【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束

本日の速報です。ウィキリークスの創始者であるジュリアン・アサンジ容疑者がロンドン警視庁から逮捕され、国際刑事裁判所(ICC)から逮捕状を発付されているスーダンのバシール大統領が同国軍により解任され、拘束されているというニュースが入ってきました。

本日は「逮捕」に関する話題が2つあります。

1つ目は、「ウィキリークス」の創設者であるジュリアン・アサンジ容疑者がロンドンのエクアドル大使館で逮捕された、というものです。

「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者を逮捕(2019.04.11 18:52 JST付 CNN日本語版より)

CNNの記事によれば、アサンジ容疑者は「大使館のルールに反して電気機器などを設置したり、監視カメラをブロックしたりする行為」を繰り返していたということであり、何やら非常に「小物臭」がすると感じるのは私だけではないでしょう。

一方、アサンジのような小物よりも、もっと重要なのが、次の話題です。

スーダン軍、バシル大統領を拘束(2019年4月11日 21:13付 AFP BB NEWSより)

AFPBBニューズを初めとする複数のメディアの報道によると、スーダンの国軍がオマル・ハッサン・アハメド・バシール大統領を辞職させ、拘束したと発表したそうです。

バシールといえば、2015年9月に中国・北京で行われた「抗日戦勝利70周年記念式典」に、他の独裁者の面々と並んで参加したことでも知られます。独裁者が「抗ファシズム」とは、呆れて物も言えません。

ちなみに、2人の韓国人(当時の朴槿恵(ぼく・きんけい)韓国大統領と潘基文(はん・きぶん)国連事務総長)も、このパレードに参加していたことは、韓国にとっては「汚点」でしょう(※といっても、それが「汚点」だと気付く韓国国民がどれほどいるかは不明ですが…)。

ただし、この両名の件については申し上げたいことがほかにもたくさんあるため、明日にでも、もう少し詳しく議論したいと思います。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    アサンジって小物なの?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。