韓国人学者「日本は日米韓体制から韓国を追放する」

最近は少しニュースを追いかけ忘れると、とたんに取り残されてしまいます。とくに、日韓関係についてはジェットコースターに乗っているかのように、日々、新しい展開が加わっている状態にあります。本稿では8月6日、広島市内で安倍晋三総理大臣が記者会見に応じ、「日韓首脳会談は韓国の約束履行が条件だ」と発言したとする話題とともに、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載された、「日本は韓国を『日米韓』から追放するつもりだ」とする論考について、解説がてら、じっくりと紹介したいと思います。

一貫する安倍発言

安倍総理、日韓会談は「約束履行」が条件

最近、日々のニュースを追いかけていないと、あっという間に取り残されてしまうのが大きな悩みです。

こうしたなか、今さらですが、時事通信が昨日の朝に報じたこんな記事を紹介しておきたいと思います。

安倍首相、日韓会談は約束履行が条件=対立の長期化必至(2019年08月07日07時09分付 時事通信より)

記事の概要は次のとおりです(※ただし、記事本文の「安倍首相」を「安倍総理」、「徴用工問題」を「自称元徴用工問題」と書き直すなど、文章を一部修正しています)。

  • 安倍晋三総理大臣は6日、広島市内で会見し、自称元徴用工問題を巡り、1965年の日韓請求権協定を韓国が遵守しない限り、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領との会談には応じない姿勢を示した
  • 安倍総理は文在寅氏と対話する意思を問われると、「韓国には日韓請求権協定をはじめ、国と国との関係の根本に関わる約束をまずはきちんと守ってほしい」と述べ、まずは韓国が約束を履行するのが先決との立場を強調した
  • 日韓首脳会談は昨年9月に米ニューヨークで行われたのが最後だが、今年9月の国連総会を始め、年内の国際会議で両首脳が顔を合わせる機会がいくつも想定される中、安倍総理が会談に条件をつけたことで日韓首脳会談実現へのハードルは高まった

時事通信の記事の問題点

ちなみに少しだけ本論から外れて余談を述べておきたいと思います。

この時事通信の記事では、「韓国側にも軟化の兆しは見えず、日韓対立は長期化必至だ」、「北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に無条件での会談を呼び掛けているのとは対照的だ」、「首相が支持基盤とする保守層の安定を図るには『弱腰』な姿勢は見せられない」、などと決めつけます。

さらに、時事通信の記事には

強硬姿勢に世論の支持を求めるのは文氏も同様。日本の植民地からの解放記念日である15日の韓国『光復節』での文氏の発言や、韓国軍が月内にも予定する「独島(島根県・竹島)防衛訓練」によって、両国関係がさらに悪化する恐れがある」(※下線部は引用者による加工)

といった具合に、「日本の植民地」という、明らかに韓国側の主張に基づく表現が出てくる点にも、非常に大きな問題があると言わざるを得ません。

正直、今朝の『マスコミ改革はネットから!自由競争が言論空間を変える』でも、「客観的事実」と「主観的意見」を混ぜるべきではないと申し上げたばかりですが、「安倍総理がこう発言した」という「客観的事実」だけを淡々と報じてくれた方がありがたいと思います。

マスコミ改革はネットから!自由競争が言論空間を変える

安倍総理の発言は終始一貫

余談はこのくらいにして、本論に戻りましょう。

安倍総理のこれらの発言は、昨年10月30日の新日鐵住金(現・日本製鉄)に対する韓国大法院(※最高裁に相当)での確定判決直後から、終始一貫しています。安倍総理は常に、韓国に対して「国際法を守ること」を求め続けて来たからです。

また、客観的事実を拾っておけば、日韓関係悪化の原因を一方的に作ってきたのが、すべて韓国の側だということがわかります。

  • ①判決直後~今年1月9日:日本政府は韓国政府に対し、日韓請求権協定違反の状態を解消するように求め続けた
  • ②1月9日~5月20日:日本政府は日韓請求権協定第3条第1項に基づき、外交的協議を申し入れたが、韓国政府はこれを4ヵ月少々の間、無視した
  • ③5月20日~6月18日:日本政府は日韓請求権協定第3条第2項に基づく仲裁手続への付託を韓国政府に通告したが、韓国政府はこれを無視し、期限内に仲裁委員を選任しなかった
  • ④6月19日~7月18日:日本政府は日韓請求権協定第3条第3項に基づく第三国仲裁への付託を韓国政府に通告したが、韓国政府はこれを無視し、期限内に第三国を指定しなかった

最近、日韓を問わず多くのメディアが「日韓関係の悪化」に言及しているのですが、先ほど引用した時事通信を含め、この①~④の事実については、驚くほど軽視されています。

さらに、韓国が日本との条約(例:日韓請求権協定)や約束(例:日韓慰安婦合意)を反故にしたり、秘密の会合(例:レーダー照射事件巡る日韓防衛当局会合)の内容を勝手に発表したりしているのも、一方的に韓国の側なのです。

何より、安倍総理の韓国に対する要求とは、「ウソをつくのをやめる」「条約や約束はきちんと守る」という、国としてごく当たり前の要求ばかりです。これを要求したことで「両国関係がさらに悪化する恐れがある」というのならば、それは「さらに悪化するような状況」を韓国が作り出したことが悪いのではないでしょうか。

そこに気付いたか!

中央日報にもたまには参考になる記事が載る

ところで、先ほどの時事通信の報道に限らず、最近、日韓を問わず、マスコミの報道の劣化が激しくなってきた気がします。

先週、「米国が日韓間を仲裁する」、「匿名の米政府高官は日韓両国に対し停戦協定を提案した」、といったニュースが流れたのですが(『「米国が日韓を仲裁へ」 巧妙化する情報ロンダリング』参照)、その後の続報はとんと見かけません。

「米国が日韓を仲裁へ」 巧妙化する情報ロンダリング

これだと、「マスコミは事実ではなく意見や妄想を垂れ流しているのではないか」と批判されても仕方がないでしょう。

ただ、ごくたまには、参考になる意見に出会うこともないわけではありません。

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に本日掲載された次の記事などは、やや不適切な記述もありますが、韓国メディアに掲載されたにしてはなかなか鋭い視点が提示されています。

【中央時評】日本、韓日米の枠組みから韓国を放り出そうとする(2019年08月08日09時09分付 中央日報日本語版より)

著者欄には「チャン・ブスン/関西外国語大学教授・米ジョンズホプキンズ大学国際政治学博士」とありますが、漢字表記がわからないので、ここでは「チャン・ブスン氏」と表記したいと思います。

全部で2000文字少々の文章ですが、私自身の文責で要約すれば、「現在の日本は韓国を『日米韓3ヵ国連携』の枠組みから追い出そうとしている」、という主張でしょう。

日本政府(とくに、現場レベルの官僚、役人ら)がそこまで深く考えているのか、という点についてはやや疑問ですが、考え方としてはじつに興味深いと思います。

肩書欄にもあるとおり、チャン・ブスン氏は関西外国語大学教授として日本に居住していますが、こうした立場から、次のように指摘します(大意を変更しない範囲で日本語表現を整えています)。

  • 数ヵ月前、あるメディアは当時の外交界の雰囲気を「日本の報復措置がすぐに現実化する可能性は小さい」と予想した(が、)実際に7月1日に日本が輸出規制措置を発表するとすぐに雰囲気が急反転した
  • 韓国側では当初、安倍晋三首相が7月21日の参院選勝利に向け措置を利用したに過ぎず、措置は一時的なものだという分析が出て来ていたが、参院選が終わった8月2日には韓国をホワイト国から除外するなど、むしろ状況は悪化している

(※ただし、くどいようですが、日本の措置は「経済制裁」でも「報復措置」でもなければ「輸出規制」でもありません。あくまでも「輸出管理の運用の変更」です。)

日韓関係は日米韓の従属変数

ただ、私がこの記事に注目した理由は、韓国メディアにありがちな薄っぺらい日韓関係の現状分析に留まらず、チャン・ブスン氏が「日韓関係が米韓関係・日米韓関係とセットだ」との考え方を提示しているからです。

大韓民国は民主国家だ。もし国民が真に望むならば国交断絶を含め韓日関係再確立摸索が必要だろう。しかしそうした決断の前に状況の表面だけついて行くのでなく韓日対立の底にある構造的意味が何なのか、代案は何なのか、真摯な悩みが必要だ。

少し考えたらわかることですが、日韓関係は米韓関係、日米韓3ヵ国連携の従属変数です。チャン・ブスン氏はこれを、次のように述べます。

米国は韓国を国際安保・貿易体制に編入することにする。韓国に資本と技術が入り経済が成長すれば中産層が生まれ民主主義に発展するというのが米国の基本構想だった。/韓国のパートナーとして米国は日本を選択する。韓国に投資する最適任者は日本だった。日本は韓国をよくわかっており、戦後復興を通じて経済余力もあった。米国は日本を説得する。反共の砦である韓国が強くなってこそ日本にも利益になる。国交を正常化し成長を促進しろと促す。安保でも米国は韓日米をひとつにまとめる。韓国軍と日本の自衛隊の協力が重要だ。

非常に正確な描写だと思います。この下りに、とくに付け足す点などありません。

ただ、問題が1つあるとしたら、韓国がこの「反共の砦」としての地位を悪用し、ありもしない歴史問題を次々と捏造し、日本とのさまざまな約束を反故にするなどの不法行為を繰り返してきた点です。

裏を返せば、日本が度重なる韓国からの不法行為、歴史の捏造などに直面しながらも、「日韓断交」に踏み切れなかった理由は、日米同盟が米韓同盟とセットで機能するという構造にあり、日本の国防を人質に取られていたからだ、という見方もできるでしょう。

「日韓断交」には準備が必要

チャン・ブスン氏は1998年の小渕恵三首相(当時)と金大中(きん・だいちゅう)大統領(当時)のあいだで形成された日韓共同宣言を巡り、「民主国家が中国を共同で牽制しようとするもの」だったと述べているのですが、そもそもボタンのかけ違いは、このときに生じていたのかもしれません。

というのも、チャン・ブスン氏が

日本の保守勢力は民主闘士出身である金大中から中国に対抗する価値同盟の可能性を見たのだ。日本の本心を看破した金大中はこれを逆に利用し戦後初めて日本の公式謝罪を文書で受け取った。

と述べるとおり、韓国は「中国と立ち向かう」という日本の意図を悪用し、自身のちっぽけなプライドを満足させるために、結果的に日本に謝罪を強要したからです。

このような観点から、チャン・ブスン氏は今回の日本の「輸出規制(※原文ママ)」を、次のように位置付けます。

日本の輸出規制は単に強制徴用問題に対する不満表示ではない。韓国に与えてきた特殊な地位を撤回し、韓国をインド太平洋戦略と中国の中間にある国程度として待遇するということだ。

この点については無条件で賛同するつもりはありません。というのも、日本政府の内部は決して一枚岩ではなく、いまだに日韓関係の修復を目論む勢力がいるとみられるからです。

しかし、日本の国益を考えるならば、インド太平洋戦略に加わるつもりのない韓国を、いつまでも「日米韓3ヵ国同盟(※)」の枠組みに留めておくことは、適切ではないからです(※厳密には日韓両国は軍事同盟関係にはありませんが…)。

チャン・ブスン氏はこれを、

個別の部品が北朝鮮に行ったとかという議論はそれ自体では無意味だ。そのような議論提起自体が日本が米国に飛ばすシグナルだ。韓国を信じられないということだ。『あなたの所属はどこか』と尋ねている。そうした疑惑に韓国が証拠を出し対北朝鮮制裁をしっかりやっていると強調する瞬間、日本の罠にひっかかる。

と指摘します(日本政府がそこまで深く考えてやっているとしたら嬉しい限りですが…)。

正体は1965年体制の変革

さて、チャン・ブスン氏の論考では、日本が「日米韓」の枠組みから韓国を追放しようとしていると結論付けています。

日本はいま韓日関係を根元から再構成するという意図を明らかにしている。『韓日米』の枠組みから韓国を放り出すということだ。

もし本当にそうだとしたら、個人的には非常にうれしいのですが(笑)、ただ、日本の国益を考えるならば、日韓関係を維持し続けるコストと、日韓関係から得られるベネフィットは明らかに釣り合っておらず、日韓関係については何らかの形で再構成することが必要であることは間違いありません。

その意味では、日韓関係破綻により38度線が対馬海峡にまで下りて来たときに向けた備えを急ぐべきです。

憲法改正をはじめとする重要な議論をいつまでも放置し続けることは許されませんし、NHKや財務省など、「国民から選ばれたわけでもないくせに権力や社会的影響力を握り、国益を邪魔する勢力」の解体も急務でしょう。

こうした国民的な議論が盛り上がらないことに対し、正直、私自身は危機感を抱き始めているのです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、ここから先は、韓国人がしなければならない議論であり、私たち日本人には関係のない話です。

チャン・ブスン氏は、「日本が韓国を日米韓同盟から追放するならば、韓国は独自の道を歩まねばならない」と指摘し、次のように述べます。

米国は今後徐々に東アジアから手を引き、自身の役割を日本に委任しようとするだろう。この場合韓国に選択は3種類だ。日本、中国、そうでなければ独自抑止力確保の道を行くことだ。この危機はいつでもやってくるだろう。

構造の亀裂が東アジアの弱いつながりである韓日関係で先に来たのにすぎない。近づく選択の重さを真摯に感じ韓国が進む道を正確かつ緻密に直視しなければならない。未来はわれわれの選択にかかっている。

まさに、韓国の未来は韓国人自身が決めなければなりません。といっても、

  • ①日本に土下座して日本に今までの不法行為をすべて謝罪し、通貨スワップ協定を結んでもらい、国家破綻を避けるのか、
  • ②中国に土下座して中華属国に戻してもらうのか、
  • ③北朝鮮に土下座して北の首領様のもとで独立した統一国家として歩むのか、

くらいの選択肢しか思いつかないのですが…。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    日本が、日米韓の枠組みから、韓国を外したのではなく、韓国から外れて行ったのだと思います。
    ここでも、自分の振る舞いを日本のせいにしています。
    韓国人は、日米韓の枠組みが形骸化している認識が無いのでしょうね。先般のG20でも、日米韓の会談は行われず、日米印の会談が行われました。
    既に国際社会は、次の時代に向けた、組み分けが進み、日米側に韓国の席はありません。
    南北問わず、結局中国の影響下に収まるのが、半島の定めのように思います。

    1. 引きこもり中年 より:

       独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

      だんな様へ
      >日本が、日米韓の枠組みから、韓国を外したのではなく、韓国から外れて行ったのだと思います。

       正確には、「韓国が日米韓の枠組みから、日米を外した」と言うべきで
      しょう。

       駄文にて失礼しました。

      1. 匿名 より:

        韓国が主体的に外した、というのも正確ではない気がします。
        「元々韓国はずっと日米から離れるベクトルを持っていたのを日米が自分側にロープを引っ張り直していたから位置を保てていたのをついに引っ張り直すのを諦めた」
        という感じかと。
        韓国が本気で中国のポチになりたいのかって言うと多分そんなことはなくて、中国から50、アメリカから50の距離にいて両方から恩恵を受けたい、みたいな都合のいい願望持ってるんだと思います。
        実際はアメリカから20くらい距離にいないと韓国は恩恵を受けれないし、中国も50の距離にとどまらせる気は無く、このまま中国に引っ張られてそのまま縛り付けられて二度と逃げられなくなるか、両国の中間で誰も命綱を引っ張ってくれず落っこちるかの2択になる気がします。

        1. だんな より:

          元々、朝鮮は中国大陸の属国ですので、そこに戻るベクトルなんですかね。
          米中両国に事大して、美味しいところ取りをしてきましたが、国際情勢の変化で、いつまでも続くものではありませんでした。
          現時点で、米中からの選択を要求されていますが、どちらかに付く決断は、痛みを伴います。韓国は、その手の決断が出来るほど、国民にまとまりが有りません。
          だから、切りやすいアメリカに来られる事になり、中国の属国に戻って行くと思います。
          ただし、今文大統領が理想としている、統一朝鮮は、米中両国と関係が良好で、日本は米中の圧力を受けて、統一朝鮮のATMになるということだと思います。日本は、国際社会から孤立して、韓国を通じてしか国際社会と繋がる手段が無い、許しを請い続けなければならないと、考えていると思います。

  2. ハゲ親爺🐧 より:

    両手をついて 謝ったって ゆるしてあげなぃ。🐧♪

  3. 匿名 より:

    ①から③全部土下座するんですね(笑)
    どれも選ばず滅びの道を選んで欲しいです。
    (その場合結果的に③になるのか?)

    1. 匿名 より:

      ④滅びの呪文「バルス」を唱える

  4. ATD-X より:

    >正体は1965年体制の変革

    これと連動してWTO,国連などなど制度疲労した特権利権の巣窟は一旦閉めて仕切りなおした方が良さそうな気がします。

    IWCなんて日本をいびって小遣い稼ぎする祖国で食い詰めた木っ端役人の巣窟ですし、他のトンでも裁定や勧告を出す機関も似たものの気がします。
    まあ技術や資本は自由に移動できても民度の高い人材が育つ環境ができるには時間や手間やそれなりに社会としての経験が要るということで現状は未熟で制御不能な自己肥大国家がはばかり世界が不安定になりトラブル乱立になっておりますね。
    いつもありがとうございます。

    1. 無名希望 より:

      韓国が日本と喧嘩別れして北とくっついてくれたら、統一費用はびた一文出さずにすむから日本にとってはラッキーでしかない。ただ統一前に竹島を奪還しないと、統一後だと北の核報復が懸念される。

  5. より:

    500人と人数は少なめですが、GSOMIA破棄賛成が反対を上回ったとの事です。https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.jiji.com/amp/article%3Fk%3D2019080700407%26g%3Dint%26usqp%3Dmq331AQNKAGYAY7p5-en4cmsTA%253D%253D

    感情が先走って「全て日本が悪い」というだけでは日米韓の枠組みを維持どころか、外交ができるわけもありません。

    ※経済侵略と韓国は騒いでいたようですが、レジストの輸出が一件許可されたそうです。
    「あたかも禁輸措置であるという不当な批判」と世耕大臣が述べています。
    https://www.sankei.com/smp/politics/news/190808/plt1908080005-s1.html

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    チャン・ブスン関西外大教授、結構日本人的な見方が分かる人ですね。長年、学研都市か枚方市で教鞭取られてる為か、韓国大学勢のボンクラ教授とは比べものになりません。

    ちょっと「それは違うよ」という部分もあるが、中々マトを得た論考です。(な、日本に来て良かったやろ?まともな学問が学べれるで 笑)。

    オカシイ点は「韓国は太平洋インド洋自由主義国と、中国の間に居る」という点。もう飲み込まれてますがな(笑)。言っとくけど、スイスじゃないんだ、永世中立国は無理よ。また、そんな気ないやろし。北と統一も無い。

    また「反共の砦」なんて、誰も思ってないし期待してない。リンチピンではない。ひと雨で流されるような頼りなき物だ。

    韓国が生き残るには、大嫌いな日本に土下座し、すべての不法行為を謝罪し、徴用工判決を国内問題に変え、慰安婦嘘つき婆と支援者は解散させ、竹島を返し、汚い像を海外まですべてぶっ壊したら、話ぐらい聞いてやろう。

    但し、何時も日本が上、上座だ。出来るか?出来たらたいしたもの。それをやった人は暗殺されるだろうが(笑)。

  7. 国防動員法 より:

    >①日本に土下座して日本に今までの不法行為をすべて謝罪し、通貨スワップ協定を結んでもらい、国家破綻を避けるのか、

    国際条約すら平気で破る韓国人の土下座は安いどころか、毒饅頭でしかない。

    何をされても信頼の根拠にはならないと思う。

    「じゃあ、どうすればいいんだ」と聞かれても、何も思いつかないのですが・・・

    「日韓の信頼関係を構築するには日本が折れるしかない」という韓国人の認識は珍しく正解ですね。

    だからこそ外務省韓国組は、日本を執拗に切り売りしてきたんでしょうけど・・・

    日韓関係が通常化しないと外務省韓国組は仕事にならず、功績を挙げられないですからね。

  8. 悩ましい人たち より:

    何ゆえ、このような偏見と被害妄想に満ちた記事(チャン・ブスン氏)が書かれるのかと考えてみた。これによって利するのは、どこか(誰か)ということになります。
    北朝鮮と中国の他は考えられません。一見もっともらしい内容も散りばめ、韓国の民衆(一部の日本人)を誤った方向へ扇動するプロパガンダでしょう。その様な目的なら、都合の悪い真実には目を瞑り、偏った内容を平気で主張する事もできるわけです。すべて分かった上でやってる、確信犯だと考えられます。

  9. 間違いなら良いが より:

    エッチング ガスが枯渇したとの、アングラが聞こえてきている

    明日の、KOSPIの寄り付きで判るでしょうが

  10. 心配性のおばさん より:

    >裏を返せば、日本が度重なる韓国からの不法行為、歴史の捏造などに直面しながらも、「日韓断交」に踏み切れなかった理由は、日米同盟が米韓同盟とセットで機能するという構造にあり、日本の国防を人質に取られていたからだ、という見方もできるでしょう。

    ええ、ですから、国際状況を顧みない極端な親北で、韓国は自ら、日米韓の枠組みから外れたのではありませんか?もしもの話をしても栓のない話ですが、もし、韓国政府が北朝鮮制裁をアメリカ側に立って行っていれば、たとえ、トランプ政権でもここまでの速さで在韓米軍を縮小することはなかったと思います。
    そして、その状態であれば、あくまでも多少のですが、韓国政府の反日には日本政府は耐え続けなくてはいけなかった。それは、おっしゃるように日米同盟が米韓同盟とセットで機能するという構造にあり、日本の国防を人質に取られていたからですよね。
    日本は韓国に対して何も仕掛けてはいません。韓国が自らしたことから、身を引いただけです。

    >まさに、韓国の未来は韓国人自身が決めなければなりません。といっても~くらいの選択肢しか思いつかないのですが…。

    ①は私が却下です(笑)。土下座されても、信頼は戻りません。国交が断絶しようと、そのことによるリスクを覚悟の上、二度と関わりたくありません。
    ②は多分、中国が却下するか、たとえ承諾したとしても、韓国民は粛清対象でしょう。
    ③も②と同様に、韓国民は粛清対象でしょう。

    残された?道は、棄国して難民して、かつてのユダヤの民のように世界を彷徨うことですが、これも受け入れ国があるか。ということで難しいですね。持参金を持ってアフリカあたりなら希望はあるかも。
    既に日本やアメリカの移住先で数々の問題をおこしている民族なので、日本は絶対にお断わりです。

  11. めたぼーん より:

    韓国との約束自体意味が無い。相手が守るつもりが無いから。

  12. 匿名 より:

    米国に土下座して51番目の州にしてもらう、かなあ・・・ ムンたん退任後に絶対揺り戻し来るでしょ。

    >匿名の米政府高官は日韓両国に対し停戦協定を提案した

    これは今思えば韓国政府が米国の「ムンジェインファンクラブ」(ジョセフ・ユンかビクター茶あたり?)に働きかけた上、記者を集めて仲裁情報を流させ、日本がホワイト除外を強行したときに「自分たちは対話努力をしたが日本が提案を蹴った」というアリバイ作りも兼ねていたんだろうなと思います。まあ、そんな思惑は日本が輸出許可を出しちゃえば粉砕されちゃいますが。あいつらこれが本当に制裁措置だと思ってたんだろうか?

  13. 匿名 より:

    ①日本に土下座して日本に今までの不法行為をすべて謝罪し、通貨スワップ協定を結んでもらい、国家破綻を避けるのか、
    ②中国に土下座して中華属国に戻してもらうのか、
    ③北朝鮮に土下座して北の首領様のもとで独立した統一国家として歩むのか、

    ①は、日本に対する道徳的優位性即ち被害者コスプレを止める事につながるので無理でしょう。
    ③は、文在寅が熱望している事だから実現する可能性が一番高そう。
    ②は、文在寅が韓国民の事を第一に考える指導者であれば、対日ヘイトアクションを続けられるし、対日米のショーウィンドウとして中国から支援して貰える事を期待出来るしで選択しそう。

  14. NANASHI より:

    勢いに任せてやってるんでしょうが…

    韓国の大学生500人、在釜山日本総領事館を取り囲む…経済報復糾弾パフォーマンス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000012-cnippou-kr.view-000

    李地域の若年層失業率を考えると、デモはデモ・仕事は仕事と言って日本企業に就職に来るかも知れません。
    今の技術では画像認識でかなりのレベルで個人特定できるのですから、彼らに対しては不適格ということで日本入国を却下していただきたいと思います。

  15. 匿名 より:

    崔碩栄
    ‏@Che_SYoung

    玉川徹氏「韓国が反日だとか言う人は韓国に行ったことあるか?僕も韓国の人は日本のことが嫌いなんだろうなって思ってた」
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/08/kiji/20190808s00041000152000c.html

    韓国にいた時、玉川氏の取材を受けたことがある。現地のコーディネーター、カメラマン、通訳など10人近くのスタッフに囲まれていた。皆優しいはず
    https://twitter.com/Che_SYoung/status/1159299334829039616

  16. JLSO より:

     初めまして。いつも参考にさせて頂いております。このところの韓国情勢を鑑みれば私見で大変恐縮ですが、
    1.北朝鮮はアメリカや日本に対してではなく韓国に対して挑発を行っている。

    2.アメリカは北朝鮮のミサイル発射について「問題ない」と言っている

    3.韓国は北と経済協力で日本を超えると言ったが北からのリアクションは挑発のみ。

    以上の事から北朝鮮とアメリカでは既に何らかの取引があったのではないかと勝手に推測してしまいます。
    むしろ日韓関係よりも地政学リスクの方がキャピタルフライト起こす確率も高いのではないでしょうか?
    安倍首相も北とのコンタクト計っていますし、何らかの動きが水面下で起こっているような気がします。

    所詮、素人の浅知恵からの推測に過ぎません。駄文、失礼いたします。

  17. https://ameblo.jp/yukibakda/entrylist.html

    韓国大統領諮問委員会
    「日本が輸出規制したのは、韓国が凄いから」
    https://sincereleeblog.com/
    https://ameblo.jp/yukibakda/entry-12503059355.html

    2019.08.08
    https://youtu.be/UoK1_UWZFrU

    「韓国が凄いから、日本が怖気づいて韓国を潰そうとしている」という意見。  
    <大統領直属機関である国民経済諮問会議の
    李済民(LeeJae-min,이・재민)副議長は
    8日、韓日国交正常化以来、
    経済の各分野で日本を追い越す韓国を以前の状態に戻そうと、
    日本が韓国の輸出規制措置を取ったという分析
    「安倍の日本は意図していない結果をもとに戻そうとしている」
    「韓国はその後、多くの分野で日本に追いつき追い越すことができた。
    韓国に対する警戒心と危機感のせいで、
    日本の安倍晋三政権が自由貿易に反する
    非常識で無理な手を使ってきた、
    政治・経済を区別していない日本の行為で、
    私たちが苦労している」

    現役大統領の諮問委員会がネチズンと同レベルで、
    これどうすんの・・・としか思えませんでした。
    本当にいろいろな内容を読んだり書いたりしてきましたが、
    さすがにちょっと唖然としました。

    日本規制品目輸出許可
    …私たちの対応は?

    https://youtu.be/TglOtAuTf5Q

  18. kokiya より:

    こんにちは。興味深く拝見させていただいております。

     「日本は日米韓体制から韓国を追放する」との韓国学者の見立ては、ちょっと違うのではないかと思います。むしろ、日本は中長期的な関係改善のため「しっぺ返し戦略」へ舵を切ったのだと思います。
     これまでとってきた「主人と奴隷戦略」つまり、主人(=韓国)に奴隷(=日本)が常に協調・譲歩して、韓国の国力を高め、北朝鮮・中国と対峙させる戦略が奏功し、韓国は北朝鮮よりもはるかに国力のある国になりました。一方で、日本との国力の差は小さくなり、文在寅政権の誕生とともに、その格差縮小が反親日活動の激化と日本との関係の悪化を引き起こし、安全保障にまで悪影響を及ぼすようになっています。そこで、日本は今までの戦略の根本的見直しをしている状況なのだと思います。
     恐らく日本はこれから、韓国の態度が協調的であれば協調し、裏切り行為を行うのであれば本格的な報復措置を行う「しっぺ返し戦略」をとるのだと思います。この戦略は無限繰り返しゲーム、すなわち日韓国交がずっと続くのであれば、お互いに協調し合う状態にできる可能性があります。また、そのような協調状態移行への敷居を下げるため、安倍総理は韓国へ「約束守れ」という最低限の要求しかしていないのだと思います。もし、本当に韓国を追放したいのなら、もっと正当かつ色々な要求をして韓国の反発を最大化することもできたはずです。
     一方で、韓国が日本と断交を望んでいるのであれば、有限繰り返しゲームとなり、お互いに裏切りあう状態で均衡します。そのような場合には、日本は韓国への依存度をできるだけ下げる努力をしなければなりません。その努力は、制裁とほぼ同じ政策になるのだと思います。どちらの結末になるにせよ、日本は「しっぺ返し戦略」をきっちりとやり切ることが大切になります。

  19. 匿名 より:

    経済的に破綻させて、実質的なアメリカの信託統治領にすると思う
    韓国に残されるのは大韓民国という屋号だけになるんじゃないかな?
    そうすれば防衛用ミサイルを置いても誰も文句を言えなくなる
    返済の代わりに土地を租借するというやり方を使うかと

    ぷちぷちや発泡スチロールや古新聞にも緩衝材としての意味はある
    それぐらいは追い込む気がする

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。