東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ

東京新聞は土曜日、国際労働機関(ILO)が「日の丸掲揚、君が代斉唱」を巡り、これに従わない教職員らに対する懲戒処分を巡って日本政府に是正を求める勧告を出す、と報じました。私学ならともかく、公立学校の教職員らに日の丸・君が代を強制するのは当たり前の話であり、仮にこの報道が事実ならば、明らかにILOの行動は自らの使命から大きく逸脱するものであり、不適切行為そのものです(もっとも、報告書の位置付け自体もよくわかりませんし、そもそも報道の正確性にも疑わしい部分があるのですが…)。

なぜ国歌、国旗が尊重できない?

週末の東京新聞に、かなり理解に苦しむ記事が掲載されていました。

「日の丸・君が代」教員らに強制 ILO、政府に是正勧告(2019年3月30日付 東京新聞より)

これは、国際労働機関(ILO)が学校現場での「日の丸掲揚、君が代斉唱」に従わない教職員らに対する懲戒処分を巡り、日本政府に対して是正を求める勧告を出す、というものです。

東京新聞はこの勧告を巡って、「法的拘束力はないものの、揚斉唱に従わない教職員らを処分する教育行政への歯止めが期待される」と述べています。

はて、学校教育の現場で日の丸掲揚、君が代斉唱に従わない教職員らを処分することに、いったい何の問題があるというのでしょうか?

公立学校においては、私たちの税金が投入されています。公務員である教職員らは、究極的には私たち日本国民の税金によって生活をしているわけですから、日本という国に対して忠誠を誓うのは当然のことであり、国歌と国旗を尊重できない者が公立学校の教職員として勤める資格はありません。

もし日の丸と君が代が不満なら、日の丸、君が代と無縁の私立学校に転職すべきでしょう。

(※もっとも、私立学校も多くの場合は私学振興助成法に基づいて国や都道府県からの補助を受け取っていますので、補助金を受け取っている私立学校は、日の丸と君が代をないがしろにする資格などありませんが…。)

ILO勧告の意味不明さ

このILO勧告の意味不明さについては、ほかにもあります。

それは、なぜ「日本に対して」、勧告を行ってきたのでか、という疑問です。

そもそも論として、東京新聞の記事に対してシンプルな疑問があるのですが、どうして米国の小学校で星条旗を掲揚していることについて言及がないのでしょうか?どうして英国でユニオンジャックが、中国で五星紅旗が、欧州連合(EU)でEU旗が掲げられていることについて、何も文句を言わないのでしょうか?

いや、その前に、「公教育の現場において教職員に国歌斉唱と国旗掲揚をしなくても良い」と定めている国が、いったいどれだけあるというのでしょうか?

もちろん、これは私自身が知らないだけであって、そのような国が実際に存在するのかもしれません。もしそうであるならば、それは非常に斬新な視点からの情報ですから、是非、ご存知の方がいれば、教えてほしいとすら思います。

しかし、一般論としていえば、あくまでも公教育の場においては、愛国心の涵養は、多かれ少なかれ、どの国でも行っているのではないかと思います(※ちなみにそれが「反日教育」という歪んだ形で行われ、行き過ぎている国が、お隣の国・韓国でしょう)。

義務は「誰に」課されているのか?

ILO勧告に関する記事を読んで感じた疑問はまだあります。

それは、この東京新聞の記事自体に、「義務は誰に課されているのか」という基本的な視点が欠落している、という点です。

先ほどの東京新聞の記事をよく読んで頂ければわかりますが、ILO(?)が問題視しているのは、あくまでも「教職員の」国歌斉唱義務と国旗掲揚義務であり、「児童・生徒の」国歌斉唱義務と国旗掲揚義務ではありません。

また、「自分は国歌斉唱をしたくない」、「国旗に敬礼したくない」と思っている生徒や保護者も世の中にはいるはずですが、国歌斉唱などに応じなかった生徒や保護者に対して何らかの懲罰が下されたという話題を聞いたことはありません(※これも私が知らないだけかもしれませんが…)。

また、国旗国歌法の規定はあくまでも「国旗は日章旗」「国歌は君が代」と定めているだけの法律であり、それを国民が尊重しなければならない、という義務を課しているものでもありません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

あくまでも私の個人的な意見ですが、日本国民であれば、しかるべき場面で国歌を斉唱すべきですし、国旗を尊重すべきです。ただ、それと同時に、日本社会は思想、信条の自由が貫徹しているため、国が個人に対してこれらを強制することはできません。あくまでも私たち日本国民の自主性に委ねられます。

しかし、繰り返しになりますが、公立学校の教職員の場合は、究極的には、私たち日本国民の税金で養われているわけですから、国歌・国旗を尊重する義務を負っているのは当然過ぎる話です(※国庫補助を受けている私立学校の場合も、同じ議論が成り立ちます)。

ILOは本来、「幅広い労働問題に取り組む国際機関」です。

しかし、日の丸、君が代といった政治問題にクビを突っ込むようであれば、それはもはや本来の使命から逸脱しているということであり、ILOそのものの存在意義が問われることにもなるでしょう。

もっとも、東京新聞の記事自体、非常にあいまいであり、記事を読んでも事実関係がいまひとつ正確に理解できません。また、同紙が報じた勧告自体、「ILOの公式声明」ではなく、いつもの「国連独立報告者勧告」などの「怪しい報告書」という可能性も、十分にありそうです。

いずれにせよ、このあたりについては、もしも取り上げる価値のある続報があれば、またフォローアップしてみたいと思います。

読者コメント一覧

  1. 保守太郎 より:

    コクレンナントカ委員会とか 国際ナントカ機関というのは全くロクなもんが無いね。コクレン安保理とかもロクな集まりじゃないし ユネスコとか IOCとか ナントカ人権委員会とか IWCとか(脱退したからいいけど)・・。採点表つけたら 落第が多いね。思想的偏向度も半端じゃないような気がする。日本政府が頼りにしているらしいICJだって実は怪しいもんだ。(関係ないけど裁判所と言えば極東軍事裁判所なんぞ・・・諸悪の根源だったし)

  2. 国旗国歌に敬意を払う中年オヤジ より:

    同世代の大阪府出身者は、君が代が歌えない方々が結構います。
    「なんで歌えないの?」
    「学校で教えでくれなかったし、歌ったことが無い。」
    びっくり!
    小学生の時期、左翼知事の時代だったようです。
    教育の恐ろしさを実感しました。

  3. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    記事が仮に本当ならILOは「仕事らしい仕事をした」と言えるのではないでしょうか。

    そもそも皆様が国連と読んでいる連合国という安全保障組織は日独の国力をそぎ、常任理事国のどこかが利益を出せるようにするシステムです。

    ILOの今回の記事の勧告は日本の共通意識を下げて、
    半島、最終的に中国の領土を広げる為の一歩と考えれば連合国として十分な仕事をしていると考えて問題ないのではないでしょうか。

    おそらく害務省や日本在留の半島国民も同様のシステムの一部です。

    以上仮説をコメントしましたが、こういったシステムを検証せずに表面的な韓国にどうこう言っても意味がないと思います。

    以上です。駄文失礼しました。

  4. 一国民 より:

    私の経験談を一つ。40年以上前に九州の山間部の町にある総合制高校を卒業しましたが、学校の統制がまったくなっておらず、教員は、共産党系の民青と社会党系の分会、それ以外のノンポリと、だいたい3つに分裂。前2者が闘争に明け暮れ、校長も毎週のように要求される団交を嫌って山を下りて県教委へのもとへ行き不在となることがしょっちゅうという状態でした。3年生になってもまだ2年生の教科の授業が行われ、3年生でやるべき分の半分以上が未履修になりました。そうなったのは、私を含め勉強のあまりできない生徒がほとんどということもありましたが、教員の権利主張と闘争のための自習或いは休暇(?)等々と、教育そのものに熱心でなかったことが大きかったと思います。時には”オルグ”なる授業も受けました。同級生が防大を受験したいと相談したら、おまえは憲法違反の軍隊に入り体制側に付くのかと叱られる始末、もっともとても合格はしなかったでしょうが。もちろん日の丸、君が代には否定的でしたが、行事の際に起立しない教員がいたかどうかは覚えていません。彼らは、口で体制批判をしながらそれに連なるとみた進学就職の指導はあまり真剣にやらなかった。その一方で、自らの子息たちは揃って都市部の進学校に学ばせ、医学部に合格しただの言って教員同士で喜んだりしていました。遅まきながら、卒業前になって、こういった彼らの言動の矛盾に気づき、組合活動に熱心な教員ほど信用できないものはないと実感した次第です。
    なお、後日談となりますが、こういった学校の在り方は地元で問題となり、組合活動の闘志を排除して学校を正常化しようという運動がなされたと聞いています。その母校は現在、定員割れで存続が心配される状況ですが、総合制(普通科+職業科)を維持しながら、ごく普通の学校として若者を世に送り出しています。

  5. 阿野煮鱒 より:

    「ああ、国連機関ねぇ、どうせトップは欧州の世間知らずのお貴族さまで、職員は中韓人で固められているんでしょう?」などと思って調べてみたら、現在の事務局長はガイ・ライダー(Guy Ryder)という英国人でした。長年、国際自由労働組合総連盟(ICFTU)(現在は国際労働組合総連合(ITUC))で活動してきた人で、貴族は貴族でも労働貴族ですね。職員の名簿は見つけられませんでした。
    https://en.wikipedia.org/wiki/Guy_Ryder

    まあ、いつものように国連を利用した国内問題だと思います。自治労あたりの赤い人たちがタレ込んで、ILOが真に受けて陳情書に書いてある原稿を棒読みではないでしょうか?

  6. 心配性のおばさん より:

    ここにきて、ILO勧告って、半島国家の工作くさい。こういう姑息なことに限っては、あの人達は能力を発揮しますから。

    >その前に、「公教育の現場において教職員に国歌斉唱と国旗掲揚をしなくても良い」と定めている国が、いったいどれだけあるというのでしょうか?

    これを、勧告をしたというILOにお返ししませんか?(東京新聞の報道が正しければですよ)あなたのお国では、いかがですか?と。

    それにつけても、日教組、なんとかなりませんかね。ああいう思想団体(思想はうすっぺらだけど)に、子供の教育を任せるなんて、オ〇ムに教育をまかせるみたいなものじゃないですか?
    まぁ、先生たちは、あの団体に半ば強制加入みたいで、必ずしも、日教組の運動に共感する人ばかりじゃないみたいですが。
    おかげて、私たちの世代の日本史の授業は愚にもつかない徳川幕府の歴史で潰され、激動の近代史はすっ飛ばされました。(明治維新、第一次世界大戦、第二次世界大戦は自主学習です)
    でも、日教組の先生にとって、日本の近代史のどこが問題なのか、今一つ、納得できません。

    1. 阿野煮鱒 より:

      日教組が教職員を強制加入させているとは考えにくい数字があります。

      日教組の組織率、過去最低の22・6% 42年連続低下
      https://www.sankei.com/life/news/190301/lif1903010045-n1.html

      実際、私の子供が通っていた公立中学校では、日教組加入の教員はほとんどいませんでした。
      徐々にではありますが、衰退している組織であることは喜ばしいと思います。

      1. 心配性のおばさん より:

        阿野煮鱒様 ごきげんよう。

        >実際、私の子供が通っていた公立中学校では、日教組加入の教員はほとんどいませんでした。

        グットニュースです。素敵です!あれ?じゃあ、日本共産党の活動資金はどこから?という陰謀論に入り込みそう。新元号発表の良き日に、それは控えます。

  7. a4 より:

    此の記事読んで、ILOが馬鹿なのか、処分を受けた教職員が病気なのか、東京新聞がゴミなのか「日本人」が判定出来れば宜しいのでは無いでしょうか。

    1. a4 より:

      私は、先生も親側が選べる方向に成る事が良いと思いますがね。

  8. あにまる豚 より:

    毎々の執筆、ありがとうございます。

    >、「公教育の現場において教職員に国歌斉唱と国旗掲揚をしなくても良い」と定めている国が、いったいどれだけあるというのでしょうか?

    いや、すでに新宿会計士様の御理解の通り、そんな国・地域はありません。
    確かタイ王国に至っては、1日2回朝夕に公共の場所を含めてスピーカーから国歌が流れ、
    その間は「その時の姿勢のまま」静止する事が義務付けられています。
    (静止しないと、不敬罪で逮捕されます。)

    普通、国歌や国旗はその国の方々のプライドも含まれていますので、
    基本的に国歌斉唱と敬うというのは当たり前かと思います。
    (余談ですが、国旗にプライドが乗っかっているがために、国家間の憎悪に対する
    民衆のストレス発散・意思表示として、国旗の焼き討ち事件等があるのだと思っています。
    日本では国旗を焼くというのは、あまり見ませんが。←日本では器物損壊/放火犯としても成立するかもしれないですね。)

    失礼いたしました。

  9. カニ太郎 より:

    君が代を歌わない教師の問題ですね。

    あんまり深く考えた事のなかったんですが、いい機会なんで、真面目に考えてみました。

    ただ、一つ念のためにいっておきます。
    私は共産党が大嫌いです。
    だから、もし私の主張が、共産党や立憲民主と一緒になっても、決して私を共産党かぶれだとは思わないでください。

    証拠に、共産党の悪口をちょっと言ってから始めますね。
    「共産党はオウムみたいなもんだ、くたばれ!」

    はい、それでは、まず、今までの私の立ち位置からはじめますと、実は私は、大昔から、教師というものが大嫌いでして、彼奴らが、君が代斉唱や日の丸掲揚、に反抗して座ってる姿を見ると「なにセンコー風情が偉そうに座ってんだ、大した思想もないくせに、カッコつけて座ってんじゃねーよ、ちゃんと仕事しろよ、大人だろボケが、上司の命令には従うのが大人だろ、ボケが、嫌ならさっさとガッコう辞めろ、教師も辞めろ、ボケ!」と思っていました。

    ただ、だからといって、私も君が代を歌うのが大嫌いでした。
    歌の意味はわからなかったのですが、まず強制されるのが嫌だったんで、君が代も嫌いだったのです。

    そこで、ちょっと大人になって、社会人になって、変な会社で、社訓、なんてのを毎朝斉唱させられるようになって、ようやく世の中の決まり事がわかってきました。
    人に強制させられるのは嫌だったのですが、それも仕事だ、お金のためだ、と諦めてました。
    大人になるってのは、長いものには巻かれること、そういうことだと理解したからです。

    しかし、今さらながら思うのですが、そんな会社は、結局つぶれました。
    ろくなものじゃなかったわけです。

    そうなんです、精神的な訓示というものは、強制させるものじゃないんですね。

    社訓っていえば、電通鬼十則が有名です。
    電通は、いろいろありましたが、勝ち組企業ですので、どこの企業も真似したもんです。

    しかしながら、今はどうでしょう。
    もう、本家の電通ですら、鬼十則を毎朝唱和させるなんてバカなことやってないようです。

    国歌斉唱と社訓唱和を一緒にするな!
    という怒りの声が聞こえてきます。
    理屈はわかります。
    しかし、私は「仕事だから公務員は国家斉唱をすべきだ」と思ってましたので、仕事にプラスにならないものを強制させるべきではないのでは?
    と思っているのです。
    日の丸掲揚も国歌斉唱も、国家への尊厳であって、政府への忠誠ではないはずです。
    愛国心は強制されてするものではないですし、政府への忠誠を強制するのも、会社への忠誠を毎朝社訓で洗脳した会社が平成の世になって軒並み伸び悩んだのを見ると、間違いのような気がします。

    今世界株式で経済を引っ張る時価総額上位企業を見てみると、①マイクロソフト、②アップル、③アマゾン、④アルファベット、⑤バークスアーハザウェイ、⑥アリババ、⑦フェイスブック、⑧テンセント・・・
    忠誠心とは正反対にあるような会社ばかりです。

    電通が負け組企業だとは思いませんし、ずいぶん改善もされてるようですが、もっと社風を変えなければ、いずれ負け組になるでしょう。

    今の日本の大企業で、いまだに電通鬼十則みたいな事をやってる会社は、もうさすがにないでしょうが、もしあれば、きっと業績悪いでしょうね(笑)

    ここで、話を国家斉唱を強制するか?に戻しますが、国家斉唱というのは自発的にやらないと、愛国心は育たないでしょうね。
    強制すれば一時的にはいいでしょうが、長い目で見ればいずれその国の衰退をもたらすでしょう。
    1980年代の日本の大企業がそうであったように。

    ちょっと前の米NFLで起きた有名な事件があります。

    NFLのサンフランシスコ・フォーティーナイナーズとグリーンベイ・パッカーズ(ウィスコンシン州グリーンベイ)の試合に際し、フォーティーナイナーズのQB、コリン・キャパニック選手(30)が、試合前に行われた国歌斉唱の際、起立することを拒否し、ずっとベンチに座ってた問題です。

    この行動は反トランプ陣営の政治材料に使われたところもあるのでしょうが、大反響を引き起こしました。

    同調者が続出したのです。
    そして、ビックリするのは、結局、この選手はクビにはなったのですが、NFL規則として、あらたに、歌いたくない選手はベンチに座っていてもいい、という規則に落ち着いたところです。

    ボストン・ペトリオッツというチームまであるNFLが、まさかこんなことになるなんて、昔なら考えられないことでしょう。

    私は、アメフト(NFL)は愛国心の塊だと思っていました。

    あのアメフト界が妥協するなんて、アメリカはどうなってしまったんでしょう。

    いろいろ法律を調べてみたところ、なんと、ミズーリ州とかでは州法で、生徒と教師に国歌斉唱も宣誓も強制してはいけないこと、が定められていました。

    さすが、アメリカだというべきでしょうね、ちゃんと変えるべき所は変革しているのです。

    ここまで個人の意思を尊重する国はそうはありません。

    日本も見習うべきだとは思いませんか?

    しかしながら、なにかにつけて、国連安保理の北朝鮮経済制裁を持ち出しているこのブログで、国連機関をなじる言動は、ちょっと違和感を覚えますね。

    共産党、立憲民主が嫌いだからといって、主張を全部正反対にすればいいというものではありません。

    結論として、私は、最近は、歌いたくない人に、国家斉唱をしなくてもいいだろう、という意見に傾きつつあります。

    1. 鞍馬天狗 より:

      カニ太郎さんへ

      米国人は、国歌をキチンと覚えていません
      米国人には、アメイジング・グレイスを
      豪州人は、ワルチング・マチルダ
      を国歌だと思ってる人がケッコウな割合で居ます

      米国で、星条旗を歌わなくて多分大丈夫です

      でも、アメイジング・グレイスに不敬を示したら
      殴られるか、撃たれます

      1. 心配性のおばさん より:

        神出鬼没の鞍馬天狗様

        >でも、アメイジング・グレイスに不敬を示したら、殴られるか、撃たれます

        大爆笑です。涙が止まらない。どうしてくれます?

    2. 匿名 より:

      「赤いくせにカニはアカが嫌い」 メモメモ

      1. 鞍馬天狗 より:

        匿名さんへ

        甲殻類の、甲羅のアスタキサンチンは
        タンパク質が結合した状態では青灰色です
        加熱によりタンパク質分子が変性して
        遊離することで赤くなります

        生では、赤く有りません

        1. 匿名 より:

          「カニは隠れアカ」 メモメモ

  10. とある東京都民 より:

    また、国連から来ました詐欺か?

    まあ、ILOも国際機関なのに、特定の国による別の特定の国への内政干渉指令か!

  11. 悲観的匿名X より:

    最近、虎ノ門ニュースで取り上げ られた君が代の替え歌

    「君が代」の替え歌 歌詞と訳 「KISS ME(私にキスして)」
    https://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/efb320e753b1c41733f317f26412afa6

  12. すまないさん より:

    記事更新ありがとうございます。

    学校教育法 学習指導要領 国旗国歌条項というのがあるんですね
    儀式的行事の際には「国旗を掲揚するとともに,国歌を斉唱するよう指導するものとする」

    学習指導要領内に「教職員は国旗に向かって起立し国歌を斉唱する」と明文化されている場合もあり
    個人の自由があったとしても、ルールを守らないのであれば
    問題の程度に合わせて罰則が適用される

    労働組合、ユニオン的な所が国際労働機関に訴えたところで
    結局規則を守っていない、問題を起こす人を
    いつまでも雇用したいかどうかって話じゃないですかね

    いい大人なら形だけでも取り繕えば良いでしょうし、
    どうしてもというなら休むか、事前に相談するなり
    別の仕事に就けばいいかと
    職業上、国家を起立して歌う事なんて
    公務員以外ほとんど無いんじゃないかって思う次第です。

    駄文にて失礼します。

    1. 匿名 より:

      >いい大人なら形だけでも取り繕えば良いでしょうし

      普通は口パクですよ。「面従腹背」とはこういうことだ、と生徒に教えてあげるのが教師の勤めでしょうにね。生徒は生徒で「反面教師」という言葉を覚える。大人の階段上がるのです、みなこうやって。

      1. すまないさん より:

        匿名様
        レスありがとうございます。

        歌詞を覚えているか怪しい自分です・・・(汗
        記憶では国歌斉唱時は大きな声で歌わずに
        リズムに合わせて適当にごまかしてました(笑

        反面教師・・・規律を破れば罰せられる、身をもって示したんですかねw

    2. 無名 より:

      すまないさん 様

      アイム89・東京教育労働者組合は東京都が進めていた、教師の査定にも大反対していた組織です。
      理由は、教育の自由が奪われる!だそうです。

      ほぼ、活動家です

      例:卒業式ビラまき

       <卒業おめでとう>
       卒業式は主役である卒業生一人一人の門出の場です。
       ところが2003年から東京都教育委員会の指示で、檀上正面の「日の丸」への礼と、「君が代」の起立斉唱が全員に強制される儀式の場になりました。
       私たちは戦争に結びつき、主権在民にそぐわない「日の丸・君が代」強制はおかしいと考えています。
       ・・・・・・・・・・
       <「日の丸・君が代」強制は「戦争のできる国」の露払い>

      1. すまないさん より:

        無名様
        レスありがとうございます。

        余計な組織を潰して欲しいですね~
        過激になり、権力に働きかけるのは厄介で足引っ張りでしかない
        「教育の自由が奪われる!」これ見た瞬間、文科省かって思いましたw

        >例:卒業式ビラまき
        地元では見たことはありませんが、そんなこともやっているのですね。

        教育一つで国の未来にも影響を与えると思うので
        教員には厳しく規範を守って欲しいと思います。
        (隣の国の教育事情を見て・・・)

  13. もう生理的にムリ より:

    今回の件は引用が東京新聞なので全く信憑性がない事、また記事自体が舌足らずで曖昧なので状況が分からない事(これはわざとの可能性が高い)を前提とした上で、その記事をもとに考えますが
    まず今回ご注進したのは、「アイム89東京教育労働者組合」という「全国学校労働者組合連絡会」の加盟組織のようです
    活動内容を見ると、デモで「憲法9条改悪反対」と叫んでおり、また森友アベガーまであるので、完全にただのパヨク団体でしょう
    記事の言う懲戒処分とは類似の数ある裁判の中でどの問題なのか不明なので、判決とご注進のタイミングなどは不明です
    ご注進を受けて「ILO・ユネスコ教職員勧告適用合同専門家委員会」という機関が審査をした模様です
    この機関は3年おきに定期会合を開き審査するようですが、前回の報告がILOのHPに2015年4月で載っています
    上記内容を信じるなら2018年の4月前後に開催されたはずで、報告に1年かかったということでしょうか?詳細は謎です
    そして4月ごろ勧告が出るのは、記事を普通に読めばILO本体からという事でしょう
    以上の流れを見れば、またいつもの散々見てきた、日本の売国奴による日本貶めを、仕事をしないまたは思想の偏った国連に巣食う自称専門家が、賄賂か不勉強かお花畑で真偽不明のまま認定し、そのまま発表されるという、もう嫌という程見てきた図式です
    問題は勧告がおそらくILO本体から出る点でしょう、何時もの「国連の方から」とは違いますので、政府として迅速な対応が必要と思われます

    国歌国旗の掲揚については、公立校に勤めるなら、地方自治体の場合が多いだろうが、要は日本国民の税金で養われているのだから、雇用機関である日本の国家国旗の拒否など認められるはずがない、という新宿会計士様の考え通りとしか言えません
    それ以前に本来主役である生徒のハレの舞台である卒業式などで、自分の思想を優先し、実害もないのにその円滑な遂行を邪魔する様な人間に、教師としての資格があるとは思えません
    パヨクの自分こそ絶対正義という感覚に虫唾が走ります、その上これだけ対立しながら再雇用しないのは違法などと恥知らずな主張をする輩までいます
    労働運動・労働者の権利、本来グローバリズムや移民なども絡みこれからますます重要になるはずですが、すでにこれらの日本語は絶対に関わってはいけない役立たずな思想偏向した集団を指す言葉となってしまいました
    他にも市民・平和など美しい日本語までも貶め、その実態を腐らせるパヨクに憤りを抑えられません

  14. スカイネット より:

    新聞社が思想・信条の自由を歌うなら、もっと記者に自由な記事を書かせたらどうでしょうかねえ(笑)
    例えば、東京新聞で、ある記者が、日の丸掲陽・君が代斉唱を賛美する記事を書いても、絶対に掲載されないでしょう。その記者が、思想・信条の自由を侵害されたと騒いだら、東京新聞はきっとこう言うでしょう。
    「日の丸掲陽・君が代斉唱を賛美する記事を書きたければ、産経新聞にでも転職しろ!」

    日の丸掲陽・君が代斉唱が嫌ならば、教師なんて辞めて、塾の講師にでも転職すればいいのですよ。

  15. 無名 より:

    アイム89・東京教育労働者組合
    1989年に、東京の西部、多摩の地域で誕生しました。1989年に日本の労働運動が大きく再編された折り、日教組へも、全教へも加盟せず、組合運動を独自に追求していこうと結成されました。全国にはこうした上部団体をもたない教職員組合が17ほど点在しており、全国学校労働者交流集会を年に1度開いて共同闘争の成果の確認や研究報告など行っています。

     ◎ 私たちは、直ちにlLOより政府に権利侵害の中止・是正勧告を出すよう求めます。

    https://wind.ap.teacup.com/people/9079.html

    アベを倒そう!(469)<安倍政権と改憲そしてメディア>

    昨日(2月16日)東京・杉並で、表記のテーマで集会が開かれました。
    この集会では、▲ 「東京新聞」の望月衣塑子さんの基調講演と、武蔵大学教授で元NHKプロデューサーの永田浩三さんとの対談が行われました。

    https://wind.ap.teacup.com/people/13702.html#readmore

    アイム89・東京教育労働者組合と「東京新聞」の望月衣塑子はお知り合いのようです。

    ILO勧告は84に基づき勧告されたと考えられます。東京新聞のコメント内心の自由は飛ばしと思います。

    教員の地位に関する勧告

    教員の権利
    84 勤務条件から生じた教員と使用者との間の紛争を処理するため、適切な合同機構が設けられるものとする。この目的のために設けられた手段及び手続が尽くされた場合又は当事者間の交渉が決裂した場合には、教員団体は、正当な利益を守るために通常他の団体に開かれているような他の手段を執る権利を有するものとする。

  16. 匿名 より:

    国旗掲揚や国歌斉唱が公務員の思想信条を侵害するなら、世界中が大変なことになるでしょうね。
    あれらの国によるいつものアレな工作なのでは。
    自国ではそういう議論を想像することすら禁止されている人たちだからこその歪んだ発想なのでしょう。

    全然関係ないけど、キヨシローの君が代問題を思い出しました。

  17. 保守太郎 より:

    それにしても ILOってまだあるんですね。正直いって驚きました。左翼運動が盛んな頃よく出てきましたが今も存在してるんだ。どんな人たちが何やってるのかな??給料はどこが出してるんだろ?シーラカンスを見たような気持ちです。

  18. 猫はおかかが好き より:

    わたしたちは、戦後の一時期GHQによって「日の丸」掲揚を禁止されたと思っているが、正式に禁止するとした文書はないそうである。ただ敗戦気分や、戦時中に余りに強調された「日の丸」に対する反動、そして占領軍に対する忖度から掲揚を自粛した事実はあり、お伺いを立てては許可を貰うという形だった。降伏した側であるならその国家主権の行使制限は致し方ない事であろう。

    1947年5月3日、新憲法施行の日、吉田首相は一通の手紙を受け取る。
    「国民の象徴、国民統一の象徴たる天皇の宮城の上に、日本国旗が無制限に掲揚されることは適切なことである」

    うちの近所の蕎麦屋さんは、今どき珍しく、いわゆる「旗日」に日の丸を店先に掲げるのだが、店主はごく普通の老爺である。味にはいろいろ好みもあるだろうからあえて触れないが、当人は特段極右思想を云々しないしこちらも問わない。
    翻って、うちには日の丸の旗はない。デパートにはあるのだろうか、アマゾンで買えるのだろうか、調べてみる気もない。子どもの入学式に列席すれば檀上にそれを見、君が代を聞くくらいがせいぜいである。

    1949年1月、日の丸は許可制から全面解禁される。新橋駅前では、小旗一本50円だったが全然売れなかったという。みな家族を食わせるのに必死な時代である。焼失を免れた日の丸は、風呂敷の代わりに使われたり、赤ちゃんのオシメに姿を変えて物干しに下がっていたこともあるらしい。猫はおかかが好きだが、わたしはこういった美談(笑)が好きである。

    日の丸が軍国主義を鼓吹するだの、侵略戦争のシンボルだの、あるいは君が代は天皇を賛美するものだといった主張もあるがわたしはそういった論には与しない。硫黄島に星条旗を掲げようとした米軍であればこそ、死闘を繰り広げた相手国の「日の丸」に対してのリスペクトはあるのである。惨めに併合に甘んじた朝鮮人の子孫に、旭日旗がどうのを口にする資格はない。

    先に挙げた吉田が受け取った手紙には続きがある。
    「日本国民の生活の上に、個人の自由、尊厳、寛容、正義に基づく新しき恒久平和の時代が到来したことを意義付けるために、日本国旗の翻ることを祈る」
    差出人は、連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーだった。

    1. りょうちん より:

      ちょっと昔に、日本の部隊がバンザイ突撃の前に寄せ書き状に全員の名前を書いた日章旗を部隊を皆殺しにした米軍兵士が戦利品として持ち帰ったはいいが、なんか冷静になったら気が引けて、遺族を探して返還したなんてニュースをちらほら読むことがありましたね。
      インディアンの耳でネックレスを作る様な感覚だったんでしょうが、戦後何十年も経ったら日本人も実は人間だったんだと気がつく米国人も多くなったのでしょう。

    2. 鞍馬天狗 より:

      猫はおかかが好きさんへ

      HNにツッコミ入れるのは駄目だよな
      と思ってたんですけど、コメントにも出てきたので

      猫に鰹節をあげるのは、現代ではNGです
      尿路結石の原因になります

      適量なら問題は無いのですが、
      猫が狂喜するので、一度あげるとセーブ
      するのが難しくあげ過ぎる結果を招きます

      もし、飼っていらしゃるなら御注意を

      1. 猫はおかかが好き より:

        ありがとうございます。15歳の猫型暖房器具を所持しております。マグネシウム、カルシウム、リンを低減した「下部尿路系疾患」に配慮したカリカリが主食です。ちなみに10歳の犬型散歩補助具もあります。ご存じだと思いますが、犬もおかかが好きです。

        1. 鞍馬天狗 より:

          猫はおかかが好きさんへ

          釈迦に説法でしたか

          人間の食べ物を、動物に与えると
          大概の動物は病気に成ります

          人間の方が異常なんだと思います

          同居人はひざ、時々、頭のうえ
          なんて、のが割とスキです

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。