最近、当ウェブサイトの読者コメントなどでは、貴重な情報を提供下さる方が増えています。「押し紙、再販、記者クラブ」などに関して、J-CASTニュースというウェブサイトに特集記事が組まれていたそうです。しかも、今から10年前に、です。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今に通用するJ-CASTの記事

読者コメントに考えさせられる

私が当ウェブサイトを運営している醍醐味の1つは、鋭い読者コメントにより、考えるネタを提供してもらえることにあります。

先日、当ウェブサイトにときどきコメントを下さる「埼玉県民」様からの情報提供をもとに、『「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する!』という記事を掲載しました。簡単に内容を要約すれば、これは、新聞業界を支えている仕組みの1つである「折込チラシ」にも、業界革新の予感がする、というものです。

この議論を紹介したところ、「だいなあいらん」様から、こんなコメントを頂きました。

2008年末から2009年冒頭にかけてJ-CASTニュースで「新聞崩壊」という特集記事が連載されたことがあります。部数の減少、インターネットユーザーとの対立、押し紙問題、再販制度など、新聞業界の問題点や将来の展望を各テーマごとに識者に語ってもらうインタビュー記事でした。

そういえば、そんな特集記事があったような気がします。

気になって調べてみたら、たしかにJ-CASTニュースのウェブサイトに、『新聞崩壊』というシリーズが連載されていたようです。連載は全部で12回分あったようであり、ためしに次のような記事を読んでみると、いまでも十分に通用するものばかりであるように見受けられます。

新聞の20%以上は配達されない 「押し紙」という新聞社の「暗部」(連載「新聞崩壊」第4回/フリージャーナリスト・黒薮哲哉さんに聞く)(2009/1/ 2 11:28付 J-CASTニュースより)
ビジネスモデルが崩壊 身を削ぐような合理化が始まる(連載「新聞崩壊」第10回/ジャーナリスト・河内孝さんに聞く)(2009/1/ 8 11:22付 J-CASTニュースより)
再販、記者クラブ問題 新聞協会「当事者ではない」(連載「新聞崩壊」第12回/新聞協会・新聞社の見解)(2009/1/13 16:46付 J-CASTニュース)

これについて、どう考えるべきでしょうか?

新聞業界の闇は、10年前から何ら変わっていない

「だいなあいらん」様のコメントは、次のように続きます。

今回、改めて読んでみたのですが、当時と今とでマスメディアの状況と問題点が変わっていないことに驚かされます。さらに記事に対するコメントも2018年に書かれたと言っても違和感ないものが多く、悪い意味で感慨深いものがあります。

この点についてもまったくそのとおりだと思います。J-CASTの記事に付いた次のような読者コメントを読むと、確かにいま、この瞬間に投稿されたコメントだといわれても、違和感がありません。

日本のジャーナリズムは腐りきっている。不要とは言わないが、旧来の寡占的なジャーナリズムは不要。/その中でも、新聞は最も腐敗が強く国民にとって有害である。 現状のまま存続させるつもりなら、腐ったジャーナリズムにより日本が崩壊させられるというおぞまし結果をもたらすと思う。」(『ビジネスモデルが崩壊 身を削ぐような合理化が始まる』についたコメント)

そもそも新聞に求めているものは、正確で客観的な事実の報道です。/意味づけなどは不要。/特定の思想や、特定の世論誘導のために意味づけされた記事には全く魅力がないばかりか、害悪です。/毎日新聞さんは、特にその傾向が強いように思いますが。」(『ビジネスモデルが崩壊 身を削ぐような合理化が始まる』についたコメント)

記者クラブ制度・再販維持制度とも/他の民主主義国には存在しない本質的に反民主的システム/で、「民主主義のため」など片腹痛いわ。」(『再販、記者クラブ問題 新聞協会「当事者ではない」』についたコメント)

18梱包くらい捨ててたな… いつかは潰れると思ってたけどやっぱり潰れたよ。納金日に必ず払わなきゃなんないから何がなんでもお金を作ってこなきゃなんなくて、一日遅れただけでも本社が動いて色々調べられて結局潰れるはめに…見てて気の毒だったな、借金だけ残り、後がまはユースだし逆にユースの経営のほうがいいんだよね。潰れることもないし。。いずれすべてユース経営になるのかな。」(『新聞の20%以上は配達されない 「押し紙」という新聞社の「暗部」』についたコメント)

新聞業界の「悪あがき」はいつまで続くのか?

押し紙、再販価格、記者クラブ、ビジネスモデル崩壊…。いずれも、今日の新聞の苦境そのものでしょう。これを10年前の時点でここまで詳細に指摘したJ-CASTニュースの慧眼には敬意を表したいと思います。

しかし、それほど昔から新聞業界の腐敗が指摘されていながら、どうして今でも新聞社の倒産という話を聞かないのでしょうか?不思議でなりません。「だいなあいらん」様も同じ疑問を感じたそうで、コメントは、次のように続きます。

逆に言えば、当時の識者の懸念を裏切って、紙の新聞と宅配制度は多くの問題を放置したまましっかり生き延びているということでもあり、読者が予想したネットメディアの台頭が期待通りに進んでいないということでもあります。/メディアの変化のなさとしぶとさに不覚にも感心(?)してしまいました。

これに対する確たる答えはありません。しかし、私なりに考えた仮説は、次のようなものです。

  • 新聞業界はもともと人件費が高いため、人件費を多少引き下げたところで、人材をつなぎとめることができる(あるいは新聞業界の人材は新聞業界でしか使い物にならないので、給料を引き下げられても転職・退職できない)
  • 新聞業界は押し紙により実売部数を3割~5割、水増ししており、新聞社は広告主から広告費を、新聞販売店は折込チラシの折込料を、それぞれ詐取することで、実売部数を超える売上高を維持してきた
  • 新聞社(たとえば朝日新聞社など)は設立が古く、保有している株式の多くは時価が帳簿価額を大きく上回る莫大な含み益状態となっており、また、都心の一等地を国から格安で払い下げられるなどしてきたため、優良不動産物件を多く抱えているため、経営が安定している

この3つの要因は、いずれも説明としては不自然ではないはずです。とくに、新聞社は非上場であるため、一般に公正妥当と認められる会計基準に準拠した連結財務諸表を作成・公表する義務もなく(※まったくないわけではありませんが)、彼らの決算については不透明なままです。

新聞社の倒産を思考する

経営危機の会社の3ステップ

ところで、一般論ですが、会社が経営危機に陥った場合にやることは、古今東西、ほぼ同じです。それは、「①人件費抑制、②資産の売却、③同業他社との合併」、です。

このうち①については、「早期退職制度」の実施による高給の高年層のリストラクチャリング、次いで現在働いている従業員の給与削減、という順番で行われることが一般的です。ためしに「朝日新聞 早期退職」で調べてみると、次のような記事がヒットします。

新聞記者たちの不安を聞きに行く 【最終回】/朝日は早期退職に「7000万円」/記者たちの選択(2010.11.26付 週刊現代より)
高待遇が経営圧迫!/朝日新聞ついに給与削減を提案(2016.2.1付 ダイヤモンド・オンラインより)

週刊現代の記事は2010年、つまり今から約8年前の記事であり、このころから、朝日新聞社の人員削減などが話題となっていたのです。また、2年前の2016年に掲載されたダイヤモンドの記事では、「給与削減」に触れられています。

時系列でみると、「早期退職勧奨」と「給与水準引き下げ」が確認できるため、朝日新聞社のケースは、経営危機の第一歩であることが伺えます。

ただ、「人件費削減」を行っている状態だと、まだまだ経営に余裕がある証拠です。とくに、2014年の慰安婦捏造報道批判で部数が激減したはずなのに、給与引き下げが行われたと噂されているのは、それから2年もあとの話です。

また、朝日新聞社に限定して言えば、明治、大正、昭和期の帳簿価額で保有している株式、不動産などが莫大な価値を生み出している可能性は十分にあります。いざとなれば、朝日新聞社の築地の本社ビルを証券化すれば、それだけで巨額の資産売却益が手に入ります。

朝日新聞社は非上場会社であるため、同社がどの程度の資産売却を行っているのか(あるいは行っていないのか)について、うかがい知ることはできません。しかし、一説によると、数年は新聞の売上がゼロでも全従業員を食わせていくくらいの含み益があるとのうわさも聞きます。

このため、私たち一般国民が新聞社の苦境を知るとしたら、3番目のステップである「経営統合」を行った場合でしょう。

朝日新聞だと、さしずめ、主要全国紙のなかでは毎日新聞社、地方紙のなかでは沖縄タイムス、琉球新報、北海道新聞、中日新聞あたりと経営統合するような気がします(いや、しないかもしれませんが…笑)。

たとえば株式移転により「朝日毎日ホールディングス」なる会社を設立して経営統合すれば、両社は重複する管理部門や営業部門などの統合して効率化することができますし、また、流通を共通化することで、コスト削減効果を得ることもできます。

この「朝日毎日ホールディングス」がさらに経営危機に陥ったときに、初めて新聞社の倒産が現実味を帯びるのです。

新聞社の根源的な問題点は2つ

ただし、以上の3ステップ(人件費抑制、資産売却、同業他社との経営統合)は、あくまでも「まともな業界」で起こり得る話であり、新聞業界では、そもそもの問題点が2つあることを忘れてはなりません。

1つ目は「押し紙問題」です。この「押し紙」とは、新聞社が新聞販売店に対し、実売部数以上に新聞を売り付ける行為です。

ある朝日新聞販売店(ASA)が販売している定期購読部数は2500部だったとします。また、簡便のため、朝日新聞の月極購読料は4,000円で、うち3,000円を本社に納金しているとします。そして、このASAには新聞1部あたり毎月4,000円のチラシ折込収入があると仮定しましょう。

このとき、このASAの毎月の売上高は200万円、売上原価は75万円、売上総利益は125万円です。

  • 売上高…200万円(=2,500部×【月極購読料4,000円+チラシ収入4,000円】)
  • 売上原価…75万円(=2,500部×3,000円)
  • 売上総利益…125万円(=売上高-売上原価)

ところが、朝日新聞本社が、ある月からこのASAに500部の「押し紙」を押し付けて来たとします。この500部は、誰にも配られずに捨てられる新聞です。このとき、このASAの売上高と売上原価、売上総利益はどう変化するでしょうか?

  • 売上高…220万円(=2,500部×月極購読料4,000円+3,000部×チラシ収入4,000円)
  • 売上原価…90万円(=3,000部×3,000円)
  • 売上総利益…130万円(=売上高-売上原価)

何と!驚いたことに、押し紙があった方が、この販売店にとっては売上総利益が増えるのです。

まず、売上高のうち、押し紙の500部部分については、読者からの月極購読料(4,000円)が入金されません。読者が存在しないのですから、当たり前ですね。しかし、新聞社に対してはこの500部部分も含めて、上納金を支払う必要があります。そうなれば、自然に考えると減益要因です。

しかし、このASAの場合は、チラシ収入が1部当たり毎月4,000円であるため、押し紙を受け取ったとしても、チラシ収入が入ってくるため、却って潤うのです。これが押し紙の「メリット」です。

では、この「押し紙」に、何か問題はないのでしょうか?

そう。自然に考えれば子供にでもわかります。これはれっきとした「詐欺」です。刑法上は犯罪となる可能性もありますし、民法上は間違いなく不当利得です。「押し紙」が証明されれば、新聞社と新聞販売店は、広告主から損害賠償訴訟を提起する可能性もあります。

新聞業界が「押し紙」で部数を詐称しているという疑いが濃厚である点については、当ウェブサイトでも『埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む』などで指摘して来ましたが、こうした詐欺スキームがいつまでも続くとは思えません。

新聞という「製品」自体が信頼されていない!

もう1つの問題点は、新聞社の「本業」が信頼されていない、という点にあります。

会社の経営が傾くパターンには、「本業以外の業務に手を出して失敗するケース」と、「本業そのもので失敗するケース」がありますが、新聞社の場合は、「本業」である報道業において、社会全体から深刻な疑念を突きつけられているのです。

当ウェブサイトでは何度も例に出して恐縮ですが、1955年と2000年に集団食中毒事件を発生させた某乳製品企業を考えてみるとわかります。少なくとも私は、この乳製品企業のことを絶対に許すつもりはありませんし、スーパーでこのブランドを見掛けたら、絶対に買わないようにしています。

新聞社の場合もこれと同じで、過去に大規模な捏造報道事件を発生させた朝日新聞社、日本人を侮辱した「WaiWai事件」を発生させた毎日新聞社を筆頭に、新聞社自体が信頼を失う事件が散発しています。

朝日、毎日以外にも、たとえば2008年に「時価会計停止」という大誤報をしでかした事件の日本経済新聞社、2009年に越前谷知子記者の中川昭一財相への「睡眠薬」事件を発生させた読売新聞社など、大手新聞社はおしなべて、シャレにならないような不祥事を抱えています。

いまや、まともな社会人のなかで、「新聞の報道は公正で客観的だ」と盲信している人がいるならば、逆に教えてほしいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



ジャーナリズムは必要だが…

さて、指摘するまでもありませんが、わが国は世界に冠たる民主主義国家です。言論の自由は貫徹し、日本国民の知的水準は世界的に見ても素晴らしいと思います。

ただし、こうした言論の自由は、何があっても守らねばなりません。もし政府や権力者が言論の自由を歪めようとするならば、民主主義自体も歪んでしまいます。そうなれば、日本国民全体が不幸になってしまうおそれもあるからです。

ところが、わが国の場合、言論の自由を歪めている犯人が、新聞社とテレビ局です。いや、もう少し正確に申し上げると、『RSFランキング最新版と倒産に向かうマスゴミ』でも指摘したとおり、たった8社という少数の業者によって、わが国の言論空間が支配されてしまっていることに、きわめて大きな問題があります。

私は、健全な社会には、健全なジャーナリズムが必要だと考えています。しかし、それと同時に、新聞やテレビがこうした「健全なジャーナリズム」を担っているとは、まったく考えていません。むしろ、誤報、捏造報道、偏向報道など、新聞・テレビはさまざまな報道犯罪を繰り返してきました。

2009年8月、麻生太郎総理が率いる自民党が衆院選で惨敗して下野し、民主党が政権を握りました。この「政権交代」事件が発生した最大の原因は、新聞とテレビを中心とするマス・メディアの偏向報道であったことは、日本経済研究センターが公表したレポートからも明らかです。

いずれにせよ、私が日本をより良くするために、読者の皆様にお願いする内容は、次の3点です。

  • 変な報道を続ける新聞を読んでいる人は、その新聞を解約しましょう。
  • 変な報道を続けるテレビを見ている人は、そのテレビを見ないようにしましょう。
  • 選挙にはきちんといきましょう。

ご賛同頂ける方は、是非、この3点にご協力下さると幸いです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/02/24 12:15 【政治
    「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた (2コメント)
  • 2019/02/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    釜山沖共同訓練参加を巡る報道の虚実と「本当の背景」を探る (20コメント)
  • 2019/02/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係は「日米韓3ヵ国連携の先行き」という視点こそ大事 (22コメント)
  • 2019/02/23 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国の経済統計の怪しさ:「家計債務でもウソをつく」? (25コメント)
  • 2019/02/22 22:22 【時事|雑感オピニオン
    【緊急速報】ぬわー!それを映画化するとは… (18コメント)
  • 2019/02/22 10:00 【マスメディア論
    新聞紙の利点:天ぷら、習字、靴の乾燥…まだまだあります! (16コメント)
  • 2019/02/22 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係、「いっそ破綻させてしまう」というのも選択肢か? (68コメント)
  • 2019/02/21 10:45 【マスメディア論|時事
    「国民の代表」を騙る新聞記者、そして「国民の敵」 (35コメント)
  • 2019/02/21 05:00 【韓国崩壊
    「敵の手の内」を知るには、相手国の報道を見るのも1つの手 (48コメント)
  • 2019/02/20 15:00 【外交
    岩屋防衛相の「問題発言」 日本の思いが韓国に届かないわけ (33コメント)
  • 2019/02/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の非核化のために、できること、やらねばならぬこと (66コメント)
  • 2019/02/20 05:00 【金融
    繰り返す!日本は財政再建も消費増税も必要としていない (61コメント)
  • 2019/02/19 12:40 【韓国崩壊|経済全般
    ほら見たことか、強引な最低賃金規制が韓国の雇用を破壊する (92コメント)
  • 2019/02/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    外為法第48条の研究:韓国に対するモノの流れの制限とは? (33コメント)
  • 2019/02/18 16:30 【時事|韓国崩壊
    徹底的に日本を侮辱する韓国国会議長にどう対応するか? (102コメント)
  • 2019/02/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ (44コメント)
  • 2019/02/18 05:00 【韓国崩壊
    中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び (49コメント)
  • 2019/02/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓国はストックホルム症候群に」 加害者は北朝鮮 (32コメント)
  • 2019/02/17 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足 (91コメント)
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (12コメント)
  • 2019/02/16 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金巡る徴用工訴訟で原告側が資産売却へ? (64コメント)
  • 2019/02/15 13:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    議論の粗さが目立つ、zakzakの非常に残念な記事 (33コメント)
  • 2019/02/15 05:00 【時事|金融
    金融庁は銀行規制を通じて韓国に対する融資制限ができるのか? (46コメント)
  • 2019/02/14 22:30 【時事|韓国崩壊
    転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト (49コメント)
  • 2019/02/14 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国・李洛淵首相の「逆ギレ」に心底呆れる (43コメント)
  • 2019/02/14 14:30 【時事
    徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ? (22コメント)
  • 2019/02/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    BSフジの番組で語られる、アジア通貨危機の生々しい経験 (16コメント)
  • 2019/02/14 07:00 【時事|韓国崩壊
    ペロシ米下院議長の「日本が慰安婦合意守るべき」の意味は? (31コメント)
  • 2019/02/14 05:00 【時事|政治その他
    チョコレートが食べたい?この奇祭をどうやって乗り切るのか (16コメント)
  • 2019/02/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に謝罪の意思なし 一方で徴用工の次の一手は? (60コメント)
  • 2019/02/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」 (31コメント)
  • 2019/02/13 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏「韓国のベネズエラ化」 ベネズエラと韓国の符合とは? (29コメント)
  • 2019/02/12 22:00 【時事|韓国崩壊
    「謝罪と撤回」に踏み込んだ日本政府対応と崩壊する日韓関係 (25コメント)
  • 2019/02/12 10:30 【時事|韓国崩壊
    天皇侮辱発言の韓国国会議長が釈明するも、中途半端な内容に (100コメント)
  • 2019/02/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    「どうせ無視される仲裁手続」に踏み切ることの本当の意義 (13コメント)
  • 2019/02/12 05:00 【韓国崩壊
    「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派 (16コメント)
  • 2019/02/11 05:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ (51コメント)
  • 2019/02/10 13:00 【政治
    天の配剤か?説得力が皆無の朝日新聞の社説 (48コメント)
  • 2019/02/10 05:00 【時事|経済全般
    ウェブ評論家が不適切動画に対する企業の対応を支持する理由 (29コメント)
  • 2019/02/10 00:00 【時事|国内政治
    立憲民主・枝野代表「辻元氏は既に返金し説明責任も果たした」 (33コメント)
  • 2019/02/09 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法 (4コメント)
  • 2019/02/09 00:00 【時事
    何も学習しない韓国の政治家 天皇陛下に安易に言及する愚 (75コメント)
  • 2019/02/08 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国の外貨準備高の多くはユーロ建てなのか? (57コメント)
  • 2019/02/08 09:45 【時事|雑感オピニオン
    【速報】新宿にxyzの掲示板が出現 時代の変化感じる昭和ネタ (8コメント)
  • 2019/02/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道 (31コメント)
  • 2019/02/07 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行 (26コメント)
  • 2019/02/07 12:45 【マスメディア論|時事
    この期に及んで「歴史に謙虚になれ」と主張する有名人 (23コメント)
  • 2019/02/07 10:00 【時事|国内政治
    外国人献金問題 立憲民主党はどう見てもダブル・スタンダード (13コメント)
  • 2019/02/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    果たして岩屋防衛相は「弱腰」か、それとも「深謀遠慮」か? (45コメント)
  • 2019/02/06 22:00 【時事|国内政治
    「疑惑の総合商社」・立憲民主党の辻元議員の外国人献金疑惑 (19コメント)
  • 2019/02/06 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「セルフ経済制裁」を喰らう?ソウル市の条例案に思う (34コメント)
  • 2019/02/06 10:45 【マスメディア論|時事
    新聞労連の思い上がり 新聞記者は国民を代表していない (17コメント)
  • 2019/02/06 05:00 【金融
    「財政破綻」について、コメント主様からの質問に答えます (44コメント)
  • 2019/02/05 16:30 【マスメディア論
    「もえるあじあ」管理人様からのコメントと新時代の民主主義  (11コメント)
  • 2019/02/05 11:30 【時事|外交
    小野寺五典前防衛相の「韓国を丁寧に無視せよ」発言を支持する (41コメント)
  • 2019/02/05 05:00 【マスメディア論|韓国崩壊|外交
    慰安婦問題巡るジャパンタイムズの判断、ロイター報道の悪意 (22コメント)
  • 2019/02/04 22:10 【政治
    分かりやすい!北朝鮮、レーダー照射巡り韓国に共闘呼びかけ (13コメント)
  • 2019/02/04 15:00 【時事|金融
    したり顔で「国債暴落」「日本破綻」を叫ぶ大企業経営者 (44コメント)
  • 2019/02/04 12:10 【時事|韓国崩壊|金融
    「キャッチオール規制」上のホワイト国から韓国を外すべき? (22コメント)
  • 2019/02/04 05:00 【経済全般|国内政治
    「保守派の護憲論、革新派の改憲論」があっても良いじゃないか (13コメント)
  • 2019/02/04 00:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅危機を受け「見捨てないで」と哀願する中央日報 (15コメント)
  • 2019/02/03 13:40 【時事|韓国崩壊
    オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀 (44コメント)
  • 2019/02/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    もしかして日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致か? (62コメント)
  • 2019/02/02 22:22 【マスメディア論|時事
    『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ (14コメント)
  • 2019/02/02 12:22 【時事|韓国崩壊
    徴用工問題と国際裁判への道 日韓請求権協定第3条を読む (20コメント)
  • 2019/02/02 05:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第5回目:ブログの「拡散」と注意事項 (5コメント)
  • 2019/02/02 02:22 【韓国崩壊
    ATMが「泥棒」発言スルー 日韓関係の本質的な変化を見る (16コメント)
  • 2019/02/01 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】朝日新聞が「日本政府、仲裁手続に移行」と報道 (13コメント)
  • 2019/02/01 15:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読 (19コメント)
  • 2019/02/01 10:30 【韓国崩壊
    「攻勢に出る日本」説 レーダー照射事件と北朝鮮の関係は? (25コメント)
  • 2019/02/01 05:00 【マスメディア論
    【実録】ウェブ評論サイトのアクセス数は2年で100倍に! (14コメント)
  • 2019/01/31 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい (28コメント)
  • 2019/01/31 15:00 【時事|韓国崩壊
    「制裁逃れ」報道は日本政府による意図的なリークなのでは? (24コメント)
  • 2019/01/31 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「八方ふさがりの韓国外交」議論の無責任さに呆れる (15コメント)
  • 2019/01/31 10:15 【韓国崩壊
    「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要 (17コメント)
  • 2019/01/31 05:00 【マスメディア論
    月間180万PVの御礼 ウェブ評論の可能性に賭けたい (13コメント)
  • 2019/01/30 16:30 【時事|韓国崩壊
    テレ朝「国連最終報告で北が核・ミサイル開発継続中」と報道 (35コメント)
  • 2019/01/30 13:00 【経済全般
    【速報】オーストラリアの軽いけれどもヘヴィーな話題 (18コメント)
  • 2019/01/30 11:45 【時事|韓国崩壊|外交
    周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない (19コメント)
  • 2019/01/30 10:45 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮の核放棄に日米欧が数十億ドル」という奇妙な記事 (20コメント)
  • 2019/01/30 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射、米国は仲介しない?落としどころは対韓制裁か (24コメント)
  • 2019/01/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    青山議員が「虎ノ門ニュース」で「韓国の国連安保理提訴を」 (19コメント)
  • 2019/01/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「挑発」「警告射撃」発言、むしろ歓迎したい (21コメント)
  • 2019/01/29 10:00 【マスメディア論|時事
    官房長官記者会見で「アイドルグループ活動休止」を聞く記者 (6コメント)
  • 2019/01/29 08:00 【時事|韓国崩壊
    「低空威嚇飛行」の言い掛かり、「改竄問題」という隘路 (19コメント)
  • 2019/01/29 05:00 【時事|国内政治
    安倍総理の施政方針演説、敢えて採点すれば70点 (7コメント)
  • 2019/01/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍演説で日韓関係が完全に欠落した意味とは? (26コメント)
  • 2019/01/28 12:30 【時事|韓国崩壊
    停滞する日韓協力:日韓友好も「費用対効果」で判断すべき (29コメント)
  • 2019/01/28 11:40 【マスメディア論|時事
    新聞記者を鳩やヤギに例えた高橋洋一氏に謝罪を求める (13コメント)
  • 2019/01/28 08:00 【マスメディア論
    新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ (20コメント)
  • 2019/01/28 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」 (28コメント)
  • 2019/01/27 05:00 【韓国崩壊
    対韓経済制裁が難しい理由と、日本に求められている「覚悟」 (88コメント)
  • 2019/01/26 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第4回:客観的事実と主観的意見を分けること (10コメント)
  • 2019/01/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」 (90コメント)
  • 2019/01/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の態度に腹が立つのは当然だが、経済制裁は別の問題だ (77コメント)
  • 2019/01/25 05:00 【韓国崩壊
    ウソでも良いからとにかく主張する 韓国の飽和攻撃を侮るな (24コメント)
  • 2019/01/24 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の「対日飽和攻撃」を完全無効化する防衛省の衝撃発表 (21コメント)
  • 2019/01/24 17:10 【時事|韓国崩壊
    「公開議論」の重要性 「威嚇飛行動画」は公表されるのか? (65コメント)
  • 2019/01/24 10:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、職権乱用で前大法院長官を逮捕 (33コメント)
  • 2019/01/24 05:00 【韓国崩壊|金融
    「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する (54コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。