題です。

        もし仮に、日本人から信任を得て大韓民国特命全権大使を務めていたにもかかわらず、こんな考えで日韓外交に取り組んでいたならば、彼は在任中、韓国人と何をやり取りしていたのでしょうか?

        徴用工の話が出た時に、私の頭には武藤正敏氏が思い浮かびました。
        「韓国併合は不法な植民地支配」という思想は全ての韓国人が抱えていて、どのような政権であっても消えることなく加速していたからです。

        武藤正敏氏や孫正義氏には、公の場でハッキリと「韓国併合は不法な植民地支配ではない」と明言していただきたいものです。

        武藤正敏氏は特に、ゴニョゴニョせずに毎回明言していただきたいです。

        慰安婦決議で有名なマイク・ホンダ前米下院議員と同じく、韓国政府から修好勲章光化章を受けた身では無理でしょうけど・・・

        私の勘違いであれば、嬉しい限りです。

  14. 隠居爺 より:

    一番のポイントは、いかにして日本外務省に外交をさせないか、ではないでしょうか。貿易管理の問題は全てを経産省にまかせて、外務省に一切口を挟ませないようにすることが必要かと思います。

    内閣プラス経産省だけで事態に対応すれば、これまで譲歩を強いられてきた日韓関係に違った目が出てくるかもしれません。

    1. 農家の三男坊 より:

      御隠居様
       日本外務省に御立腹はごもっともですが。諸悪の根源はこの外務省を指導すべき政治家です。
      特に自民党の宮澤喜一、河野洋平両名の不見識が響いています。
       餅は餅屋で、やはり外務省に仕事をさせないと日本国としては効率が悪いと思います。
      ナッパー氏の発言に関しては、あからさまな罷免要求は日米関係にとって宜しくないので、北米課長か駐米公使から、『国務副次官補ともあろう方が日韓基本条約及び日韓請求権協定という国際条約を踏み外した発言をされるとは非常に残念』ぐらいの皮肉(もう少し勉強してから発言せよ)で良いのではないでしょうか。

      1. 隠居爺 より:

        農家の三男坊 さま

        >餅は餅屋で、やはり外務省に仕事をさせないと日本国としては効率が悪いと思います。

        いやたしかに仰るとおりではあります。「馬鹿と鋏は使いよう」と言いますから、外務省も使い方によっては能力を発揮するでしょうね。

        今後韓国に譲歩して融和路線に切り替えるときなどには大いに働いてもらえるでしょう。また、国連においても、金出すから少しは日本のいうこと聞いてよ、くらいの主張はできるかもしれません。

        あとは、少しずつ国益を考えての自己主張を覚えさせていくこと、策を弄すること、そういうしつけ訓練をして一人前にすることが大切ですよね。

        と、どうしても外務省に対しては辛口になってしまいます。特に個人的に被害を受けたわけではないのですが、外務省と聞くと無能で国益を害する集団というイメージが私の頭に固着してしまっているようです。なぜでしょうか。

        ずーっと思ってるんですよね、日本の外交は下手だと。素人以下だと。本当に下手なのかどうか、どなたかご教示していただけるとありがたいです。

  15. 椿三十郎 より:

    北朝鮮は・・・
    拉致国家で、
    不法に核実験を行い、
    現在国連決議で制裁を食らっているとんでもない国です。

    文氏は暢気にその国際的な犯罪国と一緒になって頑張れば日本に勝てると言い放ったではないですか。みんなびっくりしましたね。

    これは米国にとっての犯罪国をほう助する行為で、この発言の後ナッパー氏のビデオが納入・アップされた場合、国益に反する違法行為の疑いが持たれるでしょう。

    しかし納入は発言前だと思います。仕込みの飛ばしでしょう。
    左派新聞はこれに気付いたのかも。

    明日の韓国はこんなのは無視するのでお手並み拝見です。

  16. おっさん より:

    我が国政府は、省庁横断的組織を立ち上げては、耳触りの良い政策を打ち上げていますが、失礼ながら、省益の壁をなかなか乗り越えられずにいて実効性に乏しのが現実だと思います。
    外交においても似たようなものというのが正直な感想です。
    現下の国際情勢、とりわけ対韓問題については重要な局面を迎えています。
    当然、韓国が最も得意とし、我が国がこれまで何度も煮え湯を飲まされてきた、世界に向けての情報戦、これに注力すべき時ですが、相変わらずの鈍感な対応ぶりが大変気になっています。
    いかに正論を述べ実行したとしても、それだけではダメです。
    情報戦・世論戦で補強しなければ、確定しません。
    言い換えると、情報戦・世論戦こそがすべてです。
    愛知の展示会の例に見られるように、我が国には獅子身中の虫もたくさんいて大変骨の折れる状況ですが、政府には一踏ん張りも二踏ん張りもしてほしいところです。

  17. アイディア より:

    このような、米高 官さんに理解してもらう方法は、どうしたら良いのでしょうか。
    逆に高く付く事を学んで頂く機会かと。

    ロビー活動の一環でしょうから、良いアイディアを募り、実践できれば。
    外務省に期待するのは…。

  18. なんちゃん より:

    BSプライムネタですが・・・

    小野寺元防衛相、先日アメリカの米韓豪の防衛対話のために渡米したそうです。
    日本の参議院選挙中に、韓国の議会ロビーは一通り済ませた後だったと述べてます。

    ロジックは、
    ・中国包囲の一環で、ファーウェイを追い詰めるのが米国の戦略ですよね
    ・韓国のサムスンは、華為に対抗できる米国陣営の企業。韓国は米国の戦略に協力したいと思っています
    ・サムスンの技術力を発揮するには、同じ同盟国の日本の協力がどうしても必要です
    ・ところが日本は、韓国に対して制裁を科して、サムスンの足を引っ張ろうとしています。米国の戦略の阻害要因です

    ま、こんな感じで吹き込んで回っていた、と言ってましたね。
    米国の議会関係者の認識は、こんな感じになってしまってるようなことを言ってました。
    侮れません。

    1. なんちゃん より:

      韓国の議会ロビーは

      韓国側による米議会ロビーは

      訂正します

    2. zzz より:

      zzzzzz

    3. なんちゃん より:

      今日、外務副大臣の佐藤隊長がこの件言及していて、

      「中国は怒るんじゃないですかね」

      ああ、確かに。
      ここでも蝙蝠外交やっとったわけです。
      韓国目線で見れてませんでした。

      あと、書き起こしは少し違ってましたね。

  19. 名無Uさん より:

    米国務省らしい…
    これぐらい、チョロいっす…(笑)
    『省益』のためとあらば、アメリカを売り払い、同盟国を売り払い、テロ支援国家すら何故か『支援』する。(笑)
    日本の害務省など、ひよっ子に過ぎません。

    4日にはポンペオ国務長官と河野外務大臣が会談し、ポンペオは『日本の立場はよくわかっている』と理解を示していたことをNHKが報じたのにも関わらず、この有り様。
    では、ポンペオと違う意見を述べた下っ端のマーク・ナッパー副次官補は裏切り者なのだろうか?
    結果的に、彼は更迭もされないし、叱責も受けないでしょうね。

    この発言が韓国に流れ、韓国が日本やアメリカに対しさらに強気にさせることが、彼の発言をロイターに乗せて全世界へと流す本当の目的なのでしょう。
    北朝鮮や韓国は、米国務省が場合によっては、本国アメリカや同盟国までも売り飛ばすことはよくわかっているでしょう。米国務省やアメリカの『ディープステート』が韓国の味方だと、彼らに誤認させる。そして、韓国の暴走をさらに助ける。

    いやはや、罪作りな米国務省です…
    本音では、日韓GSOMIAなど、どうでもいいのでしょう…(笑)

    1. 阿野煮鱒 より:

      陰謀論に関しては、素朴な私の読みでは永遠に背中を見ることもできそうにない深読みですね。恐れ入りました。

      > 米国務省やアメリカの『ディープステート』が韓国の味方だと、彼らに誤認させる。そして、韓国の暴走をさらに助ける。

      そうだと良いなと、心から思います。何周回も遅れている私は、そうではないかも知れないという恐れを払拭しきれません。

      1. 名無Uさん より:

        阿野煮鱒様へ

        いえいえ、あまりにおかしな歴史の事象を追跡して行くと、これくらい考え方がねじ曲がって来ます。(笑)
        あまり、人にはお薦めできません。

        小泉進次郎、滝川クリステルのオメデタで、小泉ネタの陰謀論をひとつ。小泉純一郎元総理は、アメリカと良好な関係を構築し、子ブッシュ大統領からも非常に優遇された首相でした。
        当時のライス国務長官は、日本と常に緊密な連携をとっていることを力説し、ライスもニコニコでありました。ブッシュ大統領は、エアフォースワンにまで小泉を乗せました。
        なのにその裏側では、小泉は朝銀を通じて核兵器を開発していた北朝鮮に1兆円以上をも流していました。当時、北朝鮮を囲んで六者協議を行っていた最中です。
        アメリカがこの事を知らなかったと思いますでしょうか?
        もし、アメリカが知らなければ、アメリカは激怒するでしょう。田中角栄のように、ロッキード事件を立ち上げてでも、小泉を追い払おうとするでしょう。
        しかし、北朝鮮に1兆円を貢いだことがバレても、小泉は何の科も受けていないし、アメリカとも良好な関係のままです。小沢一郎などと並んで、脱原発のデモをしようが、メディアは相変わらず小泉家の名門ぶりを伝えます。
        以上から推量すると、アメリカは小泉が裏で北朝鮮に大金を流していたことを知っていた、としか結論付けれません。知っていた上で、ブッシュもライスも小泉を厚遇したのでしょう。結果的に、『アメリカ』は日本と組んで、北朝鮮の核開発を幇助していた…
        この事は、アメリカも日本もさらには韓国までも売り払っていたことになりますよね…
        笑い事では済まないのですが…

  20. Yumi より:

    明日のBSフジ プライムニュースに 鈴置高史氏が出演されます。
    他のゲスト 佐藤正久 外務副大臣 真田幸光 愛知淑徳大学教授
    激動が予想される8月の日韓関係をめぐってどんな議論が展開されるのでしょうか。

  21. クロワッサン より:

    更迭要求は実際のところ内政干渉でしょうから出来ないでしょうけど、ナッパー氏の発言に対して遺憾の意砲を一発撃っておくのが良いかなと思います。

  22. たけ より:

    当事者じゃなければ、認識はこんなものですよ。
    国際社会なんてこんなものです。

  23. 匿名 より:

    ガン爺

       兵頭二十八氏の放送形式から
       わが外務省に「戦争のセンス」がないのは昔からだが、外相に韓国問題について語らせるとき
       のスピーチ原稿の中に「毒針]を仕込むというあたりまえの宣伝テクニックがスピーチライタ
       ーの頭の中に無いのは、いつ見てもみじめなものだ。間接的且つ適宜な表現で韓国主導の反日
       ヘイト、反日レイシズム、対支・対テロ支援の真相を世界に刻印し続ける話法はいくらでもあ
       るのに、それができない。北陸の方言でタラズ(足らず)と言うけれども、あたかも河野外相
       が「タラズ」に見えているはずである。列強の外交スタッフの眼には。誰もが知っている基本。
       韓国を敵手とする宣伝戦は、無停止連続攻撃でなくてはならない。防御や休止は墓穴を掘るだ
       けである。
       
       外務省内の半島対応の基本が謝罪して、謝罪して、話を聞いてあげるですからね。
       佐藤優氏の著作に記述があります。

  24. チキンサラダ より:

    新宿会計士さんが仰るように、これは大変ゆゆしき事態です。
    しかし、これが現実とも言えます。日韓の事情に最も詳しいはずのアメリカの国務省でもこの程度の理解、そして韓国のプロパガンダの影響下にあります。
    「自分が一方的に悪い時は泥仕合化を図って五分に持ち込む」という韓国得意の戦術が成功してる証左です。
    日本の外務省は世論戦は苦手(正確に言えば世論線を戦う体制すらないで)ですが、アメリカ国務省への働きかけは彼らの中では得意な範疇に入ります。ここからの巻き返しに期待したいところです。

    1. 隠居爺 より:

      チキンサラダ さま

      また今回もやられるのではないか。
      長年の経緯から見て、その不安が解消されません。

      日本はいつになったらみじめな思いをしないですむ国になれるのか、そんなことを感じてしまいます。

  25. よくわかってないジジイ より:

    外務省やロビー活動に期待する声が多いのですが、
    ロビー活動と言えば聞こえはよいですが、要は金をばらまいているわけです。米国務省の木っ端役人くらいなら本人の認識と違うことを言わせるのは、それほど難しくはないでしょう。(でも大物はさすがに無理です)
    しかし法律(独占禁止法だったか)により外国の公務員を含めて公務員に金を渡すことは厳しく禁じられています。お土産を渡すとか、接待もダメです。当然、そのようなことに政府予算もつくはずはありませんし、政府関係者が活動できる筈もありません。今はそのようなパイプをもつフィクサーも財界にはいないし。

    ある意味、日本は清く正しくなりすぎたのでしょう。ところで、
    韓国も同様な法律はあるはずです。そこで、サムスン経由米シンクタンク→木っ端役人となるのでしょうが、直接にこう言ってと原稿は渡せないので、ロイターにいるスパイに記事を書かせて、その線で発言させるとの仕込みなんでしょう。
    全く根拠も証拠もありませんが、例えばの状況分析です。劣勢を挽回するには、まず相手のやり方をよく調べて分析し作戦を考える必要があります。ところが日本にあるシンクタンクと言えば銭儲けのことばかりだもんな。

  26. カズ より:

    また一つ、先入観の無い真っ白な意識に、こうして「相互責任論」が刷り込まれていくのですね。

    やはり間違った主張には面倒でも即時の反論を逐一展開し続けないといけません。

    堂々巡りは覚悟のうえで何度でも何度でも・・。「恨くらべに負けない根くらべ」での対処が求められるのだと思います。

    ***** 
     
    「刷り込み」って、バカにできない効果があるんですよね。

    現に、一連の報道を確認して「第一弾の匿名言及はきっとラ〇ィッツの仕業。第二弾の実名言及はナッパーの仕業。ここで賢明な対処がなければ『第三弾からは戦闘力が格段にアップするのでは?』」・・なんて、私の心のスカ〇ターが必死に叫んでいるくらいですから・・。

  27. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    管理人様>「まだ韓国が貧しかった1965年に日本が強者の立場で押し付けた条約に対し、韓国は涙を飲んで従った」

    流石正義の国アメリカです。当方もそのように思います。
    偉大なアメリカは全ての土地と富をネイティブアメリカンに返した上で白人全て自ら神に命をお返ししましょう(笑)。
    正義の国ですからきっと自分たちの多罪な大罪を償ってくれますよね(笑)

    以上です。駄文失礼しました。

    1. チキンサラダ より:

      概ね仰るとおりなんですが、ネイティブアメリカンが現在手にしてる利権や彼らの性質と言うのも結構ドス黒くて嫌になります。
      それを許容してるのは白人たちが、それなりに歴史を反省してる証拠と言えなくもないです。

      現実の生活上は、白人が支配する社会で良かったと思えてしまうんですよね。
      だいたい、世界中で他民族を虐殺したり植民地支配した本国の人間って現代では優しくおとなしく、上品で付き合いやすい人が多く、悲惨な被害にあってきた民族の末裔は、個人レベルでは付き合いたくない性質の人が多いですね。妬み嫉みが酷く、嘘つきで平気で人を裏切り、恩を仇で返し、不衛生で言葉使いも汚く、教育レベルも低めなことが多いです。
      彼らの生い立ちには同情しますが、現実にはあまり近寄りたくありません。

      日本は韓国を植民地支配したわけではないですが、現代日本人の性質の良さと韓国人の問題児ぶりもそれに通じるものを感じます。

      1. りょうちん より:

        今、日本ではヴィンランド・サガというバイキングの話をやっていますが、その漫画作者のところに地元の北欧のファンが来て歓談したときに彼らが

        「正直、バイキングの所業はどうかと思いますよ」

        とか紳士的に批判したというのを思い出しましたw
        モンゴル人とかは、現代でもあんまり変わんねえなあと思うのに・・・。

      2. 匿名 より:

        チキンサラダ様
        当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

        アメリカで実際に暮らしておられるようで切れ味のあるコメントを常々楽しく拝読しております。

        さて、現地の視点から、ネイティブアメリカンが現在手にしてる利権や彼らの性質と言うのも結構ドス黒くて嫌になるのは本当でしょうし、悲惨な被害にあってきた民族の末裔は、個人レベルでは付き合いたくない妬み嫉みが酷く、嘘つきで平気で人を裏切り、恩を仇で返し、不衛生で言葉使いも汚いのも集団の傾向としては事実なのでしょう。

        しかし白人たちが、これらの許容をそれなりに「歴史を反省してる証拠」とすることには全面的には賛成しかねます。

        理由はチキンサラダ様がお書きのように集団としてのネイティブアメリカンに「教育を十分に与えていない」からです。
        教育が低いと感じる事は統治集団が被統治集団に十分な知識を与えず、被統治集団に十分な実力を出させないようにしているからでは無いでしょうか?

        こういった機能集団の関係性は18~19世紀の本国と植民地の関係で多々見られます。

        植民地の軍人の最高位は軍事専門家の最高位である大佐です。統治技術を必要とする将官の地位も教育も植民地出身の軍人には与えない本国の軍事組織の運用と根が同じと思います。

        きちんと集団全体に自力できる教育を与えた上で同じ主権に所属するメリットと喜びを与える。
        これがアメリカがネイティブアメリカンに対する真の責任の取り方だと当方は思います。

        現場を見てのコメントではないので青いですかね(笑)。

        もし当方の駄文を読んでお気を悪くされたならば申し訳なかったです。知的能力の低い愚か者の戯れ言としてご笑読して戴ければ幸いです。

        以上です。駄文失礼しました。

        1. パーヨクのエ作員 より:

          名前の入力前に送信しました。
          申し訳ありませんでした。

          上記コメントはパーヨクのエ作員のコメントでした。

      3. りょうちん より:

        そういえば今は亡き小池一夫氏の原作漫画でよくインディアンが敵役で出てきましたね。
        マフィア化しているのと、戦士文化が敵役にピッタリだったんでしょう。

  28. 昼 行燈 より:

    >日本政府はナッパー氏の発言に対し、米国政府に対して直ちに強く抗議すべきだと考えますし、ナッパー氏を日韓問題担当から更迭することを要求すべきではないかとすら思います。

    この意見の主旨はよく分かりますし、賛同したいところですが、抗議までは良いとしても、この更迭要求をやっちゃうと、傍若無人な某経済大国と同じで、アメリカに対する内政干渉になります。

  29. 匿名おばあさん より:

    素人考えですが、やはり憲法の改正しか有りません。
    各国には諜報機関が有りますが日本は外務省だけ・・
    太刀打ち出来るわけ有りません。

    日本は戦前を全て否定し違う国になることに必死でした。もう普通の国に戻る事はできないのでしょうか?

  30. 理系初老 より:

    ナッパー国務次官補代理 は、在韓米国大使館 で臨時代理大使を務めたことが評価され、国務省で功労賞を贈呈されました。
    >>>>もろ韓国ずぶずぶ

    その上役国務次官補に就任したデビッド・スティルウェル氏は到着した成田空港で記者団に対し「みなさん、こんにちは」と話した三沢基地勤務経験者。
    >>>>もろ日本ずぶずぶ

    ですので、まあ無視でいいかな、というのが個人的気持ちです。

    1. りょうちん より:

      >国務次官補に就任したデビッド・スティルウェル氏

      三沢の司令官は、米国空軍軍人の出世コースだそうです。
      この人は、中国語も勉強し、韓国の基地にも長く勤めた人ですが、
      マーク・ナッパー氏も日本語がしゃべれるくらいの日本通です。

      韓国びいき・日本びいきと単純なラベリングはできなさそうです。

  31. ドイツ在住のおばさん より:

    絶対に無視はいけないと思います。在米韓国人、韓国系アメリカ人の長年にわたってのロビー活動の結果が、このナッパ―発言です。今まで日本の害務省は余りにも何もして来なかった・・・。その結果が、これです。
    これからは、どんな下っ端の発言でも、一つ一つ、抗議の声を挙げ、訂正を求め、韓国側の捏造を暴いて、真実を知らしめていくことが必要です。彼らはコツコツと地道に?日本貶めロビー活動をしてきたのです。日本側もコツコツと、今までの彼らの成果?を真実の力をもって、潰していかなければならないと思います。ぜひとも、日本の外務省から米国務省に、最低限、抗議をして頂きたいと切望します。

  32. 安倍に変わる人材がいない日本はヤバイ より:

    「外交の安倍」と自称するが米国に従順でへりくだる事だけが外交と勘違いしているボンボンである!

    そもそも必要以上にトランプ大統領に媚びなければいけなくなったのは自身の軽率なヒラリークリントン支援が原因だ。
    2016年の大統領選挙の終盤に両候補の差が5%しかない状況で、何を思ったかヒラリーが勝利すると確信してヒラリーとの共同会見に応じて事実上の選挙支援を行った。
    これは他国の選挙に介入する内政干渉であり一国のトップがやってはいけない事だが常識の無い安倍は簡単に愚行に走った!
    予想外のトランプ大統領誕生に狼狽し、トランプ大統領をなだめる為に日本国民の大切な資産である年金積立金から10兆円を米国のインフラ整備事業に無償提供しようとして周囲に猛反対されて取りやめた、という程度の人物である。

    本来だったらトランプ大統領に直談判して、国務省の次席局長に過ぎないナッパーをクビにさせるべきだがそれさえも要求する事が出来ない!

    こんなボンボンとその長年の側近だった世耕(通商産業大臣)で本当に最後まで毅然と対応できるのか?
    非常に不安です。

    1. チキンサラダ より:

      > 本来だったらトランプ大統領に直談判して、国務省の次席局長に過ぎないナッパーをクビにさせるべきだがそれさえも要求する事が出来ない

      そんなことが出来た日本の首相は一人として存在してませんが…
      安倍さんと全然関係のない無茶苦茶な論ですね。

  33. 匿名 より:

    ロイターの言うシニアオフィサーってこいつか。

  34. 椿三十郎 より:

    本件が民間で起こったタレコミによる商売上の妨害行為であったとした場合、
    ビジネスマンが対処するとしたら、韓国側の営業担当者と会って話します。

    伊)ヤマトの国の営業マン(伊)くん
    「今回のは間に合わなくて残念だったな。築地に出張してきた中之島スタッフは帰ったら叱られるんじゃないか」

    り)クッパの国にある営業マン(り)くん
    「・・・ 何のハナシだね。我々はクッパに住んでいる。中之島のことなど知らんね」

    伊)
    「キサマがワシントンD.C.の下っ端役人を使って6日前に吐夢損に仕込んで今日アップさせたあの臭い演技だよ」

    り)
    「ああ、あれか。あの男は大した奴だ。彼は自分で思ったことを自分の意思で話した。彼が思っていることは世界侍従の善人がそう思っていることだから共感を受けただけだよ。しかしなぜそんな話をするんだ」

    伊)
    「今まではあの手のハナシは大目に見ていたがこれからは止めるんだ。これはその警告だ。君にとって良くないことが起きる。今日はそれを話しに来たんだ」

    などと、まずは相手先に仁義を切ります。依頼ルートや担当者名、ビデオ出演者の素性や弱みを握っておきます。
    この内容は決して話しませんがヒントぐらいは漏らします。担当者レベルで何度か交渉しどうしても辞めない場合は報復手段に出ます。中之島や築地スタッフの中に「我々の同志」がいることを伝える作戦などが可能な状況を造らないといけないので結構大変ですが。

    韓国に転ぶ相手の買収は割と簡単です。面倒なのは日本に定住し就職している左翼新聞スタッフですが、身内から
    疑われると居場所がなくなったりしますので効きます。

    9条改正が出来ればスパイ防止法もおまけで付いてきますので、それまでは民間に委託してはどうでしょう。

    1. 椿三十郎 より:

      民間のハナシ続きで申し訳ないですが、はねっ返りの発言をする連中をすぐに断罪しません。
      どんな奴か検証し今後「我々が」使えるかどうかを確認します。

      相手が自分だけの手駒と思っている場合は大変美味しく、買収した時の効果を考えます。
      今回の場合は買収のターゲットが判っているので情報収集コストも安い、というのも嬉しい。

      同じ人物から「皆さんもご存じのとおりアレは大変な間違いであり申し訳ないです」と言わせるような手法を考えます。

  35. 福岡県民 より:

    外務省がマトモなロビーをしてないんですよ 
    外務省がダメなら、政治家が抗議をしたらいいだけ

    前に在日米国大使を更迭させたときがあると、何かで読んだけど、
    それと同じで更迭を要求すべきだね

  36. 椿三十郎 より:

    日本も何かやってるんじゃないですかね。
     http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/09/2019080980041.html

  37. 接待エース より:

    自分の無能を棚に上げ…
    wikiより
    マーク・ナッパー:2018年8月から日韓担当国務次官補代理 
    2015年8月から2018年7月まで駐韓首席公使 ☚☚☚☚ ××漬けでしょうか?

  38. りょうちん より:

    https://mainichi.jp/articles/20190810/k00/00m/030/007000c
    トランプ氏「韓国と日本は仲良くしなければならない」

    トランプ氏の罷免を要求するんでしょうか・・・w

    1. NANASHI より:

      完全なる毎日の飛ばしです
      韓輸出規制や元徴用工訴訟なんて一言も言ってません

      ATM・NHK・日経・共同・時事のニュースは韓国メディア以上に信用できません

      https://mainichi.jp/articles/20190810/k00/00m/030/007000c
      トランプ米大統領は9日、半導体材料の対韓輸出規制や元徴用工訴訟を巡り悪化する日韓関係について「韓国と日本は仲良くしなければならない。協議の席に着くべきだ」と述べた。

      https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/remarks-president-trump-marine-one-departure-59/

      Q Mr. President, do you want to expand South Korea and Japan Military Information Agreement? Will you support them?

      THE PRESIDENT: Well, I hope that South Korea and I hope that Japan start getting along with each other. You know, they’re supposed to be allies. And it puts us in a very difficult position. South Korea and Japan are fighting all the time. They’ve got to get along because it puts us in a very bad position.

      Q大統領、韓国と日本の軍事情報協定を拡大したいですか?それらをサポートしますか?

      大統領:まあ、韓国と日本がお互いに仲良くなり始めることを願っています。彼らは同盟国であることになっています。そして、それは私たちを非常に難しい立場に追い込みます。韓国と日本は常に戦っている。彼らは私たちを非常に悪い立場に置くので、仲良くしなければなりません。

      1. りょうちん より:

        Knapper氏の言葉切り取り、ソースロンダリングと同じ構造なんですよ。
        そのフレームに乗っかること自体が利敵行為なんですが・・・。

        Marc E. Knapper氏はどちらかというとかなりの親日家です。
        韓国勢力のdisinformationに乗っかって後ろ弾撃つ法が愚かとしか。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。